[PR] ブレイブフロンティア(ブレフロ) ID交換・友達募集掲示板 [PR]
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【アイドル】THE iDOLM@STERでエロパロ3【マスター】

1 :名無しさん@ピンキー:2008/02/02(土) 23:49:15 ID:NZg/FAc/
●前スレ:【アイドル】THE iDOLM@STERでエロパロ3【マスター】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1185642018/

●百合要素の強い作品は「レズ・百合萌え板」の方へどうぞ
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1186935367/

●非エロSS・シチュは未来館の「SSとか妄想とかを書き綴るスレ」も活用してみましょう
ttp://jbbs.livedoor.jp/game/13954/

●まとめサイト
(初代)  ttp://imas.h.fc2.com/
(二代目) ttp://imasssh.h.fc2.com/

2 :1:2008/02/02(土) 23:50:21 ID:NZg/FAc/
レス数がヤバけだったのでたてました。
スレの番号間違えましたすみません。

3 :名無しさん@ピンキー:2008/02/02(土) 23:52:04 ID:NZg/FAc/
【アイドル】THE iDOLM@STERでエロパロ3(コピペな押し間違えました。実際は5)
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1201963755/

とりあえず立てました。ダメだったら誰か立て直しおねがいします。

4 :名無しさん@ピンキー:2008/02/02(土) 23:53:26 ID:NZg/FAc/
誤字多すぎ、自分で誤爆とかorz

5 :名無しさん@ピンキー:2008/02/03(日) 01:45:16 ID:5Ic0Zl/+
>>1
乙w

6 :名無しさん@ピンキー:2008/02/03(日) 03:11:51 ID:opfL13gP
>>1
乙!うっかりさんめww

7 :名無しさん@ピンキー:2008/02/03(日) 03:18:39 ID:qelRrW/2
鯖移転してたのか、1週間近く新着がないからおかしいと思ってたら…
>>1乙、そして前スレの千早SSも乙

8 :名無しさん@ピンキー:2008/02/03(日) 04:41:51 ID:AQzD+xF1
このスレが1000行ったの初めてだなw

・・・それだけ投下量が減ったってことか


9 :名無しさん@ピンキー:2008/02/03(日) 06:03:31 ID:7AVsKH6L
SSスレなのに1000行くのも珍しいな
だがそれはそれとして>>1

10 :名無しさん@ピンキー:2008/02/03(日) 21:22:47 ID:s7idImp8
スレ建ておっつ→

11 :名無しさん@ピンキー:2008/02/04(月) 07:44:34 ID:7MMQ7WKM
これからに期待しながら保守

12 :名無しさん@ピンキー:2008/02/04(月) 13:12:37 ID:RybzejeA
スレ建て乙

13 :名無しさん@ピンキー:2008/02/04(月) 13:14:11 ID:RybzejeA
あと遅ればせながら前スレ最後の千早さいこーでした
千早はほんとラブラブ変態エッチが似合う…w

14 :名無しさん@ピンキー:2008/02/05(火) 17:32:23 ID:swLHT+D/
同じ低年齢組でも、やよいのSSだけがずば抜けて多い気がするのは気のせいだろうか。
たまには伊織とか双子のSSも読みたいな。

15 :名無しさん@ピンキー:2008/02/05(火) 21:40:54 ID:xmem8PY+
春香…18 千早…14 雪歩…5 やよい…5
律子…6 あずささん…5 真…7 伊織…5
亜美真美…2 美希…2 小鳥さん…5 その他…6
(未来館SS置場)
 
やよいが多いというより亜美真美が少ない。
というか春香と千早w

16 :IDOL LOVER(感想お礼):2008/02/05(火) 22:56:19 ID:pS9caZ/r
>13様

感想ありがとうございます。
変態じゃなさそうに見えますが、「いや、これはみんな普通にやってることだから」とか教え込まれると、
素直に信じてしまいそうで、すっかり調教済みの変態に。
…という歪んだイメージが千早にはあります。まあ、犬娘ですしね。w

>7様

私もおかしいおかしいと思っておりました。w

>993様

まあその、変態シリーズ(勝手にシリーズ化するな)ですからw

>992様

変態に変態って言うと喜ぶだけですよ(w
ああっもっと言って下さい!みたいにw

>991様

緊張感が持続できていればよかったのですが、途中でだれたかも。
そう感じられなかったなら、冷や汗かいてセーフ、ですけれどもね。


以上、感想ありがとうございました。
また何か書ければと思っております。

17 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 00:42:21 ID:1CbLotG3
>>15
変態千早の更新がまだだね

18 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 02:03:08 ID:PyULOPdy
>>15
意外と雪歩少ないよな
書き易そうな気もするんだけど・・・

19 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 03:40:22 ID:eKFITFfM
美希もね

20 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 03:43:43 ID:75gaeOto
美希少ないです;

21 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 08:20:56 ID:ddZXk4KP
双子は毎晩俺としてるから職人が書きづらいってのはあるかも。

22 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 11:25:58 ID:UKd095CI
流石に双子は人の道踏み外してる感がしてチョットナー(何を今更)。

23 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 13:56:57 ID:aT3gbwFl
美希は存在自体エr(ry

24 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 15:45:02 ID:Js2Lhz46
元があまりにもギャルゲっぽいから、逆に書きにくいというのもあるのかもしれないね。

25 :名無しさん@ピンキー:2008/02/06(水) 23:37:49 ID:UixTdmku
美希は新規参加って点でアケでの積み重ねが無い分つらい所があると思う
あとやっぱりENDかな

雪歩もそうだけど、具体的にヤッちゃってる分妄想働かせにくいのかもしれない

26 :名無しさん@ピンキー:2008/02/07(木) 01:02:32 ID:Vj0T3yGr
>>15
千早は単に書きやすかったから
美希は出てきた頃には既にSS書く気がなくなってたから

と3/4くらいのキャラは制覇してた奴が言ってみる
コンプまであと4人だしネタはあるけどガッツが足りない

27 :名無しさん@ピンキー:2008/02/08(金) 06:57:35 ID:AabbCizi
これからに期待

28 : ◆yHhcvqAd4. :2008/02/08(金) 12:03:02 ID:UuioGB5w
うぅぅぅぅっぅうぅぅおほおぉぉぉおぉぉっっ

久しぶりにまとめのSS見てみたら俺の書いた物に挿絵がついてた!
残念ながら前スレ見れないけど、描いてくれた方ありがとうございます!!!!!11

29 :名無しさん@ピンキー:2008/02/08(金) 21:49:27 ID:EqMpmlNn
>>28
絵描いたものです(´・ω・)っ
あなたの書かれる律子像が(えっち部分も含めて)自分の理想にものすごく合致していたのでついカッとなってやってしまいました。
続編期待シテマスヨ?

30 :名無しさん@ピンキー:2008/02/09(土) 07:10:56 ID:bCJLjpdq
保守

31 :名無しさん@ピンキー:2008/02/09(土) 07:37:08 ID:gMQwRJXp
>>15
わた…春香さんが多いのは主人公だからですね

32 :名無しさん@ピンキー:2008/02/09(土) 09:10:42 ID:WjxGSh4d
前スレ最後の変態千早、まとめサイトに反映されてないね
気付いてないのか忙しいのか…

33 :名無しさん@ピンキー:2008/02/09(土) 22:15:51 ID:7ZRR7h6X
あと、あるとしたら保管する前にdat落ちして見れないとかか

34 :名無しさん@ピンキー:2008/02/09(土) 22:24:51 ID:kH1YsmQB
俺も前スレ落ちてて見られねー。
うう変態と聞いてwktkしてたのに……

35 :名無しさん@ピンキー:2008/02/09(土) 22:29:10 ID:kzh7oXQB
前スレ
ttp://imas.ath.cx/~imas/cgi-bin/src/imas13556.dat

36 :名無しさん@ピンキー:2008/02/09(土) 23:00:20 ID:kH1YsmQB
>>35
おおありがとう
変態っぷりを拝ませてもらってます

37 :名無しさん@ピンキー:2008/02/11(月) 08:20:26 ID:f/ZQEyaD
保守

38 :名無しさん@ピンキー:2008/02/11(月) 17:11:46 ID:+4i6w2ZZ
>>15
まとめの方は見てなかったんだけど美希は2作しかなかったんだな
じゃあ俺がスレ覗きに来るようになった直後の作品が最初で最後だったのか
意外だ

39 :仲良きこと(1):2008/02/11(月) 23:08:26 ID:ZXo6ikcI
 小さくて柔らかい身体が自分の上で跳ねてから、ぐたりと力を失ってしなだれかかるようにもたれかかると同時に、オフィスの片隅の休憩室の入り口の扉がすっと開いた。

 「うむ、諸君、いつも仲がいいことでとても良いことだな?しかしなんだ…それは。
 ああそうか、ほうほう、そういえば今日はオフだったな、昼間からそんなに親密な姿を見てしまったものだから、びっくりしてしまったよ。」

 とは、社長の言葉だ。

 「あ、はい社長、どうもこれはこんな姿を失礼しまして…ほら、雪歩、社長が見ているよ?ん?挨拶は?」
 「…あぅ…あ…ん…しゃちょー、さん…あぅぅぅっ…!」
 雪歩が振り向こうとした時を狙って、意地悪をするように下からゆっくりと突き上げる。
 ソファーに腰掛けた自分、そしてその自分の上に乗っている雪歩が、俺の背中に細い腕を回して一生懸命抱きついている。
 それだけじゃない。雪歩の控え目なスカートの裾が少しだけまくりあがり、丁度俺の腰のところにも被さるようにふわりとかかっていて、雪歩の腰と俺の腰は、ぴったりと密着していて。
 腰だけではない。彼女の細い脚は俺の腰のうしろに絡められて、細身ながらも柔らかい身体もまた、ふわりとしたマシュマロのように俺の身体に馴染んでいる。

 腰掛けている俺と、抱き合っている雪歩。丁度、休憩室に入ってきた社長からは、本当に、俺と雪歩がただぴったりと抱き合っているようにしか見えなかった…かもしれない。
 繋がっているところは雪歩の服で覆われ、彼女の上半身は前だけがはだけられて、抱き合っている俺と密着していることだし。

 ただ、この部屋に漂う、甘く湿った雪歩の香りがしなかったなら、だ。

 俺はまた、彼女の背中を強く抱き締めて固定するようにしてやると、雪歩を軽く苛めるように、繋がったままのアレに力を入れて、びくびくと痙攣させて彼女の中を楽しむと共に、彼女のびくっと反応する部分を狙って擦りつける。
 「ひぅんっ…だめです………さん…っ…動か…ないで…また…っ」
 雪歩の途切れ途切れの呻き声を聞いた社長が、にやりと笑って俺達の方に歩み寄ってくる。そして、両膝に手を当て、かがみこむようにして俺達の行為を覗き込むと、にっこり微笑む。
 ソファーに座り、身体を重ねている俺達の側で、社長がじっと、陶然とした表情のままうっすらと眼を開けて酔っている雪歩の顔を覗き込む。
 「うん、うん。いいねぇ、まったくもって結構なことだ…お互い信頼し合うことが必要なパートナー同士、スキンシップを深めるのは本当に大事なことだな。うん。
 どれどれ、萩原君は今、どうなっているのかな?」
 社長の視線が、雪歩の火照った頬から、ぴったりと重ね合わせられた肩口、はだけられた衣服が重なり合う脇腹のところへと這わせられていくと、二人の腰を覆っているスカートの布地へと動いていく。
 「あ、社長…ほら、雪歩、社長が雪歩の様子を見たいそうだよ?ほら、見てもらおうな?雪歩のここを…」
 と言うと、俺は、背中に回していた手を彼女のお尻のほうへと動かして、右手で彼女のスカートの裾を手繰り寄せて行く。
 そこはすでに、当然のように下着が取り払われてしまっていて、むき出しにされている彼女の白くふるふると揺れるお尻が露になってしまう。
 それとともに俺は左手の指を大きく拡げて、雪歩のお尻にしっかりと添えると、くいっと持ち上げるようにしながら、同時に彼女の腰の中央に深々と埋め込まれたままの俺の腰の先端を上へと突き上げて、雪歩と俺との結合部分を社長にしっかりと見てもらう。
 俺の硬くなったものは彼女の柔肉にまっすぐに突き刺さって、彼女の胎内で受け止められて、包み込まれていて。その、丁度繋がっているところに社長の視線を感じているようで。
 雪歩の胎内から流れ出た白蜜が、俺の硬くなったものにまとわりついて、根元から垂れて俺の身体に絡み付いている。
 「ほら、どうです社長?こんなに雪歩、喜んでくれているんですよ?もう、ソファーにまで、雪歩の蜜がとろとろに垂れてきて、びしょびしょですよ。これじゃあ、後で掃除が大変ですよ、でもまあ雪歩のためです。これぐらいはしっかりとフォローしませんとね。
 …ほら、雪歩、雪歩と俺が繋がってる所、社長がじっと見ていてくれているよ?雪歩のイヤらしい姿を、じいっと見られてるんだよ?」
 そう、言葉で雪歩を嬲りながら、雪歩の眼を見て唇を奪い、頭を抱え込むようにして抱き締める。

40 :仲良きこと(2):2008/02/11(月) 23:09:41 ID:ZXo6ikcI
 「おうおう、萩原君も凄いねえ…こんなに奥深くまで仲良く咥え込んで…柔らかそうな萩原君のあそこの花びらが、蜜に濡れてきらきら輝いているよ?それだけじゃない、ぬめぬめと生き物みたいに動いて、ぱっくりと男を咥え込んでいるじゃないか…
 うん、実にイヤらしい娘だな、萩原君は。頬も肌もピンク色に染まって、とても色っぽいビジュアルだよ?いい子だね!」
 雪歩の小さな耳元で、社長が雪歩自身の淫らな姿を教え込むように囁くと、その言葉に煽られた雪歩があそこをひくひくと収縮させて、俺のものを締め付けるのが心地良い。
 「ひぁっ、しゃ、社長さん…社長さん…わたしの…イヤらしいところ…見ないで…ああん…でも見て…見てる…見られてるっ…。
 イヤらしいわたし…見られて…あぅううっ…はんはんはぅんっ…」
 小さい頭を必死に振りながら髪を振り乱し、小さな唇の端から涎を垂らして細身の身体を震わせる。
 「ほら、雪歩、俺達がとても仲がいいところを見てもらおうよ?雪歩にご褒美をあげているところを、ちゃんと見てもらおうよ?」
 「ひぁんっ…はい…はいっ…見て下さい…わたし…いっぱい…もらって…ご褒美…ご褒美いただいて…ですっ…!」
 「そうだな、萩原君はとても頑張ったな、この間の全国ツアーで。本当に良く頑張ってくれた、見事なステージと盛り上がりだったよ?
 うん、そうだ。今日はひさびさのオフだし、君、萩原君をたっぷり癒して、彼女の望むままにご褒美をあげるんだ。これは社長命令だぞ、わかったな?」
 「はい、社長…っ…私も雪歩を喜ばせられるよう、ずっと禁欲して参りましたし…物凄く溜まっていますから、簡単には終われませんし…っ…」
 「そうか、それは結構なことだ。その割にもう、君も危なさそうだけれど、大丈夫かね?
 ああ、そうそう、どうやら避妊していないようだが、きちんと萩原君が安全日であることを確認はしているだろうね?どうやら避妊せずに生でしているようだが、我慢して中に出さないからって妊娠しないで済むわけではないからな?」
 「…う…はい、社長…。雪歩もアレの日がピークを過ぎたばかりのようでしたので、それは大丈夫です…っ」
 それはもちろんだ。俺は雪歩を喜ばせてやりたいだけで、雪歩にとって悪い事になるような事態は避けたいし。
 「そうか、ならたっぷり中に出してやりたまえ。その方が萩原君も喜ぶ事だろう、な?うん?どうだね?萩原君…いやあ本当に萩原君は愛らしい、いい子だな…
 思わずつまみ食いしたくなるよ…んむっ…」
 社長が、俺と抱き合っている雪歩の小さな頭をくい、と掴むと、顔を社長の方へと向けさせ、その小さな唇を奪いながら問いかける。
 「んううっ…む…んんっ…。
 ぷはぁ…はぁ…しゃ…社長さん…はい…いっぱい欲しいです…頑張ったご褒美、もらえるって…頑張ったからぁっ…あっあっあああっ…!
 だめえっ、突き上げないで、で、あぁぁんっ…!」
 いかに大恩人の社長とは言え、俺の大事なパートナーの雪歩の唇を奪われると、嫉妬にも似た感情が沸き起こってしまい、思わず俺は雪歩を激しく突き上げてしまう。
 すると、雪歩の唇を味わっていた社長が、にやりと笑って唇の結合を解くと、雪歩の頭をひと撫でしてすっと立ち上がる。

 「まったく…。若い者に煽られて…たまらなくなってしまったじゃあないか…しょうがないな…
 おおい、秋月君、秋月君!どこにいるんだね?仲のいいパートナーたちにあてられて、私も困っているんだよ、相手をしたまえ!」
 と、律子の名前を呼びながら、大またで外へと出て行ってしまった。
 社長、律子の事、物凄く気に入っているからなあ。
 アイドルをやめた律子を、ある意味アイドル以上の存在に引き上げて、大きな仕事も任せた上に…半ば愛人にまでして。
 …と、そんなことより、だ。

 「ほら…雪歩…それじゃあまた二人きりになれたし…いっぱいしような?ご褒美、まだ雪歩にあげていないしね?」
 「はい…いっぱい繋がって…わたしにご褒美下さい…お願いします…ああああうんっ…!ひぅっ…いやぁっ、きちゃうっ…!」

 雪歩の腕が、か弱い力で必死に俺の身体を抱き締めた。


41 :仲良きこと(後書):2008/02/11(月) 23:10:57 ID:ZXo6ikcI
 仲が良いってどういうことだろう。
 単にじゃれてるから?
 で、ご褒美って何?

 …って、雪歩へのご褒美でこういうの、って、その筋の発行物とかでは星の数ほど書かれていそうですが…。

 個人的に、雪歩には座位が似合うと思ったので、それが書きたかっただけですのでお許しを…

42 :名無しさん@ピンキー:2008/02/11(月) 23:17:06 ID:u6KgYM1I
いきなり投稿キター!さっそく読んでみた。
つまり、雪歩はエロイ。GJ!

43 :名無しさん@ピンキー:2008/02/11(月) 23:18:32 ID:nudi/GPm
ザイ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

投下乙です!!

44 :名無しさん@ピンキー:2008/02/11(月) 23:49:02 ID:xl8w+zIg
これはエロいが
社長に殺意を覚えたのは初めてだw
雪歩で書いてくれてありがとう。GJ

45 :名無しさん@ピンキー:2008/02/12(火) 05:25:11 ID:PewnzaOg
>>44
大丈夫、小鳥さんが成敗してくれる筈。

46 :名無しさん@ピンキー:2008/02/12(火) 05:39:55 ID:LU3cVNX/
同じく社長に殺意を覚えた、というか全方位的に殺意ががががが

えーいちくしょう、こうなったら脳裏に浮かんだ嫌な映像を塗りつぶすほどの妄想をするしかない!


47 :名無しさん@ピンキー:2008/02/12(火) 08:42:18 ID:QaK6F7uZ
>>46
じゃあ手っ取り早く3択で

1.実はゆきぽの妄想
2.実は小鳥さんの妄想
3.なんと全ての黒幕は小鳥さんだった

48 :仲良きこと(お礼):2008/02/12(火) 11:43:57 ID:cczYIwHn
 いつもコメントありがとうございます。

 しかし、殺意とか殺意とか殺意とか(否)、そんなこと仰らないで下さい…。
 社長だって若い子としたいじゃないですか…(違)。
 それに、あれだけ女の子がいれば、「あ、私実は渋めのおじさまも悪くないって思ってて」
 って子もいるかもしれませんし!
 私の中では、それは律子なんですが(スミマセン)。
 「律子、社長と戯れる編」とか書いたら殺されますか?

 いやそれ以前に乱れた風俗がいけないのかっ。そうですね。
 変態でもいいから愛がないと。でも変態道も選択が難しくて。
 つい、「黒パンストフェチ(の社長)×律子」とか考えてしまいます。
 …これ以上律子律子とか言ってると危険か(笑

 色々ありがとうございました。次があれば、愛を入れてみたいと思います。

49 :名無しさん@ピンキー:2008/02/12(火) 15:24:52 ID:LvISQxr5
20歳(公称)と20チョメチョメ歳は若くないと申すか社長


……まあティーンエイジャーに囲まれた生活してりゃ仕方ないか

50 :名無しさん@ピンキー:2008/02/12(火) 19:49:17 ID:NPYLFLsY
これは?携帯だけだけど
ttp://courseagain.com

51 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 01:45:13 ID:twoClpg1
つか、社長には元アイドルの奥さんいるんじゃ・・・

52 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 01:59:19 ID:sIqz68lg
南無子さん?

53 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 08:41:24 ID:k8dAuHVg
書き出しを見て
「またマッサージネタか」
と思ったのは俺だけでいい


そうだよな、ここはエロパロだからマッサージだけで終わらないよな
キャラスレに常駐しているとエロいネタは全部マッサージネタだから困る

54 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 09:23:28 ID:gZHyjbhe
>>51
奥さんがいるから良い女をつまみ食いしちゃいけないなんて枯れてる奴の考えることだ
男も女も常に優秀な遺伝子を求めてる生物なんだしな

55 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 09:51:30 ID:XgVQXJFR
自分の好きな相手を権力者の「つまみ食い」の対象にされてムカつかない男ってのも珍しいわけで。
銀河帝国を滅ぼして宇宙を統一してしまうまでに怒り狂えるのは珍しいにしても。

56 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 10:55:16 ID:aweNWPqM
ア...その素敵な金髪のコゾー

57 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 12:56:05 ID:WQQQadP7
まとめの人はやっぱり鯖移転に気付いてなかったのかw

58 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 21:09:18 ID:LcYU405P
とりあえず、>>54が相当のクズなのは分かるぞ

59 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 21:14:50 ID:ypmKTMO1
そんなことを言ったら寝取られスキーに師ねと言ってるも同然w

60 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 21:20:51 ID:a3MtljuL
まぁ氏ねとまでは言わんが、俺と一生話が合わないのだけは確かだな。

61 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 22:07:51 ID:5vjdu7Ku
>>60
俺はお前となら話が合いそいそうな気がする。

62 :名無しさん@ピンキー:2008/02/13(水) 23:02:48 ID:k8dAuHVg
バイアグラをはじめとした各種の性的興奮剤を配合した
チョコレートを口移しで食べることによって効果を何倍にも増幅させる
バイアグラ入りガラナチョコレートだ
さあプロデューサーさん、性欲がたぎるのをとめられるかな?



うん、春香っぽい

63 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 01:11:13 ID:VNipuMp3
>>62
それで春香はエンディングを待たずにラストコンサート→引退→永久就職ですね?わかります

64 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 01:26:42 ID:g/jbTClE
 「できたっ!」
チョコに何かを入れるなんて初めてだったのに。 これもプロデューサーさんへの愛の力かな。
 「な〜んちゃって! なんちゃってぇ!」

あとは箱に入れるだけ。

……やっぱり味見をしよう。 小鳥さんから貰った液体。 本当に効果あるのかな? 本当に、ほんとーにっ、これを食べると……

恐る恐る口に含んで、軽く噛み、舌で転がしてみる。
くちゅ……くちゃくちゃ……

甘く、生暖かい液体が口の中いっぱいに広がった。
 「あっ……おいしっ……」
すぐに2個目に手が伸びた。これなら、イける! 
 「待ってて下さいねっ プロデューサーさんっ!」


箱に入れ終わった時、”おかしな”感覚に気がついた。
 「んっ……はっ……」
息が荒い。それに身体も熱い。 昨夜、今日起こる事を期待してあれほど鎮めたのに。 そっと下着の上から触れ、思わず声が漏れた。
 「ひゃっ……はぁっはぁっ……」
もう、ここが事務所であるのを忘れてしまう刺激だった。

もう止まらない。止めたくない。今なら大丈夫。早く終わらせれば……小鳥さんから貰った液体、本当に効果あったんだ。 私はごくりと唾を飲み込んだ。


────コンコンっ
「春香ー? ここかー?」

「ぶっ!? ぶろりゅーさーしゃんっ!?」

-----
続きは未定。。

65 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 02:25:58 ID:aM6QexRb
>>64
ワッフルワッフル

66 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 02:56:26 ID:1cvEvOem
やべぇ、「ぶろりゅーさーしゃんっ!?」に不覚にも胸がキュンってなった

67 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 03:35:42 ID:X75Unr6L
>>58 >>60
お前らだってアイドルのうちの一人だけが好きで
それ以外は一秒たりとも意識したこと無いってわけじゃねーだろw
結局浮気や目移りなんて程度の問題で誰でもやってるがや

68 :64:2008/02/14(木) 12:56:21 ID:MYtE/Czu
うまく行けば夜には投下。


69 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 15:24:11 ID:VMvHRUuJ
>>68
期待

70 :64:2008/02/14(木) 16:33:35 ID:hrQWuYKp
>>64の続き


なぜ? 事務所に戻るのは夕方だったはず

────春香? 聞いてるか?

疑問に思った。すぐに振り返える。いつもしっかり見てるのに、今日はすごくかっこいい。 
綺麗な目、整ったマユ、あっ、マツゲはこんなに長いんだ。
手が近づく。 綺麗な指先、それに細長い……爪もちゃんと手入れしてある。

そんな指で触れられたら、おかしくなっちゃうかも。

じゅゎっ……

あそこが熱い。勝手にどんどん溢れてくる。どうしよう……。

────ぴとっ。 

 「わ”あぁっ!?」
 「おゎっ!? 熱でもあるのかっ!?」

気づいたらPさんの顔が目の前にあった。

 「あるわけないじゃないですかぁっ! はぁっはぁっ……」
目が逸らせない。見詰め合ったまま、息を荒げてるなんて、えっちな子だと思われちゃう。
そうだ、キスしてしまおう。そうすれば分からない。 きっ、キス…キス……唇! 腕を伸ばし、飛び掛った。

────はっ、春香!? おい!?

 「ぶちゅっ!!」
 「んっ!?」
押し付るだけの強引なキス。勢い余って、驚いたPさんを近くにあったイスに座らせてしまった。
 「んはっ……んっ……ぷはぁっ……」
唇が離れた。すぐに切れてしまったけど、うっすらと糸が引いていた。

これだけなのに、これだけなのに、もう達してしまいそう……私はこんなにえっちだったんだ。
だけど、このままなんて嫌、せめて体温を感じたい。呆然と座り込んだプロデューサーさんに飛び掛かる。

 「ゃあんっ!! あっ……あっ……」
ちょうど、ふとももに飛び乗ってしまった。 大事なところに刺激が伝わる。 身体がびくびくと震え、頭が真っ白になった。
まるで昨日見た発情していた犬みたい、なんて思う。

 「はぁっはぁっ……ぶろりゅーさーしゃん……なっ、にもいわないっれぇ……」
見たらわかるだろう。息が荒い私。ふとももの上に座り込み、めくれたスカート。
下着から垂れる液体。 スーツまで濡らしちゃったかも。 慌てるPさん。

じっ、と目を合わせたまま、手を掴み、股間に押し当てた。



……し て く だ さ い

71 :64:2008/02/14(木) 16:46:09 ID:hrQWuYKp
言葉が出たかわかんない。 だって次の瞬間Pさんの指先が動いたのだから。
「んあぁっ……!! あっ、あっ!! 感じっ……」

────気持ちいい?

そうPさんの口が動いた。私は何度も首を動かした。
股間に這った指先が、敏感になった所を撫でる。
意識すればするほど、水々しい音だけが頭に響く。

「……ぶっ、ぶろりゅーさーしゃぁぁん…すっ、すっごくっ……気持っちいっ……いっ……!」

手馴れてる? 指先1つ1つが焦らさないで気持ちいい。
中指が何度も這わせられたり、あそこが広げられたり、何をされているよくわかる。
無駄のない動き。こんなに気持ちよくなれるんだ。

「やうぅぅっ……んっんぁっ……!」
必死になって唇をかみしめても、声が漏れてしまう。

恥ずかしくなって、何度もPさんの唇を貪るように啜った。
ヘタなのかもしれない。でも精一杯に。
昨日あれだけ練習したじゃない。 舌先は、入れるだけ。

両手に力を込め、ぎゅっと抱きしめた。


72 :64@一行目開けると投稿できないのかorz:2008/02/14(木) 17:08:22 ID:d4DcEUAS
「……ひゃっくぅっ!?」

思わず背中を仰け反らせる。 敏感な突起に触れられた。
いつもなるべく触れないようにしていたトコロ。
病み付きになってしまうかも、えっちな子になってしまうかも、そんな思いがあったのだから。

でも……もう何もかもどうでもいい。今、この手から離れたくない。
手だけじゃ、足りないよぉ……。もっともっと……して欲しい。
自然と腰を動かし、少しでもPさんの指先を感じようとした。

「やぅん……あぅっ、くぅ……ひぁっ……きっ、気持ちっ、いいっ……」

下半身がどんどん熱くなる。快感がどんどん頭に集まる。
達しちゃう、意識が飛んじゃうっ。もうだめぇ……

「ぶろりゅーさーしゃっん!! ぶろりゅーさーしっ……!!」
少しでも我慢しようと腕に力を込めた。

────はるか

耳もとで聞こえた大好きな人の声、吐息が触れる。くすぐったい。
それだけで、我慢っていう意識を飛ばすのは充分だった。

「……ひぐぅっ!………んあぁっ!!……やあぁぁっ!!」
事務所の天井って白いんだぁ。

仰け反ったまま全身の力が抜けるのを感じた。



73 :64@これでラストのはず:2008/02/14(木) 17:10:15 ID:d4DcEUAS
「落ち着いたか? 春香……?」

抱きしめられているのに気づき、またPさんに感謝した。嫌われてなんかないんだ。

「はい……ごめんなさい、プロデューサーさん……」

みんながいる事務所で、大好きなPさんに、しかも襲い掛かって、その指先で達した。
いくらあのチョコが原因だって思っても、こんなのって……。

────ちゅ

貪るようなさっきまでのと違い、優しい、触れるだけのキス。
「……え?」

「あとで……においで」
アルバムがトリプルミリオンを達成した記念に社長がPさんに与えた専用の部屋。
私は黙ったまま、しっかりと肯いた。そこで行われるであろう行為を期待して。

Pさんにあのチョコを食べさせたい。
もっ、もしかしたらっ口移しで食べさせちゃったり!?

────困ったなぁ、洗うしかないのか、ジャージでもロッカーになかった?
次々と沸き起こる妄想に身を任せながら、部屋から出て行く姿をじっと見つめた。

あそこが冷たい。

「あーあ……下着がぐしゅぐしゅだぁ……」





74 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 17:31:01 ID:KCMtBbQL
リアルタイムうp遭遇kt―――――(゚∀゚)――――――!!
続き!!続きはないのか!!

75 :64:2008/02/14(木) 19:05:57 ID:8r1I7Otd
>>74さんのご要望にお答えして。

 「春香……? 落ち着いたか?」

あっ……抱きしめられてる……。 Pさんの胸ってこんなに広いんだ。
こんな枕なら毎日遅刻しちゃうな。 そっと頬をシャツにこすりつけた。

 「はい……ごめんなさい、プロデューサーさん……」

みんながいる事務所で、大好きなPさんに……。
しかも襲い掛かり、その指先で達した。
いくらあのチョコが原因だとしても、こんなのって……嫌われちゃうよね?

────ちゅ

貪るようなさっきまでのと違う、優しい、触れるだけのキス。
 「……え?」

 「あとで……においで」
トリプルミリオンを達成した新曲の記念にPさんに与えられた個室。
私は黙ったまま、しっかりと肯いた。

そこで行われるであろう行為を期待して。
Pさんにあのチョコを食べさせたい。 もっ、もしかしたらっ口移しで食べさせちゃったり!?

────困ったなぁ、スーツがぐっしょりだ。ジャージでもロッカーになかった?

頭の中にめぐる想像。 そして期待。 胸の高ぶりを感じながら、部屋から出る姿をじっと見つめた。


あそこが冷たい。
 「あーあ……下着がぐしゅぐしゅだぁ……」


76 :64:2008/02/14(木) 19:14:07 ID:8r1I7Otd
やってしまった、コピーを間違えたorz
みなさんごめんなさい。


 「ふぃーっ」
ロッカーにあった、社長のお古を拝借した。

 「なんとかなったけど、これは……すごいなぁ……」
視線の先には、どしゃぶりにあったかのようなシミ。
前に春香にコーヒーをかけられた時よりも広い気がする。

一息つき部屋から出ると、小鳥さんが見えた。 手には何かスプレーを持っているようだ。
 「あら? プロデューサーさん、ズボンが濡れたままですよ?」
 「えっ!? ……さっき変えたのだからそんなはずは……あっ……!?」

小鳥さん、今日も笑顔がとっても素敵です……

「どうして着替えたのですか?」
笑顔のまま近づく小鳥さん。 そして……

────鍵が無理なら、せめて扉を閉めて下さい。 誰も入れないよう、ずーっと立ってた私の身になって下さいねっ
そっと耳打ちをしてきた。


77 :64@終わり:2008/02/14(木) 19:44:47 ID:8r1I7Otd
余韻も冷め、やっと動けるようになった。 でも……、困った。本当に困った。
下着がまるで役に立たない。もしかしたらスカートまで染みてるかも。 ひんやりとした太腿も気になる。

ぐしゅ……

歩くだけで卑猥な音が聞こえてくるみたい。
落ち着いて考えたら、すごい事をしてしまったんだなぁって思う。
まだお日様が高いのに、あんな事を、それも大好きな人の前でしてしまうなんて。

「うぅ……べとべとだぁ……せめて脱がして欲しかったよぉ」

そうだ、いっその事下着を脱いでしまおう。 自分でも突拍子もない思いつきだって思う。
こんな所で下着を脱ぐなんて。 でも身体の底から湧き上がる何かのせいで止まらない。

するり

 「……脱いじゃった」
丸めた下着が重い。手が冷たい。あそこがすーすーする。どうしようっか。

ガチャ

 「……!?」
 「こんにちは、春香ちゃん」

えっえっあっ……言葉がでない。
手には下着。言い訳なんて思いつかない。

 「あら、それは……雑巾掛けしてくれたのかな? お姉さん助かるわ〜」
 「つっ……!? はっ、はいっ……」
手にはスプレー。なんだろう。それになぜか小鳥さんは満足げだ。

 「そうそう、プロデューサーさんが……に来てくれって」
 「……ひゃいっ!?」
さっきまでの事を思い出し、つい声が上擦ってしまった。

 「えーっと、えーっとっ……」
 「早く行ってきたら?」
 「はいっ! 失礼しますっ」
全て見透かされている気がして、部屋から飛び出た。

ちらりとめくれたスカート。

────春香ちゃん、真っ白なお尻が……。せめて廊下で転びませんように……。


78 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 19:52:58 ID:8ElqLNcm
けしからん!全く持ってけしからん!
こんなけしからんSSを書いた罰として最後まできちんと書くようにな!
俺のツボのドハマリしててやべーw

79 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 19:59:03 ID:m4xRZnBW
小鳥さんは、この秘密を利用してPに迫るんですね

80 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 20:19:23 ID:KCMtBbQL
ぬおーーーーハルカスキーの俺にとってこれはたまらん!!たまらんぞ!!

まぁそのなんだ。ちょっと便所

81 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 22:03:33 ID:8r1I7Otd
>>65 >>66
ありがとう。実は2人の書きこみを見て、続きを書き始めたりする。
>>69
を見て、没になった案から書き始め(ry
>>78
最後ってやっぱりずっこんばっこんですよね!?
>>79
ぐはぁー読まれた。しかしそれだと春香ちゃんがかわいそうなのでやめた。
>>80
わたっ、春香さんはトイレにいないと思いますよ!?

それでは続きをどうぞ↓

82 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 22:04:29 ID:8r1I7Otd
 「ふはぁ……」
深呼吸。髪は乱れてない。チョコも持った。
この向こうにPさんが……いる。

────こんこんっ
ノックする手にも力が入る。

「春香かー?入っていいぞー」
「プロデューサーさーんっ、失礼しますっ」
勢いよく入ったものの、顔を見れない。それもそうだ。
ついさっきまで、あれほど……あんなに……乱れたのだから。
思い出しただけで顔が熱くなっちゃう。

「あっ、あの……これっ!」
ぐいっと手作りのチョコを差し出す。もちろん包装もした。

「あぁ、ありがとう」
箱がPさんの手に渡る。しなやかな指先でゆっくり解かれるリボン。
まるで、自分の身体に触れられるような、くすぐったい気持ち。
Pさんはこうやって脱がすんですねっ。
そう思うと……きゅっとヘソのあたりに力が込もった。

「ウイスキーボンボンかな? とってもおいしそうじゃないか」
「自信作なんですっ!」
「へぇー、さっそくいただくかな」

指先でつままれた、一口大のもの。それを見ただけで胸が昂ぶる。 
……食べたい。 さっきの快感、身体が覚えている。息が荒げる。

83 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 22:05:23 ID:8r1I7Otd
「あむっ!!」
Pさんの手を掴み、指先ごと口に含んだ。甘い。
軽く噛んで、舌で転がす。口の中いっぱいに広がる液体。

「はっ春香!?」
「あふっ……くちゃっ、くちゃっ……」

こぼさないように舌を動かし、そして
「ぶちゅっ!……んーっ……んぐっぐっ……」
唾液と混ざった液体を流し込む。

「ぷはぁっはぁぁっ……どうですかぁ?ぷろりゅーさーしゃん……」
隠し味は甘味春香っ。なーんてっ……
ぼぉーっとしたまま、Pさんを見つめた。

あとはケダモノになったPさんにされるだけ。 何をされてもいいと思った。
ムチやろーそくは、グラビアに影響するからやめて欲しいかも。
あれっ……なんでこんな発想が出たのだろう。 ますますえっちな子になってる。 

「うーんっ、俺はあんまりわからないけど、春香はお酒に詳しいのか?」
「え”!? なっなんともないんですかっ!?」
「何が?」
平然としたPさん。 そっそんなっ……小鳥さんが教えてくれた
食べたらメロメロにして理性やいろんな液体ふっ飛ばしちゃうほどすっごい薬って聞いたのに。
嘘だったんだ。

「それじゃぁ、それじゃぁ……っ!! わっ、わたしえっちな子じゃないですよ!?」
もう何が何だかわからない。 あのとき乱れ、襲いかかった私。
顔はとんでもなく熱いし、どうしたらいいの。 
何か言い訳はないか探すが、思い浮かばない。 もういいや。考えるのはやめよう。

「こうなった責任、取って下さいね」
「……わかった。……いいんだな?」


返事の変わりに、ゆっくりとスカートをめくる。見せ付けるように。 
あなただけのアイドルでいさせて下さい。 今日だけは。 チョコと一緒に私もあげます。

84 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 22:06:40 ID:8r1I7Otd
すーすーしたあそこにPさんの手が触れる。 そこはすぐに潤いを取り戻した。
びちゃびちゃっと聞こえる音が恥ずかしい。 

やがて首筋に舌が這わせられた。あそこも、首も、胸までPさんがいっぱい……。
「あぁっ……はふっあうぅっ……」
与えられる快感に身をゆだねる。1つ1つの行為が何時間にも感じられた。
できることなら、ずっとこのままがいい。

やがてPさんはチャックを開き、それを取り出した。
目が釘付けになった。 映画やドラマの肝心な場面では見えない、未知の物。
話を聞くだけで、どんなものかずっと想像していた。

「……はっ……」
息を呑んだ。 あんなの……入るの……?
「こっちにおいで」
Pさんに言われ、机に腰かけた。ひんやりとしたマットがお尻に触れ、
あそこがきゅんって動く。

「それ。置いたら?」
言われて気づいた。 握ったままの下着。 そっか、緊張してたんだ。

「むちゅっ」
気持ちのこもった優しい、優しい口付け。
何も不安になる事はないじゃない。 大好きなPさんなんだから。

そして、言われるまま股を開いた。 
全部見られてる。 こんなに股を開くなんて、恥ずかし過ぎる。

「くぅっ……はぁっ」
Pさんのが入ってきた。 お腹が動く。 こらえても声が漏れる。


85 :完結:2008/02/14(木) 22:08:01 ID:8r1I7Otd
「大丈夫なのか?……その、はじめてだろ?」
「ぷっ、プロデューサーさんの事……信じてますから。それに、こっちはまだEランクですから……」
消え入りそうな声でつぶやく。思ったより辛くはなかった。 
Pさんと一緒。 夢でもいい。好きか嫌いかなんてどうでもいい。
今繋がっている、この事実だけで心が満たされた。

「すぐにSランクにしてやるよ。手を背中に回して」
そう言ってゆっくりと動き始めるPさん。

「……ぷろでゅーさーさんの、ばかぁ……」
でも安心した。 本で読んだ体験談よりずっと楽。 
そっそれに……意外と気持ちいい。 圧迫感も心地よい。

「ひんっ……あっんんっ!」
「我慢しなくていいんだよ?」
またそうやって優しくする。Pさんのえっち。

「きゃぅぅっ! あっ、あっ……」
目を閉じたまま。Pさんをお腹いっぱいに感じる。
軽く持ち上げられた気がした。Pさんの大きいのが、奥まで入る。
「あっぁっ……そこっ!……やっ! やめぇっ……」
「春香っ……ふっ……」

「いっ……ひぁぁぁんっ……ああぁぁぁ!」
背筋が伸びるほどの快感。 自分の声に驚いた。 今なら千早ちゃんに勝てるかも。 
Pさんに回した手が背中を掴み、足で腰を挟みこむ。

「あぁああっ!……はっぐぅっ……うぅんっ!!」
我慢するつもりが、かえってしっかり繋がり、逃れない。
腰をくねらせ動かせば動かすほど、快感が高まっていく。

「ぷっ! ぷろでゅーさーっ……さんっ……もうっだめっ……いっ、やぁぁああっ!!」

腰が浮き上がった。 身体から力が抜け、手がだらしなく垂れ下がる。
はぁっ……はぁっ……Pさん……大好きです……。

「にゃうぅんっ」

体内に納まってたのが引き抜かれる。机の上に寝かせられた。
ぼぉーっと薄れ行く意識の中で、ゴムを外そうとするPさんが愛しい。
ちゃんと考えてくれたんですねっ。

ゆっくりと目を閉じた。



86 :名無しさん@ピンキー:2008/02/14(木) 23:44:14 ID:dsgeDsTB
そんなにランク低いうちからベタ惚れとはさすがP
しかし春香にはかわいそうと思いつつも小鳥さん話も見たい俺がいるww
ともあれ非常にGJ

87 :64:2008/02/14(木) 23:50:23 ID:oUeD7DXz
>>86
うーん、うまく表現できなかったか。

”こっちはまだEランク”

えっちのレベルですよ!! プロデューサーさんっ!!
はじめてだったんですからねっ

88 :64@えろなしのおまけ:2008/02/15(金) 00:35:54 ID:ipzrWfIg
没になったものを改変したおまけ↓

落ち着いて整理しよう。
私は如月千早。ここは765プロ。胸はDカップ。今日はバレンタイン。
何もおかしくない。

でもこれは一体?

事務所横の音響室。お気に入りの曲を聞きながら眠ってしまった。
目が覚めたら、ドアの隙間から漏れる声。

────ぶろりゅーさーしゃぁぁん…すっ、すっごく……

春香とは何度もお泊りしたのに、こんな声を聞いた事がない。
普段よりオクターブ高い? この息継ぎ、スタッカートが効いている。
乱れがあるけど、どこか優しさを感じさせる、透き通る声……

────やうぅぅっ……

フェルマータもうまくなってる。新しい練習法かしら? 
そっと覗き込むとプロデューサーと向かいあい、中腰のままの春香。

あの体勢は背筋を鍛えているのだろうか?
股間に添えられた手は、プロデューサーが身体を支えているから?

ふふっ。めくれたスカートに気がつかないなんて、あわてんぼうの春香らしいわ。

うんうん、何もおかしくない。ヘッドフォンをかけ直し、目を閉じた。
ひときわ大きな声が聞こえた気がした。


89 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 00:39:17 ID:0OpccyB3
>胸はDカップ
m9(^Д^)

こうですか?わかりません!!

90 :64@あとがき:2008/02/15(金) 00:53:17 ID:ipzrWfIg
発想は>>62さんから頂いた。ありがとう。

初めて書いたSS。当初は千早スレの祭りに参加するはずだったのに、あれれー?
まさかこんな長文で、しかもえろを書くとは。途中から千早が絡むつもりが
収拾がつかずに排除。没も含めたら原稿用紙20枚の分量及び、6時間弱orz 
それでも、自分の力量と時間の無さで、後半は削らざるおえなかったのが残念。

スレの大量消費、失礼しました。
反応して下さった方々、サイレントマジョリティーの方々
お読み下さってありがとうございます。それでは。

>>89
ちーちゃんは時々ぶっ飛ぶのですw

「プラチナの首輪……ですか?」
指輪じゃなくて、首輪。 これは犬になれというのだろうか。
それも悪くはないかな。 毎日過ごせるのだから。
「……わんっ!」
あのときの驚いたプロデューサーの顔が忘れられない。

91 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 01:35:59 ID:WzY2OioJ
つまり一ヵ月後にはお返しに千早も乱入3Pですねわかりますわかります


リアルタイムに投下されてたからひたすら見守ってたぜ

92 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 01:55:28 ID:qgDRio/x
うん、何もおかしくないですね(棒読み)

93 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 03:13:06 ID:BKfCpbwS


小鳥「春香ちゃんとの関係をばらされたく、無ければ私と(ry」

千早「小鳥さんとの関係を(ry」

真「千早との(ry」

雪歩「真(ry」

こうですか?

94 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 03:49:36 ID:MGWQS8UW
>>93
何という修羅場への道程w
途中で選択肢を間違えると間違いなくナイフor包丁がプロデューサーにズブリ。


95 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 08:42:29 ID:P3Y1j4xQ
最後はPの生首を傍らに、

社長「中に誰もいませんよ?」

ですね、わかります。

96 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 17:47:36 ID:nzIQ2aCD
>>95
社長冷静になれw

97 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 19:54:01 ID:UViRWewY
 アイドル達がそれぞれプロデューサーにチョコをあげたとしてホワイトデーにはどんなお返しを望むと思う?

98 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 20:15:21 ID:akaCvmmE
菓子で喜ぶ者もいれば、指輪などを求める者もいるだろう
あるいは子d(ry

99 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 20:50:14 ID:2tRht1O3
ここはエロパロ。 ならばエロで考えるのが本能
ミキやあずささんなら子d(ry でいいと思うけど
春香や千早は何を望むのだろう



100 :名無しさん@ピンキー:2008/02/15(金) 21:04:06 ID:C03hfu/L
千早はなんか音楽関連の実用的なものでいいんじゃなかろうか
春香はアクセサリー的な

エロに結び付け辛そうだな

sz=0
490 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)