[PR] ソーシャルゲームのID交換仲間募集友達募集ならゲキアツ! [PR]
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

咲-Saki-でエロパロ

1 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 02:34:03 ID:W53BOlXV
関連
【小林立】咲-Saki-37巡目【ヤングガンガン】(漫画板)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/comic/1238557150/
咲 -Saki- 3翻 (アニメ新作情報板)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anime3/1235038946/
咲-Saki-@麻雀板 2巡目 (麻雀・他板)
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mj/1216472302/
咲【-Saki-】で百合萌え (レズ・由里萌え板)
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1214819176/

ヤングガンガンオフィシャル
http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/introduction/saki/
アニメ公式HP
http://www.saki-anime.com/

2 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 02:38:08 ID:W53BOlXV
忘れた

咲 -Saki-(アニメ板)
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/anime/1238239092/l50

3 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 04:09:35 ID:uO+9WoHt
ほとんど女の子だけの話。男の子なんて約1名しか出てこないのにどうしろと?
同性愛とかって?それとも、男子の奪い合いとか?


4 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 04:19:41 ID:uO+9WoHt
そういえば、原作絵では女の子3人がとっても短いスカートでぱんつはいてないのね。ある部分小林立先生の描き方では有りますね。
登場人物が魑魅魍魎な所もそうですかね?


5 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 09:41:01 ID:EjVzNFL0
>>3-4
ひだまりスケッチとか男でてないのにスレがあるんだから問題ない
同性愛なり、オリキャラ(要注意書き?)なり、男子争奪なり書き手次第だろw

6 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 09:50:05 ID:fMZaFTfB
前から疑問だったんだけど、この板ってレズメインの作風って歓迎されないの?
自分なんかはレズ絡み好きだからエロパロにやっとスレ立って嬉しいんだけどな

7 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 12:06:24 ID:gDfszfp4
>>6
読み手がいたとしても、書き手が居るか居ないか っていう話です。
貴方が優良な作品を読み手に催促させる間をもたせないくらい多数投下してくれるなら大歓迎します。


8 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 12:38:25 ID:EjVzNFL0
催促させる間もないくらいとか厳しすぎるだろw
投下は大歓迎だが

9 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 13:20:11 ID:hxHsGRDT
そういえば、今日、販売日。
どんなテで約8万点をひっくり返すつもりだ?

10 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 15:57:21 ID:uXAAjxTk
スーカンツ大三元字一色だったりして。
「カン」
「!」
中中中中
嶺上牌は発
「カン」
「!!」
発発発発
嶺上牌は白
「カン」
「!!!」
白白白白
嶺上牌は西
「カン」
「!!!」
西西西西
嶺上牌は…
「ツモ」
東東


11 :名無しさん@ピンキー:2009/04/03(金) 16:32:03 ID:LukkKgSR
ダブル役満はなしだって43話で部長が言ってたよ

12 :名無しさん@ピンキー:2009/04/04(土) 01:40:02 ID:r5ZGnRE6
まぁ予想通り

13 :名無しさん@ピンキー:2009/04/04(土) 09:32:02 ID:FENI/GhG
>>5
ひだまり は、学校でも家(ひだまり壮)でも部屋は違っても一緒にいるから良いけど。
咲 は学校、強化合宿、大会 などで ひだまり に比べて一緒にいる時間が短いんだよね。


ああ、衣は ぱんつはいてない のか。
Tバック みたいにクロッチだけは有るのを穿いてるのかな?
咲、や、和、みたいに立ち絵でお尻の膨らみが描かれていると異常に気になるよ。どんなパンツなのか。それとも本当に穿いてないのか。

14 :名無しさん@ピンキー:2009/04/04(土) 12:35:20 ID:m53n13ga
前スレはかなり前に落ちちゃったんだよね……
まあ50レスくらいしかつかなかったけど。投下はいくつかあったよ

15 :名無しさん@ピンキー:2009/04/04(土) 14:29:55 ID:wENbJarc
麻雀なんだから負けた脱衣→エッチなお仕置きとか(ry

16 :名無しさん@ピンキー:2009/04/04(土) 16:36:04 ID:W/YexK+n
脱衣麻雀

17 :名無しさん@ピンキー:2009/04/06(月) 12:42:12 ID:1FXiaDjx
アニメ化記念上げ

18 :名無しさん@ピンキー:2009/04/06(月) 17:48:19 ID:zwEFYzBQ
ぶっちゃけエロ完全なしでただの麻雀SSの方が書ける人いそうだなw

19 :名無しさん@ピンキー:2009/04/06(月) 18:26:45 ID:7l/XO9oM
それはそれで面白いんじゃないか?w

20 :名無しさん@ピンキー:2009/04/06(月) 20:01:53 ID:bXqJram1
もちろん四家から福本語が飛び交う暑苦しさ全開の話だよな

21 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 00:45:20 ID:QbQ0H0B0
麻雀SSとか読んだことねぇ
誰かうp

22 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 08:41:30 ID:KOvHPLcS
残り2局で19500点差のトップ・・・

この勝負もらったッ・・・!

「カン」



「ツモ」

なん・・だと・・・?

リンシャン ツモ 三暗刻 中 ドラ3

くっ・・まだ・・・まだ1局ある!

「ロン」

まさか・・・3確・・・だと?


咲関係ねーな

23 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 16:55:20 ID:oKLJRDhg
てか唯一出てくる男が空気過ぎるからな

24 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 20:48:03 ID:yUDoNQBd
>>23
亀「俺達の…」
穴「存在を忘れるんじゃねぇ!」

25 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 22:07:12 ID:o2H2Fmxq
>>23
っハギヨシ
っ実況
アニメじゃまだ未登場だが。

26 :名無しさん@ピンキー:2009/04/08(水) 04:12:56 ID:4mXjxytY
のどっち(×エトペン)自慰の電波ん受信した

27 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 10:03:04 ID:A1QlFmqi
うーん
テレビでも、やはり、ぱんつ着用して無いのか?それとも股下部分の生地が少ないのか?
ナゾだ。

視点を変えたら、どういう事になってるのだろう?

28 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 10:53:17 ID:Gw+YN0yv
はいてないつけてない

29 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 14:52:22 ID:ChKZBjlH
見えないんだから付ける必要がない。

30 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 18:10:18 ID:kwjzcBCt
>>29
すばらしい発想だ。

31 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 13:22:29 ID:2tlkr3nM
あれだけの大きさと形なのに つけてない って、どんなにハリがあるの?
と、いうか、まさか、制服の胸部分が支えてる?
だとしたら、服は特注?

32 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 14:50:55 ID:CV7risxh
>>31
偽乳特選隊の隊長です

33 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:03:40 ID:p6b9g2ZM
初めてSSってもんを書いてみた、難しいな
投下おk?

34 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:21:33 ID:etCcglHj
>>33お願いします。

35 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:38:08 ID:p6b9g2ZM
加治木先輩から「君が欲しい!!」と言われ、麻雀部に入り早2ヶ月が過ぎた。
私たち鶴賀学園は1ヶ月前、県予選で清澄高校に敗北し、全国への切符を手にすることができなかった。
秋の選抜には3年生である先輩は出られない。
部活には出ているが、もともと先輩のためにしていた麻雀だったので、私は抜け殻のようだった。

県予選が終わった後も先輩はよく顔を出してくれていた。
「モモ、もうすっかり暗いぞー早く帰ろう」
「今すぐ行くっす!待ってて下さい!」

急いで帰りの支度をして、先輩の所へ向かう。
先輩とは家が近いのもあって一緒に帰ることが多く、それは嬉しくもあり、辛くもあった。
今日もいつもどおり町を見下ろせる並木道を歩いていく。

「2ヶ月間弱音も吐かずに毎日練習してるみたいだな、選抜期待してるよ」
「い・・いえ、その・・あの・・・先輩も練習に付き合ってくれて本当に感謝っす!」

先輩のことを意識し始めてからどんどん会話がぎこちなくなっていくのがわかった。
私と先輩を繋げているものは麻雀だけ。でも、それもあっという間にちぎれてしまいそうだ。
あるいは、もうすでにちぎれてしまっているのかもしれない。
余計なことを考えてしまって上手に話せない、思い切って自分の気持ちを話してしまった方が楽になれるのだろうか、でもそんなことをしたら、大切な人を永遠に失うのではないか。
それは絶対嫌だ。もう、孤独は嫌だ。
辛い、苦しい。

36 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:39:06 ID:p6b9g2ZM
「こないだの試合は無駄じゃない、鶴賀は秋の選抜に必ずいい結果を残せるよ」
「・・・・・・・・」

「ん・・?どうした黙り込んで」
「せ・・先輩は、好きな人とかいたりするんすか?」

色々考え過ぎて頭がいっぱいになり、いきなりとんでもない質問をしてしまった。

「す・・好きな人か・・・、どうだろうなぁ・・」

無理やりにでもこの会話を終わらせれば良かった。

「えっと・・じ・・じゃあ私の事どう思ってます?」
「ん・・?それは・・どういう意味だ?」
「あっ、いや・・あれ・・・そういう意味じゃなくて、あの・・その・・・」

頭では分かっているのに、どうしてあんな事聞いてしまったのだろうか。
その後どんな会話をして、どう別れたのかまったく覚えていない。
心は、磨り減り、ふくらみ、もつれていく。

37 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:40:38 ID:p6b9g2ZM
「おっす、モモ。どうだ調子は。」
次の日の放課後、何もなかったように先輩は話しかけてきてくれた。
私はやっぱり昨日のことを考えてしまい、スコアは散々な結果だった。

「どうした、今日は調子悪いのか?」
「い・・いや・・あの・・はい、ちょっと今日はー・・ダメみたいっすね」

その後もスコアはひどい結果だった。

「もう6時回るな、そろそろ帰るか」
「せ・・先輩、きょ・・今日は先に帰ってて下さい!」
「ん・・何か用事あるのか?」
「いや・・用事というか何というか・・」
「どうせカギ閉めなきゃいけないし、待ってるから早く支度しろよー」

間髪入れずに言われてしまった。
もう一緒に帰るのは辛い、一緒にいる機会が多いほど気持ちは強く、強くなっていく。

支度を済ませ、先輩の所へ向かう
「電気消すぞー、じゃあ帰ろうか」

それから先輩は黙ったままだ
もちろん私も黙ったまま

9月も下旬で、日もすっかり落ちて、背中からとくとくと注がれる寒さに首をすくめる。


38 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:41:25 ID:p6b9g2ZM
昨日の並木道に通りかかった時、先輩が口を開いた。

「月が出てるな、空も広いし、明日も晴れそうだ」

見上げると、白い三日月が見えた。

「そ、そうっすね・・月・・出てますね・・」
「・・・・・・・」
「今日は調子悪かったみたいだな」
「明日は大丈夫です、今日はたまたまっすよ」
「・・・・・・・」

また沈黙が続く
先輩はすっと息を吸い込むと、また口を開いた。

「・・昨日は、悪かった」
「え?」
「だから、昨日は悪かった、ごまかしたりして。
いきなりあんな事いうから、私もびっくりし・・」

これから言われるであろうことが怖かった。
周りの音が一瞬で消え、だた一定のリズムで鳴る心臓の鼓動が胸をザクザク切りつけている。

「き・・昨日のことは忘れて下さい!!私何か色々考えちゃって、それで、どうかしてて・・。
そんな事で、先輩を失いたくないから、・・もう忘れて下さい!
でも、もう遅いですよね、県予選も負けちゃって、せっかく先輩が見つけてくれたのに!!こんな私を大勢の人の前で叫んで求めてくれたのに!!先輩のために頑張るって決めたのに!!!先輩と繋がっているものも失ってしまって!!!一緒にいる意味なんか・・!!!」

最後の言葉を言い終えようとしたとき、先輩の声がさえぎった。

39 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:42:47 ID:p6b9g2ZM
「モモ・・私はそんな風に思ってないよ」
「でも・・」
「言っただろう、最初に会った時に、お前が必要だ・・って。
それは今でも変わらないし・・」
「えーと・・ちょっと目つぶれ」
「え・・?」
「いいから目つぶれ」

唇に先輩の温もりが伝わった

「これからもお前が必要だ、お前のことが好きなんだよ、モモ。」
先輩は頬を赤らめ、そう言ってそして私を抱きしめてくれた。

「私とお前が繋がっているものは、麻雀だけじゃないよ、嬉しいのも苦しいのも全部一緒なんだから。」
それまで溜まってたものが一気にあふれ出した。

「うぐっ・・えぐっ・・先輩、先輩・・」
「ごめんな、辛い思いさせて」
「うぐっ・・先輩・・・」
「え?何言ってるかわかんないって」
「先輩・・先輩・・」
「なんだ?」
「・・大好きっすよ!!」
「・・・・・・」
「お前・・泣いてんのか怒ってんのか笑ってんのかわかんないよ」
「えへへ・・・全部っすよ!」
その後、ずいぶん長い間先輩の胸元で泣いた

40 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:43:59 ID:p6b9g2ZM
「なんとなく気づいてたんだけどな、お前の気持ち。」
「じゃあ何でごまかしたりしたんですかー!」
「いや、昨日私も同じこと聞こうしてたのに、先に言われたからびっくりして・・」
「モモはもう怒ったっす!」
「ごめんごめん、何でもするから許してくれ」
「何でも?」
「うん、何でも。」
「じゃあもう一回ちゅーしてくれたら許してあげるっす!」
「い・・いま?」
「今じゃなきゃもう許さないっす!」
「分かった分かった、恥ずかしいから目つぶれ」

また、先輩の温もりが伝わるのが分かった。

「先輩、これからずっと一緒っすよ!」
「そうだな、ずっと一緒だ。」
「えへへ、じゃあもう一回ちゅーして下さいっす」
「じゃあって何だ、もう許してもらったからな、ずいぶん遅いし早く帰るぞ」
「えーー!もう一回だけもう一回だけ!今度は私がー・・!!」

先輩はもう歩き始めてしまっている。

「わがまま言ってるともう置いてくからなー」

そんな事を言いつつ、不器用に後ろに手を伸ばしてくれた。
私は急いで先輩の所へかけより、右手でぎゅっと握りしめた。

秋の選抜、頑張ろう。
嬉しいのも苦しいのも一緒なんだ。

ふと空を見上げると、白い三日月がさっき見たときより少し満ちていて、それは大きく、大きく見えた。

41 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:45:25 ID:p6b9g2ZM
モモとかじゅ先輩で書いてみました。
書くために読み直したら、モモって予選のとき入部1ヶ月だったみたいですね
原作でいちゃいちゃしてるから、もう3ヶ月くらい経ってるのかと思ってた・・
時期とかがあいまいなのと、予選後の妄想で書いたので、軽くパラレルワールドっぽくなってるかもしれないです。
書き込んでみたら、思ったより長くなってしまいました。スレ汚しすみません。

42 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 17:53:25 ID:F/R0aOXp
>>41
いやいや、良かったですよ

43 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 19:36:14 ID:tYXxJJsD
>>41
GJだぜ

44 :名無しさん@ピンキー:2009/04/12(日) 00:45:47 ID:eKnFrVRG
>>41
泣けた
これはいいモモ×かじゅ
乙 超乙っす

45 :名無しさん@ピンキー:2009/04/12(日) 20:29:31 ID:WkJqfrz9
>>41
これはいいなw
GJ!

46 :名無しさん@ピンキー:2009/04/13(月) 22:59:05 ID:o8F0sPop
面白い…狂気の沙汰ほど面白い

47 :名無しさん@ピンキー:2009/04/13(月) 23:47:32 ID:g4VI+AfD
┌───┬────┬─────┬─────┬────┬───┬─────┐
│     │   咲   │    和    │   優希   │  まこ   │  久  │ 京太郎   │
├───┼────┼─────┼─────┼────┼───┼─────┤
│  咲  │  私   │  原村さん │優希ちゃん │        │ 部長 │  京ちゃん │
├───┼────┼─────┼─────┼────┼───┼─────┤
│  和  │宮永さん │   私    │ ゆーき  │ まこさん│ 部長 │         │
├───┼────┼─────┼─────┼────┼───┼─────┤
│ 優希 │咲ちゃん │のどちゃん. │    私    │染谷先輩│      │  京太郎  │
├───┼────┼─────┼─────┼────┼───┼─────┤
│ まこ │  咲    │    和    │          │  わし.  │ 部長 │          │
├───┼────┼─────┼─────┼────┼───┼─────┤
│  久  │  咲    │   和    │   優希   │  まこ   │  私  │ 京太郎くん.│
├───┼────┼─────┼─────┼────┼───┼─────┤
│京太郎│  咲    │   和    │   優希   │染谷先輩│ 部長 │   オレ  │
└───┴────┴─────┴─────┴────┴───┴─────┘

縦が呼ぶ側、横が呼ばれる側
参考は単行本1〜5巻
空欄は一度も呼ばれていないところ

48 :名無しさん@ピンキー:2009/04/14(火) 00:02:01 ID:DeEhHCC4
>>47
和、まこさんって言ってたっけ??
あと、久は京太郎のこと須賀君っていってた気がする。

49 :47:2009/04/14(火) 00:09:08 ID:TG0UV7JT
>>48
まこさんは1巻P115
京太郎は俺のミス。ごめんなさい須賀くんだね

50 :名無しさん@ピンキー:2009/04/15(水) 12:38:53 ID:7eZqp8M+
レズネタも駄目じゃないよ
神無月とかストパ二スレとか普通に百合やってるし
百合アニメと麻雀の違いもあるが…


51 :名無しさん@ピンキー:2009/04/16(木) 13:53:17 ID:BWVh7ZqM
その辺は住人がどれぐらい許容するかによるよね>百合ネタ
他スレの話題で悪いけど、ひだまりとからき☆すたでは自然に受け入れられた一方、
最近立ったばっかりのけいおんスレではダメっぽいし。
あんまり強硬に反対する人がいなけりゃ注意書きだけでおkだとは思うけど。

52 :名無しさん@ピンキー:2009/04/16(木) 15:34:24 ID:joqI1UZp
原作の性質上ありだと思うけど、少なくとも俺は大歓迎。
まあはじめに注意書きして、ってのがベターだと思うけど、範囲を狭めてこのまま過疎るのもどうかと思うし。

53 :名無しさん@ピンキー:2009/04/16(木) 18:20:25 ID:9b1bsj92
>>51
ストパンのエロパロスレもそうだったが、最近は百合要素のある(ありそうな)作品のエロパロスレで
周りの意見とか流れ無視して百合厨百合厨言って荒らしてるのがいるっぽいね

まあ、俺もやっぱり注意書きつければ百合も男女物も有りってのが無難で良いと思うけど

54 :名無しさん@ピンキー:2009/04/16(木) 23:10:41 ID:EYT4Qwmw
百合関連の荒らしは、完全に愉快犯によるなりすましだと思うから、
前書きに注意書き入れて、読みたくない奴がNGすればいいと思うけど。

55 :名無しさん@ピンキー:2009/04/18(土) 01:05:11 ID:AzVb2Uek
百合どころか男も投下がないだけに

56 :名無しさん@ピンキー:2009/04/18(土) 14:57:05 ID:E54v4SWY
>>53
最近というかここ数年ずっと粘着してるよw>百合厨百合厨って喚く連中

57 :名無しさん@ピンキー:2009/04/18(土) 23:58:29 ID:L8/6Y9uX
衣って、感情が変な方向に向かうと、近所を停電させるのか。
まぁ良いんだけどさ。

てか、
女の子所帯に1名だめの男の子
ってどういう待遇なんだろ?


58 :名無しさん@ピンキー:2009/04/19(日) 00:00:44 ID:kD1o/uyS
咲ちゃんのあそこは、キツキツなの?

59 :名無しさん@ピンキー:2009/04/19(日) 00:25:17 ID:WjoYjvpp
女子部員達で集団逆レイプか、あるいは
脱衣麻雀になると隠された能力を発揮して、のどっちを次々と脱がせてしまうか

60 :名無しさん@ピンキー:2009/04/19(日) 04:12:54 ID:2A1YYJWZ
脱がされるのはのどっちだけなのか……イイな。
他の部員にもいじくり回されるとなお良い。

61 :名無しさん@ピンキー:2009/04/19(日) 05:10:48 ID:boQSn814
>>58
膣はきついけど、尿道と膀胱がゆるい。

62 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 00:50:15 ID:WRLBE5z4
「清澄高校、予選突破おめでとう!!乾杯!!」
「かんぱーい!!」
県予選が終わり、まこさんの家の雀荘を借りて祝勝会・打ち上げをすることになった。

藤田プロがカツ丼片手に乾杯の音頭をとっているのと、優希ちゃんがタコス片手にメイドのコスプレをしているのがよく分からないけど、とりあえず、清澄高校は予選を通過し全

国の夢に一歩近づいた。

「宮永さん、あの8万点差よくひっくり返しましたね、本当に・・かっこよかったですよ」
わいわい騒いでいるなか、となりに座っている原村さんが言葉をかけてくれた

「そんなことないよ、みんながが応援してくれたから頑張れたんだよ!それに・・」
「それに?」
「全国に行くって約束したからねっ、原村さんと」
「そうでしたね、あの日・・約束しましたもんね」
「うん、全国大会・・・がんばろうね!」

原村さんは、私が大嫌いだった麻雀の楽しみを教えてくれた。
一度は「退部してください」なんてことを言われたこともあったけど、もう仲直りして、

一緒に下校したり、一緒に温泉に行ったり(部活の合宿の一環だけど)、一緒のふとんで寝

たことだってある。
女の子が女の子を好きになるなんて変な話なのかもしれないけど、私は原村さんと一緒に

いると体が熱くなってドキドキする。


63 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 00:51:48 ID:WRLBE5z4
それから2時間ほど経ち、時間は夜9時くらい
藤田プロや優希ちゃん、部長らはいまだに大騒ぎしていて、そのままマコさんのところへ

泊まっていく気らしい。
私は、お父さんも心配しているだろうし、支度をして原村さんと途中まで一緒に帰ることにした。

川沿を上っていると、頭にぽつぽつと当たる感じがした。

「あれ・・雨・・かしら・・?」
「うわーほんとだ、雨嫌だよー・・。」
「まぁ、好きって人も少ないと思いますけどね」
「それもそうだよね・・でも、とりあえずちょっと急いだ方がが良さそうだね」

いつも別れている橋に着くころには息も切れ、辺りは大降りになっていた。

「はぁはぁ、疲れた・・。雨すごいね!私の家はもうすぐだけど、原村さんの家ってもうちょっとかかるよね」
「ええ、とりあえず家に電話しなきゃ・・」
「一回あそこのトンネルの中で雨宿りしよっか!」

トンネルに入ると、中は外と比べだいぶ静かだった。

「迎え、来てくれるって?」
「父が仕事もう少しで終わるから、そのまま車で来てくれるみたいなので大丈夫です、宮

永さん風邪ひいちゃうし、先に帰ってていいですよ」
「原村さんこそ風邪ひいちゃうって、私の家近いからそこで待てばいいよ」
「でも・・迷惑かけちゃいますよ」
「ううん大丈夫、原村さんの事はお父さんにも話してるし、迷惑なんかじゃないよ!」
「そうですか・・、じゃあ・・ちょっとお邪魔させていただいてもよろしいですか?」
「うん、じゃあちょっと休んでから行こっか」

64 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 00:52:49 ID:WRLBE5z4
「二人ともびしょぬれじゃないか!電話くれれば迎えに行ったのに・・ちょっと待ってなさい」
家に着くと、お父さんは原村さんとのあいさつもそこそこに、急いでタオルを持ってきてくれた。

「お風呂沸いてるから、すぐ入ってきなさい、なにか着替えあとでもってくから」
「原村さん、先入ってきていいよ!」
「そんな・・悪いですって、私は大丈夫ですから」
「気使わなくて大丈夫だから」
「いえ・・でも・・」

そんなやり取りをしていると、父が口を開いた。

「2人一緒に入ってきちゃいなさい、女の子同士なんだし」

女の子同士だって小学生じゃないんだから・・。
お父さんはデリカシーが無いというか、何も考えてないのだろうか、急に突拍子もない事を言うことがある。
でも、これは。

「じゃあ・・そうしよっか、一緒に入ろ原村さん」
「え・・・それじゃあ・・お言葉に甘させていただきます」

「狭くてごめんねー。」
「いえ、待たせていただくだけだったのに、すみません」
「大丈夫大丈夫、気にしないで。背中、流すよ」


65 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 00:54:12 ID:WRLBE5z4

ゴシゴシ・・ゴシゴシ・・・
「原村さん、痛くない?」
「はい、気持ちいいです」
ゴシゴシ・・・
「・・・・」
「原村さんってさ・・」
「はい?」
「・・・からだ、柔らかいね」
「えっ?いえ・・そんな・・」
「ぎゅってしてもいい?」
「いや・・え・・?えっと・・」

「ね、ダメ?」
「宮永さんなら・・ごにょごにょ」
「え?」
「み・・宮永さんなら・・いいですよ・・っ!!」
「わーい、ぎゅっっ。」
「きゃっ・・そ・・そんな急にされたら、びっくり・・するじゃないですか・・っっ」
「原村さん・・あったかい。もう少しだけ、こうしてていい?」
「はい・・・」

「原村さん・・私・・私ね、原村さんと一緒にいるとドキドキする。原村さんのことが好きっ。」
「・・・・・」
「・・・って言ってみただけ・・!気にしないで!ごめんね、急にこんなことして」
そう言って急いで手を戻した。

66 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 00:54:52 ID:WRLBE5z4
「・・・・・・・」
「・・私も・・・・・・私も・・、宮永さんのこと好きですよっ!今だってドキドキしてるし」
「ほんと・・?」
「本当ですよ。」
「ほんとのほんと?」
「本当の本当です。さ・・さっきだって心臓が破裂しそうだったんですからね!」

原村さんの耳が赤くなっているのが見える。

「じゃあさ、もう一回、ぎゅってしてもいい?」
「だ・・だから宮永さんならいいですよって・・言ってるじゃないですか、もう」
「ぎゅっ。原村さん、大好き。」

このままこの甘い甘い時間が止まって欲しい。そんなふうに思いながら、ゆっくりと目を

閉じた。

67 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 00:57:06 ID:WRLBE5z4
咲とのどっちで書きました
酔った勢いで書いたので、ちょっと読みづらいかも
またパラレルってるかもしれないです、スレ汚しすみません

68 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 00:58:17 ID:wbz3qp90
わっふるわっふr

69 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 02:24:13 ID:dd3Y7R5i
これはいい、正直もう辛抱たまらんね。
GJ!

70 :名無しさん@ピンキー:2009/04/20(月) 13:42:56 ID:rErWAsNJ
は、早く続きを

71 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:14:14 ID:pfVX8G1L
「咲、着替えここに置いてー・・・」

風呂の外から急にお父さんの声が聞こえた。

その声にあわてて体勢を戻そうとしたため私は原村さんに軽く体重をかけてしまい、振り返ろうとした原村さんはバランスがとれず、私が押し倒し覆いかぶさる形になってしまった。
そしてどちらが蹴ったか分からない風呂桶は、カーンと高い音を立ててタイルにぶつかった。

「咲、なんかすごい音したけど、大丈夫か?」
「な・・なんでもないよ大丈夫!」
「ならいいんだけどー・・着替えここにおくからな、服乾くまでこれ着てもらいなさい」
「わ・・・わかったよ!ありがとう!」

いくらなんでもこんな体勢の時に声をかけなくてもいい。
まぁこればっかりは間違いなく自分に非があるのだけれど。

72 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:15:43 ID:pfVX8G1L

「はぁ、心臓止まるかと思った・・」
「び・・びっくりしましたね・・」
「急に声かけてくるんだもん、もう・・」
「・・・・・・・・」
「で・・・この体勢、辛くないですか?」
「わっ、ご・・ごごごごめん!!!!」

足音が消えるまで1、2分間だろうか、ずっとこのきわどい体勢をしていたのだ。
辛くないわけがない、それにめちゃめちゃ恥ずかしい、気まずい。

「もう・・こんな格好、見られたら大変ですよね」
「えへへ、なんの言い訳も思いつかないよね。あ、もう流し終わったから、先湯船つかってて大丈夫だよ」
「私も・・背中、流しますよ、宮永さんの。」
「あ・・ありがと・・、じゃあお願いしようかな。」
「じゃ、背中向いてください」

ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・
「気持ちいいですか?」
「うん・・とっても。」

とても気持ちいい。いつの間にか、変な空気も石鹸の泡に包まれどこかへ流れていったみたいだ。


73 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:17:00 ID:pfVX8G1L

脱衣所に出ると、二人の体からは湯気がゆっくりと立ち昇った。

「ずいぶん長い間入っちゃったね」
「はい、ちょっとのぼせてしまいました・・」

風呂上がりの、のぼせて頬が赤くなった原村さんは言うまでもなく色っぽい。
つい視線がいってしまうのはもう不可抗力なのだろう。

二人とも灰色のスウェットに白いTシャツといった格好に着替えると、キッチンへ行き、引き出しから紅茶のパックとスティックの砂糖を取り出し、ステンレスのやかんに火をかけた。
そして白いカップ二つにコポコポと湯を注ぎ、トレイにのせ2階へ向かった。

私の部屋は2階の階段を上がったすぐ右手にある。

74 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:18:14 ID:pfVX8G1L

「ごめんねー、なにもなくて・・」

いまどきの女の子なら、ファッション雑誌、可愛らしい座椅子、ぬいぐるみ、CDコンポ、おしゃれなインテリアなんてものがあるのだろうけど、そんなものは無い。

私の部屋には一人用の小さいテーブル、教科書と本を入れた棚と、無機質な机とベッドしかない。テレビすらないのだ。

「いえいえ、おかまいなく。でも、それにしても生活感ないですね・・」
「あっ、それ京ちゃんにも言われたことある!」
「京太郎さん?」
「あ、小さい頃だよ、よく一緒に遊んだりしてたから」

なにか勘違いされそうだったので、即座に訂正した。

カップをテーブルに置き、二人でベッドに腰掛け他愛の無い話をしながらまどろんでいると、ケータイの鳴る音が聞こえた。

75 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:20:03 ID:pfVX8G1L

「ええ、はい・・・えっ?それでは・・ええ、迷惑は・・」

電話中だったのだけれど、なにかもめているみたいなので、小さく声をかけてみた。

「なにかあった?大丈夫?」
「はい、この雨で通行規制かかってしまって、もうちょっと時間かかってしまうみたいで・・。別の道から向かうと言ってるのですけど・・」

そういえば、ガラス戸に当たる雨の音が大きく聞こえ、風の吹く音も聞こえる。
降り始めの頃にくらべて、だいぶ強くなったようだ。

76 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:21:58 ID:pfVX8G1L
「ちょっと、電話変わってみて。」
「え?あ・・・はい。」

「あの・・私和さんの友達の宮永咲です。」
「あぁ、和がお世話になっているみたいで、ご迷惑を。私、和の父のー・・」
「家、何時間いても大丈夫ですから!」
「いや、本当に迷惑をかけてしまって・・。お言葉に甘えて、もう少しお世話になってもー・・」
「全然迷惑じゃないですから!」
「ええ、では・・申し訳ありません。急いで向かいますので。」
「はい、では。」

ピッ

「私から言っておいたから、大丈夫。」
「はい、すみません、もう少しお世話になります・・」
「えへへ、もう少し一緒にいれるね!」
「えっ?あっ・・そ・・そうですね」

そういって顔を伏せた原村さんはの顔は少し赤くなっているようだった。
部屋に紅茶の甘い香りがたちこめる中、時間はゆっくりとゆっくりと流れる。

77 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:24:00 ID:pfVX8G1L
咲とのどっちの続き書いてみました。
今週の咲を見て、咲はやっぱり策士のような気がしました。
またまたスレ汚しすみません。


78 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:28:11 ID:tKrWkMYX
>>77

乙! 続きはエロ展開希望してもいいですよね?
期待してますぜ〜!

79 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:43:15 ID:hBn2My0W
         ―風越女子の絆―

また、あの暑い夏が来る―――――。
強い日射しに青い空。それを彩る巨大な入道雲に蝉時雨。
真夏にすっぽりと包まれた、緑溢れるのどかな路を歩いている子猫のような
少女――――池田華菜。
そこからわずか下がった位置でついてくるのは、穏やかな空気を湛えた
風越女子高校麻雀部キャプテン、福路美穂子。

山間部特有の涼やかな風がふたりをくるんで空へ抜けていく。

「いよいよ始まりますね、県予選!」
「そうね。去年のことは去年、今年は気持ちを切り替えて行きましょう」
「…はい!」

慈愛の響きを含んだ美穂子の声に、髪と同じ色の猫的耳を生やして
池田が返答する。目は星が散っているごとく輝いた。

「去年は私が天江に振り込んだせいで……」
「華菜。」
「は、はいっ」

少したしなめる音を感じた池田は言葉を止め、キャプテンの言葉を待つ。
沈黙する数刻、蝉の声だけがやたらと耳についた。

80 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 21:52:57 ID:hBn2My0W
「そのことはもう言わない約束じゃなかった?」

表情は柔和なまま、人差し指を口元に当てて薄く微笑む。
それを受けて池田の緊張も足下からほどけていく。
無言でうなづき、わかってます。の意志を伝えた。

「…今年も荒れそうですね。何かとんでもないことが起こりそうです」
「華菜もそう思う? …実は私もなの」
「そうなんですか!? 近頃変な夢ばかりばかり続いて睡眠不足で…」

ふわわ。とあくび混じりで語尾をボヤかすと、きびすを返して美穂子の
元へ小走りで駆け寄った。

「…でも! 必ず勝つのは私たち、最強の風越女子です!」
「それを証明するため、この1年頑張ってきたんですものね…」

美穂子はその言葉を胸に、夏の空を見上げて右目を薄く開ける。
ここで終わればそれで終わり―――そんな寂しい一抹の不安が
首をもたげるが、首を振ってその愚考を払い捨てた。


81 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 22:01:26 ID:hBn2My0W
(キャプテンは3年生最後の試合…これを勝って、インターハイを
 一緒に闘うんだ! そのためにこの1年やってきたんだから!)

目を伏せ、胸に握り拳を当てて、池田は今一度思いを確認する。
自分たち2年含めて、1年生の牌に触れる時間を増やしてくれた
この、キャプテンの気持ちを昇華させるために……!

ふと焦点を合わせると、美穂子が不思議そうな顔をして覗き込んで
いた。
「…………! キャ、キャプテン!」
鼓動が急激に高まる。
「やっと気づいた。何度呼んでも反応ないんだもの」
いきなりの接近に対処できないほど、薄い胸は早鐘を打ち、
汗がこめかみを伝う。
(あぁ……このまま時間が止まればいいのに――そうすれば、
 キャプテンとずっと一緒に―――――)

82 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 22:12:52 ID:soIgM6Zh
竹林を抜ける風がざわめきの声を上げた。
見つめられる瞳に気恥ずかしさを覚え、たまらずぎゅっと目を閉じる。
目を閉じたまま、心の奥にあるものを後先考えず吐き出した。

「絶対…勝ちます! 私がキャプテンを全国に連れて行きますからっ
 いつまでも、キャプテンの傍にいられるためにもっ!」


言い切った。少しずつ肩の力が抜けてくるが、まだ目は開けられずにいる
高い空を航空機が飛んでいく小さな金属音が蝉の声の隙間を
ついて静かに響いた。

不意に池田の身体にある感覚が走った。あたたかい何かに
抱きすくめられる感覚だと気づくのに数秒要して、ゆっくりと目を開ける。

「華菜のその言葉、待ってた」
「……きゃ、キャプテ………うえぇぇ〜ん」

堰切ってあふれ出る涙を拭おうともせず、抱き締められるがままに身を
任せる。泣きやまぬ子をあやすように、後頭部に手が添えられ
ポンポンと優しく往復する。


83 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 22:24:01 ID:u2Nk+uFx
身体を離し、見つめ合う形になったところで額と額が合わせられた。

「華菜。絶対勝ちましょう? どんな強豪が立ちはだかろうと、
 私と華菜、そして部員のみんなが一丸になれば無敵。でしょ?」
「……ぐすっ、……ひ、ひゃい!」

涙でグシャグシャな池田の頬を指で撫で、溢れるものを払う。
再び頭を軽く撫でてやり、よしよし、と微笑みかける。

「いつまでも泣いてる子には、おまじないかけないとね」

池田がおまじない? と疑問をもった次の瞬間、
柔らかい唇が押し当てられた――――。

現実の出来事だと理解し、池田は口付けられたまま固まり、
目を丸くしたが、時間経過と共にふにゃりと蕩ろけ出す。

「……華菜はキスしてあげないと落ち着かないのよね?」
「あぅ……にゃー……しょ、しょうですけれどぉ〜…」

唇を離して悪戯っぽく笑いかけると、池田の顔が真っ赤に染まった。

84 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 22:32:13 ID:u2Nk+uFx
身体にこもる熱は、日射しと地面の照り返しのためではない。
ここで止めておいたのは正解だろう。

熱に当てられ、ふらつく足取りの池田。その手を取り、美穂子は
慈しむ笑顔をこぼし、そのままふたりは歩いていく。

高校生活最大の暑い夏は、ここから始まるのだ。
長い長い闘いの直前、想いを重ねるふたりの物語は
始まったばかり――――――――。

85 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 22:34:30 ID:u2Nk+uFx
投下完了。
途中で接続がブツ切れてIDが変わってますが一貫して自分です。

直打ちで気の向くままです; 推敲ゼロで申し訳ない限りで。

スレ汚しご無礼。

86 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 22:47:09 ID:vw/vcLmW
いやいやGJでした
急に活性化してきていい感じだな

87 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 23:26:54 ID:1dX/Zbc1
凄い充実したスレだな

88 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 23:36:22 ID:APTyT0iD
神すぎる流れ

89 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 23:42:39 ID:Bg1S6TuG
池田キャプテンか
これはいいものだ

90 :名無しさん@ピンキー:2009/04/21(火) 23:56:11 ID:TNt3VxF4
タコスx福山で

91 :79:2009/04/21(火) 23:56:35 ID:u2Nk+uFx
>>86-89

感想いただけて嬉しい限り。
直打ちなのでまとまりないけれど、読んでもらっただけでも有り難い。

今夜の深い時間に咲-Saki-百合スレでサンプル投下した咲×和を
完成させて投下するかも…。

92 :79:2009/04/21(火) 23:58:12 ID:u2Nk+uFx
連投スマソ
>>90
タコス×京ちゃんは夫婦漫才な流れでの構想はあるのでいずれ…


93 :79:2009/04/22(水) 02:14:39 ID:0dqr++wB
間に書き込みないのか……
咲×和で数レスお借りします。
百合スレで書いたものの完成版です。


吹きつけてくる風が春めいた色から、薫風の初夏の色味を増してきた。
合宿も終わり、予選まで中休みといった雰囲気漂う夕暮れ前。
旧校舎屋上のいつもの部室の開かれた窓の側、ふたつの影が寄り添う。

「……県予選も対戦校が決まりましたね」

多数の学校名が記されている紙を手に、和は緊張した面持ちで呟く。

「そうだね、原村さんはどこが手強いと思う?」

その紙を覗き込んでいる咲が、視線を紙から和に移しつつ問う。
近過ぎる咲の顔に、和の頬が少しだけ赤みを増す。

「部長が言うには、龍門渕、風越女子、鶴賀学園が要注意だと…」
「ふぅん…どんな人と闘えるのかなぁ? 楽しみだねっ」
「…そうですね。どこと当たろうとも、全力で挑みましょう」

強敵との闘いに臆することなく、無邪気に笑顔を浮かべる咲に
和も追随して柔らかい笑顔を向ける。

94 :79:2009/04/22(水) 02:26:37 ID:0dqr++wB
「原村さんと一緒なら、絶対勝ち抜けるよ!」
「…はい。勝ちましょう」

共に全国へ行くという夢を追うため、咲と和は改めて絆を強くした。
「一緒に行こう! 全国へ!」
幾度となく交わされた決意の言葉――――。
あの雨の日から何度口にしただろうか。


『麻雀を好きでもないあなたに……』

『今のままの打ち方を続けるというなら…』

『退部してもらえませんか?』

最初の印象は一言で言えば最悪。しかし、そこから紆余曲折を経て、
今こうしてすぐ傍にいられること。その何とも言えぬあたたかさが
くすぐったいような嬉しいような…不可思議な感覚がふたりを包んでいた。

窓から入ってくる風の心地良さと涼しさが、火照った頬を冷やしてくれる。
その場から窓の外に目をやれば、主不在のロングチェアーと、日よけの
パラソルも優しい風に吹かれて佇んでいた。

95 :79:2009/04/22(水) 02:37:16 ID:0dqr++wB
「ところで、今日は集まりが悪いですね…?」
「あ、会長と染谷さんは予選会会場の下見でー、優希ちゃんは
 隣町のタコス屋さんが開店するからって向かったみたい。で、京ちゃんは」
「優希のお供……という訳ですか」
「……うん」

読み通りの展開にふたりは思わず顔を見合わせ吹き出してしまう。
合宿前ではとても考えられなかった光景が繰り広げられている。
誤解。 
           衝突。 
                         邂逅。
様々なものを乗り越え、切っても切れない絆を形成したふたり。
そこからさらに一歩、足を踏み出すのには時間はかからなかった。

窓際で外を眺めながら、和はゆっくりと咲に寄りかかる。
その様子に咲は気づき、一瞬目を丸くするもすぐに悟り、互いに身を預ける
ように寄り添いだす。

96 :79:2009/04/22(水) 02:49:52 ID:0dqr++wB
沈黙が続く。静かすぎて耳鳴りを感じる錯覚に陥る一歩手前で、
和が口火を切った。

もじっ…と居心地が悪そうに身体の位置を変えると、見つめ合う形で
咲との視線が絡み合った。濡れたような黒さの咲の瞳に自分が写り
込んでるのに気づくと、さあっと白い頬に紅が差した。
そんな様子を目の当たりにさせられ、まともな精神で居られるほど咲も
鈍感ではなかった。徐々にお互いが高まっていくのが分かる。自らの
鼓動が耳で捉えられるほどに速まり、強まっていた。

「……宮永さん……」
「…原村…さん……」

見つめ合ったままゆっくりと、互いの唇にどちらともなく口づける。
何度目のキスか、もう数え切れないが、いつだって口づける時は
緊張が止まらない。柔らかな感触の後に、甘い電流のような痺れが
走り、それが脳を存分に蕩ろかせてゆく。

ほぼ密着しているふたりの僅かな隙間を、翠の風が通り抜けて空へ消えた。

角度を変え、高さを変え、極めて濃厚なキスは続く。

97 :79:2009/04/22(水) 03:01:37 ID:0dqr++wB
正面で密着していると、咲の薄い胸に和の大きすぎる胸が当たり、
そこからの熱も淫猥さに拍車をかけていく。腰に手を回し、よりいっそう
深く抱擁し合い、窓から少し離れた部室のベッドまで歩み寄って――。


――――パサッ

衣擦れの音と共に、二人の身体が白いシーツの上に新たな皺を形成する。

舌を味わい尽くし、制服の裾から侵入する手は、それぞれの胸に達して
狂おしく、優しく撫で合う。鼻にかかる、くぐもった嬌声が古びた部室に
響いた。その場に似つかわしくない淫靡な音が羞恥を更に煽る。

「……っ、 み、宮永…さん…っ 好き、です……」
「はぁ……っ ふう…ん、 わ、わたし…も、好き…」

接吻の合間に自然と漏れる愛おしい気持ちからの声。それがますます
互いを惹きつける誘爆を誘う。
ふたりは時が経つのも忘れて、愛を確かめ合った―――――。

98 :79:2009/04/22(水) 03:15:33 ID:0dqr++wB
太陽が低い位置まで身を落とし、部室の中が橙に染まる頃、
ようやくベッドから身を起こした和は、まどろんでいる咲の頬にキスを
落としてから、優しく揺り起こす。

「宮永さん、そろそろ――――」
「ん………。もうこんな時間…?」
「そろそろ起きないと、みなさん戻ってくるかも……」

和の予感は3秒後に的中した。

「たっだいま戻ったじぇー☆」
「ヘイヘイ、戻りましたよーっと」

片手に新作タコスを握りしめ、ハイテンションで優希が飛び込んできた。
あとに続くはペット扱いな京太郎。手には多数の紙袋。きっと中身は
全部タコスだろう。

「おかえりなさい」
「おかえり、優希ちゃん」

何事もなかったように優希と京太郎を迎え入れるふたり。
そして下見から戻ってきたまこと部長も加わり、
いつもの平穏な麻雀部が戻ってきた。
しかし、咲と和の手は、背後でしっかりと深くつながれている。
永遠を誓った証明であるが如く…………。




99 :79:2009/04/22(水) 03:18:10 ID:0dqr++wB
投下終了です。お試し版とだいぶ変わってしまった感が;
エロ薄くてすみません。

キャプテン×池田も、咲×和も、県予選前としばりを入れてしまって
自由度もへったくれもなかったので、今後もし投下することがあるなら
その辺も変えていければな、と。

長々とお借りして申し訳ありません;

100 :名無しさん@ピンキー:2009/04/22(水) 09:32:17 ID:JDBBEf3u
最高でした。ありがとう。

sz=0
336 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)