[PR] ジョジョの奇妙な冒険スターダストシューターズ 友達募集・ID交換掲示板 [PR]
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

マインドコントロールえっちなスレinオリキャラ板9

1 :名無しさん@ピンキー:2010/06/06(日) 21:45:55 ID:JPPaRZQU
超能力・魔法・妖術・薬物・機械・洗脳・催眠なんかで、
精神を支配しちゃったり体を深層催眠で支配しちゃったりして……な事をするスレです。
設定引継ぎ大歓迎!

肉体変化などのオプションは相談の上で責任を持ってどうぞ、
洗脳方法やシチュに関しては事前によく相談してください。

よろしければ以下のテンプレもご利用下さい。(可能な限りわかる範囲で)

名前:
年齢:
身長:
体重:
3サイズ:
髪型:
性経験:
性格:
服装:
身体的特徴:
MCの希望:

前スレ
マインドコントロールえっちなスレinオリキャラ板8
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1255013305/

前スレが容量オーバーになったのでたてました

2 :名無しさん@ピンキー:2010/06/06(日) 23:30:36 ID:JPPaRZQU
というわけで立てさせていただきました。
ところでこのスレの設定年齢って、下限はどの程度まで受け入れられるかな?

3 :名無しさん@ピンキー:2010/06/06(日) 23:47:46 ID:C7LEGmkZ
どうなんだろう?
個人的には小学校高学年くらいが限度かな、とか。
好みで言えば高校生あたりなんだけどね。

4 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 00:03:08 ID:il5q4anM
そのへんは人によって違うからな
いける人は一桁台でもいけるんだろうし

5 :エリス・レーン ◆v1yufL1Pl6 :2010/06/07(月) 00:28:07 ID:3btSQwVu
名前:エリス・レーン
種族:ハーフエルフ(ソード・ワールドRPGに準拠)
年齢:9
身長:110cm
体重:22kg
3サイズ:年齢相応
髪型:ショートのポニテ
性経験:無し
性格:活発、素直、
服装:某カレー大好き先輩風ワンピース(場合によって+上着)
身体的特徴:エルフ耳、華奢
MCの希望:特に無し
ぺたぺた、
【なんとなく勢いでロリにしてみたキャラはって寝る】

6 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 00:38:06 ID:oqJECy7a
>>3-5
ありがとうございます。
小学生などあまりにも小さすぎるのは流石に私自身ロールしにくそうなので、中学校高学年、ということに。

名前:早沢 真帆(はやさわ・まほ)
年齢:15歳
身長:150cm
体重:42kg
髪型:ショートカット
性経験:なし
性格:明るく、元気。好奇心旺盛。趣味は悪戯。
相手の服におもちゃの虫を入れたり、ネズミ捕りの付いたガムを渡したり、後ろからズボンなどを下ろしたりして反応を楽しむのが好き。本人曰く「悪戯に引っかかる方が悪い」らしい。
服装:学校の制服(ブレザー)もしくは私服(シャツにスカート)
身体的特徴:胸は成長途上であることを考慮しても小さめ。全体的にスレンダー。
MCの希望:催眠術で後催眠暗示や誤認を施されたり、もしくは魔法や超能力などによってお仕置きされ、
恥ずかしい目にあってしまったり、無意識のうちに周囲に目の保養を促してしまったり、など。(可能ならばややソフト目)
NG:完全な人格破壊。四肢欠損など極端に痛いもの、大きいスカなどの汚いもの。

そういえばアクセス規制された場合などに連絡に利用できる避難所などってありましたっけ?

7 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 00:47:55 ID:il5q4anM
>>6
今日はプロフ落ちかな?

したらばにキャラサロンとオリキャラ用のがあるけど
このスレ専用のスレはたってなかったと思うよ確か

8 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 00:49:34 ID:xG45xlvE
>>6
けっこうソフトな催眠がお好み?このスレでは珍しいタイプかもしらんな……
>>5のエリスと併せて歓迎するよ。
避難所なら下の板かな、このスレ用の避難所はないけど
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/5556/

9 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 00:50:30 ID:oqJECy7a
【ありがとうございます】
【時間はあるので眠くなるまで待機させていただきますー】

10 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 00:53:18 ID:xG45xlvE
>>9
【なら、軽く練習がてらお付き合いしてもらってもいいかな?】
【あ、>>7の方がするなら譲りますが】

11 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 00:56:33 ID:il5q4anM
>>10
【いや他に希望者がいるならどうぞ】
【また機会が合ったらよろしくってことで】

12 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 00:59:06 ID:oqJECy7a
>>10 ええ、是非。私としてはどちらの方でもお付き合い頂ければ嬉しいです】
>>8 そうですね、ガチガチに洗脳調教して雌奴隷に、よりは暗示とかで弄ばれるのが好みかも、です。
もちろん、完全に洗脳されてしまうのも嫌いではありません】

13 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 01:05:26 ID:xG45xlvE
>>11
【ありがとうございます。では、今回は私が】
>>12
【ふむ、なるほど。じゃぁ今日のところはお遊び程度で色々誤認仕掛ける風にしようか】
【完全洗脳は、また機会があればで】

【とりあえず、高校の担任とかに遊ばれるのはいかが?】

14 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 01:10:03 ID:oqJECy7a
>>11様も機会がありましたら是非に宜しくお願いいたします】
>>13 はい、宜しくお願いいたします。
 ただこちらは中学生なので中学の担任、ということで宜しいでしょうか。
 自然な流れとしては、普段の素行に関しての指導に呼ばれて、反省の色が見えないため誤認でお仕置き、とか、
 こちらが担任をターゲットにして悪戯を仕掛けようとしたところ逆に返り討ちにあって催眠術をかけられてしまう……といったところでしょうか?
 むろん、何かプロットを考えられているのであればお任せいたします】

15 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 01:13:49 ID:xG45xlvE
>>14
【なんという書き間違い……もちろん、中学校の担任でOKです】
【そうだね、特にそっちの案とぶれる事はなかったわ。それなら前者かな?】
【いたずらっ子を「指導」するために、そっちはこっちをだましてる気なのに本当は好きに遊ばれてる、みたいな】

16 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 01:16:53 ID:oqJECy7a
>>15
【はい、かしこまりました】
【自分が弄ばれていると気付かずに得意げになっている女の子、素敵ですね!】
【開始場所は、生徒指導室に呼び出されたところ、などでしょうか】

17 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 01:20:27 ID:xG45xlvE
>>16
【そうそう、そんな感じ。いたずらっ子ならではの積極的な行動で恥ずかしい目にあう、みたいな】
【そうだね、生徒指導室でゆっくりと催眠をかける感じかな】
【書き出しはどうしようか?こっちから始めたらいい?】

18 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 01:21:53 ID:oqJECy7a
>>17
【はい、よろしくお願いいたします】
【催眠誘導シーンの有無などはお任せいたします>ゆっくり催眠】

19 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 01:32:13 ID:xG45xlvE
>>18
……全く、早沢のやつ。またクラスメイト相手にイタズラしてからに。
そろそろ高校受験も近いんだし、もう少し落ち着きが欲しいよな。
(ため息をつきながら、生徒指導室で待つ男が一人。)
(眼鏡をかけた優男然とした男は、いかにもいじめやすそうなタイプではある)
(もっとも、生徒のような年下に弄られるような目にあうわけにはいかない……教師という立場である)

今日は、ちょっと懲らしめておかないとな。他の生徒の迷惑にもなるし。
(そういいながら、室内で軽く香を焚く)
(リラクゼーション効果があるこの香を使って、特別な「指導」を行うのが、自分の得意なことだった)
(それらはいずれも効果を挙げている。そうして、今日はこれを問題児であるあの生徒に使う気で)


【ではこんな書き出しで。よろしくお願いします】

20 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 01:42:30 ID:oqJECy7a
>>19
(一方真帆は、自分のための罠が用意されているとは微塵も考えず、普段どおりの楽な気持ちで生徒指導室に赴いていた)
(幸か不幸かこの学校には有無を言わさず体罰を与えたりするような体育会系の教師はいない。そのためいつしか彼女は世間というものを甘く見るようになっていた)
(どうせ今回もいつものように適当に聞き流して、途中で逃げ出せばうやむやになるだろう、そう高をくくって生徒指導室の扉を元気よく開くのだった)
先生、ちゃー!
お待たせしましたー!
(どう考えても、これから叱られる立場の人間とは思えない爽やかな笑顔で足を踏み入れる)

21 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 01:51:53 ID:xG45xlvE
>>20
……早沢、お前な。
とりあえずそんなに待ってはいないが、そうやって気楽にいられる話でもないだろうが。
ほら、とりあえず座って。お前には色々と話さないといけないことがあるからな?
(開口一番の気楽さに、思わずため息をつく)
(とりあえず、用意していた座席に座るように促して、これから「指導」を始める)
(まずは、本当の指導であるが)

なんで呼ばれたかはわかってるな?
クラスの子や教科担当の先生から、色々と早沢への意見が上がっているんだ。
なぁ、早沢。お前ももうすぐ進学のための受験があったりするだろう?
あんまり他人を驚かせて、無用なストレスを溜めさせないようにしたほうがいい。
タダでさえ落ち着きが足りないんだ。人を驚かすのが楽しいのはわかるが、とりあえずしばらくやめろ。な?
(諭すように言いながら、早沢の目を見ている。部屋には香の匂いが微かにだが充満し始め)
(この香を吸ったものは、その効果で精神的に言葉を受け入れやすくなる)
(頭の中に入ってきた情報が、そのまま処理されずに意識に染み入るというか)
(ちょっと植え付けたいことを強調するだけで、容易に暗示できるようになるのだ)

22 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 02:09:05 ID:oqJECy7a
>>21
(室内に入った瞬間不思議な香りが漂ってくる。だが、そんなものが自分に危害を及ぼすとは頭の片隅にも想定していないため、依然として全く警戒していない)
えー、いろいろな話って……もしかして愛の告白とか!? きゃー!
(冗談っぽく顔を赤らめてじたばたする)
(とりあえず指示されたとおりに椅子に座る。といっても、軽く足を開きスカートを抑えるように椅子に手を付いた姿勢では、全く反省している態度ではないのは明白である)

はいはい……もー、それは知ってるってばー。
(ある程度叱られることは最初から想定していた。だが、それがどうしたといった様子で聞き流す)
(当然他人からの苦情が出ていることは知っているが、本人は全く意に介していない。というよりそんなことで大人しく態度を改めるような性格なら最初から悪戯していない)
大体さー、受験のために大人しくしていろって言うけど、受験の本番でどんなハプニングが起きるか分からないわけじゃん?
私、受験生なら本番でどんなことがあってもいいように常日頃から緊張感を持てるような精神力が必要だと思うの。
そのために私は心を鬼にして、日常生活でも決して気を抜かないよう、隙あらば悪戯を仕掛けてるって風には考えられない?
悪戯されたくらいでストレスで参っちゃうような精神力じゃ、とても本番で実力を発揮できないでしょ?
つまり悪いのは私じゃなくて、悪戯をされてしまう隙がある相手のほうなんじゃない?
(明らかな詭弁を振りまいて煙に巻こうとするが、本心では単に好きだから悪戯しているだけである)
(会話の最中にも徐々に香がその力を発揮し始めるが、今のところ何かを協調されているわけではないのでまだ受け入れている暗示はない)

23 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 02:20:35 ID:xG45xlvE
>>22
…あのな、早沢。けっこう真面目な話なんだから。
ほら、姿勢も正す。人の話くらいはちゃんとした姿勢で聞かないとな。
(呆れたような表情を浮かべながら、やれやれとため息をつく)

少なくとも、受験中には筆箱の中身にかえるのオモチャは入っていないだろうさ。
それにな、大事なのはメリハリだ。お前のやっていることは無駄に皆を不安定にさせてるだけ。
大体なんだ「隙あらば」って。お前は他人の心配よりも自分の心配をしていなさい。この前の数学、ちょっと成績落ちてたろ?
(詭弁の相手をまともにするつもりはない、とばかりに突っぱねて、本人の話に持っていく)
(もっとも、しばらく早沢に発言させていたのは時間稼ぎのためだったのだが)

……ところで早沢、行儀が悪いぞ。
「先生と話すときは手は頭の後ろで組んで、足はしっかり開く」んだったろ?
(頃合を見計らって、そんなことをいってみる。香が効いているなら、早沢は言ったとおりの行動をするはずだ。意思に関わらず)

24 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 02:33:57 ID:oqJECy7a
>>23
えー、私だって真面目なんだけどなー(不満たらたらの表情で頬を膨らませる)
入ってるかもしれないよ? ひょっとしたら同じ学校を受けているライバルが動揺を誘うために筆箱を摩り替えるかもしれないし。
あ、あうっ……別に数学の点数は関係ないもん……
と、とにかく私に文句があるなら、先生から私に何か仕掛けてでもみたら? 絶対に引っかからないけどね!
(自分がもうとっくに相手の手の内だということに気付かず、胸を反らして得意げな笑みを浮かべる。)

ふーんだ、まったく行儀行儀ってうるさいんだから……
(普段はたとえまともな姿勢を取れと言われても素直に従うような性格ではない。むしろ逆に反発する可能性が高い)
(しかし、暗示にかかっているため、言われるがままに命令どおりの姿勢をとる)
……はいはい、これでいいんでしょ? もう……
(スカートを抑えていた両手を離し、自分の頭の後ろでしっかりと組む)
(そして、もともと軽く開いていた脚を大きく広げ、決して長くないスカートからピンクのショーツが生地を覗かせる)
(ばっちり香が効いている為、相手の命じる姿勢のおかしさも、そしてそれに自分が素直に従っている不自然さも決して自覚できない。)

25 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 02:48:15 ID:xG45xlvE
>>24
全く、変なところにばかり頭を回すんだから。お前は。
ライバルがそんなことしてたら、まずつまみだされるだろうさ。
はいはい、イタズラでお前に勝てる奴なんかこの学校にはいないさ。
学校一のいたずらっ子だからな、お前は。
(もう一度、深いため息をつく。口元を押さえて吐き出されたそれは、一つは呆れから出たもの)
(そして、口元を隠したまま、早沢の言葉に薄く笑う。本人は引っ掛からないつもりだろう。あくまで本人は、だが)

そうそう、何だかんだでちゃんと言うこと聞くんだな。えらいぞ早沢。
お前も、少しは行儀の大切さがわかったみたいだな。先生の指導の賜物だな。
(うまくいった。滑稽にもこちらの言葉に従い、ショーツを見せるような姿勢の早沢を見て、笑みを浮かべる)
そうやって、最初から言うことを聞いておけば、皆から色々言われたりすることもなくなるんだぞ。
それとも、早沢はアレか。皆から注目を浴びたいのか?
だったら簡単だ、「今度からノーパンになればいい」。回りに迷惑にならずに、けどびっくりさせられるぞ?
(ごく普通に、これからの意識に露出的なものを仕込んでおく。早沢のイタズラ好きには困ってるし、これくらいの罰があってもいいだろう)

26 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 03:05:52 ID:oqJECy7a
>>25
えー、何もしてこないの? つまんなーい……
ま、私に悪戯で勝てる人なんてこの学校、ううん、世界中に一人もいないけどね!
(全く誇るところではないにもかかわらず胸を張り笑みを浮かべる)
(実際には世界どころか目の前の相手にばっちりと暗示をかけられてショーツを見せつけていることすら分かっていない)

ふーんだ、別に行儀良くしてるわけじゃなくて私が楽だからこんな風に座ってるだけだもん。
(確かに脚をそろえて背筋を伸ばすのに比べれば、こちらの方が幾分楽だろう。それ以上に恥ずかしい姿勢だが。)
べーっだ。別にみんなから色々言われても気にしないもんねー!
(小学生のように舌を出す)
ん? ノーパンに?
(もちろん普段ならば即答で笑い飛ばす、というか教師にそのようなことを言われたら間違いなく耳を疑うことだろう。)
(しかし、暗示にかかっている真帆にとってはこの上なく魅力的な提案に聞こえてしまうのだった)
すごい! そんな手があったなんて思いつかなかったわ! 先生の癖にいいこと言うじゃん!
(満面の笑みで同意する)
ふふん、でも教師ともあろうものが私の悪戯のアイデアなんて出してよかったの?
それとも、そうしてでも周りへの迷惑を止めたかったのかしらね?
(にやにやと意地悪く微笑みながら、自分がノーパンになって皆を驚かせることを想像している)
ふふふ……クラスの男子をいっぱい集めて、目の前で思いっきり自分のスカートをめくって見せ付けたら、みんな目を丸くするかも!
いやー、こんないいアイデアを与えてくれた先生に感謝しなきゃねっ!
(彼女が考えている計画は、他人を驚かせる以上に自分自身に恥をかかせる結果をもたらすのだが、そんなことは頭の片隅にも浮かばない)

27 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 03:16:23 ID:xG45xlvE
>>26
そうか、そりゃ残念だな。先生の熱意が伝わったんだと思ったんだが。
全く、指導には今しばらく時間がかかりそうだな……
(苦笑いを浮かべながら、早沢の言葉と姿のギャップを改めて観察して)
先生の癖に、とは何だ。オレだってイタズラを考えることくらいはするさ。
(そうして今まさに実行をしているのだが、肝心の対象はそれを全く知覚していないというのがまた滑稽な話ではある)
……いや、今のは気の迷いだ。したらダメだぞ?
そんなことしたら、またお前のせいで皆に迷惑がかかるんだから。
あんまりクラスメイトや先生をびっくりさせるな。
(注意するのは、そのほうが早沢には効果的だからだ。「押すな」といえば絶対に押すような奴だ。ますますやる気になるだろう)
……あー、「オレが教えたって言うなよ」?「これは全部、お前のアイディアだ」からな、いいな。
オレだって教師の体面があるからな。教え子に余計なことを吹き込んだって怒られてしまうからな。
(早沢の楽しげな雰囲気に釘をさす。自分の関わりはないと、そこだけは足がつかないようにはっきりさせて)


【すまない、そろそろ眠気が……凍結か〆か、選んでくれないか?】

28 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 03:26:10 ID:oqJECy7a
>>27
【ここから短時間で〆に持っていくとなると、実行後に正気に戻るように暗示を与えて(もしくは香そのものの効果が切れたら自動的に暗示が解けるのかな)生徒指導室から解放する、とかいう感じにするくらいでしょうか】
【凍結となると私は明日明後日も一日あいている(明後日は25時程度まで)と思います、それ以降はシフトが始まるので不定期になりますが】
【私としてはどちらもOKですので、そちらの眠気などをもとに判断をお任せいたしますー】

29 :名無しさん@ピンキー:2010/06/07(月) 03:29:35 ID:xG45xlvE
>>28
【うーん…個人的にはもうちょっと楽しみたいんで、明後日の22時あたりから再開とかどうだろう?】
【それ以降まで伸びるようなら、また時間とか考えないといかんがね】
【どうだろう、そんな感じで】

30 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 03:31:07 ID:oqJECy7a
>>29
【はいっ、では凍結でお願いいたします】
【少し規制の多いプロバイダなので、もしも巻き込まれた場合にはしたらばの伝言板の方にその旨書き込ませていただきますね】

31 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 03:33:22 ID:oqJECy7a
【っと、そういえば「明後日」は水曜日ではなく火曜日の22時でよろしいですか?】
【いえ、一応水曜日も22時に帰宅できるので水曜日再開も可能ですが。】

32 : ◆gAWmoqA5E. :2010/06/07(月) 03:37:07 ID:xG45xlvE
>>30-31
【ありがとう、ではトリップをつけておくね。規制時の対処も了解】
【「明後日」は火曜の22時で大丈夫です。その時間に、一応楽屋で待ち合わせにしようか】

【あと、展開に希望なんかあれば。こんな催眠かけられたいぜ、みたいなのとか】

33 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 03:45:54 ID:oqJECy7a
>>32
【楽屋楽屋……と。「【待ち合せ】オリキャラ板楽屋スレ10【打ち合せ】」ですね、かしこまりました】
【そうですねー、基本的には今の展開が最高です。ただ、〆る際、永久に露出狂の性格にしてしまうのではなく、(遅かれ早かれ)どこかの時点で正気に戻るようにしたほうが嬉しいかもです。】
【もしも永久にこの暗示にかかったままだと本人の人生が大問題になりますしw】

34 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 03:48:06 ID:oqJECy7a
【っと、そちらからの希望や意見などはございますか? こう動いて欲しい、こう反応して欲しい、みたいな。】

35 : ◆gAWmoqA5E. :2010/06/07(月) 03:48:28 ID:xG45xlvE
>>33
【うん、そのスレ。言葉足らずだったかな。ごめん】
【了解、じゃぁいっぱい恥ずかしいこと吹き込んで、どこかで一気に正気に戻るようにしておこう】
【流れとしてはこんな感じで。まぁ多少の目の保養とかはさせてもらうつもりだけど】

【では、今日はこの辺で。お先に失礼するよ……】

36 : ◆gAWmoqA5E. :2010/06/07(月) 03:55:09 ID:xG45xlvE
>>34
【一言返レス】
【んー、いや、こっちも特にはないかなぁ。いい感じの反応だと思うし】
【その調子で、すんなり催眠を受け入れて誤認しまくってくれたら】

【では今度こそ落ちます】

37 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/07(月) 03:57:10 ID:oqJECy7a
【はい、ありがとうございましたー】
【私も落ちますね、お休みなさいませ】

38 :早沢 真帆 ◆7rnrw5KbzE :2010/06/09(水) 00:17:59 ID:Xw/LKaVR
【っと、申し遅れましたが相手の方が規制に巻き込まれてしまったので避難所の方を利用させていただいております】
【なので、もしお待ちしている他の方がいればご利用ください】

39 :名無しさん@ピンキー:2010/06/13(日) 18:44:38 ID:LsbpQpjQ


40 :名無しさん@ピンキー:2010/06/14(月) 20:48:46 ID:/54AillF


41 :名無しさん@ピンキー:2010/06/15(火) 01:16:23 ID:6abZ+X6v
本田△

42 :名無しさん@ピンキー:2010/06/15(火) 23:55:09 ID:ayNhzFP4
テスト

43 :名無しさん@ピンキー:2010/06/16(水) 14:40:42 ID:w/wrUesc
真夏日

44 :名無しさん@ピンキー:2010/06/17(木) 00:08:44 ID:xvGMnkbp
スイスキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

45 :名無しさん@ピンキー:2010/06/17(木) 17:57:16 ID:/DYfyIT3
おまえらこれ見てよ↓
http://livedoor.2.blogimg.jp/netamichelin/imgs/c/0/c02bfd6b.jpg
ばらまこうぜ!

46 :名無しさん@ピンキー:2010/06/18(金) 02:46:41 ID:9QcAsFVq
ウィルス

47 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 07:07:42 ID:BELHXQyy
ageついでに獲物がかかるのを待ってみる。、

48 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/07/10(土) 17:21:08 ID:JBoXA+6G
名前:夜澄 初(やすみ うい)
クラス:ナイトウィザード/仙人
年齢:16
身長: 169
体重: 54
3サイズ: 96・56・89
髪型:赤茶けた色でロングなポニーテール
性経験:無し
性格:弱気でおどおどしている
服装: グリーンのキャミソールに、白のミニスカート
身体的特徴:お尻に戦いによるキズ跡がある(スカー・ヒップ)
MCの希望:侵魔・冥魔による胎内侵入から始まる支配や、特殊な能力による思考支配


49 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:55:45 ID:lzn6EPkE
待機しているのかプロフ落ちなのか・・・
それだけでも書いておいてくれると嬉しいんだが。
前者なら落ち宣言も。

50 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/07/10(土) 19:57:32 ID:JBoXA+6G
>>49
【あ…失礼しました。】
【プロフ落ちです。】

51 :名無しさん@ピンキー:2010/07/12(月) 11:03:55 ID:y9iyYM6R
新キャラ

52 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/07/19(月) 13:07:04 ID:fFvSsFXF
【…少し待機です】

53 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/07/19(月) 13:31:56 ID:fFvSsFXF
【待機を解除しますね?】

54 :名無しさん@ピンキー:2010/07/19(月) 17:03:18 ID:fBF7x/Ua
本当にすこしだな

55 :名無しさん@ピンキー:2010/07/19(月) 17:03:38 ID:80zAzHUd
来てたのか

56 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 02:02:44 ID:ssNJWjjA
ナノマシンやハッキングで物理的に人格や性癖を書き換える。
相手は「自分が変えられていく」ことを自覚しながらも徐々に圧倒的な快感に
飲みこまれ最終的には全くの別人格へ…そんなロールがしてみたいものだ。

57 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 09:31:03 ID:a6VN6NI1
>>56
いいねえ、俺もそういうロールがしてみたいよ。

58 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 11:34:57 ID:I/0JapoM
>>48
> 身体的特徴:お尻に戦いによるキズ跡がある(スカー・ヒップ)

きくたけ的には「尻で水道管破壊」の傷痕だな

59 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/08/10(火) 13:06:37 ID:w69g0T9R
【……ふぅ、少し待機しますね。】

60 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/08/10(火) 13:32:59 ID:w69g0T9R
【え、えっと…待機を解除しますね…?】

61 :名無しさん@ピンキー:2010/08/11(水) 01:09:28 ID:xGK6W1+r
来てたのか

62 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/08/16(月) 01:13:05 ID:2qUNFwB5
【…少しの間待機させてもらいますね?】

63 :夜澄 初 ◆XQEEJtA..o :2010/08/16(月) 01:21:26 ID:2qUNFwB5
【うーん…流石にこの時間からでは遅すぎますねえ…】
【一旦出直す事にします】
【ではスレをお返ししますね?】

64 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 21:14:28 ID:RUvprB8p
【モンスターハンターのつもり…だけど、半分オリジナルかな】
【よろしくお願いしまーす!】

名前: リン・ライキ
年齢: 16歳
身長: 158cm
体重: 44kg
3サイズ:82-55-88
服装: キリン装備
性経験: なし
性格: 明るく快活。曲がったことが許せない。
    人々をモンスターから守ることに憧れ、ハンターになる
MCの希望: 悪いハンターに騙されて、命令次第でどんな依頼も行う奴隷に洗脳されたいな



65 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 21:45:51 ID:RUvprB8p
【ちょっとあげてみます!】

66 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 22:03:18 ID:5tKMwLVJ
>>64
【お、上がってると思ったら、昔本スレにいた人かな?】
【昔途中まで相手してもらったんだけど、可愛かったし頑張って〜】

67 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 22:04:05 ID:RUvprB8p
【えへへっ、ありがと!】
【相手してくれないのは悲しいけど、頑張るね】

68 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 22:07:05 ID:5tKMwLVJ
【あー、バーナルドって名前でやっていたんだけれど、あの時は合わなかったみたいだったから】
【相手をするには役不足なのかな、と思ってね】

69 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 22:10:49 ID:RUvprB8p
【そんなことはなかったけど…】
【予定があわなくて、やっと入れるようになった頃には大分時間がたっててさ】
【…もう、忘れられちゃっただろうなーって思って】

70 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 22:15:38 ID:5tKMwLVJ
【そんな事はないよ。これだけ時間が経過しても覚えてるのが証拠になるかは分からないけれど】
【まぁ、これでいなくなると募集の邪魔をしただけだし、折角だから立候補してみてもいいかな?】
【何か希望のシチュエーションとかはある?】

71 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 22:26:49 ID:RUvprB8p
【覚えててくれたんだ…「ごめん」って言えばいいのか「ありがと」っていえば良いのかわからないや】
【うんっ。大歓迎だよ。ボクをバーナルド様の忠実な奴隷に、洗脳してください】
【えっと…毒とかを盛られて、意識が朦朧としているところを催眠術で…って感じかな】
【暗示とエッチを一緒にやられて、身も心も逆らえなくなってくってのはどう?】

72 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/16(月) 22:32:02 ID:5tKMwLVJ
>>71
【それでは、一応同じ名前でやらせてもらいます】
【了解です。では、狩りに役立つ薬を調合していて、これまでも何度か新しい役に立つ薬を渡していて】
【信用を得たところで、新薬の実験台になってもらう、という導入でどうでしょうか?】

73 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 22:39:12 ID:RUvprB8p
>>72
【改めて、よろしくね】
【うん。…えへへ、何だか楽しみになってきちゃった】

74 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/16(月) 22:44:08 ID:5tKMwLVJ
>>73
【はい、こちらこそよろしくお願いします】
【書き出しはどうしましょうか。呼び出された所から始める感じになると思いますけれど】

75 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 22:46:13 ID:RUvprB8p
>>74
【えっと、お願いできるかな?】

76 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/16(月) 22:47:57 ID:5tKMwLVJ
>>75
【分かりました。それでは、少しお待ち下さい】

77 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/16(月) 22:56:12 ID:5tKMwLVJ
(ハンターになって人を助けるという少女と出会って、一ヶ月が経った)
(危険の多い狩りには、それを補助する様々な薬が必要で)
(この一ヶ月、渡してきた薬が少女を助ける事も多々あり、その重要性は認識しただろう)
(そう判断して、今日は新しい薬の実験を手伝って欲しいと声をかけた)

さて、そろそろ時間ですね……。
(特段に変わった準備はない)
(用意してあるのは幾つかの薬と飲み物、くつろげるように大き目のベッド)
(その他は、そこいらの医者と大差ない調度品が並んでいる)


【それでは、まだ来ていないので短いですが、こんな感じで】

78 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 23:17:44 ID:RUvprB8p
>>77
えっと…この家…だったよね。
(辺りをきょろきょろと見回し。やがて確信を得たように首を縦に振る)

(少女はモンスター専門のハンターだった)
(金に困っていたわけではない。人々を苦しめる巨獣たちが許せなかった)
(その一心で技を磨き、埋まらない力の差は薬や罠を用いて埋めてきた)
(己の力と知恵に限界を感じ始めたリンがバーナルドと出会ったのは一ヶ月ほど前だった)

ご、ごめんくださーいっ…
…あ、やっぱりあってた!
えへへっ、時間ぴったりかな。
今日もよろしくお願いしまーす!
(ハンターには見慣れない薬瓶や調度品にややびくびくしながらドアを開けるも
(部屋の中にバーナルドの姿をみつけると、リンの表情は一点明るくなり)
(笑顔で、ぶんぶんと腕を振る)

【では、よろしくお願いします】

79 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/16(月) 23:27:36 ID:5tKMwLVJ
>>78
いらっしゃい。
お待ちしていましたよ、リンさん
そうですね、時間ぴったりです。
(ドアを開けて入ってきたリンの姿を見ると、立ち上がって出迎え)

こちらこそ、今日はよろしくお願いします。
上手くいけば、またリンさんの狩りの役に立つものができると思いますよ。
もっとも、薬はあくまでも補助ですから、家臣は禁物ですけどね。
さ、暑かったでしょうし、これをどうぞ。
(果汁を搾った飲み物を渡してから、ベッドを勧める)

今日の薬なんですけれど、もしかしたら眠くなってしまうかもしれません。
狩りの最中に眠くなってしまったら使えないので、その副作用を上手く取り除けていればいいのですけれど。
まぁ、正直まだ自信がないので、ベッドの上で飲んでもらおうと言うわけです。
色々気分や体調を聞くと思いますけれど、正直に答えてくださいね。
それでは、お願いします。
(そう言うと、用意してあった薬液の入った瓶をリンに差し出す)

80 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/16(月) 23:45:15 ID:RUvprB8p
>>79
大丈夫、大丈夫!
こう見えて、ボクだって強くなってるんだから!
皆の暮らしをモンスターから守るためだもん。
負けてられないよ!
(ぐっと力瘤をつくるように腕を折り曲げながら快活に笑う)
(ふわりと揺れた銀の髪の毛は陽光を反射してきらきらと輝き)

…っていいの?
えへへ、嬉しいなぁ、ちょうど喉が渇いてたんだ!
いっただきまーす!
んくっ…んくっ…んくっ…ぷはぁっ!
おいしーっ! とっても甘いし、香りもいいし!
ねぇねぇ、これ、何の果物? ボクにもつくれるかな?
今度、教えてね!
(勧められるまま、ベッドへ向かうとちょこんと座り、喉を鳴らしジュースを飲む)
(嚥下するたびに、むき出しのお腹の肌がちょっとずつ動き)

え…うわ、眠くなるのはまずいかな。
安全なところだったらいいけど…一度、良いの食らっちゃったことあるからなぁ。
わかった、正直に言うね!
ボクもいい薬が欲しいもの。何でも隠さずいうから!
(睡眠ガスを用いる怪鳥との戦いを思い出し、一瞬顔を青ざめるが)
(しかし、すぐに笑顔に戻ると、薬瓶を受け取り)

くんくん…うぅ…やっぱり、薬って独特のにおいがするよね…
…いや、勇気だボク、頑張るんだボク! よぉし! んぐっ…んっ…んっ…
(薬液を鼻を鳴らして嗅ぎ、一瞬逡巡した後に半分ほど飲み)

81 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 00:01:52 ID:7vum9viU
>>80
確かに、リンさんはこの一ヶ月で見違えるように強くなりましたね。
ですが、薬の消費量もかなり増えているような気がしますよ?
無茶をして大怪我を、いや、命を落としたりしたら、守る事もできなくなってしまうのですから、気をつけてください。
(無垢な笑顔に若干目を細めながらも、釘を刺すように言って)

そこらで買ったものですよ、別に特別なものではありません。
ただ、幾つかの果実の絞り汁を一定の割合で混ぜているんです。
ええ、もちろんいいですよ。
……あんまり一度に飲んで、実験の前にお腹を壊さないようにして下さいね、リンさん。
(美味しそうに飲み干していく姿を眺めながら、頷いて)
ええ、お願いします。どんな気持ちも正直に、ね。
(何の強制力もない言葉も、後になれば布石としては有効になる)
(そう考えながら、もう一度念を押すように言って)

良薬口に苦し、ですよ。
一応、その飲み物は口直しも兼ねて、ということで。
……ちゃんと、全部飲まないとダメですよ?
薬を飲んだら、普段の状態に身体を近づけてください。
ベッドの上で足を伸ばして楽な姿勢になって。
呼吸もゆっくり深呼吸をして、脈拍を整えてください。
大きく吸って、吐いて……吸って、吐いて……。
(薬が体内に浸透していけば、段々と思考能力を失っていくはずで)
(同時に、ゆったりとリラックスした姿勢と深呼吸は、緊張を取り払い)
(リンの思考防壁を徐々に取り除いていく)

さぁ、リンさん。
今は、どんな気分ですか?

82 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 00:22:20 ID:v0sWX8ml
>>81
…う。
だ、だってモンスターも何だか最近凶暴化してるみたいだし…
飛竜が何匹も一辺に出るだなんて…村の皆からすれば迷惑だよ。
だから、ボクは戦うの。
怪我とか死んだりするのはいやだけど…でも、それも覚悟してる。
(しゅんとなりつつも、その瞳は強く、明るい光を宿し)

ぷはっ。
えへへっ、もう飲み干しちゃってた。
でも、キミも悪いんだよ。こんなに美味しいジュース作ってくれるんだもの。
あとで、レシピ教えてね!
(にっこりと笑って満足そうにグラスを置き)
うんうん、わかってるよ!
それに、ボク、嘘ついたことなんてないんだから!
だから、全部隠さず、正直に答えるよ!
(ベッドを揺らしながら、はっきりと答え)

うぅ…意地悪ぅ…いいよ、その分、後でジュースたくさん飲んでやるから!
せーのっ…んぐっ、ぐっ…んっ、ぐ…こ、これでどうだぁ…うっぷ。
(薬液の味は苦手だったのか、意を決したかのように一気に飲み干し)

こ、こうかな?
足を伸ばして、楽にして…
ゆっくり深呼吸…心臓も、あまりどきどきしすぎないようにっと…
吸って…吐いて…吸って…吐いて…
(戸惑いながらも、言われるがまま、ベッドの上に足を伸ばすと深呼吸を繰り返す)
(段々、その眼がトロンとしてきて)

えっと…なんだか、不思議な気分…
全身がポカポカして、頭がくらくらするんだけど…いやな気分じゃないかな。
すごい、落ちついた感じ…かな…?
(ベッドの上で座ったまま、答えを返すリン)
(しかし、その口調はどこかたどたどしく、上半身も僅かに揺れており)

83 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 00:40:45 ID:7vum9viU
>>82
確かに、最近は昔では見かけなかったモンスターが現れたと言う話も耳にしますね。
そして、リンさんの勇気は素晴らしいものです。
ですが、だからこそ、死んでしまってはいけません。
あなたはまだまだ強くなれる。
こんな時だからこそ、将来有望なハンターは一人でも多くいて欲しい。
分かりますね?
(今からする事を考えればどうでもいい事だが、説教癖があるのかついつい強く諌めてしまい)

それはすみませんでした。
はいはい、ちゃんと終わったらお教えしますよ。
……そうですか、それなら結構です。

はい、お疲れ様でした。
薬の効果が出るまで、少し時間がかかると思いますから、待っていてくださいね。
(意を決して薬液を飲み干したのを確認すると、砂時計をひっくり返して時間を計りながら)

そうですか、やはりまだ副作用があるようですね。
少し脈を取らせてください。
(自分もベッドに上がると、リンの身体を背後から抱きしめるように支えつつ)
(鍛えられた手に自分の指を添えて、脈を計り始める)
リンさんは深呼吸を続けて、無理に抵抗はしないで、その気持ちに心を委ねてください。
支えていますから、身体からも力を抜いてしまっていいですよ。
でも、私の声だけは、ちゃんと聞いていて下さいね。
それから、私が聞いた事には、正直に答える。覚えていますね。
どんな風に感じているか、感じたことは口に出してください。
(そう言いながらも、すぐには何もせず)
(ただ、脈拍を数える為に、ゆっくりとリンの耳元で数字を数えていく)
(心臓の鼓動と同期した音は、より深い催眠状態へと彼女を誘っていって)
(300まで数えた辺りで、唇を耳元に近づけて、小さく囁く)
今、どんな気持ちですか?

84 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 01:02:50 ID:v0sWX8ml
>>83
はぁい、わかりましたぁ。
それにしても…「将来有望」かぁ。
何だかこそばゆいけど、キミのいうとおりにしてれば、もっと強くなれるかもね!
(怒られ、しゅんとなりながらも、すぐに笑顔で向き直り)

おっけー。
ちょっと待ってれば良いんだよね。
…何だかじっと待つのって退屈。
砂時計でも見てよーっと。

これって…薬の…副作用、なの…?
体があったかくて…気持ち悪くない…むしろ気持ちいいぐらい…
っ…あ…
う、うん…脈…はかって…
(背後から抱きしめられ、一瞬びくりと反応するも)
(すぐにその瞳も蕩け、従順に脈を取ってもらい)

あ…うん、わかった…
深呼吸…続ける…無理に抵抗しない…心を…ゆだねる…。
不思議な…感じに…全部、ゆだねて…力を抜いても…いい…
…は…ぁんっ…く…
何だろう…あったかい…すごい、やすらぐ…気持ちいい…
(リンが体重を預けると、細くしなやかな装備の毛が男の腕に当たると同時に)
(リンの体温と重みがバーナルドの腕にしっかりと感じられ)

聞く…キミの声だけは…ちゃんと聞く…
それに…正直に答える…キミに聞かれたら、正直に答える…
今、どんな気分なのか…全部報告する…
(ぼそぼそと言う声は、しかし、リン自身の誓約となっていき)

(バーナルドの腕の中で、ぼんやりとした目で数字を聞くリン)
(一切よどみなく、言われたとおりに深呼吸をする様は、まるで数字を聞いてないようにも見えるが)
(数字が進むにつれ、リンの表情は蕩け、崩れていき)

…うん…とても…きもちいい…
全身が…ぽかぽかしたお湯で包まれてるみたい…
からだが…ういちゃうかんじがする…
でも、きもちいい…あたまがぼーっとして、とてもきもちいいよぉ…

85 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 01:27:28 ID:7vum9viU
>>84
結構です。
ええ、保証しますよ。
勝手な事をしないでちゃんと私の言う事を聞いてくれれば、ですけれどね。
(冗談めかした口調ながらも、無意識に残る言葉を投げかける)

ええ、そうですよ。
でも、身体に悪い事はありませんから、ね。
気持ち良いんですか?
分かりました、時間が経つにつれて、もっともっと気持ちよくなるかも知れません。
その感じをしっかりと味わって、詳しく教えて下さいね。
(体重を受け止めながら、身体の力の抜け具合を計って)
体から力を抜くと、どんな感じですか?
力と一緒に、考える力も抜けていってしまうかもしれませんね。
でも、抵抗しないでいいんですよ。
何も考えられないでも、私の言葉だけを聞いて、それに従いましょう。
そう、全部報告しましょう。自分の事は、なんでも正直に報告するんです。
(リンの身体のほてりが伝わってくるのを感じながらも、まだ愛撫はなさず)
(時たま、そのしなやかな腕を軽く擦ってやるだけに留めて)

あたまがぼーっとして気持ち良い。
きもちよくて嬉しいですよね。
気持ち良いのは薬のおかげですよ。
もうちょっと飲んでみましょうか?
そうすれば、もっともっと気持ちよくなって、なぁんにも考えられなくなっちゃうかもしれません。
でも、リンさんはそうなりたいですよね?
ほら……今度はさっきよりもずぅっと美味しくなっていますよ……。
(さらなる暗示を深めつつ、目の前に薬液の入った瓶を差し出す)
(中の薬液はさっきの果汁で割ってあり、まるでちがう味に感じられるはずで)
(そして、同時にこれを飲み干せば、許容量を完全に踏み越えて)
(腕の中の少女が完全な奴隷ハンターへと生まれ変わる為に、完全に思考を漂白されるだろう)


86 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 02:16:34 ID:v0sWX8ml
>>85
うんうん。約束するっ。
キミと会ってから、ボク、強くなれたもの。
ちゃーんと言うこと聞くから、皆を守れるぐらい、もっとボクを強くしてね!
(冗談の延長線にあった約束は、しかしリンの心の中に残り)

ほんと…?
身体に悪いことじゃないの…?
なら…もっと安心して…この感じに集中してみるね…
もっと…もっと…気持ちよくなれる…
時間がたつと…もっときもちよく…なる…
しっかり味わって…詳しく…報告しなきゃ…
だから…もっと…もっと…
(もはやリンは完全に力を抜き、くたっとバーナルドに寄りかかっている)
(白銀の毛をあしらった装備に包まれた白い身体は、時折くすぐったそうに動き)
うん…力を抜くと…一緒にいやなことも抜けてくの…
疲れとか緊張してたのとかが消えて…すごく…安心する…
きもちいい…お風呂に入ってるときみたい…
かんがえる力…? 抜けちゃうの…?
でも…抵抗しなくていい…
キミの言葉を聴いて…それにしたがってればいい…
もっと力をぬいて…かんがえる力も全部抜いて…
あ…はぁ……気持ちいい…とけちゃいそうなぐらい…
ううん、とけてる…ボクの頭の中、とけて、何も考えられなくなってく…
(腕を擦られると鼻にかかった声を上げながら、甘えるように身体をすりつけ)

きもちよくて…嬉しい…
うん…うんっ…ボク、嬉しいっ…
こんなに気持ちよくなれて…すごくうれしいっ…
あたま、ぼーっとして…とかされて…すごくうれしいよぉ…
(うっとりとした顔で、バーナルドの方を振り返りながら)
これも…薬のおかげ…
さっきのお薬…もっと飲めば…もっともっと気持ちよくなれる…
何もかんがえられないぐらい…きもちよくなれるっ…
うんっ…なりたいっ…
もっと飲みたいっ…きもちよくなりたいっ…何もかんがえられなくなりたいっ…!
(バーナルドの差し出した薬瓶を震える手で取るとそのまま躊躇わず飲み始め)
ほんとだっ…おいしぃ…
さっきと全然ちがう…甘くて…すてきな味…
ボクが望んだから…おいしくなったのかな…
あぁ…だめ…とまらないよぅ…
(全身を包む快楽に安堵しながら、瞬く間に薬液を飲み干す)
(飲み干した後も、男の腕の中で名残惜しそうに瓶をぺろぺろと舐め)
(次第に、その表情はどんどん虚ろになっていき)

はぁ…あ…あ…あぁ…
あー…あは、あははぁ…
(薬物中毒者のようなだらしない笑みを浮かべたまま、瓶を投げ出し、男に寄りかかる)
(今のリンは思考を完全に漂白されており、いわれたとおりにどんな物事も受け入れていく状態に合った)

87 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 02:40:03 ID:7vum9viU
>>86
ええ、大丈夫ですよ。あくまでも狩りの時にこうなってしまうと大変、というだけですから。
むしろ、狩りの場でないここでなら、とてもいいことです。
そうでしょう?
(ふさふさとした白銀の毛に時々指を滑らせながら、その感触と少女の重みを楽しんで)
いいんですよ、溶けてしまっても。
ここには私とリンさんだけです。
私の前でなら、安心。
安心して、とろけて、自分をさらけ出してください。
何も考えられない、真っ白なあなたを見せていいんです。
無防備な姿を見られるのは、とっても気持ち良いでしょう?
(じゃれつくように身体を摺り寄せてくる頭を優しく撫でてやって)

そうですか、良かったですね。
とろとろにとけて、何も考えられないのが、リンさんは気持ちよくて大好きなんですね。
そうなれたのは薬のおかげ。
そして、私のおかげ。
何度でも、この気持ちを味わいたい、そうでしょう?
何も考えないで、気持ち良い状態が、あなたの一番好きな状態。
ずっとそうなっていたい。それがあなたの一番の望み。
これに比べれば、他の事なんてどうでもいい。
いいえ、どうでもよくなっていきます。
ほら、美味しいお薬を飲んで、ますます何も考えられなくなります。
代わりに、私の声だけははっきり聞こえる。
空っぽのあなたは、私の声に従います。
私の声に従うだけ。それだけしか考えられません。
……ふふ、そんなに舌を伸ばしても、もうないですよ。
きちんと言う事を聞けたら、また飲ませてあげます。
(表情が虚ろになっていくのを見てから、しゃぶりついている口から瓶を取り上げて)

ふふ、とっても気持ち良さそうですね、リン。
(腹から手を滑らせていき、胸を下から持ち上げて、下着の下に手をもぐりこませて)
(ゆっくりと揉みしだきながら、耳たぶにキスをしつつ)
あなたが気持ちよくなれたのは、私と薬のおかげです。
私に従えば、もっともっと気持ちよくなれる。
何も考えないで私に従えば、ずっと気持ちよくなれる。
だから、あなたは私に従う。当たり前ですよね?
ほら、どうですか、リン。おっぱい、気持ち良いですか?
(胸をこね回してから、乳首を左右同時に摘むと、コリコリと充血しきるまで執拗に揉み潰して)


88 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 03:16:09 ID:v0sWX8ml
ここでなら…狩りの場じゃないところなら…大丈夫…
大丈夫なだけじゃない…とてもいいこと…
は…ぁんっ…うん…そうだよね…
きもちよくなることが…悪いことのはずが無いもの…
だからこうなるのは…いいこと…きもちよくて…とてもいいこと…
(ペットに甘える犬のように、撫でてくれる手に頭を擦りつけながら)
とけちゃっても…いい…
ここには…ボクとキミしかいないから…大丈夫…
キミの前なら…安心…キミの前ならとけちゃっても平気…
安心して…とけて、自分をさらけ出す…
気持ちよすぎて何も考えられなくなっちゃった…真っ白なボクをみせる…
あぁ…うん、きもちいい…
安心して…全部さらけ出すのってきもちいい…
何もかんがえないで気持ちいいことだけに集中できるの…幸せぇ…
(父に頭を撫でられる童女のように目を細め)

うん…すき…
こんな気分、はじめてなのに…ボク大好きになっちゃった…
これなしじゃいられないぐらい…はまっちゃったぁ…
こうなれたのは薬のおかげ…
こんな気分になれたのは…キミのおかげ…
もっとこの気持ちを味わいたい…頭の中、とけちゃったままでいたい…
ボクの望みは…この何も考えられない状態でいること…
他のことなんてどうでもいい…
この状態でいることだけがボクの幸せ…
この幸せ以外、いらない…どうでもよくなってく…
はぁい…もっと、もっと飲まなきゃ…
おいしい、甘いおくすり…ボクを幸せにしてくれるお薬ぃ…
あはっ…瓶についてるの舐めても…もう、薬がきくようになってきちゃった…
頭の中身がどんどんとろけてっちゃって…キミの声がかきまわしてく…
ぐーるぐーるって頭が回って…でもそれが気持ちいいのぉ…
ねぇ…もっと、もっとボクにお薬ちょうだいよぉ…
何でも言うこと聞くからァ…うぅん…どっちにしろそうなっちゃうんだよぉ…
だってボクはもうとけちゃって…キミの言葉がボクを動かすようになっちゃったんだもの…
ボクは従うだけ…キミに従うことしか考えられないぐらいにとかされちゃったんだもの…

あはぁ…ぁ…んっ…んんっ…
う、うん…きもちいい…おっぱい、おっぱいきもちいい…
おっぱいぐにゅぐにゅされると、頭の中もぐにゅぐにゅになるぅ…
ボクのおっぱい…こんなに気持ちよくなれるんだぁ…
気持ちよくなれたのは…キミとお薬のおかげ…
ボクがこんなに気持ちよくなれたのはキミのおかげ…
キミに従うと、ボクはもっときもちよくなれる…
何もかんがえずにキミに従えば、もっときもちよくなれる…
だから…ボクはキミに従う…
うん…当たり前…だよね…
だってボクは気持ちよくって…もっときもちよくなりたいんだから…
従うっ…したがうからぁ…もっとおっぱい、して…おっぱい、虐めてぇ…!

89 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 03:19:02 ID:7vum9viU
【いい所ですみませんが、ちょっと時間がきつくなってきてしまいました】
【よろしければ凍結をお願いしたいのですが、どうでしょうか?】

90 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 03:29:43 ID:v0sWX8ml
【ええ、私もそろそろ…】
【次はいつお会いできますか?】

91 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 03:32:20 ID:7vum9viU
【今日か明日の22時半以降なら空いていますけれど、リンさんはどうでしょうか?】

92 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 03:33:53 ID:v0sWX8ml
【大丈夫ですよ】
【それでは今日の22時半にこちらでいかがでしょうか?】

93 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 03:36:03 ID:7vum9viU
【分かりました。ここが使用中でしたら楽屋スレでお会いしましょう】
【それでは、また今日の夜に。お疲れ様でした、おやすみなさいませ】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

94 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 03:40:21 ID:v0sWX8ml
【了解です】
【おやすみなさい。お疲れ様でした】


95 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 22:31:32 ID:7vum9viU
【リン ◆NFzhLc2j2s さんとのロールの続きにお借りします】

96 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 22:36:02 ID:v0sWX8ml
【スレをお借りしまーす】

>>95
【ごめんなさい、遅れちゃった】

97 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 22:38:37 ID:7vum9viU
>>96
【こんばんは、リンさん】
【いえ、私も準備を始めたばかりですから、大丈夫ですよ】
【私からですね、それでは今夜もよろしくお願いします】
【何か希望があれば、遠慮なく仰ってくださいね】

98 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 22:52:28 ID:7vum9viU
>>88
そうですよ、とっても幸せですね。
真っ白になるのはとっても幸せ。
考えられないから真っ白になる。
気持ち良いから真っ白になる。
頭の中が真っ白に染まって、私の声だけになっていきますよ。
(髪を手で梳きながら、頬や顎にも手を動かし、優しく撫でてやる)

もう初めてで、絶対に忘れられませんよね。
大好きで、大好きでたまらない。
もっともっと、自分を真っ白にして、もっともっとはまっちゃいましょうね。
今は私と2人きり。
だから、どんなにはしたなく快楽を貪っても大丈夫ですよ。
ええ、そうです。
そうやって、舌を伸ばして薬を求めていると、自分がだらしない牝だって自覚できるでしょう?
私に、ご主人様に仕える淫らな牝。それがあなたですよ、リン。
もう、頭の中身はぐちゅぐちゅになって、私の思い通りです。
私に言われるがままに、自分を変えていきましょうね。
そうすれば、もっとずぅっと気持ちよくなっていきますから。
(彷徨うように突きだされた舌に、薬が付着した指を触れさせてやりながら)

ええ、私に触られて、気持ち良いですか?
私に揉まれて、感じてしまっているんですか?
それなら、もっとしてあげますから……リンさんは、もっと気持ちよくなれる場所を自分でほぐしておきましょう。
分かりますよね、どこを触ったらもっと気持ちよくなれるのか。
そこを犯されれば、もっと気持ちよくなって、戻れなくなりますよ。
私の専用、私だけのモノになってしまうんです。
なりたいですよね。何にも考えないモノになって、もっと気持ちよくなりたいでしょう?
モノになりたいから、自分でおまんこ弄って、準備をしましょう。
今なら、普段よりも遥かに気持ちよくなれますよ。
(勃起してきたものを布越しに擦りつけて、尻に熱さと硬さと大きさを伝えながら)
(自慰を命令しつつ、胸を揉む手に力を込めていく)
(加えられる圧力で自由に形を変えさせながら、自慰の指の動きにあわせて乳首を強く交互に捻って)

【それでは、よろしくお願いします】

99 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 22:55:16 ID:v0sWX8ml
>>97
【こっちこそ、よろしくっ】
【希望かぁ…えっと、薬の効果が切れても、キミの奴隷でいられるよう仕込んで欲しいのと】
【奴隷としてクエストを受けさせられたり、悪いことをさせられたりしたいな】


100 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/17(火) 23:03:58 ID:7vum9viU
>>99
【希望は了解しました】
【それならば、問題なく取り込んでいけると思います】

101 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/17(火) 23:46:04 ID:v0sWX8ml
>>98
ボクしらなかった…
真っ白になるってこんなにすてきなことだったんだぁ…
頭がぼーっとして何も考えられないのに、それがきもちいい…
あはっ…ほんとだ…もうキミの声しか聞こえない…
ね。もっと撫でて。
撫でられてると心地よくって、すーって余分なものが消えてくのぉ…
ボクの中から、キミの声以外の全部が消えてって…とっても気持ちいいのぉ
(優しく撫でられるたび、夢見心地で嬉しそうに鼻を慣らすリン)
(身体を擦り付けるその姿は、飼い主に甘える、巨大な白毛の犬のようであり)

うん…もう絶対に忘れられない…
薬の効果が切れちゃったら…きっとボク、今のことばっかり考えちゃう。
お薬飲んで、何も考えられない真っ白になっちゃうことばかり考えちゃう…
だって、今はキミとふたりっきりなんだもん。
キミの前なら安心して、とろけていい…
無防備な姿を見てもらって…はしたない自分をさらけ出していいんだ…
あ…あぁ…ほんとだ…牝犬みたいなことしてた…
今だって、あ、んっ、指、舐めたくて舐めたくてどうにかなっちゃいそぉ…
ボク、犬にされちゃったんだ…牝犬にされちゃったぁ…
ボクの頭の中、とけちゃったから…キミの思い通りつくりかえられちゃう…
でも、とめられない…だって、もっと気持ちよくなりたいんだもの…
(先程まで快活に振舞っていた少女は、今ではバーナルドの腕の中で淫らな笑みを浮かべていた)
(赤ん坊のように、抱かれたまま指を求め、そのたびの薬の味と臭いに悦びを得て)

うん…とってもきもちいい…
オナニーしてるときなんか…比べ物にならないくらいっ…
もっと、気持ちよくなれる場所? 
わかる…ボク、わかるよぉ…おまんこいじれば…もっときもちよくなれる…
ここ、ここ犯されたらぁ…ボク、もどれなくなるぅ…
キミの専用の、キミのモノになっちゃう…んんっ…
なりたいっ…モノになりたいっ…もっと気持ちよくなりたいっ…
弄らなきゃっ…おまんこほぐして、いっぱい犯してもらわなきゃっ…
ボクは牝になっちゃったんだからぁ…
きゃう…んっ…んんっ…きもちいぃ…おまんこもいつもと全然違う…
乳首もぉ…わぁ…ああんっ…きもちいいっ…全身気持ちよくてたまらないよぉ…!
(秘所は既に指を迎え入れただけで、どろどろと愛液を垂れ流すほど昂ぶっており)
(胸の快感に翻弄されつつも、命令されたとおり一心不乱に自慰にふけっていく)

【おまたせっ】
【こっちこそよろしくね】

102 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/18(水) 00:11:16 ID:y6YpxaW0
>>101
おやおや、リンは甘えん坊ですね。
いいですよ、満足するまで撫でてあげます。
空っぽになるまで、何度でも撫でてあげます。
だから、全部捨てて、何もかも忘れてしまいましょう。
私に従う気持ちだけあれば、他は何もいらなくなっちゃいましょうね。
(愛らしい動物のように身を寄せてくるのを抱きしめてやりながら)
(頭を、毛を、肌を、ゆっくり、じっくりと撫で付けていく)

ふふ、心配しなくても大丈夫。
今から、薬が切れても空っぽで、私の命令だけを聞く奴隷ハンターにあなたを変えていってあげます。
私の言いなりになって、私に従って、命令を実行するたびに気持ちよくしてもらう牝人形。
いつも頭の中は蕩けていて、私の思うままに変わる忠実な奴隷。
それが、今からあなたがなるモノですよ。
嬉しいでしょう? 早くそうなりたいですよね?
牝犬の幸せに、ずっと浸っていたいでしょう?
(最初は舐めさせるに任せていた指は、暗示と共に口内に押し入って)
(舌と口内を蹂躙し、引き出し、指そのものの味まで覚えこませていって)

そうです。
早く、戻れなくなるほどに犯してもらいたいですよね。
おまんこ犯されて、私のモノになりたいですよね。
……ふふ、随分激しく乱れるんですね、リン。
胸が気持ち良いんですか?
それとも、おまんこが気持ち良いんですか?
それとも……これが欲しくてたまらないんですか?
(一度胸から手を離すとズボンの前を開き、ペニスを露出させ)
(リンの身体を抱え上げると、股の間からそり返ったそれを突き出す)
(淫水焼けした巨根は隆々とそそりたって、先端から先汁を流しながら太腿に卑猥な感触を送って)

いいんですよ、触って。
……触りなさい、リン。
チンポを触って、今からあなたを支配するものに、屈服するんです。
はしたない牝のおまんこ、犯してくださいってね。
(片手を胸から手を離すと、リンが肉棒に手を触れた瞬間に合わせて、クリトリスを捻る)

103 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/18(水) 00:52:58 ID:UzyLu4eN
>>102
だってぇ…すっごい気持ちいいんだもの…
それにこうされてるとぉ…自分がどんどん牝になってくのがわかるんだ…
撫でられると…人間のボクが守ってたものが消えてって…
キミに従うだけの、どーぶつになっていっちゃう…
でもそれが幸せで、心地よくって……人間でいるのがつまらなくなってく…
ボクは牝犬…甘えん坊の牝犬…それ以外何にもいらない…
ご主人様に従う気持ちだけあればいいの…だから、他は捨てる…捨てなきゃっ…
(抱きしめられて幸せそうに笑いながら、リンは従順な牝犬になっていく)

あはっ…ありがとぉ…
ボク変えられちゃうんだぁ…
薬が切れても、今みたいに幸せな…キミの命令だけを聞く、奴隷ハンターになっちゃうんだ。
キミの言いなりになって、キミに従って、命令を実行する…するたびに気持ちよくしてもらえる…
いつも頭の中は蕩けていて…キミの思い通り…言いなりに変わっちゃう…
牝人形、忠実な奴隷…それにしてもらえるんだぁ…んんっ…ちゅう…
(口中を蹂躙する指に、従順に舌を這わせながら、強く吸い、味を覚えていき)
…ぷはぁ…うん、うれしい…奴隷ハンターにしてもらえるって聞いて、すっごく嬉しい…
不思議……人間をやめて、自分の意思を捨てて、人形になるだなんて、
ほんの少し前のボクだったら死んでも拒否してたはずなのに…今じゃ、こんなに素敵だって思えちゃう…
キミの言いなりの人形になるって言われて、ドキドキしてる…
奴隷ハンターになれるって聞いてわくわくしてるんだぁ…
(自分が洗脳されつつあるということでさえ、今のリンには快楽の源となり)

うんっ、うんっ…犯してぇ…ボクのこと、いーっぱい犯してぇ…
戻れなくなりたいっ…キミのモノになりたいっ…奴隷になりたい…
おっぱい気持ちいいっ…ぐにゅぐにゅ揉まれると、勝手に乳首が硬くなっちゃうし…
その乳首つままれて、しごかれると…声、でちゃうぐらい気持ちいいんだぁ…
おまんこも…きもちいい…キミに犯される準備だって想うともっと感じちゃうっ…
(完全に寄りかかったまま、リンは自慰というのは激し過ぎるぐらいの愛撫を続ける)
(バーナルドに見えるように、腰を突き上げ、ぼたぼたと愛液を垂れ流しながら、秘所をほぐす)

あ…あぁ…すごぉい…
ボク、はじめてみる…
おちんちん、こうなってるんだぁ…
おっきくて、熱くて、硬くて、臭くて、脈打ってて…とってもエッチ…
ひゃうっ…あぁんっ! 欲しい…欲しい、ほしいよぉっ…!
お願い…っ…お願いです、ご主人さまぁ!
この素敵なおチンポで、はしたないボクの牝マンコ、ぐちゃぐちゃに犯してください!
わんっ、わんわんっ…わぉーんっ…えへへっ…あはぁ…
(うっとりとした顔で肉棒をみつめ、先に溢れかえった汁を掬い、ペニスにすりつけていく)
(クリトリスを捻られた快感と、初めての肉棒の感触は、リンから僅かな理性さえも奪い取った)
(そしてバーナルドの――主人の命令に答え、犬の鳴き真似をしてまで、己の屈服を示し)

104 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/18(水) 01:00:16 ID:y6YpxaW0
【あまり進まなくてすみませんが、いい時間になったので今日はここまでで凍結してもいいでしょうか?】
【私は昨日お話したように、今夜ならば同じくらいの時間から空いています】
【それ以降ですと、来週になってしまいそうですが、どうでしょうか?】

105 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/18(水) 01:26:59 ID:9H4yz0wk
【気づくのが遅れてごめんなさい】
【もしよかったら、今晩も会いたいな】

106 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/18(水) 01:30:41 ID:y6YpxaW0
【いえ、ペースが長くなると、確認の頻度も落ちますからね】
【分かりました、それでは今日と同じ流れでお願いできればと思います】
【22時半にここか楽屋スレでお会いしましょう】
【今夜もありがとうございました、ご期待に添えていればいいのですが】
【それでは、おやすみなさいませ。また夜に】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

107 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/18(水) 01:37:07 ID:9H4yz0wk
【こっちこそよろしくね】
【ばっちり楽しませてもらってるよ】
【それじゃ、また今夜!】

108 :名無しさん@ピンキー:2010/08/18(水) 15:06:46 ID:6XExCSzy
アツイ

109 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/18(水) 22:30:32 ID:y6YpxaW0
【リン ◆NFzhLc2j2s さんとのロールの続きにお借りします】

110 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/18(水) 22:32:48 ID:9H4yz0wk
【スレをお借りします】
【っ…うー! 今日は負けないと想ったのに!】

111 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/18(水) 22:36:06 ID:y6YpxaW0
【こんばんは、リンさん】
【いつの間にそんな勝負になっていたんですか……】
【ともあれ、私の番ですね。今から準備をしますから、少し待っていて下さい】

112 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/18(水) 22:40:41 ID:9H4yz0wk
【だって、昨日は待たせちゃって悪かったし】
【それじゃ今晩もよろしくね!】

113 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/18(水) 23:02:37 ID:y6YpxaW0
>>103
おや、もうきちんとお礼が言えるんですね。
そうですよ、感謝してください。
命令を実行するだけの奴隷ハンターに変えてもらうのが、あなたは楽しみで仕方ないんですから。
こうやって、撫でて、吸わせて、味合わせてもらうのが何より嬉しい。
そうなんでしょう?
いいんですよ、それが当然なんです。
リンはそうなるために生まれてきたんです。
私のいいなり人形である、奴隷ハンターになるために育ってきたんです。
この大きな胸も、いやらしいおまんこも、ハンターとしての技も。
全ては、私に使ってもらう為に存在するんですよ。
だから、今支配されていくのが幸せでたまらない。分かりますよね?
(従順に自らの意思を捨てて、言葉に操られるままに変わっていくリンを見れば)
(それをより強く刷り込んでいくように暗示をかけて、思考を誘導していく)

そうです。
いま、リンは準備をしているんですよ。
私に犯されて、管理されるだけの存在に生まれ変わる為の準備です。
おまんこも乳首も、私に使われたいって、すごく喜んで、いやらしくなっていますね。
そんなに激しくかき回して、いつもこんなに激しくオナニーしているんですか?
いいんですよ、もっと激しくしても。
これからは私に使われる為に、いつでも命令一つで発情した牝犬になれなければいけません。
今までの自分は全てなくなって、私に仕える事があなたの全てになる。
人々を守る事なんて、私の命令に比べたらどうでもいい。
だって、こんなに気持ち良かったら、皆の事なんて考えられなくなっていますよね。
それは、あなたにとって取るに足りないから。だから、どうでもいい。
命令があれば、自分で殺す事だって簡単。
ほら、自分で言ってごらんなさい。そうすれば、もっと気持ちよくなれますよ。
(乳首とクリトリスを捻り、擦りあげながら、さらなる深みへと誘う)
(リンが誓いの言葉を口にすれば、その愛撫はさらに激しさを増して)

ええ、いいですよ。
後で咥えさせてあげますから、しっかりと味と臭いも覚えましょう。
でも、今は……こっちに欲しくて仕方ないみたいですね。
(竿の部分で下穿きの上から股間を何度も擦りあげる)
(さらに、胸を掴んで揉みながら上体を揺すってやれば、割れ目は布越しにペニスに何度も食い込んで)
(愛液と先走りが竿へと纏わりつき、淫らに照り光っていって)
さぁ、入れてあげますよ……。
リン。自分が今からどんな存在に変えられるのか宣言して、自分で下着の紐を解きなさい。
そうして、そのはしたないおまんこを自分で左右に開くんです。
きちんとできれば、あなたを支配して、私に忠実な奴隷ハンターにしてあげましょう。
(立ち上がり、リンの足を開いて太腿を下から支えると、姿見の前に移動して)
(肉棒の先端で入口を弄りながら、最後の宣誓を促す)


【それではよろしくお願いします】

114 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/18(水) 23:50:56 ID:9H4yz0wk
だって、ボク、嬉しいんだもん…
今でもこんなに気持ちいいのに、ずっとこんな気分で居られるだなんて…
脳みそが溶けたままの、君の言いなりの奴隷ハンターになったら、ボク、もっと気持ちよくなれる。
ぜーんぶ、キミがくれた薬のおかげ…薬でボクの頭、真っ白に漂白されちゃった。
真っ白なままのキミの言いなり人形に…奴隷ハンターになるために、ボクは生まれた…
おっぱいもおまんこも…ハンターとしての技も皆、キミに使ってもらうため。
今まで生き延びてきたのも、キミの所有物になるため。
一生懸命強くなったのも、キミの道具になるため
あれも、これも…経験も思考も、ボクの全部はキミのためのもの。
わかる…ボクが今こんなに気持ちよくって幸せなのは、キミの言葉が真実だってこと。
奴隷ハンターになるために生きてきたのが報われて、すっごく嬉しがってる…あはぁっ…

そうだね…
今、ボクがしてるのはただのオナニーじゃなくて…準備…あんっ…
キミに犯されて、管理されるだけの存在に生まれ変わる為の準備なんだ…
乳首もクリトリスも、こんなに硬くなってうずいちゃってる…
きっと君の言うとおり、奴隷人形になれるのを悦んでるんだ…んっ…んんっ…
おまんこも、ほら、こんなに喜んでる…
いつもはこんなふうにはしないし、おまんこも喜んでくれない…っ…
キミの命令ひとつで発情する牝犬になれるのが嬉しいから、こんなに激しくしても、気持ちよくなれるの…
(堕ちた笑顔で、愛液を巻きちらしながら、腰をカクカクと振って、主人に媚びる)

ボクは…今までのボクは消えて、キミに仕えるのがボクのすべてになる…
皆を守ることだって…キミの命令に比べたらどうでもよくなっちゃう…んだぁ…
ああ…はぁっ…なんだろぉ…取り返しのつかないことのはずなのに…何でそうなのか、思い出せない…
気持ちよくって、皆のこと、考えられないっ…顔も思い出せない…
何で、ボク、皆を守ってきたのかも…全部きえちゃったぁ…
…でも、それでいいんだよね…気持ちよければ忘れちゃうことなんて、きっとどーでもいいんだぁ…
キミの言葉は、どんなに気持ちよくっても忘れないもの…これはキミの命令がとぉーっても大事な証拠
皆のことは気持ちよくって忘れちゃうぐらいだから、どーでもいい…だから、殺しちゃうっ…!
っ…あはぁ…なんだろ…今、凄く気持ちよくなっちゃった。
ボクのなかの大事な部分が壊れて消えて、そこにどばって気持ちいいのが流れ込んできたみたい。
もっと欲しいなぁ…殺すっ! 殺す殺す殺す! 殺しちゃう! ご主人様に命令されたから殺しちゃう!

はっ…あぁ…んっ…くぅんっ!
うんっ…欲しいのぉ! おまんこに欲しくって仕方ないんだよぉ!
わんっ、わんわんっ…えへへ、マーキングしちゃお…ううん、ボクがマーキングされてるんだ…ああっ…
(自らの割れ目の中に、わざと下着を食い込ませるように何度も腰を肉棒に擦り付ける)
はぁい。
ボクはぁ…これからキミの奴隷ハンターに変えられます。
キミの言いなりになって、キミに従って、命令を実行するたびに気持ちよくしてもらう牝になります。
いつもボクの頭の中は蕩けていて、キミの思うままに変わります。
キミの命令に従うだけの存在で、キミの命令に従う以外何も考えません。
お薬が切れても、もう戻れません。ボクは奴隷ハンターになったままです。
ボクの一番はキミ。キミ以外、誰も何もいらない、村の皆もゴミクズみたいに殺せる人形になりますっ。
それがボクの望みであり、ボクが生まれてきた理由だからです。
ボク自身が望んだことだから、誰も元には戻せません。ボクは永遠に奴隷ハンターのままです。
…さあ、キミの…ご主人様のチンポで、ボクを屈服させてっ…!

115 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/19(木) 00:14:05 ID:vanzvnN1
そうですか……ふふ、とても可愛いですよ、リン。
そうやって、自分の中身を全部差し出して、私に媚びる様はとても愛らしいです。
これからは、あなたが培ってきたものを全部私が使ってあげます。
さっき言いましたよね、あなたはもっと強く、そして美しくなれる。
私に使われる事で、もっともっと役に立つ道具へと変わっていけるんです。
私の専属奴隷ハンターとして、私に使い込まれるのがあなたの幸せ。
これからは私の為に狩り、私の為に奉仕し、私だけのものに心も体も変わっていくんです。
(髪や首筋にも顔を埋めて、きつく吸ってキスマークを刻印しながら)

いいんですよ、思いだす必要はありません。
牝犬に思考は必要ありません。人形に過去は必要ありません。
だから、何も考えず、何も思い出せないまま、深いところに堕ちていきましょう。
ずぶずぶずぶずぶ堕ちて、私の言葉だけを空っぽの頭に詰め込むんです。
そう、あなたの淫猥な身体が管理されるのを待ちきれないように。
あなたの心も、私に管理されるのを待ちきれない。
だから……。
(殺す、と言ったところで耳朶に舌を這わせて、脳に直接注ぎ込むように囁く)
そうやって、心も準備していきましょう。
私に管理される為に、自分でもほぐして準備するんです。
命令に従って殺して、命令に従って股を開く。
そうやって、自分の身も心も管理されて、使われるのがあなたの使命。
そうなるのが気持ちいいから、あなたは私に命令されるだけで濡れてきてしまう。
いつでも、どんな事でも、私に命令されたくてたまらない。
命令が欲しい。命令されたい。

よく分かっていますね、リン。
そう、これからあなたの子宮にマーキングします。
あなたの一番奥、一番大事な場所に、私のものだって刻み付けてしまいます。
刻まれてしまったら、もうどうしようもない。
牝として本能で屈服して、何があってももう二度と戻れない。
私に全てを捧げた牝犬人形の奴隷ハンターとして、完成しちゃいます。
……ですが、そんな事はどうでもいいみたいですね。
いいえ、そうなるのは、今のあなたにとっては当然。
だから……屈服しなさい、リン。
(宣誓が終わると同時に、手から力を抜いて、リンの身体を落とす)
(浅く刺さっていたペニスは体重によって、一気に未開発な膣口を押し開き)
(容赦なく肉を割り開いて、張り詰めたカリで膣壁を削りながら処女膜を破り)
(さらにその最奥の子宮口にまで到達する)
さすが、鍛えているだけあって、よく締め付けてきますね。
あなたの気分はどうですか、リン?

116 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/19(木) 01:00:56 ID:pGzO+KOa
ボクはキミのペットなんだもの。
キミに媚びて、甘えて、命令に従うのは当然のこと。
キミがボクを使うのも、当然のこと。
ボクが培ってきたものは、全てキミのものになっちゃたんだから…あぁんっ…!
何のために強くなろうとしてたか、もう思い出せないけど…でも、もういいの。
今のボクが強くなるのは、キミにもっと使われるため。
奴隷ハンターとして使われるため。
それがボクの喜びなんだから…ああっ…あーっ…
(首筋を吸われながら、心地よさげに背筋を震わせ)

牝犬に思考は必要ない…人形に過去は必要ない…
キミの牝人形であるボクは…思い出す必要さえない…
もっと、もっと深いところに堕ちて…ずぶずぶ堕ちて…もっと空っぽになるのぉ…
この身体だけじゃない…ボクの心も、支配され、管理されたがってる…
キミの言葉にぎゅうぎゅうに縛られて、完全に支配される…
んんっ…はぁんっ…素敵…ボクはやくそうなりたい…
(脳に直接甘い毒を注がれたかのように、リンは声を震わせて喜びを表し)
身も心も管理されて、使われるのボクの使命、ボクの役割…。
管理されるのが、支配されるのが気持ちいいから、ボクは命令されるだけで濡れてきちゃう。
いつでも、どんな事でも、キミに命令されたくてたまらない。
ボクは道具で、奴隷だから、それはとっても自然なことなんだ…

ボクの子宮に…?
あはっ…そっか、それじゃ、もう絶対に戻れないね。
ボクの一番大事な場所を、ボクの身体の一番奥を、せーえきでマーキングされちゃうんだもの。
誰も洗い流せない、マーキングを解いてボクを君のモノじゃなくすることの出来る人は誰もいない。
ボクだって無理。牝として屈服しちゃって、本能的に逆らえなくなっちゃう…っ…!
…はっ…ああ、ああああああーっ!!
(一瞬でペニスに貫かれ、リンは悲鳴を上げる)
(全身を一本の槍で串刺しにされたような痛みに、リンは)
あ…あぁ…はい、とぉーっても、きもちいい、ですぅ…
いたいのも、くるしいのも、ごしゅじんさまに従う牝犬奴隷ハンターになれた証拠だからぁ…
ボク、ボク、気持ちよくって幸せで、どうしようもないよぉ…!
あぁーっ…ご主人様ァッ!!
(血と愛液の混合物をばらまきながら、リンは肉体奉仕を開始する)
(破瓜の痛みは、洗脳されたリンにとって主人への献身を示すものに他ならず、聖なる快楽の源泉ですらあった)

117 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/19(木) 01:05:00 ID:vanzvnN1
【すみません、今日もここまでで凍結してもらっていいでしょうか?】
【次回は、来週の火曜か木曜の22時以降なら時間が取れると思います】

118 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/19(木) 01:10:19 ID:pGzO+KOa
【うん、わかった】
【そしたら、来週の火曜日に会えるかな?】

119 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/19(木) 01:13:37 ID:vanzvnN1
【ありがとうございます、それでは来週の火曜日22時に、ここか楽屋スレでお会いしましょう】
【あと2、3回で上手くまとめられればと思いますので、よろしくお願いします】
【それでは、今夜もお疲れ様でした。おやすみなさいませ】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

120 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/19(木) 01:25:15 ID:pGzO+KOa
【うん、お願いします】
【また立派な催眠人形に躾けて下さい…なんてね】
【それじゃお疲れ様でした。おやすみなさい】

121 :名無しさん@ピンキー:2010/08/20(金) 14:27:13 ID:up5/Qlxj
アツイ

122 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/24(火) 22:02:42 ID:Cbbc6kDX
【スレをお借りしまーすっ!】

123 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/24(火) 22:09:00 ID:pLaSXUh7
【スレをお借りします】

>>122
【こんばんは、リンさん。今日は負けてしまいましたね】
【今丁度戻ってきたので、少し時間を頂けますでしょうか?】

124 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/24(火) 22:16:21 ID:Cbbc6kDX
>>123
【えへへ、やったぁ!】
【うん、急がないで、ゆっくり書いてくれていいよ!】
【待ってる時間も結構楽しいし】

125 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/24(火) 22:24:27 ID:pLaSXUh7
>>124
【分かりました、それではお言葉に甘えて、少々準備をしてから書き始めたいと思います】
【それでは、今夜もよろしくお願いします】

126 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/24(火) 22:57:29 ID:Cbbc6kDX
>>125
【こっちこそよろしくね】
【それじゃ今日も楽しもっ!】

127 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/24(火) 23:00:21 ID:pLaSXUh7
ええ、そうですよ、リン。
これまでも、これからも、あなたの全ては私の為にあります。
ふふ、だから、今、私のものだという跡をつけてあげました。
マーキング、されちゃったんですよ。
あなたが私のものだって、誰にでも分かるための印です。
(幾つもキスマークを刻んでは、その跡を執拗に舌で舐めて)
ちゅ……これからも、色んな場所にたくさん刻んであげましょう。
あなたの体に、私のものでない場所なんてないと、自覚できるように、ね。

そんなに心配しなくても、あなたの心は今この瞬間も私に絡めとられていっています。
ぎゅうぎゅうに括られて、自由を失っていっていますよ。
でも、それが嬉しい。私に管理されて、不自由になればなるほど、幸せ。
そう感じるように変えられていくことすら、感じてたまらない。
もう、リンはそういう生物になりかけているんです。
だから、ただ私の言うとおりに変わっていけばいいんですよ。
(首から耳朶へと舌を這わせて、耳の中に暗示と水音を洪水のように流しこみながら)
(リンの思考が染まり、自分の言葉に溺れていく様子を堪能して)
(体の刺激に気を取られないように、やわやわと胸を揉み立てていく)

ふふ、もう気持ち良いんですか?
私のいいなりになる事が気持ちよすぎて、痛いのも気持ち良いんですね。
その調子ですよ、リン。
私にしてもらうことは、なんでも気持ち良い。
体が痛くて、苦しくて、悶絶しそうでも、気持ちよくて幸せ。
心が痛くても、辛くても、悲しくても、気持ちよくて幸せ。
狩りで痛みを覚えても、命令に従うのは気持ち良い。
命令で友人を殺しても、命令に従うのは気持ち良い。
命令に従ってご褒美をもらうのは、もっと素敵。
自分が牝犬ハンターだって、人形奴隷だって、自覚できるから大好き。
その中でも一番気持ちよくて、幸せで、頭が真っ白になってしまうのは……。
(背後から一転して荒々しく胸を揉みしだき、未開発な秘所をゴリゴリと抉りたてて)
(身体を持ち上げて自然落下させて、子宮の入口をグリグリと拡張させながら)
(何度も何度も腰を往復させて、膣を犯しつくした後に、一際深く繋がって)
(一気に粘ついた精液を子宮へと注ぎこみ、同時に刻み込むように囁く)
子宮に射精されて、マーキングされる瞬間です。
そうでしょう、リン?

【大変お待たせしました、それでは今夜もよろしくお願いします】

128 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/24(火) 23:41:05 ID:Cbbc6kDX
うん…ボク、マーキングされちゃったぁ…
体の奥の方も、頭の中も、全部ご主人様の物だって、印をつけられちゃった。
だから、ボクはご主人様の道具…ご主人様の命令に必ず従う奴隷人形…っ…
はうっ…くぅんっ…ボクの体に、ご主人様の物じゃない場所なんてありません…
ボクの腕は、ご主人様の敵を殺すためにあります…
ボクの唇は、ご主人様に忠誠を誓うためにあります…
ボクの頭は、ご主人様の命令を果たすためにあります…
ボクのおっぱいも、おまんこも、おしりも、全部、ご主人様に悦んでもらうためにあります…
だからぁ…ボクの身体に、いーっぱいご主人様の印、刻んで下さいっ

あぁ…うん、わかる、わかるよぉ…
頭の中、ぐちゅぐちゅにされて書き換えられてくのが、すッごく気持ちいい…
ご主人様がボクを騙して近づいたのも…ボクが洗脳に余計な警戒心を抱かないため…
ボクに実験中の試薬だっていったのも、ボクをスムーズに洗脳してくれるため…
頭の中がご主人様への感謝と忠誠でいっぱい…全身がふわふわしてるよぉ
こんなに幸せになれるなら、自由な心なんていらない…ひんっ…管理される幸せの方がいいのぉ…
(蕩けた笑顔でバーナルドを見つめながら、腕の中で気持ちよさそうに身体をくねらせる)
(くちゅくちゅと耳の中で響く音は、リンにはまるで自分の脳が溶かされてるようにすら思え)

う、うん…気持ちいい…
ご主人様のいう通りの存在になれるのが嬉しくて、気持ちいいのぉ…
痛いのも苦しいのも、自分が生まれ変わってる証拠だって思うと気持ちよくてたまらない…
はぐぅ…ひぃんっ…で、でも…もっと幸せな存在になれるんだ…
痛くて、苦しくても…それがご主人様の命令なら、気持ちよくて幸せ…。
どんなに辛くても、悲しくても…それがご主人様の命令なら、気持ちよくて幸せ。
狩りで怪我したって、命令に従った結果なら、それが気持ち良い…ひんっ…!
あうっ…く…と…友だちを殺したって、命令に従った結果なら、それが気持ち良い…!
ぐっ…ぅ…ぅんっ…でも…命令に従ってご褒美をもらうのは、もっと素敵…!
ボクが…牝犬ハンターだって…人形奴隷だって…自覚できるから大好き…っ…!!
あぁ…好きっ…大好きぃ…ご褒美、大好きぃっ…!!
(不慣れな膣を拡張される苦痛すら、献身の悦びと未来の自分への期待の前では快楽と変わる)
(それはリンがバーナルドの暗示を完全に受け入れ、その人形と化した証でもあった)

あ、ああっ…あ…あ…
これが…せーえき…熱くて…どくどくって…流れ込んで…どろって…流れて…
まーきんぐ…ボク、まーきんぐされて…っ…!
…っ…あ、あ、ああああっ! すごいっ、すごいのくるっ!
ゾクゾクって、今までと比べ物にならないぐらい! きちゃう! まっしろになるっ!!
すきっ! これすきっ! まーきんぐ大好きっ! 虜になる! せーえきの奴隷になるっ!
ボク、ボクは、は、はぁっ、あぁぁぁぁあああああーっ!!
(膣内を満たすあつい液体が精液と知った瞬間、全身をびくびくと震わせ)
(はげしい絶頂の中、自我を手放し、洗脳の甘美な快楽の中にすべてをゆだねて行く)

【こっちこそ、よろしくっ!】
【…と言っても、今日か次ぐらいで終わりなのかな。…ちょっとさびしいな】

129 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/25(水) 00:10:47 ID:SMfjWo89
(自ら暗示の言葉を消化して、自分に相応しい、適した言葉へと置き換えていくリン)
(それは、人形として奉仕することに喜びを感じる自我がしっかりと根付いてきた証で)
(その様子に満足そうに頷きながら、人差し指を戯れに下着に潜り込ませて、肛門の周りを弄って)
まったく、リンは淫乱な牝犬ですね。
お尻にもマーキングが欲しいんですか?
それでは、おまんこでしっかりと奉仕が出来るようになったら、ここも使ってあげましょう。
それまでに、自分でしっかりと穿って、開発しておくんですよ?
ご主人様に気持ちよく使ってもらうのも、人形の大事な役目ですからね。

ふふ、そうそう。
そう思うたびに、ぐちゅぐちゅになった頭の中身は、そう変わっていきますからね。
そうなったら、もう抜けられない。抜けようとも思わない。
もっともっと、私に洗脳して欲しくなる。
どんな手段で、どんな風に変えられてしまっても、受け入れる。
受け入れるしかない人形になっていきますよ。
毎朝、今日はどんな風に管理されて、調整されるのか。
それを思うだけで頭とおまんこが蕩けてドロドロになる。
そんな洗脳フェチの変態ハンターになっていきましょうね。

あなたはご褒美が大好き。
おっぱいを揉まれるのも、おまんこをゴツゴツ抉られるのも、敏感なクリトリスを弄られるのも。
命令を実行して、ご褒美をもらうたびに、リンの洗脳は深まります。
マーキングされるたびに、もっと変態になる。
私以外の事はどうでもいい存在になっていく。
洗脳されるのが好きで、もっと管理されたくてたまらなくなる。
管理されていないと、命令を実行していないと落ち着かない。
いつも命令されて、それに従っていたい。
狩りも、食事も、睡眠も、排泄も、セックスも、全て私に管理されるんです。
想像するだけで、イキそうですよね?
いいですよ、リン。イキなさい。
(深く膣を犯して、開発を進めながらも、命令だけでの絶頂を試して見て)

さぁ、注がれちゃいましたね。
奥まで、どぷどぷって、マーキングされました。
一番大切な場所を支配されて、頭の中もぐちゃぐちゃになるまで弄られて。
もう、あなたは元には戻れない。
これからは、私の忠実なる奴隷ハンターとして、命令を実行する為の存在になります。
さぁ、リン……まずは、オチンポにお礼をしなさい。
残った精液を、啜って味を覚えるんです。
チンポと精液の味を覚えて、それを反芻していつでも絶頂出来るようになりなさい。
(精液と血の混じった液の糸を引きながら、肉棒を引き抜くと)
(ベッドにリンを横たえてから、その鼻先に僅かに萎えた、きつい性臭を放つそれを突きつける)


【そう、ですね……ふふ、名残は惜しいですけれども】


130 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/25(水) 00:48:14 ID:W7/Km63G
欲しい…欲しいよぉ…
お尻だけじゃない…ボクの全身、好きなように使って、マーキングして欲しい。
ボクの全身にご主人様のせーえきの良い匂いたっぷり染み込ませて、
ボクが自分の身体を好き勝手できるとか、自分で好きなように考えて良いとか勘違いしないよう
たっぷり躾けて欲しいよぉ…そのためなら、なんでもする…たっぷり穿って、開発しとくからぁ…
ボクの身体つかって満足してもらえるよう、努力するからぁ…
(下着の中に入ってきた指に手を添えるが、それは拒むためではなく、抱きすがるための動きであり)
(暗示と性的快楽に心を囚われたリンの秘所はすでに愛液でどろどろになっていた)

うん、もう、はっきりとわかる…
ボクはもう洗脳の気持ちよさに嵌っちゃったし…きっともう一生抜け出せない。
だって、ボク、もう決めたから…
ボクはご主人様の奴隷ハンターだから、ボクの報酬はご主人様のくれるご褒美だけ…
狩りから帰ってくるたび、何度でも洗脳してもらうの…
ギルドのくれる報酬も、報奨金も全部捧げて、名誉も全部上げて、その代わり洗脳をおねだりするんだ…
洗脳フェチの変態ハンターになって…洗脳とご褒美だけ楽しみにして、狩って、生きるの…

ボクは…ご褒美が大好き。
おっぱいを揉まれるのも…おまんこをゴツゴツ抉られるのも…
ク、クリトリスを弄られるのも…みんな大好き…
命令を実行して気持ちよくなって…大好きなご褒美をもらうと…ボクの洗脳はどんどん深まっちゃう…。
マーキングされるたびに、もっともっと…変態に…洗脳フェチの変態ハンターになる…
ご主人様以外、どーでもよくなる…
洗脳されるのが好きで…もっと管理されたくてたまらなくなっちゃう…
管理されていないと…命令を実行していないと落ち着かない…
いつも命令されて…それに従っていたい…まるでお人形さん…。
狩りも…食事も…睡眠も…排泄も…セックスもっ…全て管理されるっ…
うんっ…イキそうっ…ワクワクしてドキドキしてゾクゾクして、もう何て言えばいいか、わからないっ…!
イクっ…イッちゃう…洗脳される自分想像して、イッちゃう……うぅうううーっ!
(全身をぎゅっとこわばらせて想像だけで絶頂に達する)

………うん、注がれちゃったぁ…
奥までどぷどぷ注がれて…体の奥にマーキングされちゃった…
一番大切な場所を支配されて…頭の中もぐちゃぐちゃになるまで弄られたから…
もうボクは戻れない…変わっちゃう…
忠実なる奴隷ハンターに…命令を実行する為の存在になっちゃう…
(ベッドに横たえられ、すっと眠るように瞼を閉じる)
(時間にすればほんの一瞬だが、決定的な瞬間をリンは迎え…再び、目を開いた)

はいっ。ご主人様。
ご主人様のおチンポにたーっぷりお礼します。
ご主人様のおチンポとせーえきの味を思い出すだけでイッちゃえるぐらい、味わってお礼しますね!
じゅる、ぴちゃっ…ちゅうっ、ちゅっ、ちゅ、ちゅーっ…はぁっ…おいしっ。
これがボクを奴隷に変えたチンポと、ボクがご主人様に自分を捧げた証の味なんだね。
(にっこりと笑いかけ、主人の肉棒にしゃぶりつき、亀頭にキスの雨を降らせる)
(今のリンの快活さはむしろ洗脳前のリンに近いが、その行動はかつての彼女ではとてもできない行為)
(洗脳が、薬の影響を超えて完全に定着した、その証だった)

【…そうだね】
【もし良かったら、また別の「ボク」を洗脳して欲しいなぁ…なんてね】

131 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/25(水) 01:19:54 ID:SMfjWo89
(うわ言のようにさらなる洗脳を求めながら、自ら手を誘導していく様子からは)
(既に、以前の無垢で快活な少女の面影は感じられず、それゆえに不相応な懇願は一段と淫らで)
いいですとも。
ですが、マーキングのご褒美が欲しいなら、たくさん命令を実行しないといけません。
命令を実行するたびに、体の一箇所ずつ、マーキングしていってあげましょう。
足のつま先から、頭のてっぺんまで、あなたの体の隅々まで、印をつけてあげます。
あなた自身が持っている場所なんて、一つもない事を、ゆっくり教え込んであげましょう。

きっと、ではなく絶対、ですよ。
あなたは一生、私に仕える為だけに生きるのです。
ふふ、命令されて狩りをして、帰ってきてご褒美をもらったら、実感できますよ。
自分は何のために生きているのか。
洗脳のご褒美と、命令を実行する事だけが生きがいの人形ハンターだって、すぐに理解できます。
そして、理解できたら、もう二度と私には逆らえない。
逆らうと言う思考そのものが不可能になります。
楽しみですね。

それが、人形としての幸福ですよ。
幸せすぎて、言葉に出来ないですよね。
ただ、気持ち良いってことだけが、頭の中身を支配する。
それが、私の支配です。
これであなたは、私に洗脳される幸福を、はっきりと感じられました。
感じてしまったら、もう他の幸せなんて考えられない。これ以上の幸福なんて存在しない。
だから、唯一絶対の幸福の為に、どんな事でも出来るようになる。
私に言われるがままに、思考を放棄して、身体が自動的に反応するようになります。
そうやって、自分をなくして、お人形になるのが自然なあなたの生き方です。

上手くいったようですね。
薬もそろそろ切れた頃ですし……リンは、とても飲み込みがよかったですから、ご褒美をあげましょう。
命令を上手く実行できた人形ハンターは、ご褒美がもらえます。
それでは、生まれ変わったリンに、最初の命令です。
あなたがどんな存在になったのか、どうやって変えてもらったのか。
そして、今後私に仕える牝犬として、できるだけ淫らに精液を求めながら忠誠を誓いなさい。
命令を実行できれば、最初のご褒美を与えます。
今日は特別に、好きなだけイッていいですからね、さぁ、始めなさい、リン……。
(舐めている間にガチガチに勃起した肉棒を軽く扱いて見せながら)
(自らが洗脳された変態であることに感謝と忠誠を捧げるよう命じる)
(そして、それが完了すると同時に、開かれた口へと精液が注がれ、最初の餌付けが行われるのだった)


【お誘いは嬉しいですが、同じ組み合わせではロールに幅を出すのも難しいでしょうし】
【それに、きっと他にもたくさんあなたを飼いたいという人がここにはいると思いますよ?】
【またタイミングが合えば、お願いしたいとは思いますけれども、ね】
【さて、私からはこれで締め、になるでしょうか】

132 :リン ◆NFzhLc2j2s :2010/08/25(水) 01:57:21 ID:W7/Km63G
うん…うんっ…何でも言うこと聞く…
どんなことでもする…
欲しいものがあったら採ってくるし、どんなモンスターだって狩って来る…
村の皆を騙すのだって、仲間を殺して奪い取るのだって…今のボクならできる…
だから…マーキング、ちょうだい。
ボクがボクの好きにできるとこなんて何にもないってこと、体に刻み込んで…

そっかぁ…ボクは奴隷だもの、ね。
奴隷はご主人様に一生仕える…ご主人様に一生使われる…
それってきっと、とっても素敵な一生だよ。
だって、今のこんなに幸せな気分がずっと続くってことだもの…
だから、早く実感させて欲しい。
ボクが、洗脳のご褒美と命令を実行するためだけに生きてる人形ハンターだって理解させて欲しい…
二度と逆らえなくなって、逆らうことを思いよりもしないぐらいに…きつーく実感させて欲しいなぁ…

はぁ…あ…はぁ…これが…ご主人様の支配…
素敵…考えるだけでイッちゃえるなんて…初めて…なのに…
自分でシたときより…ずっと深くイッちゃった…今も…気持ちいいの続いてる…
こんなの知っちゃったら…もう戻れない…
初めて誰かを助けられたときより…村の皆に感謝されたときより…
…今の方がずっと気持ちよくてうれしいんだもの…
ボクはもう、この気持ちよさのためなら何でもしちゃう…ご主人様の操り人形になる…
でも、それが自然なこと…ボクの最初から決まってた運命なんだ…ぁ…
神様、ありがと…ボク、幸せだよぉ…

ご褒美? それって…えへっ、欲しい、欲しいっ!
ボク、これからも良い子にします、ご主人様の言うこと聞く良い子にします!
だって、ボクはそういうふうに変えられちゃったんですから。
今のボクは、ご主人様の奴隷ハンター、命令に絶対服従のお人形さんです。
ご主人様に洗脳されて、今の私に変えてもらいました。
頭がとけちゃうお薬を飲まされて、催眠術もかけられて、頭も心もどろどろにされちゃいました。
気持ちいい催眠状態の中で、何個も暗示を埋め込まれて、完全に洗脳されちゃいました。
だからお薬が切れて、催眠状態が解けても、ボクは洗脳されたままだし、洗脳を解いて欲しいとも思いません。
ボクの頭の中はご主人様の命令とご褒美のことでいっぱいで、余計なものは入りません。
こうしてご主人様のオチンポ様を見てると……はぁんっ…ちゅっ…オチンポとせーえきで頭がいっぱいです。
早くこの口をご主人様に捧げたい。口マンコでご奉仕したい、そしてせーえきでマーキングして欲しい。
そしたらもっと洗脳されちゃうから。せーえき注いでもらうたび、どんどん洗脳されちゃうから…っ…!
リンは、ご主人様に忠誠を誓いますっ。せーえきが報酬の奴隷ハンターになります!
だから、せーえき、たっぷり飲ませてくださいっ!

っ…あ、きた…はっ…ああああああーっ…!
おいしぃ、せーえき。くちゅくちゅってして、たっぷり味わっちゃおっと。
あはっ、あはははははっ!
(口中に精液を注がれ、うっとりと笑うリン)
(その名がハンターギルドから消え、犯罪者として登録されるまで、そう長い年月はかからなかった)

【そっか。残念】
【っ…そう言って貰えるってことは、キミは満足してくれたってことかな? だったらうれしいな】
【そうだね、またどこかで、今度は違う名前、違うキャラかもしれないよ】
【とりあえず、ボクもこれで締めだね。待たせちゃってごめん】

133 :バーナルド ◆dePqX4jKMY :2010/08/25(水) 08:08:21 ID:SMfjWo89
>>132
【最後の最後で寝落ちしてしまい、申し訳ありません】
【もちろん、最後まで楽しませて頂きました、ありがとうございます】
【以前に中途で終わっていたのが引っかかっていたので、最後まで出来てよかったです】
【また機会があれば、よろしくお願いします。ありがとうございました】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

134 :名無しさん@ピンキー:2010/08/25(水) 10:57:20 ID:Hx7jM1kL
アツイ

135 :如月 瑞穂:2010/09/11(土) 01:35:42 ID:dtEXP7aq
名前: 如月 瑞穂(きさらぎ みずほ)
年齢: 16
身長: 155
体重: 49
髪型: 肩口までかかる長いロングヘアー
性経験: なし
性格: おしとやかで丁寧な物言いをする。
服装: 私立学園の学生服(ブラウス及びスカート)/私服(白いキャミソールに同様のスカート。
    日中が暑いせいか常に日傘を持ち歩いている
身体的特徴:まだまだ発展途上。すらりとしたスタイルとやや大きめのバストが特徴
MCの希望:拉致誘拐され、機械や薬物等を用いて従順な人形にされたいです。

【待機しますね。】


136 :名無しさん@ピンキー:2010/09/11(土) 01:46:57 ID:1FuqeJR/
【こばわー】
【いいかな?】

137 :如月 瑞穂:2010/09/11(土) 01:53:11 ID:dtEXP7aq
【お返事遅れました。こんばんわ。】
【お相手の方ですね?此方こそ喜んで。】

138 :名無しさん@ピンキー:2010/09/11(土) 01:57:49 ID:1FuqeJR/
【ごめん】
【眠気に負けそうなのでやめておきます】

【またーノシ】

139 :如月 瑞穂:2010/09/11(土) 02:02:42 ID:dtEXP7aq
【解りました。時間も遅いですしね。また機会があれば。】
【NGを書くのを忘れていました。スカトロ・切断系などの猟奇的表現は避けて欲しいです。】


140 :如月 瑞穂:2010/09/11(土) 02:37:24 ID:dtEXP7aq
【待機解除します。】

141 :名無しさん@ピンキー:2010/09/11(土) 10:28:48 ID:bzUvUUs/
真夏日

142 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 13:00:08 ID:tdyfwl5N
【猛暑日は過ぎてもまだまだ真夏日ですね確かに。】
【上記シチュで待機しますね。鳥もつけてみました。】

143 :名無しさん@ピンキー:2010/09/12(日) 13:10:09 ID:n61Gi127
【こんにちはー】
【何かぜんぜん涼しくなる気配がないんですが今日も】
【ちょっといいかな?】

144 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 13:13:27 ID:tdyfwl5N
【そうですよねぇ。夜になると随分変わってくる物ですがまだまだ暑い日が続きます。】
【あ、はい。此方こそよろしくお願いしたいです。】

145 :名無しさん@ピンキー:2010/09/12(日) 13:25:36 ID:n61Gi127
【あ、ごめんなさい。ちょっと所用で席離れて反応遅れちゃった】
【どうもすいませんね、まだいらっしゃるかな?】

146 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 13:29:52 ID:tdyfwl5N
【まだ居ます〜。】
【舞台設定如何しましょうか?シチュは上記通りなのですが、】
【制服姿にしろ私服姿にしろ、外室中にって流れが自然ですよね。】


147 :名無しさん@ピンキー:2010/09/12(日) 13:35:44 ID:n61Gi127
【あ、よかった。ほんとごめんないさい】
【そうですねえ】
【上記のシチュだと下校途中に拉致ところから始めるのがオーソドックスな展開かな】
【拉致方法は普通に無理矢理誘拐でもいいし】
【機械か薬物で簡単な暗示をかけてつれさるのもアリかなーとも思うんですが】
【その辺設定的にどうですかねえ】

148 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 13:40:46 ID:tdyfwl5N
【いいですね。無理矢理よりもそう言った少し特殊な拉致方法の方が個人的にはいいです。】
【拉致された場についてからは完全な洗脳を…という感じでしょうか。】
【では下校途中にという形でスタートしたいと思います。】
【書き出しの方は私からで宜しいでしょうか?】

149 :名無しさん@ピンキー:2010/09/12(日) 13:48:08 ID:n61Gi127
【問題が無いようなら何よりです。】
【そうですね、とりあえず軽く意識を奪う程度の感じで】
【あ、お願いします。】
【あと洗脳方法の方で細かい希望とかあったらどうぞ】
【個人的には機械は人格ごと書き換え】
【薬物だと性癖を刷り込みみたいなイメージがありますが】

150 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 14:06:18 ID:tdyfwl5N
九月半ばにもなろうかと言うのにどうしてこうも暑いのでしょうか…
私が生まれた年頃はこんな毎日が真夏日・猛暑日だ。なんて事はあまりなかったと言いますが
今となって本当だったのかさえ疑わしいですね。
(時刻は丁度学生諸君が帰宅する時刻。親しい親友達と別れ一人大通りを歩く女学生が一人。)
(白人のように透ける白い肌に長い黒髪。道行く男性からの視線を時折感じながらも無視して。)
(そんな彼女の名前は如月瑞穂。地元の私立校に通う女学生で、学園内でも密かにファンクラブがあるとかないとか。)

…ふむ。たまには此方の道から帰るのも悪くはないですね。
それに時刻もまだまだ明るいですし。
あ、でも最近この辺りで不審者が居るって先生がおっしゃってましたね…
でも、大丈夫ですよね。うん、大丈夫大丈夫。
(大通りを歩く中、ふと木陰の出来た路地に目をやる。普段ならば人の多い大通りを通る。)
(主な理由として不審者に声をかけられても大通りならば、人目がつくからだ。)
(けれどもこの日は余りの暑さから家に早く帰りたいという願望と、その道を通れば家までの距離が近くなるという点から選択したのだった)
(一人そう呟けばその薄暗い路地へと入っていく。)

【お待たせしました。それではよろしくお願いします。】
【個人的には機械による人格の書き換えでしょうか。】
【怪しげなカプセル等に入れられて四肢を固定されてといった感じで。】
【薬物等も併用してもらって構いません。】

151 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 14:37:24 ID:n61Gi127
(日差しを避け、薄暗い路地を急ぐ少女の目の前に)
(薄暗い、路地の影から姿を現したスーツ姿の男が姿を現す)
(くたびれたサラリーマンのような、どこにでもいるような容姿と雰囲気を持った男だが)
(薄暗い路地の中では、他に人影が見えないことも手伝って)
(何所か不気味な雰囲気も感じ取れる)

すいません、ちょっとお聞きしたいのですが…よろしいですか?
このあたりの道にはあまり詳しくなくて。
いろいろと探してはみたんですが、どうにも目的の場所にたどり着けないんですよ。
もし急ぎでなければ、道を教えてもらえませんか?
(特に変哲も無い、何所にでもいそうな普通の男であり)
(発する言葉も特に可笑しな所は見受けられない)
(ゆっくりと少女のと距離を詰めて、懐から地図とボールペンのような何か…ペンライトだろうか)
(それらを取り出して、目的の場所らしき箇所を指し示し、問い掛けてくる)

ほら、ここなんですよ。ご存知ありませんか?
(言って、自然な動作でペンライトを瑞穂の目の前にかざした)
(彼女の眼球にその光が入り込んだ時…)
(彼女の思考能力は、その光によって麻痺させられた)

…さて、それではご同行願えますか。
あまりゆっくりしている訳にもいきませんからね。
私の手を離さないように。
(彼女の手を取って、予定のとおり待たせている車へと向かおうとする)

【ちょっと確定はってしまったかもしれませんが、こんな感じでどうでしょうか】
【シチュの方については了解です】
【では、よろしくお願いしますね】

152 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 14:55:21 ID:tdyfwl5N
(路地を歩き、何事もなく抜けようとしたその時だった。)
(目の前から場所に似つかわしいスーツ姿の男性が此方へと近づいて来る)
(少し俯き加減で見なかった事にして素通りしようとするが、呼び止められてしまい)

あ、はい。
この辺りの道、ですか?でしたらお教え出来そうではありますが…
(近づき改めて見やれば一見すれば何処にでも居そうなサラリーマン風の男)
(だが、心のどこかでこの男を警戒しているのか遠慮がちに接してしまう)
(取り出された地図を恐る恐る見ると、そこは確かにこの周辺の地図の様だった)
(薄暗い事もあるのか、ペンライトをかざす男は目的地と思しき場所を指す。)

あ、この場所なら此処からすぐ近くですよ。
えっとですね。まずこの路地の場所がこの場所でして。すぐ右手に……
あ、れ……ぅっ、ぁ…
(若干警戒心を解いたのか、指定された場所を丁寧に男に伝えていくが)
(ペンライトの光が視界に入ると次第に瞼が重くなり、思考が纏まらなくなっていく)

ご同行……?はい。わかり、ました。
手を離さない…様に、ですね?こう、でしょうか。
(何故か男の命令を受け入れなくてはならない様な錯覚に陥り)
(言われるままに手を繋いでしまう。そして路地から抜け出ればすぐ近くには車が待機していて)
(導かれるままに、車に押し入れられ、そしてこの街から瑞穂の姿が完全に消えるのだった)

153 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 15:37:29 ID:n61Gi127
ここまでくれば安心ですね。
まだ例の場所に着くまでは時間がありますし…そうですね。
せっかくだから、少し貴女の話を聞かせてもらいましょうか。
ええと… 如月瑞穂さん、でしたっけ?
(男の仲間だろうか、待たせていた運転手の男に車を出すように指示を下すと)
(一時的に思考能力を奪った少女からとりあげたた生徒手帳を眺めながら)
(隣に座らせた彼女に言葉をかける)

いやあ…それにしても、見事な胸ですね。
サイズはいったい、いくつあるんです?
誰かに触られたことは、もうあるんですか?
(何所か品定めをするような目つきで)
(無遠慮に体を撫で回しながら、卑猥な質問を、次から次へと浴びせかける)
(今の状態の瑞穂なら拒絶されることは無いと踏んでの事なのだろうが…)
(彼女の状態の如何によって、瑞穂をどう扱うのかを思案している様でもあった)

ふうむ…ああ、着きましたよ。
それでは着いて来てもらえますか?瑞穂さん。
(何所かは判らないが、寂れた施設へと手を引き少女を連れ込んでいく)
(目的の部屋へと向かう途中、瑞穂と同じような経緯で連れ込まれたのか)
(虚ろな目をした、しかし何所か男に媚びた視線を送る少女達と何度もとすれ違う)

【確認を忘れてましたが、本日のリミットと凍結の不可はどうでしょうか】
【それによってロールの内容も考慮しなくてはならないので】

154 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 16:01:36 ID:tdyfwl5N
私の話…ですか?わかりました…。
はい、私は如月 瑞穂と申します……。
(脳が麻痺しているせいか、車へと押し込められたにも関わらず騒ぐ事はなく)
(男の存在や語りかけに対しても別段不審に思う事はなく返事を返してしまう)
(瞳は何処か虚ろでいて少し眠たそうにもしている)

有難う御座います…。
サイズ…ですか?んぁ、バストは…81…です。
その、まだ誰にも触れられた事はない、ですね。
(男の視線は明らかに蒸気を逸脱しているが今の瑞穂は思考がぼやけた状態の為か嫌悪感さえ覚えず)
(無抵抗のままに身体を弄られるが精々か細い声を上げる程度で)
(完全に放心状態なのか、常に虚空を見つめ、質問がされない限りは時折苦しむ様な表情を見せるが無口を決め込んで)

…あ、は、い。解りました…。
(車から下ろされた時には辺りは完全に暗くなっていて)
(目の前には寂れた建物があるが中に導かれるままに入れば、そこは外装とは違い無機質名機械類が所々に設置された場所)
(手引きされる中、場所に似つかわしい存在と出くわす。それは自身と変わらぬ歳頃の少女達で)
(ただ、どこか虚ろな視線を称え、卑猥な衣服に身を包んでいる彼女等は此方を見れば妖艶とも取れる笑みを見せて)
(その視線を背中に受けながらも瑞穂は男に手引きされ目的の場所へと連行されていく)

【リミットは夕飯時でしょうか。その後も一応はロール可能です。】
【凍結も可です。ゆっくり回してもらって構いませんよ】

155 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 16:25:55 ID:n61Gi127
>>154
けっこうギリギリでしたね。
途中で暗示が解けていたら、厄介な事になるところでした。
(そしてたどり着いた部屋は…何かの医療機器なのだろうか)
(人一人を丸ごと包み込めそうなカプセルと、それを制御する為の機器が備え付けられた)
(機器で埋め尽くされた所だった)
(丁度瑞穂の到着を待ちわびていたかのように、ゆっくりとカプセルが開いていくのがみえる)

ああ、ちょっと腕をだして楽にしてくださいね。
チクッってしますから。
(どういった類のの薬品かは判らないが…部屋にいた男の仲間らしき人物から受け取った)
(注射器に込められた薬液を、瑞樹に投与する)
(これから行う作業の、何らかの下準備なのだろうか)
(…少なくとも、今のところ彼女の体調に変化は無いように見える)

…ああ、そろそろ時間的にも暗示も解けそうな頃合ですねえ。
瑞穂さん、そこにあるカプセルの中に入ってもらえますか?
(時間を確認し…急かすように、指示を下す男)
(男の危惧したとおり、彼女に施した簡易的な催眠にも限界が訪れつつあるようだ)
(それを見越してかどうか、カプセルの中には中に捉えられた者の)
(四肢を拘束するべ機器が備え付けられている)
(…丁度、カプセルに彼女が納まり、拘束を終えるかどうかのところで)
(瑞穂の思考能力は、回復し始めるだろう)

【ありがとうございます】
【レスが遅くて申し分けないけどあらためてよろしくお願いしますね】

156 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 16:49:02 ID:tdyfwl5N
(目的の部屋なのだろうか、たどり着いた先には見た事も無い機類が備え付けられた場所)
(その中央付近に人一人が納まるサイズのカプセルと思しき物が設置されていて)
(更には近くにも同様のカプセルが設置されその中にはやはり自身と同じ歳頃の少女達の姿が)

腕…ですか?わか、りました…んんんっ、
(言われるままに腕を差し出そうとするが、若干の抵抗を見せ始める。ペンライトによる脳内麻痺が解けかけているからだろう)
(それでも腕を差し出すと怪しげな薬液が投与された注射器の針が腕に押し当てられそして投与されていく)
んんんんっ、ふぁ……。
(チクリと痛みを腕に感じれば瞬間表情を歪める)
(血液を取られるのは違い、投与される経験等数える程にある程度の為妙に違和感を感じて)
(投与が終わり針を抜かれるが、身体には特に違和感を覚えず)

ふ、ぁ…わた…し?あれ…あ、はい。わかりまし…た…?
(気づけば自分は見知らぬ場所に立っていた。そして目の前には先ほど道案内を尋ねて来た男性。)
(少々の違和感を覚えながらも、男に言われるまま目の前のカプセルへと身を投じていく)
(中は丁度瑞穂一人がすっぽり入る様調整されていて、中に納まる様に横たわれば)
(天蓋が上から閉じ始め、同時に手足が拘束され完全に身動きが取れなくされてしまう)

…はっ、貴方は…先ほどの?それに此処は…何処、でしょうか?
な、なんですかコレは…嫌っ、わ、私を同、する積りですか…!?
(思考が完全に戻るとようやく事態の異常さに気づく)
(自身は目の前の男により拉致され、この何処ともわからぬ場所に誘拐されたのだと)
(それにただの誘拐ではない事は容易に想像できて)
【いえ、こちらもレスが遅く申し訳ないです。】

157 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 17:25:15 ID:n61Gi127
ちょうど、完全に意識が戻ったみたいですね。
ええ、大した事ではないんですけどね。
ちょっと瑞穂さんには奴隷人形になって貰おうと思いまして。
…いやあ、あなたを見つけられたのは運が良かった。
これで今月のノルマも達成ですね。
(言葉の端々から、男がどういった意図で瑞穂を捕らえたのか)
(そして彼女がこれからどうされるのかといった事が)
(おぼろげながら伝わってくる)
(どうやら目の前の男は、彼女の体をを『商品』として扱うつもりのようだ)

大丈夫ですよ、怖いのは始めだけですから。
すぐに従順な道具になれます。
他の皆さんも始めはそうだったんですよ。
泣くわ、叫ぶわ、暴れるわで大変でした…
ただ、今は皆さんいい娘にしていますよ。我々の為に喜んで働いてくれています。
貴女も直ぐにそうなります。いや、なってもらわないと困る。
(何でもない事のように、瑞穂を人から物へと貶める行為を開始するのだと言う事を告げる)
(男が話を続けている間に、先ほど投与した薬物が効果を発揮し始め)
(瑞穂の体を火照らせ始める)

…ほら、だんだん何も考えられなくなってきたでしょう?
瑞穂さんの頭の中は、そのままどんどんまっしろになって行きます。
何にも心配する事はありませんよ。
そのまま、貴女の心は深いところまで沈んでいきます。
(男が話を続ける間にも、徐々に彼女を包み込んだカプセルは)
(瑞穂の意識に干渉を始めており、ゆっくりと判断力を奪っていく)
(先ほどのペンライト状の催眠機械よりも効きは遅いが)
(その分、本格的な人格改造が可能な器具が、新しい常識を上書きするために
(彼女の意識をまっさらな状態へと近づけていく)

158 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 17:48:06 ID:tdyfwl5N
ど、奴隷人形…!?
嫌ですそんなのっ、私はそんな物になりたくはありません…!!
身勝手です、人を物の様に扱わないで下さい!
(まるで捕えた人を物として扱う様な言葉遣いとあまりの身勝手さに怒りを露にして)
(自身が捕えられた事よりも今は目の前の男がどうしても許せなくて)
(必死で四肢を動かそうとするが当然の様に身動きが取れなくて)

い、嫌っ…そんな物になりたくなんかないです…!
私は絶対に貴方方に屈したりなんか…
う、嘘っ…そんなの嘘です、皆望んでそんな事をしてる訳がないっ
(恐らくはこういうやり取りを男は何度も経験をしているのだろう)
(此方の言い分がまるで予想通りといった感じで返答されてしまう)
ん、……ふぁ、な、に?身体…が…あ、あつ、い。
ぁ、まさ、か…さっきのお薬…?ん、んんんんっ…!
(男と話を続けていく間に身体に異変が生じる。唐突に熱を持ったかの様に身体が火照り始めたのだ)
(それも苦しい訳ではなく、どこか心地よささえ感じるそれは一種の麻薬の様で)
(少しずつ蝕まれていくような感覚がまるで瑞穂の意思を奪っていく様で途端に恐怖を感じて)

ぅ、ぁぁ……何、も…考え、られなくなって…
私の、頭の中……どんどん、まっしろになって…
い、いやっ…いや、なのに…まっしろになって…いく、ぁぁぁぁぁ…
(身体の火照りガ高まると同時にカプセルも妙な駆動音をたててその機能を発揮していく)
(男に抗うと決めた強い意思が、自我を保とうとする心が、ゆっくりと確実に溶かされ始めて)
ぁぅっ…あぁ……深い、ところまで…しずんで…いく………
なにも…考えれない位に…まっしろ……に…
(やがて自身の記憶や人格といった深い部分にまで干渉が進めば瑞穂も回りの少女達同様に虚ろな瞳を浮かべ始める)


159 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 18:26:36 ID:n61Gi127
さあ、あなたの心の中がどんどん静かになっていきますよ。
深い深いところに沈んで、今の貴女の心は眠ってしまいます。
…さあ瑞穂さん。貴女の心は、これでまっさらになりました。
いままでの貴女は、もう出てこれません。
今の貴女のは空っぽの人形です。
空っぽの人形に価値はなく、価値の無い人形に権利は無い。
だから、私の言葉を拒絶することはできません。
さあ、復唱してください。
(投与した薬物の効果も手伝って、拒絶反応を削ぎ落とされ)
(無防備な物になっていく瑞穂の心に)
(新しい人格を焼き付けるための暗示を刷り込んでいく)
(男の言葉を自らの意思として受け入れる様、繰り返し)

ですが、これから私のいう事を受け入れれば貴女も中身を持つことが出来ます。
価値の無い空っぽの人形から、誰かに必要とされる奴隷人形になれるのです。
欲しいでしょう?生きる為の中身が。
貴女に価値を与えてくれる、奴隷人形としての生き方が。
(新しい人格の土台となる価値観を刷り込み)
(これから始まる洗脳の基礎となる部分を固着させようとする)

さあ申告してください。
今の貴女は何ですか?
もしそれを認めることが出来れば、今ままでのあなたが感じた事がない無いくらい
幸せな気分になれるでしょう。

160 :名無しさん@ピンキー:2010/09/12(日) 18:31:08 ID:wXCrapL0
160

161 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 18:44:02 ID:tdyfwl5N
私の心の中…どんどん、どんどん…静かになっていく…
深い…深い所に沈んで……私の心は…眠っていく……
(男の声がやけに深く脳裏に反芻し、そして吸収されて)
(程なくして頭がカクンッと項垂れ、完全に心が真っ白に漂白されてしまう)
は…い。今の私は空っぽの……人、形。
からっぽの……人形に、価値はなく……価値のない、人形に…権利は、ない。
故に、貴方の…言葉を拒絶する事はない………
(頬を赤らめながら、男の言葉を復唱していく。)
(復唱する度漂白された心に男のどす黒い感情が流れ込み、ゆっくりと意思として刷り込まれていく)

ぅ、ぁ…………ほ、しい、で…す。
生きる……為の、なか…み。
私に……価値を、与えてくれる奴隷……人形…とし、ての…生き、方…。
(男が一体なにを言っているのか、今の瑞穂には、人形には到底理解しがたい事だが)
(何故か男の言う中身が、今の自分の欲している物であると思い込み、そしてその思い込みが新しい人格を形成していく)
(奴隷人形になりたい…奴隷人形になりたい…そう思うように操作されていく)

今の…ワタシは、「お人形」…です。
なにもかも…からっぽのお人形……ワタシは…ニンギョウ…。
あ、あぁぁっ、は、ぁぁぁ…。
(薬の効果も相乗しているのか、身体をくねらせ悦の表情を浮かべて)
(男のいう通りに人形としての自身を受け入れた瑞穂はこれまでに味わった事がない様な高揚感に包まれて)

162 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 19:12:26 ID:n61Gi127
よろしい。
では今感じた気持ちを忘れないように、深く心の奥底に刻みつけておきましょう。
もしも、元の貴女が心の底から浮かぼうとしても、今貴女が感じた気持ちが、それを塗りつぶしてしまいます。
今の貴女の幸せに比べれば、過去の貴女がの幸福など惨めな物にしか、思えないでしょう。
そんな貴女に戻りたいだなんて、思いますか?
(元の人格を取り戻さない様を、防止の為の暗示を刷り込んでいく)
(これから瑞穂にもたらされる知識と人格こそが彼女にとって)
(至上の幸福であると認識するよう、カプセルを通じ暗示を送り込む)

さて瑞穂、奴隷人形として必要な物を教えましょう。
よく聞いて、忘れないように何度も繰り返すのですよ。
いいですね?
奴隷に必要なの事は所有者に従う事はもちろんですし
主が求めている物をいち早く察し、提供し主を悦ばせなければなりません。
この場合、貴女に求められている物が、判りますか?
(瑞穂に、あえて今男が彼女に求めるものを問い掛ける)
(自分が人形であると刷り込まれた、今の彼女に答えられるかどうか)
(それはこの際どうでも良い事である)
(重要なのは、瑞穂に奴隷人形のしての役目を認識させる事なのだから)

【夕飯とかだいじょうぶですか?】

163 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 19:16:19 ID:tdyfwl5N
【そうですね、丁度食事のタイミングだったので一度凍結を挟んでもらっていいでしょうか?】
【再開時間は21時頃で如何でしょうか?】

164 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 19:21:38 ID:n61Gi127
【了解しました】
【ひとまず失礼しますね】
【ではまた21時に】

165 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 19:24:22 ID:tdyfwl5N
【はい、それではひとまず失礼します〜】

166 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 21:07:00 ID:tdyfwl5N
【戻りました。書き出すので少々お待ちくださいませ】

167 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 21:12:19 ID:n61Gi127
【こちらも戻りました】
【はい、お待ちしています】

168 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 21:21:04 ID:tdyfwl5N
は………い。深く……心の奥に…刻みつけ、ます。
元の、私の心が…浮かび上がろうとしても、今感じた気持ちが、塗りつぶしていく……
は、い…今の私の感じた幸せに比べれば……過去の私の幸せなん…て……
戻り、たい…?ううん……もどり、たく…アリマセン……
(漂白された意識化に刷り込まれた偽りの幸福。だが空っぽの瑞穂にとってはそれだけが唯一寄代にする物で。)
(最早過去の自分の幸せは思い出す事さえ出来ないどうでも良い物と認識しており)
(当然の様に元に戻りたいという願望は浮かび上がる事はなくて)
(今与えられている感覚が、暗示が至上の幸せであると刷り込まれていけば表情はより人形のソレへと近づいていく)

は、い。畏まりました……
よく聞いて、忘れないよう…何度も繰り返します…
奴隷に必要な事は…所有者に従う事は勿論…
主が求めている物をいち早く察し、提供し、主を悦ばさなければならない…
私が…求められている物……
私が…求められている物…それは、私自身…人形となった…私、自身だとおもい、ます…。
私は人形…奴隷人形になる為…中身を…得なければ…なか、み……
(男に言われた事を何度も何度も機械の様に復唱していく。)
(必死で中身を得ようとする瑞穂の姿は果たして男にどう見えるだろうか)

169 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 21:55:08 ID:n61Gi127
そうですね瑞穂。
貴女に求められているものは主の体そのもの。
男の欲望の捌け口として、性の玩具としての役割を全うすることこそ、貴女の役目です。
何時いかなる時でも主人に求められれば体を開き、
主に命じられれば、例え誰が相手であろうが体を捧げ、相手を欲望を受け止め満足させるのが貴女の役目であり、喜びです。
(歪んだ中身を得るように仕向けた少女に対し)
(主の為に、自らの体を使い働く人形になれと)
(家畜か、それ以下の生き様こそが、自身の本当の望みであると告げる)

貴女の口は男の精液を受け止める為にあります。
貴女の胸は男に弄ばれ、楽しませる為にあります。
貴女の女性器は、男の欲望を満たす為だけの道具です。
それら全てを主人の為だけに…私の為に使い潰す事を誓いなさい。
そうすれば私は貴女を何所に出しても恥ずかしくない、私の奴隷人形として認めてあげましょう。
それは貴女にとって疑う余地のない、この上ないほどの幸福。
そうですね、瑞穂?
(再三、性玩具としてのイメージを強調し告げる男)
(主人の命令であれば、例え野良犬が相手であろうが股座を開く人形になれと)
(男が今まで変えてきた少女の如く、執拗にまっさらになった精神に刻み込んでいく)

(…この間も彼女を覆うカプセルからは低い振動音と共に)
(男の言葉を受け入れれば、受け入れるほどに)
(信じがたいほどの多幸感をもたらす信号が、強制的に瑞穂の脳に送り込まれて)
(男の命令に従う事で、自然とに今の多幸感が引き起こされる様に条件付けされていく)

170 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 22:17:35 ID:tdyfwl5N
男の欲望の捌け口として…性の、玩具としての役割を…全うするそれが、私の役目…。
何時いかなる時でも主人に求められれば…身体を開く。
主に命じられれば…相手が誰であろうが、この身を捧げて相手の欲望を受け止めなければならない…
相手を満足させなければならない…ソレこそが私の役目…喜び…。
(自身は完全な人形…物であり、主の為に全てを使い動かなくてはならない)
(物故に自身は家畜や以下である事を刷り込まれていく。それもそうなる事が望みであると刷り込まれて)

私の口は男の精液を受け止める為にある…
私の胸は男に弄ばれ、楽しませる為にある…
私の女性器は、男の欲望を満たす為だけの道具…
はい…誓い、ます。私は…瑞穂は…ご主人様の為だけにこの身も心も全てを捧げます…
私は人形…物故に、主様に使って戴く事が至上の喜びです…
私はこの身体全てを使って主様の為にご奉仕しなければならない…
は、い…この事実全ては、私にとって…疑う余地のない、この上ない程の幸福…で、す…。
(何度も何度も繰り返し自身は性玩具であると、人形なのだと脳裏にイメージを植え付けられていく)
(主人の命に従う忠実な人形になれと何度も刷り込まれていく)
(こうして男の手によって新たに一体の人形が誕生しようとしていた…)

んんんんんんっ、私は、人形…ごしゅじん、さま…あぁぁぁぁぁ♪
私は性玩具ぅぅ…♪ご主人様の命令を受け入れれば、あんっふああぁぁぁぁ♪
(カプセルが震動する度に、事実を受け入れて幾たびに瑞穂の身体は面白い様に小刻みに震え続けて)
(すでに秘部からは大量の愛液を垂れ流し、口元からだらしなく涎を垂らして)
(数時間前まで正常だった瑞穂も、人形としての教育を施されれば忽ち回りの少女達同様に喘ぎ声ばかりを上げ始めて)

171 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 22:47:52 ID:n61Gi127
よろしい。では瑞穂、そろそろあなたの沈めていた心を潰してしまいましょう。
そんなものは今の貴女にとっては大した価値は無い。
だってそうでしょう?今の貴女は私の奴隷人形。
私の為だけに働く人形です。
元のあなたの心を奴隷人形である今の貴女の手で、すり潰して取り込んでしまいなさい。
今の貴女も、昔の貴女が持っていたもののも、その全てを私に捧げるのです。
(最後に、かつての自分を自らの意思で叩き潰すだけではなく)
(そこで得ていた知識、人脈の全てを男に差し出すようにと告げる)
(それは骨の髄まで、瑞穂と言う少女が持っていた物ををしゃぶりつくし)
(使いきろうとする悪辣な言葉だった)

それができたなら、もう人形としては一人前ですね。
奴隷人形としての本分を、全うさせてあげてもいいでしょう。
(同時にカプセル全体の振動音が、心なしか激しくなっていき)
(この作業の終了が近づいている事を示していた)
(それが意味する言葉は…言うまでもあるまい)
(男や、男の上に位置する連中のために、商品価値がなくなるまで使い潰される)
(道具としての人生のはじまりだ)

【時間的に、そろそろ〆でしょうか】

172 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 23:11:49 ID:tdyfwl5N
は、ぃぃぃ…♪私の沈んだ心を…つぶして、いきますぅ♪
こんな物は…今の私にとって価値なき不要の物。
今の私は奴隷人形、ご主人様の為だけに動くお人形…
元の私の心等、いらない…今の私の手ですり潰して取り込みます…。
んぉぁぁぁぁ…♪ご、しゅじんさまぁ…私の全てを、ごじゅじんさまに捧げますぅ…♪
(男に命じられるままに過去の記憶や感情といった全ての物を一つ一つ丁寧に磨り潰していく。)
(今の自分という存在を完全に固着させるべく、今まで得た全ての物を男に捧げようとして)
(どれ程に悪辣な言葉を突きつけられても瑞穂は全てを受け入れそして認めていく。)

ぅぁ、ぁぁぁぁっぁぁぁぁぁ♪
私は、人形…奴隷人形ぉぉぉ♪
ご主人様に身も心も全てを捧げた哀れなお人形……
あ、んっ…おね、がいします…この哀れな人形である瑞穂を、どうぞ末長く、お使いください、ませぇ。
私は物であり玩具…如何な様に扱われても、かまいま、せん…あぁぁぁ…
(駆動音が激しくなればなるほどに瑞穂の身体は面白い様に跳ね上がり何度も絶頂を繰返して)
(この洗脳作業が終われば完全な人形として、商品価値のある金づるとして使いまわされる悲惨な運命が待ち受けるとも知らず)
(瑞穂は男の視差する未来へと堕ちていくのだった)

【ですね。次辺りで〆という事にしましょう。】

173 : ◆44u7QZI/YM :2010/09/12(日) 23:30:17 ID:n61Gi127
…さて、もういいでしょう。
起きなさい、瑞穂。
生まれ変わった人形としての姿を私みせてください。
(その後も続けられていた全ての作業が終了すると)
(低い駆動音を立ててカプセルが開き、拘束具が開放されていき)
(自由となった少女に、起き上がり挨拶するように命じ)

さあ、私の奴隷人形としての役割を全うしてください。
これから貴女が使えるべきものに挨拶するんです。
あなたのやり方でね。
(言外に、瑞穂に男の相手を務めるようにと促し、彼女の体を抱き寄せる)
(また一人出来上がった人形の具合を確かめるかのように)
(男はその腕の中に体を貪っていくのだった)

【では長い時間お相手どうもでした、失礼します】


174 :名無しさん@ピンキー:2010/09/12(日) 23:51:16 ID:wXCrapL0


175 :如月 瑞穂 ◆dJNUgCnIng :2010/09/12(日) 23:54:46 ID:tdyfwl5N
……はい、ご主人様。
(天蓋が開き拘束が解かれればゆっくりと身体を起こして)
(一見すれば以前と変わらぬ瑞穂の姿だが)
(瞳は他の人形となった少女達と同じく虚ろな光を湛え、表情も人形その物で)

おはよう御座いますご主人様。
私、瑞穂はご主人様の忠実な奴隷人形として今日此処に生を受けました。
私の身も心もご主人様の物です。どうぞ末長くお使いくださいませご主人様…
(身体を抱き寄せられるままにうっとりした表情で男に身を預けて)
(その視線は施設に入ってみた人形となった少女達と同様のもので。)

…こうして瑞穂は完全な奴隷人形として生まれ変わる事となり、一生をこの男のために捧げるのだった。

【此方もこれで終了で。長い時間お相手有難う御座いました。失礼します】

176 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/20(月) 21:20:07 ID:ZaDYsjvC
名前:雪白咲夜(ゆきしろ・さくや)
年齢:17
身長:160
体重:普通
3サイズ:着やせするタイプだが、実際にはそれなりに発達している
髪型:黒髪ロング
性経験:オナニーは割と頻繁にしている。密かに洗脳願望がある。
性格:礼儀正しくしっかりしているが、押しには弱い
服装:ブレザータイプの制服
身体的特徴:大人しそうだが実家では剣道をしており、姿勢がいい。
MCの希望:機械による洗脳、脳改造でのレズ豚奴隷化。
繰り返し洗脳して、洗脳される事自体に快感を覚えるようにして欲しいです。
匂いフェチ、唾液フェチ、肛門への舐め奉仕などの変態性癖も刷り込んでもらえると嬉しいです。

【久しぶりに来て見ました、少し待機させて頂きます】
【今回も女性の方を募集とさせて頂きますね】

177 :名無しさん@ピンキー:2010/09/20(月) 21:25:25 ID:EPLv2XwT
キマシタワー

178 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/20(月) 23:44:18 ID:ZaDYsjvC
【スレをお返しします、ありがとうございました】

179 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/21(火) 22:01:35 ID:Xakbxs4M
>>176で少しだけ待機してみます】

180 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/21(火) 23:12:00 ID:Xakbxs4M
【スレをお返しします、ありがとうございました】

181 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/22(水) 23:51:52 ID:37D2Zulx
【3日続けてになっちゃいますけれど、>>176での待機にしばらくお借りします】

182 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/23(木) 01:10:25 ID:TTD83O7P
【スレをお返しします、ありがとうございました】

183 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/09/23(木) 23:04:41 ID:ugNeCjFO
【ん…一年ぶり、くらいかしら。久しぶりに来てみたわ】

名前:乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ 
年齢:24
身長:168 
体型:小顔で狭い肩幅。腰が細いのでグラマーに見えるがカップはD。
髪型:腰までの黒髪 
服装:ワンピースの上に白衣 
身体的特徴:長身のインド系美女。褐色の肌に眠そうなグリーンの瞳。 
      大学を飛び級で出た天才。
      人間の感情の変化をを視覚化する装置を開発したが、学会に認められず
      マッドサイエンティストに。
      装置を改良して、プログラムした感情を脳に起こさせる洗脳装置に
     「進化」させた。
      その装置を自らのレズS性癖を満たすためだけに使おうと
     「実験」の被験者を探している。

【>182
 面白そうな被験者がいるわね。
 今月中はちょっと忙しくて無理だと思うけれど、
 今度機会があったら、是非実験材料になってほしいわ】
【タイミングがあったら、声をかけてもいいかしら?】

184 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/26(日) 11:20:42 ID:W8FxsmTG
【少しだけ伝言にお借りします】

>>183
【声をかけて下さってありがとうございます】
【私もまた来ますので、タイミングがあったらよろしくお願いします】

【伝言に借りました、ありがとうございます】

185 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/26(日) 22:01:37 ID:W8FxsmTG
>>176で少しの間待機させてもらいます】

186 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/26(日) 23:20:40 ID:W8FxsmTG
【スレをお返しします、ありがとうございました】

187 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/09/26(日) 23:20:51 ID:w2/uHtPh
>185
【こんばんは。
 サクヤはまだいるかしら?】
【今夜は時間がないからお相手のお願いじゃなくて、ご挨拶だけど…】

188 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/09/26(日) 23:26:01 ID:w2/uHtPh
【タイミングが合わなかったみたいね】
【また今度、声をかけさせてもらうわ】
【スレをお返しします】

189 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/09/30(木) 23:31:02 ID:w0UlyHAd
【先日はすれ違いだったのですね……>>176で少しの間待機させてもらいます】

190 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/01(金) 00:25:31 ID:bwhBrviB
【そろそろスレをお返ししますね、ありがとうございました】

191 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/03(日) 20:15:26 ID:KiQ5ZGZj
【毎回使わせてもらってすみません、>>176で待機させて頂きます】

192 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/03(日) 21:54:45 ID:XSJGk5ut
【>191
 23時頃からなら時間がとれるんだけれど】
【都合はどうかしら。まだいたら…ここではスレを消費するだけだから】
【待ち合わせスレの方にレスを入れるわ。見てもらえると嬉しい】
【1レスお借りしました】

193 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/03(日) 21:58:00 ID:KiQ5ZGZj
>>192
【声をかけて下さってありがとうございます】
【それでは、こちらは一度お返しして、23時ごろに待ち合わせの場所を覗かせて頂きますね】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

194 :名無しさん@ピンキー:2010/10/03(日) 22:16:50 ID:958jmdR0


195 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/03(日) 23:43:53 ID:KiQ5ZGZj
【ノーエさんとスレをお借りします】

196 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/03(日) 23:48:36 ID:XSJGk5ut
【咲夜とスレをお借りします】
【それじゃあ、こちらから書き出しをするから待っていてくれる?】

197 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/03(日) 23:49:54 ID:KiQ5ZGZj
【はい、わかりました。よろしくお願いしますね】

198 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/04(月) 00:02:24 ID:FI/UxU0t
(乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ)
(この学校の校医になってまだ半年。
 長身のインド系美女だが、白衣の下にいかにもなエスニック系のワンピースを着ていることが多く)
(けだるげな…といえば聞こえは良いが、要するに破棄の感じられないローテンションな話し方をする)
(はっきり言えば変人。謎の美人校医として話題になったのはわずかな期間で、今ではヘンな美人校医として定着している)
(その正体は、天才脳科学者。そしてマッドサイエンティスト)
(ここ数年の間、校医としていくつもの学校を転々としながら、気に入った女生徒を実験台にして洗脳マシーンを開発、改良してきた)
(しかし、基本となる脳波のパターンを得るためには、デスクトップPCにヘッドセットという、基本的な装置によってデータ収集をしなければならない)
(この点だけは、初期型と変わらない。いつでも、どこでも誰でも洗脳する、ということは出来ないのだった)
(今回の獲物である雪白咲夜は、頼み事を断れない性格を利用して、ここ数日データ収集に協力させていた)
(人間の脳波を視覚化する実験、という名目。それは嘘ではないが、嘘なのは、研究のためという理由。実際はすでに完全に実用化していて、何人もの少女が洗脳されていること)
(もはや、咲夜の脳波パターンはほとんど洗脳機械に把握されている。今日はその最終段階)

ん…お疲れ様。大体終わったわ。これから確認してみましょう。
(学校の保健室にはあまり似合わない寝椅子に咲夜を寝かせている。
 金属製のヘッドバンドが「脳波測定装置」だ。
 PCのディスプレイには、複雑な色のパターンが踊っている。これが、咲夜の感情だ)
(この機械は、咲夜の感情、その脳波パターンを色としてディスプレイに映し出す。そして、この機械は、もう、咲夜に対して、脳波パターンを強制し、一定の感情を強制的に起こさせることも出来る)
(今も、「リラックス」「安心」といった脳波パターンを咲夜の脳に流していて、咲夜が状況に疑問を持ったりしないようにしている)
いろいろな質問に答えてもらったことで、この機械はサクヤの脳が感じていることをこのディスプレイに映し出すことが出来るようになったわ。
試してみましょ?
今までの質問・回答じゃなくて…そうね。
食べ物の好き嫌いを聞くわ。好きなら黄色。嫌いなら錆色っぽい色がディスプレイに出るわ。
ん…「ヨーグルト」思い浮かべてみて?

【こんな感じからね。
 ソフト…だけど、この機械は、だから咲夜が感じていることをもう、脳から直接取り出して表示しているのよ】
【そして、もう咲夜は、この機械の脳パルスに支配されていて…この機械を外したいなんて思わない】

199 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/04(月) 00:13:26 ID:Mttq0EWk
あ、はい……これだけで、大丈夫なんですか?
(数日前に校医のノーエに頼み込まれて協力している脳波測定装置)
(なんでも、彼女は研究者としてもそれなりの権威らしい)
(なぜその彼女が校医をやっているのか、という疑問はあったものの)
(引き受けたからにはと、毎日律儀に保健室へと通い、「測定」を受けていた)
(今日も、どうやら終わりが近づいているらしい)
(いつも、質問に答えたり、ぼーっとしている間に終わっている気がするのだが)

そうなんですか?
分かりました……。
(ヨーグルト、と聞くと頭の中に僅かに酸味のある甘い味がイメージされて)
(ディスプレイに薄い黄色が浮かび上がってくる)

【えっと、わかりました】
【なんとなく、既に支配されちゃっているような感じですけれど、洗脳もじっくりして下さいね】

200 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/04(月) 00:22:03 ID:FI/UxU0t
ん…どう?
ちゃんと当たっているでしょ?
この機械はもう、サクヤが感じていることを忠実に、色としてディスプレイに映す。
この機械にウソはつけないのよ。
どんなことでも…正直に、この機械の前に、はっきりと晒してしまうの。
(これまでのデータ収集で、咲夜にマゾ的傾向があることはわかっている。
だから、わざとこういう言い方で、反応を確認する。
 見立て通りなら、性的な反応であるピンク色が出てくるはず)
(洗脳機械は、まだ咲夜に対して二つのことしか強制していない
 今の状態への「安心・リラックス」という感情と乃依への「信頼」)
(現状、この機械は、咲夜に何でもさせられる訳ではない。感情の一部を支配して、洗脳の下地を作っている段階だ)
ん…それじゃあね。
今からいう言葉をイメージしなさい「オナニー」
どう?しっかりイメージして?
もしも、サクヤがエッチな子なら、画面はピンク色に染まるわ?
(これは本当のこと。咲夜がオナニー好きなのは実はすでにわかっている。
 この機械の力を示すことで、咲夜がどう感じるかのほうが重要なテスト)
(これまでのデータから、この咲夜は洗脳自体に性的な興奮を覚える可能性があった)
(これから、段階的にそれを暴いていこうとしている)

【ふふ。この機械はソフトなのよ。
 まだ、咲夜にを逃がさないこととウソをつかせないことくらいしか出来ない】
【本格的な洗脳は、まだ始まってはいないから、安心して】

201 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/04(月) 00:31:18 ID:Mttq0EWk
あ……そう、ですね……。
確かに、当たっているみたいです……。
……も、もう、ノーエさん、そういう言い方は止めて下さいっ。
そういう装置なんだから、仕方ないじゃないですか。
(どことなく挑発的な物言いに、一瞬戸惑いの感情が浮かび上がり)
(続いて、一瞬だけ薄い桃色が表示された後、不快を感じる色がそれを覆い隠すように塗りつぶす)
(それは、自分の感情は覆い隠すものだという、強い考えによるもので)

はい、次ですね。
……って、お……!?
い、いきなり、なんて事をいうんですかっ!
そんな事、イメージできるはずありませんっ!
(いきなり投げかけられた単語に一瞬パニックを起こすが)
(信頼できる彼女の言葉に、つい、その行為を想像してしまうと)
(画面が淡く、しかし、それでもしっかりとピンクの色に変わって)
(それを隠すように慌てて手を大きくふると)
え、あ、その、ち、ちがいますっ!
こっ、これは……ずるいですよ、ノーエさん!
そんな風に聞かれたら、誰だって、その、いやらしい事、考えてしまうに決まってるじゃないですか!
(怒りつつも、機械を外していかないのはしっかりと機械が動作している証拠だが)
(本人はその事に思い至らずに、身体を横たえたまま不満をもらして)

202 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/04(月) 00:41:56 ID:FI/UxU0t
(支配的な態度に対する性的な反応。
 ディスプレイには一瞬でも、データとしてそれははっきりと記録されていて)
(咲夜のマゾ性癖は、機械に記録されることで、再現可能な脳波パルスになっていく)
(青黒い不安のパルスが検出されると、それを打ち消すように「安心」のパルスを流すよう、自動プログラムをセットして)

ん…そうね。
イヤらしいことをいわれれば、イヤらしいことを考えてしまう。当然よ。
でも、それに対する反応の色は?好意的な色か、否定的な色か。
好意は明るい色。否定は暗い色よ。
ごらんなさい?「オナニー」
サクヤの感情はどう?
「オナニー」
「サクヤはオナニーが大好き」
「サクヤは毎晩オナニーしている」
本当なら、サクヤがオナニーが大好きなら、明るいピンク。
違うなら血みたいな暗い色になる…ほら。
「毎晩」じゃないなら、そこだけ黒くなる。
自分で言ってごらんなさい?
「オナニー」
「サクヤはオナニーが大好き」
「サクヤは毎晩オナニーしている」

203 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/04(月) 00:52:41 ID:Mttq0EWk
もうお……ノーエさんは、少し倫理に欠けていると思いますよ?
(憤りの心はすぐに収まる)
(「彼女は、こういう性格なのだ」という自分を納得させる言葉は、実は機械によって誘導されたものだが)
(自身はやはりそれに気がつかず、溜息を吐いて実験につきあい続けて)

そ、そうですよね……。
え……ま、まだ続けるんですか、その質問?
ま、毎晩、って……。
(付き合うと決めた以上、ノーエの質問には正面から向かい合わなければならない)
(必然的に、桃色がかかった色は少しずつ変化していって)
(その色がはっきりする頃に、ようやく重い口を開き、言葉を発する)
お、オナニー……サクヤは、オナニーがだいすき、サクヤは毎晩オナニーしている。
(早く口にしてしまおうとするように、少し早口で言葉にすると)
(画面は毎晩の部分以外は、明るめのピンクが表示されて、それを見れば羞恥で顔が見る間に赤くなっていく)

204 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/04(月) 01:02:57 ID:FI/UxU0t
ん…そう。毎晩じゃあ、無いのね。
(吐息のような笑い。その中に嘲りの色が混じる)
ん…ふふ。ほら?
ね?この機械の前には、もうなにも隠せない。私の前では。
まるでこの機械に支配されているみたい。そう思わない?
(みたい、ではなく実際に一部分とはいえ支配されているのだが)
(あえてそう言い、反応を引き出す)
(支配される、と言う言葉に対する咲夜の反応の中にあるマゾ的な部分を)
(記録すれば、今度はその反応を強制できる)

サクヤ?イメージしなさい「洗脳」
サクヤはこの機械に洗脳されてしまう。
どう感じるかしら…ふふ。
嫌悪の錆いろ?恐怖のグレー?
欲情のピンク?あこがれの金?
機械に洗脳されるってどういう感じ?
自分に向き合いなさい、サクヤ

(けだるげな口調。いつもの、ローテンションな乃依)
(だが、これは決定的な問いだった)
(この機械の威力を見せつけたうえでのこの問いへの反応次第では)
(これまで試したことのない洗脳が可能かもしれない…)
(そういう期待を込めた質問)

205 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/04(月) 01:09:42 ID:FI/UxU0t
ふふ…
「オナニーが大好きなサクヤ」?
イヤらしい。オナニーが大好きな女の子
(嘲りが混じる口調で、頭上から言葉をおとしていく)
イメージしなさい
「サクヤは洗脳されることを想像してオナニーした」
さあ、否定の黒が来るかしら?
それとも、肯定のブルーが来るかしら。
「洗脳オナニーが大好きなサクヤ」なら、鮮やかなパープルを見せてくれるわね。
どう?「洗脳オナニーが大好きなサクヤ」
アナタはイヤらしい女の子?それともド変態?

【思いついたから、追加】

206 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/04(月) 01:10:32 ID:Mttq0EWk
……っ!
そ、それは……そう、ですよ。
当たり前じゃないですか。
(ノーエの声音のニュアンスを感じ取れば、強い調子で抗弁するが)
(支配、と聞けば、一瞬どきりとしてしまい、言葉が途切れる)
(それは、無自覚に感じていたこの状況に対する快楽への指摘でもあり)
お、思いません……だ、だって、これはただの測定器じゃ、ないですか。
嘘発見器に支配されてるなんて思う人は、いないと思います。
(なんとか理屈立てて返事をするものの、一度早くなった鼓動はなかなか収まらず)

せ……っ。
せんのう、って……そんなの、お話の、中だけの、ことです……。
(だが、そう答えながらも、視線はディスプレイからそれてしまう)
(そこに表示されている色が分かるからこそ、自分で見たくはない)
(直前の言葉が呼び水となって……ディスプレイにははっきりとピンクと金の色が混じったものが表示されていた)

207 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/04(月) 01:13:55 ID:Mttq0EWk
あ、あぁ……そ、そんなこと、は……っ。
(裸にされていく。隠していたはずの自分の心が、剥き出しにされていく)
(目の端に映るディスプレイは、完全に自分の心を暴き立てている)
(画面は、無言の咲夜の脳内を雄弁に語るように、青から紫へと変化していって)

【追加に気がついた分です、すみません】

208 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/04(月) 01:23:58 ID:FI/UxU0t
>206
ん…どうかしら。
嘘発見器にだって、支配されることがあるかもしれないわよ?
その人に知られたくない秘密がある時は…ね?

(ピンクと金。明確な欲情とあこがれ。「洗脳」という言葉に対する咲夜の反応に頷く)
あら…まあ。
「洗脳」機械に脳を支配されてしまう。サクヤは。
考えていなかったんじゃないの?
考えたとたんに、綺麗なピンクと金色になったわよ?
ご覧なさい!サクヤ!
(突然強い口調で命令して)
自分の反応をよくご覧。これがアナタの感情。
「洗脳」「機械に支配される。脳を。心を。自由に変えられる」
イヤらしい欲望のピンク。あこがれの金。
これがサクヤの「洗脳」への感情。

そして、追加の質問への回答。
……ふふ。紫ね。
肯定の青と、欲情のピンク。
サクヤはワタシに「洗脳されていることを想像してオナニーしている」って認めて。
それでイヤらしい気分になっちゃっているのね。
オナニーっていわれればイヤらしい気分になる?
そんなのはイヤらしい女の子だけ。
「洗脳」なんていう言葉にあこがれの感情を持って。
しかもそれでイヤらしい気分になって、オナニーまでしちゃう女の子は、ド変態って言うのよ。
「ド変態のサクヤ」?
認めるかしら。アナタはド変態。
「オナニーが大好き」「洗脳にあこがれる」「洗脳されるオナニーが大好き」
そんなド変態のサクヤ?
機械に洗脳されたいのね?
ディスプレイを見なさい。
言葉に出しなさい!「サクヤは洗脳されたいド変態です」
ほら、綺麗な紫色は、どれくらい鮮やかかしら。どれくらい金色が混じるかしら?

209 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/04(月) 01:32:18 ID:Mttq0EWk
そ、れは……っ!
(突然のノーエの強い言葉に、ビクリと震えて、ディスプレイに視線を向ける)
(その先には、赤裸々な自分の心。洗脳への憧れと欲情がはっきりと示されていて)
あ……う、うぅ……。
(普段の凛とした姿とは裏腹に、答えに窮してしまい、何もいえないまま)
(ただ、じっと、ノーエの言葉を聞きながら、ディスプレイから視線もそらせずに)
(魅入られたように、じっと自分の心と向かい合って)
(自覚が促されれば、そこに示された色はよりはっきりと、鮮やかになっていき)
そ、れは……ぅ、あ……。
…………そ、です……さくや、は……洗脳されたい、ド変態、です……。
(強要されたかのように、のろのろと、小さく吐き出されていく言葉)
(しかし、それは咲夜の心に大きな穴を開ける宣言でもあり)
(ディスプレイには、はっきりとした紫に、それを上回るほどの金が混じっていく)

210 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/04(月) 01:34:46 ID:FI/UxU0t
【ん…サクヤの隠していた願望をむき出しにさせたところで】
【今夜はおしまいにさせて。時間切れなの】
【次回は打ち合わせどおり来週日曜の23時。待ち合わせスレで】
【変更があったらそこに書き込むから】
【次回は、どんな風に洗脳されたいのか、自分の口から言わせてあげるつもりよ】
【この先の展開の希望とか、今回とは変えて欲しいこととかあったら教えてね】
【こちらはこのレスで最後になるわ】
【先におちちゃうけど、ごめんなさいね】
【お相手ありがとう。お休みなさい】

211 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/04(月) 01:41:12 ID:Mttq0EWk
>>210
【分かりました、時間ギリギリまでつきあってくださってありがとうございます】
【それでは、もしも何か思いついたら書いておきますね】
【今夜はありがとうございました、また来週。おやすみなさい、ノーエさん】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

212 :名無しさん@ピンキー:2010/10/05(火) 17:40:48 ID:OArbUedU
つるべ落とし

213 :名無しさん@ピンキー:2010/10/07(木) 16:20:26 ID:QUaeKj4u
モズ落とし

214 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/10(日) 23:06:14 ID:Rp1HU8gE
【前回に引き続き、スレをお借りします】

215 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/10(日) 23:07:40 ID:9B8YrLuv
【咲夜とスレをお借りします】 
【前回の続きね。こちらから書き出しをするから待っていてくれる?】
【予定通り、今夜は咲夜の欲望を暴くことにするわ】

216 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/10(日) 23:08:21 ID:Rp1HU8gE
【はい、分かりました。お待ちしていますね】

217 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/10(日) 23:16:44 ID:9B8YrLuv
(「洗脳」という言葉に欲情し、強いあこがれを持っていることを暴き出され)
(さらに、「自分が洗脳されることを想像してオナニーする」ことを認め)
(とうとう自分から「洗脳されたいド変態」だと告白までして、そのことに興奮している)
(そんな秘密を暴き出された咲夜)
 ん……まあ…
自分が「洗脳されたいド変態」だって認めたわね?
しかも、こんなに欲情して…それに、この金色。
これは…異常レベルだわ。ここまでのフェティシズム…
サクヤ?アナタはさっき、
「嘘発見器に支配されるなんて思う人はいない」
「洗脳なんて、お話の中だけのこと」
そう言っていたわね。
ということは、これはワタシがアナタに何かしている訳じゃない…アナタの本心だって、認める訳ね?
サクヤは洗脳されたいド変態だって。
(相変わらずのさめた口調。淡々と事実を告げるように。それは、咲夜のことを心の底から見下しているように聞こえる)
(実際は嘘がつけないように、そして乃依には無条件で信頼を置くように、すでに咲夜の脳はパルスによって操作されている。しかし、それ以外の操作はまだしていないのも事実)
(決定的な洗脳を行うためには、あと一つ採取しなければならない脳パルスのサンプルがある。されは、オーガズム…アクメのパルス)
(これまでの犠牲者は、洗脳パルスによって警戒心を取り除かれ、乃依の言葉のままにオナニーをさせられていた)
(しかし、乃依は今回は別のやり方を試みる。それはこの咲夜の特殊な性癖を前提とした、新たな試み…実験)
これは、とても興味深いデータよ。ホンモノのド変態の脳波なんて、なかなかとれないから。
(冷たい口調で、少女の心を切り刻む)
ディスプレイをごらんなさい。「洗脳されたいド変態のサクヤ」こんなに鮮やかな金色がでるほど、アナタは洗脳支配されたいのね?
毎晩じゃないけど、洗脳される自分を想像して、オナニーしていたのね?
ん…命令。
洗脳されたいド変態のサクヤ。そこで股を開きなさい。
(いきなりの屈辱的な命令。そして、この命令は洗脳による強制ではない。
本人が明らかにマゾ的な欲情に浸りつつある状態で、支配されることに対する反応を記録するのが目的)
(記録すれば、支配に対する肯定的な反応を、洗脳機械で強化できる)

【前回からの引きと、まずは調教から。
 今夜は洗脳は要所で少しずつ。調教の方がメインになると思うわ】
【意見や希望があったら言ってね】

218 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/10(日) 23:31:12 ID:Rp1HU8gE
え……あ……う……?
(混乱)
(自分が今なにを喋ってしまっているのか)
(自分が、今どんな状態にあるのか)
(隠してきたはずの性癖を露わにされて、それを研究されている)
(これまで自己を律して過ごしてきたはずの彼女には、今自分がしていることも)
(されていることも、起こっていることも到底受け入れがたいもので)
(しかも、それでいてここから逃げる事もできず、ノーエの言葉を拒否する事もできないまま)
(一種、思考停止に近い混乱状態で、モニターを見ながら呻き声をもらす)

…………ぁ……。
(口が、はい、という形に動くが、声は出ない)
(彼女の中の理性が、総動員されて辛うじてそれを押さえつけていた)
(異常な状況。そう、異常なはずだ。何故かそう思えないにしても)
(耳から入ってくる彼女の命令に、一瞬身体が弛緩し、足から力が抜ける)
(だが、それ以上動く事をよしとしないまま、絞り出すような声音で答える)
…………すみ、ません……きょ、は……もう、帰っていい、ですか……?
(違和感に気づけないまま、それでも最後の抵抗を見せるように、そう呟くように言うと)
(足が間違って開いてしまう前に、なんとか身を起こそうと上半身に力を入れる)

【は、はい、分かりました。でも……幾ら強い願望があっても、まだ何もなしでこれに従ってしまうわけにはいかない、です】

219 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/10(日) 23:43:50 ID:9B8YrLuv
(咲夜は、命令を拒否した)
(だが、声にならなかった「はい」という言葉。それは脳波データという形ではっきりと記録されている)
(乃依の命令に従いたい、という、その欲望。乃依は、その脳パルスを取り出すプログラムを素早く走らせながら)

ん…良いわよ?今日は終わりにしても。
その代わり、明日も同じ時間にここに来てね。
(まるで、今日のやりとりはごく普通の実験だったというように、自然にそう告げる)
(咲夜の反応を待たず、起き上がりかけた咲夜の頬に手をかけ)
(顔を近づけ、その瞳に、と言うよりも、咲夜の中の「ド変態」に語りかける)
いい?よく聞きなさい。洗脳されたいド変態のサクヤ。
(屈辱的な呼称を繰り返すことで、咲夜のマゾ性癖を刺激している)
アナタは、自分が精神異常レベルの危険な変態だなんて、他のヒトたちに知られたくないでしょ?
ワタシの実験にあと少し協力しなさい。そうすれば、このことはワタシとサクヤだけの秘密。
断れば、ワタシはサクヤの秘密をこのデータと一緒に公表する。サクヤは当然否定するでしょうけど、否定するというコトは。ワタシのデータが本当かどうか、確かめるっていうコトになる。
大勢の学者がサクヤを調べるわ。サクヤは自分の秘密を隠し通せる?無理よ。
(冷静な口調で決めつけ)
ド変態のサクヤにはその方が嬉しい?自分の恥を公にして破滅するの。でも、ご両親がどう思うかは考えた方が良いわね。
(これは取引の形を借りた脅迫…の形を借りた命令)
(要するに、咲夜に命令に従うきっかけを与えるための手順)


【ええ。それで良いわ】
【こんな形でいったん時間をおくことにするわよ?】
【これで良ければ、そちらのレスは次の日ここに来るところまで進めてくれると嬉しい】
【ふふ…咲夜は一晩の間、何を考えて何をするかしら】

220 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/10(日) 23:59:25 ID:Rp1HU8gE
…………ぇ……?
(素直に返してもらえるとは思っていなかったのだが、あっさりと告げられた言葉に拍子抜けしてしまうが)
(強ばった頬に手を添えられれば、びくりと身体を震わせて)
(瞳を反らす事もできないまま、ノーエの言葉を聞き終えると)
そ、そんなのっ!
そんなの……酷い、です……。
(脅迫まがいの言葉に下唇を噛み、俯きながらそう答えるが)
(小さく息を吐くと、いつものように意志の強い瞳で見返して)
……分かりました。
あと少しだけお付き合いします。でも、それだけ、ですよ。
……今日はこれで、失礼します。
(そう言うと、さっさと立ち上がって機械を体から外し、ノーエに目礼すると退出する)

(その夜、自室の布団の上でなかなか寝付けずに何度も寝返りを繰り返して)
……まさか、あんな事を自分で言ってしまうなんて……。
一体どうして……?
誰にも言った事なかったのに……まさか、本当に……?
(いつもそういう事を想像していたからこそ、その奇抜な考えに至る)
(それは、ゾッとするほどの恐怖と、同時に自分が本当にそうなってしまうのかもしれないと言う得体の知れない感情)
(体温が上がった事を自覚すると、一瞬手を伸ばしそうになるが)
(太腿を擦り合わせるだけで、直接触れるのは堪えて)
……もしも……もしも、そうだったら……。
(答えは出ない。拒否して当然の答えを出せないまま、いつしか眠りについて)

……おはようございます、ノーエさん。
…………実験を始める前に、1つ聞きたいのですけれど。
その機械、本当に感情を見れるだけのもの、なんですか?
(翌日の放課後、入室と同時に単刀直入に質問する)
(当然はぐらかされるだろうが、それでも彼女の反応を少しでも窺おうとじっとノーエを見つめて)

221 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 00:14:59 ID:EGKRLvL2
ん…来たわね。サクヤ
(相変わらずのローテンションで、咲夜が来たのも当然のことだ、という反応)
そこに乗って、それをつけて。
(寝椅子と金属製のヘッドバンドを指して、いつもの「実験」状態になるよう指示する)

ん…?
咲夜は昨日自分で言ったわよね?
「洗脳なんてお話の中だけのこと」
でも、ワタシが「この機械に支配される」と言ったら、アナタはそれに憧れた。
とても強い憧れだった。ノーマルな人間の精神ではあり得ない。
アナタはこの機械に支配されたいと思った。
それは認めたわね?洗脳されたいド変態のサクヤ。
(冷たい言葉。感情を交えない、と言うよりもめんどくさそう、と言った方が近いほどの、いつもの口調)
…ええ。この機械は、ただヒトの感情を見るだけの機械じゃあないわよ。
(あっさり認める。しかし何が出来るかは言わない)
(ごまかす方法としては、脳波が記録でき、記録した脳波の再現が出来ると言う回答があり、これはウソではない)
(それはディスプレイの上に示すだけではなく、本人の脳内でも再現できるのだが)

さあ、質問に答えたわ。
寝台に乗ってヘッドバンドを着けなさい。
(こんな答え方で言われたとおりにするのは本当に洗脳されたいド変態だけだ…と)
早くなさい。洗脳されたいド変態のサクヤ。
(これは脅迫であり、拒否権は無いのだと。辱める言葉で告げた)


222 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 00:27:12 ID:GEYN/UHB
それは……。
(あの時はまともな精神状態ではなかった)
(そう言い訳するのは簡単なことで。けれども、そう口にした事もまた事実だ)
(しばし逡巡してから)
そう、ですね。
確かに言いました。

……っ。
それじゃあ、やっぱり……。
(今の彼女の言葉は、昨夜からの想像を裏付けるもの)
(しかし、だからといって、自分が何かを聞いてそれを理解できるわけではないし)
(彼女に詳しい説明を求めても、無駄だろう)
(けれど。このまま背を向けて去れば、何か問題が起きるかもしれない)
(もしかしたら、自分の過剰な思い込みかも知れない)
(そして、自分が口にした事が記録されているのは間違いない)
(先程よりも長くそのままそこに立ち尽くすが、急かされれば迷った末にヘッドバンドに手を伸ばし)

……わかり、ました。
(ゾクリと、背中をよくわからない感情が這い上がるが)
(それを務めて意識しないようにして、いつものようにヘッドバンドをつけて寝椅子へと寝転がる)

223 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 00:35:49 ID:EGKRLvL2
ん。それでいいわ。
(咲夜の表情を観察しながら、洗脳機械を調整し、起動する)
(昨日のテストで、咲夜のマゾ性癖が生み出す脳パルスを採取した)
(今日のテストでは、昨日採取した脳パルスを早速活用する)
(ベースは変わらずリラックスと信頼。普通、こんな状況では不安になったり、恐れを抱くのが普通だが、咲夜の脳に咲夜が安心してリラックスしている時の脳波を流すことでそれを打ち消す。
同時に昨日採取した、「足を開け」という命令に従おうとした脳波…つまり「マゾ脳パルス」を咲夜の脳に流す)
(つまり、咲夜の脳は、この状況でリラックスし、乃依に絶対的な信頼感を持ち、さらに、支配されることに快感を覚えるマゾ的な状態を強制されている)
ん…それじゃあ、実験を始めるわ。

まず、サクヤに、この機械が感情を見るだけじゃないところを見せてアゲル。
(昨日採取したデータを再現してみせる。画面を埋め尽くす紫と金色)
ほら。これはアナタが昨日「咲夜は洗脳されたいド変態です」と言った時のデータよ。
紫色は肯定のブルーと欲情のピンク。金色は憧れ。
もう一度言ってごらんなさい?
「咲夜は洗脳されたいド変態です」
(ディスプレイだけではなく、咲夜の脳にもこの状態の脳パルスを流す。しかも、マゾ脳パルスを強化して)
(咲夜の脳は、機械の強制で昨日変態性癖を告白した時のマゾ的陶酔に浸される。
乃依の命令に従いたいという欲求を感じる脳パルスは強化されて。
これに流されれば、咲夜は乃依の命令に逆らえなくなるだろう)



224 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 00:50:20 ID:GEYN/UHB
あ……。
(機械の作動音が響いた瞬間、頭の隅で警報が鳴る)
(先ほどまでのやり取りでざらついた感情が、穏やかになっていく)
(そう、なんの理由もないのに、張り詰めていたはずの精神が緩んでいく)
(やはり、この機械は決定的におかしい。なのに、そういった疑いや敵対心は見る間に消えていき)
(ノーエの実験開始の声に、安心感すら覚えてしまって)
はい……わかりました……。

え……?
あ、これは、昨日の……。
は……い……さくやは……洗脳されたい、ド変態です……ぁ……。
(目の前に表示された色は、自分の心を映し出されているようで酷く恥ずかしい)
(しかし、その羞恥を感じるのも僅かな時間だけで、促されるままに昨日の言葉を口にする)
(その瞬間、頭の中にパルスが流されて、目元から力が抜ける)
(従いたい。従わされたい。そういった気持ちが、心を埋め尽くしていく)


225 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 00:55:37 ID:EGKRLvL2
ほら。ごらんなさい。
リアルタイムに切り替えたわよ。
(言葉通り、ディスプレイの表示をリアルタイムにする)
(色の配置は異なるが、やはり肯定と欲情と憧れに支配された咲夜の脳)
(同じなのは当然。そうなるように機械に強制されているのだから)

アナタは今、とてもイヤらしい気分になっている。
自分がド変態だと認めたことでね?
(嘲笑うのではなく、冷静に告げる。かえって完全に見下しているかのような印象を与えて)

今日の実験は、アナタのオナニーの時の妄想の再現よ。
変態オナニー妄想の脳波は貴重なデータになるわ。
まずは質問。昨日の夜はオナニーしたの?
(否定なら黒。肯定ならブルー…そして羞恥のオレンジ)

してもしなくても。夕べどんなことを考えたのか、言いなさい。
(まずはデータ取り。回答はどちらでも良い。
 このあと、洗脳妄想オナニーの内容を細かく告白させる)
(告白させながら、淫らな欲情の脳パルスを強化してオナニーさせる)
(オナニーによる絶頂パルスがとれれば、好きな時にいつでも咲夜を絶頂させられる)
(絶頂による心の空白は、今後の洗脳に絶大な効果を及ぼす)

夕べしたこと、考えたこと、感じたことをすべて、正直に言いなさい。
(脳波によって、咲夜が支配下に入ったことを確認し、命令を下す)

226 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 01:05:34 ID:GEYN/UHB
あ……はい……そうです……。
(見下ろされながら、赤裸々な自分の感情を告げられる)
(目の前に広げられるディスプレイの光と平坦な声は視覚と聴覚の両方から)
(自分は変態だとはっきりと訴えかけてきて)

オナニーは……していません……我慢、しました……。
(答えなくてもいいことにまで、言葉は滑り)
(画面には黒とオレンジの混合色が流されて)

夕べは……この機械の事を考えていました……。
この機械が、本物かどうか……。
本当に、私を洗脳してしまうのかどうか……考えていたら……。
体が熱くなってきて……慰めてしまいそうになるのを……布団の中で我慢して、いました……。
そのまま弄ったら……本当に、言うがままになってしまいそうだったので……。
(聞かれるがままに、自分の心情と思考を紡ぎ出していく)
(そこには躊躇いも羞恥も感じられず、命令に従っていて)

227 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 01:10:58 ID:EGKRLvL2
ん…そう。
我慢したの。
洗脳されるかもしれないって考えたら、いやらしい気分になった。
そのままオナニーしたら、ワタシの命令に従いたくなってしまう…
だから我慢した。
正解よ。サクヤ。オナニーして、ワタシの言うがままになるのは洗脳じゃない。
それはサクヤがマゾのド変態だから、喜んでワタシの命令に従うだけ。
それはサクヤの意志よ。洗脳って言うのは、サクヤの意志がなくなるっていうコト。
ワタシが考えさせたいことをサクヤが考えるっていうコト。
興奮するでしょ?

それじゃあ、今日の実験のメイン。
サクヤの願望を告白しなさい。
サクヤはオナニーする時、どんな風に洗脳されることを想像するの?
誰に洗脳される?
方法は?機械?薬?催眠術?
そして、洗脳されたサクヤはどんな風に変わるの?
何を命令され、何をするの?
全部告白するのよ。オナニーしている時の自分を思い出しながら。
(マゾ脳パルスをさらに強め、同時に発情パルスも強める)
(性的な快楽のパルスを採取し、少しずつ強化してリピートするプログラムを起動する)
(咲夜は淫らな気分になればなるほど、その状態を強化され、快楽も洗脳機械との共鳴によってどんどん高まるようになった)
ん…ああ…どんなにいやらしい気分になってもオナニーしてはダメよ。
手は身体の横に。自分で触るのは禁止。
足を開くのは許可するわ。好きなように開きなさい。
開いたり閉じたりがキモチ良かったら、それは許可するから自由にしなさい。
(この命令に従った時、咲夜が晒すことにになる姿はとんでもなくみっともない)
(股間をぱかぱかと開閉しながら、洗脳オナニー妄想を垂れ流す少女)
(そして、この姿は、あらかじめセットしたビデオカメラに録画される)

228 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 01:27:10 ID:GEYN/UHB
正解……私の意思のままに慰めていたら……洗脳じゃない……。
だから……私が……?
洗脳は……私の意思がなくなって……あぁ……は、い……します……。
興奮、します……。
(言われている事がどこかおかしいと思うものの、その考えは持続せず)
(口から出るのは、ノーエの言葉を肯定する為の言葉)

あ……はい……。
悪い人……です……。
悪人に、捕まってしまって……機械で頭を弄られたり……蟲を取り付かされて、支配されたり……催眠術で……意志を奪われたりします……。
嫌がってるのに……機械で洗脳されるうちに……目から光が消えて……どんどんだらしない表情になって……。
(足が折れ曲がり、スカートが捲れ上がっていく)
(しかし、熱に浮かされたように妄想を吐き散らす口は止まらずに)
(カメラに下着を見せ付けるようにがに股気味に足は開かれ、また閉じていって)
洗脳された私は……何も考えられないお人形です……。
自分の意思は完全になくなって……ご主人様に奉仕するだけの人形になります……。
えっちな格好をさせられたり……舌で色んな場所を舐めたり……。
いやらしい下品な姿を……どこでもさせられて……命令一つで、どんな変態行為もできるようになります……っ。
(リピートされるパルスはどんどん強くなって、足の動きもくねるように艶を帯びていって)
(下着のクロッチには、はっきりと染みが浮かんでいるのが確認できて)

229 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 01:34:45 ID:EGKRLvL2
ん……そう?
わるいひとに洗脳されちゃうの。
機械や、虫や、催眠術で。
そして、何も考えられない人形になるのね。
自分の意志のない、支配者に奉仕するだけの人形。
サクヤは支配者の命令のままに下品でいやらしい格好をしたり舌でどこでも舐めたり、
どんな変態行為も出来るようになる。
それがサクヤの望み。サクヤの願望なのね?
そして、そういうことを考えて、サクヤはいやらしい気分になってオナニーする。

いいわ。
想像しなさい。洗脳されたいド変態のサクヤ。
サクヤは脳に機械を埋め込まれて洗脳される。
電波でどこからでも支配される。
ワタシによ。
ワタシはサクヤを洗脳マゾ人形にして、いつでもどこでも変態行をさせる。
どう?
想像して、オナニーなさい。
いま、ここで。
(命令とともに、性的快楽の共鳴を強める)
(咲夜はオナニーを始めた瞬間に絶頂するだろう)


230 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 01:42:30 ID:GEYN/UHB
はい……そうです……それが私の願望です……。
洗脳されるのを想像して……いやらしい気分になって、自分を慰めちゃいます……っ。
(興奮で愛液をねっとりと滲ませながら、股を忙しなく開閉させて)

あ……します……私、洗脳されます……。
ノーエさんにぃ……ノーエ様に、洗脳されちゃうぅぅっ!
(命令されると同時に、頭の中が快楽で満たされていく)
(オナニーの事しか考えられなくされながら、もどかしげに下着をズリ下げて)
(指を割れ目に浅く差し込み、震わせた瞬間に絶頂が襲ってきて)
(背筋をそらせながら、つま先をきゅっと折り曲げて、快感に打ち震える)

231 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 01:47:32 ID:EGKRLvL2
ん…ヨニ様、よ。覚えておきなさい。
(洗脳機械が咲夜のマゾアクメ脳波を記録した)
(この機械は、これでいつでも自由に咲夜を絶頂させる)
(絶頂時の精神の空白に、固定させたい性癖などをすり込むことで、この機械は咲夜の心を自由自在に変えることが出来るようになった)
(少女を絶頂で変態に変える、アクメ洗脳マシーンの完成)
(さらに、今回乃依は新しいアイテムの実験も行う予定だ)
(それは脳に…正確には頭皮の内側に埋め込む洗脳チップ)
(埋め込めば、ヘッドバンドなしで、いつでもどこでも洗脳パルスを脳に流せる)
(24時間洗脳される人形のできあがりだ)

【ここで時間切れ…今回はこのレスで凍結にさせて】
【次回も日曜の23時からでいいかしら】
【このあと洗脳チップを頭に埋め込もうと思っているんだけど】
【すぐにした方がいい?
 それとももう一度時間を空けて、自分から施術を受けにこさせようかしら】


232 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 01:52:19 ID:GEYN/UHB
【はい、お疲れ様でした。次の日曜日の23時ですね、大丈夫だと思います】
【そうですね……心身ともにだらしなく絶頂してしまっていますし、ここで畳み掛けてしまってもいいのではないでしょうか?】

233 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 01:55:55 ID:EGKRLvL2
【>232
 ん。それは、このまま洗脳チップを埋めてしまって良いというコトね?】
【じゃあ、次回はチップを埋めて、咲夜をホンモノのド変態の人形に変えましょう】
【アクメする度に一つずつ変態になっていくのよ?】

234 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 01:58:01 ID:GEYN/UHB
【は、はい……でも、埋め込んでからが洗脳の本番、ですものね?】
【頭の中洗脳漬けにして、ヨニ様に支配されるためだけに存在する変態マゾ人形に変えてください】
【ん……一週間も待てないかもしれませんね……♪】

235 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/11(月) 02:02:10 ID:EGKRLvL2
【ええ。もちろんよ。サクヤの人格をどんどん削って、最後には全部無くしてあげるつもり】
【サクヤを無くしていくのってとても楽しいでしょうね。ワタシも楽しみよ。】
【今夜もお相手ありがとう】
【それじゃあ、また来週。これでおちるわね。お休みなさい】

236 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 02:05:16 ID:GEYN/UHB
【お疲れ様でした。私こそありがとうございます。また来週、おやすみなさい】

237 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/11(月) 02:05:30 ID:GEYN/UHB
【あ、スレをお返しします、ありがとうございました】

238 :名無しさん@ピンキー:2010/10/11(月) 17:31:38 ID:f5tTuQOJ


239 :名無しさん@ピンキー:2010/10/17(日) 15:42:59 ID:6zJPFBQE


240 :名無しさん@ピンキー:2010/10/17(日) 20:49:42 ID:6zJPFBQE
勘弁してよ

241 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/17(日) 23:05:36 ID:SYu0X0q8
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

242 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/17(日) 23:06:55 ID:9V7wX7Bf
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】

【この前の続きからね。
良ければ、こちらからの書き出しで再開するけど】
【今夜は咲夜に洗脳チップを埋め込んで、本格的に洗脳を開始する予定よ】

243 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/17(日) 23:07:40 ID:SYu0X0q8
>>242
【はい、その流れでお願いします】
【それでは、書き出しをお待ちしていますね。今夜もよろしくお願いします】

244 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/17(日) 23:12:02 ID:9V7wX7Bf
(絶頂と。それに続く弛緩の中に咲夜はいる)
(乃依は、洗脳機械を操作して採取・記録されている弛緩の脳パルスを増幅して送り返す。
これで咲夜の肉体は動かないし動こうとも思わない)
(そして寝椅子を変形させてソファ型にし、咲夜を座らせる)
(バンドで咲夜の身体をソファに固定すると、いかにもな形の金属製の箱を咲夜の頭にかぶせ、これも咲夜の身体とソファに固定してしまう)
(この箱は、中に個人の所有物ではあり得ない程の高度で精密な機械が詰まっている)
(これは自動手術機械で、頭皮の下に洗脳チップを埋め込む為のモノ)
(極小の洗脳チップは体温と生体電流で動く。埋め込まれた瞬間から咲夜の脳活動を素規定して特殊な電波で送信する。
もちろん、ヘッドバンドと同じように、咲夜の脳パルスを自由にコントロールすることも出来る)
(洗脳チップは3つ、性格に位置を定めて埋め込まなくてはならない。
 この機械と洗脳チップに値段はつけられないが、制作費だけでもとんでもない金額だった)
(乃依はいくつかの特許や、何人かの洗脳した人形たちからの献上金をこれの制作に充てていた)
(今回が初めての実地テストになる。テストが成功すれば、乃依の洗脳技術はさらに高度で精密なものになるだろう)
(もちろん、そういう自分の技術を高めるだけが目的ではない。乃依は無表情の下で、咲夜を洗脳人形にすることを楽しんでいる)
(その洗脳プロセスを楽しむため。脳波ここでわざわざ、覚醒バルスを送る)
(咲夜をまどろみから目覚めさせ、決定的な瞬間を体験させるために)
ん…起きなさい、サクヤ。
今から、アナタに洗脳手術を施すわ。
(弛緩のパルスは継続させる。咲夜は脱力して指一本動かせない状態で、意識だけを覚醒させられ、決定的な破滅を宣告された。やる気がないのかと言うくらい、淡々とした口調で)
サクヤの頭に洗脳チップを埋め込む。そうすれば、24時間ワタシの洗脳を受けられるようになるから。


【こんな感じで、咲夜を洗脳人形にするわね】
【今夜は、サクヤに何度も何度も洗脳アクメをさせるつもりよ】

245 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/17(日) 23:21:16 ID:SYu0X0q8
>>244
(度重なる言葉責めと脳に送られたパルス)
(不慣れな、というよりも初めての経験と負荷は想像以上で)
(秘所に指を浅く入れたまま、絶頂の疲労感に身を任せつつ、ぐったりと意識と身体を弛緩させる)
(姿勢が変えられて、頭に被せられた箱で視界が遮られても)
(その事に不信感を抱く事もなく、されるがままになっているが)
(脳に覚醒パルスを送られれば、今までのマゾ快楽に酔いしれた意識は収まり)
(代わりに、普段の生真面目で羞恥心の強い意識が目を覚まして)
え……?
こ、これは……?
ノーエさん、これは、一体……しゅ、手術……?
そ、そんな事……お、お話だけのこと、です……。
私の……私の性癖を聞いて、嬲っているんですか……?
こんなの、実験なんかじゃないです……ノーエさんが、楽しんでいるだけじゃないですか……。
(のろのろとした口調で、途切れ途切れに抗弁する)
(事ここに至って、決定的な言葉を吐かれながらも、そんな事が実際にあるわけないと)
(むしろ、ここで弱気になっては思う壺なのではと、嫌な予感を押し殺しながら強気に振舞って)

246 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/17(日) 23:32:28 ID:9V7wX7Bf
ふふ。お話だけのこと?まだそんな風に言うのね。
怖いの?でも怖いのは何?
変わってしまうこと?自分を失ってしまうこと?
でも、それがサクヤの望みだったはずよ。

それとも、手術と聞いて不安になった?
ん…大丈夫よ。痛みはない…とは言わないけど、感じないから。
洗脳チップを埋め込まれる時、サクヤはオーガズムを感じているわ。
こんな風にね?
…teen,do,ek(ティーン、ドー、エーク )ぱんっ!
(ヒンドゥー語で3,2,1と数え、手を打つ。この音声と手を打つ音がスイッチ)
(洗脳機械が、さっきの咲夜のオナニー絶頂のパルスを流して脳を満たす)
(咲夜は機械に強制的にアクメさせられ、さらに、絶頂による精神の空白に、こうしてすべてを支配されることへの喜びと性的な執着、フェティシズムを埋め込まれていく)
(咲夜は、今後機械に絶頂させられる度に、洗脳フェチの度合いを強化されていくのだ)
ん。理解できた?サクヤの脳波はワタシのモノだってこと。


247 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/17(日) 23:43:13 ID:SYu0X0q8
そ、そんな事は……。
あんな事、現実に出来るわけありません。
できるとしたって、こんな、普通の学校の校医なんて、やってるわけ……。
(理屈だった言葉を並べて見ても、ますます不安は募り)
望んでなんて……いえ、仮に望んでいたとしても、嫌ですっ。
自分が、なくなってしまうなんて……こ、怖い、です……。
(怖いのは、目の前にいるであろう、彼女)
(本当に恐ろしいのは、この期に及んで何の感情も露わにしない彼女の存在だ)

チップを埋め込む……あ、頭に何かするつもりなんですか!?
そ、そんな事したら……ん、あ……?
ふぁ、ああああああああぁぁっ!?
(自分も彼女も、戯れではすまない。そう言おうとした瞬間、頭の中に急激に爆発的な快楽が湧き上がる)
(先ほどと全く同じ、圧倒的快楽。口の端から一筋涎を垂らしながら身体をビクビクと震わせつつ)
(状況をなんとか整理しようと思考をまわそうとしても、この異常な状況に対する不安は消えていき)
(家でオナニーに耽っていた時のような倒錯的な思考と妄想が湧き上がってくる)
あ……はい、分かります……わかり、ましたぁ……。

248 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/17(日) 23:54:21 ID:9V7wX7Bf
それに、これはきちんとした実験よ。
とてもお金のかかった…
(乃依は、淡々とした口調のまま、今更のように先刻の咲夜の非難に反論する。
プライドに触るところでもあったのだろうか)
学術的にも世界に類を見ないほど貴重なデータや、科学的成果が得られる、ね。
洗脳に憧れる変態性癖を持った被験者が、実際に洗脳される時の脳の働きなんて
今まで誰も知らないし。
今回の新しい洗脳機械が、ヒトの脳をどこまで完全に支配できるのか、それを確かめられるのよ。
もちろん、ワタシが楽しんでいるというのも事実だけれど。

ん。理解したようね。それでこそ洗脳に憧れる変態のサクヤよ。
(洗脳機械による強制的な理解なのは、乃依にもわかっていたが、それでも頷いて…辱めの言葉で褒める)
あ…言い忘れていたけれど、サクヤの様子は最初から全部ビデオに撮っているから…
あとで、二人で見て楽しみましょう。サクヤが人形になる瞬間をね。
(半分は本気。残り半分は、先ほどのオナニー絶頂をビデオに撮ったという脅迫)
(しかし、洗脳アクメに蕩ける咲夜には、果たしてどこまで届いているのか)
さあ、始めるわ。

(前置きも何もなく、乃依は機械を操作して、洗脳チップ埋め込みの施術を始める)
(操作と言っても、あらかじめ準備していたコンピュータのプログラムを起動するだけ)
(自動手術装置は、咲夜の頭をスキャンして、洗脳チップの埋め込み場所を正確に決定し、左右のこめかみと後頭部に狙いを定めた)
(少し太い注射針のような埋め込み端子が頭皮に当たる。)
(あとは実際に皮膚の下にチップを入れるだけ、という段階になって)
「センノウ、カイシ」
(わざわざプログラムした合成音声が施術開始を告げて)
(機械は咲夜の脳に絶頂パルスを連続で送り込む)
(天に昇る快感が怒濤の波になって咲夜を襲う)
(快楽の天に放り上げられ、そのまま足りることを許されず、アクメのピークを極め続ける)
(それは十数秒という、けして長くはない時間。しかし絶頂している咲夜にはどうだろうか)
(その十数秒間で、機械は咲夜の頭の皮膚を切り裂き、正確な位置に3つの極小チップをセットし、傷口を特殊な樹脂で固める)
(こめかみの傷跡は、よほど注意して見ないとわからない程度。後頭部は髪に隠れてわからない。そして、血はでなかった)

(咲夜の頭に埋め込まれたチップが活動を開始する)
(咲夜の脳の動きは機械に余すところ無く暴かれ、記録される)
(そして支配される。咲夜は洗脳人形になった。実に、あっけなく)
(機械は、咲夜の脳、そして身体をいったん落ち着かせるために、弛緩とリラックスのパルスを送った)

249 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/18(月) 00:07:31 ID:SYu0X0q8
……そんな……!
支配、だなんて……そんな機械、あっちゃいけないです……。
じ、実験は……もう、やめて……やめてくださいっ!
(淡々とした口調は、咲夜に反論を許さない)
(もちろん、彼女の言葉に明確な論拠はないが、少なくとも今自分のかかっている機械は)
(一定以上の効能がある本物で、これが実用化などされたら大変なのではないか)
(そんな、義憤にも似た想いが口から零れる)

あ、ああ……っ。
(口から漏れる溜息は、快楽が半分)
(そして、残りの半分は容易く感情を弄ばれてしまう、自分に対する失望)
(まだ自分の、雪白咲夜としての意識が有りながらこんな有様になるとは思ってもいなくて)
(せめて、多少なりとも抵抗しようと目をぎゅっと閉じて、その瞬間に備える)

(ビクリと、何か先端が頭に触れたことを感じて身を震わせ)
(そして、次の瞬間に送り込まれるパルスは、覚悟も準備も、全てを打ち壊した)
(脂汗を流して、僅かに半秒ほど絶頂を堪えるが、それが限界)
んん……く、うぁ……あああああああああああぁぁっ!
んぅっ、ひぅっ、くっあ、はっ、ふぅ……!
んひぁぁぁぁぁぁんんっ!
はぅぅぅぅあぁぁぁぁぁぁっ! んっ、ふあぁぁぁっ!
ひぐっ、あぐううううぅぅきぁぁぁぁっ!
(拘束された手足をばたつかせながら、悲鳴にも似た快楽の叫びを上げて)
(頭部への手術など、全く感じないかのように、頭の中身を快楽だけで染め上げられ)
(最後は酸欠になりrかけながらも、搾り出すように声を上げ続けて)
(下着の用を成さないほどに愛液は垂れ流しになり、椅子を汚していく)

250 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/18(月) 00:14:55 ID:FX9AnmHa
(連続絶頂で息も絶え絶え、と言った状態になった咲夜)
(その間に施術は終わっていて)
(すべてが終わったあと、ぐったりと弛緩させられた咲夜の額の汗を拭ってやりながら)
(ソファ=寝椅子を汚すほどの愛液を見て、口元で笑った)

ん。施術は完了。
これで、サクヤはワタシの洗脳人形よ。どう。嬉しいでしょう?
(「嬉しいでしょう?」という言葉と同時に、わき上がる喜びと、金色の憧れのパルスを送る)
(サクヤの脳は、もう二度と、乃依の望まないことを感じない。考えない)
(乃依への怒りや、洗脳への恐怖など、否定的な感情は、生じた瞬間に洗脳機械がかき消す)
(乃依に対しては絶対の信頼と、神への畏怖のような畏敬の念、そして愛情)
(洗脳に対しては、純粋な憧れと性的なフェティシズム)
(そうした感情を、洗脳チップは強制し続ける)
もちろん。これで実験は完了じゃないわ。
むしろ、実験は今始まったの。
サクヤの脳活動を記録し、支配し、書き換えて。
完全な洗脳人形にするという実験よ。
(そして、咲夜の頭から、手術機械と、ヘッドバンドを外す)
(脳波測定と洗脳用のヘッドバンドはもう必要ない。それは咲夜の頭についているのだから)
(ベルトの拘束も解いて、ソファを寝椅子に戻す)
ん。感想は?どんな感じかしら。
洗脳人形になったというのは?サクヤ。
(今回はチップはニュートラルのまま)
(咲夜の今の素の感情を読み取り、記録することにする)
(否定的な感情だけであれば、それは記録し、今後の洗脳のベースとして使う。
 何らかの危険な感情や行動の兆候があれば、すぐさま打ち消すように自動プログラムは働いている)


251 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/18(月) 00:29:30 ID:s6aybXzZ
はぁっ……はぁっ……。
え、あ……?
(永劫とも思える絶頂地獄。しかし、それでも体感として1分にも満たなかった事は分かる)
(そして、快楽で満たされていた頭は痛みを全く感知できておらず)
(何かされたという認識すら、上手く持てずにいて)
(ただ、僅かな疼痛がそれがあったらしい、とおぼろげに想像させる)

うれ……ぇ……?
あ、ああああ……♪
はい……嬉しいです……。
(嬉しいわけがない、そういおうとした瞬間に、歓喜の感情が湧きあがる)
(脈絡のない理不尽な感情は、先ほどまでも経験していたもの)
(そう思っても、自分ではどうする事もできずに悦びを告げてしまい)
(感情の波が収まれば、以前のように屈辱と快楽の残滓が残って)

…………。
(ノーエの質問に、僅かに思考する)
(今の行為が、本当に洗脳ならば、どうする事もできない、はずだ)
(だが、今まだ自分は自分の考えで物を考えている。空想で言われているように、人形になったりはしていない)
(自分のマゾヒズムを使って、彼女が自分を屈服させるのが狙いなら)
(屈服し、人形になったフリをした方が、この後何かのチャンスがあるかもしれない)
(そう考えると、わざと表情を弛緩させたまま、平坦な声を作り答える)
……はい、とても気持ちよかったです……。

252 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/18(月) 00:39:30 ID:FX9AnmHa
……はい、とても気持ちよかったです……
(そう答える咲夜。その脳内。感情の中に欺瞞が含まれていることは、チップの測定で関知され、乃依のモニター上に表示されている)
(乃依はくすり、と笑う。脳活動のすべてを把握されている、ということの意味を、咲夜が理解していないことに。
しかし、咲夜の目には、洗脳がうまくいったことに喜んだように見えたかもしれない)

ん。そう。良かったわ。ワタシの洗脳人形サクヤ。
(再び、歓喜、崇拝と言った感情を走らせる)
(咲夜がこのことをどう理解しようと)
(すでに定まったレールの上を走るしか無い)
ワタシの洗脳人形になったサクヤに、最初の命令よ。
これを。
(そういって差し出したのは、咲夜の携帯と同型の、と言うより寸分違わぬ同じ携帯)
(ただし、同じなのは携帯としての機能で、その正体は洗脳チップとリンクする、洗脳電波の中継器だった)
これにSIMカードを入れ替えて。今後はこちらを使いなさい。充電を切らしてはダメよ。
(バッテリーも特別製なので、まず問題は起こらないが、そのように告げた)
データもコピー済みだからそのまま使えるわよ。
(この携帯を持っていれば、咲夜は自宅はもちろんどこにいても乃依の思うままに操られる。そのためのアイテムだった)
(だが、そのことは咲夜に言わない。咲夜がまだ乃依を欺こうとしているから)
ん…命令を実行して、「ご命令に従います、ヨニ様」と言ってごらんなさい?
ご褒美があるわよ。
(命令の「実行報告」がスイッチになり、強制洗脳アクメするようにセットされていた)

253 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/18(月) 00:49:55 ID:s6aybXzZ
…………。
(ちらりと視線を送れば、ノーエの口元は僅かにほころんでいて)
(それがどういう意味かは分からないが、とりあえず、即座にどうこうはされない、ようだった)
(内心で、そっと安堵の溜息をつくが、それはすぐに裏切られる事になる)

あ……?
んっ……はい……ありがとうございます、ヨニ様……。
(突然湧きあがった感情に、思わず戸惑いの声が漏れる)
(ヘッドセットをしていないはずなのに、感情がコントロールされている)
(それは、彼女の言葉の一端が、真実だった事を示していて)
(頭の中に一瞬浮かんだ諦観も、すぐに目の前の人物への崇拝の念に流されていく)

それ、は……?
はい、わかりました……。
(自分の言葉が、演技なのか強制されているのか、少しずつ混乱していく)
(特に拒否感のない命令には、その傾向が強くて)
(だからこそ、渡されたものにSIMカードを入れてると、続く言葉も無警戒に唇に乗せた)
ご命令に従います、ヨニ様……っ。
あ、んああぁぁぁぁぁっ♪
(肉体からではなく、精神へと直接送り込まれる快楽)
(目の前の人物に服従する悦びが、絶頂と同時に刷り込まれる)
(それは、無意識の内に本来のマゾ性と結びつき始めていって)
(太腿に愛液を流しながら、唇が半開きになっていく)


254 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/18(月) 01:00:27 ID:FX9AnmHa
…ふふ。どう?
(咲夜の精神が蕩け始めたことが、その兆候がモニターに現れて)
(そのことと、目の前の咲夜の痴態に、乃依は微笑む)

サクヤのマゾアクメ。見ていて楽しいわ。
これからはワタシの好きな時に、サクヤは絶頂する。
ワタシがアレを言って手を叩けば。
そう…これよ。
…teen,do,ek(ティーン、ドー、エーク )ぱんっ!
(マゾアクメパルスを流して、咲夜の心と体に、自分が他人に思うがままにされる人形なのだという事実を突きつける)
それからね。これからサクヤは、自分でオナニーする時、どんなに激しくしても、
身体を弄る行為だけではアクメできないわ。道具を使っても同じこと。
サクヤが自分で絶頂するためには、キーワードが必要。
「サクヤはヨニ様の洗脳マゾ人形です」
こういわないとアクメできないわよ。
…逆に、キーワードを言いさえすれば。いつでもどこでも、サクヤはアクメできるわ。
いい?次のアクメのあと、サクヤはそうなる。理解したわね。
……teen,do,ek(ティーン、ドー、エーク )ぱんっ!
(咲夜の性の快楽を、洗脳人形としてのものに固定してしまった)
(これでは、まさにただの人形。洗脳マゾ人形だ。そう実感できるように)
…ん。
じゃあ、テスト。キーワードを言って。絶頂しなさい。
ワタシの洗脳マゾ人形サクヤ?

255 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/18(月) 01:12:10 ID:s6aybXzZ
……はい、とっても気持ちよかったです……。
(ノーエの質問に、洗脳後と同じ返事を返す)
(しかし、今のそれは演技ではなく本心)
(快楽で理性を麻痺させられれば、この異常な状況は自らのマゾ性を引き出す最高の舞台装置で)

あ、ありがとう、ございます……は……んひぃぃぃんっ♪
(掛け声が始まると、言葉が途中で止まる)
(送られるパルスに対して身構えているのか、それとも快楽への期待なのか)
(それを判別する暇もなく、合図によって容易く絶頂に導かれて)
(人形である自分への興奮を徐々に覚えていってしまい)

はい、わかり……あぅっ、んふあぁぁぁぁぁぁんんっ♪
(続けての合図で、さらに絶頂すれば、頭の中は真っ白になり)
(その間に刷り込まれていく人形としての性癖は、しっかりと刻み込まれて)
(興奮を隠し切れないように、舌を口内でくねらせてから、キーワードを口にする)
はい……咲夜は、ヨニ様の洗脳マゾ人形です♪
お、あ……ほぁぁぁぁっぁぁうぅぅぅっ♪
(自分は人形)
(自らの言葉で絶頂した瞬間、それは完全な自己認識として定義された)
(そして、自分の全てを投げ打って、マゾ人形の喜びに浸りたいという思考まで頭に浮かんできて)

256 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/18(月) 01:19:10 ID:FX9AnmHa
【ん…ごめんなさい】
【時間的に厳しいから、ここまでにしたいの】
【それで、このあと、どうしましょうか】
【咲夜が良かったら、また来週、この続きをしたいわ】
【ワタシの身体や、体液を舌で舐めると感じたり絶頂したりする性癖を植え付けたり】
【放課後や、昼休みの学校の中で露出させたり絶頂させたり】
【咲夜を洗脳して、玩弄物にしていきたいと思っているんだけど…】
【でも、今のところ日曜の夜しかこられない状態だから…続ける、終わるは咲夜の都合とか、意志次第ね】


257 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/18(月) 01:21:53 ID:s6aybXzZ
【そうですか、分かりました】
【もちろん続けて欲しいですけれど、もうちょっと早い時間から始められればいいのですけれどもね】
【ノーエさんが難しいなら、そこは仕方ないですし】
【来週の23時にまた伝言板で、ですね】

258 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/18(月) 01:28:37 ID:FX9AnmHa
【ありがとう。それじゃあ、また来週の23時に掲示板で】
【ええ。ごめんなさい。少し早くできるようになればいいのだけど】
【来週はきっと同じ時間でしか出来ないと思う…】
【日にちや時間が出来る用にしてみたいし、出来たら伝言するわ】
【それじゃあ、今夜もお相手ありがとう。
 お休みなさい】
【おちます。また来週】

259 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/18(月) 01:33:52 ID:s6aybXzZ
【はい、今夜もありがとうございました】
【それでは、また来週日曜の23時に伝言板で】
【お疲れ様でした、ノーエさん。おやすみなさい、また来週】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

260 :うふ〜ん:うふ〜ん ID:DELETED
うふ〜ん

261 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/22(金) 04:47:53 ID:daLDF2p6
名前: 渡瀬 飛鳥
年齢: 18
身長: 155cm
3サイズ:80・55・82
髪型: 黒のロングヘアー。ツーサイドアップで留めています。
性経験: 無し
性格: 明るく礼儀正しい。
服装: 仕事着:薄いピンクのフリルの着いたドレス風のワンピースにロング手袋とブーツ。
    私服:街中でよく見かける普段着。変装用のサングラスと目深に帽子を被っている。
備考:最近話題になり始めた新人アイドル。全国各地で懸命にソロ活動をしている。
MCの希望: 機械や薬物による洗脳及び調教。主に従順な奴隷に仕立て上げられたいです。
      NGとしては猟奇的な表現等。

【こんな時間ですが待機してみます。】
【限界は8時頃までです。凍結は可で。】

262 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/22(金) 05:48:54 ID:daLDF2p6
【待機解除しますね。】

263 :名無しさん@ピンキー:2010/10/22(金) 05:52:24 ID:NIrV3b+Q
>>261
【こんばんは、まだ居ますか?】

264 :名無しさん@ピンキー:2010/10/22(金) 06:05:43 ID:NIrV3b+Q
【入れ違いでしたね、失礼します。】

265 :名無しさん@ピンキー:2010/10/22(金) 11:54:21 ID:yLiEXx/h
惜しいな

266 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 20:54:13 ID:TjshL0mu
【また待機してみます。】

267 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 21:03:54 ID:L7RHqAXo
【良ければお相手願えますか?】

268 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 21:10:37 ID:TjshL0mu
【こんばんわ。此方こそ宜しくお願いします。】
【えっと、シチュの方はどうしましょうか?希望は上記の通りなのですが】

269 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 21:14:01 ID:L7RHqAXo
【ありがとうございます】
【では、演技指導と偽って貴Cをホテルの一室に誘導し】
【薬とつけさせたヘッドホンにてMCする…といった感じで如何ですか?】

270 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 21:20:14 ID:TjshL0mu
【解りました。けど貴Cってなんでしょうか(汗理解力がなくて御免なさい。】
【書き出しの方はどうしましょうか?もしよければ此方から書き出しさせてもらってもいいでしょうか?】
【あと服装等如何しましょう?】

271 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 21:24:37 ID:L7RHqAXo
【ええと、簡単に言うと飛鳥さんのことです、面倒な書き方で申し訳ないです】

【書き出しについては問題有りませんよ、此方から回させて頂きます】
【服装は、仕事を終えた所を呼び出した、ということにして仕事時の服装で構いませんか?】

272 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 21:28:45 ID:TjshL0mu
【いえ、お気になさらず。私の方こそ御免なさい。】
【ではお言葉に甘えさせて貰います。】
【仕事着の方了解しました。】

273 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 21:33:23 ID:L7RHqAXo
【他に何かありますか?何もなければ書き出しを次で回しますね】

274 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 21:39:21 ID:TjshL0mu
【いえ、此方からは特には。MC後は徹底的に調教されたいですね。】

275 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 21:40:29 ID:L7RHqAXo
【了解しました、では少々お待ちを】

276 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 21:49:56 ID:L7RHqAXo
(最近良く渡瀬飛鳥、という名前を良く聞くようになっては興味を持ち如何にかして自らのものにしたいと思っていては)
(ちょうどプロデューサーである自らが受け持つ所に相手の名を発見してはマネージャー伝いに演技指導の名目で)
(とあるホテルの一室に来るように、と促しては)

(さっそく脳波に影響を及ぼす周波の音を流して心理操作を行う機材とそれに繋がれたヘッドホンと)
(自らの声を伝えるマイク、更にその動作を円滑にする薬剤を溶かし込んだ水を用意しては)

(椅子に座り、飛鳥を待ち)

【こんな感じで大丈夫ならば、此方は蹴って下さい】

277 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 22:06:31 ID:TjshL0mu
(人気急上昇中の若手アイドルである飛鳥はその日大手音楽番組からの出演依頼を受け、アイドル衣装に身を包んで熱心に歌を歌い観客を魅了していた。)
(長い収録を終えた後、唐突にマネージャーから次の番組のプロデューサーが自分を呼んでいるのだと聞かされる。)
(二つ返事で了解した飛鳥は車に乗り、指定されたホテルへと到着する)

えっと…このお部屋、ですね。失礼します。渡瀬 飛鳥です。
(コンコンと扉をノックし、室内へと入る。そこで見た物は見た事もない音響機材とおぼしき物)
(そして中央の椅子に座る男性の姿。)
あ、あのっ…今回は次回番組に出演するための演技指導を行うと聞いて参りました。
どうかよろしくお願いしますっ!
(相手に指定された可愛らしいアイドル衣装のままでお辞儀をして)
(これから行われる演技指導が自らを変えていくのだとこの時は知る由もなくて)

【いえ、大丈夫です。】
【お待たせしました。よろしくお願いします。】

278 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 22:19:50 ID:L7RHqAXo
渡瀬ちゃんだね?噂は聞いているよ。
(確か収録の後である相手の姿からは疲れの欠片も見えぬが、恐らくは疲れているのだろうか)
(ヘッドホンを持っていたがそれを机に下ろしては此方からもにこりと笑んで見せて)
(お辞儀をする相手を見下ろしながらに相手に告げていって)
次の番組は、少し特殊なものでね…少しだけ、話があってね…。
君も知っているだろう?私の番組に出て更に有名になったアイドルを…。

(殆どのレギュラーのアイドルは、相手に受けさせる予定のMCを受けさせており)
(とりあえず向かいの席に座るように相手に促しながらに、ヘッドホンを手渡そうと)
さぁ、先ずは座って…ヘッドホンをかけてくれるかい?
水でも飲んで落ち着いて、聞こえる音を良く聴いて…ね

【では、何かあれば此方でお伝え下さいね】

279 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 22:35:42 ID:TjshL0mu
噂だなんてそんな…。私なんてまだまだ駆け出しです。
(自分の事を調べてくれたのだろう。少し嬉しくなるが自分を戒める様に言いつけて)
(手に持っていたヘッドホンの事は全く気にする事なく)
(にこりと微笑むプロデューサーは飛鳥から見ると優しそうな人物だなと思わせて)
お話、ですか?
あ、はい。凄いプロデューサーさんだとお伺いしています。
先ほどマネージャーさんも凄い慌てた様子でしたし。
私もプロデューサーさんの番組に出てたアイドルの事はよく知っています。凄く綺麗ですよね。
それに皆凄く息がいいっていいますか…。
(アイドル達がプロデューサーの支配下に置かれている等と飛鳥は知らない。)
(知らない為に彼女達の統率された動きの事を知る事はなくて)

あ、はい。わかりました。
(指定されるままに椅子に腰かけるとふうっ、と溜息を吐いて。慌てて背筋を正しなおすと)
(手渡されたヘッドホンを頭にセットし、近くに用意されていた水を手に取ると口に含み飲み干して)

【解りました。MCされたレギュラーアイドルの一員にされる、という流れにしてみようと思うのですが宜しいですか?】

280 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 22:45:24 ID:L7RHqAXo
ふふ、謙遜しなくてもいいよ。君は大成する…私が保証するよ。
(相手をおだてて、自らを諫めようとしている相手の努力を無に帰させようと試みて)

君の次回の出来次第では、レギュラー入りも考えているよ。
君みたいな可愛らしくて人気出掛けのアイドルを支援するための番組だから…ね。
(表面的には視聴率も同じ時間帯の番組と比べて良い番組であり、人気のある番組としか見て居ないのだろう)
(警戒せずに罠に落ち掛けた相手の後ろに回っては、ゆっくり相手の肩を撫でながらにマイク越しに話しかけ)
(声は相手の脳波を乱す音に乗り、相手の脳にダイレクトに入る筈で)
リラックスして…気分はどうかな?


【ええ、そのような感じで考えて居ましたので、それでお願いします】

281 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 22:59:47 ID:TjshL0mu
そ、そんな…謙遜なんて。
それに大成するかどうかは当人の努力次第だと思いますし。
(そう答える飛鳥は尚も自らに言い聞かせるが)
(そんな思いもこの後行われる処置により意味のない物へと変わるのだった)

(ヘッドホンを装着すればキィン…と耳鳴りの様な音が木霊する)
れ、レギュラー入りだなんて、そんな…私なんて今回が初めてですし…
んんんっ、その、心遣いは凄く嬉しいのですが…それでは他の出演者様が……
(耳鳴りの様な音に木霊するようにプロデューサーの声が鼓膜を通り抜け脳裏に響き渡る)
(一言一言がやけに大きく聞こえては身体から少しずつ力が抜けていく)
んぅ、はい…なんだか、凄く気持ちいいです……
(気づけばプロデューサーは背後に回っており、肩に手をかけては撫でていく)
(その手つきは妙に緩やかで飛鳥は安堵感に包まれていく)

282 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 23:08:39 ID:L7RHqAXo
…君が努力して居ない訳じゃないだろう?慢心しない気持ちは素晴らしいと思うけど…ね
(くすくすと笑いながらに自らの警戒心が微塵も無いことが確認が成せて)

大丈夫だよ、皆いい子達だからね…君と共演したいと思っている子もいるよ。枠はまだあるし
(相手の肩を軽く揉んでさすり、首を撫でながらにそんなことを)
(力が抜け始めた相手の体を撫でる範囲を肩よりゆっくりと広げていって)
さぁ…力を抜いて…股も開いちゃおうか。服も…もどかしくないかな?脱いでもいいんだよ…?
(マイク越しにゆっくりと囁くように相手の脳に告げていく言葉は、どこか強制力がありそうなものであり)

283 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 23:19:43 ID:TjshL0mu
それは、その通りです…。私は私の為に、私を応援してくれるファンの為に
努力は怠らないつもりですから。
(心地良さに包まれながらそう返事をする。ほぅ…と溜息を吐く)
(表情は少しずつ虚ろになり始めていて)

そん、な…私なんて新米が…皆さんと競演…。んっ、はい。精一杯…頑張ります。
(肩を揉み擦られ、首をなで上げられればゾクリとした感覚が走る)
(身体は脱力した状態になっていく。何時の間にか肩だけではなく首や背筋と言った場所まで撫で上げられて)
(その事に違和感を何故か覚えず撫でられるままになって)
はい…股…ですか?わかりました。…
そう、ですね…なんだか、もどかしいです……
(脳に木霊する声に導かれるまま、股をゆっくりと開き、そして着ている衣装をするり…と脱ぎ始めて)
(程なくすると、ピンク色のグローブにブーツ。そして下着姿と官能的な姿になるが)
(飛鳥の表情はとろんと虚ろで居て)

284 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 23:30:38 ID:L7RHqAXo
偉いね…君は。ファンの皆ももっと有名になって、応援しやすくなるのを望んでいると思うよ?
(溜め息を吐く相手の姿にくすりと笑っては、虚ろな目になった相手の瞳を確認をし)

頑張ってね?私も君みたいなやる気のあるアイドルが居てくれて嬉しいよ
(手が降りていくとしても腕の方だけではあったのだが、段々と鎖骨の方に手は下りて)
(下着の上から、気づけば乳房に軽く触れていって軽く揉んで)
可愛いよ…人気が出るだけはあるね…飛鳥ちゃん。
さ…ブラは脱がしてあげるから、下着も脱いじゃおうか…、邪魔でしょ?
(衣服を脱いだ相手の姿を眺めていては乳房を軽く片手にて揉みながらに、ブラを外してしまおうと)

285 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 23:40:59 ID:TjshL0mu
そう、ですね…もっと、有名になって応援してもらいたいです…
(返事を返すが、意識はここにあらずと言った表情で)

ハイ。精一杯……頑張ります。そう言って貰えると凄く嬉しいです。
んっ、はっぁ……。
(ピクンっと可愛らしく反応して声をあげて)
(下着姿である事に違和感を感じる事はなく、肩を揉む手が移動してもそれを払いのけようとはしない)
(乳房に手が掛かる。正常な意識なら明らかなセクハラ行為を咎め逃げようとするだろう)
(けれど飛鳥はヘッドホンから聞こえるプロデューサーの声に縛られているかの様に動こうとしない)
(一言一言が心地良く、そして優しくも命令口調で話されると何故か受け入れてしまうからで)
そん、な…ふぁぁっ♪んっ、
はぃ。じゃま……です。脱がして、ください…。
下着も…脱いじゃいます…。
(プツン…とブラを取り払われるとぷるんっと張りのいい乳房が姿を現す)
(同時に下着を取り払うとほんのりと塗れた秘部が曝け出されて)

286 :名無しさん@ピンキー:2010/10/24(日) 23:49:58 ID:L7RHqAXo
なら…私がサポートしてあげるよ…飛鳥ちゃんを、ね。
(相手の意識は最早自らのものであり、自ら蟻地獄を下っていくようなもので)

いいおっぱいだね…他の人に揉まれたことはあるかな?可愛らしい声ももっと聞きたいね
(可愛らしい声で鳴く相手の声は心地よく、露わになった乳房をゆっくりと揉みしだいていきながらに)
(セクハラにも恐怖も怒りも示さぬ相手に問いかけていって)
ほら…鏡、良く見てごらん…?飛鳥ちゃん、何時もより可愛いよね。
私と番組レギュラーのアイドルしか居ない所ならこの格好にすぐになること、いいね?
(椅子の位置をずらしては、大きな鏡に相手のことを写してやって)


287 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/24(日) 23:58:43 ID:TjshL0mu
はい……お願いします、プロデューサー……。
(ずぶずぶと蟻地獄に沈んでいく意識。それを実感する事さえできない飛鳥は
哀れな獲物その物で)

んんんんっ、ありません……触られたのは、プロデューサーが…初めて、ひゃぁ♪
(むにゅり、と指の形に歪む乳房。それに呼応して悲鳴をあげる飛鳥。)
(完全なセクハラにも関わらず質問に律儀に答えてしまう。)
(ヘッドホンから木霊する声が脳裏に響く度にそれを実行してしまうという回路が組み上がっていく…)
鏡、ですか……ぁ、ぁぁ…。何時もより、かわ、いい…?
(鏡に映るはグローブとブーツ意外は完全な全裸で股を開いている自身の姿)
(その背後にはプロデューサーが胸を揉みしだいていて、自分はその度に声をあげていた)
はい……先輩方と、プロデューサーしか居ない場所では…直ぐにこの格好に、なります…

288 :名無しさん@ピンキー:2010/10/25(月) 00:08:45 ID:bwAMUtpH
じゃあ…先ずは呼び方から覚えようか。プロデューサー、じゃなくて、ご主人様…だよ。
(自らの奴隷が増えて行くことにくすりと笑いながらに、哀れな飛鳥に奴隷としての基本事項を教えて)

なら、おまんこも触られたこと無いのかな?飛鳥は…。
(相手の名も最早呼び捨てにしてしまえば、問いかけながらに片手を乳房から離して股関の可愛らしくぴっちり閉じた割れ目に触れて)
(片手は相手の乳房を自分が触るのがさも当たり前だと言わんばかりに揉み)
そうそう、いい子だね…飛鳥は。これは期待出来るね…レギュラー入りしたら人気も沢山出るよ
(相手の頭に言葉を残していっては鏡に映る相手の姿も眺めて)
じゃあ…ご主人様に喜んで貰える方法も覚えようか、飛鳥

289 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/25(月) 00:21:58 ID:fI0Q0aiW
んんっ、ふぁ、あぁ…よび、かた…ですか?
プロデューサーじゃなくて……ご、しゅじんさま………
(ご主人様。その言葉を呟くとスゥ…と脳裏に刻み込まれていく)
(自分はプロデューサーに仕える者であり、プロデューサーではなくご主人様なのだと)

はい。ありません…んんんっ!!!
(呼び捨てにされても飛鳥は一切の反応はしない。寧ろそれが当然であるとさえ思い始めていて)
(割れ目に触れられればそれだけで激しく身体を震わせてしまう)
(空いたもう片方の手で先ほど以上に激しく乳房を揉み解されれば頬を赤らめて)
ぁんっ♪ふっ、はぁぁぁ♪
れ、ぎゅらー…入り?んっ、人気も…たく、さん…レギュラーに…ならない、と…。
(レギュラー=奴隷の仲間入りであると言う事は当然気づかない)
(様々なワードが頭に残っては、要らない情報が掻き消えて)
は、い…ご主人様に喜んで貰える方法…教えて、下さい…


290 :名無しさん@ピンキー:2010/10/25(月) 00:33:22 ID:bwAMUtpH
そう、ご主人様だよ…飛鳥は私の奴隷。
但し人前ではお互いにプロデューサーとアイドルだから…ね。しっかり覚えて貰うよ。
(脳裏に刻み込んでしまえば一応周りに必要外の疑いを持たれぬように続いて)

これからこの可愛い穴はご主人様専用だよ?他のレギュラーのアイドルも皆、そうだからね。
もちろんおっぱいも、私専用。…いいね?君の体はアイドルとしてと私の奴隷としての為にあるんだよ
気持ちいいでしょ…?ちゃんと言うこと聞いていればレギュラーの上気持ちよくなれるからね
(割れ目をいじられるのを気持ち良いことであり、自身以外との行為を禁止してやって)
そう、レギュラーじゃないと飛鳥はテレビに出られなくなるかもね…それは嫌でしょ?
(相手に完全に逃げ道を封じ込めてやっては)
(自らのズボンを下ろして逞しい男性器を露わにして)
さ…この棒を撫でてみようか。飛鳥の大事なもうひとりのご主人様だからね

291 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/25(月) 00:46:07 ID:fI0Q0aiW
プロデューサーはご主人様…私はご主人様の奴隷…
はい。人前では、プロデューサーとアイドルとして…振る舞います。
(脳裏に深く刻み込まれる偽りの情報はより飛鳥を奴隷として作り変えていく)

はい。わかりましたご主人様…
私の穴は、ご主人様…専用。他の…先輩方も皆…同じ…
おっぱいも…勿論ご主人様の、もの…私の身体は…アイドルとして…ご主人様の奴隷としての為に、ある…
私は…先輩方と同じ…ご主人様の奴隷……
(ヘッドホンから木霊する情報がみるみる飛鳥の脳を侵食していく。)
(違和感さえ覚えず感じず。その情報はどんどん吸収されて)
んんん、あぁ♪はい、きもち、いいですぅ♪はい。ご主人様の言う事を聞きます…。
(くちゅくちゅと淫らな水音が室内に響き渡る。
嫌、です…わた、しはテレビに出たい…皆を喜ばせて、あげたい…
(どんどん袋小路に追い込まれていく。奴隷として作り上げられていく。)
(そして露にされた男性器を見せ付けられると膝をついて)
は、い…ご主人様。これは…もう一人の、ご主人様……
(恐る恐るグローブ越しながらその熱くたぎる男性器に触れて)

292 :名無しさん@ピンキー:2010/10/25(月) 01:01:49 ID:bwAMUtpH
但し、他の人の目が無い所ではもうアイドルじゃなくて、奴隷。
人権の全ては放棄しているから言うことを聞かなきゃいけない、ね
(相手は自らの前では人間ですらない、と教え込んでは奴隷としての教育をして)

そう、呼ばれたらご主人様に喜んで貰うために何でもするんだよ?
アイドル奴隷はご主人様に喜んで貰うことが全てだからね…。
(機器のスイッチを弄っては、口で奉仕をしたり犯されて喜んでいるレギュラー陣の姿を映像として映し出してやり)
(飛鳥の脳に犯されて居るときのシュミレートをさせながらに快楽中枢を攻撃していては)
(自らに与えられる快楽は実際の何倍にも思えるような脳にしてしまおうと)
グローブも脱ごうか…先端に軽くキスして…機嫌取りなよ
(相手の秘所を弄びながらにそんなことを告げては、相手に指示をして)

293 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/25(月) 01:16:29 ID:fI0Q0aiW
はい、解りました……他人の目がない所ではアイドルではなく、奴隷。
人権全てを放棄した物…言う事を聞かないといけない…
(完全に表情は虚ろで瞳も鈍い光を放って)
(人間ですらないのだと。ただ奴隷としてご主人様を喜ばせる為の道具なのだと脳に刻み付けられて)

はい…ご主人様に喜んで貰う為に何でも致します。
アイドル奴隷はご主人様に喜んでもらう事が全て…んっ、ふぁ、あぁ♪
(突然目の前に現在活躍しているアイドル達、否。プロデューサーが手がけたアイドル達の姿がモニターとして脳に映し出される)
(その光景ではアイドル達が熱心に丹念にご主人様に奉仕している姿が映し出され、その中には自身も含まれていた)
(ご主人様に犯されよがり狂う自分自身。その光景をシュミレートされ、その快楽がリアルに投影されて)
(投影された情報は飛鳥の身体に駆け巡り快楽を何倍にも増幅していく)
はい。解りましたご主人様。
んっ、失礼しますね…ちゅ、ちゅぱ…ちゅく。
(命じられるままにグローブを脱ぎすて、改めて素手で包み込む様に持ち、唇を近づけキスの雨を降らせる)
(それだけで飛鳥の身体は反応し、ビクビクと震えて)

294 :名無しさん@ピンキー:2010/10/25(月) 01:34:06 ID:bwAMUtpH
良く出来ました。…そうだ…物覚えのいい飛鳥にご褒美あげようか。
出演の次の日に収録の番組、一人ゲスト枠があったから…出てみようね
(自らの番組だけに及ばぬ権力で相手の出演枠を作ることを約束してやって)

飛鳥のおまんこをもうひとりのご主人様専用の穴に後でしてあげるからね。
あのアイドル奴隷達みたいに活躍したいよね?飛鳥も。
(相手の小さな穴には不釣り合いな逞しい男性器、それが相手の内部に収まるかはともかく)
(痛覚など麻痺させるのは容易でありよがり狂う相手の姿は再現される筈で)
美味しいよね?これが美味しい、なんだから。
臭いも良くかげるようになろうね?飛鳥。いい臭いでしょう?おまんこ欲しくなったかい?
(相手の鼻にフックをかけてやっては頭を撫でてやっては、そう告げて頭を撫でて)
欲しくなったら、四つん這いになって牝豚みたいに鳴いておねだりしようね

295 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/25(月) 01:41:25 ID:fI0Q0aiW
【申し訳ありません、そろそろ眠気が迫ってきました。】
【もし良ければ凍結して貰えないでしょうか…?】

296 :名無しさん@ピンキー:2010/10/25(月) 01:44:46 ID:bwAMUtpH
【もう時間も時間ですからね…了解です】
【凍結も問題ありませんからね】

297 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/25(月) 01:45:50 ID:fI0Q0aiW
【有難う御座います。】
【えっと、解凍日時なのですが、もし良ければ水曜日の今日と同じ時刻でお願いしたく思います。】

298 : ◆AIWJ5r7w46 :2010/10/25(月) 01:50:36 ID:bwAMUtpH
【凍結日時はそれで問題ありませんよ。】
【トリップつけておきますね】

299 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/25(月) 01:57:33 ID:fI0Q0aiW
【有難う御座います。では水曜日の21時にお待ちしますね。】
【本日は有難う御座いました。】

300 :名無しさん@ピンキー:2010/10/25(月) 02:03:59 ID:c3qf/mfd
300

301 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/25(月) 02:15:02 ID:bwAMUtpH
【此方こそありがとうございました、また水曜に…と】
【トリップを記憶してなかったので改めてちがうのを置きますね】

【おやすみなさいませ】

302 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 20:59:45 ID:h+J/yQzt
【飛鳥さんをお待ちします】

303 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 21:00:49 ID:QwFbK3nF
【トリップ変わったのですね。◆PCjpI9b9V2 さんを待たせてもらいます。】

304 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 21:01:31 ID:QwFbK3nF
【ああ、こんばんわ。今日もよろしくお願いします。】
【今回は此方からなのでもう少しお待ちくださいませ】

305 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 21:02:58 ID:h+J/yQzt
【こんばんは、此方こそお願いします】
【はい、待たせて頂きますね】

306 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 21:11:50 ID:QwFbK3nF
>>294
ご褒美…有難う御座いますご主人様…。
は、はい…♪よろしくお願いします。
(突然に決まった収録話に浮かれる飛鳥。)

は、はぃぃ♪よろしくお願いしますご主人様。
もう一人nご主人様専用の穴にしてくださいませ…。
はい、先輩方達の様に一日も早く活躍したい、です。
(虚ろな瞳でモニターに映し出された自身の痴態を見据える)
(ヘッドホンから聞こえるプロデューサーの声と薬の効果で完全なトランス状態に陥っていて)
美味………しい?コレ、は…美味しい…。
(突きつけられた肉棒を嗅がされその臭いを記憶させられていく)
(更に声によりそれが美味に感じられるように脳内を麻痺させられて)
んごっ、ふぁぃ…♪いい、にほい…れすぅ。
おまんこに……ほしい、れすごひゅじんひゃまぁ♪
(鼻フックをかけられ喋りにくくされたまま返事をする)
(命じられるままに四つんばいになると)
んごぉ、ごひゅりんひゃまの、おひんひん、あひゅかの、中にいれて、くらひゃいませぇ…

【お待たせしました。それではよろしくお願いします】

307 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 21:29:37 ID:h+J/yQzt
レギュラーになった宣伝もさせてあげるよ、
視聴率が上がったらご褒美に一晩たっぷり演技指導してあげるから。
(頑張るならばご褒美として一晩自らの夜枷が出来るという餌も用意されていることを相手に教えて)

いいよ、してあげるからね…専用の穴に。
(脳内に映し出してやった相手の行為も終わり、だらしない表情で他のアイドルと共に余韻に浸って痙攣しており)
(相手の脳からは脳内麻薬が溢れ始めており、最早自らに逆らうことすら出来なくして)

じゃ…飛鳥がレギュラーになる儀式、始めようか…早速…ねっ!
(相手の可愛らしい処女マンコに自らの逞しいチンポを擦り付けてから、狙いを定めては)
(一気に突き入れては処女膜をまるでゴミのように突き破ってしまえば子宮口をゴツンと殴りつけ)
(そのまま激しく腰を振って相手の胎内を弄んでいきながらに声をかけて)
気持ちいいかい?飛鳥…豚らしくぶひぶひ鳴きながら答えようか

【此方こそお願いします】

308 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 21:45:20 ID:QwFbK3nF
ハイ、よろしくお願いしますご主人様、
一晩中演技指導…はぁ、凄く、楽しみです…。
(演技指導。それが果たしてどういう物なのかは脳内に投影された映像から認識して)
(それはとても指導とは言えないものだったが、それでも今の飛鳥には褒美にさえ思えてしまう程に
洗脳が進んでいた)

は、はぃぃ♪お願いします、ご主人様専用の穴に…。
(脳内麻薬に浸され正常な思考さえまとまらなくされて)
(完全に奴隷として洗脳されていく飛鳥は更に奥深く快楽の海へと沈んでいく)

ふごっ、ふぁぃごひゅりんひゃま……んごっ、んんんんんーー!!!!
(処女である事は承知の筈だが、ソレを感じさせない程強引に貫かれて)
(前儀さえなかった為に滑りは悪く普通なら激痛でのた打ち回るだろう)
(しかし飛鳥はアヘ顔を浮かべ処女を捧げると命じられるままにふごふごと鼻を鳴らして)
ふ、ふごっ、ふぁぃごひゅじんひゃま…しゅごく、きもちいいれひゅ…♪
んごっふご、ぶひっ♪中で、あひゅかのなか、でごひゅじんひゃまが、あばれへぇぇ♪
(破瓜の血を散らしながら自らも映し出された映像の様に腰を降り始める。)

309 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 21:59:40 ID:h+J/yQzt
皆も個人での演技指導はして欲しがっているからね。
レギュラー連中に負けないように頑張って貰うよ、飛鳥
(レギュラー達への演技指導の姿も相手の脳内に投影する)
(肌を日常的に晒さねばならぬために肌に傷はつけては居ないが、ハードなプレイを施されて
狂ったかのように喜んでいる姿を見せていて)

あ…そうだ飛鳥、明日にでも一生妊娠出来なくなる手術、しちゃおうね。
ご主人様に迷惑かけないようにしないといけないしさ。
(明日のマンコにチンポ突き入れて子宮口をゴリッと突き上げて擦ってやってさも当たり前のように告げて)
(アヘ顔浮かべている明日の髪を掴んでこっちを向かせては、相手の顔をポラノイドカメラにて撮り)
ふふ…レギュラー豚チーム、飛鳥の記念すべき写真を撮らせて貰ったよ。
気持ちいいよね?飛鳥…ご主人様の凄さがわかったかな?
(レギュラー陣の中でアルファベットにてチーム訳をしているのは、自らとの行為時に真似させる生物に因んでおり、
飛鳥は豚のPチームに任命してやっては)
(激しく腰を振って相手のマンコを玩具のように弄んでやって)

310 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 22:12:20 ID:QwFbK3nF
畏まりましたごひゅじんさまぁ♪ふごっふごっ、
(鼻フックをされたままに命じられるとそう答える)
(脳内ではレギュラー陣が卑猥な衣装を着せられプロデューサーに性的奉仕をしていて)
(更にハードなプレイをされながらも喜び今の自分と同じ様に鳴いている姿が映し出される)
(今自らが受けているのもまたそう言ったプレイであり、これからも続いていくのだと認識させられて)

はいごひゅじんさま…ふごふごごひゅじんひゃまの為なら、いっひょー妊娠できなくてもいいれすぅ♪
あひゅかは、ごひゅじんひゃまにご迷惑をおかけしたく、ありまひぇん…
(当たり前の様に告げられた避妊手術だが、飛鳥はあっさりと承諾してしまう)
(カシャリ!と小気味良い音と共に情けない表情を撮られて。その姿はファンが見れば恐らく卒倒する程に醜い表情だった)
(鼻フックをして白めを剥きながら涎を垂らす姿を撮影され、ますます追い込まれていく)
れぎゅらー…ぶた、ひーむ…?それが、私に与えられた役目…
ひゃぃ♪しゅごくきもちいいれひゅ…ご主人様のひゅごさ…いらいさ…おもいひり、ましたぁ♪
(豚チームに任命されるとその情報は脳裏に確実に定着していく)
(自身はご主人様専用アイドル奴隷、豚チームの飛鳥なのだと)
(マンコをおもちゃの様に扱われても只管にぶひぶひと泣き叫びながら絶頂を迎えんとしていた)

311 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 22:26:53 ID:h+J/yQzt
楽しみだね…飛鳥。チームリーダーになれれば月一での個人指導は確定だからね
(衣装は大概衣装を改造させられたものや、場末の売春婦のようなものまで方向性は変わらぬが多彩で)
(これからの期待をしている相手の姿を確認をして)

偉いよ?飛鳥。ものわかりが良くてね
迷惑かけたらクビになっちゃうかもだから、当たり前か
(不祥事を誤って起こした元メンバーが軟禁されて快楽も絶たれて狂っていく様子を相手に早送りで脳内に投射して)
(鞄からメンバーの姦通記念写真アルバムの一番最後に、「飛鳥 Pチーム」と書いた写真を貼り付けて)
そんな凄いご主人様の奴隷になれて良かったね…飛鳥。
(飛鳥の脳内にしっかりと記録が刻まれては、髪を離して顔を地面に押し付けて数度突き上げては)
(相手をひっくり返して正常位になっては絶頂向かえそうな相手を容赦なく犯しつけて)

312 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 22:43:13 ID:QwFbK3nF
はい……凄くたのひみれすぅ…♪
(チームリーダーにもなれば月一での個人指導。この響きがより飛鳥を淫らにしていく)
(改造された衣装や売春婦の様な衣装まで、様々な衣服を着てはプロデューサーに奉仕をする自身の姿が)
(脳裏に投影され、うっとりと見つめて)

はい…クビは、いやれすぅ♪
私は、ご主人様に仕えるアイドル奴隷。その様な些事は起こしません。
(最早完全にプロデューサー=ご主人様として定着して)
(不祥事を起こしたメンバーが快楽を立たれ廃人としてくるっていく様子が刻まれると)
(ガクガクと身体を震わせ、その恐怖に怯え始める)
ふごふご、ぶひぃ……♪はい、奴隷になれて、最高れすぅごひゅひんひゃま…ふごぉ♪
(最早人として扱われていない証拠とでも言うように地面に顔を押し付けられ)
(コロリ…と情けなくも正常位で犯されると)
ぶひぃぃーー!ふごっ、ふごぉ♪
ごひゅ、ひんひゃま…あひゅか、もう、らめぇぇぇぇぇ〜〜♪
(何度も何度も膣を強く小突かれればいよいよ絶頂を迎えてしまう)
(アヘ顔を浮かべビクビクと身体を震わせながら何度も何度も激しく絶頂し、アヘ顔を浮かべたままに意識が混濁していく)

313 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 22:54:39 ID:h+J/yQzt
今のチームリーダーは…この娘だね、頑張って追い落としてみてよ
(相手の脳裏に相手の脳内にあった清楚で綺麗な女性の姿と、その顔を歪ませアヘっている姿の同一人物を映し出し)

ご主人様の子供が欲しいってうるさかった娘がたまにいて、困るんだよね。
期待するよ…これはチームリーダーも近いかな
(恐怖に震える相手の姿に笑みを浮かべて更に激しく突き上げていき、その姿に興奮強め)
そろそろ私もイクよ…たっぷり中に出してあげるから…ねっ!
(最後に強くマンコを突き上げては熱い精液がどぷどぷと相手の子宮をいっぱいになるまで注ぎ込んで)
(もう不必要であろうと相手の頭からヘッドホンを外してやり)

314 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 23:06:18 ID:QwFbK3nF
はい…この人は…。んっ、ふごっ…
私が、チーム…リーダーに……
(飛鳥の目に留まった女性。それは世間で圧倒的支持と人気を誇るアイドルだった)
(しかし裏の顔、調教された表情を見れば今の自分と差異を感じる事は出来なくて)

んっ、ごひゅじんひゃまの子…確かにほしぃれすが…ふごふごふご。
それよりもまひゅは…ごひゅひんひゃまをよろこばせる…為にご奉仕を…♪
(とろんと堕ちきった表情でプロデューサーを見つめそう返答をすると)
はひぃ♪おね、がいひまひゅ…♪ふごっ、ひ、ぁぁぁぁっぁぁぁ♪
(びゅるっ…!ドクドクドクっと大量の精液が子宮へと流し込まれていく。)
あ、ひぃ……♪ごひゅじんひゃまの…せーえき、あは、あはぁ〜…♪
(ヘッドホンを取り外されても尚アヘ顔を浮かべ主の下でぐったりと横たわる)
(完全にアイドル奴隷としての洗脳が完了した飛鳥)
(その表情は非常に幸せそうでもあり、そして卑猥な表情で)

315 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 23:20:46 ID:h+J/yQzt
豚同士なんだから差なんか無いよ。
私に利益と更なる快楽と喜悦をくれる豚が豚チームリーダーだから…ね
(相手に更なる発奮を促してやっては、首に首輪を巻き付けて鍵を閉めてやり)
豚チームの色の首輪だから、大切にしなよ

豚との子供を作る趣味も無いからね
ふふ、偉い偉い。このご褒美の味も覚えて貰おうか
(相手の言葉にくすりと笑っては、相手のこめかみを掴んでやり、ぐっと掴んでは脳内麻薬を多量に分泌させ)
はい、豚アイドル奴隷飛鳥、調教完了…と。
ふふ…飛鳥を応援してるファンを裏切った気分はどうだい?
(チンポを引き抜いては、相手の顔を写真に取ってやり、その写真の卑猥な姿を相手に見せて)


316 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 23:30:34 ID:QwFbK3nF
はい、豚同士だから差などありません…。
ご主人様に利益と、更なる快楽と喜悦を…うふ、うふふふ…
私が豚チームのリーダーに…精一杯頑張ってご奉仕いたしますご主人様ぁ♪
(まるで当然の様に首輪を填められ、そして当然の様にそれを受け入れてしまう)
(鍵がかけられれば最早解く手段は飛鳥にはなく)
はい…一生大切にいたしますぅ♪

んぐっ、ぶひっ、ひぁぁぁぁ………♪
(こめかみを掴まれ激しく揺さぶりをかけられれば、脳内麻薬が大量に吐き出され)
(あっという間にぷしゅっとイってしまい)
ぁ、ぁぁ……私は、豚アイドル奴隷の…飛鳥、れひゅぅ♪
ふぁ…ん?んっ、そんなもの、よりも…今はごひゅじんひゃまの寵愛を一身にうけたいれすぅ…。
(写真に写る自身の姿をうっとりと誇らしげに見つめる)
(その姿からは洗脳前の飛鳥を感じさせる物はなく、ただの雌豚になりさがり、奴隷として洗脳された少女の姿があった)


317 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 23:44:50 ID:h+J/yQzt
そうそう…豚チームの時期リーダーとして期待しているよ。
牛チームのリーダー並みに稼いでくれたら、総合サブリーダーの座も考えてあげるからね。
(相手に巨乳かつ容姿の可愛らしさで人気のアイドルのあられもない姿でイキ狂わされている姿の写真見せてやって)
(首筋を受け入れた相手の頭撫でて)
偉い豚だね…いい子いい子

ファンが聞いたら悲しむだろうから、衆目の前ではちゃんとファンに媚びてあげなよ?
豚のファンはかわいそうだけど、知ったことじゃないし…ね
(クスクスと笑ってそう告げて写真をアルバムに納めてしまえば抱き上げて)
(広いベッドへと移動しては相手のマンコにチンポ押し当ててやり)
さ…続き、しようか


【そろそろ締めにしたいのですが】
【どのような形が良いでしょうか?】

318 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/27(水) 23:55:52 ID:QwFbK3nF
ふぁぃ……♪豚チームの時期リーダーとして、誠心誠意がんばりますご主人様ぁ。
牛チームのリーダー…?んっ、ご主人様を沢山喜ばせるのは私の使命。
他のチームにも負けませんからっ♪
(写真には凄まじいほどに巨乳に変貌させられたアイドル。)
(自分同様に乳首から大量の母乳を吐き出しながらイキ狂う姿が映し出されており、その姿に嫉妬して)
ぶふぅ…♪ありがとう、ございますぅ…
(頭を撫でられれば機嫌を取り直したのか豚の様に鳴いて)

ハイ、ソレは勿論です。ごひゅじんひゃまとの関係を悟られる訳にはいきませんし。
クスッ、そうですね…豚のファンなんてかわいそう…
(ツーっと涙がこぼれる。それは最後の理性のようだが今となっては関係なく)
(導かれるままに広いベッドに連れ込まれるとその場で再び乱交がはじまるのだった)

【ん〜……なんともまあ、思いつきませんね。】
【この先だと豚リーダーに昇格した後日談といったところでしょうが…】
【難しいならこれで〆でもいいかもしれません。】

319 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/27(水) 23:59:45 ID:h+J/yQzt
【では、そうですね】
【この場は一旦〆にして、豚リーダーになった後日談をまた後日…】
【というのは如何ですか?】

320 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/28(木) 00:06:22 ID:QwFbK3nF
【ん〜…申し訳ないですが本日以降の機会が未定なんです。本当に御免なさい。】
【出来れば本日で〆まで持っていきたく思います。】

321 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/28(木) 00:08:18 ID:naT8L726
【では、軽く後日談を回して締めにしましょうか】
【少々お待ちを】

322 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/28(木) 00:17:36 ID:naT8L726
(こうしてレギュラー入りして数ヶ月が経過しては、豚チームのリーダーが副リーダーに降格され)
(飛鳥が副チームのリーダーとなっていた)

(そして、とある日にとうとう飛鳥のリーダーとして初の個人指導が始まっては)
(10時間以上もつきっきりでの個人指導が始まり、数時間が経過した頃には飛鳥は様々なプレイを仕込まれ)
(最早イキっ放しの状況を約一時間以上に渡り継続させられて完全に壊れてしまっても
記憶があるままにアイドル奴隷としての意志を焼き直されて壊れることすら許さずに責め立てられていて)

まだまだ今夜は長いんだ…たっぷり可愛がってあげるよ
(ギロチンのような拘束具に繋がれては脚を乱暴に開かされ、チンポをマンコに突き入れられながらに)
(飛鳥の首輪は締まり、呼吸を難しい状況を強いられながらにアナルには極太のバイブが挿入されて)


323 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/28(木) 00:28:46 ID:bOBetoPM
(洗脳処置を施され数ヶ月を毎日の様に奴隷として扱われて)
(それでも表面上はトップアイドルとして働かされ、稼ぎは全て主であるプロデューサーへと献上して)
(豚チームのリーダーに昇格した飛鳥は今日これから始まる個人指導に胸を躍らせていた)

ひぐっ!!あがぁぁぁ!!!ひゃ、んっはっ…ぶ、ぶひーーーー!!!!
ん、ぉぉ…も、ぅ……やめ、か…はぁぁぁ♪
わた、しは…アイドル、奴隷…ご主人様に、喜んでいただく為のにんぎょう…あは、はぁ♪
きもち、いいのぉ♪もっと、もっと犯してぇぇぇ〜〜!!!
(個人指導が始まり物の数時間で飛鳥は自身の運命を呪うのだった)
(洗脳処置を施され調教を受けた数ヶ月の倍以上の快楽地獄へと叩き落された為だ)
(どれ程やめてほしいと懇願しても当然受け入れてもらえず、更にはヘッドホンを取り付けられ)
(奴隷としての再教育を施されてはイキ狂わされてしまう。)
(壊れたくても壊れられない無限地獄をただ只管にその身で味わい続けて)

あ、はぁ……ぶひぃ♪ふごっ、んぉぉぉ〜〜!!!!!
(首と手首が拘束され、今まさに処刑されんとするかのような格好で犯し続けられ)
(首元をきつく締め付けられ何度も意識画飛びそうになる中でそれでも飛鳥は犯され続けられ)
(尻穴につきささったバイブが激しく揺れ動くたびにびくびくとイキ狂うのだった)


324 : ◆PCjpI9b9V2 :2010/10/28(木) 00:39:51 ID:naT8L726
この程度で音を上げるならまた直ぐに豚チームリーダーは交代かな?
今までやめてなんて言いかけたリーダーは…そうそう、犯して貰うのがアイドル奴隷の幸せなんだから
(メンバーへの陵辱など数十人以上いる中で限られた時間の中与えられる時間など少ないに決まっていて)
(再教育を皆受けるものだが敢えて飛鳥一人が落ちこぼれのように言ってイキ狂わせて)

どう?殺処理される豚の気分かな、飛鳥
ほら、チンポ穴締め付けないとまた更に締まるよ?
(バイブは相手の弱点を完璧にプログラミングされており、チンポと共同して飛鳥を犯しており)
(キリキリと首は締まりがキツくなっていって)

325 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/28(木) 22:13:45 ID:Zp5ftZuM
【ノーエさんと一緒にしばらくスレをお借りします……】

326 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 22:16:55 ID:8xOprYU9
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【改めて、今夜もよろしくね
 こちらから書き出しをするわね】 
【2日後、咲夜を医務室に呼び出すところから始めるわ。
 その間一切接触はなかったということにするわよ】
【ところで、サクヤはこの2日間で何回オナニーをしたのかしら?
 もちろん絶頂は一日一回だけれど。】

327 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/28(木) 22:22:01 ID:Zp5ftZuM
>>326
【はい、よろしくお願いします、ノーエさん】
【はい、2回だけです】
【家に帰って、夕食後に自室に戻ってから、夜更けまでずっと続けていました】

328 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 22:24:52 ID:8xOprYU9
(洗脳チップを埋め、咲夜に自分を洗脳マゾ人形だと誓わせてから2日)
(乃依は咲夜を放置した。咲夜は普通の高校生として日常を過ごした)
(ただ、夜オナニーしても身体への刺激では達することが出来ず、
 一日一回のキーワードによる絶頂以外では何をしてもアクメできないこと)
(その事実は、咲夜の経験が夢ではないことを示していた)
(2日後、乃依は咲夜を医務室に呼び出す。この2日、咲夜とは顔も合わせていない)
(携帯にメールで「扉を開ける前に周りを見て、人がいないことを確かめてから開けなさい」と指示してあった)
(そして、咲夜には告げずに、乃依の顔を見た瞬間アクメに達するよう、咲夜の脳にプログラムを施した)
(そして、普段通りの緩いワンピースに白衣、サンダルという、日常そのものの姿で、咲夜をまつ)

…ん。来たわね。サクヤ。開いているわよ?
(咲夜が扉の前に立つ。それも脳波のモニター(と、足音)で察して)
(普段通りのローテンションな声で、咲夜を促した)


【>327
 ん。了解。先に聞いたのは、それも脳波モニターでわかってしまうことだから】
【ふふ。つまりサクヤはこの2日一人でいる時はほとんどずっとオナニーしていたということなのね?
 なんていやらしいのかしら?】

329 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/28(木) 22:34:58 ID:Zp5ftZuM
>>328
(あれから2日が経った)
(ノーエの目論見どおり、他人に自分に何が起きたか話すことはなく)
(それどころか、人目のない自室では、妄想に耽り)
(イケない身体をまるで楽しむかのように快楽を貪って)
(限界を超えた所でキーワードを唱えてイク変態オナニーにはまって)

……誰もいない、わね……。
(周囲を確認して、人気がない事を確かめる)
(その様子は、まだ以前の彼女と大差ないように見えるが)

……失礼します。
(声をかけられて一瞬びくりとするも)
(すぐに落ち着きを取り戻して、扉を開き、ノーエの顔を認識する)
(その瞬間、脳に刷り込まれたプログラムが発動した)
んぉ……っ。
あ……か、ぁ……くひっ、んんんんんっ♪
(くりんと瞳が上向き、口元が緩むと)
(押し殺した叫びをあげて、膝を震わせて、絶頂に達する)
(そのまま、ドアを閉めることも、中に入る事も忘れて立ち尽くして)


【はい、その通りです、ヨニ様】
【私はいやらしい、ヨニ様の洗脳マゾ人形です……♪】

330 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 22:45:13 ID:8xOprYU9
んっ……ふふ。
なぁに?ワタシの顔を見ただけでアクメ?
そんなに支配者の顔を見るのが嬉しくて感じてしまったというの?
どこまでマゾの変態なのかしらね?この人形は。
(自分がそうさせた。それは咲夜にもわかっていると承知で。
 廊下に立つ少女に少々と嘲りの言葉を投げる)

ん。でも、正しい反応よ。それが今のサクヤの本能なのだから。
サクヤ。ここはサクヤの聖域よ。
入る前に、それにふさわしくなりなさい。
そこでパンツを脱いで。それから部屋に入りなさい。
(廊下でノーパンになってから入室しろと言う。
 洗脳によって命令に従うことを快楽にされていなければ従えないような命令。
 もしも、誰かがとおりかかったら、咲夜が狂ったのかと思われてしまうかもしれない)
部屋に入ったら、扉を閉めて。
その場でポーズ。ワタシにアイサツなさい。
(乃依に近づくことをまだ許さない。
 部屋に入る、それだけのことで、たっぷりと屈辱的な命令を咲夜に与えて)
(部屋の入り口で。ちんちんポーズでの挨拶。あえて言わなかったが、もちろん、洗脳マゾ人形としての。)

【>329
 ふふ。かわいいこ。
 今夜も、サクヤをもっともっといやらしい人形に堕として遊ぶわよ?】


331 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 22:47:51 ID:8xOprYU9
【少々と>嘲笑と、ね。
 変換ミス】

332 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/28(木) 22:53:58 ID:Zp5ftZuM
あ……はぁ……っ。
(支配されている。完全に。どうしようもなく)
(そう分かっていても、弄ばれるのが心地よい)
(抵抗する気が全く起きない。それどころか、もっと辱めて欲しいとすら感じている)
(それが異常だと分かるだけ、まだマシなのだろうかと)
(そんな事を考えながらも、顔は緩んだ笑みを浮かべたままで)

パンツ……はい、わかりました……ぁ……。
(命令に応じる声は、沈んだものではなく)
(むしろ、喜びを含んですらいて)
(周りを確認する事無く、スカートの下に手を入れると)
(その場で白い下着を下ろして、足から脱いで部屋へと入る)

かしこまりました……ヨニ様……♪
(扉を閉めるとその場でしゃがみ、秘所を丸出しにするちんちんのポーズ)
(こうした『儀式』が、より自分を奴隷だと認識させる)
(それによって、脳味噌が人形へと調教されていく)
(はっきりとそれを認識しながら、甘えた声で挨拶を行う)
私は、ヨニ様の人形です。
どうか、本日もたっぷりと洗脳マゾ人形に洗脳して、実験、してください……♪

333 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 23:07:41 ID:8xOprYU9
ん。それで良いわ。
(従順なマゾ人形に支配者として頷く)

ふふ。
さ、四つん這いになって。脱いだパンツをくわえて這ってここに来なさい。
這っている間、ワタシの顔から目をそらしてはダメよ。
支配者の顔を見つめながら、その足下に。自分の下着をくわえて這って来るの。
どう?サクヤの妄想オナニーの中のご主人様は、こんな屈辱をサクヤに与えてくれた?
それとも、こんなものでは物足りないかしら?
…答えは言う必要はないわよ。
サクヤがどう感じているかは。それはワタシがそうプログラムしたものだから。
サクヤはもっともっと変態に洗脳されたい、底なしのマゾ。
(洗脳支配を繰り返してきた支配者は、恐ろしい未来図をさらりと口にした)

…ん。サクヤはワタシの命令に従って、一日一回だけキーワードで絶頂したわね。
オナニーも。一日一回…と、言っていいわね?でも…ふふふ。
何なの?サクヤはこの二日間、夜、家にいる間ほとんどずっとオナニーしていたわね?
とんでもない淫乱マゾね?自分でもそう思ったでしょう?

(脳波を24時間モニターしているということは、どんな秘密ももてないと言うこと)
(オナニーだけでなく、食事、睡眠、排泄…日常生活のすべての脳波がサンプリングされていた。そしてそれは、再現も出来るということ)

でも。まぁ…言うとおりにしたことはしたのだから。ご褒美をあげるわ。

(二本の指を、自分の口に入れる。唾液をたっぷりまぶす。
 その指をどうするのか、期待を持たせるように、ゆっくりとした動作で)

舌を伸ばしなさい。
(足下に来る咲夜に、そう命じる)

334 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/28(木) 23:15:37 ID:Zp5ftZuM
ん……っ。
(咥える。それは、より人間から離れた動作で)
(それを実行する事は、また一つ自分の人間性を失う事だ)
(そう考えている間も、既に身体は床に落とした下着に顔を近づけて)
(その白い布を食み、四つん這いのまま視線をノーエと合わせて、ゆっくりと近づく)
(それは、まるで飼い犬そのものの動作で)

ふぁい……。
(下着を口に咥えたまま、ノーエの揶揄の言葉に頷く)
(表情には羞恥と、それに混じった興奮の赤)
(高く上げられた腰が、一瞬ブルッと震えて)

あ……ひゃい……♪
(視線の先で、指が唾液に塗れる)
(そのテラテラと光ったものを見た瞬間、先日の快楽が脳裏に甦り)
(だらしなく目元が緩み、口が開いていく)
(床にべしゃりと音を立てて唾液の染み付いた下着を落としながら)
(指に視線を釘付けにしつつ、赤い舌が大きく突き出されて)

335 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 23:23:06 ID:8xOprYU9
(口を開けて舌を伸ばせば、くわえていた下着は床に落ちる)
(そんなコトはどうでも良いかのように、伸ばしてくる咲夜の舌に、その指を乗せた)
(支配者の指と唾液を、舌に。これは、前回咲夜の脳にインプットしたアクメ級の快楽)
イッてもいいのよ。
今日も、サクヤは何回もアクメする。そして、そのたびに、卑しい変態のマゾ人形に堕ちていくの。
(指先で咲夜の舌を玩ぶ)
サクヤにとって、最高の快楽は、こうして頭の中を変えられていくこと。
サクヤにとってもっとも幸せなことは、ワタシに命令され、従うコト。
それ以外のコトは、サクヤには価値のないこと。
(軽い舌への愛撫。もう一度、指に唾液を乗せて、伸びた舌の中央をつつっ…と撫で)
(繰り返し、繰り返し洗脳マゾ人形としての自己認識をすり込んでいく)

さ、せっかく、機械に縛り付けられての洗脳からは解放されたのだから。
今日は、場所を変えて遊びましょう。
(秘密の保たれる、この部屋ではなく、学校内の別の場所で、咲夜を玩ぶと告げた)

336 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/28(木) 23:33:20 ID:Zp5ftZuM
ふぁっ、あはぁぁぁぁぁぁあぁぁぁっ♪
んいぃぃぃっ!
あ、ありがとう、ごら、ごらいましゅぅぅぅっ♪
(部屋に入ってからまだ数分と経過していないのに)
(あっさりと2度も絶頂に追いやられて)
(そして、快楽で漂白された脳には、その度にマゾ洗脳パルスが送り込まれる)

あ、ま、まら、いふぅっ!
いひまふぅぅぅぅぅっ♪
(優しいとすら言える手つきで、至高の味を刷り込まれる)
(舌先から自分のものと交じり合った涎を垂らしながら)
(舌を摘まれて、身体を痙攣させつつ、洗脳マゾ人形の自覚を植えつけられていって)

はぁ……場所を、変えて……?
はい、ヨニ様……かしこまりました……。
(絶頂の余韻に浸りながらも、よく理解できないままに主の命令に頷いて)

337 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 23:37:32 ID:8xOprYU9
(小さなノートパソコン…ネットブックのような、小型のPCを手に持つ)
これはね。サクヤの操縦機よ?もちろん本体はこの部屋のコンピータだけど、これでサクヤにいろいろなことをさせられるようにしたわ。
あとで使わせてあげましょうね。
今は、出かける準備。
ブラも取って、下着なしになりなさい。
用意が出来たら、サクヤが先に立って校舎の中を歩く。
ワタシを案内するのよ。
行き先は、
まず、サクヤの教室の前。
その次に、校内でのサクヤのお気に入りの場所。
もちろん、ここ以外の。
最後に、道場に行きましょう。
先に立って歩く間、後ろにいるワタシの手から、サクヤの首にリードが伸びていると。
サクヤの首には、目に見えない首輪がはまっているのだと。意識しなさい。
ん…もちろん。校舎内を、校医であるワタシを案内している雪白咲夜さんは、ごく普通の生徒。誰に見られても、変に思われないようにふるまうのよ。
ワタシが命令するマデは。
理解できた?my dool
理解できたなら、ポーズを取って。命令を復唱してから実行なさい。

【校舎内を歩きながら、露出狂と痴語の性癖を植え付けてあげる】
【最初は、階段のところまで行きましょう?】
【そこでサクヤに命令を与えるわ】


338 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/28(木) 23:49:19 ID:Zp5ftZuM
それは……?
(説明を聞いて、無意識に喉がなる)
(あれで、あんなもので、コントロールされてしまうのだと)
(そんな自分に、倒錯的なマゾの喜びを感じていって)

はい、分かりました……下着も、とります。
(制服を捲り上げて、手を入れるとフロントホックの下着を器用に外して)
(唾液塗れの布の隣に落とすと、足元にしゃがみこみ)
(入ってきた時と同じポーズをとって復唱を開始する)
(ただ違う所は、丸出しになった秘所が完全に濡れそぼっている事)
はい、ヨニ様。
私はヨニ様に繋がれながら、校舎を案内します。
私の教室の前。私のお気に入りの場所。そして、道場。
命令があるまでは、私はいつも通りの雪白咲夜として振舞います。
命令を実行します。
(言い終えてから、無意識の内に腰を軽く振る)
(それは、これからされる事への期待と欲望)

(立ち上がり軽く服を整えると、先に立って廊下に出る)
(背筋を伸ばした姿は、いつもと変わらない様に見えて)
(一度ノーエを振り向くと、微笑を浮かべて歩き出す)
それでは、参りましょうか。
(その後は振り返らずにゆっくりと歩き始める)
(時々首に手を触れるものの、たまにすれ違う生徒も何の異常も感じず)
(2階に上がる為の階段にまで辿り着いて)

339 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/28(木) 23:55:58 ID:8xOprYU9
サクヤ、stop
(階段を登り。咲夜が踊り場に足をかけたところで、咲夜に停止を命じた)
ん…スカートを少し、たくし上げて。
もっと。もう少し…そう。
(股下ぎりぎり。普通に立っていればそれでも良いが、階段ではアウト。そういう長さにさせる)
サクヤ…いま、サクヤは下着を着けていないわね。
もしも、この階段の下に、誰かが来たら…そのこは何を見ることになるの?

(階段の途中にいるということは、実際に誰かがくれば、それは現実になるということ)

(咲夜の斜め後に寄り添い、不完全に視線をカバーする体勢になって)
(覆い被さるように、咲夜の口元に耳を近づけ、大きな声はいらないようにして)
(それでも、誰かが見とがめたら、注意して見たり聞いたりすればどうしようもない)
(そんな危険な状況の中、そんなことを咲夜に言わせる。命令)
答えなさい。

340 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/29(金) 00:02:42 ID:48lxIBvJ
はい。
(短く、素っ気無い答え)
(しかし、声がかかると同時にぴたりと動きが止まるのは)
(奴隷としての本能か、それともそもそもの躾けのよさなのか)

わかり、ました……。
(片足を上げた状態で、言われるがままにスカートをたくし上げていく)
(股下ギリギリまで引き上げられた格好は、例え下着をつけていても破廉恥そのもので)
(背後からぴったりと身体をつけられて、囁くように言われれば)
(固まっていた唇が、言葉を吐き出す)
はい……私の、あそこが見えてしまいます……。
(恐怖か、羞恥か、それとも快楽からか)
(自分の体温がかーっと上がっていくのを感じて)

341 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/29(金) 00:11:15 ID:HZOMu9dz
ん。
サクヤ。サクヤが今、見せびらかそうとしているのはね。
(ことさらに、そんな意地悪な物言いをして)
サクヤの、いやらしいメス穴。淫乱マンコ。
後ろからなら汚いケツ穴も丸見えね?
(あそこ、という、言葉を使った咲夜にそうささやく)
(おとなしい咲夜が、今まで使ったこともないようなはしたない言葉遣いで、股間にあるものを表現する)
サクヤ。今からワタシが合図するわ。
そうしたらサクヤは、自分から足を開いて、お尻を後ろに突き出す。
そうして、一回だけ、スカートの後ろもまくり上げる。
その姿勢で、ワタシにこういうの。
「サクヤのいやらしいメス穴、淫乱マンコも汚いケツ穴も丸見えです。
 露出狂のサクヤはとても嬉しいです」
言い終わるまで、サクヤは丸出しのまま。
言い終わったら、姿勢を元に戻して、普通の生徒サクヤに戻って案内を続ける。
…ふふ。
(実際に、誰かか来る確率は時間からいってかなり低い。
 そして、誰かが本当に来たら、そして騒ぎになるようなら、
 そのときは実力行使にでる用意もしてはあったが)
(基本的に、ここはスリルを楽しむ場面。
 そう割り切って、合図を出す)

……teen,do,ek(ティーン、ドー、エーク )ぱんっ! 

342 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/29(金) 00:25:50 ID:48lxIBvJ
あ……メス、穴……ぁ……。
(耳から流しこまれる卑猥な言葉に、体が硬直する)
(廊下を歩いている間に取り戻した平静が、あっという間に崩れていく)
(ノーエの体温を感じながら受ける命令の説明は)
(学校という慣れ親しんだ場所の中で聞いているだけで背徳感に塗れて)
(耳から合図をされた瞬間、頭の中は快楽で汚染される)
あひぃぃぃんんっ♪
(合図による絶頂を味わい、顔をだらけさせながら)
(マゾ性癖を脳に刷り込まれつつ、足を開いて、お尻を後ろに突き出す)
(快楽に煙った虚ろな瞳でノーエを見ながら、スカートを大胆に捲り上げれば)
(誰かに見られれば一発で騒ぎになる格好を無防備に晒して)
あー……さくやのいやらしいメス穴ぁ、淫乱まんこも、汚いケツ穴も丸見えれす……♪
露出狂のさくやは……とってもうれしいです……♪
(恥知らずな宣誓を終えると、すぅっと表情が落ち着き)
(スカートを元に戻して、階段を上がり始める)
(表情に直前の痴態の痕跡は感じられないが、口元からは一筋の唾液が垂れていて)
(そのまま階段を上がりきると、再び廊下を歩いて教室へと到着する)
ここが、私の教室です。

343 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/29(金) 00:35:56 ID:HZOMu9dz
(命令のままに、痴態を晒し、脳に変態性癖をすり込まれ)
(そしてまた命令のままに、普通を装って歩き出す、哀れな人形)
(そんな咲夜を、笑いながら眺め、あとに続いて)
ここが私の教室です
(そう、告げられると、咲夜を止めた)

ん。ここでいいわ。中には入らない。
ここへ。立ちなさい。
(廊下の窓際を指す)
(今日は部活のない日であり、校舎内にほとんど人はいない)
(それでも、何かの幼児で居残っていた生徒たちが校庭を横切る姿が見える)
(自分の教室の前。
 声や物音はしないが、中に人がいないとも言い切れない、そんな場所で)
スカート。後ろをまくって、お尻を…いいえ、サクヤの淫乱なケツを壁につけなさい。
(廊下。教室の前。ここは咲夜の日常そのものの場所。そして、相変わらず誰が来るかもわからないスリル、危険のある場所)
(そんな場所で露出を命じ、そのまま隣に立って)
これをごらんなさい、サクヤ。
(先ほど「操縦機」といった、ネットブックを開いてみせる)
(小さな、コンピュータ。そのモニタの上に、乃依が作った、咲夜の「操縦プログラム」の画面が表示されている)
(プログラム…命令をその場で組んで、医務室のPCに送り、複雑な洗脳処理をすることさえ可能な、高度な洗脳プログラムだが)
(パターン化された簡単な命令などはGUIでも処理できるようになっていて)
(咲夜に見せたのは、何かのメニュー画面のようなもの)
(実際、いくつかの「命令」がメニューになって並んでいる。
 その中の一つ、「sakuya_acume」をパッドで選択して見せ)
さあ、リターンキーを押しなさい、サクヤ。
それで自分の脳に何が起こるのか確かめてご覧
(アクメスイッチを押すように命令した)
(咲夜はこの廊下を通る度に、このアクメを思い出せる。日常にひびが入る)

【次は思い出の場所に移動するわ】

344 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/29(金) 00:48:08 ID:48lxIBvJ

……分かりました。
(てっきり中に入るのだと思い、扉にかけた手を戻しながら)
(僅かに疑問を浮かべつつも、言われるがままに廊下の窓際に立つ)

……っ。
はぁ、い……かしこまりました……。
(下された命令に、呼吸が早くなる)
(ここまでくれば、ノーエが何を目的としているかは歴然としていて)
(その狙いに屈服するべく、教室を見つめたままスカートを捲り上げると)
(ぺったりと壁にくっつけて、ノートを覗き込む)
(そこには、自分を支配する為のコマンドがいくつも並んでいて)
(その一つにカーソルが合わせられて、促されれば)

はい、確かめます……んぎ、んああああぁぁぁぁぁっ♪
(迷う事無く、リターンキーを押し込む)
(アクメを予想していても、抑えきれない声が廊下に響いて)
(その事に戦慄しながらも、脳はそれにすら快楽を感じる最低のマゾヒストへと改造されていく)
(そのことをしっかりと自覚しながら、お尻を震わせて余韻に浸って)

(少しすれば、元の状態に強制的に戻されて、案内を続ける)
(続けて来たのは屋上。誰もいない広々とした空間は、少し物悲しさも感じさせて)
ここは、友人と一緒にお弁当をよく食べます。
悩みごとの相談や、ちょっとした話なども、よくここに来て……。
どこが、というわけではないのですけれど、私のお気に入りの場所です。


【時間がなければ、無理に今日中に区切らなくても大丈夫です】

345 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/29(金) 00:57:18 ID:HZOMu9dz
ふふ。
そうなの。
素敵な場所ね?そういうのって。
場所もそうだけれど、きっとトモダチと一緒っていうところがポイントなのよ。
(大人らしく、もっともらしいことを言いながら)
(いつも、友達とお弁当を食べるという場所へと案内させる)

サクヤ、ポーズ。
(さっき褒めた、お気に入りの場所で、犬のちんちんポーズを取らせる)
(友人とお昼を食べながら見た景色を、今、恥辱のポーズでみる光景にかえる)
そのままよ。
見ていなさい。
(咲夜の顔の前に、モニタをかざして見せ、さっきのメニューを開く)
(今度は「sakuya_pee」を選択する)
ポーズのまま。体に何が起こっても、ポーズを崩してはダメよ。
(そう、命令してから、咲夜の目の前でリターンを押した)
(それは、咲夜が排尿している時の脳波を再現するプログラム)
(つまり、いつでもどこでも、小便を漏らす命令だった)
(咲夜は自分の小便でお気に入りの場所を汚す)

…ふふ。これで、明日お弁当を食べる時、今のことを思い出せるわね。
(咲夜にとっての日常をまた一つ壊しておいて)

次は道場へ行きましょう。サクヤは剣道をするのよね。
部には入っていないのだった?
(今していることがなんでもないことのように、歩きながら話す)

【道場で大きい方をさせたいけれど、いい?】

346 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/29(金) 00:58:54 ID:HZOMu9dz
【>344
  ありがとう。
  そうね。良かったら>345にレスをしてくれる?それで今夜は終わりましょうか】

347 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/29(金) 01:08:32 ID:48lxIBvJ
そうかもしれませんね。
時々変わる事もありますけれど……ここで、よく食べています。
あ……はい、ヨニ様。
(屋上の比較的隅っこへと説明しながら移動して振り向き)
(そして、ポーズを命令された瞬間、瞳から光が消えて)
(表情を緩めながらその場にしゃがみ込み、両手を丸めて胸に掲げる)
(それは、普段の生活とはかけ離れた行為)
(そして、その姿勢のまま、視線をモニターに向けて)

はい、分かりました。
このまま、絶対にポーズを崩しません……っ!?
あ、ふ、や……ふぁぁぁ……っ。
(ノーエの指がリターンを押した瞬間、背筋をぶるっと震わせて)
(慣れ親しんだ感覚と共に、勢いよく排尿を開始する)
(一度始まってしまえば、止める事は出来ずに)
(普段座っている場所へ、ビシャビシャと音を立てて黄色い尿を撒き散らして)
ぁ……は、い……。
(友人との場所を汚されたのは、自分で思っていた以上に大きなダメージで)
(僅かにうな垂れながら、最後の道場へと向かう)

はい、その通りです……。
家の道場にしか通った事はないですね。
お誘いを受けたことはあったのですけれど……。
だから、あまり馴染みはないですね。
(そう言いつつも、道場の入口に立つと自然と気が引き締まるのか)
(すっと背筋が伸びて、凛とした空気を身にまとって、礼をしてから入っていく)
失礼します……。


【はい、もちろんです、ヨニ様】

348 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/29(金) 01:12:33 ID:HZOMu9dz
【ありがとう。今夜はここで終わりましょう】

【次回、この道場の中で全裸、首輪をつけて家畜調教、そして大便】
【…剣道をしている咲夜に、道場を冒涜し汚させようと思うの】

【次回は、明後日?というか、土曜日が大丈夫そう。
 時間も今日と同じ、22時から出来ると思う】
【咲夜のほうの都合はどう?】

349 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/29(金) 01:15:36 ID:48lxIBvJ
【分かりました、お疲れ様です】
【土曜日ですか……23時〜25時くらいまでなら大丈夫だと思います】
【もし何かあったら、伝言するようにしますね】

350 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/29(金) 01:18:54 ID:HZOMu9dz
【ん。了解】
【じゃあ、土曜日の23時に伝言板で待ち合わせね】
【ええ、わかったわ。こちらも何かあったら伝言するから。
 それじゃ、今夜もお相手ありがとう。とてもたのしかった】
【これでおちるわね。お休みなさい】

351 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/29(金) 01:20:33 ID:48lxIBvJ
【はい、今日もありがとうございました】
【おやすみなさい、ノーエさん。私も楽しかったです】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

352 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/10/29(金) 04:25:12 ID:NeOujeNV
◆PCjpI9b9V2 さんへの伝言にスレをお借りします。

昨日は本当に申し訳アリマセンでした。
出来れば最後まで回したいのですが、やはり此方の都合が着かなくて…
最後まで回す事が出来ず心残りですが今回はこれで終了、という形にさせてもらいます。
本当に御免なさい。

【スレをおかりしました】

353 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/30(土) 23:00:52 ID:juiLfFYL
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 

354 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/30(土) 23:03:35 ID:PFvkGqu5
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

>>353
【今日もよろしくお願いします】
【時間ですけれど、お話していたよりも多少長くいれそうです】
【そうは言っても、30分〜1時間くらいですけれど】

355 :リア・パラパラ・リーザス ◆Leazas7SUE :2010/10/30(土) 23:05:36 ID:juiLfFYL
【そう?嬉しい】
【じゃあ25時半をめどにしましょう】
【すぐに前の続きのレスを入れるわ】

356 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/30(土) 23:06:36 ID:juiLfFYL
【あーあ、やっちゃった。
名前とトリップを間違えたけど、上は私ね】

357 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/30(土) 23:07:20 ID:juiLfFYL
(学校の剣道場。今日は部活のない日なので、誰もいない。
 もちろん鍵が掛かっていたのだが、乃依は当然のように鍵を開けて入る。
 学校内で入れない場所など無いかのように)
(部活では剣道をしていないので自分ではここを使ったことはない、そう言いながらも)
(きちんと礼をして入り、凛とした雰囲気をまとう咲夜)
(そんな咲夜を、乃依は笑いながら見る)
ふふ…道場にくると雰囲気が変わるのね。さすがは剣道少女。
そのまま、そこで正座してみて?
そして、いつも道場でケイコしている時のことを思い浮かべて。
(これから、その剣道少女の、道場に対する認識を変えてしまう。
 しかしまだ、そう告げず、前振りのように、普段の咲夜を見せろと命じた)


358 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/30(土) 23:13:28 ID:PFvkGqu5
(笑われても心が乱れないのは、やはり長年鍛錬を積んだ場所と同じ空気の空間にいるからだろうか)
(ちらりとノーエを見ると、小さく頷いて)
分かりました。
いつもの、ですか……?
(ノーエの指示に疑問を持つも、彼女の指示に従うのが自然である事に変わりはなく)
(片足を引いて膝をつくと、流れるような所作で正座になり)
(背筋を伸ばすと、イメージを高めるように目を閉じて)
(普段の道場で素振りをしている自分を思い浮かべる)


【ふふ、ノーエさんもミスすることはあるんですね。弘法の筆誤り、です】
【分かりました、その予定でお願いします】

359 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/30(土) 23:19:01 ID:juiLfFYL
【>358
 そんな、たいそうなものじゃないわ。
 でも、そう言ってくれて嬉しい。ありがとう】

…ん。良い感じ。
さすがね?落ち着きと緊張のブレンド。運動によって生じる脳パルス…
武道をしているときの脳パターンって、今までほとんどとれなかったから。
これは貴重なサンプルよ。
(本気の発言。しかし、これから咲夜の脳から、この反応を奪おうとしている)

…ふふ。そうしているサクヤも素敵だと思うわ。
でも、サクヤは私の洗脳マゾ人形。
サクヤの内面は私のモノ。
ん…サクヤは、洗脳されるということにどんなイメージを持っていたかしら。
自分の感情が無くなるとか、勝手に身体が動くとか、かしら。
洗脳って言うのはね。ちょっと違うの。少なくとも、私の洗脳は。
全部、自分の考えなのよ。サクヤの意志なの。
それが、私の思うとおりに変わるのよ。
これから、それを試して遊ぶわ。
(残酷な宣言。それを何気なく言い放って)

さあ、サクヤ。正座したまま。
洗脳されることを思ってしたオナニーを思い出しなさい。
それから、私の医務室で洗脳された時のこと。
…サクヤのオナニーの世界では、どんな場所で洗脳されたの?
悪いヒトたちの実験室みたいなところ?
目を閉じて。そこにいるって、洗脳される場所をイメージしてごらんなさい。

360 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/30(土) 23:28:44 ID:PFvkGqu5
……ありがとうございます。
(返す言葉も普段よりも短く、鋭い)
(いかに内面を弄られようとも、長年積み上げて身体に染み付いたマインドセットは強力で)
(呼吸も心も落ち着いてゆっくりしたものとなっていく)

……そう、ですね。
そんな感じのイメージでした。
(洗脳とマゾ人形、そんな言葉に一瞬心がざわつくが)
(務めてそれを鎮めるようにしながら、ノーエの言葉を肯定する)

……っ。
わかり、ました……。
(肩が、震える)
(いかに平静を取り戻しても、それを再びかき混ぜられてしまえば、意味はない)
(そう自覚していても、目を閉じている事でかえって鮮明にイメージが描かれる)
(身動きできないように囚われて、怪しげな機械に囚われた自分が、そこにはいて)

361 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/30(土) 23:35:48 ID:juiLfFYL
…ん。そうよ。
…そう。はっきりとイメージして。
オナニーしている時。実際に洗脳された時。
感じていた、淫らな気分。洗脳され、かえられてしまうことに感じていたマゾの悦び。

さっきまでもサクヤがこの道場にいることで保っていた自分。
洗脳はね。私の洗脳は、それも奪える。簡単に。
(長年の鍛錬で培ったマインドセット。だが、洗脳チップは、その脳波に干渉し書き換えられる)

……ふふ。もう、わかっているかしら。
サクヤ。これから、道場という場所は、サクヤにとって神聖な場所ではなくなる。
道場という場所、そのものが、サクヤにとって洗脳装置よ。そう変わるの。
サクヤにとっての道場は、洗脳され、いやらしいことをする。
いやらしい場所。サクヤは道場を思い浮かべただけで発情して、淫乱マンコを濡らす、変態になる。
…プログラムは出来ているわ。
リターンスイッチは、サクヤのキーワードよ。
「咲夜はヨニ様の洗脳マゾ人形です」
さ。言いなさい。
(言えばプログラムに従って咲夜は絶頂し)
(同時に、道場という場所に対する認識が、
これまでの経験に結びついた神聖な場所から)
(妄想オナニーや、実際に洗脳調教を受けた、淫らなイメージに置き換わる)
(咲夜は、道場に入ると、いや、思い浮かべただけで発情する変態になる)


362 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/30(土) 23:45:54 ID:PFvkGqu5
ん……や、ぁ……!
こんな……ここで、なんて……。
(階段でも廊下でも屋上でも感じることのなかった拒否感)
(幼い頃から厳しく躾けられた彼女にとって、ここの価値観を変更される事は)
(自我の根幹に踏み込まれ、改造される事に等しくて)

せん、のう……そうち……。
道場が……あ、そんなぁ……。
(静まっていた呼吸が、荒くなる)
(自我の根本に対する洗脳、それに対する拒否感と)
(そして、これまでに刷り込まれたマゾヒズムと変態性癖による期待感)
(それらがあいまった思考停止状態で、命令を受けてキーワードを口にする)
はい……咲夜は、ヨニ様の洗脳マゾ人形です。
ん……♪
ん、あ、だ、だめっ!
あっ、らめなのに、ぃ……ふぁぁぁぁぁんんっ♪
(絶頂と同時に頭に埋め込まれたチップから送られる洗脳パルス)
(それは、長年積み上げた彼女の拠り所をあっさりと汚しつくして)
(そして、それは彼女の自我の一部を修復不可能なまでに破壊した)
(正座が崩れて、床に手をつきながら、その表情は発情した牝のものとなっていて)



363 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/30(土) 23:53:00 ID:juiLfFYL
(決定的な変化。それはあっさりとおこった)
(乃依の洗脳チップは、咲夜のマインドセットを完膚無きまでに蹂躙した)
(咲夜を構成していた重大なものが破壊され、咲夜という存在は、より卑しい変態人形へと堕ちた)

…ふふ。どう?
変わってしまったでしょ。
サクヤは変わった。私の思いのままに、ね。
これからもっともっと変わるわよ?
サクヤは、私の洗脳マゾ人形。
いまはもう、サクヤが…雪白咲夜が私の洗脳調教を受けているのではないの。
人形のサクヤが、今までのサクヤのフリをしながら、私に作られている最中なのよ。
光栄と幸せを感じなさい。
(言葉とともに、メニューによる操作で実際に歓びのパルスを送ってやる)
さて。それじゃあ、服を脱いで全裸になりなさい、サクヤ。
素っ裸でもう一度正座して。いつも道場でしているのと同じように。きちんと。
そして、感じなさい。自分がどんな風に変わったか。
(今の咲夜にとっては、道場で正座していることが洗脳装置にとらわれているのと同じ意味を持っている。淫らでマゾ的な行為、状態なのだ)
(そして、乃依は犬の首輪とリードを取りだす)
…面のかわり、かしら。
自分でつけなさい。
(正座した咲夜の前に、赤い革製の、犬の首輪をおいた)

364 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 00:03:32 ID:uLIE3MQx
はい、変わりましたぁ……。
はい……ヨニ様の思い通りに……私は……ヨニ様の洗脳マゾ人形です……。
はい、感じます……あ、あぁ……♪
(先ほどまでの凛とした気配は微塵もなくなり)
(ノーエの言葉に従順に頷いて、流されるパルスに甘い声をあげる)

はい、ヨニ様……。
(これから何をされるのか、その期待で陶然としながら)
(身に着けていた制服をいそいそと脱ぐと、再び正座の姿勢になる)
(これまでの習慣から格好だけはキチンとしているが)
(時折背筋を震わせて、涎を垂らさんばかりに緩んだ口元は)
(今の彼女が、淫らな妄想に耽っている事を丸分かりにさせる)

か、かしこまりました……ぁ、はぁ……♪
(待ち望んでいたものを与えられたかのように首輪を手にとると)
(少しキツイくらいにして自分の首に止める)
ありがとうございます、ヨニ様……。
(虚ろな視線で、正座しながら礼を言う、全裸に首輪の少女)
(それは、道場という修行の空間をこれ以上なく冒涜する組み合わせで)

365 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 00:11:11 ID:KALprcld
(道場で、いそいそと服を脱ぎ、首輪をつけて陶然と微笑む咲夜)
(完全に発情スイッチの入った少女を見下ろして笑う)
いいざまよ?雪白咲夜。
もう、さっきみたいなきちんとした、可憐な剣道少女のサクヤには見えないわ。
完全に発情したマゾの変態。
それでこそ、私の人形。変態洗脳マゾ人形サクヤよ。
…ん。じゃあねmy dool
「道場ですること」をしましょうか。
(リードを、咲夜の首輪に繋ぐ)
四つん這いになって、這いなさい。
(くいっ、とリードを引いて、歩き出す)
(道場の中を、ぐるりと、一周、リードを引いて、咲夜を「散歩」させる)
(掃除や、鍛錬の一環で似たようなことは何度もしているはず)
(だが、今していることの意味は全く違う)
(これは変態的なマゾ調教。淫らな行為)
(神聖な道場を冒涜する、罪深い行為。過去の咲夜はそう認識するだろう)
(だが、今の咲夜の認識する、「洗脳場所としての道場」でする行為としては、まさにふさわしい)
ふふ、好きなようにお尻を振ってイイのよ?マゾの変態サクヤ。
メス穴からいやらしくマン汁垂れ流していいの。
だって、道場って、そのための場所だものね?
(徹底的に咲夜をいたぶる。惨めさが快楽になるように。
 認識を、人格を変えられ、辱められたことに、より歓びを覚えるように。
 やがては自分から堕ちていくマゾ人形にする為に)


366 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 00:18:30 ID:uLIE3MQx
はい、その通りです、ヨニ様……。
私は変態洗脳マゾ人形。
道場で発情する変態マゾです……。
(先ほどまでなら抵抗したであろう嘲りの台詞に、嬉々として同意の声を上げる)
(今の彼女は、この場所でノーエに抵抗するなど思いもよらない行為)
(そう刷り込まれた彼女には、続く命令も当然のもので)
はい……んっ……わかりましたぁ……くぅんっ。
(リードを引かれれば、僅かに首が絞まるが)
(それすらも被虐的な思考では快楽に置換され)

はい……その通りです♪
どうぞ、この場所でマゾ人形の私をたっぷり洗脳してください♪
あん、これでよろしいでしょうかぁっ?
(道場を四つん這いで這いながら、尻を左右に振りたくる)
(発情した獣にも似た行為に耽りながら、秘所からは愛液が垂れ、太腿を伝っていく)

367 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 00:26:16 ID:KALprcld
どう?道場の中を四つん這いで這い回るのって楽しい?
ふふ。マゾ牝には聞くまでもないわね?
自分でもわかるでしょ?
道場の床がサクヤの淫乱マンコから垂れ流しのマン汁で濡れているわ。

(リードを引きながら、そんな風に嘲って、剣道少女を辱める)
(一周してもどって来ると、咲夜の制服のポケットから、ハンカチをとりだした)
さ、「とってこい」よ?
(道場の中央あたりへ、ハンカチを投げる。
 イヌのように這ったまま、口にくわえて取ってこい、と
 身振りで命じる)
どう?サクヤ、こんなことを道場の中でするって、オナニーの中でも考えたことってある?
洗脳されるって、こういうことなのよ?大事だったものが、汚すことで凄く気持ちいいものになる。

368 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 00:33:22 ID:uLIE3MQx
はい、とっても楽しいです……。
ヨニ様にお散歩して頂けて、とっても素敵です……。。
あん、そんなの、恥ずかしいです……。
(恥ずかしいと言いながらも、その顔に羞恥の色はなく)
(それどころか、もっと詰って欲しいという期待すら透けて見えて)

はい……わんっ♪
(命令される事もなく、自然と犬の吼え真似をすると)
(放り投げられた布に無様な四つん這いで駆けより、顔を床に近づけて咥えると)
(ノーエの足元に戻って、布を差し出すように顔をあげる)

いいえ……ありませんでした。
でも、素敵です……道場がこんな風だったなんて……。
こんないやらしい場所で、修行なんてできるはずありませんでしたぁ……♪
(もはや、洗脳前にこの場所をどう感じていたのか)
(それすら思い出すことが出来ないほど、この場所にはいやらしいイメージが固着して)
(さらなる洗脳を想像し、引き締まった肢体をくねらせる)

369 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 00:39:20 ID:KALprcld
あら、ふふ…とんでもない変わりようね。
でも、ちょっと違う。
サクヤはこんないやらしい場所で、修行してきた変態なのよ。
そして、これからも、サクヤは道場で剣道をするのよ。何食わぬ顔で。
でも、心の中では、ぐちょぐちょに濡れて、いやらしい気分でいっぱい。
変態よね?サクヤはそういう変態人形なのよ。
そう言う姿を、人前にさらすの。家族や、友達の前で。
今まで通りを装って。
理解し、実行できるわね?洗脳マゾ人形サクヤ。
(イヌのようにハンカチを差し出す咲夜の頭を、イヌにするように撫でながら)
(めちゃくちゃなことばで咲夜を諭す)

さ、もう一回。戻ってきたら、ご褒美をあげる。

(戻ってきた咲夜の口からハンカチを取って、もう一度投げる)

(そして、再び這いつくばって、まさにイヌのように戻ってくる咲夜の目の前で)
(道場の床に、唾を垂らした)。
(乃依の唾液はアクメスイッチ。
 これを、道場の床を汚した唾を舐めれば咲夜は絶頂する)
…ん。これがご褒美よ。舐めなさい

370 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 00:49:37 ID:uLIE3MQx
え……あ……ああぁぁ……♪
(違うといわれて不思議そうに傾けられた顔が)
(ノーエの言葉を聞くに連れて、いやらしい笑みの形に歪んでいく)
(それは、自我を弄ばれる事に対して快感を感じるように植えつけられた、人形の笑み)
はい……もちろんです、ヨニ様……。
命令どおり……このいやらしい場所で、何食わぬ顔で稽古を続けます……。
これからも、みんなの前で、ずっと……♪

わんっ!
(投げられれば、すぐに反応して振り向き、走り出す)
(落ちると同時に着地点に到達し、先程よりもスムーズに咥えると)
(犬のようにノーエの足元に戻って)

くぅん……♪
あ、へぁ……んひぃぃぃんっ♪
(垂らされた涎を見れば、アクメの興奮を思い出して口が開き、舌が垂れる)
(まさしく犬そのものの表情で、許可を下されると同時に手をついて頭を下げて)
(舌をべっとりと床につけながら、唾液を舐め取って洗脳アクメを貪る)

371 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 00:56:01 ID:KALprcld
(迷い無く…と言うより、お預けをくったイヌそのものの表情と動作で床の唾液を舐め。
 アクメを味わう咲夜)
んっふ。
いっちゃったわね、サクヤ。
道場のなかで、床に垂らした唾を舐めて。
…ふふ。過去の「ユキシロサクヤ」なら、そんな変態をなんて言って罵ったかしら?
ちょっと「想像して」自分を罵ってごらんなさい?
(出来るかどうか…はともかく、「元の」咲夜という言葉を使って、自分で自分を罵るように命じた)

そんな最低な自分になれた、された…してもらった、ことが、今のサクヤには幸せなの。
(咲夜の目の前で「操縦機」の画面を開き、
 「サクヤには幸せなの」と言いながら、メニューのなかのsakuya_happyを実行してみせる)
(機械が命じたと、見せつけられて感じる幸福感のパルスで咲夜を満たしてやってから)

サクヤ、道場の真ん中でポーズ
(命令し、イヌのちんちんの格好になった咲夜の前で、もう一度メニューを見せる)
(今度の命令はsakuya_poop…「サクヤ ウンチ」だった。このスイッチを入れれば、咲夜は自動的に大便する)
(それを、咲夜に説明してから、「操縦機」を目の前に突き出して命令した)
リターンしなさい。舌でキーを押して。
サクヤ。実行。
(道場の真ん中で大便しろと、命令)


372 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 01:07:33 ID:uLIE3MQx
はい……ヨニ様の涎で、イキました……。
はい、想像して……どうしようもない変態で、神聖な道場を汚す許しがたい下郎……。
恥知らずで恩知らずな、人間未満の牝犬、ですぅ……!
(倒錯的な命令を下されれば、快楽で惚けた頭の処理は追いつかないながらも)
(想像して口に出した罵倒は、自分で自分を罵る、歪んだマゾオナニーで)

んひっ……はい、その通りです……幸せ……ヨニ様の洗脳、しあわせぇぇっ♪
(ボタンが叩かれると同時に、快楽とは別種の多幸感が脳を満たす)
(その感覚に酔いしれながら、カクカクと首を上下に振って)

はぁっ、はぁ……え……大便を、排泄……?
(目をきょとんとさせて、ノーエの言葉を咀嚼すると)
(その意味を理解して、どろりと目を快楽の色で濁らせる)
(この上なく変態的な行為を命じられて、理性がトンだ状態の彼女は発情しきり)
(唇の端から涎を零し、キーボードが汚れるのも構わず、キスするかのように舌をキーに押し付けて)

んえ、んああぁぁぁっぁあ、ん、くぅ、おほぁぁぁぁぁぁぁ……っ♪
(犬のチンチンを真似、尻を突き出したポーズのまま)
(嬌声めいたいきみ声をあげて、腹部に力が篭る)
(控えめな菊花が内側から押し広げられれば、茶色い糞便がミリミリと顔を出して)
(道場の床にぼとり、ぼとりと手のひらくらいの長さの塊が幾つも垂れ落ちていく)

373 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 01:15:03 ID:KALprcld
(イヌのちんちんポーズで大便をする咲夜)
(感じているかのような声を上げながら排泄する咲夜に、
 頭上から嘲り笑いを浴びせて、より屈辱を与えた)
(排泄を終えた咲夜の唇と舌を指先で嬲りながら、排泄物を嘲笑って)
ふふっ…道場を汚しちゃったわね、サクヤ。
さ、これでお尻を拭きなさい。
(渡したのは、咲夜のハンカチ)
拭いたら。それは出したものの上に置きなさい。
(つまり、女生徒のものとわかるハンカチを。
 大便のついたそれを、大便の上に置けという命令。
 乃依は、この排泄物をこのままにしておくつもりなのだ)
(さらに、咲夜を四つん這いにさせて、ウエットティッシュで丁寧に尻と股間を拭ってやる)
(清拭を終えると、咲夜に服を着るように命令した)
この大便は、このままにするわ。
明日、朝練にきた剣道部員は驚くでしょうね?
「神聖な道場」を汚したのは誰だって、怒るかしら?
ふふ。「雪白咲夜」ちゃんは、剣道部の友達はいる?
その子はなんて言うかしらね?「犯人」のこと。
キチガイ?変態?
サクヤは、それを聞いて、どう感じるかしら。
どう感じたとしても、サクヤはきちんと対応できるわね?
今までのサクヤみたいに、さっき自分に言ったみたいなことを「犯人」に言うの。
「どうしようもない変態で、神聖な道場を汚す許しがたい下郎」
ふふっ…楽しみね?

374 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 01:23:13 ID:uLIE3MQx
あ、ん……ふぅ、ん……はい、出し終わりました、ヨニ様……。
ご命令どおりに、道場に排泄しました……。
ありがとう、ございます……はい、かしこまりました。
ひゃぅ……あ、ひぅ……。
(自分で自分を汚させるような行為は、完全に咲夜の中の大事なものを壊した)
(ノーエからハンカチを受け取り、尻を躊躇いなく拭くその顔は)
(以前よりも人間味の欠けた、人形に近いものへと変わってきており)
(ハンカチを自分の便を隠すように上からかぶせると)
(汚臭を放つそれには興味がなくなったように尻を高く上げて)
(ノーエの丁寧な掃除を受けて、喘ぎを漏らす)

はい、います……以前誘ってくれた、友達が……。
どんな風に言うかは……ちょっと、想像できません……。
(それだけの異常な行為であったと認識しながらも)
(ノーエの言葉にゆっくりと微笑んで、頷く)
はい、絶対に気づかれないように……犯人を罵ります……。
道場を汚す……許しがたい変態を罵るの、楽しみです……♪

375 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 01:28:47 ID:KALprcld
そう。いるのね。ふふ。本当、楽しみね。
きっとサクヤはゾクゾクする快感を味わうわ。
罪の快楽よ。優等生には絶対に味わえない快感。
何くわぬ顔のサクヤは、きっと?巣穴を濡らしているわね。
(頬を撫で、愛撫しながら、そんな非道い言葉を与える)

明日、学校の様子を報告してもらうわ。
不自然でない程度に、この「事件」への生徒たちの反応を調べておきなさい。
教師側の反応は私のほうが詳しくわかるでしょうから、教えてあげるわ。
「どうしようもない変態で、神聖な道場を汚す許しがたい下郎」に対して学校がどうでるかしらね。
(もしも、ばれるようなことがあれば、咲夜は狂人として扱われるだろう)
(実際のところ、一般生徒が疑われることは無いはずだった。
 鍵が掛かっていて入れないはずの場所なのだから)
(疑われるのは鍵を開けられる人間で、生徒だとしても剣道部の関係者)
(乃依は対象にならない。本来鍵を持っているはずのない人間だからだ)
(まじめな生徒だった咲夜に、犯罪行為をさせ、それを楽しむように、と言っている)

さ、今日の調教は終わりにしましょう。
そこでポーズして、私に挨拶なさい。
サクヤの大切な世界を洗脳して壊した私に。
感謝と忠誠の言葉を、心から言いなさい。

【この挨拶で、今夜は終わりましょうか】

376 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 01:38:50 ID:uLIE3MQx
はい、変態マゾ人形の私は、変態の自分を罵倒して、牝穴を濡らします。
神聖な道場を汚しながら、平然とした顔で……ぅんっ。
(履き直した下着を、マゾの興奮で漏れた愛液が濡らす)
(頬を撫でられながら、股を濡らしつつ、与えられる命令をじっと聞いて)

はい……ヨニ様……生徒の反応を、調べておきます……。
はい、かしこまりました……ヨニ様、今日はこのようないやらしい場所で、洗脳してくださってありがとうございました……。
大切だったものを、洗脳して汚させて頂き、変態マゾ人形はとても幸せです……。
これからも、このいやらしい牝人形の脳と身体を捧げます……。
だから、どうか全てを弄び、ヨニ様の思い通りに洗脳し尽くしてください……♪
(ゆるゆると腰を振りながら、下品にしゃがみこみ舌を垂らす)
(同じポーズを取るたびにいやらしくなっていくその様子は、洗脳の深化を示していた)


【はい、お疲れ様でした、ヨニ様】

377 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 01:42:33 ID:KALprcld
【ん。ありがとう】
【今日は咲夜の大切なのもを壊せて楽しかったわ】

【次は、咲夜の自宅で、電話で調教洗脳、というのはどう?】
【自室や、自宅の道場で、咲夜は乃依に電話で操られて】
【オナニーしたり、アクメしたり。道場で淫らなことをしたり、失禁させたり】
【咲夜が良ければ、だけど。】

【もしも、お相手してくれるなら、次回だけれど
こちらは休日でないとこられないから、水曜、と日曜かしら】
【時間は23時から】

378 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/10/31(日) 01:46:42 ID:uLIE3MQx
【こちらこそ、ありがとうございました】
【はい、もちろんです。電話での洗脳は私も望んだことですし】
【それでは、とりあえず、水曜23時に楽屋スレで待ち合わせましょう】
【次も楽しみにしています、ヨニ様。おやすみなさい】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

379 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/10/31(日) 01:49:39 ID:KALprcld
【ん。了解。じゃあ、水曜日の23時に楽屋スレで待ち合わせね】 

【私も楽しみよ。
 今夜もお相手ありがとう】 
【お休みなさい】 
【スレをお返しします】

380 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 21:15:01 ID:XcYSSrXa
>>261で待機しますね。

381 :名無しさん@ピンキー:2010/11/03(水) 21:35:43 ID:I+9CF5Oz
>>380
【お相手よろしいでしょうか?】


382 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 21:40:46 ID:XcYSSrXa
>>381
【こんばんわ。此方こそよろしくお願いします。】
【えっと、そちらになにか希望のシュチュはありますか?】

383 :名無しさん@ピンキー:2010/11/03(水) 21:44:24 ID:I+9CF5Oz
>>382
【機械とかで洗脳してからお仕事と称してペニスをマイクだと思わせたり、恥ずかしい衣装とかを着せたりしたいですね】

384 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 21:51:19 ID:XcYSSrXa
>>383
【はい。了解しました。私も方もそれで構いません。】
【では私が騙されて貴方に呼び出されて、拘束なりされた後機械にかけられって流れで如何でしょうか?】


385 :名無しさん@ピンキー:2010/11/03(水) 21:54:13 ID:I+9CF5Oz
>>384
【ではそんな流れで】
【書き出しはどうしましょうか?】

386 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 21:58:56 ID:XcYSSrXa
【そう、ですね。呼びされてって流れなので出来れば書き出しをお願いしたいです。】

387 :名無しさん@ピンキー:2010/11/03(水) 22:08:03 ID:I+9CF5Oz
>>386
【ではこんな感じでよろしくお願いします】
(新人アイドルの育成を社長から任されたマネージャー)
(しかし可愛いだけでは仕事が取れない昨今、性技を訓練されたアイドルを育成しなければこの先生き残れないと判断した事務所は新人の渡瀬に性技を仕込む事を決定した)
(そして渡瀬に仕事と偽って事務所におびき出すメールを送った後、社運を賭けた洗脳装置の電源を入れる)

388 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 22:18:25 ID:XcYSSrXa
>>387

マネージャー、一体なんの用事なんだろ…
此処最近妙に事務所がそわそわしてた事と関係があるのかな?
(その日は休日だったが唐突にマネージャーに呼び出された飛鳥)
(内容は簡易的に火急の用事につき急ぎ事務所に着て欲しい。との事で)

失礼します。渡瀬ですが、マネージャー?何か用ですか?
(カチャリ、と扉を開けて事務所に入れば、そこには見た事のない奇妙な機械が置かれていて)

【此方こそ宜しくお願いします。】


389 :名無しさん@ピンキー:2010/11/03(水) 22:32:03 ID:I+9CF5Oz
>>388
(事務所のドアが開くと呼び出した飛鳥が到着したようで)
ああ、飛鳥ちゃん急に呼び出しちゃってごめんね?
(普段と変わらぬ態度で接すると機械に気付いた飛鳥に思わずニヤリと笑みを浮かべて)
これかい?これは最新の美容マシンでね、今回我が事務所からキャンペーンガールが欲しいと言われて飛鳥ちゃんにやって貰おうかと思ってさ。
(歯科医院の診察台のような風貌の機械に頭を覆うようなヘルメットが付いた奇妙な装置を飛鳥に紹介して)
飛鳥ちゃんが紹介するんだから実際に試して貰った方がいいよね?そこに座ってヘルメットを被れば後は全自動でやってくれるからさ………
(機械を操作して飛鳥に座るように指示するマネージャー)
(一度座れば次に目覚める時には男性器を躊躇なく握れる位の淫売になる悪魔の椅子が飛鳥を待ち構えて)

390 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 22:48:08 ID:XcYSSrXa
>>389
最新の美容………マシン、ですか?これが??
(確かにそう言われればそう見えなくもないソレではあるが)
(普段よく通う美容室にも流石にこれ程歪な物はなかった。それでも最新式なのだと納得させられて)
キャンペーンガールですか?わかりました。私でよければ是非にお願いします!
(ぺこりと頭を下げマネージャーにお礼をして)
そう、ですね。実際に試してみた方が私もより詳しくこのマシンを説明できそうです。
解りました。ふふふ、なんだか少し楽しみです♪
(警戒心等微塵も見せぬ笑顔で指定されるままに椅子に座り込むと)
(頭部のヘルメットを手に取り、自ら被る。首より上の部分がが完全にすっぽり覆われて)
(カチッと脱げない様に固定されれば、駆動音を上げて機械が動き始めた)
(この時飛鳥は自分がこれからどのような辱めを受けるのか等想像していなくて…)


391 :名無しさん@ピンキー:2010/11/03(水) 22:58:25 ID:I+9CF5Oz
>>390
(飛鳥が椅子に座り、ヘルメットを被ると手足が固定されヘルメットが脱げなくなる)
(そして催眠を促す周波数がヘルメットに響き、どんな辱めも芸能活動に当てはめる事で性交渉に関する羞恥心を消して)
(更に性技のノウハウを飛鳥に刷り込む事によって完璧なアイドルに仕立て上げていく)

(数時間の洗脳の後、機械が飛鳥を解放するとマネージャーが駆け寄り、飛鳥の様子を確認する)
大丈夫かな、飛鳥ちゃん気持ちよすぎて寝ちゃった………?
(飛鳥の肩を揺らして意識を呼び起こそうと呼びかける)

392 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 23:21:17 ID:XcYSSrXa
>>391
えっ、あの、マネージャー!?これはなん、ですかっ!?
(ヘルメットを装着した直後に手足を固定され思わず叫び声を上げてしまう)
(立ち上がろうとするが手足を固定されては動けず、ヘルメットも完全に固定され外す事は出来ず
あ、あぁぁぁぁ…………なに、これ…ぁ、ぅ………
(奇妙な駆動音と共に催眠に陥っていく。暫くすると目の前で全裸の自分がマネージャー相手にセックスをしている光景が映し出され)
(最初はその光景に不快感や嫌悪感しか覚えなかったが程なくすると性交に対する不快感や嫌悪感・羞恥心と言った物が消えていく)
(やがてどれだけ目の前で全裸の自分が辱められてもそれは極当然なのだと思い込まされていき…)

んぅ、せっ…くすは、お仕事…こう、おちんちんを舐めるのがお仕事…
おまんこ、広げて…入れてもらうのがお仕事…おちんちんに奉仕をするのがお仕事…
(そして様々な隠語や性技のノウハウを何時間もかけて刷り込まれ、その度にガクガクと拒絶反応を見せては呟き脳に吸収していく)

(どれ程時間が経過したのだろうか、機械から開放された飛鳥は完全に気を失うかのようにぐったりしていて)
ん、ぅ………まねー……じゃー…?
(肩を揺らされるとうっすらと瞳を開け、マネージャーの姿を確認すると頬を赤らめて)

393 :名無しさん@ピンキー:2010/11/03(水) 23:35:36 ID:I+9CF5Oz
>>392
良かった……、美容マシンでアイドルが謎の変死なんて洒落にならないからね……
(目覚めた飛鳥の頭を撫でると)
(機械の洗脳が成功したか確かめる為にある実験を行う)

飛鳥ちゃん、これからちょっと衣装合わせの方もして欲しいんだけど大丈夫かな?
これかなり大胆なデザインだけど飛鳥ちゃん大丈夫?
(飛鳥にある衣装を渡す)
(いつもの飛鳥の衣装のデザインを変えた物だが材質がラバーになっていて)
(ワンピースは丈が短くなり背中や胸元が大きく開いて性的な印象を強くして、太ももには避妊具の入ったホルダーが追加されている)
これに着替えて早速なんだけどこのマイクでレコーディングお願いできるかな………
(と自らの股間を指差して飛鳥に奉仕をお願いする)

394 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/03(水) 23:48:32 ID:XcYSSrXa
>>393
美容マシン…?あ、ああ…そっか。私美容マシンの試運転をしてたのですね…
(撫でられながら何があったのか思い出そうとして)

衣装合わせですか?ええ、大丈夫ですよマネージャー。
大胆……?ん〜。そう、でしょうか?私のいつのも仕事だったらコレ位普通じゃないですか?
(首をかしげながら衣装を見る飛鳥。その表情は一体なにを言っているのだろうか、といった感じで)
(衣装を受け取ると大胆にもその場で着ている衣服を脱ぎ、そしてラバー製の卑猥なコスチュームに身を通していく)
んっ、ぁ……やぁ…これ、少し小さくない、ですか…?
(ボディラインを浮かび上がらせる様にぴっちりとフィットした衣服を文句をいいつつも着こなして)
ん、解りましたマネージャー……
アーアーッ、それじゃ、失礼します、ね…あむっ…ちゅ、ぴちゃ。
(レコーディングの言葉を聞くとその場で膝をついてM字開脚になり、そして差し出された竿にゆっくりと手を這わせると
(グローブ越しにマッサージをしつつ口にくわえ込んでいく)

395 :名無しさん@ピンキー:2010/11/04(木) 00:00:17 ID:aKCMdufY
>>394
そうそう、ずっと寝てたんでてっきり死んだのかと思っちゃったよ
休みもっと増やしてあげないとね?

だよねぇ、なんかへんな事言っちゃってごめんね?
(衣装にも疑問を持たず、その場で着替える飛鳥を見て実験が成功したのを確認すると)
(ぴっちりとした衣装に身を包んだ飛鳥の実力を図るべく奉仕を命じる)
なかなか似合ってるよ、飛鳥ちゃんの魅力を引き立ててとっても可愛いよ……
じゃあレコーディングするからマイクのチューニング頼むよ……
(淫らに股を開くと差し出された肉棒になんの躊躇もなくグローブを付けた手で握り締めて)
(口に運んでいく飛鳥にペニスも硬くなって)
飛鳥ちゃんの歌、とってもいいよ……その調子で頑張ってね?

396 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/04(木) 00:10:05 ID:GiS3itVm
>>395
あむぅ…ちゅ、ぴちゃ…ちゅる、れろぉ。
んふっ、どう、ですかマネージャー…?私、いい声で歌えてます、よね?
んんんっ、マネージャーったらこんなに硬くして。ダメですよ?
ちゃんと収録して、ちゅ、もらわないと…
(玉袋を手で転がしながら竿をアイスキャンディーの様にペロペロと舐めしゃぶっていく)
(洗脳前では考えれない程に大胆な行動を取る飛鳥だが、本人は全く違和感さえ覚えてないのか)
(完全に仕事と割り切り奉仕を進めていく。)

397 :名無しさん@ピンキー:2010/11/04(木) 00:18:38 ID:aKCMdufY
>>396
ああ……、だいぶいい声で歌えるようになったね……
大丈夫、ちゃんと収録してるから心配しなくていいよ………
(飛鳥の豹変ぶりに驚きを隠せず、おもわぬ刺激にペニスはガチガチに勃起して)
これならどこに行っても通用するぞ………、でもここまでの逸材を無闇に営業させる訳には行かないなぁ………
(飛鳥の手のひらの睾丸は上に上がりながら、ペニスの先からはトロトロと先走りが出始める)


398 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/04(木) 00:40:04 ID:GiS3itVm
>>398
有難う御座いますマネージャー。んっ、ちゅぅ…
(先走り汁を吸出しそう答える)
そう、ですか…?私どこに行っても通用しますか?
もしそうなら凄く嬉しいです。今まで一所懸命頑張って着ましたから。
でももっと、上手く、なりたい…皆に認めてもらえる様になりたいです…
(それは飛鳥の本音であるが洗脳により歪められた記憶と重なり今ではより性欲を性知識を獲得したいと思っていて)

【申し訳ないのですが少し眠くなってきました。凍結の方お願いできますか?】

399 : ◆111HBuO8jI :2010/11/04(木) 00:42:09 ID:aKCMdufY
>>398
【大丈夫ですよ、次回はいつになりますか?】

400 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/04(木) 00:48:09 ID:GiS3itVm
1週間置いて来週の木曜日が都合がいいのですがどうでしょうか?

401 : ◆111HBuO8jI :2010/11/04(木) 00:50:02 ID:aKCMdufY
>>400
【了解しました、では来週の木曜日にまた伺います】
【今日はありがとうございました】

402 :名無しさん@ピンキー:2010/11/04(木) 00:54:17 ID:8aU5W8NL


403 :渡瀬 飛鳥 ◆111HBuO8jI :2010/11/04(木) 00:57:21 ID:GiS3itVm
【お疲れ様でした。それでは私もこれで失礼します。】

404 :名無しさん@ピンキー:2010/11/11(木) 10:29:30 ID:yaEKaZ1o


405 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/14(日) 23:08:22 ID:RCirpvSr
【ノーエさんと一緒にしばらくスレをお借りします】

406 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/14(日) 23:10:21 ID:BIwzz3h2
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】
【改めて今夜もよろしくね】 
【前回の終わりを少し変えたくなったの。
 道場に行く時、道着を着て欲しいんだけど、いいかしら?】
【良ければ前科イラストを少し変えたレスを入れるわ】

407 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/14(日) 23:11:46 ID:RCirpvSr
【はい、今夜もよろしくお願いします。変更も了解しました】
【レスは作ってきたんですけれど、それじゃあノーエさんのレスに合わせて私も若干書き直しますね】

408 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/14(日) 23:13:20 ID:BIwzz3h2
あはははははははは…凄いわね。しっかり発情して。 
ふふふ。どう?サクヤ。 
久しぶりに感じる恋の味は? 
その竹刀は、サクヤに応えてくれるわよ。 
サクヤの恋、サクヤの愛、そして性欲を…ふふ。 
ほら、上、シャツもブラも取って。直接肌で竹刀を感じなさい。 
抱きしめて、頬ずりよ。たくましい竹刀「さん」を感じなさい。 
(カメラ越しに、竹刀を裸の胸に抱いて頬ずりし、性的に燃える変態娘を鑑賞しようというのだ) 
ふふふ…。 
ねえ、サクヤ?サクヤの熱いこころ、そのままにしておいてはダメ。 
これから、竹刀と逢い引きしましょう。 
今夜はサクヤにとって特別な夜になるわ?ふふ…

道着、いくつか持っているのでしょう?
普段の練習用じゃなく、特別な…試合とか、式典とかにつかう胴衣を着なさい。
下着は一切なしで。
 
ポーチに携帯を入れて、通話もそのまま。 
竹刀をしっかり抱いて。 
道場に…行きましょう。 
(道場で何をさせるつもりなのか…それは容易に想像できるだろうが。 
あえてそれは言わずに) 
(実家の道場。今まで真剣に剣道に打ち込んできた場所に) 
(竹刀と…変態的な欲望を抱えて、入るように命令した) 

【わがままをきいてくれてありがとう】
【裸の上に道着を着て、竹刀とポーチ(携帯)を持って行ってほしいの】
【剣道をする姿で…初体験しましょ?】

409 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/14(日) 23:20:50 ID:RCirpvSr
あぁ……すごいです……。
もう放したくないです……ええ、わかります……。
こんなに硬くて、たくましくって……。
んぅ……ありがとうございます、ヨニ様……♪
(股をぎゅっと締めて、竹刀を固定すると、もどかしげに上着とブラを脱ぎ)
(改めて、胸の谷間にしっかりと挟み込んで、竹刀を上下に撫でさする)
(握りの部分にねっとりとした視線を送りながら、頬を擦りつけ)
(その硬さと感触に当然と溜息を洩らして)

逢引……んふ、そんな、恥ずかしいです……♪
はい、あります……すべて、ヨニ様のご命令どおりに……。
(恥ずかしいと言いながらも、それを拒む気配は全くなく)
(携帯をポーチに入れると、いったん竹刀を手放して衣服を脱ぎ)
(部屋の引き出しから胴着を取り出す。普段のものと形は変わらないが)
(シンプルに紋が縫いつけられたそれは、大事な試合の時にのみ着るもの)
(抱いた竹刀と胴着は、誰かに見られれば間違いなく詰問を受ける格好)
(しかし、準備を済ませると迷うことなく廊下へと歩き出し、道場へと向かう)
(僅かな緊張感が心拍数を高めるが、それよりも胸の中の竹刀に心奪われて)
(ふらつく足取りで、誰にも見られることなく道場へとたどり着く)

ああ……つきました、ヨニ様……。
(ノーエによって刷り込まれた異常性癖により)
(道場の一段高い場所にコンパクトを置くと、その場にへたり込む)
(股の付け根からは白濁した愛液がとろりと垂れ落ち、胴着の股を濡らしていく)

410 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/14(日) 23:33:13 ID:BIwzz3h2
(「つきました…」という声を聞くと、くすくす笑い)
誰にも見つからなかったみたいね?ふふ。
ん。ポーチをおいたらふたを開きなさい。
明かりはいらないわよ。
(赤外線カメラで、咲夜の姿を見られるようにと指示を出す)
あら…赤外線だから、よくわかるわ。
サクヤったら、股を熱くしちゃって…ふふ。いやらしいこ。
(言っていることはウソだが、赤外線カメラでも咲夜の股間が濡れているのはわかったし、モニタしている脳波でも明白だった)
ふふ…どう?
道着を着て竹刀と一緒に道場にいる気分は?
とてもいやらしい気分に…発情してくるでしょう?
(ここまでの条件付けだけで、十分淫らな気分になっていることは承知の上で、
あえて、発情パルスを咲夜の脳に流してやる)
道場という、いやらしい場所で。
道着という、エッチな服装で。
大切な竹刀…サクヤの大好きな恋のお相手と。
「ふたり」きり…なんだもの、当然よね。
さあ…サクヤ。「竹刀さん」を抱きしめて、思う存分キスなさい。
その「たくましい」竹刀を、股にはさんで。サクヤの淫乱まんこにこすりつけなさい…


411 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/14(日) 23:43:18 ID:RCirpvSr
はい……この時間になると、皆部屋にいますから……。
分かりました……これでいいでしょうか……?
(ふたを開くと、自分が見えるように角度を調整して)

はい、その通りです……いやらしいマゾ人形の咲夜はぁ……。
アソコを……オマンコを、ぐちょぐちょに濡らしています……♪
(嘲るような声にすら羞恥ではなく快楽を感じて)

んひぃ……♪
はい……発情します……ひてますぅっ!
こんないやらしいことしてたらぁ、発情しちゃいます♪
(自分は発情せずにはいられない)
(その事を刻み込まれた脳は、さらなるパルスを受ければとろとろに蕩けて)

はい……当然、ですぅ……♪
あぁ……かしこまりましたぁ……んぅ、んちゅ……べろっ、れるぅ……!
んむ、あは……かたぁい……素敵です、んふぅ……♪
(促されるままに竹刀の握りに顔を近づけると、薄く唇を開き、接吻する)
(何度も場所を変えてキスをしながら、フェラチオのように舌を這わせ)
(べっとりと涎にまみれさせながら、角度をつけて竹刀をゆすり)
(胴着の上からぐじゅぐじゅと音を立てて発情しきった秘所に擦りつけ、快楽をむさぼる)

412 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/14(日) 23:54:46 ID:BIwzz3h2
ん…そのちょうし。
ふふ…なんてイヤらしいのかしら。とても処女とは思えない、これが、「初恋」だなんて…ふふ。
(オナニーのように。竹刀に性器をこすりつける咲夜を笑う)
サクヤ。気持ちいいわね?とっても淫らなサクヤ?
こちらのモニタにはっきり出ているのよ?
サクヤが凄く発情しているのが。
(そうなるように条件付けした上に洗脳パルスまで出しているのだから当然なのだが、
あえてそう言って。罵ってやる)
今夜、最後までいってしまうわよ?サクヤと「竹刀さん」はね。
さ、「竹刀さん」を前に横たえなさい。サクヤはそこで正座なさい。
(発情パルスを断続的に、波のように送りながら、正座させたままのサクヤをじらすようにして、言葉を続ける)
イヤらしい気分が、淫乱マンコの発情が…どんどん高まってくるでしょう?
そこは、サクヤが小さな頃から剣道をしてきた場所よね?
とんな気持ちで、そこで練習して来たか…竹刀を握ってきたか思い出せる?
思い出せたら…今の気分と違うのがわかるわね。
(それは「違う」などという言葉では表せないほどの変化のはずだが、乃依はこともなげにそう言って)
それはね、私がそうした結果よ。サクヤは、私に洗脳されて、道場に、剣道に、竹刀に対する気持ちを変えられてしまったの。
サクヤの考えることは、私がそう望んだこと。サクヤはすべてを私に支配された人形。
(幸福感のパルスを送って)
さ、正座したまま、竹刀さんに礼よ。こういいなさい。
「今夜これから、雪白咲夜の処女を竹刀さんに捧げます。
 どうか、淫乱洗脳マゾ人形サクヤを、おんなにしてください」
言えば、サクヤはアクメする。
そして、竹刀さんへの愛情が高まってセックスしたくてたまらなくなるわ。
今夜が、サクヤの初体験の夜よ。

…do it mydool

413 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/15(月) 00:06:44 ID:RCirpvSr
はい……んちゅぅぅっ、発情、してまふ……。
だって、だってぇ……こんなに、こんなのぉ……♪
(最早、快楽に浸りきった頭は、送られてくるパルスと自身の発情の違いも区別できず)
(ただ、目の前の竹刀に対して、欲情の感情がみるみる高まっていって)
(こらえきれずに胸を、唇を、肌を必死に擦りつける)

あ、ああっ……は、ぃ……わかり、まひらぁ……♪
(命令に従い、柄まで涎がまぶされた竹刀を目の前に置き、正座する)
(それは、普段の道場でも行う行為だが、この場のものとは似ても似つかない)
(送り込まれる断続的なパルスに薄く開いた唇からは涎が零れて、胴着に染みを作っていって)

はい……はひ……まっらくちがいます……。
こんないやらしい気持ちになれるなんて、知りませんでしたぁ……♪
ありがとうございます……私を変態マゾ人形にしてくださって、ありがとうございます、ヨニ様……♪
ふぁい……♪
こんやこれから……雪白咲夜の処女を……しないさんにささげます……。
どうか……淫乱洗脳マゾ人形サクヤを……おんなにしてください、おねがいします……。
んああああああぁぁぁぁぁっ♪
あ……あー、んぅ……はぁー、あんっ……♪
(頭を下げたまま、体をびくつかせて洗脳アクメを受ける)
(ゆっくりと顔を上げれば、そこには発情した一匹の雌がいて)
(ねっとりとした視線で竹刀を舐めるように見つめながら)
(獣のようなうめき声を洩らしつつ、ノーエの命令を待つ)

414 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 00:13:29 ID:Lv5j1aba
んっふふふふふふ♪いい顔よ、サクヤ
(理性まで放棄したかのような顔で、発情するメスと化した咲夜をみて、楽しそうに笑った)

ん。もう我慢しなくて良いわよ。
「竹刀さん」を、サクヤの中に…淫乱マンコに入れなさい。
ただし、道着を完全に脱いではダメよ。
胸をはだけて、股を丸出しにして。でも胴衣は着ていなさい。
私の洗脳マゾ人形は、そうやって、剣道を、道場を、汚すの。
「絶対に許されない変態。そして最低の人間」だったわね?
でもね、もうサクヤは人間じゃないわ。
人形よ。洗脳マゾ人形。
だから、私の望みのままに、「人間としては絶対に許されない最低の行為」をする。
そして、そのことでアクメする。そういうマゾ人形に、私はもっともっと、サクヤを堕とすわ。
今夜は…それを感じながら、竹刀とセックスなさい。
アクメしたくなったら、いつものように言えばいい。
「サクヤはヨニ様の洗脳マゾ人形です」 
ああ…言わなくても、サクヤは竹刀とのセックスならちゃんとアクメできるわよ?
愛しい恋人に与えられるオーガズムは許可しますからね…でも。
サクヤにとって気持ちいいアクメはどっちか。試してみると良いわ。

さ、サクヤ、セックスを「許可する」わ。しなさい。

(竹刀とセックスして得られるアクメよりも洗脳アクメを上位とする…
 そういう宣言だった。もっとも、痛みを遮断しているわけではないので、
 初体験の性器は完全なアクメを得られない可能性もあったのだが)


(いずれにせよ。竹刀とのセックスに、ゴーサインを出した)

415 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/15(月) 00:31:22 ID:RG1x8B9g
ああ……ありがとうございます……♪
はい、かしこまりましたぁ……♪
あはぁ……せっくす、せっくすぅ……♪
洗脳マゾ人形、セックスしますぅ……♪
(緩んだ相好で竹刀に手を伸ばすと尻もちをついて股を開き)
(胸元を大きく開いて乳首の尖った胸を露わにし、胴着をずりおろして)
(秘所を丸出しにしながら、もどかしげにゆすり)
(竹刀の柄を握ると、柄の部分をゆっくりと挿入していく)

あ……あはぁ……はいって、えぇ……。
んんっ、ふっ……あ、かた、い……これ、ここぉ……っ!
はぁ、ふぅん……ん、く……!!
(処女膜に触れたことを感じ取れば、一瞬躊躇うが)
(すぐに意を決して手に力を込めると、自らの手で破瓜をする)
(鋭い痛みが体を貫くが、それよりも愛しい人と結ばれたという充足感が胸を満たして)
(さらに奥へと挿入して、膣をかき混ぜていく)

はぁっ……つ、ぅ……ん、ふっ……はぁっ……!
(だが、経験もなく、まして性具としての用途は考えられていない竹刀の柄では)
(処女を絶頂に導くような肉体的快楽をもたらすことは難しく)
(荒くなってきた息の中で、手を激しく動かし、赤い血のついた柄をこじいれながら)
(自らを絶頂へと導く言葉を口にする)
はぁっ、はぁ……さ、さくやは、ヨニ様の……洗脳マゾ人形です……!
あ、きらっ、きたあぁぁっ……♪
(背をのけぞらせると、竹刀を奥に入れたまま足指をきゅっと内に折り曲げて)
(2秒ほど硬直した後、そのままばったりと床に倒れ伏し、荒い息を吐く)

416 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 00:37:13 ID:91MaAjdT
あっははは♪
ん、これでサクヤは一人前のおんな…一匹のメスになったわね。
道場で初体験なんて最高でしょう?
(結局、洗脳マゾアクメしたサクヤにねぎらいではなく嘲笑を浴びせる)

さあさあ、一回で終わるなんて、淫乱サクヤにはありえないこと。
もっともっとセックスなさい。
ふふふふ…♪
道場の床が、サクヤのイヤらしい液と、もしかしたら血で汚れてしまっているわね?
もっと汚しなさい、サクヤ。
道場の床を転がって、激しく、ケダモノのようにセックスなさい。
四つん這いになって、「おまんこきもちいい!」とよがりなさい。

(誰かが起き出してくる可能性もあったが、そのときはそのとき、と乃依は割り切っていた)
(咲夜の身柄についてはフォローする用意もあったが、
 咲夜が社会的に破滅することについては何の配慮もしていない)

アクメしすぎて気絶してしまっても大丈夫よ。こちらから起こしてあげるから。
サクヤ、リトライ、セックス…
…teen,do,ek(ティーン、ドー、エーク )ぱんっ!

(絶頂失神に対処する覚醒パルスはコマンドに組み込まれている標準的なもの。
咲夜は失神しても強制的に目覚めさせられ、さらに淫らで卑しい行為をさせられるということだった)
(そして、失神するまではセックスを止めるな、という命令でもあった)


417 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/15(月) 00:48:32 ID:RG1x8B9g
はぁっ……はい、とっても素敵でした……。
道場で、愛しい竹刀さんとのセックスで……メスになれるなんて……♪
(汗で張り付いた髪をかきあげて、なんとか息をつくが)
(さらなるセックスを命じられれば、うっとりと笑み崩れて)

はい、その通りです……。
もっと、もっとセックスします……んおぉあ……ひぐぅぅぅぅっ♪
んおぉぉぁぁおほほぉぉぁぁっ♪
せっくすぅっ♪
おまんこきもちいいですぅっ♪
おまんこ、おまんこぉぉぉっ♪
(股間に刺さったままだった竹刀を再び握り、引き抜き、突きいれる)
(地面に寝転んだまま、ブリッジのように腰を上げて、竹刀をくねくねと動かし)
(感じる場所を探り当て、擦りたてて、腰を振り、手を動かす)
(ぼたぼたと垂れる愛液と血の混じったものは、胴着に付着し、床に引き伸ばされて)
(ノーエに見せつけるように尻を高く上げながら左右に竹刀をゆすり)
(セックスの様をしっかりと見せつけ、遠慮なく声をあげる)
(幸い、道場は離れにあり、加えて明かりもつけていない)
(そのため、誰も来る様子はないままに、2時間近くが過ぎて)

あ……ひゃぅ、ふあぁ……ひぐぅっ……!
(何十回目かの絶頂を迎えると、流石に体力が限界に達したのか)
(その場でぐったりと崩れ落ちて、覚醒パルスが送られてもすぐには動けないようになる)
(周囲には異臭と、粘液の後がこびり付き、その中心で手足を投げ出しながら)
(白眼をむいて股間から竹刀を生やした少女の図は、ひどく惨めで無残だった)

418 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 01:08:42 ID:91MaAjdT
(支配者の命令のままに、自分が幼い頃から真摯に剣道に取り組んできた道場の中で)
(あり得ない淫らな行為をし、自分の過去も、道場も汚した娘)
(2時間近くも、初めてなのに激しいセックス…オナニーをして、絶頂を繰り返し)
(白目までむいて失神した咲夜…汚し汚れた人形を、乃依は覚醒パルスで強制的に目覚めさせた)
ん。サクヤ…目覚めなさい。
きもちよかったわね?初体験…ふふ。
(嘲り笑いで、失神するまでアクメした竹刀とのセックスをねぎらう)
疲れたのね?
ふふふ、とても激しいセックスだったものね。
ちょっと休んでも良いけれど…
サクヤ、もういちど、サクヤがどんなに変わったか確かめましょう。
(いったん、リラックスのパルスを送って、筋肉をほぐしながら、穏やかな言葉で、まだ命令をするのだと告げる)

道着を脱いで、裸になりなさい。
さくやをおんなにしてくれた竹刀をよーく舐めて、綺麗にしてから。
裸のまま、竹刀を構えて。素振りをしてごらんなさい。
力は入れなくても良いのよ?かるく、。身体をほぐすつもりで。
先に行っておくけれど、10回素振りしたら、サクヤはアクメするわ。
それで、今夜の調教は終わりよ。

(咲夜が命令に従えば、一振り毎に発情パルスを高めて送り、10回目に絶頂パルスを送る)
(それだけの遊び)
(だが、普通に、これからも道場の中で行うであろう素振りを、セックスやオナニーと同じ意味を持つものに変える…という意味を持っていた)


419 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/15(月) 01:19:22 ID:RG1x8B9g
は……ひぃ……。
き、もち……かった、です……。
(荒い呼吸の下で、パルスを送られれば、なんとか辛うじて返事をする)
(硬直しきった体に、リラックスパルスが送られると、ようやく呼吸が戻って)
(ずるりと、秘所から竹刀を引き抜く)
(その握りは、赤い筋がしっかりとこびり付いていて)

わかり、ました……ん……ちゅ、ちゅぅ……。
ふぁ、んぁ、む……んふ……。
は……わかり、ました……。
(舌で丁寧に拭っても、こびり付いた汚れは幾ばくか残ってしまうが)
(涎でぬらついた竹刀を手に、胴着を脱ぎ捨てると)
(ふらりと立ち上がり、それを手に構えて、素振りを開始する)

1……2……3……4……んぅ……5……。
ふ、くぁ……6……ひぐっ……7……んひぃっ……は、はちぃ……!
きゅぅぅん……じゅ、じゅぅぅぅっ!
ひぁぁぁぁぁんんっ♪
(素振りをするごとに、太ももを愛液が伝う)
(よほど疲れているのか、慣れ親しんだはずの動作にすら、ふらつきながら)
(最後の1振りを終えると、絞り出すような嬌声をあげると)
(がくがくと膝を震わせて、その場にへたり込み、呆けた瞳で顎を上向けながら視線を彷徨わせた)

420 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 01:26:02 ID:91MaAjdT
あっはははは♪
かわいいわよ、サクヤ。
素振りでアクメする剣道少女って、すっごく変態っぽくって…ふふふ、とっても可愛いわ。
(素振りで絶頂し、力尽きてへたり込む咲夜に、楽しそうな。嘲笑を与える)
自分でも感じるでしょ?許せない最低の変態になったサクヤ?
サクヤはもう、人間じゃない…って。人形だって、ね。

さ、アクメを堪能したら、カメラに向かってポーズ。
私に、今夜の調教のお礼を言いなさい。
いつものようにね。
(疲れ切っていることは承知の上で、それでも、最後まで辱める)

それが終わったら、サクヤは道着で床を拭いて綺麗にする。
その道着をまた着て、部屋に戻りましょう。
今夜の初体験はそれで終わり。
明日の朝も稽古があるのでしょう?
もちろん、つらかったら休んでも良いわよ。
でも、明日は休んだとしても、その次からは。
サクヤは普通に、稽古に出て、剣道をするわ。
今まで通りにね。
でも、サクヤの心の中は、すっかり変わってしまっている。
皆に気付かれないように、それを楽しみなさい、マゾ人形。

【咲夜のレスで、今夜は終わりにしましょうか】

421 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/15(月) 01:34:30 ID:RG1x8B9g
はぁ……はい……私は……人形……。
最低の、変態人形です……。
(嘲りの言葉を受ければ、漂白されきった意識のまま緩んだ笑みを見せつつ)
(のろのろとしゃがんで、がに股でポーズをとる)
(がくがくと震えながらも、そのポーズを維持しながら)
きょうは……私に恋人をくださって、ありがとうございました……。
ヨニ様のおかげで……処女を捧げることができて、嬉しいです……。
これもすべて……私が、人形になったからです……。
ヨニ様に洗脳していただいたおかげで……私は、人間じゃなくなれました……。
これからも……たくさん洗脳して……もっともっと、変態の洗脳マゾ人形にしてください……。
私は……ヨニ様の忠実な下僕人形として、お仕えします……。

はい……わかりました……。
命令をすべて、実行いたします……。
かしこまりました……誰にも気づかれないように……。
マゾ人形は、素振りアクメを楽しみます……♪
(ポーズのまま命令を受けると、下されたとおりに道場を片づけて)
(自室へと戻ると、そのまま布団へと倒れこみ、意識を手放すのだった)


【はい、お疲れさまでした、ヨニ様】

422 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 01:38:16 ID:91MaAjdT
【ありがとう。可愛い変態洗脳人形のサクヤ。今夜もとても楽しかったわ】
【それで、このあと、どうしましょうか?】
【咲夜が良いと言ってくれるなら、私はもう少し続けたいけれど】
【咲夜の方で、したいことがあったら、言ってほしい】
【私は、たとえば…
 学校の中で、普通の竹刀と浮気させてしまう…私が竹刀を使ってサクヤを犯す、とか
 サクヤを完全人形化して、心が動かない状態で。
 なにか、大事なものを目の前で壊すとか、汚すとかして…
 貶めてあげたいのだけれど】
【ここで終わりにしても、キリは良いと思うから、サクヤの考えを聞きたいと思って】

423 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/15(月) 01:47:10 ID:RG1x8B9g
【お疲れさまでした。はい、もちろん続けて頂きたいです】
【そうですね……いやらしい言葉をもっとたくさん覚えさせられて、人形の時はド変態になるようにされたいです】
【後は、ヨニ様の全身を隅々まで味わったり、嗅いだりしたいです】
【唾液の溜まった瓶にキスしてアクメし続けるとか】
【後は、誰かの前で奉仕もしたいです……例えば、ヨニ様が一時的に支配したクラスでとか】
【難しければ、机の下に隠れて奉仕でもかまいませんけれど】

424 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 01:53:39 ID:91MaAjdT
【ありがとう。
 ふふ。もっと下品なド変態になりたいのね?嬉しいわ】
【うん、においや唾液プレイ、便にキスしてアクメは楽しそう。考えるわ】
【そうね?せっかくだから、女子剣道部を支配して道場で遊んでみましょうか】

【それじゃあ、今夜はここまで…次はまた来週の日曜日になってしまうけれど】
【咲夜の都合が良かったら、また23時から、待ち合わせスレでいいかしら】

425 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 01:55:38 ID:91MaAjdT
【>424の便は、ビン…瓶にキスの変換ミスね】

426 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/15(月) 01:57:15 ID:RG1x8B9g
【はい、よろしくお願いします……ヨニ様……】
【分かりました……それでは、また来週日曜、23時に楽屋板でお待ちしています】
【お疲れ様でした、ヨニ様。今日もありがとうございます。おやすみなさいませ】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

427 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/15(月) 01:58:39 ID:91MaAjdT
【おやすみなさい。また来週】
【スレをお返しします】

428 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/28(日) 23:03:24 ID:/fkXo+FZ
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 

429 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/28(日) 23:03:58 ID:TzeI1ink
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

430 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/28(日) 23:07:32 ID:/fkXo+FZ
【改めて、今夜もよろしくね】
【今夜は、咲夜の貞操観念を壊して、下品で淫乱な牝犬人形に洗脳しようと思うの】
【今回も、竹刀使うけれど…良い?
 で、場所だけど、どこが良いかしら】
【いつもの医務室、咲夜の教室、学校の道場?】
【咲夜に希望があったら言ってくれると嬉しい】

431 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/28(日) 23:10:48 ID:TzeI1ink
>>430
【はい、よろしくお願いします】
【はい、分かりました……それでは……教室、がいいです】

432 :名無しさん@ピンキー:2010/11/28(日) 23:18:59 ID:fEFb1aHf
*

433 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/28(日) 23:21:07 ID:/fkXo+FZ
>431
【ふふ。わかったわ、咲夜の教室ね】
 今まで使ったことのない場所ですものね?】
【休日の、絶対に人がいない教室じゃなくて、放課後の、もしかしたら誰か来るかもしれない教室の方が良いわよね?】
【じゃあ…携帯で、咲夜を教室に待たせている設定にしましょう】
【放課後、教室に誰もいなくなったら、私、乃依に連絡するという命令をしておいた…】
【咲夜が処女を形見の竹刀に捧げてから数日後、という設定で良いわね?】

ん…来たわよ?サクヤ
(予告もなく、教室の扉を開けて入ってくる)
(乃依は、いつものとおり、薄いワンピースの上に白衣、足下はサンダル)
(いつものとおりのローテンションな顔と態度)
(手には、いつものネットブック、つまり咲夜の洗脳端末の他に珍しく、細長い袋…竹刀袋を持っていた)
(後ろ手に、扉を閉めると)
(声には出さず、視線と顎の動きで、しゃがんでポーズを取るように促した)

【こんな感じで、どう?】

434 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/28(日) 23:27:55 ID:TzeI1ink
(教室の真ん中近くの自分の机)
(その傍に、ぼうっとした瞳を彷徨わせて主の到着を待つ)
(扉が開く音を聞けば、そちらに視線を巡らせると)
(入って来たノーエの姿を確認すれば、そちらへと歩みよって)

はい……ありがとうございます、ヨニ様。
(促されるままに、足元へとしゃがみ込み、両手を丸めて胸に添える)
(教室に誰かが入ってくれば言い訳は難しい状況でも、躊躇うことなくポーズをとる姿は)
(少女が、完全なる人形へと堕ちつつある証拠で)


【はい、かしこまりました、ヨニ様】

435 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/28(日) 23:34:55 ID:/fkXo+FZ
(放課後、皆帰宅したはずとはいっても、部活の生徒はまだいる。
 誰かが戻ってこないとは言い切れないこの場所で、
 ためらうことなくポーズを取る咲夜)
(そんな咲夜を、実験動物に対する愛情…見下したいたわりの視線で見下ろす)
ん…調子はどう?サクヤ。つまり…おんなになったことでなにか変わったところはある?
(24時間脳波をモニターしているのだから、咲夜がどの程度淫らになっているかは
 聞かなくてもわかっている)
(しかし、咲夜自身の口から言わせることで、自覚を促している)
(今回は、さらに咲夜を淫乱に洗脳するつもりでいた)
大切な竹刀「さん」を握って練習していると、どんな気分かしら。
(袋から、竹刀を取り出しながら、尋ねた)
(小学生用の竹刀で、咲夜のものよりも二回りほど小さい)
(それを持つと、咲夜に答えさせながら。竹刀で制服の上から胸をつついた)

436 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/28(日) 23:42:35 ID:TzeI1ink
ん……はい、翌日は少し痛かったですけれど……。
今は……あの時のこと考えると、すごく、身体が熱くなってきて……。
おまんこ、濡れちゃいます……。
(竹刀と結ばれたことを思い出しているのか、頬を紅潮させながら)
(興奮を表すように、腰が前後に緩やかに動き出して)

洗脳道場で……握ってるとぉ……。
すごく、興奮して……でも、誰にもばれないようにしていると……。
なんだか、もっと興奮してきてしまって……。
毎朝の練習が……とっても楽しみです……ふぁんっ♪
(報告をしながら尖らせた乳首をコリっと竹刀の先で突かれれば)
(控え目ながらも嬌声を上げて、絡みつく視線で竹刀の先端から、それを握るノーエを見上げていく)

437 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/28(日) 23:58:14 ID:/fkXo+FZ
(学校のなか。教室)
(そんな場所で「おまんこ濡れちゃいます」という言葉を自然に…
 いや、むしろ恍惚として言えるようになった)
(そんな、緩やかに腰まで振り出した咲夜を見下ろして、口の端をつり上げる)
ん…良かったわね。サクヤ。いまも思い出して感じているのね?
お尻がイヤらしくくねっているわよ?
(くすくすと、嘲笑で咲夜を撫で)
サクヤは、ばれないように、普通にしているけれど、
本当は竹刀を握ると興奮しておまんこを濡らす淫乱なのね?
でも…今のところは、大好きな形見の竹刀。サクヤの処女捧げた竹刀だから興奮するの。
今日はね。そんなサクヤをもっと淫乱に洗脳するわ。
サクヤの貞操観念を完全に消す。
サクヤは…竹刀を見れば、どんな竹刀でも、嫌らしい気分になる淫乱。
竹刀を握ると、キモチ良くなる。竹刀を振ると、おまんこに響く。
大切な形見の竹刀だけじゃなくて、竹刀なら何でも、そう。
大切な竹刀のことは、まだ「愛している」。でも、サクヤは竹刀となら、「誰でも」したい、そういう牝犬、ビッチよ。
まるで、すきな男はいるけれど、チンポを見れば誰のでも欲情して、セックスしたくてたまらなくなる淫乱女みたいにね?
…と言うよりねサクヤはそういうビッチになるのよ。サクヤにとって、竹刀はチンポ。
サクヤは竹刀とセックスする、変態人形なんだからね?
理解できた?
出来たなら、自分がこれからどうなるのか復唱してごらん?

(これから、咲夜のこころを、竹刀と見れば発情する変態に変えると告げ、さらにそれを復唱で確認させる)
(竹刀の先は乳首から股間に動き、股ぐらをつつく)

438 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 00:06:47 ID:rgaSI+XG
はい……感じてます……。
あんな激しいセックス……♪
んぅ……その通りです、ヨニ様……。
私は、握っているだけで、おまんこ濡れちゃうどうしようもない変態です……。
(嘲笑が投げかけられて、淫乱な女だと詰られれば)
(スカートの下の秘所は次第に濡れそぼっていき)

え……?
あ……あぁぁ……。
(意中の「恋人」だけではなく、どんなチンポにも股を広げるメス犬)
(そんなものに洗脳されると宣言されれば、一瞬目を見開いて)
(そして、そのまま淫らに笑み崩れて、唇を開く)
……はい……理解できました……。
私は、どんな竹刀チンポにも股を開く……変態淫乱女です……♪
どうしようもないビッチの……変態……♪
(まだ洗脳も開始していないのに、股ぐらはすでにぐっしょりと濡れており)
(先端でつつかれれば、くちゅりと音を立てて咥えこもうとして)

439 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/29(月) 00:18:10 ID:he9bmew+
(洗脳を告げただけで、ぐっしょりと股ぐらを濡らしている咲夜)
(竹刀の先で、そのことを確認すると、乃依は機嫌良さそうに、息で笑う)
あらあら…まだサクヤのこころは変わっていないわよ?
それなのに、こんなに濡らして…ほら
(濡れた股間から竹刀の先を離して、そこについた愛液を示し、視線と嘲笑で蔑む)

ふふ。こんなに濡らしているのは、洗脳されて堕ちるのが気持ちいいから。
サクヤは、どんなセックスよりも、私に洗脳されることのアクメが気持ちいいからね。
そして、サクヤは、私に洗脳されて堕ちれば堕ちるほど、惨めになればなるほど感じる…
幸せになる。マゾ人形。

(小学生用の竹刀を、サクヤの眼前に突きつけた)
さあ。口を開けて、舌を出しなさい。

キーワードを言って…言いながら竹刀の先を舐めなさい。
そのひと舐めで、サクヤは変わる。アクメのあと、サクヤは自分で言ったとおりのビッチになるわ。
…do it mydool

440 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 00:30:03 ID:rgaSI+XG
あ……あぁ……申し訳、ありません……。
(目の前に愛液で濡れた先端を見せられれば、羞恥で顔を赤くするが)
(そこには、陶然とした快楽の色がまぎれもなく混じっていて)
(続けられるノーエの暗示めいた言葉を聞けば)
(すぐに心は洗脳快楽に捕らわれていき、口が開いていく)
はい……その通りです……。
私は、どんなセックスよりも……洗脳アクメが気持ちいい変態……。
洗脳されるほど……惨めになるほど感じる、変態マゾ人形です……っ。

んぁ……はひ……。
私は……ヨニ様の、洗脳マゾ人形、です……んぁ……。
くひぃぃぃぃぃんっ♪
(宣言の後、もどかしげに舌を伸ばして先端を舐めれば)
(ぶちゅぅぅっと秘所から潮を吹きながら、洗脳アクメに達する)
(一旦のけ反った顔がゆっくりと戻されると)
(そこには理性の光はなくなっており、荒く息をつきながら)
(鼻を竹刀の先端に寄せて、すんすんと嗅ぎ始める)
すぅーーーっ……んふ、あはっ♪

441 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/29(月) 00:44:38 ID:he9bmew+
(潮吹き洗脳アクメを決めて)
(瞳から理性を消し飛ばした咲夜)
んっふふふ。それで良いのよ?ビッチ。ビッチドールサクヤ?
(竹刀の先で、咲夜の鼻や頬をつつき、撫でる)
さ、ビッチ…牝犬らしく四つん這いになってついてきなさい。
(竹刀を鼻先で振りながら、咲夜の席まで移動する)
サクヤ、この竹刀クンとセックスしたいでしょ?
言いなさい?
「変態で淫乱な、マゾ人形サクヤは、この竹刀チンポとセックスしたいです」
四つん這いのまま、お尻を振りながら、言いなさい?
廊下に聞こえるくらい大きな声でね。
(もしも、誰かか通りかかったら、その変態宣言は聞かれてしまう。
 乃依は、咲夜の社会的な破滅には配慮を一切していない)
(もしもの時には、精神異常者として扱うつもりでいる)
宣言が終わったら…脱ぎなさい。セックスする姿になりなさい。
サクヤがイヤらしいと思う、セックスすする服装よ。全裸でなくても良いわ。
用意が出来たら、自分の席の机の上に、上がって股を開きなさい。
愛しい恋人を呼ぶみたいに…おねだりしなさい?
「竹刀クン、サクヤの淫乱おまんこにきて!サクヤを犯して!
おまんこの奥まで竹刀を突っ込まれてずぼずぼ犯しまくられたいの!」

…さ、実行よ。 
…teen,do,ek(ティーン、ドー、エーク )ぱんっ!   


442 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 00:58:46 ID:rgaSI+XG
(竹刀を顔に押し付けられても、嫌がるどころか)
(自分から鼻やほおを擦り付けて、愛液のぬめりをつけていく)
はい……はいっ……。
(ポーズから四つん這いへと移行すると、鼻先で振られる竹刀に誘導されるように)
(はぁはぁと吐息を洩らしながら、席にまで導かれて)

はいぃ……したいです……。
変態で淫乱なマゾ人形のサクヤはぁ……この竹刀チンポとセックスしたくてたまらないです♪
(見る者もない背後へと誘惑するように尻を左右に振りながら)
(命令に従って、遠慮のない大声でセックスをねだる)
(ノーエが気にかけていないのと同様に、咲夜自身も命令に従う以外の事はどうでもよく)
(その声は教室内に響き渡って)

はい、かしこまりましたぁ……。
(机に上がると、胸元を開き、ブラをまくりあげて胸を露出させる)
(膝を立ててスカートをまくりあげれば、そこにはむき出しの秘所があって)
(舌をくねらせて、ねっとりとした流し眼を送りながら)
竹刀クン……サクヤの淫乱おまんこにきてぇっ♪
サクヤをおかしてぇっ♪
おまんこの奥まで竹刀チンポを突っ込まれてぇっ、ずぼずぼって犯しまくられたいのぉっ!

443 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/29(月) 01:06:18 ID:he9bmew+
イヤらしい…なんてイヤらしいのかしら。
欲しいのね?サクヤ
変態淫乱マンコに竹刀が欲しいのね?
教室の、自分の机の上で、竹刀とセックスしたいのね?
ビッチプッシー犯されてずぼずぼ突かれまくりたいのね?
(自分で言わせておいて、くどいほどに確認しながら)
(竹刀の柄を、咲夜の股間、性器の入り口に当てて動かし、じらす)
(そうしておいて、突然、予告なしに竹刀を付き入れた)
んっ…はいったわ。
嬉しいでしょ?変態ビッチドールサクヤ?
ほら、自分で「動き」なさい?
(咲夜の手を取って、竹刀を握らせ、乃依は袋からもう一つ竹刀を取り出した)
(それは、規定サイズで最も長い竹刀)
さあ、ビッチらしく2本の竹刀とセックスしましょう。
(長い竹刀の柄で。むき出しになった咲夜の乳首を嬲っていく。
 左右の胸を竹刀がつつき、こね回す。
やがてそれを咲夜の鼻先に突きつけて)
しゃぶりなさい。この長竹刀をしゃぶりながら、小学生竹刀とセックスよ。

444 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 01:15:10 ID:rgaSI+XG
はいっ♪
ほしいですっ♪
変態淫乱オマンコ、竹刀チンポで犯されまくりたいですっ♪
んひぃっ♪
教室でずぼずぼ発情マンコほじられたいですぅっ♪
(ノーエの言葉攻めを受ければ、愛液の分泌はさらに増して)
(もどかしげに腰を揺らして愛撫に答えるが、奥まで突きこまれれば白眼をむき)

んあああああああああああぁぁっ♪
はいってきましたっ!
竹刀チンポ奥までぇっ♪
はいっ、うれひいれすぅっ、せっくす、竹刀チンポとセックスぅっ♪
(渡された竹刀をもどかしげに受け取ると、猛然と前後に動かして)
(感じるGスポットを何度も擦りあげながら)

あはっ、新しいチンポだぁっ♪
くぅぅんっ、むね、いいですぅっ♪
はいっ、長いオチンポ咥えながら、ひぇっくふしますぅっ♪
んむっ、じゅるっ、ぶじゅぅぅっ♪
(勃起しきった乳首を弄られれば、完全発情したメス顔で)
(竹刀に舌を絡めて、じゅぶじゅぶと音を立てて唾液を泡立てながら)
(頬をすぼめて竹刀を吸いたてつつ、絶頂に向けて激しく秘所をかきまわす)

445 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/29(月) 01:29:14 ID:he9bmew+
(楽しそうに、嬉しそうに、2本の竹刀とセックスする咲夜)
(長竹刀をゆるゆると動かして、咲夜の口と喉を犯しながら嘲り笑う)
あっははは。そうそう、その調子。
気持ちいい?サクヤ?キモチいいでしょ?
変態淫乱ビッチマゾドールサクヤ!

サクヤは竹刀とセックスしてアクメできる牝犬人形。
サクヤには、貞操観念なんてものはかけらもない。
竹刀と見れば発情する牝犬。
イヤらしいことが大好きなマゾ人形サクヤ?
サクヤは、変態。だから変態で淫乱らしい言葉遣いをする。
サクヤのおまんこは淫乱マンコ。
サクヤの舌は、舐め奉仕するためのイヤらしい舌。
エロ奉仕舌で、唇はアナル妻唇で、口マンコよね?
サクヤの身体はどこもかしこも、淫乱。
淫乱乳首、淫乱おっぱい。発情尻に、尻穴はケツマンコ。
サクヤの全身がセックス奉仕の為の道具。
私に奉仕してアクメ…竹刀とセックスしてアクメ。

サクヤは淫乱なビッチだから、すぐに発情する。
発情したら、淫乱なサクヤは黙ってなんかいられない。
「おまんこが熱いです」「乳首が立っちゃいました」
「クリトリスにびんびん来ています」
そんな風に、イヤらしい言葉で自分の状態を言わずにいられなくて。
恥ずかしいことを言って、恥をかけば、それがまた快感になるマゾ人形。
サクヤはそんなマゾ人形。今からアクメしたら…そんな淫乱ビッチマゾ人形。

(いったん、口から竹刀を引き抜いて、唾液まみれのそれで、咲夜の乳首をぐりぐりと嬲りながら)
さあ、キーワードを言いなさい、ユキシロサクヤ!
(フルネームを告げることで、「雪白咲夜」の人格をさらに破壊し、痴語をまき散らす、淫らそのもののメス犬に堕とすことを宣言した)

446 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 01:38:49 ID:rgaSI+XG
んひ、んもぉぉぉっ、きもちいいですっ♪
ひゅごく、きもちいいですぅっ♪
(のど奥まで竹刀で犯されているにもかかわらず、嬌声をあげて)
(ずるずると自分の唾液を啜りあげながら、首を前後に振り)
(いやらしい言葉の洪水に脳を塗れさせながら、行為にふけり続ける)

わたひはぁっ、竹刀とセックスするメス犬人形っ!
だから、身体も頭も淫乱れすぅっ♪
淫乱マンコに、舐め舌ぁっ、淫乱乳首にケツマンコっ!
全部がセックスのためのろうぐれしゅうぅぅっ♪
サクヤは淫乱なビッチでぇっ!
きもひよくなったらぁ、恥ずかしい言葉でアピールしますぅっ♪
いやらしいことばでかんじまくる、まぞびっちぃっ♪

んぶぅっ……!
はひっ!
せんげんしますぅぅっ!
わたしはぁっ、よにさまの、せんのうどれいですっ!
んぎっ、んほおおおおおおおぁぁぁぁっ!!!
(宣言した瞬間に、頭の中に送り込まれる洗脳絶頂パルス)
(これまでの刷り込みに加えて、さらに淫猥な言葉が大量に流し込まれて)
(ビクンビクンと絶頂しながら、涎を際限なく垂らす恥知らずなアヘ顔を見せる)

447 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/29(月) 01:49:07 ID:he9bmew+
(洗脳アクメで身体をけいれんさせ)
(淫語を流し込まれた脳が、言われたとおりのマゾビッチ人形になっていくのを、笑いながら見下ろしている)
(乃依にとっては、こうして少女が堕ちていくのを見ていることが最高の快楽)
んっふふ。できあがりね。淫乱マゾビッチドールサクヤ?
(絶頂した咲夜から、竹刀を引き抜いて)
んふふ。サクヤ?ユキシロサクヤ?
席に座りなさい、ユキシロサクヤ。
そうして、自分が今どこにいるのか、確認しなさい。
そうしてから、手を挙げて、起立。
自分がどんな変態人形になったのか、教壇に向かって報告しなさい。
(無意味なオプションがついた行為を命令している。
 しかし、それは、自分が普段過ごしている教室であることを再確認しさせるため。
今の、淫乱マゾ人形となった自分を、明日からの授業中にも意識できるように)
そして、竹刀と私に感謝の言葉を言いなさい。サクヤらしく、イヤらしい奴隷の言葉で。

448 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 01:57:57 ID:rgaSI+XG
はい……できあがりましたぁ……♪
私は……淫乱マゾビッチドールれすぅ……♪
(焦点を結ばない瞳のまま、白痴めいた口調で答えると)

はい……分かりました……。
私は今、教室にいます……。
(命令が下されれば、絶頂の余韻を感じながらもすぐに着席し)
(教室の中を見間渡してから、起立して手を上げる)
(それは、以前に彼女が妄想していた、悪の組織の戦闘員の一員としての挨拶にも似ていて)
はいっ!
私は、竹刀チンポとセックスできる変態アクメ人形です。
いやらしい体と、いやらしい心だけで造られた、どうしようもないマゾ人形です。
私は竹刀チンポを見ればすぐに発情し、メスマンコ濡らしちゃう淫乱です。
恥ずかしい言葉を使えば使うほど、気持ちよくなるマゾメスですっ♪
はい。
ヨニ様、竹刀クン、ビッチドールのサクヤを使ってくれて、ありがとうございました。
教室で2人にずぼずぼ犯してもらえて、とっても気持ちよかったです。
また、サクヤの淫乱オマンコとしゃぶり穴、いつでも使ってください♪

449 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/29(月) 02:05:16 ID:he9bmew+
ふふ。最低のマゾビッチドールよ、ユキシロサクヤ…
でも、まだ終わりじゃないわ。もっと堕ちるわよ?楽しみにしていなさい。
(教壇の上から、教師のように咲夜を見下ろし、そう告げた)

【ん…今夜は、ここまでにさせて】
【次回だけど、もう少し、この続きで淫語洗脳しても良いし】
【後日ということにして、今度は誰かの前で痴態を晒してもらうのも良いわね】
【剣道部の友達をカウンセリングしていることにして、催眠状態の友達の前で】
【恥を晒してもらうのも良いわね】
【咲夜の希望を聞かせて?】
【友達を出すなら、名前とか簡単な設定を考えてくれると嬉しい】
【それで、次回も日曜の23時からにしたいんだけど、大丈夫?】

450 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 02:08:54 ID:rgaSI+XG
【はい、ありがとうございました、ヨニ様】
【もっと洗脳してほしいですし、友達の前でいやらしい恰好も見せたいです……】
【設定に関しては、考えてきます】
【次回の日程も大丈夫です。もし何かあれば、楽屋スレに伝言しておきます】

451 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/11/29(月) 02:13:42 ID:he9bmew+
【ん。了解よ】
【それじゃあ、もっと淫乱なマゾビッチドールに洗脳しましょ】
【友達の前にお披露目は、そのあとで】
【ありがとう。それじゃあ、今夜はこれで。また来週、楽しみにしているわ】
【淫語ドールサクヤの壊れ方はとっても可愛いわ。今夜も楽しかった】
【お相手ありがとう。お休みなさい】
【おちます】

452 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/11/29(月) 02:14:31 ID:rgaSI+XG
【はい、ありがとうございました、ヨニ様】
【おやすみなさいませ、また来週を楽しみにしています】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

453 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/05(日) 23:00:46 ID:w6jLHLWR
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

454 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/05(日) 23:06:26 ID:fM7vqJre
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【改めて今夜もよろしくね】
【今回は、日常生活…というか学校の中で、サクヤを辱めて遊ぼうと思うのだけれど】
【このまえいっていた、友達の名前とか、考えてもらえたかしら】

455 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/05(日) 23:10:16 ID:fM7vqJre
【少しシチュエーションが複雑になるけれど】
【何も知らないクラスメイトがいる場所で奉仕させたり、全裸にしたり】
【今回は、気付かれないように。だけれど】
【そういうことをしてみようかなって思ったの。どうかしら】

456 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/05(日) 23:13:54 ID:w6jLHLWR
>>454
【はい、私こそよろしくお願いします】
【淫語調教の続き、という形になるんでしょうか?】
【友達の名前は浅木風子(あさぎ・ふうこ)さんにしました】
【1年後輩で、私の道場にも通っていた子です】
【剣道部に入ってからは、道場に来ることは少なくなってしまいましたけれど】
【私に剣道部に入って欲しいみたいですね。元気いっぱいで快活な子です】

457 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/05(日) 23:20:11 ID:fM7vqJre
>456
【日を変えて、授業中というか日中に、その風子を医務室に呼んで。
 机の下で私に奉仕をさせましょう…させてあげる。全裸でね】
【ロールはどうする?風子のロールは無くても良いし、私か咲夜がしても良いけれど…
 あとで風子をどうするか…ということからしたら、咲夜にお願いした方が良いかしらね】

458 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/05(日) 23:23:58 ID:w6jLHLWR
>>457
【くす……ありがとうございます、ヨニ様……】
【はい、それでは多少時間がかかるかもしれませんが、私が演出することにしますね】

459 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/05(日) 23:32:24 ID:fM7vqJre
>458
【ん。それじゃあ、お願いね】
【二人分のレスが必要になった時は、そちらのレスが終わったら合図してくれればいいわ】
【それじゃ、書き出しね】

(校医は普通授業をしないが、乃依は医者というより学者・研究者であり、
講義も出来るということで、年に何回か各学年に特別授業を行う)
(しかし、マジメに講義をするのは最初の一回だけで、あとは自習…が今までだった)
(特別授業自体は、実はかなり高レベルな内容をかみ砕いて話しているのだが)
(話し方にやる気が全くないいつもの調子なので、眠気をさそう)
(そんなわけで、自習は大半の生徒から喜ばれている)

(今週はその特別講義が行われる。
 今回は学校側から手抜きをとがめられたため)
(事前にプリントを配って、小テストも行うことになった)
(昼休み、咲夜に、そのプリントを取りに来るように伝言してあった)
(咲夜が人付き合いの悪い乃依の「お気に入り」なのは皆知っている。
 指名でも、皆当然のことと受け止めていた)

ん…来たわね、サクヤ。
そこで全裸になりなさい。
(何の前置きもなく、いつものローテンションのまま、淡々と命令する)
もうすぐ、一年生の…アサギ、フウコ…だったかしら。ここに来るわ。急ぎなさい。
ところで、サクヤは下着は着けているの?
(一般の生徒が来る。それを告げて、さらになんでもないことのように質問を付け加えた)

【最初は、机の下で奉仕から…ね】

460 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/05(日) 23:40:57 ID:w6jLHLWR
(一年に一回の特別講義)
(しかし、今の咲夜にはそれに加えて特別な意味がある)
(医務室に近づくにつれて、表情からはゆっくりと力が抜けていって)

はい……ヨニ様。
(学校のプリントを取りに来ただけでも、即座に命令に反応し)
(躊躇うことなくドアのすぐ内側で服を脱ぎ捨てていく)
(その動作は、後輩の名前を聞いても止まることなく)
はい、わかりました。
いいえ、ヨニ様……何も履いていません。
(そう答えながら脱いだスカートの下には、濡れた秘所が隠されていて)

461 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/05(日) 23:49:31 ID:fM7vqJre
ん…ふ。
そう。とんでもない変態ね?ユキシロサクヤ。
もうそんなに…ふふ。命令されただけでメスマンコからよだれがたれているわね。
ブラもつけていないの?

ん…いいわ。その制服、たたんでこの机の上に置きなさい。
ブラをつけているなら、一番上に。
ああ、クラスバッジと学生証は取っておくのよ?
(このあと、風子がやってくると乃依は言った)
(つまり、机の上に置いた制服を、風子に見せるつもりなのだ)

サクヤは、四つん這いになって、この机の下に入りなさい。
(デスクのなか、座った乃依の股の下に這いつくばるよう命令)

462 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/05(日) 23:59:44 ID:w6jLHLWR
はい、ヨニ様……。
私はヨニ様の命令を聞いただけで、メス穴濡らしちゃう変態洗脳人形です……。
いえ……胸は……乳首が勃起しているのが分かってしまうので……つけています……。
(むしりとったブラの下から現れた胸の中心には、はしたないほどに勃起した乳首)

あぁ……かしこまりました。
……これでよろしいでしょうか……。
(ノーエの意図に気付くと頬を紅潮させながら)
(言われるがままにまだ温かみのあるブラを一番上に乗せて)
(自らの身分を証明する学生証とバッジはノーエへと渡す)

は……はい……。
失礼します……ん……♪
(自らの主の脚の間に潜り、机の下に隠れれば)
(全裸という事も相まって、この異常なシチュエーションに興奮を隠しきれず)
(太ももを擦り合わせながら、犬のように這いつくばり、股ぐらから主人を見上げる)

463 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/06(月) 00:12:07 ID:ValAHbgw
ん。それでいいわ。mydool
(受け取ったバッジと学生証はポケットにしまって)

くす。良い目になったわ、mydoolサクヤ。
本物の変態洗脳マゾ人形の瞳よ。
(這いつくばった咲夜の頬を、ひたひたと叩く。家畜をあやすように)
今からサクヤは「舐め人形」よ。私の足、そして私の性器…下半身を舐めて奉仕なさい。
途中で、何度かアクメパルスをあげる。
潮を吹いても失禁しても、声を出しても、全部サクヤの自由。
ただし、フウコがいるところでそれをしたら、サクヤは破滅するわね?
今は、サクヤが破滅するのは私の望みではないわ。
理解した?マゾ人形サクヤ?
理解したら、キーワードを唱えてから、「舐め人形」になりなさい
(「今は」という言葉をさりげなくおいて、それでも、風子に気付かれないようにしろという意味の命令をした)
(乃依も、実はいま下着を着けていない。
白衣の下の緩いワンピースは裾が短く、股を開いて浅く座れば、しっとりと湿った股間を舐めるのは簡単だった)

…ふふ…そろそろ、くるわよ?

【風子が入ってくるところも、お願いして良い?】

464 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/06(月) 00:29:35 ID:ALxuXRNC
【すみません、急な規制があったようです】
【対応できるか試してみるので、ちょっと待って頂けますでしょうか?】

465 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/06(月) 00:32:22 ID:ValAHbgw
>464
【ん。了解】
【待っているわ】

466 :名無しさん@ピンキー:2010/12/06(月) 00:39:10 ID:w+NqpBFt
同時進行乙

467 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/06(月) 00:45:24 ID:ALxuXRNC
はい、ありがとうございます……ヨニ様ぁ……♪
(頬を叩かれれば、だらりと舌を垂らして口を開き)
(口内にたまった涎を見せながら、脚にすがりついていく)
あぁぁ……はい、分かりました……。
浅木さんには気づかれないように……洗脳アクメ……。
舐めアクメ、しまくります……。

かしこまりました……。
私は……舐め人形になります……♪
私は……ヨニ様の洗脳マゾ人形、です……んひぃぃぃんっ♪
(僅かに押し殺した声をあげると、瞳から完全に光が消える)
(淀んだ瞳で浅く開かれた股に視線を注ぐと、にんまりとだらしない笑みを浮かべ)
(首をのばして、スカートの下へと顔を潜らせると)
(太ももに顔を挟まれたまま、舌を伸ばして、上下に秘所に這わせ始める)

(舐め始めて2分も経たないうちにドアがノックされると)
(失礼しまーす!という元気な声とともに肩口で髪を切りそろえた)
(栗毛の活発そうな少女が入ってくる)
(先生、何か用ですか?と首をかしげながら机へと近寄ってきて)


【どうやら、なんとか対処できたようです】
【お待たせしました、ヨニ様】

468 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/06(月) 00:51:01 ID:ValAHbgw
ん…来たわね、フウコ。
(下半身に起こっていることを感じさせない。いつも通りのローテンションな声)
(風子の方をちらり、と横目で見て、忙しそうに机の上のPCに向かう)
(この医務室のPCは、どれでも洗脳プログラム…咲夜の操縦ソフトがインストールされていて、今、乃依は咲夜に一回目のアクメを与えるコマンドを入力している)
フウコ、今週の授業で使うプリントを持って行って配って欲しいの。

(机の上に置いたプリントを示す。
 プリントの横には、たたまれた制服…上にブラまで置かれた…がある。
 そして、、プリントは2年生用のもので、風子に渡すものではない。
 風子が気付かなければ、帰ろうとしたところを呼び止めるつもり)

(股間を舐める咲夜の頭を、股の間できゅっ、と軽くはさみ)
ん…プリントはこれよ。持って行きなさい。
(風子がプリントを取ろうと、デスクの前に立ったタイミングで…
 アクメパルス指令のリターンキーを押した)

【よかったわ】

469 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/06(月) 01:00:25 ID:ALxuXRNC
(人形という暗示は、妄想で慣れ親しんできただけあって、もっとも受け入れやすいプログラム)
(舐め人形と化した今は、与えられた命令を忠実に実行するべく)
(声を抑えながらも、忙しく突き出した舌で秘所をしゃぶり)
(太ももに舌をべっとりと這わせて、足をぬらつかせていく)
(次第に異臭が机の下に充満していくが、それは入って来た風子に気付かれるほどではなく)

(風子はノーエの作業をちらっと見るが、すぐに興味をなくして)
(「はーい、分かりました……」返事をしながらも、不審そうにブラを見つめながら)
(プリントを確認して持とうとして、手を止める)
(「あれ?先生、これ、2年生用みたいですよ?」)
(「それとも、全学年同じプリントなんでしたっけ?」)

(その質問とほとんど同時にアクメパルスを流されれば)
んん……っ!?
(身体をビクビクと震わせ、太ももに挟まれてだらしなく口を開き)
(涎をだらだらと椅子に垂らしながら、絶頂を味わう)

(「……あれ?今、何か聞こえませんでした?」)
(そう言いながらも、自信なさそうに辺りを見回す風子)


【はい、ありがとうございます】

470 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/06(月) 01:14:05 ID:ValAHbgw
ん…?なあに?
何か聞こえたの?
(乃依も舌奉仕に股間を熱く濡らしている。
しかし、顔にも態度にも全くでていなかった)
(白々しくとぼける声音も、気力のないいつも通りのローテンションなもの)
(そして、そういいながら、太ももにはさんだ咲夜の頭をゆっくりと揺らしてからかっている)

ん…違うわ。ああ…それはサクヤに渡すプリントだった。
一年生用のは…そう。そこのファイルロッカーの中。出してもらえる?
(指さしたロッカーは机の真横。
 角度的には振り向いても咲夜の姿は見えないが、風子の足音が横に回り込むことは、
咲夜に不安…あるいは期待を与えるだろう)
(PCのウィンドウで咲夜の脳の反応をモニターしながら、風子に声をかけ続ける)

ん…この制服…今日、廊下におちていたのよ。
制服だけじゃなく、この下着も…ね。
誰かのいたずら…なのかしらね。
脱いだ生徒は今どうしているのかしら…
(普通に考えて、誰かが学校の中で制服と下着を脱いでそのまま放置するはずもなく)
(誰かが持ってきて置いたと考える。だから、乃依のこの発言は天然か、意識してのボケ、と取られるだろう)
(しかし、道場での排泄騒ぎもあり、学校の中に変態がいる…という噂は生徒たちの間に広まっていた)


471 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/06(月) 01:27:30 ID:ALxuXRNC
(「え?いやー……あれー?」納得いかなさそうに首をかしげているが)
(結局、すぐに表情を崩して「すみません、勘違いだったみたいです」)

(快楽で濁った頭のまま、太ももで頭を揺さぶられれば)
(どろりとした視線で舌をべろりと回して)
(さらに頭を突っ込んで、クリトリスへと吸いつく)
(仮にノーエが乱れれれば、それはそれで身の破滅なのだが)
(快楽で理性が飛び、人形そのものになった咲夜にはそれを判断することはできず)

(「サクヤ……雪白先輩ですか?そういえば、最近よくここに来てるって聞きましたけど」)
(指示されるがままにロッカーを開け、背中を向けながらプリントを取り出す)
(制服の話を聞くと、うげ、という顔になって)
(「もう、あんまり脅かさないで下さいよー。どうせ、ベッドで休んでる人っていうオチでしょう?」)
(「え、でも、全裸……? いやいや、突っ込んだら負け!」)
(首を横にぶんぶんと振って嫌な考えを追い出しながら)
(「そ、それじゃあ、もう行きますね! 皆怖がってるんですから、だめですよ、先生がいたずらしちゃ!」)

(そんな会話がスカート越しに聞こえるたびに、秘所から愛液が垂れ、膝まで伝い)
(後輩の気配を、言葉を感じるたびに舌をピンと突き出して)
(奥までほじくりながら、ぐちゅぐちゅと愛液をかきだすと)
(ずるずるっと音を立てて啜る)

(「……あれ?」背後からした何かを飲むような音に、一瞬振りかえる)
(ノーエの手元に飲み物はない、ように見えるが)
(先ほどの音の件もあり、気のせいだろうと肩をすくめてドアへと向き直る)

472 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/06(月) 01:28:51 ID:ValAHbgw
【ごめんなさい。
 中途半端なところだけれど…】
【眠気がきつくなってきて…寝落ちしてしまいそうなの】
【ここで凍結にさせてもらえる?】
【今週は水曜か木曜の22時くらいからこられると思う。その次は日曜日23時ね。
 咲夜の都合はどう?】

473 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/06(月) 01:32:22 ID:ALxuXRNC
【いえ、私の方もご迷惑をおかけしてしまいましたから……】
【凍結は問題ありません。それでは、水曜日の22時にいつもの場所で待ち合わせでお願いします】
【今夜もありがとうございました。次もたのしみにしていますね】

474 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/06(月) 01:34:18 ID:ValAHbgw
【ありがとう。じゃあ水曜日の22時に】
【ええ。私も楽しみ】
【それじゃあ、悪いけれどこれでおちるわね】
【お休みなさい】
【スレをお借りしました】

475 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/06(月) 01:36:15 ID:ALxuXRNC
【おやすみなさい、ノーエさん。私も落ちますね】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

476 :名無しさん@ピンキー:2010/12/08(水) 13:32:23 ID:r0dewFjj
今夜か

477 :名無しさん@ピンキー:2010/12/08(水) 22:06:17 ID:r0dewFjj
くるー?

478 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/08(水) 22:09:26 ID:JDIC/LGB
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

479 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/08(水) 22:09:32 ID:d14sSKmO
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【こんばんは。改めて今夜もよろしくね】
【それじゃあ、こちらから続きのレスをするから、少し待っていてくれる?】


480 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/08(水) 22:11:10 ID:JDIC/LGB
>>479
【はい、こちらこそよろしくお願いします】
【わかりました、お待ちしていますね。ごゆっくりどうぞ】

481 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/08(水) 22:20:09 ID:d14sSKmO
んっ♪…んっふふふ…ふふ…
(クリトリスに吸い付かれ、思わず声を上げかけるが)
(なんとか吐息におさめて、笑いでごまかす)
(乃依が人前で笑うこと自体、実はかなり普通でないことだが、
 風子はそれを判断できるほど乃依を知ってはいないだろうと予測して)
ふふふ…いたずらではないわよ。この制服は当然私のモノではないし。
(咲夜の奉仕で感じているが、頬を上気させて肩を揺すり、照れたように笑ってみせる)
ん♪ふふふ…ベッドには誰もいないわ。
これは、本当に…あは♪…ふふふ…誰かが脱いだ制服。
(愛液をすすられ、舌で中をかき回されて、身震いする。
 それでもあえぎ声は出さずに笑って見せた)
(カタブツ系の人間がなれないおふざけをしている…と取ってくれるように)

(そして、愛液をすする音に不審げにしながら、
 出て行こうとする風子に、あえて声をかけた)
ん…フウコも怖いのかしら?
実は、剣道部の生徒が、道場にいると気分が悪くなるといってきたのでカウンセリングしたの。
(これは、一応事実であった。もちろん、乃依はその生徒を「実験台」にしたし、その結果その生徒は表面上「回復」した)
フウコも、気になることがあるなら、私のカウンセリングを受けなさい。
剣道部員はもう何人か受けているから、まず、彼女たちに聞いてみると良いわよ?

(これは、撒き餌。すでに「カウンセリング」を行った生徒たちは、
風子にも受けるべきだと言う。そのように「仕込んである」)

(スリルを楽しませてくれている咲夜に対しては「ご褒美」として)
(アクメパルスとともに、一つの認識を与えることにする)
(それは、「自分は支配者の便器であり、体液すべてでアクメする」という認識)
(咲夜は乃依の身体から出る液体なら、それが何でも舌に触れればアクメする)
(そして、アクメした時から、咲夜は乃依の小便を飲みたくてたまらなくなる)
(乃依は、風子が出て行く瞬間に咲夜の口に排尿するつもりだった)

【こんな「ご褒美」はどう?NGではなかったと思うけれど、きつかったら言ってね】

482 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/08(水) 22:42:21 ID:JDIC/LGB
(「……?」突然笑い声をあげた校医に不審げな視線を向ける)
(今、なんかおかしい事って言ったっけ?と思いながらも)
(親しくもない先生にそれほど突っ込んだ事を聞くのも憚られて)
(「えーと。つまり、先生はそれが誰の持ち物か知っていて、なおかつその人はベッドにはいない、と」)
(「んー……あ。分かりました」)

っ……!!
(机の下でそんな風子の言葉を耳にすれば、びくりと肩を震わせるが)
(舌使いは、まるで見られる事を喜ぶように、深く、粘っこいものへと変化していって)

(「考えてみれば、簡単なことですよね。ズバリ、その人は体操服に着替えて出て行ったんです!」)
(「どうですか、この論理的回答。まぁ、体調が悪くて私服に着替えて帰ったとかもありえますけど」)
(そう言って、自信満々に胸を張って笑って見せる)

(「んー、まぁ、怖いっていうか、嫌ですね。あんなわけのわからない事するような人がいるのは」)
(「あ、そういえば、なんか言ってたなぁ、それ。んー……分かりました」)
(「それじゃあ……あ、雪白先輩にでも聞いてみようかなぁ」)
(「分かりました。それじゃあ機会があれば、お願いしまーす」)
(「じゃあ、今度こそ失礼します!」そう言って扉を開き、足を踏み出す)

ん……ふぅっ……ふもぉっ……♪
(その後ろで、荒い息を吐きながら、洗脳アクメパルスによって脳を弄られて)
(完全な便器となり果てて、夢中で舌で愛液をかき出し、大きく口を開いてじゅるじゅると愛液を啜りイク)
(もはや、背後から聞こえてきた自分の名前すら判断できなくなっていて)
(ドアが開いたと同時に口内に吐き出された熱い尿の飛沫を舌で感じ取れば)
(排尿の時間と同じだけ白眼を剥いて身体をヒクつかせながら)
(喉を鳴らして、便器として尿の処理を行っていく)
(だらしなく開かれた口からは涎と尿が混じったものが垂れ流されて)
(秘所からは何度も潮を吹き、机にも手足が当たって物音がするが)
(既に扉は閉じられた後で、硝子戸の向こうには去っていく風子の影が映っていた)


【いいえ、大丈夫ですよ。テンポ的に、ご褒美を頂いた、という事で進めさせて頂きました】

483 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/08(水) 22:55:01 ID:d14sSKmO
ん…♪
ふっ…ふふ。
いったわね?
どう?サクヤ。友人の前で便器になってアクメした気分は?
(風子が出て行くと、椅子を下げ
 再び足の間に咲夜の頭をはさんで揺すり愛撫とした)
支配者のP…おしっこは最高でしょう。

もうサクヤは、私が命令すれば、誰の前でもどんなことでもする人形。
それが屈辱的だったり、いやらしいことだったりすればするほど感じてしまうマゾ人形よ。
…床を舐めて、綺麗にしなさい。サクヤ。
(咲夜がこぼした咲夜自身のよだれと、乃依の尿の上に、たっぷりと唾液を垂らして)
これは、命令通りばれないように私を愛撫し、便器のつとめを全うしたことへの褒美よ。感謝して舐めなさい。
(非道い、という言葉では言い尽くせないほどに屈辱的な命令を、褒美として感謝せよ、と言う)
(それが、咲夜という人形に与えられた嗜好であり思考のパターンなのだと、宣告した)


484 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/08(水) 23:15:12 ID:JDIC/LGB
はひぃ……♪
とっれもしゅてきれひたぁ……♪
んぉぁぁ、あへぇぇ……♪
(度重なるアクメと奉仕、そして洗脳の快楽で)
(涎どころか、鼻水すら垂らしながら、舌をハミださせ)
(太ももに頭を挟まれて、不明瞭なあえぎ声を上げながら、支配者にほほ笑みを向ける)
おひっこ……さいこうです……♪
よにさまのおしっこ、さいこう……♪

はい……そのとーりですぅ……♪
わらひは、命令されればぁ……どんなことでも、よにさまのめーれいどおりにいたします……♪
くつじょくてきれ……いやらしいめいれいほど、かんじます……♪
かしこまりましらぁ、よにさま……ごめいれいのままに……♪
(命令が下されれば、嫌がるどころか、えさを与えられた犬のように)
(尿と自分の涎と愛液に、支配者の唾液がたっぷりとたらされたそれを)
(舌をべったりと床にはりつけて、ぐじゅぐじゅとかき混ぜながら)
(唇をつけて、ズルズルと吸い取り、あまつさえ味わいながら飲み込んでいく)
(高く掲げられた尻からは、愛液がその度に垂れていくのがよくみえて)
んひゃぁぁぁぁ……おいひぃ、おいしいです……♪
ヨニ様のよだれとおしっこ、すばらひいれす……♪
へんたいまぞにんぎょうに、ごほうびくださってぇ、ありがとうございますぅっ♪

485 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/08(水) 23:26:52 ID:d14sSKmO
ん。ふふ…そう。それでいい。
サクヤは最低以下のマゾ人形ね。
私がそうなるように洗脳した。うまくいってとても嬉しいわ。
サクヤも嬉しいでしょう?
嬉しくて、いやらしいメス穴がひくひくしてマゾ子宮が熱くなるでしょう?
(咲夜の舌奉仕でアクメ寸前に昂ぶっている。
 この興奮が言葉責めになって、さらに。
 サンダルで床を舐める咲夜の頭を踏みつけるという行動につながる)

いい?サクヤは、竹刀を見ただけで嫌らしい気分になるビッチマゾサクヤは、
あり得ない位の変態人形に堕ちたことを隠して、今まで通りのサクヤのふりをして生きる。
脳の中にはもうマゾ思考と淫らな欲望と、私への絶対忠誠しか無いのに。
普通の人間の振りをして、学校生活を送るの。
でもそれは、偽物の雪白咲夜。本物のユキシロサクヤは、私の人形。
…理解しているわね?
そして、今度フウコに私のことを聞かれたら、私のカウンセリングを受けるように勧めなさい。
フウコも洗脳した上で…フウコの前で、ホントウのサクヤの姿を晒して、恥をかかせてあげる。
ん…さ、理解した証拠として、私の言ったことを復唱しなさい。
出来たら、私の尻穴にキスしてアクメすることを許可するわ。

486 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/08(水) 23:39:51 ID:JDIC/LGB
はひぃっ♪
私をぉっ、最低以下のマゾ人形に洗脳してくださって、ありがとうございますっ♪
せんのうされてぇ、メス穴ヒクついてますっ♪
メス汁垂れ流しになって、マゾ子宮とっても熱くなっていますぅっ♪
(サンダルで頭を踏みつけられながらも、歓喜の表情は変わらず)
(投げかけられる言葉と自分自身の言葉に酔いしれながら)
(何度も何度も、床を磨くように舌を往復させ続ける)

はい、かしこまりました、ヨニ様。
ご命令を復唱いたしますぅっ……。
私は、竹刀を見ただけで発情するビッチマゾは、ヨニ様の変態洗脳人形に変えて頂きました。
脳の中はマゾ思考と淫らな欲望、ヨニ様への絶対忠誠だけしかありません♪
ヨニ様のご命令に従い、普通の人間、今までの雪白咲夜のふりをして学校生活を送ります。
ですが、それは偽物です。本物の雪白咲夜はヨニ様の忠実な洗脳人形です♪
はい、浅木さんに聞かれたら、ヨニ様のカウンセリングを受けるように勧めます。
浅木さんを洗脳して頂いて、人形になった浅木さんの前で、私の本当の姿を見てもらいます♪
(服従心とマゾ性に引きずられるままに、復唱内容を弄りながら言い終えると)
(せわしげにノーエの背後に回って、スカートの上から尻肉に食い込むほどに鼻を押し当てて)
(くんくんと嗅ぎながら、涎を垂らし)
復唱、完了いたしました……ご褒美を、頂いてもよろしいでしょうか、ヨニ様……♪


487 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/08(水) 23:47:55 ID:d14sSKmO
ふふ…出来たわね。
今自分で言ったことをよく覚えて、しっかりと意識の中に定着させなさい。
自分がもう自我を持つヒトでは無くなったことを…ね。

褒美を与えるわ。ビッチマゾド−ルサクヤ。
私の尻穴にキスなさい。私の尻穴は、サクヤの唇がその操を捧げる相手。
キスしたらサクヤはまたアクメして、また堕ちるわよ。
どんどん低くなっていく。サクヤの存在そのものが。
楽しいわね?サクヤ…さあ、しなさい!尻穴への心を込めた口づけを。

488 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/09(木) 00:02:23 ID:1Dfd/b5c
はい、ご命令頂いた内容は、しっかりと覚えます……。
人形の私の意識に、ご命令を定着させます……。
はい、その通りです……私は、もう自我をなくした人形です……。
(目から光をなくしたまま、ノーエの言葉に頷き)
(口では何も言わずとも、頭の中では忠誠の誓いと自分を貶める言葉が渦巻いていって)

あぁんっ……ありがとうございます、ヨニ様ぁっ♪
ビッチマゾドールの唇は、ヨニ様のケツ穴に捧げたものです♪
私の唇は、ヨニ様の尻穴に奉仕するためのものぉ……♪
はい、しっかりキスして、アクメして洗脳されます♪
マゾアクメしまくって、私の存在を消し去っていきます♪
どうか、私の唇でお楽しみください♪
そして、私を尻穴洗脳してください♪
あーん、んむぅ……んぶぅぅぅんんっ♪
(深く呼吸をして、ノーエの臭いを吸い込み、目じりを蕩けさせながら)
(スカートをまくりあげると、剥き出しになった尻に改めて顔を挟み)
(短く何度も息を吸いこみながら、舌を突き出して、尻穴に差し込むと)
(そのまま顔を押し進めて、ずっぷりと肛門に接続されて、むちゅうぅぅ、と唇を押し当てる)
(舌を細かくかき混ぜながら、顔を前後に動かして何度もキスをして)
(そのたびに、ぷしゃっと愛液を床に吐き出して、アクメしている事を伝えて)

489 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/09(木) 00:14:44 ID:c0WVHHFo
ふふ…堕ちているわね。ビッチマゾドール。
どんどん自我も尊厳も回復不能にしている。細かく砕いて、吹き飛ばしている。
ああ…気持ちいいわよビッチドール。おまえの唇。私の尻穴をとてもキモチ良くしてくれているわ。
(咲夜の尻穴へのキスを受け止め、気持ちよさげに尻を振る)
ふふ…私の尻穴が、おまえの唇にとってもっとも愛しい、愛しくて大切な相手。
おまえは尻の穴の妻よ。竹刀すべてのセックスフレンドで支配者の尻穴の妻。
そして、支配者の便器。露出狂の、変態マゾの人形。それが雪白咲夜。
おまえはヒトではないから、それが最高の幸せ。
ふふ…最後に一回、キーワードを唱えてから尻穴キスなさい。
それで、今の私の言葉が、おまえにとっての真実になる。
do it mydool!
(尻穴の妻で便器だという自己認識を栄誉として感じるよう、洗脳を施す)

490 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/09(木) 00:24:48 ID:1Dfd/b5c
ひゃい……ふむぅんっ……♪
きもちよくなっていただけて……こうえい、れふぅ……っ♪
(肛門に付着していたカスまでも唾液と溶かして飲み込み)
(しわの一つ一つまでしゃぶって、口に含んでいく)

はい……洗脳ビッチマゾドールの唇は、ヨニ様のケツ穴のもの……。
私は、ヨニ様の便器です……私は人ではありません……。
ヨニ様の尻穴の妻である事が、最高に幸せです……。
(虚ろな瞳のまま、肛門を何度も舐めあげて)
(涎と腸液の混じり合った汁を飲みほしながら、宣誓する)
私は、ヨニ様の洗脳マゾ人形です……んあぁっ……くひいぃぃぃぃっ♪
(舌を細くして、ドリル状にしてねじこみ、もっと深く肛門につながったまま)
(アヘ顔を晒して、ノーエの足にすがりつき、洗脳アクメに身を震わせる姿は)
(完全な便器人形として完成されていた)

491 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/09(木) 00:37:48 ID:c0WVHHFo
んっふふ…♪
キモチ良かったわ、サクヤ。
…私の便器人形。
(身体を離し、尻穴奉仕で便器人形に堕ちた少女を見下ろして笑う)
おまえに、これからフウコが聞いたら訳がわからなくてイヤって言われる…
いいえ、軽蔑される行為をさせてあげましょうね。

制服を着て、ついてきなさい。
ブラはなし。

(ノーブラで、昼休みの校内を歩くように命令していてる)
(そして、用意してあったジャージと「操縦機」を持って、咲夜を先導する)
(行く先は、特別教室のある一角のトイレ)
(あらかじめ、この時間帯には使われていないことを確認している)
(よほどの偶然がなければ、人は来ない場所である)
(表向き、そこにある資料室から荷物を取ってくるために、咲夜に手伝わせている…という説明ができる)
(もちろん、男子トイレに入ってしまえば女二人、言い訳は聞かないが)
(乃依は、そういうリスクはあえて無視する)

…どう?ノーブラノーパンで校内を歩くのも結構良いんじゃない?
(振り返って、そんなことをささやきかけた)

492 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/09(木) 00:42:31 ID:1Dfd/b5c
【申し訳ありません、ヨニ様。今日はちょっと早くて、眠くなってきてしまいました】
【ちょうど区切りもいいようなので、今日はここまでで凍結して頂いてもよろしいでしょうか?】

493 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/09(木) 00:44:14 ID:c0WVHHFo
【ん。了解よ】
【ここで凍結しましょう】
【次は、私がこられるのは日曜日23時からになるけれど、良いかしら】

494 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/09(木) 00:45:38 ID:1Dfd/b5c
【はい、大丈夫です】
【それでは、日曜の23時に楽屋スレでお待ちしていますね】
【申し訳ありませんが、今日は先に失礼させて頂きます。おやすみなさいませ、ヨニ様】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

495 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/09(木) 00:47:13 ID:c0WVHHFo
【ん。それじゃあ、また日曜日に】
【今夜もお相手ありがとう。お休みなさい】

【こちらもおちます。
 スレをおかりしました】

496 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/12(日) 23:01:53 ID:9FJCV5zN
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

497 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/12(日) 23:06:31 ID:iPiuFoQp
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 

【改めて、今夜もよろしくね】
【ところで、今夜はこの前の続きで良い?】
【この前考えたのは、昼休みの校舎内を下着なしの姿で歩いて】
【トイレで全裸になって、制服の上に放尿…というつもりだったの。
 …トイレは男性用にしようかしら?】

【他にしてみたいことや、追加したいことがあったら言って?
仕切り直して、シチュ変更してもいいし】

498 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/12(日) 23:09:49 ID:9FJCV5zN
>>497
【今夜もよろしくお願いします】
【はい、構いません。私も続きのつもりでレスの準備をしてきましたし】
【……ふふ、大事な物を汚させるの、大好きですものね。国旗の時とか……♪】
【それでは、レスを投下させて頂きますね】

499 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/12(日) 23:10:52 ID:9FJCV5zN
>>491
んぁ……は、ぃ……ありがとうございました、ヨニ様……。
ご褒美、とってもきもちよかったれす……♪
ありがとうございます……はい、かしこまりました……喜んで……。
(ぬぷりと糸を引きながら肛門から舌を引き抜くと)
(膝立ちから立ち上がって、机の上に畳まれた制服を身につけていく)
(着替え終わった後には、ブラだけが机の上に残されていて)
(そのまま、ノーエの後をついて歩いていく)
(ピンと伸びた背筋だけはいつもと変わりないが)
(どこか緩んだ印象の顔は、友人がよく見ればすぐに異常に気付くだろう)

……はい……興奮します……。
私のマゾ乳首が勃起してるの……誰かに見られるかもしれないって思うと……。
(表情を変えないまま、小さな音量で卑猥極まりない返事をして)

500 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/12(日) 23:15:09 ID:iPiuFoQp
>498
【ん…ええ、大好きよ。
 淫語調教も大好きなのだけれど…ふふ】
【咲夜の言語感覚、もっと徹底的に壊してしまうのも、面白いかもしれないわね?
 返事の言葉を淫語にしてしまう…とか?】
【じゃあ、レスをお願いね】

501 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/12(日) 23:22:12 ID:iPiuFoQp
>499
(表向き、校医が生徒を引き連れて校内を移動している風)
(乃依の顔も態度も、いつものローテンションなもので、特に違和感を抱かせるものはない)
ん…興奮するの?そうでしょうね…変態マゾ人形だものね?サクヤは。
でも、もっと、サクヤらしい言葉遣いをしなくては。

マゾ乳首が勃起しているのを見てもらえると思うと、マゾ牝まんこがぐっしょり濡れて、
はしたないマンこよだれを垂れ流しちゃいます…とか。
(ぼそぼそとした、平板な小声で、とんでもない淫語を、廊下を歩きながら言え、と命じた)

502 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/12(日) 23:29:29 ID:9FJCV5zN
>>501
あ、ぁ、あ……はい……おっしゃる通りです……。
(ノーエからいやらしい言葉で囁かれれば)
(瞳は人形のように虚ろになり、唇がさらに緩む)
(すれ違うだけでは気づかれなくても、注視されればすぐに違和感を覚えられるほど『人形』の顔になりながら)
マゾ乳首が勃起しているのを見てもらえると思うと……マゾ牝マンコぐっしょり濡れてぇ……。
はしたないおまんこが、よだれをたれながしちゃいます……。
(度重なる行為で濡れきった秘所から、一筋の愛液が太ももを伝い)

503 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/12(日) 23:39:14 ID:iPiuFoQp
(校内で、人目のある場所で、ほとんど人形へと堕ちた咲夜を振り返り、
その太ももを伝うしずくに気付いて、口の端で笑った)
ふふ。
自分で言うとおり、だらしないマゾ牝まんこね?本当に、よだれを垂れ流して…
誰かに見られたら、もうどうしようもないわね?
サクヤが色情狂の変態マゾの、人でなしだってことがばれてしまう。
恥ずかしいわね…ふふ。
(そういいながら、隠すように命じることもなく、リスキーな歩行を続けて)
(次の時間には授業のない特別教室等の一角につく。資料室の腋にある教員用のトイレ。
その男性用の方を指して)
ここに入りなさい、サクヤ。
(男性用トイレに入れ、と命じた)
ふふ。変態マゾ人形としては、わくわくして卑しい子宮までジンジン熱くなっちゃうのではなくて?
(そんな風に、言葉で嬲りながら、サクヤが入ったあとに「使用禁止」の張り紙を貼ってから自分も入る)

504 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/12(日) 23:45:07 ID:9FJCV5zN
はい……おっしゃるとおりです、ヨニ様……。
変態洗脳マゾ人形は……人間ではありません……。
どうしようもない……マゾビッチドールです……。
(小さな声とは言え、人目のある場所で主人としての名前を口にして)
(そこには、最早雪白咲夜としての自我は欠片も感じることはできない)

はい……かしこまりました……。
(視線を男性用の文字に送ることすらなく、命じられれば即座にトイレへと入る)
ん……はぁ……はい……変態マゾ人形は……男子トイレに入って……興奮しています……。
ヨニ様の言うとおり……マゾ子宮、じんじんして、熱くなってきています……。

505 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/12(日) 23:52:24 ID:iPiuFoQp
ん。もう、命令されれば男性用トイレにだって、喜んで入れるのね?
いいえ、命令されたことが嬉しくて、しかも変態的なことだから、それをすること自体も嬉しくて。
発情してしまう、どうしようもないマゾビッチドール。それがユキシロサクヤ。
ん。合図したら、一度アクメ。そして、その制服を脱いで全裸になりなさい。
男性用トイレの中で。素っ裸よ。
そして、その制服を、男性用便器の中に置きなさい。

(アサガオ…男性用小便器。その中、小便受けの底を指さす。
 着てきた制服を、そこに置けと)

さあ、実行。 
…teen,do,ek(ティーン、ドー、エーク )ぱんっ!   

506 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/13(月) 00:01:10 ID:CZ5UYIwK
はい、その通りです……。
洗脳マゾ人形は、命令されると牝マンコ濡らしてしまいます……。
いやらしい命令で、マゾ子宮熱くしてしまいます……。
私はいやらしい命令で発情する、どうしようもないマゾビッチドール……。
はい、わかりました……んおっ……んひぃぃぃんっ♪
(他愛ない合図と手をたたく音で、あっけなく絶頂すると)
(洗脳マゾ快楽に脳を焼かれながら、ゆらゆらと誘うように腰を振り)
(乳房を揺らしながら、制服を脱いで、小便受けへと置いていく)
(流しきれてない小便が置かれた制服へと染みつき、じわじわと汚していって)
……脱ぎ終えました、ヨニ様……。

507 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/13(月) 00:07:18 ID:lapoBUNA
(男性用トイレの中で全裸になった咲夜)
(もしも、ここに誰か入ってくれば、もはや言い訳のしようもないが)
(乃依自身の身も含め、このリスク、背徳そのものを快楽とするよう、咲夜を洗脳する)
ん…good,mydoll…
とても変態。イヤらしい姿ね。
でも、もっともっと、いやらしくなりましょう。
いい?
その小便器に…サクヤの制服の上に。お尻を突っ込むみたいにして、ポーズしなさい。
(デジカメを取り出して、ムービーモードで撮影を始める)


508 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/13(月) 00:13:28 ID:CZ5UYIwK
はい……♪
かしこまりました、ヨニ様……これでよろしいですかぁ?
(小便器に背を向けて、ノーエの構えたカメラに向かいながら)
(尻を便器に触れそうなまでに極端に突き出し、しゃがんでいくと)
(犬のように手を丸めて前に持ってきながら)
(舌を垂らして、カクカクと腰を前後に振りつつ、媚びた目線を向ける)

509 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/13(月) 00:19:57 ID:lapoBUNA
んっふふ。良い格好よ。マイ・ビッチ・ドール
さ、そのまま、自分がなんなのか、カメラに向かって言いなさい。
キーワードよ。そうすれば、サクヤはアクメする。
アクメして。、おしっこを漏らすわ。
…自分の制服の上にね?
もう、着られなくなるわね…
もちろん、そのまま置いていくわよ。
また一つ、謎の変態が起こす事件って訳。
男性用トイレに、小便まみれの女子生徒用制服。
きっと、みんなが噂するわよ?「最低のド変態」「人間じゃない」
…ふふ。サクヤはそれを聞いて。
みんなに同調しながら、マゾメスまんこからよだれを流すのね…
そして聞かれるの。サクヤはどうして制服を着ていないの?って。
楽しみね?
さ、実行。
(あっさりと。着てきた制服を着られないようにする命令を発する)
(この事件が発覚すれば、そのときジャージ姿になっている咲夜はどう思われるのか)
(どうやってごまかすのか、具体的な指示などしないままに)
(破滅的な命令を与えた)

510 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/13(月) 00:27:34 ID:CZ5UYIwK
あ……はい……素敵……すてきですぅっ♪
(ノーエの言葉を聞くうちに表情がだらしなく崩れていく)
(いまや、自分の身を案ずる、という感情は咲夜の中に存在しない)
(あるのは、主人の卑猥な命令を実行する喜びと、マゾ人形に洗脳される快楽)
(その双方を与えられるのであれば、自分がどうなろうと無関係で)

かしこまりましたぁっ♪
私は、ヨニ様の洗脳マゾ人形ですっ♪
んひいいいいいいいいいぃぃぃっ♪
洗脳フェチのマゾビッチドールなのぉぉぉっ♪
(洗脳アクメに頭を犯されながらも、さらに自分を貶める言葉を吐きながら)
(宣言と同時に排尿を始め、腰を振って満遍なく制服を尿まみれにしていく)
(さらに排尿しながら、ぷしゅっと潮まで噴いて)
(最後の一滴を出し切るまで、卑猥な宣言と腰振りダンスを継続した)

511 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/13(月) 00:39:13 ID:lapoBUNA
(崩壊する。雪白咲夜、という「人間」が、完全に)
(この姿…男性用小便器に尻を突っ込んでしゃがみ、
 自分の制服に放尿する姿)
(しかも、自らを汚し貶める言葉とともに、ぷしゅっと潮まで噴いてアクメする姿)
(カメラに向かって、だらしなく優れた顔をさらし、卑猥に腰を振る姿)
(これを見て、映っている「これ」を人間と言う者はいるだろうか)
(まさにマゾ牝人形)
ふっふふ…とても惨めね?とてもみっともなくて、とてもいやらしいわ。
ヒトでなくなった気分は…最高でしょう?サクヤ。
私がそう感じるように洗脳したのだから。ふふ。
這いなさい。四つん這いになって。這っておいで。
(トイレの床を這え、という命令)
そして、私の足を舐めなさい。舐めて、ここまで堕とされたことを感謝しなさい。
(人格を完膚無きまでに破壊されたことに感謝しろ、という命令)

【ん…さっき>500で言ったことだけれど…
 ここから、咲夜の言語感覚を破壊してしまって良いかしら?】
【自己認識をもっと卑猥な言葉に変えて…
 最終的には淫語を返事にするくらいの破壊よ】
【咲夜がNGなら、言ってね?他の洗脳をするから】

512 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/13(月) 00:49:46 ID:CZ5UYIwK
はい、最高です♪
人間ではない、洗脳マゾ人形に洗脳してくださって、ありがとうございますっ♪
(躊躇うことなく、汚れた床に手をつき、膝を擦りながら四つん這いで這い寄る)
(主を見上げるその表情は陶酔に満ちていて)
(命令される喜びに酔いしれながら、ぼたぼたと涎を垂らし)

かひこまりましたぁ……んぶっ、んじゅ……れる、ちゅぶ、ぶちゅっ……。
ありがとうございます、ヨニはまぁっ♪
わらひをド変態のマゾビッチドールに洗脳して、人間としての人格を消して下さって……♪
感謝の気持ちを込めて……舐めさせて頂きます……♪
(つま先をしゃぶるように含み、舌で甲から踵まで隙間なく、べっとりと唾液を塗りつけて)


【ん……そうですね……】
【私は人形にされるのに興奮されるので……もっと卑猥な言葉遣いにされる事自体はいいのですけれど】
【やはり、返事は「はい」や「かしこまりました」のままがいいですね……申し訳ありません】

513 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/13(月) 01:07:54 ID:lapoBUNA
んっふふ。そう。それで良いのよ。サクヤ。
(陶酔した顔で這い寄り、命令のままにサンダルを履いた足を舐めしゃぶる咲夜)
(トイレの床に全裸で這いつくばる卑しい人形を、目を細めて見下ろした)
ん…私も嬉しいわ。とても面白いマゾ人形を手に入れて。
遊びがいのある人形よ、オマエは…
(ひさしぶりにね、と、そこは口の中でつぶやいて)
ヒトとしての人格のないサクヤの脳は、もうモノを考えない。
サクヤの脳は、私の玩具。私が自由に玩ぶ玩具よ。
サクヤの本質はもう、私のモノ。サクヤが自分の本質と言えるのは、子宮…おまんこくらい。
そうでしょ?おまんこビッチのサクヤ?
さ、命令に従えたご褒美に、おまえの「旦那様」への口づけを許可するわ。
私の尻穴妻サクヤ?
私の股をくぐって。私の尻穴に口づけなさい。
永遠の愛を誓ってから。

そうすれば、サクヤはまた、素敵なアクメが出来るわよ?
アクメしたら、ユキシロサクヤという存在は、また一段階堕ちる。
ユキシロサクヤは、私の尻穴妻で便器の変態マゾビッチドール。
マゾビッチドール・サクヤ。

「私は、ヨニ様のお尻の穴の妻で便器の、変態マゾビッチ人形です」
キーワードもこう変わるのよ…

【ん、了解よ。
 こちらこそごめんなさい。】
【キーワードも変えない方が良いなら、今回限りにするし。
 これからも何でも言ってね】
さ、実行

514 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/13(月) 01:21:09 ID:CZ5UYIwK
はい……ちゅぶっ……ありがとう、ございまふ……んむぅっ。
はい……私の脳は、もうなにも考えません……。
私の脳は……ヨニ様のものです……ヨニ様に弄んで頂くための、おもちゃです……。
はい……私の本質は……おまんこと……ヨニ様……。
ヨニ様に支配された、おまんこです……♪

あへぇ……ごほうびぃっ……♪
はい、ありがとうございます、ヨニ様……♪
かしこまりましたぁ……変態尻穴妻の……洗脳マゾビッチドールに変わりますぅっ♪
ヨニ様のご命令通りの存在に堕ちますっ♪
(開かれた股の間を肩をすぼめて潜り抜けると)
(すぐに振り返って下半身にがっちりと抱きつき)
(豚のように臭いを嗅ぎながら、宣言アクメする)
私はぁっ、ヨニ様のお尻の穴の妻で便器のぉ、変態マゾビッチ人形れすぅっ♪
んごぁぁぁぁっ♪ んちゅぅぅっ♪ ふもおおぁぁぁぁっ♪
(アクメを迎えながら、何度も何度も肛門への濃厚なキスを繰り返し)
(その快楽によって、さらにアクメを迎えるアクメスパイラルに堕ちながら)
(自らの定義をさらに貶めたものへと塗り替え、叫んでいく)

【いえ、とんでもありません……こちらこそ、よろしくお願いします】

515 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/13(月) 01:32:14 ID:lapoBUNA
(尻穴のにおいをかぎながら何度もキスしてアクメする…自分で自分を堕とす咲夜)
(マゾビッチ人形として完成した少女を楽しそうに見下ろして)
ふふ。もう。昼休みも終わるわね。
今回はここまでにしましょ。
(もって来たジャージを咲夜に渡して)
これを着て、戻りなさい。下着はなし。
何があっても、その下が全裸だということ、
そしてこの「事件」の犯人が誰か…誰にも気付かれてはダメよ。
安全を優先。そのためには、戻ってから下着の着用や予備の制服の着用も許可するわ。
オマエはマゾビッチドールとして、ヒトの振りをして過ごす。
それが私の命令だということを忘れてはダメ。
最後にポーズして、私か与えた洗脳と屈辱に礼を言いなさい…

【ん。時間敵にもきりが良いし、今夜はここまでにさせて】
【体力的に厳しくなってきたの…】
【次回から、風子を絡めて、風子の前で洗脳したいわ】
【設定を考えておくわね。
 洗脳機械に繋いだ風子の前で玩具にするとか…
 もう、何かの理由で風子の脳に機械を埋め込んでしまったことにするとか】

【次回は、木曜か、次の日曜、両方23時からならこられると思う】
【咲夜の都合はどう?】

516 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/13(月) 01:37:20 ID:CZ5UYIwK
【はい、今夜もありがとうございました、ヨニ様】
【来週は日曜日は難しいと思うので、木曜日の23時に楽屋板でお待ちしています】
【万が一都合が悪くなったら、その時は伝言しておきますね】
【浅木さんも……はい、楽しみです……】
【機械につながれて、洗脳される浅木さんを見ながら……だらしなく頭を弄られてイキまくりたいです】
【楽しみにしていますね。今夜もお疲れさまでした、ヨニ様。おやすみなさいませ】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

517 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/13(月) 01:39:46 ID:lapoBUNA
【了解】
【じゃあ、木曜の23時に楽屋スレでね】
【今夜もお相手ありがとう。お休みなさい】

【スレをお借りしました】

518 :名無しさん@ピンキー:2010/12/13(月) 01:49:56 ID:jYMj79WI
浮上

519 :名無しさん@ピンキー:2010/12/15(水) 02:26:30 ID:ziJV6Wue


520 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/26(日) 23:05:53 ID:UZlnyW7r
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

521 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/26(日) 23:05:53 ID:7epfrPER
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 

【改めて、今夜もよろしくね】
【おかげさまで、体調は元に戻ったわ】

【今夜は、医務室で、洗脳機械につないだ風子の前で、咲夜を洗脳して遊ぶわね?
 もちろん、風子も洗脳して、マゾ人形に変えてあげるわ。咲夜も手伝うのよ?】

【良ければ、こちらからレスを入れるわ。
 何かしてみたいこととか、希望があったら教えてくれると嬉しい】


522 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/26(日) 23:12:22 ID:UZlnyW7r
【分かりました。展開はそれで構いません】
【あまり遅くまで出来ないと思いますが、じっくりやりたいので、無理にキリが良い所まで進めないでも大丈夫です】
【そうすると、浅木さんの演出はどうしましょうか……?】

523 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/26(日) 23:21:41 ID:7epfrPER
【ん。了解。こちらも今夜は25時…ちょっと、くらいまでかな?】
【時間がきたらそこで凍結しましょう】
【風子のロールは…今夜は台詞なしでかまわないから…今夜だけこちらで処理しましょうか?】
【洗脳機械につながれて心をフラットにさせられていて……
乃依の命令で、咲夜にアクメさせられる、というのか今回の風子がうける洗脳調教よ】


(教師用の男性トイレに女子生徒の制服…しかも小便まみれの…が捨てられていた事件から一週間たった)
(もはや、学校の中に変態がいることは、少なくとも、生徒の間では、
 確定した事実として語られていた)
(それが女子生徒だ、ということは、未だに疑われている。
 男子が女子生徒のように見せかけている…という説もあり、変態は男か女か、というのが生徒の間でかけの対象になり始めている)
(乃依による、咲夜への洗脳調教も、学校の中では、しばらく控えることになっていた)
(とはいっても、この間も、自宅から咲夜自身からオナニー中継の電話をさせたり、遠隔操作で発情させたり…といった遊びは行われていたが、直接会ってはいなかったのだ)
(今日は久しぶりに医務室への呼び出しがあった)
(医務室では、第三の人物も咲夜をまち受けていた)
(それは、浅木風子。咲夜にとってはおなじみの寝椅子に横たわり、頭には脳波モニターのヘッドバンド…つまり、洗脳装置を繋がれていた)
(乃依はといえば、いつも通りのローテンションで昨夜を迎える)
ん。きたわね?サクヤ。
そこでポーズ。私に挨拶なさい。mydool。
(何でもないことのように。友人の前で、恥辱のポーズと、変態洗脳マゾ人形としての挨拶を命令した)

【こんな始まりで…まずは風子の前で人形になってもらうわ】
【咲夜が、風子の反応なんかをロールしてみたいなら、それでも良いし】
【今夜はわたしが風子の状態を描写するのでも良い】
【咲夜の希望に任せるわ】


524 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/26(日) 23:38:46 ID:UZlnyW7r

(校内で持ちきりの噂は、もちろん咲夜の耳にも入ってきて)
(それどころか、剣道の腕を知っている人間からは積極的に相談を持ちかけられしたが)
(誰も咲夜が犯人だと気づく者はおらず、そうした言葉に応対するたびに、密かに股を濡らして)

(そして、一週間後)
(久方ぶりに呼び出しを受けて入室し、挨拶をしようと視線を巡らせ)
(そこで、後輩が洗脳装置にかかり、虚ろな視線で薄く口を開いているのを発見する)
こんにちは、ノーエさ……浅木さん?

(装置にかかり、脱力した姿は、初めて客観的に見る洗脳中の姿)
(それを目にした瞬間、どろりとした欲情に捕らわれると)
(続く命令にもまったく躊躇うことなくその場で犬のように舌を垂らしてがに股でしゃがむ)
(まくり上がったスカートの下の下着が濡れているのは、ノーエにもはっきり見えるはずで)
かしこまりました、ヨニ様……。
どうか、本日も卑しい変態洗脳マゾビッチドールのサクヤで実験し、洗脳して下さい……♪


【少し考えましたけれど、一応私が浅木さんの分も描写した方が自然かな、と思います】
【最終的には、どちらも私が担当する事になると思いますし】
【振られる内容が多い場合は、多少時間がかかるかもしれませんけれど、よろしくお願いします】

525 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/26(日) 23:50:16 ID:7epfrPER
【了解…さっきも書いたけれど、今夜の風子は洗脳の初期段階で、
咲夜の姿に憧れを感じさせられたり、咲夜にアクメさせられたり…といった受け身だけだから】
【風子については、咲夜が書きたい部分だけ、簡単に書いてくれれば良いわ】
【どんなパルスを風子に送っているのかは、もちろん私が書くから】

ふふ。良い格好よサクヤ。
股が開いて、ぐっしょり濡れた下着が、しっかり見えているわね。
そこからなら、風子にも見えているわよ?もちろん…


フウコはね?このところ学校の中に変態がいるのが不安になって…
ほら、この前ここで、脱ぎ捨てられた制服を見てりしたから…
自分の近くに、あり得ない変態外るっと言うことが何だかこわいって、相談に来たのよ。
だから、脳の状態をモニタリングしながらのカウンセリングを行っていたの。
その成果があって、いまとても落ち着いているわ…
(その言葉の意味は、咲夜と同じように脳波のパターンを解析され、洗脳機械に脳パルスを送り込まれて、支配されている、という意味だ)
(咲夜自身が、洗脳の初期に経験した状態。何を言われても、されても、受け入れてしまう、あの状態)
(そんな、罠に落ちた友人の前で、人形化した先輩として、咲夜は痴態を晒している)

(風子は、普通なら驚いて当然なのだが、リラックスした状態の脳パルスを機械に強制されている。
目の前に起こることは、ヘンなことではない…だから落ち着いていて良い…という認識を植え付けられているのだった)
(同時に、咲夜の姿に驚けば驚くほど、あるいは軽蔑や嫌悪感を感じれば感じるほど…それが脳に認識される前に。
その脳パルスは咲夜への憧れという感情に変換され、書き換えられて脳を満たすようにされていた)

そのまま、ここに来なさい。風子によく見えるように。
(よちよちと這って近づくよう命令して)
そのままで、フウコに声をかけなさい?
自分がなんなのか。いま、どんな格好をしていて、何が見えているか。
そして、自分が今どんな気持ちなのか…はっきりとね?
(風子に向かって、自分の正体を明かせと命じた)

526 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/26(日) 23:51:56 ID:7epfrPER
【レスは自由に…風子の分はあってもなくても良いからね?】
【まだ、これから風子の前でいろいろしてもらうから…風子のレスはそのときでも大丈夫だと思う】

527 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/27(月) 00:03:33 ID:4Xrc/3XM
はい……たくさん、見てほしいです……。
私の淫乱なおまんこ汁で濡れた、下着ぃ……♪

あは……そうなんですか。
うらやましいです……洗脳、うらやましい……♪
私も、あんな風に洗脳……せんのぉっ……♪
んぅっ、かしこまりました……。
(卑猥な、鼻にかかった甘え声を聞いても、風子はぴくりとも動かない)
(いつも活発な少女が支配されている様は、想像以上の興奮を呼び起こし)
(どろりと濁った瞳で涎を垂らしながら、人形のような後輩の姿に愛液を漏らし)
(視線を後輩の顔に固定しながら、這いずって足元まで寄ると腰を突き出し)

私は、変態洗脳マゾビッチドールのサクヤです……。
ヨニ様に洗脳された、どうしようもない変態で淫乱なお人形……。
ヨニ様の命令に従い、待機のポーズをとりながら……浅木さんが洗脳されているのを見ています……。
あぁ……うらやましいです……お人形にされるの、うらやましい……。
洗脳されたくて、発情してぇ……どうしようもないんです……♪

528 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/27(月) 00:12:25 ID:L4G4k8aX
んっふふ…♪そう。うらやましいの。
(咲夜の口から風子がうらやましい、という言葉が出てきたことに笑う)
洗脳されたくてどうしようもない、変態マゾ人形…それがサクヤね。
でも、サクヤは、もうとっくに私に洗脳されて、人形になっているじゃないの。
サクヤはもう、私の命令なら何でもするでしょう?
(今の風子の状態など遙かに通り越した人形になっている…と指摘して笑う)

ん…それに、それだけじゃ、ただ人形なだけじゃ無いでしょう?
サクヤがしたこと、もっとちゃんと教えてあげなさい。
学校の道場で、この前は男用トイレで…サクヤは何をしたの?
そして、どんな風に感じたの?
告白なさい、フウコに。サクヤの正体を。もっと、はっきりとね?

(道場での脱糞、トイレでの制服への放尿、これをしたのが自分だと、風子に言え。そう命令している)
(乃依の洗脳によるものだろうと何だろうと。
 学校の中で、とくに神聖な道場でしたことを考えれば)
(風子が咲夜に否定的な感情、軽蔑や嫌悪館を持つのは、本来なら自然なことだが)
(いま、それらの感情は強ければ強いほど、咲夜の憧れとして、風子には認識される)
(そういう洗脳プログラムが、風子には施されている)
(乃依は、咲夜に、言葉や行動で、思う存分に惨めて汚れたいまの正体を晒させるつもりだった)

告白が終わったら、キーワードを言って。アクメすることを「許可」するわ。
do it mydool!

529 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/27(月) 00:14:24 ID:L4G4k8aX
上のレス
  X 咲夜の憧れとして、風子には認識される
は、間違い。
書きたかったのは
  O 咲夜への憧れとして、風子には認識される




530 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/27(月) 00:28:39 ID:4Xrc/3XM
はい、その通りです……。
私は洗脳されたくて仕方ない、変態洗脳マゾ人形です……。
頭の中は、ヨニ様に支配されてるお人形……どんな命令も忠実に従います……。
でもぉ……ああやって、人間から洗脳されてお人形になるの……。
(マゾ性からか、本来の性癖からか、ねっとりとした吐息を吐きながら)
すごく、気持ちいいんです……♪

はい……道場でヨニ様の命令に従い……うんち、しました……♪
男子用のトイレでは、制服におしっこしました……♪
ヨニ様の命令で、はしたないご命令を実行できて……変態マゾドールは、嬉しくて絶頂しました……♪
ああ……もっと洗脳されたいです……脳味噌支配されつくして、完全な洗脳ロボットになりたい……♪
どんな命令も実行する、ヨニ様の操るロボットにぃ……♪
(ゆらゆらと控え目に動いていた腰は、羞恥にまみれた告白と共に大胆な動きへと変わっていき)
(隠していた、知られたくないはずの事実も、命令に従って嬉々として吐き出していく)
(緩みきった表情で変わり果てた姿を晒す様子は、本来なら叫びまわって否定するべき行動)
(その感情は機械によって捻じ曲げられ、強く、強く憧れの感情が植えつけていかれる)
(その感情によって、拒否感は次第に薄まり、逆に羨望から食い入るような視線が向けられて)

あは……洗脳されてる、浅木さんも、ヨニ様のお人形になるんですね……♪
私もぉ……私は、ヨニ様の洗脳奴隷ですぅっ♪
んふぅっ、あ、んおおおおおおおおおぉぉぉっ♪

531 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/27(月) 00:40:02 ID:L4G4k8aX
ふふ。自分の正体、とうとう知られちゃったわねえ…
人間じゃない、最低の変態のサクヤ?
脱ぎなさい。素っ裸よ。
素っ裸になってポーズ。

んっふふ♪ほら、フウコが見ているわよ?
サクヤの言うとおり…よ。
フウコも、いまのサクヤの姿を見ても、嫌悪や軽蔑を感じない。
それは、私がそうしているから。
フウコも感じている。サクヤみたいに、脳を支配されるのがものすごく気持ちいいって。
何者にも代えられないほどの快楽だってね…ふふふ…
(風子が見ているものは、本当ならばあり得ない光景)
(それなのに、目の前の変態人形に対して感じるのは、強い憧れ)
(自分もああなりたいという、願望…それが乃依の洗脳)

ヒトでないものには、服なんか不要。裸になるともっと発情するしね?

さあ、サクヤ?フウコの前で、もっと最低の姿をさらけ出しましょうね。
(そう言って、風子の荷物の中から、竹刀袋を取り出す)
(風子の愛用の竹刀を袋から取り出して、全裸の咲夜に向かって突きつけた)
…ほら?サクヤ…?においをかいで。
どんな感じか、フウコに言いなさい。

…フウコ?よーくごらんなさい。オマエの先輩は、竹刀と見れば発情する変態。
フウコの竹刀だろうと…竹刀なら何でも…
まるでオチンポなら何でも良いビッチと同じように、発情する牝犬よ。
そうでしょ?サクヤ?
…いいのよ?支配者である私が許可するわ。
……いいえ、命令するわ。mydool
この、フウコの竹刀と、好きなように…ビッチらしく淫らに。
楽しみなさい。

サクヤが、うんと下品で淫らに、友達の竹刀を汚して見せたら。
ご褒美に、サクヤを洗脳して、もう一歩人形に近づけてあげるわね。
…go!

532 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/27(月) 00:53:11 ID:4Xrc/3XM
はい……命令に従って、告白いたしましたぁ♪
浅木さんに人間じゃない事、バラしました……♪
かしこまりました、ヨニ様ぁ……。
(立ち上がることもせずに、命令された瞬間から、その場で床を這いながら服を脱いでいく)
(手足を器用に使いながらも、その所作はどこか動物じみていて)
(風子の視線を受けながらも、どこか淫猥な雰囲気を醸し出しながら)
(ピンと立った乳首や、愛液に濡れた秘所を丸見えにして、ポーズをとる)

(その様子を、ノーエの言葉を聞きながら)
(異常な憧憬を持たされた風子の心は、その変態的な姿を焼き付けて)
(自らの『理想像』を脳に植えつけられ続ける)

はい、ヨニ様……。
あぁ……すー、すんすん……んふぅん、くん、あぁ……。
すごく、臭いです……浅木さんの汗の臭いと、道場の臭いが混じって……。
すごく、いやらしいです……♪
はい、興奮します……あは♪
かしこまりました、ヨニ様……ヨニ様のご命令を実行いたします……♪
はむ、んむぅ……んちゅ、れふ……んぶっ、んおぁ……♪
あは、チンポ、竹刀チンポ……浅木さんの大事な竹刀、寝とっちゃうの、興奮するのぉ♪
(竹刀の先端を加え、ぼたぼたと竿に涎を垂らしながら)
(滑ったそれを胸で挟み満遍なく唾液を塗りつけて、よりキツイ臭いを生み出し)
(柄の部分に秘所を押し当て、股を閉じて身体全体をすがるように上下にすりつけていく)

533 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/27(月) 01:04:32 ID:L4G4k8aX
んっふふ…どう?ごらんなさいフウコ。
あれが、オマエの顎ガレの先輩の姿よ?

フウコの大事な竹刀を寝取って…竹刀とメイクラブ…セックスして楽しむビッチ。
竹刀なら何でも発情する淫乱なメスよ。
アレが、雪白咲夜の正体よ。 

…ふふ。憧れるでしょ?自分もあんな風になりたいって思うでしょ?
それでいいの。
もうすぐ、そうなれるわ。あんな風に…ね?
(咲夜を見て笑いながら、風子の頬を撫でる)
サクヤ!その竹刀とセックスしなさい。
しながら、ここへ来る。風子にキス。
竹刀と、フウコと…「3人で」セックスよ

【ん、ごめんなさい、体力が思ったより回復していないのかな…眠気が強くなってきてしまったの】
【ここで凍結にしても良い?】

【次回だけれど、咲夜は年内は無理だったわね】
【私は、来年だと一番早くて4日か5日の23時に来られると思う】
【咲夜の方はどう?】

534 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2010/12/27(月) 01:08:11 ID:4Xrc/3XM
【はい、分かりました。またぶりかえすと大変ですからね】
【それでは、5日の23時に伝言版でお待ちしています】
【ありがとうございました、ヨニ様。来年もよろしくお願いします】
【おやすみなさいませ、良いお年を】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

535 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2010/12/27(月) 01:09:53 ID:L4G4k8aX
【ん。了解。では5日の23時に伝言板で】
【こちらこそ、よろしくね。良いお年を】
【今夜もお相手ありがとう。お休みなさい】

【おちます。スレをお借りしました】

536 :名無しさん@ピンキー:2010/12/27(月) 01:20:36 ID:5fHFVo6e
おちゅ

537 :藤堂すみれ ◆xW71EpT31Q :2010/12/31(金) 00:50:00 ID:E8r7zOSH
名前:藤堂すみれ
年齢: 16歳
身長: 162cm
体重: 秘密です♥
3サイズ: 82.53.86
髪型: 地面につくほど長いストレート
性経験: なし
性格: 普段は大人しめだが、曲がった事が大嫌いで、自分がおかしいと思った事ははっきりと口にする性格、それ故周囲の反感を買う事も多い
服装:普通のセーラー服。子供っぽい下着を着けている
身体的特徴: 怒った時以外、余り表情に抑揚がない。胸や尻は普通。でも絶世の美人
MCの希望:
ここは人里離れた場所にある更生施設。学校や社会で問題をおこした少女たちを更生させる目的で作られた。
ただここの更生方法は一風変わっており、催眠で「自意識を保ったまま、赤ちゃんの行動」をさせて
一から育てなおすというもの。多くの少女たちは最初強く反発するけど、
哺乳瓶で食事をとらされて、オムツで排泄を強要されるうち、次第に素直な子に矯正されていく。
今日もそんなことも知らずに少女たちがこの施設に送り込まれてくる。

すみれは正義感が過ぎて、誰かに陥れられ、この施設に送り込まれてしまった。

という設定で更正させられたいです。どなたかお相手して頂けないでしょうか。

538 :名無しさん@ピンキー:2010/12/31(金) 01:15:13 ID:GAdiFzHc
見づらい

539 :名無しさん@ピンキー:2010/12/31(金) 06:41:16 ID:w8ulhXDu
【すみれさん、もう落ちてますか?】

540 :名無しさん@ピンキー:2011/01/03(月) 23:10:15 ID:/Wnrmomw
名前:正奴 隷(まさど れい)
年齢:26
身長:167
体重:55
3サイズ:B90W58H88
髪型:背中までの長い黒髪、普段はアップにして纏めている
性経験:数えるほど
性格:正義感は強いが精神的に脆く、ちょっとの事で動揺する
服装:婦警の制服
身体的特徴:肉感的な身体で服の上からでも分かるくらいの巨乳
MCの希望:
深夜に交通違反の取り締まり中に催眠術にかかり眠らされる
その間にある言葉で自分の意志とは関係なく身体が動く暗示を掛けられ
後日、再開した際に恥辱的な行為をさせられ、最終的に雌奴隷化にされるといったシチュを希望。

541 :名無しさん@ピンキー:2011/01/03(月) 23:34:04 ID:4VImt3yF
【現在待機中ですか?】

542 :名無しさん@ピンキー:2011/01/04(火) 00:47:47 ID:RSVb1Gyk
いません

543 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/05(水) 23:02:44 ID:Fw2MDsCt
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

544 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/05(水) 23:04:28 ID:co3hU90P
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【改めて、今夜もよろしくね】

【今回は、そちらから、>533のレスからお願いね?
 今夜は咲夜が風子をアクメさせるのよ】

【そうすれば、風子もアクメ洗脳で壊せるようになるから…
 咲夜と一緒に人形にしてあげる】
【してみたいこととか、あったら教えてね】

545 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/05(水) 23:10:24 ID:Fw2MDsCt
>>544
【はい、よろしくお願いします】
【そうですね、私からでした。それでは準備しますので、しばらくお待ち下さい】
【されたい事は……浅木さんを洗脳してもらえる、さらに人形に近付く洗脳ご褒美が楽しみです】

546 :名無しさん@ピンキー:2011/01/05(水) 23:12:14 ID:gQuU9aTr


547 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/05(水) 23:15:31 ID:co3hU90P
【了解。待っているわ】


548 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/05(水) 23:27:53 ID:Fw2MDsCt
>>533
(視線の先で自分の竹刀に絡みつき、舌を這わせるセンパイ)
(その姿に対して感じる感情は、ことごとく憧れへと変換され、風子の頭の中を埋め尽くしていく)
(とろんとした瞳で、半ば開いた唇からは涎が一筋零れるが)
(その事にも気がつかないように、乱れる姿を一身に見つめ続けて)

んあ……んふっ……はぁい、かしこまりましたぁ……♪
セックス……浅木さんの竹刀チンポとセックス♪
んおおぁぁぁぁぁぁっ♪
はいってきたぁっ♪
竹刀チンポ、浅木さんのチンポ奥までぐりってぇっ♪
あは……はぁっ、んくぁぁっ♪
はひぃっ……3人でセックス……人形の浅木さんとセックスします♪
洗脳されてる浅木さんとキス……♪
あむ……ちゅ、じゅ……ずぢゅぅぅぅぅっ……れろぉっ♪
(命令されるままに、竹刀の先端からずぶずぶと秘所に沈めていくと)
(刀身を半ばまで挿入しぶら下げながら椅子を這いあがり)
(淫らに笑み崩れながら、虚ろな視線を絡ませあい)
(片手を股へと伸ばして、竹刀を前後に出し入れしながら)
(よりかかるようにして顔を近づけ、唇を舐めると、一気にディープキスを始める)

549 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/05(水) 23:39:17 ID:co3hU90P
(竹刀を…親しい後背が大切にしている竹刀を性器につっこんでよがる咲夜)
(股間から、竹刀をぶら下げて這い、寝椅子にあがる…
 あり得ない程みっともない姿の咲夜)
(そんな咲夜をあざ笑い、友人へのレズキスをさせて)

んっふふ…このキスは特別なキスよ。
これから、サクヤはフウコをアクメさせる。
アクメ脳パルスが採取できれば、フウコもサクヤと同じように、
アクメ洗脳でどんど堕とせるようになるのよ。
だから、サクヤ?オマエの変態マゾ人形としてのすべてを尽くして…
フウコをアクメさせなさい。

(風子へのカウンセリングは途中だったため、まだオナニーもさせていない。
 だから、風子の脳からはまだ性的な快楽のパルスを採取出来ていない。
 それは、強制発情もまだ出来ないと言うこと)

(その代わり、「憧れの先輩」への思いを極端に強化して、
 崇拝と、咲夜と同化したいという気持ちを肥大化させる)
(つまり、今の色狂い…発情して狂ったとしか見えない咲夜が風子にとって理想の姿)
(その咲夜がアクメしろと言えば、アクメする…そう言うレベルにして)

(友人を決定的に堕とす。その最初の一歩を咲夜にするよう命令)

ふふ…サクヤ?うんといやらしく…竹刀とセックスしながら。
フウコを犯しなさい。フウコをいやらしい姿にして。キモチ良くして、アクメさせなさい。
do it! my dool

550 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/05(水) 23:59:13 ID:Fw2MDsCt
んぅ……んちゅ……れる……あむぅんっ♪
ふむ、んむぅ……ぷぁ……はぁ……。
はい、ヨニ様……ご命令のままに……。
変態マゾ人形として……ご命令を実行します……。
浅木さんをアクメさせて……ヨニ様が洗脳を施せるようにします……♪
(ふりふりと首を振りながら、何度も何度もキスをして)
(その度に反動で秘所から生えた竹刀は左右にゆらゆらと揺れ動く)

(風子の脳内はノーエの操作によって、既にこれまでの人生で味わった事がないような淫猥な色に染め上げられた)
(目の前で憧れの先輩が晒す痴態はそれほどまでに衝撃的で)
(その情動を全て憧れへと振りかえられれば、頭の中には変態セックスに狂う咲夜だけが占めた状態)
(それを知ってか知らずか、咲夜はキスを中断すると、うっすらと笑みを浮かべて)
(風子の制服をはだけさせると、下着をむしり取り、淡く色づいた乳首へとキスする)
くす……浅木さん……。
今から、犯してあげる……浅木さんの竹刀チンポで犯されながら……浅木さんのおまんこ犯すの……。
おっぱいも気持ち良くしてあげるから……こうやって……ん……しゃぶりながらぁ……!
おまんことクリチンポ、交互に擦ってあげる……。
イッたら、すぐに頭の中洗脳してもらえるから……安心して、気持ちよくなっちゃって下さい……♪
ほら、いきますよ……ほらっ、ほらぁっっ♪
(スカートの下に手を忍び込ませると、同性ならでは繊細なタッチでクリトリスを転がし)
(指で浅くピストンをしながら、見せつけるように乳首にねっとりと舌を這わせる)
(僅か3分も経たないうちに、あっけなく絶頂する風子を見つめながら、腰をくねらせて竹刀を咥えこみ)
(攻めの手は一切緩ませずに、敏感な性感帯を刺激し続けて、断続的なアクメへ押し上げてやって)

551 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/06(木) 00:19:17 ID:2g/ScEIE
(後輩の乳首をしゃぶり、性器を刺激して)
(咲夜は、風子を絶頂へと導く)
(風子の脳への操作もあったとはいえ、実にあっさりと、風子のアクメパルスが採取できた)

んっふふ…good…good job ,my dool…
いいわよ?サクヤ…すばらしいビッチよ。
とんでもないレズマゾドールになったわね、サクヤ?
オマケに竹刀に発情する変態だなんて…ふふふ、最低だわ。
幸せでしょ?洗脳のおかげで最低になれて…でも、まだまだ、この下もあるのよ?


(素早くプログラムをくみ上げ、風子の脳に感じた快感を増幅して送る)
サクヤ、フウコに言わせなさい。
言う時にフウコのクリトリスを刺激して、肉体的にもアクメさせながらよ?
「わたしたちはヨニさまの洗脳マゾ人形です」
「洗脳されていやらしい人形にされるのが何よりも幸せな変態人形です」
「人形です」って言う度にフウコはアクメする。
そして、本当に人形になっていくわ。
オマエもよ?フウコと一緒に言いなさい。
フウコのアクメと一緒にアクメさせてあげる。
たぶん、2回目でフウコは失神するわ。
オマエはがんばって意識を保ちなさい。
失神しなかったら、すぐにご褒美をあげるわよ?
最低の下に、どんどん堕としてあげるから…

(マゾ人形宣言をフウコにもさせて、アクメパルスで自意識を定着させる)
(咲夜にもしたアクメ洗脳を、フウコにも施す)
(2体目の人形が誕生する…1体目の人形の手によって)

ふふ。さあ、言いなさい、言わせなさい。マゾ人形!
(風子の竹刀を手にとって動かしながら…咲夜も肉体アクメに追い込みながら)
(風子の人形化プログラムを発動した)

552 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/06(木) 00:36:29 ID:wYne3mNs
んっ……んふ……はぁい……♪
私は可愛い後輩の浅木さんも命令に従って洗脳してしまう、最低の変態です♪
竹刀チンポも、浅木さんとのキスも、とっても素敵でした……♪
ヨニ様に洗脳されて幸せっ、しあわせれすぅっ♪
あはっ、もっと最低っ♪ なりたいですっ♪
(風子の身体へとまとわりつきながら、嬉々として返事をして)

はい、かしこまりました……。
さぁ、浅木さん……今から、ヨニ様に洗脳してもらいましょうね……。
クリチンポ弄って、身体は私が気持ちよくしてあげるから……。
頭の中がヨニ様に支配されていくの感じながら、たっぷりアクメしてお人形になるの。
じゃあ、命令。
私の言葉を復唱してね……。
(そう言うと、一度言葉を区切って竹刀から手を離して)
(腰を逃げられないように抱えると、もう片方の手でクリトリスをしっかりと摘まみ)
(復唱開始と同時に、激しく扱きあげて連続アクメを味あわせる)

『わたしたちは、ヨニ様の洗脳マゾ人形です……』
『洗脳されて、いやらしい人形にされるのが何よりも幸せな変態人形です……』
『人形です……私たちは……』

(唇の恥から白く泡立った唾液を噴きこぼし、白眼を剥きながら身体を暴れさせて)
(脳みそと肉体の両方からアクメを与えられ続けられた風子は)
(ノーエの読み通りに2回目の絶頂で一際高い叫びを上げると)
(そのまま失神して、咲夜の腕の中でぐったりと脱力する)

わたしたちはにんぎょぉぉぉっ♪
ヨニ様の洗脳マゾ人形れすぅぅっ♪
(しかし、最早それすらも目に入っていないのか)
(気絶した風子のクリトリスをさらに嬲りながら、竹刀チンポに腰を押しつけつつ咲夜は宣誓を続けて)

553 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/06(木) 00:46:03 ID:2g/ScEIE
ん…good…
ふふふ…風子も、これで人形になったわ。
(アクメ洗脳で、風子の脳は決定的に変わった)
(もはや、咲夜同様、洗脳される歓びにとりつかれた変態人形)
(失神した風子の脳に、簡単な暗示を流し込み、今回の調教の仕上げとしながら)
ふふ。サクヤ!ストップ!風子から離れなさい。竹刀も抜いて。
(咲夜の尻をパシン、と叩き、いったん離れるよう命名)

ん…よくやったわ。ビッチ。
オマエは、かわいい後背を、変態マゾ人形に堕としたの。
支配者の命令通りにね…
命令に従えて、キモチ良くて幸せでしょう?それが、人形の歓びよ。
オマエは変態なことや屈辱的な命令ほど、その幸せを強く感じる。
今回は、刺激的だったんじゃない?ふふふ…
さあ、ご褒美をあげるわ。言ったとおり、オマエは失神しなかったんだから…ね?

(そう言って取り出したのは、白いチョーカー。ピンク色のハートマークをかたどった金属プレートがついている)
(この金属プレート部分は、咲夜の携帯電話と同じ機能を持った、洗脳電波中継器であり、同時に骨伝導式のマイクとスピーカーを備えた通信機でもある)
(つまり、このチョーカーをしていれば、乃依の命令をどこででも聞き、返事も出来る)
(進化したマゾ人形操縦端末なのだった)
(乃依は、チョーカーの機能を、咲夜に説明して)
…つまり、これをつけていれば、どこにいても私の命令が聞ける。そして、返事も出来るのよ。携帯で電話しなくても、ね。
授業中でも。お風呂に入っている時も。…そう。これは防水機能もついているのよ。お風呂もプールも、海も大丈夫。
いい?サクヤはこれからは、このチョーカー…首輪を24時間いつでもつけているの。
私の人形であるという、これは証よ。わかった?

…ん。そしてね。これもご褒美だけれど。
ご褒美のメインはこれじゃないのよ。
でも、まずはこれをつけましょうか?
サクヤ、ポーズ!
ちんちんの格好でいなさい。私がつけてあげるわ。
(24時間つける、人形としての証…首輪。
 一応、チョーカーという、アクセサリーの形を取っているものの。
 そして、この学校はアクセサリーに関しておおらかで、ピアスでさえ禁止ではなく。
 学校でつけていてもとがめられないとはいえ)
(これまでの雪白咲夜ならば、考えられないようなアイテムを、身につけ続ける。
 それは、普段の咲夜、咲夜の表の顔も、変えていくという宣告だった)

554 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/06(木) 00:57:12 ID:wYne3mNs
ちゅぶっ……はい、ヨニ様。かしこまりました……。
(尻を叩かれて命令されれば、それまでの痴態が嘘のようにすぐに命令に従い)
(竹刀を引き抜いて、椅子から下りるとノーエの前に気をつけの姿勢で立つ)

はい……ありがとうございます、ヨニ様。
ヨニ様の命令に従い、実行できてとても幸せです。
はい……浅木さんを洗脳押して、とても興奮しました……♪
(陶然とした瞳で涎にまみれた唇を舌で舐めながら)

(説明を聞き終えると、その瞳は洗脳される快楽を想像して虚ろに濁り)
はい……分かります……。
そのチョーカーをつければ……私は24時間、ヨニ様の支配下におかれます……。
人形として、この上ない幸せです……♪
(嬉々としてしゃがみこむと、顎を上げて白い喉を晒しだす)
(丸まった手は従順に胸の前に構えられ、腰はふりふりと待ちきれないように前後に揺らめいて)

555 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/06(木) 01:11:22 ID:2g/ScEIE
んっふふふ…そう。それでいいの。my dool…
つけてあげるわね。
(命令されるままにポーズを取り、顎をあげる咲夜)
(その傍らに立って、チョーカーをゆっくりとはめていく)
このチョーカーは簡単に外せる。けれど、オマエはこれを外さない。
24時間つけたままよ。
もちろん、外さないと問題が発生する場面は例外。自分の判断で外すことを許可するわ。

ふふ…これは、はめると、自動的に起動する。
起動する時、アクメパルスと失禁パルスを流すようにしておいたから。
キモチ良くお漏らしアクメできるわよ…

それから、アクメと同時に、もう一つ洗脳パルスを流すわよ。
それは、普段のユキシロサクヤを露出症のレズマゾに変えるパルス。
もちろん、もうオマエは私の人形。
人形の雪白咲夜が、今までのユキシロサクヤの振りをしている訳だけれど。
その、表の顔も、変わるのよ。チョーカーをつけたユキシロサクヤは。
たとえば、ユキシロサクヤはフウコと朝の挨拶をする時、おっぱいをもみ合う。
出来る時には下着を着けない。
そんな風にね。
オマエは、竹刀と、女の身体に欲情するビッチになる。
男のことは、身体についても、精神的にも、全く興味が無くなる。
男とは話もしたくなくなる。男はどうでも良い存在。

もちろんオマエは私の人形。私の便器。私の尻穴の妻よ。
でもそれは、普段の生活では隠しているから。
普段のオマエは、露出狂のレズで、マゾ女。
それが新しいユキシロサクヤよ。

(宣告とともに、かちり、と音を立てて、金具を止める。
 チョーカー…人形の首輪が起動した)

556 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/06(木) 01:33:41 ID:wYne3mNs
はい……外しません……ずっとつけています……。
問題がない限り、ずっと……。
(今のノーエに支配されきった咲夜にとって、人形の証であるチョーカーを外すことなど思いもよらず)
(それどころか、命令されるまでもなく肌身離さず身につけるつもりで)

あぁ……嬉しいです……。
洗脳チョーカー起動して、お漏らしアクメしたいです……♪
(ハメ終わって起動する瞬間が待ちきれないかのように)
(床にはぽたぽたと愛液が垂れ落ちていく)

はい、かしこまりました……。
私は……チョーカーで洗脳されます……。
もう、今までの雪白咲夜は存在しなくなります……。
浅木さんと挨拶としておっぱいを揉みあう、露出狂のレズマゾになります……。
男性には何の興味もない……女性と竹刀チンポに発情するマゾビッチになります……。
はい……どうぞ……私の心も体も……全て、ヨニ様のお望みのままに……。

あ……んぅ……。
んあ……あ……あはっ……♪
んおあああああああああああぁぁぁぁぁぁっっ♪
(首輪が起動した瞬間、くりっと白眼を剥き)
(頭の中身をパルスに犯され、人格を書き換えられながら)
(強制的に洗脳快楽と排泄快楽を脳みそに垂れ流されて)
(嬌声を上げながら、じょぼじょぼと勢いよく排尿し、同時に潮を噴いて涎を撒き散らす)

557 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/06(木) 01:45:51 ID:2g/ScEIE
(犬のちんちんポーズでアクメ。しゃがんで股を開いたまま失禁放尿と、潮吹きをして)
(口からはよだれを垂らし、白目まで剥いて忘我の極みに達し、脳をまたもや決定的に変えられた、雪白咲夜)
(そんな咲夜を、笑いながら見下ろす乃依。乃依もまた、この洗脳でかるく達している)
んふふ…また堕ちたわね、サクヤ。最低の下に。
楽しいわ。こうして、お堅くてまじめだったサクヤをビッチにして遊ぶのは。
私に楽しんでもらって光栄でしょ?

サクヤは今日、
親しい後背の大切な竹刀をおまんこに入れてよがって。
その後背をアクメさせて、人形に堕として。
人形の証の首輪をはめられてアクメして。
普段の人格も、露出狂のレズマゾに変えられた。

こんな幸せは、私の人形でなければ味わえないわよ?
わかっているわね、サクヤ。
ふふ。這いつくばって、私の足を舐めて。
感謝の言葉を言いなさい。
それで、今日の洗脳調教は終わり。

【きりが良いから、今夜はここまでにしない?
 次回は、風子とのレズショーか、授業中に洗脳調教にするか…
 咲夜はどっちが良いかしら。両方もアリだけれど】

558 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/06(木) 01:48:52 ID:wYne3mNs
>>557
【そうですね、今夜はここまでで凍結しましょうか】
【ありがとうございました、ヨニ様】
【はい、是非両方ともして欲しいです】
【けれど、次は少し先になってしまうかもしれません……】
【ヨニ様のご都合のいい日はいつでしょうか?】

559 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/06(木) 01:49:23 ID:2g/ScEIE
【次回は、私は7日の土曜日、8日の日曜日ならこられるわ】
【時間は、22時か23時ね】
【咲夜はどう?】


560 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/06(木) 01:51:16 ID:2g/ScEIE
【ん。次の連休は、咲夜はこられないのね】
【となると、私はその次の日曜日16日ね…時間は23時】
【それで良ければ待ち合わせスレで】

561 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/06(木) 01:55:23 ID:wYne3mNs
>>560
【16日の23時……はい、おそらくその時間には戻って来られると思います】
【もしもギリギリになってしまうようなら、改めて伝言しておきますね】
【今夜もありがとうございました、ヨニ様。おやすみなさいませ】

【スレをお返しします。ありがとうございました】

562 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/06(木) 01:56:58 ID:2g/ScEIE
【了解。無理はしないで、都合が悪かったら伝言してね】
【こちらこそ、今夜もお相手ありがとう】
【お休みなさい】
【スレをお返しします】

563 :名無しさん@ピンキー:2011/01/06(木) 17:53:59 ID:ftkuignY
随分先だな

564 :名無しさん@ピンキー:2011/01/16(日) 19:13:22 ID:zIb7NgVm
浮上

565 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/16(日) 23:06:15 ID:HySEDI/2
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

566 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/16(日) 23:08:20 ID:rUiZzoiw
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【改めて、今夜もよろしく】

【今夜から、学校の日常の中で咲夜を壊していくつもりだけれど…
 大丈夫?NGがあったらいってね】


567 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/16(日) 23:12:46 ID:HySEDI/2
>>566
【はい、改めてよろしくお願いします】
【問題ありません。もしもなにかあったら【】内で言いますね】

568 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/16(日) 23:16:24 ID:rUiZzoiw
【ふふ。ありがとう。
 咲夜が対応しにくいとか、思ったらすぐに言って】
【今日は、風子とのからみはなしにしておくわね?】
【少しこちらのレスに時間がかかると思うの】

【この前、設定に使った、乃依の特別授業の中で、咲夜に変態行為…というか、
今までのまじめな咲夜じゃない、変態マゾとしての言動を、みんなの前でさせてしまう。
咲夜を見る周りの目が一変する…】

【そんなシチュをしたい。良ければ、こちらから始めるわ。
 特別授業の最中からにする】

【そうだ、さっきも言ったけれど、今夜は1時になったらそこでプレイを終わらせてね?



569 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/16(日) 23:20:56 ID:HySEDI/2
【分かりました、大丈夫です】
【時間になったらすぐに終わらせるためにも、先に次の日どりを決めておきましょうか?】


570 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/16(日) 23:33:40 ID:rUiZzoiw
【そうね。といっても…やっぱり今週も平日は無理そうなの】
【次も日曜の22時か23時が最短になるわ】
【咲夜はどう?】

【じゃあ、はじめのレスを入れるわ】

「自我の発達というのは…」
(今日は、咲夜のクラスで乃依の特別授業が行われている)
(一応、高校生向けということになっているし、事前にプリントで予備知識も与えてある)
(脳科学というのは一応ブームでもあり、まじめな生徒には興味深いことを、きちんと話しているのだが)
(なにしろ、乃依の話し方がローテンションで単調なので、早くも船をこぎはじめるものも出はじめた午後の授業)
(突然、乃依はひとりの生徒の前に立って、問いかける)
「アナタはニンゲンかしら?」
「は?」
「答えて。アナタは自分のことをニンゲンだと思う?」
「…はあ、まあ」
「ん。曖昧ね?」
「じゃあ、自分がニンゲンだと思うヒト、手を挙げなさい」
(唐突に。乃依はそんなことを言う)
(生徒たちは、あまりに唐突な質問に戸惑う。そして、まだ眠っている者もいる)
(乃依は、そんななか、視線を一瞬だけ、咲夜に向けた)
(咲夜のチョーカーにつけられた骨伝導スピーカー。
 乃依が、誰にも聞こえないように「わかっているわね?」とつぶやけば)
(それは、咲夜だけにきちんと聞こえる)
(しかし、乃依はそれをしなかった)
(いつも皆に見せているヤル気のなさそうなテンションのまま)
(咲夜を含む、生徒たちを眺めている)
(それは、授業中ということをおもんばかって、普通に対応して良いと言っているのか、
それても、雪白咲夜なら、なにも改めて言う必要もないと思っているのか)

【こんな始まりで…】
【ここで咲夜を破滅させるつもりはないから、変態人形になりきる必要はないわ】
【咲夜の好きなように。こちらはそれに対応して、咲夜を洗脳していくからね】


571 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/16(日) 23:44:56 ID:HySEDI/2
(普通の生徒にとっては退屈な特別授業)
(咲夜もノーエの話す内容に造詣が深いわけではないが、それでも真面目にノートをとっている)
(いや、いた、というのが正確な表現だ。今もノートはとっているものの)
(何か命令が下されるかもしれない、という授業とは無関係の期待を抱きながら講義を聞いていて)

(そして、ノーエが唐突に生徒に質問をする)
(その質問内容を聞き取ると、一瞬手が止まり、心臓が跳ねる)
(続いて、チョーカーを通じて下される、確認の言葉)
(曖昧なその言葉を聞いて、ちらほらと上がり始める手に合わせて手をあげようとするが)
(途中で思い直したようにそれを止めると、手を上げることなくノートを取る姿勢に戻る)
(それはつまり、考えた上で、自分はニンゲンではないという、無言の意志表示)
(平然とした顔を装いながらも、僅かに濡れ始めた秘所を誤魔化すように太ももを擦り合わせて)
(ノーエの講義の続きを、待つ)



【すみません、22、23日の夜はどちらも難しくて……】
【また間が空いてしまいそうですけれど、その次はいつが空いていますか?】

572 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/16(日) 23:59:38 ID:rUiZzoiw
【当然、リアルの都合が優先よ】
【うーん、24日月曜は23時にこられるかも。ただ、また25時までになるけれど。
 あとは、また次の土日…29、30日は23時からできると思うわ】


(質問の意味を深読みしたのか、わからないのか…
 眠っている生徒以外にも、咲夜の他何人か生徒が、手を挙げなかった)
(乃依は、パラパラと上がる手をざっと見てから、もういいわ、と手を下させ)
「ん…このクラスは、自我が曖昧なコが多いのかしら」
(と、横目で咲夜を見ながら)
「自分が蝶になった夢でも見ている…とか?」
(眠っている生徒を指さして、珍しくジョークのようなことを言う乃依)
「みんな、きいたことがあると思うけれど…
 昔中国の思想家が…蝶になる夢を見て…自分は夢をみた蝶なのか、蝶になる夢を見たニンゲンなのか…」
「こんな風に、ヒトの認識というのは、自意識によって立っていて…」
(自我という話題で授業を進める乃依)
(そうして、プリントを生徒に読ませながら、生徒に背を向けて板書を始める)
んっふふ…

(誰にも聞こえない、乃依のつぶやく声。それが、咲夜にははっきりと聞こえてくるのだった)

「さて、自我があるということは同時に、ヒトには欲求があるということです」
「みんなも知っているでしょう?ニンゲンの3大欲求。本能から来るこの欲求は何でしょう」
「はい!食う、寝る、エッチです」
「そう、食欲睡眠欲性欲ねそして、ニンゲンは知能の発達によって、高度な欲求を持っていると言われています」
(男子生徒の軽口にも乃依は無反応で授業を進める)
(んっふ。変態マゾ洗脳人形の本能的な欲求ってなにかしらね?…ふふふ)
「ヒトは社会的に認められたい…という欲求を持つと言われています」
(欲求の階層について説明し…前触れ無く、乃依は咲夜の前に立つ)
「アナタはどう?ヒトに仲間だと、社会の構成員として、役立つニンゲンだと思われたいかしら?」
(そう、咲夜に問いかけた。まじめでお堅い生徒なら、当然はい、答えるものと、周りは思う)
(雪白咲夜、これまでの咲夜なら、こう答えるだろうと。乃依がそう考えたに違いない…
そういう視線が、咲夜に集まる)



573 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/17(月) 00:18:56 ID:W01UY7PD
(幸いに、というべきか)
(普段ならば真っ先に手を上げる咲夜が手を上げなかった事に気がつく生徒はおらず)
(ほっとしたような、残念なような感情を味わいながらも)
(ノーエの視線に気づき、はぁ、とひそやかな溜息を漏らして)

(耳の中に直接囁かれるようなノーエの声に)
(ついうっかりと返事をしてしまいそうになるのを堪えながら、手を動かす)
(彼女の声と書取に集中していたためか、自分の方にノーエが近寄ってくる事に気が付けず)
(上から投げかけられた声にふと仰ぎみれば、そこには支配者の姿があって)
(その位置関係と、急に話しかけられて空白になった思考は)
(変態洗脳マゾ人形として、自然な返事を即答する)
いいえ、そうは思いません。

……っ。
(その自分の声で、正気に戻る)
(時間にして半秒。周囲の視線に混じった感情を察しながらも、頭をフル回転させて)
(僅かに頬を紅潮させながらも、出来る限り不自然ではないように続ける)
他人にどう思われたいか、というのは自分の本質ではないと私は思います。
ですから……その、私は自分がどうありたいのか、の方を大切にしたいです。
(そう取り繕うと、目線を上げてノーエと視線を絡ませる)
(取り繕いながらも、今の言葉は嘘ではない)
(心から洗脳された咲夜の欲求は、ノーエに従うことなのだから)

【24日なら、私も大丈夫だと思います】
【それでは、ひとまずその日に待ち合わせにしましょうか?】

574 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/17(月) 00:34:24 ID:oRdy921r
【ええ。では次は、24日月曜日の23時にいつものように待ち合わせましょう】
【もしも、当日都合が悪くなったら、伝言するわね】


(皆の知る雪白咲夜らしくない…とも言える。ある意味で意外な回答)
(それはたしかに、ある意味で今までの咲夜らしい、とも言えるのだが)
(咲夜をよく知る女生徒がへえ…と驚きのつぶやきを漏らし、少し教室がざわめいた)

(咲夜の視線を平然と受け止める乃依)
(調教中ですら、あまり興奮が表情に出ない乃依のこと、周りにはいつもの無表情に見えているようで)

「ん…そう?
 周りからどう見られているかが気になる…
 あるいは、周りにこう見られたい、というのは、ヒトの自然な欲求なのよ」
「つまり、アナタには、社会の構成員になりたい、という欲求が薄い、ということかしら」
(仲の良い生徒だと認知されている咲夜に対して、乃依は衆目の中、厳しい一言で斬りつけた)

「まあ、突然こんな聞き方をされれば、欲求があってもそう言いづらいかもしれないわね」
(そう言って、振り向き、別の生徒に同じ質問をしていく)
(これは、まだ社会に出ていない高校生にする質問としては、あまり適切ではないこともあり
「自分が楽しければいいからー」とはっきり答える生徒もいる)
「こういう、社会的認知を求める欲求は、ヒトとして高度な欲求であり…
 人格の成熟とともに高まると言われています。みんなも社会に出れば考えが変わるかもしれないわね」

(くるり、と振り向いて)
ふふ…そう、そもそも、人形にそんな欲求はあり得ないのだけれど、ね
人形は玩具。玩具に社会的な地位などありようもないのだから…ふふ。
(乃依はそうつぶやいて聞かせ、咲夜の回答が正しいのだと、褒める)

 つまり、今日の授業は…マゾ人形には本来意味のないモノということよ。
 人形には自我も人格も社会的欲求もないのだから。
 よく聞いていなさい、mydool…オマエがどれほどヒトから離れて堕ちたか自覚するために。
 それが、この授業のオマエにとっての意味よ。

(つぶやきながら授業を進め)
(板書をしている途中で、ふいに、生徒を指名して。あんちょこを見せ、これを板書しなさい、と命じる乃依)
(えー、と声を上げるも、乃依が極度の面倒くさがりだと知っている生徒は従う)
(壁にもたれ、板書する生徒を見ながら…ふいに、こうつぶやいた)

  マゾ人形?椅子に直接ノーパンの尻を着けて座りなさい。周りに気付かれないように
   オマエの本能は、私の命令に従いたい、私の尻穴にキスして体液をすすりたい…
  洗脳されたい、の三つでしょう?きちんと覚えておきなさい…
  そして、人形の「社会的な欲求」は、変態マゾ人形として辱められ、惨めに堕ちていくこと…
 軽蔑され笑われ、慰みモノになること。
  実践なさい、my dool


575 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/17(月) 00:48:14 ID:W01UY7PD
……それは……。
(クラスメイトに見られている中、いつものテンションで告げられる言葉に)
(どう答えていいのか逡巡しているうちに、ノーエはさっさと移動してしまう)
(結局、投げかけられた質問は中途半端になったまま、再びノートを取る作業に戻るが)
(振り向いたノーエの呟きが耳に伝われば)
(顔を伏せたまま、僅かに口元がゆるみ、もう一度太ももを擦り合わせると、呟く)
はい……ありがとう、ございます……。
かしこまりました……ヨニ様……。

ん……ぁ……はい……。
(そう答えれば、既に完全に咲夜の頭の中はスイッチが入ってしまって)
(尻に敷いていたスカートをそっと捲りあげると、生尻を椅子にのせる)
(興奮からか、ひっきりなしに口元を舐めながら、さらなる辱めを待ち焦がれるように)
(虚ろになりかけた瞳を潤ませて)


【はい、よろしくお願いします】
【予定も決まりましたし、時間がなければ今日はここまでででしょうか】

576 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/17(月) 01:00:03 ID:oRdy921r
(命令に従い、破廉恥な格好で授業を受ける咲夜)
(瞳が潤み始め、すでにマゾ人形としてスイッチが入っているのが見て取れる)
(まだ、周りの生徒は咲夜の様子に気付いていないが…)
「教育というのは…みんなが受けている高等教育は特に、社会の要求する知識と人格を作り出すためにするのよ?」
「みんながどう思うかにはカンケイ無く…私の個人的な思想ともカンケイ無く」
(乃依は、自我の確立という内容に入ると、やや攻撃的な説明を始める)
(あまり感情は出さないが、内容が乃依の嗜好とは相容れない、ということは、
 咲夜にはよくわかる)
「ん…ヒトからどう見られているかが、あまり気にならない、雪白咲夜?」
(乃依的にはヒートアップした講義のなか、突然そう言い出す)
「これを板書しなさい。自分らしくね」
(乃依が嫌みのように辛辣な口調で命じる。
 あまりな言いように、教室内がざわめく)
(そのざわめきの中、乃依は素早くつぶやいた)

 笑いなさい。嬉しそうに。
 褒められたみたいな顔でいそいそと前に出なさい。
 もじもじとお尻を振っても良いわよ?
 マゾらしく…ね


【ありがとう。次回は、この続きから、で良いかしら】
【これから先はもう少しプレイらしくするつもり】

【今夜もお相手ありがとう。私は楽しんで咲夜を弄っているけれど…
 サクヤの方で希望とかあったらどんどん言ってね】
【私はこのレスを今夜の最後にしますね】
【お休みなさい】

577 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/17(月) 01:02:33 ID:W01UY7PD
【はい、わかりました。お疲れ様です、ヨニ様】
【私も楽しんでいますけれど、何かあれば言うようにしますね】
【お疲れさまでした、おやすみなさいませ】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

578 :名無しさん@ピンキー:2011/01/17(月) 01:11:25 ID:t9XyaFJ/
おつ

579 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/24(月) 23:08:37 ID:zEG55aYC
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

580 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/24(月) 23:09:13 ID:YR2DKv2s
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 

【改めて、今夜もよろしく】
【>576へのレスをお願いね】
【今夜は咲夜に、クラスメイトの前でレズマゾの正体を晒させる予定よ】
【ところで、今夜も25時過ぎには終わりたいの。良いかしら】

581 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/24(月) 23:11:43 ID:zEG55aYC
>>580
【はい、わかりました。今夜もよろしくお願いします。それでは、レスの準備をさせてもらいます】
【その……ヨニ様のご命令に従うことだけを考えて行動していいのですよね……?】
【時間の件は了解しました】

582 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/24(月) 23:16:40 ID:YR2DKv2s
>581
【ん?…ふふ。
 咲夜はどうしたいの?咲夜のしたいようにして良いのよ?】
【私、乃依がどんな支配者か、咲夜は良く知っているわね?】
【そして、ふふ…私は、咲夜の脳をどんな風に変えたかしら?
 それを思い出して、咲夜の気持ちに従いなさい】


583 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/24(月) 23:23:11 ID:zEG55aYC
>>576
(マゾ快楽にとろけきった脳に、僅かに違和感がよぎる)
(いつもとは違う、少しだけトーンの高い声)
(けれど、その違和感も、話される内容も、今の自分が感じている快楽の前には何の意味もなくて)
(ノートを写す格好だけで、手は動かなくなって久しく)
(そんな中、急に名指しをされれば、呆けたままの表情を上げて)
は……はい。
(口にした言葉に普段の覇気がない事を、何人が気付いただろうか)
(しかし、続けて下された命令はそんな気付かれるかどうか、といった些細なものではなく)
(確実に、以後の学校生活に影響を与えるもの)
(チラチラと生徒の視線が向けられる中、咲夜の表情はにっこり、というよりもさらに崩れた感じに歪み)
(立ち上がる中、スカートに隠れたものの、椅子に付着した愛液が一瞬糸を引いて)

わかりました、よ……ノーエ先生。
(ちろりと乾いた唇を舌で示すと、頬を赤らめながらいそいそと黒板へと向かう)
(どこかそわそわとしたような態度は、普段の背を伸ばした凛とした雰囲気は感じられず)
(それどころか、どこかくねるような腰つきは、艶めかしさを振りまいていて)
(そのままチョークを手に取ると、黒板へと向かっていく)


【はい、かしこまりました、ヨニ様……ご命令のままに……】

584 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/24(月) 23:35:23 ID:YR2DKv2s
【んっふ。いいこ。興奮するわ…】

(罵倒…とまではかなくても、今までの乃依からは想像できない、責める言葉。
 そして、それまでの咲夜からは信じられない反応)
(頬を染め、いそいそと黒板へ向かい、指示のままに板書を始める咲夜)
(教室が軽くざわめく。それはまだ、ちょっとした違和感)

(咲夜に板書させているのは、自立したニンゲンの尊厳について)
「ヒトは、成熟した社会で成長すれば成熟した自我を持つと言われています」
「そもそも、昔は同じニンゲンでも、権利を認められていないことがあったわけだし」
「さっきから説明している社会的に成熟した自我、というモノも、
成熟した社会があって初めて、皆が満たすことの出来るモノ」
「現代に生まれて良かったわね、みんなは」
(憮然とした感情を隠さず、それでも教科書的な説明を、乃依は続けている)

 ふふ、こうして私と出会えて良かったでしょ?サクヤ
 舌を出して笑いなさい。笑いながら板書。
 完全に正面を向いていないと、そのバカ顔をクラスメイトに見られるわよ?
 身体を正面に向けたまま、右に5歩移動。
 板書しながら、お尻をかきなさい。スカートをまくり上げて。
 その位置なら、教卓の影で皆には見えないから。
 スカートを完全にまくりなさい。
 普段の生活の中で、尻を丸出しにして。
 ヒトとしての尊厳を捨てた行動をとりなさい。mydoll

(授業中の教室で。スカートをまくり上げ、尻を丸出しにして、かけという。
少女には、いや、常識を持った人間にはあり得ない行動)
(ぎりぎり、気付かれない範囲で、という線は守っているものの)
(とうとう…というべきか。何も知らない友人たちの目の前で。
「変態マゾ人形」としての行動を、支配者は命令した)


585 :名無しさん@ピンキー:2011/01/24(月) 23:36:19 ID:C2WYXX7j


586 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/24(月) 23:36:46 ID:YR2DKv2s
【ところで…
 前回と同じように、次回の予定について相談しておきましょう】
【次回だけれど、こちらがあいているのは
 次の土曜か日曜(29日か30日)の23時から、
 その次だと…たぶん、2月2日の水曜日の23時から…都合がつくと思う】
【咲夜の予定を教えて?】

587 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/24(月) 23:51:21 ID:zEG55aYC
(背後の僅かなざわめきにも気付かないように、ノーエの声に合わせて手を動かす)
(元々聡明な少女ゆえ、自分が今書いている内容が、裏を返せば自分がいかに社会から外れた)
(人間以外の生物に貶められているのかをはっきりと理解できて)
(ノーエの命令が耳に入ると同時に、でろりと舌を垂らして、先ほどよりも目尻を緩ませ)
(あまつさえ、舌をれろれろと宙で振って見せれば、黒板に唾液の滴が飛んで)
は……。
……はい、ヨニ様。
(だらしなく開いた口から言葉を垂れ流そうとして)
(寸前に気付いて小さな呟きに変えたため、前の席に座っている生徒にもなんとか気付かれないまま)
(ゆっくりと横に五歩移動して、下半身が机に隠れたところで)
(黒板に書く手はそのままに、もう片方の腕を尻に擦りつけるようにして)
(スカートを下から捲り上げ、きゅっとしまった尻肉を丸出しにし)
(これまでの人生でしたこともないような、尻をかくという行為を遮蔽物があるとはいえ)
(命じられるままに人前で実行しながら、太ももに愛液を伝わせる)


【ありがとうございます、ヨニ様に興奮して頂けて、光栄です】
【はい、分かりました】
【それでは、29日の23時に待ち合わせでお願いできればと思います】

588 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/25(火) 00:12:37 ID:jqe/3SCw
【29日土曜の23時に待ち合わせスレね。了解】
【それじゃ、ここから咲夜を辱めるわよ?…きつかったり対応出来なかったら言ってね】

(教室の中が、低いつぶやきと吐息ににゆらめく)
(咲夜が板書している姿…それが、皆が知っている咲夜とは違う。
全くの別人といっても良いほど。それは、姿勢に現れていて)
(それまでの、凛としてまっすぐな姿勢ではなく、緩く、甘く。
 舌を出して空を舐める動きは、肩を、そして腰を緩くくねらせ、
 それがどこか艶めかしくて)
(清廉な少女咲夜の後ろ姿は全く面影もない。
 クラスメイトの前に背を向けているのは…
 どこか淫蕩な雰囲気をまとう女…メスだった)

(咲夜の手が尻に伸びると、空気の揺らぎははっきりとしたざわめきになった)
(手の先は見えなくても、肘の動きで尻をかいているのは想像できる)
(「おいおい…」という、驚きと幻滅に満ちた声が、教室を走る)
(咲夜の「あり得ない下品な行為」は、教室の皆に気付かれた)

「なあに?ユキシロサクヤ?アナタはお尻をかいているの?」
(狙い澄ましたように、乃依は声を張り上げる)

 答えないで。黙っていなさい
(つぶやきで、咲夜の反論も肯定も封じてしまう)

「なるほど、アナタは人目が気にならないようね。
 今時男子でも、そんなところでいまサクヤがしたようなことはしないでしょう?」
「人前でお尻をかくなんて!」

(教室の中が笑いに包まれる。しかし、その笑いは戸惑う笑い)
(咲夜のキャラクターは、このようないじり、いびりの対象になるような、
 そんなモノではなかった。教師さえ一目置くほどのマジメ少女だったのだ)
 
 まじめな顔に戻りなさい。出来るだけ、ね…
 (ささやきで命じてから)

「ユキシロサクヤ。正面を向いて立ちなさい」
「人前でお尻をかいた顔を、見てもらいなさい」

(皆の前で、つるし上げ。いびりである。まともな人間なら、怒り、惨めさに震える)
(だが、変態マゾ人形の反応は、どうだろうか。表情は、消すようにと命令しているが、脳波は今も測定され続けている。咲夜にプライバシーはない)

589 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/25(火) 00:13:21 ID:jqe/3SCw
【レスが遅くなっちゃってごめんなさい】

590 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/25(火) 00:23:19 ID:9SPHcYCw
(背後からのざわめきに気付いても、黒板を書く手も、尻をかく手も止まらない)
(もっとも、それは教卓の影に隠れている僅かな数歩分の間で)
(ノーエから声をかけられれば、ようやく両方の手を止めて)
(背後からの笑いを受ければ、表情はさらに崩れて、愛液が一筋垂れる)

……はい、ノーエ先生。
(辱めの言葉を受けたにも関わらず、従順に返事をして即座に振り向く)
(そこには、僅かに頬が紅潮しているものの、それ以外は『いつもの』雪白咲夜の顔)
(それは、今しがたのやり取りなどまるでなかったような不自然な反応)
(ただし、近づいてみれば唇の周りは拭われていない唾液でぬらついているのに気付いただろうが)
(しかし、ノーエの手元の脳波計は、明らかな欲情を示している)
(主の命令を忠実に実行することこそが快楽のマゾ人形にとっては)
(何もないように振る舞え、という命令ですら快楽であり)
(その命令を忠実に実行し続けることが、その快楽を得るための手段で)

591 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/25(火) 00:38:29 ID:jqe/3SCw
(咲夜を教壇に、教卓の後ろに立たせたまま、乃依は生徒たちに向かって語り始めた)
「みんな。私は、さっきから説明していることの中に、
 一つ言っていないことがあるのが気になっていた」
「私の専門は脳科学。その中でも、ヒトの精神のありようが専門」
「今まで説明していたようなことは、間違いではないけれど、正しくもない」
「つまり、自我の発達、個人の自立の有り様は、社会と個人の成熟だけで決まる…
 というのが、ウソなわけ」
「私は、研究でいろいろなニンゲンの精神の動きを調べている。
 その中でわかったことがある」
(視線を咲夜と、座った生徒たち、交互に動かしながら話し続ける)

「みんな、何となく気付いてはいたと思うけれども。
 そもそも自立したくない、という性向のニンゲンはいるわけ」
「それを未成熟だと、さっきは説明したわね。でももう一つ」
「社会に対して個人として立つのではなく、ヒトに依存して生きることを選択する。
 そう言うニンゲンもいるわけ。もっとはっきり言うと」
「支配されることを望む、という性向ね」
(ここで、乃依は身体の向きを咲夜にはっきりと向ける)
「奴隷状態の幸福、という言葉を聞いたことがある?
 これは、昔奴隷制度が社会的に認められていた時代に、
 奴隷は良い主人に管理されることが幸福だということを説明する理論なの」
「いまの社会はそんな幸福を認めないけれど、かつて認めていた時と場所はあった」
「そして、今でもその幸福を求めるニンゲンはいるのよ」
「そういうモノを、マゾヒスト、というわね」
(咲夜の顔を見つめながら、「マゾヒスト」とはっきり言う。
 心理学の講義なので、その言葉自体が出ることはおかしくはない)
(しかし、さっきから咲夜をつるし上げ、さらし者にしながら
 その言葉を置けば「雪白咲夜はマゾだ」と言っているようなもので)

「社会とどうかかわるかよりも支配者とどう関わるかのほうが重要
あるいは、支配者や、支配者の代わりとしての他者と自分のかかわり。
それがつまり、自分がどうあるか、ということ」
「マゾとしての自分が、いまどんな位置にいるか。それが気になる」
「自分が支配されているか、貶められているか」が大事。
そうでしょ?雪白咲夜!

(そう言って、咲夜に詰め寄る
 背後に回って、無造作に。
 後ろから回した手で、咲夜の乳房をつかみあげる)
(もしも咲夜がノーブラならば、そして乳首が勃起していたなら。
 ブラウスの下から、はっきりと突き上げるそれが見えるように)

 …肯定なさいmydoll

 (つぶやきで、命じた。
 背筋の伸びた凛としたまじめな少女「雪白咲夜」の破滅を)

 肯定しながら、スカートのホックを外しなさい。
 アクメしても良いけれど、表情は変えてはダメよ?

592 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/25(火) 00:51:29 ID:9SPHcYCw
(立たされたままで、生徒たちの視線を受けながら、ぼんやりと思う)
(今日で、自分は本当の意味で人間を捨てることになる)
(その認識は僅かな喪失感と、それをはるかに上回る快楽を脳に呼び起こして)
(そんな感覚に浸りながら、ノーエの言葉を――自分を破滅させるはずの言葉を聞く)

(そして、主人と生徒に見つめられながら、決定的な言葉を突き付けられ)
(背後から胸を掴まれれば、制服の布地越しにぷっくりと勃起した乳首が浮かび上がり)
(自らのはしたない劣情が、衆目に晒されるのを感じて)
あぁ……はい……その通りです、ノーエせんせぇ……。
(甘い語尾になりながらも、表情はほんの僅かに緩んだだけ)
(僅かにノーエによりかかるように体を預けながらも)

はい、わかりました……。
(小さくつぶやくと、ためらいなくスカートのホックに手を伸ばし、一動作で外す)
(ストン、とスカートが床に落ちれば、濡れそぼった秘所が露わになって)

593 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/25(火) 01:06:49 ID:jqe/3SCw
(この瞬間から、雪白咲夜という生徒に対する認識は、新しいモノになった)
(まじめな優等生から、レズマゾの変態へと)

(ひとりの女生徒をコミュニティの中で破滅させた校医は、そんな事実はなかったかのように平然とした態度で講義を続ける)
(…平然とした態度で、咲夜の首に手を回して、手で顎を持ち上げている。
 咲夜の顔を、あごをつかんで正面、斜め上に向け続けている)
(首につけたチョーカーを、衆目に晒すかのように)
(そうして、視線をチョーカーをつけた首に集めている、その咲夜の下半身は、
 教卓のかげで、スカートをおとした、素裸になっている)

(そのままの格好で。つまり、咲夜の性器をむき出しにさせたままで、乃依は講義を続けた)
「…歴史的に見ても、このこ、サクヤのような性向はけして忌避されるモノではなくて」
「こういう子もいる、くらいに思っていて良いのよ。このタイプは自分から犯罪を犯したりはしないし」
「ヒトの性癖は、他社の迷惑にならない限り認め合うべきモノだし」
「…だから、ここでカミングアウトしたサクヤをみんな受け入れてあげなさい」
(自分で暴き出し、見せつけておきながら、命令口調で取りなす乃依)
(生徒たちは、乾いた笑い声を上げて、それをあっさりと受け入れたかのようにふるまった)
(あまりに異常な展開に対して、受け入れる、というよりもスルーすることを選んだかのようでもあり、何らかの暗示を受けているかのようでもあった)

「…ん。それじゃあ、口止め料として、みんなにあと少しだけ、サービスしましょうか、サクヤ」
(授業中とは思えない台詞に。生徒たちの一部が拍手までして迎合する)
「マゾヒストというものが、どういう反応をするのか、実験して見せてあげるわ。
 これはあくまで実験。サクヤも、みんなも、その点をきちんと理解しなさい?」
(そんな風に、ことさらに言ってから)
「雪白咲夜。四つん這いになって、私のサンダルにキスしなさい」
 …素早くスカートを履いてからよ。サクヤ。
 それから、アクメ顔をみんなに悟られてはダメよ?
(最後の一線は、まだ崩さない。そのことを命令で示してはいるものの)
(マゾヒストならではの決定的な行為を、衆目の中で晒すよう、命令した)

594 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/25(火) 01:19:56 ID:9SPHcYCw
(講義の声が、耳元から入り込む)
(抱きかかえられるようにして、下半身をむき出しにしながら)
(顎を掴まれて、所有物である証をクラスメイト全員に見られる)
(もちろん、口に出さなくても、マゾ人形の自分が誰のものなのか、この状況を見れば明らかで)
(つまり、今この状態は、主人に所有されている奴隷であると公開されているのだ)
(現実とは思えないこの状況に羞恥と快楽で頭は真っ白になって)
(視線を彷徨わせたまま、唇の端から涎が一筋垂れる)

はい……ノーエせんせい……。
ノーエ先生のサンダルに……キス、します……。
(辛うじてヨニ様、と口走らないことが、唯一引かれた境界線なのか)
(それすらもはっきりしないままに、クラスメイトの反応が鈍い事にも思い至れず)
(命じられるままに、さりげなく屈んでスカートを拾いホックを止めなおすと)
(そのままの流れで床に手をつき、ノーエの足元に顔を寄せる)
(その表情には、嫌悪や抵抗の感情は皆無で、喜んで従っているのが全員にはっきりと伝わって)
(サンダルから漂う匂いを鼻を鳴らして吸い込みながら)
(尻を高く上げて、背後から見れば誘惑するように軽く振りながら)
(顔全体を擦りつけるように、べったりと唇を貼りつかせる)

595 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/25(火) 01:22:38 ID:jqe/3SCw
【…ん。今夜は、ここまでにさせて…
 楽しくて時間を超過しちゃった。
 ふふ。今夜はとっても興奮したわ】
【私は、女の子を破滅させるのが大好きだから。ふふふ】
【咲夜も楽しんでくれたのなら、嬉しいけれど】

【それじゃあ、今夜の私のレスはここまでにするわね】
【次は土曜日に。お相手ありがとう】
【お休みなさい】

596 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/25(火) 01:28:06 ID:9SPHcYCw
>>595
【はい、わかりました。今夜もありがとうございます】
【ヨニ様に楽しんで頂けるのが、洗脳マゾ人形の喜びです】
【お疲れさまでした。また土曜日にお待ちしています。おやすみなさい】

【スレをお返しします。ありがとうございました】

597 :名無しさん@ピンキー:2011/01/25(火) 01:38:32 ID:x1V32Umq


598 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/30(日) 23:07:13 ID:LlSs7jT7
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

599 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/30(日) 23:14:30 ID:fnQ45cxw
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 

【改めて、今夜もよろしくね】
【からだに負担をかけないように…いきましょう】

【それでね。打ち合わせというのは続きのというか、
 これからのことなのだけれど】
【私は咲夜の日常を壊したいと思っているの】

【咲夜のトモダチから、虐められる…というか、マゾ人形として扱われる。
 もちろん、私が咲夜を洗脳して。
 洗脳された「みたいな感じの」今までのトモダチと、昼食時もマゾ人形として扱われる】
【そういうプレイをしてみたい。トモダチは私がロールするわ】
【こういう形の調教はどうかな?というのが一つ】

【それから、直前のプレイの続きだけれど】
【このあと、咲夜にクラスメイトにマゾ宣言をさせたい】

【そのあと、上に書いた昼食へ…と思っていたのだけれど、
 今夜はシーンを変えたりして進めるよりも、授業を続けてしまおうかな?とも考えたの】

【どう?咲夜の考えや希望を聞かせて欲しい】

600 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/30(日) 23:21:19 ID:LlSs7jT7
>>599
【ありがとうございます、よろしくお願いします】

【クラスメイトからマゾ人形として扱われるのは構いません】
【ただ、あくまでもノーエさんに弄ってもらうのを中心にしたプレイにして頂けたら、と思います】
【もちろん、今回はクラスメイトからの責め?が中心で結構です】
【ただ、今後もずっとそういう傾向というのは避けて頂けると嬉しいです】

【マゾ宣言はもちろん大丈夫です】
【授業を続けるのも平気ですけれど、私はシーンが変わっても平気、です】
【ノーエさんのやり易い方で進めて頂ければと思います】

601 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/30(日) 23:27:55 ID:fnQ45cxw
>600
【了解よ。ありがとう】
【わかったわ、じゃあ、流れに任せてシーンを切り替えることにする】
【私、乃依が咲夜を洗脳したり、虐めたり、嬲ったり…というのが中心というコトね】
【ソレをクラスメイトに見せたりするのは、問題ない。でOK?】

【それじゃあ、続けて、この前の続きのレスを入れるわ】

602 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/30(日) 23:29:06 ID:fnQ45cxw
(いまは授業中で、ここは教室。クラスメートが男女とも全員見ている、教壇の上)
(その前で、白衣にサンダルのインド系女校医に命令され。
 嬉しそうにその足下に四つん這いになって)
(礼儀正しくしっかりしていると誰もが認めて「いた」雪白咲夜は…
 美しいロングの黒髪を床に垂らし、女校医のサンダルから漂う匂いを、
 くんくん…と鼻を鳴らして吸い込みながら) 
(教卓の影で、皆にはよく見えないものの、尻を高く上げて、
 きっと、喜ぶメス犬がしっぽを振るように尻を振っているに違いない…という肩の動きを見せて) 
(顔全体を擦りつけるように、べったりと。サンダルに。乃依の足に唇を貼りつかせた)

「みんな、ごらんなさい。これがマゾヒストよ」

(乃依はいつも通り、淡々と、講義の口調で…クラス全員に
 雪白咲夜がマゾヒストだと。支配されることに歓びを感じる存在だと、認識させた)
「うぉぉぉ…!!」
(ひくいどよめき。男子も女子も、この光景に見入っている)
(這いつくばって女校医の足にキスする咲夜を、見ている)
(後ろの席の生徒は立ち上がって、咲夜の顔を見る。男子だけでなく女子も)
(男子の誰かが拍手を始め、それは、教室の半分弱にまで広がって)
「んっふふ…なに?拍手なんかして。アンコール?」
(「先生!マゾヒストの生態もっと教えて欲しいです!」
 男子生徒たちが、口笛と拍手を強める)
「ん…このこのことを、今後も今まで通り、差別も虐めもなしでクラスメイトとして受け入れると約束できる?」
「サクヤの性癖は、社会生活に支障のないものだし、それほど異常ではないし、悪いことでもないの。理解を示せるわね?」
(そう、乃依が確認すると、クラス全員が拍手で答えた)
「ん…わかった。良かったわねサクヤ」
(そんなことを、淡々と言う。
 いままでの雪白咲夜という人格が、この場で決定的に、完全に、否定された。
 それを良いことと受け止めろと告げたのだ)
(鳴り止まない拍手を手を振って止めさせると、下を向いて)

「サクヤ。そこまで。立ちなさい。クラスの皆に、マゾヒストの顔を見てもらいなさい」

(テンションは全く変わらない。
 しかし、もはや支配者の口調を隠さず、咲夜にそう命令した)

603 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/30(日) 23:47:47 ID:LlSs7jT7
(赤く紅潮させた頬は、快楽と羞恥の入り混じったもの)
(周囲から一斉に聞こえる歓声じみた声と拍手は、明らかに教室に異常な空気を作り)
(その中心にいる咲夜の頭を加熱し、蕩かしていく)
(押しあてた唇からは舌がはみ出し、ノーエの足の甲をねろねろと這いまわって)
(瞳は半ば上向き、忘我の境地を漂っていることがノーエの位置からははっきりと視認できる)
(そうして、淫猥なキスにふけりながら、周りの声を聞き)
(自分がクラスメイトに満場一致でマゾ奴隷として受け入れた事を知る)
(その事実による喪失感と、それを遥かに上回る快楽は、雪白咲夜という人格をこの世から抹消させていく)

はぁい……ありがとうございまふ、ヨニ様……♪
ろうか……マゾヒストのサクヤの顔、みてくらはい……♪
(舌をだらしなくハミ出させて、呂律の回らない口調と共に教卓の影から現れたその顔は)
(AV女優ですら見せる事のないと思われるほど、みっともなく白目を剥いたアヘ顔で)
(涎と涙と鼻水を垂らしながらも、醜い笑顔に歪んでいた)


【はい、それで問題ありません】
【あらためて、今夜もよろしくお願いします】

604 :名無しさん@ピンキー:2011/01/31(月) 00:04:10 ID:vZQzU1BK
 【こちらこそありがとう。
 シーンが変わったあとの、さっき言った調教は、乃依がその場にいないものになるけれど、そのあとはまた、元に戻るっていう感じね】
【そんな風に進めるわ。よろしくね。途中でも問題があったら言って。
 あと、今夜は特に、体調が悪くなったらすぐに言って、そこで凍結にしましょうね】

(「マゾヒストの顔を見せろ」そう言う命令で、立ち上がった咲夜が晒した顔は)
(あり得ない程みっともなく、白目を剥いたアヘ顔)
(「うわぁ…」と、男子生徒からもどよめきが起こる)
(息をのむ音、興奮に荒くなる息。そんな、学校の授業中にはあり得ないもので教室が満ちる)
(「すげぇな」「あれ?ニンゲン?」揶揄する声、蔑む声が低く、咲夜には聞こえないように、というレベルでささやかれる)
(咲夜の姿は、制服をきちんと着て、ただ立っているだけ。
 それなのに、あまりにも隠微で、淫らな姿)
(教室の空気がエロティックなものに染まっていく。
 それは咲夜の姿に引っ張られているのか)
「ほら!もっとしゃんとしなさい!」
(乃依は、咲夜の尻をぱんっ、と音を立てて、叩いた)
(体罰。しかも特に必要もない、無意味な体罰だ)
(だが、支配者がマゾ人形を叩くことは、全く違う意味を持つ)
(乃依は、自分と咲夜の関係を、この場ではSMの主従だと示している)
「サクヤ、まっすぐに皆の方を見なさい。
 今まで本当の自分を隠していたことを、皆にわびなさい。
 そして、自分の正体…本当は雪白咲夜がなんなのか、それを告白して、
 これからはそれをクラスの皆の前では隠さないと誓いなさい」

…ん…「私の変態マゾ人形」だと告白なさい、mydool
 サクヤはレズの変態マゾ人形。
 女に支配されることで感じる真性の変態ですと、言いなさい。

(つぶやきで、洗脳のことは言わないようにと命令する。
 それはつまり、咲夜が本当に…「ただの」本物の変態だと。
 今までの自分が偽物だったと、洗脳されて堕ちた今の咲夜が咲夜の真の姿だと、
 自らの言葉として、クラスメイト全員に宣言しろと言う、命令)

【そうだ。
 今夜も次回のことを書いておくわね】
【わたしは、今週は平日だと2日の水曜23時、その次は土日どちらかの23時ならこられると思う】

605 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/31(月) 00:27:21 ID:Vj1Mqa9d
(一見制服を着た、なんの変哲もない立ち姿)
(しかし、よく見れば制服には垂れた涎の染みがいくつも目立ち)
(布を押し上げる胸の先端はよく見れば勃起した乳首が薄く見えていて)
(皺になったスカートの下は、下着もなく、秘所からは愛液がだらだらと垂らされている)
(何よりも、その表情は通常ではありえない快楽に浸りきっているのが丸わかりで)
(クラスメイトの反応は至極当然のものだった)

んひぃっ♪
ひゃ、ひゃいっ♪
もうしわけありません、ヨニ様……。
(尻を叩かれた瞬間に上がるのは嬌声)
(僅かに驚いたような響きも含まれているものの、音高く鳴るほど強く叩かれる行為が)
(彼女にとって違う意味を持っているのは、誰が見ても明らかだった)

はいぃっ。
かしこまりました、ヨニ様ぁ……。
みなさん、もうしわけありませんれしたぁ♪
わたしは……ユキシロサクヤは、ヨニ様の忠実な変態レズマゾ人形なんです♪
ヨニ様にぃ……女の人に支配される事で感じる、真性のド変態なんです♪
これまで隠していて申し訳ありませんでしたぁ。
これからは、皆様の前で隠し事はしない事を誓います♪
(陶然としたうつろな瞳で、涎をだらだらと垂らしながら)
(嬉々とした表情で自らの性癖を命じられた通りに告白していく)
(それは、主人の前だけでなく、クラスメイトの前でも人間をやめるという宣言)


【はい、わかりました】
【水曜は問題ありません。週末は少し怪しいですけれど……】
【とりあえず、水曜の23時に伝言版で待ち合わせできればと思います】

606 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/31(月) 00:54:24 ID:vZQzU1BK
(拍手が起こる)
(咲夜の変態宣言に対するクラスメイトの反応は拍手だった)
(男子も女子も皆顔を赤らめ、はっきりと性的な興奮を示している生徒たち)
(雪白咲夜は、男子生徒にとって、凛として清楚な、やや近寄りがたい美少女から、見て興奮する性欲の対象に変わった。レズなので手は出せないが、これからは間近で、ライブ進行するAV、あるいはエロゲーのヒロインのようなものになる)
(女子生徒にとっては、まじめな友人、クラスメイトから、見下すべき変態へと)
(軽蔑のまなざしで射る女子も、玩具を見るような嗜虐的な視線も、どちらも混じっている)
(乃依の言ったとおり、今後も咲夜への態度は表面上変わらないだろうが。
 全員、咲夜を見る目はヒトを見るものではなくなる)

「ん…まあ、良くできたわ、サクヤ」
(ひたひた、と咲夜の頬を軽く叩いて、犬や馬を褒めるようにあやす乃依)
「そのまま、そこに立っていなさい、サクヤ」
(咲夜をさらし者にしたまま、授業の続きを始めてしまう)
(といっても、咲夜が黒板に書いた部分の説明を、改めて数分した、というだけだが)
(その間、「マゾヒスト雪白咲夜」は、生徒全員の視線に晒され続けた)
「…さあ、講義はここまで。今日は小テストをします」
「咲夜、板書を全部消しなさい」
(下僕である咲夜を、当然のように手足として使い黒板の文字や図を消させる乃依)
「…ん…ほら。もっと早くなさい」
(予定調和。お約束。教室の期待に応えるかのように。
 乃依は咲夜の尻を叩いて、せかす)
「ん。じゃあ、テストを配りなさい」
(自分では動かず、咲夜に働かせる乃依)
(小テストのプリントを全員に配るためには、つまり全員のそばに行かなくてはならない。
ノーブラのブラウスも、よだれを垂らす口元も。もしかしたら、スカートの間からたれる愛液も、すべて間近で見られる、ということだ)

【ん。じゃあ、水曜の23時に待ち合わせスレでね】
【レスが遅れてしまってごめんなさい】
【時間もきたし、凍結にしましょうか】

607 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/01/31(月) 00:57:36 ID:Vj1Mqa9d
【はい、分かりました。今夜もありがとうございます、ヨニ様】
【とんでもありません。こちらこそ、ご迷惑をおかけしました】
【それでは、水曜の23時に伝言版でお待ちしています。おやすみなさいませ】

【スレをお返しします。ありがとうございました】

608 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/01/31(月) 00:59:34 ID:vZQzU1BK
【こちらこそ、お相手ありがとう】
【ええ、また水曜に会いましょう】
【からだをいたわってね。お休みなさい】
【こちらもこれでおちます】
【スレをお借りしました】

609 :名無しさん@ピンキー:2011/02/01(火) 23:17:21 ID:PdOzp4PJ
明日か

610 :名無しさん@ピンキー:2011/02/04(金) 13:23:03 ID:7g2qnJgi
武藤

611 :名無しさん@ピンキー:2011/02/06(日) 17:07:39 ID:RlPhYbEr
今夜か

612 :名無しさん@ピンキー:2011/02/06(日) 20:52:20 ID:RlPhYbEr
来るか

613 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/06(日) 23:05:55 ID:rXp604Pk
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

614 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/06(日) 23:07:42 ID:vf5rdDKI
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【改めてよろしくね】
【今夜は、まず
 この前の>606の続きのレスをお願いして良いかしら】
【そのあとは、打ち合わせのとおり、クラスメイトの前で人形になるプレイで良い?】
【良ければ、前の時に言ったとおり、昼休みに時間を飛ばして場面を変えるわ】

615 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/06(日) 23:24:30 ID:rXp604Pk
>>606
あはぁっ……♪
ありがとうございましゅ、ヨニ様……みなさんも……ありがとうございます……♪
はひ、かしこまりまひら……♪
(蕩けきった表情で、拍手と愛撫に礼を述べると)
(口の端から垂れる涎を拭う事もしないまま、緩んだ表情を晒し続ける)
(先ほどまでの狂乱じみた痴態は流石に収まったものの)
(それでも、紅潮した頬は数十の視線に晒されながら快楽を得ているとはっきりと分かって)

はい、ヨニ様……かしこまりました。
んぅぅっ♪
はぁい……もうしわけありません……♪
(命じられるままに黒板を消し始めてすぐに尻を叩かれれば、高く音が鳴るが)
(苦悶の表情などはみじんも見せずに、手の動きだけを早くしていって)

わかりました……プリントを、みなさんにお配りします……。
はい、どうぞ……はい、どうぞ……。
(とろんとした目つきのまま、プリントを配りながらクラスメイトの間を歩いていく)
(間近で見れば、その瞳は虚ろで唇は唾液で艶めかしくぬらつき)
(スカートから伸びた脚は、膝もとまで愛液の筋が光っているのが確認できる)


【はい、分かりました。今夜もよろしくお願いします】

616 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/06(日) 23:42:32 ID:vf5rdDKI
【クラスメイトの名前はこちらでつけてみたわ。ひねりがないのは勘弁してね?】
(プリントを配りながらクラスメイトの間を歩いていく咲夜) 
(間近で見れば、その瞳はとろりと蕩けたように虚ろで、口元はよだれで光り) 
(足下に目をやれば、スカートから膝もとまで、きらりと濡れ光る筋が見える)
(完全な、アクメあとの痴態。それを同年代の男女に間近で見られながら…
 見られるために、ひとりひとりの前を通った)
(クラスメイトは、あるものは笑い、あるものは怒り、あるいは侮蔑の表情を浮かべていたが)
(全員が例外なく顔を紅潮させていた。男子の中にははっきりと欲情をあらわにして、咲夜の胸と股間を凝視していた)
(そして、誰ひとりとして咲夜に声をかけなかった。乃依との約束は守られた)
(そのまま、小テストが行われ、その後の特別授業は何事もなく終わった)
(ただし、授業が終わるまで、咲夜の姿は乱れたまま。身体を拭いたり、身なりを直すことは許可されなかった)

(そして、昼休み)
(咲夜の友人たちは、咲夜に対する態度を全く変えなかった)
(「あんなこと」のあとだというのに、昨日までの咲夜に対するものと全く同じ)
(その変わらなさは、むしろ不自然なほどだが、友人たちの態度は、本当に自然だった)
(いつものように、当たり前のように、咲夜を誘って屋上で昼食をとる)
 やや姉御系のアサコ、体格も性格も幼い元気っ子のマヒル、おとなしいユウ。
(普段通りの何気ない会話。いつも通りの昼食が、始まる…ように思えたが)
(アサコの携帯にメール着信があり、アサコはそれを見ると、不自然な微笑みを浮かべる。爆笑をこらえてでもいるのか…何かを押さえた笑い)
(咲夜がそれに対してリアクションを取るよりも早く。
 首のチョーカー…首輪から、咲夜にだけ聞こえる声)

 …サクヤ。いま昼食を取るところね。いつものトモダチと一緒かしら。
 いい?トモダチが言うことにはすべて従いなさい。
 トモダチが何か「命令」したら、喜んで服従すること。
 理解したなら、声を出しなさい。私に聞こえるように。
 いやらしい声なら、何でも良いわ。

(小声でもチョーカーのマイクは拾うから、友人たちに聞こえることはないかもしれない)
(でも、聞こえるかもしれない。今は後ろを向いているアサコがいつ咲夜の方を見るかもわからない)
(乃依は、そんなことは無視して命令に従えと、人形に求めていた)

617 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/07(月) 00:01:24 ID:bPdeanVv
ええ、わかりました……。
(自然な、前と変わらないクラスメイトの態度)
(その不自然なまでの自然さは、クラスメイトの態度の変化を予想)
(あるいは期待していた咲夜にとっては戸惑いを感じるもので)
(奴隷として答えるべきなのか、以前と変わらぬ友人として話すべきなのか)
(それすらも判然としないまま、どこか曖昧な心持で誘いに答えて)
(屋上に到着してから、いつもよりも言葉少なにお弁当を広げていく)


どう…………。
(メールの着信音。それを見たアサコの笑みを見て、尋ねようとした言葉は)
(チョーカーから伝達された命令によって中断される)
(そして、その指示を最後まで聞くと、小声で周囲をはばかることもなく)
(同席していた友人にも聞こえる声量で、ねっとりと甘えるような声を出す)
はい、ヨニ様。
私は、命令には喜んで服従します……。


【はい、ありがとうございます。ヨニ様】

618 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/07(月) 00:10:51 ID:OjEKk14O
(咲夜のなかに、支配者の声が響いている、その間に、アサコはその携帯をマヒルとユウにも見せている。咲夜に背を向け、まるで咲夜から文面を隠すかのように)
(メールを読んだ二人も、アサコと同じ、押さえた笑い顔になっている)

(咲夜が声をあげると、3人が咲夜の方を振り返る)
(咲夜の声が聞こえたのは間違いない)
(3人は顔を寄せ合って、くすくすと笑う)
(咲夜から見える友人たちの表情は、ちょっと楽しげな、ちょっといたずらっぽい、ごく普通の笑顔)
(不自然な程自然な笑い顔の友人たちが、咲夜を見ている)

(そんな中、咲夜の声を確認した乃依の声が、続けて咲夜の中に響く)

 これから、サクヤの脳にパルスを送るわ。
 まず、サクヤは、発情する。発情してその淫乱なビッチまんこを濡らす。
 そして…トモダチに「変態」「マゾ」「ビッチ」「人形」と言われる度に…
 もちろん、レズマゾビッチのサクヤはいやらしく感じるけれど、ソレと同時にね。
 とても、誇らしい気分になるわ。
 トモダチに「変態」っていわれると、褒められた気分になる。
 サクヤにとって、トモダチにそう言われることは…そうね?
 昔のサクヤが「剣道が凄く強い」とか「凄く礼儀正しくててマジメ」とか
 「すごく美人」とか。
 そういう、ちょっと褒めすぎな感じで褒められる言葉を聞いた気分になる。
 トモダチの前で、レズマゾ人形としてふるまうことは…
 上級者を差し置いて、剣道の型の模範演技をして見せるみたいに。
 凄く光栄で誇らしいことをしている。
 そういうふうに、サクヤの脳は反応するようになるわ。

 理解した?mydool…
 理解したら、私にメールしなさい。
 キーワードを打ち込んで。そうすればサクヤはアクメして、
 脳が私の言ったとおりに書き換わる。

(昼食時。目の前の3人の友人たちがいる。
 3人ともくすくすと楽しそうに笑いながら、咲夜を見ている。
 そんな状態であるとわかっているのか、いないのか…
 いずれにしても。乃依は咲夜に新たな人格破壊洗脳を実行するよう命令した)

 …do it  my dool

619 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/07(月) 00:30:05 ID:H22xlKH0
(自分に向き直り、くすくすと笑い声をあげる友人達)
(その笑顔を見て、人形に変わり果てたはずの背筋に一瞬戦慄にも似た冷たい感覚が走る)
(それが、主人の底知れぬ力を感じ取ったのか、それとも理解のできぬ状況に感じたものなのか)
(それとも、それ以外の感情なのかまでは、判断できるほどの思考能力は残っていなくて)

(そんな残り少ない理性を消し去るべく、チョーカーからさらに淫猥な命令が流し込まれていく)
(言葉の意味が脳に浸透していくだけで、唇がぽかんと開いていく)
(さらなる洗脳マゾ人形に落とされる喜びを想像して、眉尻がだらしなく友人の前で下がっていくと)
はい……ご命令を理解しました……。
メールします……メールして、ヨニ様のお命令通りの脳みそに変わります……♪

(せわしげに携帯を取り出すと、たどたどしい手つきでキーワードを打ち込み)
(友人たちの笑みを前に、自分もだらしなく微笑みながら、送信ボタンを押す)
(そして、数秒後)
んあっ、んひぃぃぃっ……♪
あ……えへ……ぇぁあぁ……♪
(洗脳パルスを受信して、洗脳アクメをビクビクと身体を震わせて貪れば)
(脱力して、ぺたんと座りこんだまま、虚ろな視線を前の三人に向けて彷徨わせて)

620 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/07(月) 00:40:43 ID:OjEKk14O
(咲夜が携帯でメールしている間)
(咲夜がその直後、アクメしている間)
(3人とも、何の動きも見せず、くすくす笑いながら、咲夜を見ていた)
「うわっ♪」「おー♪」「まあ…♪」
(忘我の笑いを浮かべる咲夜と、3人の親愛の微笑みが絡まり合う)
(メールしてアクメするという、異常な行動を見ているというのに
 なにかほほえましいものでも見ているかのような微笑みのまま)
(咲夜のアクメがおさまりかける頃、友人たち3人の携帯が同時になる。
 素早く確認した少女たちは、瞬間「にまぁ」という、濁った笑い顔になり)
(咲夜に向き直った時には、全く自然な笑顔。自然であることが不自然なほどに)
「咲夜、今まで無理させてて、ゴメンね」
「これからは、アタシたちの前では無理しなくて良いんだよっ」
「咲夜さんの自然な姿に戻って、本当の顔を見せて下さって良いんですよ?」
「咲夜は、さ。人形なんでしょ?マゾ人形」
「女の子に支配されると感じちゃうレズマゾなんだよね」
(3人とも口々に優しげな言葉を咲夜にかける)
(さっきの咲夜の、人形としての異常な発言にも、立った今見せた、突然の絶頂にも)
(一言も触れず、無かったことのように、笑いあいながら)

(ユウが、ポーチを取り出すと、ふたを開ける。ふたの裏に鏡のついたポーチは、
 咲夜が乃依から与えられたものとはデザインが異なっているものの…
 ユウは、ふたを開けたまま、鏡の面を咲夜に向けてポーチを置いた)
(そして、優しげな声で)
「うふふ…変態人形の咲夜さん?どうぞ…」
「そこに。四つん這いになりなよ。みっともなく座ってないでさ。
 それじゃニンゲンみたいだよ?」
「あはは!サクヤ!お座り!」
(友人たちは、優しげに、楽しそうに笑ったまま、咲夜に「犬になれ」と命じた)

621 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/07(月) 00:57:59 ID:H22xlKH0
(3度目のメールの着信)
(それを見る友人たちの態度)
(快楽と洗脳で呆けた脳みそでも、彼女らに指示を送っているのが誰なのかは、察しが付く)
(それはとりもなおさず、目の前の三人も、自分にとっての主人である、という事)
(そして、それを裏付けるように、三人それぞれが口々に自分に言葉の愛撫を始める)
いいえ……はい……ありがとうございます……。
そうです……私はマゾ人形です。
女の子に支配されると感じる、レズマゾなんです……。
(かけられる言葉によって沸き起こるのは、甘い官能と)
(剣道をやっていた時にはよく感じていた、密かな誇らしい気持ち)
(笑みは深くなりながらも、どこか胸を張るようにして返事をしていき)

はい……ありがとうございます。
わかりました……それでは、失礼します……。
これで、いいですかぁ……♪
(向けられた鏡は、自分の恥ずかしい姿を映し出すためのもの)
(それを理解して、移りが良くなるように若干位置をずらすと)
(股ぐらと顔をはっきりと映るようにして、膝を立ててしゃがみ)
(代わりに両手を股の間について、犬そのものののポーズをとる)
(両手の間から覗く秘所は、くぱくぱと開閉して、尻たぶから床へと愛液の糸を垂らしていって)


622 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/07(月) 01:08:06 ID:OjEKk14O
「うっわ!」「ひゃー♪見えてる!」「ヌレヌレですよ?咲夜さん?」
「凄いね!ホントにニンゲンじゃないんだなぁ♪こんなんで発情しちゃってさあ」
「うふふ、可愛いですわ。メス犬咲夜さん?」
「変態人形らしい顔だよ。凄くヤラシい」
(3人は小さく拍手し、笑い、次々と蔑みの言葉を咲夜に投げつける)
(変えられた咲夜の脳には、賞賛のことばの雨に感じられる、そして愛撫のように心地よい、それは侮蔑)
「あはは!次はちんちんだよっ♪ほら♪
 そこでお回りして、またちんちんするのっ!あはは…」
(マヒルは咲夜に犬の芸をさせようとしている)
(その間に、アサコの携帯にまた着信)
「マヒル!あんまり遊んでるとお昼食べる時間がなくなっちゃうよ」
「そうですよ。咲夜さんにもお昼を食べていただかないと」
「そうそう、咲夜、アンタもせっかく本当の自分に戻ったんだから、
ニンゲンみたいに食べる必要ないからね♪」
(そう言って、アサコは咲夜の弁当箱を取り上げる)
「ほら♪、そこに、それ広げて」
(そう言って咲夜の前に放ったのは咲夜の弁当箱を包んでいた布)
「そこにこれ…ひっくり返してアゲルからさ」
「まあ♪犬みたいに直接食べるんですね?マゾの咲夜さんらしいです」
「おおー!それいいね!」
(3人は笑いあいながら、咲夜に弁当の犬食いをさせようとしている)
(虐めとしても、あり得ないような命令。
 だが、SMプレイだと考えればさほど珍しくもない。
 友人たちとの昼食が、その場になるのは異常も異常だが…
 それが、咲夜の支配者、乃依の望みなのは明かだった)
(咲夜の日常もまた、乃依の玩具であり、いまはそれを破壊して玩んでいるのだ)
「ほら!メス犬!早くゴハンおねだりしなさい!」

623 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/07(月) 01:22:45 ID:H22xlKH0
【うう、すみません、中途なのですけれど、今日はちょっと眠気がきてしまいました】
【今日はここまでで凍結してもらえないでしょうか?】

624 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/07(月) 01:25:53 ID:OjEKk14O
【了解。
 次はいつにする?】
【私は最短だと10日の木曜。
 その次はまた週末ね、たぶん日曜。時間は23時から】
【咲夜はどう?】

625 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/07(月) 01:30:12 ID:H22xlKH0
【すみません、ありがとうございます】
【来週は週末は難しそうなので、木曜の23時に待ち合わせでお願いできますか?】

626 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/07(月) 01:31:46 ID:OjEKk14O
【ん。それじゃ木曜の23時に待ち合わせスレでね】
【今夜も遅くまでお相手ありがとう。お休みなさい】

627 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/07(月) 01:32:37 ID:H22xlKH0
【はい、お疲れさまでした、ヨニ様。遅くまでありがとうございます】
【また木曜の23時にお待ちしています。おやすみなさい】

【スレをお返しします。ありがとうございました】

628 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/07(月) 01:34:10 ID:OjEKk14O
【こちらもおちます】
【スレをお借りしました】

629 :名無しさん@ピンキー:2011/02/07(月) 01:41:33 ID:zp0gfVAX


630 :名無しさん@ピンキー:2011/02/09(水) 16:28:04 ID:TH0FUmks


631 :名無しさん@ピンキー:2011/02/10(木) 16:33:08 ID:4akkG5SM
今夜か

632 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/10(木) 23:04:33 ID:g6Ei/WNb
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

633 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/10(木) 23:08:39 ID:SnRGH8Om
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【改めてよろしくね】
【今夜は、お昼ごはんのあと、
 医務室で咲夜と風子とでレズプレイさせて。
 風子の洗脳を完成したいの。
 私と、トモダチの3人が見ている前でね】
【そういう流れでいいかしら】
【ほかに、咲夜と風子の間で、とか、友達との間でも、したいことがあったら教えて?】

634 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/10(木) 23:10:48 ID:SnRGH8Om
【あ、昼食のあとは時間を飛ばして放課後にするわね。
 医務室洗脳は、だから場面転換して、放課後にということ】

635 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/10(木) 23:15:38 ID:g6Ei/WNb
【こちらこそよろしくお願いします】
【はい、分かりました。ただ、ちょっと明日の朝早くて、1時前位までで今日は凍結させて頂けないでしょうか】
【もしかしたら、医務室に移って少し進んだくらいで終わってしまうかも知れませんけれど】
【そうですね……あまり浅木さんとはレズっぽい事はしていなかったので、洗脳以外にもそういう事をした方が変態的かもしれません】

636 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/10(木) 23:19:05 ID:SnRGH8Om
【25時までね。了解】
【ええ。洗脳中の風子咲夜のレズショーはこの次かもね】
【時間になったら凍結しましょう】
【それじゃあ、>622の続きのレスをお願いね】

637 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/10(木) 23:24:34 ID:g6Ei/WNb
>>622
んんぅっ……はい……はいっ……!
ありがとうございます……その通りです……。
私は、牝犬の、変態人形です……!
(言葉が投げかけられるたびに、腰が震え、秘裂から新しい愛液が湧き出てくる)
(犬のポーズをしながらも伸びた背筋は、犬である事を誇っているようで)
(だらしない表情と、妙にしっかりとした姿勢はより滑稽さを際立たせる)

はい、わかりましたぁ……こうですか?
それでぇ……お回りの後に、もう一度、ですね……♪
(慣れ親しんだポーズをとると、自然に腰が前後にカクカクと揺らされて)
(友人がそれを鑑賞したのを確かめると、その場でのたのたと小さく手をついて回り)
(もう一度、小首を傾げながらチンチンのポーズをとる)

え……ぁ……。
は……はいぃ……♪
わかりました……これでよろしいですか……♪
(一瞬、渡されたものの意味が分からずにきょとんとしてしまうが)
(すぐに命じられたものの意味を察すると、とろんと目を蕩けさせて)
(いそいそと床に布を敷くと、チンチンのポーズをとり、笑顔でおねだりを始める)
おねがいします……どうか、牝犬のサクヤに、ごはんを……餌を与えてください……♪
そのお弁当の中身……餌箱に出して、食べる許可をください……♪


【あらためて、よろしくお願いします】

638 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/10(木) 23:36:30 ID:SnRGH8Om
【こちらこそ】

(誇らしげに、そして楽しそうに)
(犬りのちんちんポーズを取り、床に広げた布の上に、「エサ」をだして欲しいとおねだりする咲夜)
(3人の少女たちは、そんな恥知らずな友人に、無邪気な微笑みを向けている)
「あはは、かわいい!」
「いいこだよ!咲夜」
「うふふ、みっともないポーズですよ、咲夜さん」

(マヒルが、童女のような天真爛漫な笑い顔で、咲夜の弁当箱を持ち、
布の上で、それを、弁当箱をがひっくり返す)
(布の上に、ばらばらとぶちまけられる、お弁当)

「メス犬にふさわしい、エサになりましたね?」
「いい?食べる前に、アタシたちひとりひとりに。
 アサコさま、マヒルさま、ユウさま、メス犬咲夜にエサをいただき、ありがとうございますって言ってから食べるんだよ?」

「それじゃっ!はーい!」
(マヒルが手を叩く。犬のお預けを解く仕草で)

【次回のことについて書いておくわね】
【私は、明日からの連休中も、土曜か日曜の23時から大丈夫だけれど、
 咲夜が難しいのだったわよね】
【来週の平日は、わたしは全部ダメだと思う。だからその次は日曜の20日23時ね】
【咲夜の予定も教えて?】

639 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/10(木) 23:49:59 ID:g6Ei/WNb
あはぁ……っ!
嬉しいです……みっともないって褒めてくれて、ありがとうございます……♪
(既に、常人とは完全に異次元の感性に改造されてしまった脳の命じるままに)
(友人たちの投げかける言葉に嬉々として応えて)

はい、おっしゃるとおりです……。
牝犬のサクヤにふさわしい、餌になりましたぁ……ぁぁ……早く、餌食べたいです……♪
(もはや、栄養補給としての食事は目的ではなく)
(ただ、餌をたべるという行為を待ち切れずに、犬そのものののように涎を垂らして)

かしこまりまひたぁ♪
アサコさま、マヒル様、ユウさま……牝犬サクヤに餌をくださって、ありがとうございます♪
どうか、私の食べているところでお楽しみください……んむ、ほむ、ぐぅぅっ♪
(手が叩かれると同時にそう宣言すると、一瞬も躊躇わずに布の上の餌に顔をつっこみ)
(涎の染みを布につけながら、ガツガツと、食べ物の欠片を撒き散らして犬食いをしていく)
(そこには上品さどころか、人間性の欠片すらも感じられなくて)


【はい、すみません……私は逆に平日は都合がついたかも知れないのですけれど】
【それでは、20日の23時に待ち合わせできればと思います】
【もしかしたら、万が一20日の帰りも遅くなるかもしれません】
【その時は、改めて伝言版でご連絡させて頂きますね】

640 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/11(金) 00:02:24 ID:SnRGH8Om
(親しい友人を目の前で犬にして、這いつくばらせて直食いさせながら)
(3人も食事を再開する)
(人間性を捨て去り、まさにケダモノのようにえさを食べる咲夜を目の前にして)
(テレビのこと、ファッションのこと、ごく普通の会話をしながら)
(時折、咲夜にも「あれ見た?」などと話を振る。その態度は本当に今まで通り)
(あり得ない程に、普通で自然な態度だった)
(ただ、ファッションの話題では)
「咲夜なら…ニンゲンのふりした咲夜ならすっごく似合うと思うよ、コレ」
「そうですね、こういう服ならきっと、可愛くて、でもちょっとりりしい感じになって。
 前の偽物の咲夜さんが引きたちます」
(アサコが持ってきた雑誌を広げて、咲夜に「似合う」ファッションの話題で盛り上がる)
「マゾ人形に戻った時もギャップがすっごく良いよ!堕ちたーって感じでさ」
「今度見に行こうよ!試着だけでも」
「試着室でさ!ちんちんポーズで写メしない?」
「あはは!」「まあ♪」
「どう?咲夜?」
(咲夜がマゾ人形だということを前提として、咲夜を貶めて楽しむ友人たちになる)
(普通と異常のつなぎ目はなくて、自然にマゾメス犬の友人としてふるまっていた)

【了解よ。それじゃあ、20日の23時ね】

641 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/11(金) 00:10:21 ID:fLXrAkWc
んむっ、くちゅ、んくっ……はい、見ました……。
(友人たちの前で牝人形として振る舞う事による羞恥心)
(そして、まるで自分の存在が当然のように――人間以下の存在として扱われる感覚)
(顔中に米粒やソースを付着させながら、自然と尻を左右に振り)
(犬としての食事に没頭しながらも、時折かけられる質問にたどたどしく答えて)

あぁ……そう思います……もぐっ……。
人間のふりをした、偽物の私には、お似合いかもしれません……。
それに、その服だと……股を広げたら、丸見えになりそうです……♪
あはっ……是非、お願いします……チンチンポーズで試着室での撮影……♪
(そうやって会話を進めていくうちに、友人よりも遅れてなんとか食事を片づけていって)

642 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/11(金) 00:21:57 ID:nog9ad3Z
「ごちそうさまー!おいしかった!」
「咲夜!ごちそうさまを言う時もちんちんだよ!」
「わたくし達にご挨拶して下さいね?マゾメス犬として」
「明日からも、お昼の時間は咲夜のリラックスタイムだよ?
 アタシたちが協力するから、素のマゾ人形咲夜に戻って、惨め−な姿をアタシたちに見せてね!」
(口々に「そうだよ!」「そうですわ」と笑いかける友人達)
(こうして、咲夜の昼食タイムは「メス犬」として過ごす時間になった…)


(午後の授業時間は、何事もなく過ぎる。
 教師は当然、クラスメートも、咲夜がマゾ人形であることなど無かったかのように)
(優等生、雪白咲夜として扱われた)
(そして…終業のチャイムとともに、チョーカーから乃依の声が再び届く)

 サクヤ?授業が終わったなら、私の医務室に来なさい。
 トモダチも一緒に来るけれど、そのことは気にする必要はない。
 医務室の前に立ったら。廊下で全裸になってから、入ってきなさい。
 理解したわね? my dool?
 命令を実行なさい。

(友人達が乃依の「影響下」にあるのはもはや明かではあったが)
(この命令は、普通の人間からすれば狂気の沙汰としか思えない、
 そんな行為を実行せよというモノだった)
(3人の友人達は、それぞれに携帯を見つめ、受け取ったメールを確認すると)
(肯きあい、教室の扉のところに集まると、咲夜の方を見て、微笑んだ)
(咲夜を待っている。移動すれば、彼女たちもついてくる。
 そういう意図をもった行動だった)

【場面転換…ね】
【ちよっと強引になったけれど】

643 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/11(金) 00:47:14 ID:fLXrAkWc
はい、かしこまりました。
アサコ様、マヒル様、ユウ様……マゾ牝犬のサクヤに餌をくださり、ありがとうございました。
とてもおいしかったです、ごちそうさまでした……♪
(口の周りに付着したものを拭おうともせずに、命じられればすぐにポーズをとり)
(友人達とは別種のいやらしい笑みを浮かべながら、挨拶を返して)
はい、ありがとうございます……これからも、昼食は私のみじめな姿をたっぷり見てください……♪
(友人たちの提案する、新たなライフスタイルを受け入れていく)

(授業の間は、何事もなかったように時間が過ぎる)
(昼前の授業の喧騒はなかったかのように、クラスメイトも、サクヤ自身も過ごして)

はい……かしこまりました、ヨニ様……。
はい、気にしません……分かりました……廊下で全裸になり、入ります……。
はい……ヨニ様のマゾ人形は、命令を実行します……。
(チョーカーからの指令が届けば、一瞬で瞳が虚ろに変わり)
(下される命令を復唱すると、友人たちに視線を一瞬向けてから)
(何事もないかのように鞄を持って、保健室へと向かう)

(保健室の前まで来ると、ぴたりと立ち止まり)
(友人たちの視線を受けながら、鞄をいったん置くと)
(全く躊躇うことなく襟元のボタンに指をかけて外していき)
(上着、ブラウス、スカートを脱ぎ捨てれば、その下には下着は存在せず)
(以前よりもむっちりとした淫猥な気配を漂わせ始めた肉体を曝け出し)
(そのまま、ノックをして入室する)
失礼します、ヨニ様……命令を実行いたしました……。

644 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/11(金) 00:55:43 ID:nog9ad3Z
(チョーカーによって与えられる命令で、一瞬にして支配者のマゾ人形と化す咲夜)
(3人が、そんな咲夜に声をかけることもなく、普通にあとをついてくる)
(咲夜が医務室の扉の前に立つ直前、3人は素早く動いて、近くの廊下にに誰もいないことを確認していた)
(咲夜が服を脱ぎはじめれば、3人は咲夜を取り囲み、一応ではあるが、人目からガートする)
(何の打ち合わせもないのに、一糸乱れぬ動き)

(咲夜が何のためらいもなく服を脱ぎ始めると、だれかが、くすくす…と楽しそうに笑う。
 誰も、驚く様子はないが、皆、目をみはって咲夜を見つめ、笑い声や口笛を浴びせて、廊下ストリップをはやし立てた)

(そうして、医務室の中に入れば)
(寝椅子の上には、洗脳装置であるヘッドバンドを着けた風子が横たわっている)
(乃依はデスクの前に、腕を組んで立つ)

ん。来たわね、my dool
四つん這いで来なさい。
私のサンダルにキスして、オマエがなんなのか、はっきりと声に出して言いなさい。

(それは、「本当の正体」を宣言せよという命令。
 クラスメートがいるまえで、「洗脳マゾ人形」だと宣言する。
 …そしてアクメするようにと)
(普段通りの無表情で、咲夜に肉声での命令を、与えた)

【時間的に、ここまでかしらね。
 続きは10日後…ね。
 風子との洗脳レズプレイ、楽しみにしているわ】

645 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/11(金) 01:02:54 ID:fLXrAkWc
【はい、お疲れさまでした】
【今夜もありがとうございました。また20日にお会いするのを楽しみにしています】
【おやすみなさいませ、ヨニ様】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

646 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/11(金) 01:05:01 ID:nog9ad3Z
【こちらこそ、今夜もお相手ありがとう】
【お休みなさい、寒くなるそうだし、身体をいたわってね】
【こちらもおちます。スレをお借りしました】

647 :名無しさん@ピンキー:2011/02/11(金) 01:54:23 ID:0AQToRUC
オワタ

648 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/20(日) 23:33:58.35 ID:euSJLCDY
【ノーエさんと一緒にスレをお借りします】

649 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/20(日) 23:39:12.40 ID:Lc9eVXhF
【雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax とスレをお借りします】 
【改めてよろしくね】
【リアルが忙しくなる時期だし。
わたしは気にしてないからそちらも気にしないでね】
【>644の続きから始めましょう。レスをお願い】
【これから咲夜と風子をビッチドール1号2号として完成させるつもりよ】
【今夜も25時過ぎが目標かしらね】

650 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/20(日) 23:43:30.46 ID:euSJLCDY
>>649
【分かりました、お気づかいありがとうございます】
【それでは、今から準備をしてきます、少しお待ちください】

651 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/20(日) 23:46:04.78 ID:Lc9eVXhF
【了解。急がなくて良いからじっくりレスをちょうだい。まっているわ】


652 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/21(月) 00:00:44.93 ID:tLMuoPXI
>>644
あは……ん……♪
(露出のマゾ性癖が植えこまれた今のサクヤにとっては、廊下で脱ぐ事それ自体が快楽)
(例え人の壁があっても、クラスメイト自身に見られる事に変わりはない)
(それどころか、自分と同じ存在に裸を見られていると思えば、じっとりと愛液をにじませて)
(はやし立てるような声に、僅かに身体を揺らし、服を落とす仕草も扇情的になって)

はい、ただいま到着いたしました……。
はい……かしこまりました、ヨニ様……。
(短く下される命令に、背後のクラスメイトなど気にも留めないように)
(すぐさま犬のようにべたりと床に手をつけ、尻を上げると)
(舌を垂らし、上目遣いで自らの主人を見上げながら一歩一歩尻を振りつつ這い寄ると)
(足元で頭を下げて、べっとりと唇をつけて、宣言する)
私は……雪白咲夜はヨニ様の洗脳マゾ人形です……んひっ♪
んほおおおぉぉぉぉぁぁぁぁぁっ♪
(四つん這いのポーズのまま、腰をぶるぶるっと震わせると)
(自らの脳を犯す洗脳アクメを味わいながら、ぴゅっと潮を噴いて床を汚していく)


【あらためてよろしくおねがいします、ヨニ様】

653 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/21(月) 00:21:12.17 ID:YCaGLhxc
「わお!洗脳マゾ人形だって!」
「ただのマゾ奴隷じゃなかったんだね」
「すごいですね、洗脳でドマゾの人形になっちゃうなんて」
「洗脳人形だもん、もう自分の意志とか無いんだよね」
「命令されれば何でもしちゃうんだ!」
「ほんとうに、人間では無くなってしまったんですね、うふふ…」
(自然に。洗脳人形として行動し、洗脳マゾアクメ姿を「友人」たちに晒す咲夜)
(そんな咲夜をはやし立て、嘲笑を浴びせる3人の「友人」たち。
 彼女達も、もはや明らかにかつての女子高生ではなく、乃依によって価値観を
 ねじ曲げられた被洗脳者だ)
(3人は咲夜が脱ぎ捨てた制服を拾って入室し、鍵をかけて医務室を洗脳調教の場とし、その一部となった)

ん…サクヤ。トモダチの前で本当の正体を宣言しちゃったわね。
どう?何か感じる?恥ずかしさで洗脳マゾアクメがもっと良くなった?
それとも、私の命令に従った歓び以外は感じない?
…ふふ…いずれにしても、これからのサクヤの働き次第で、
後者になるように変えてアゲル。
ずっと軽くアクメした状態で、私に関すること以外では何も感じない人形。
私の命令と、それに従うこと。それから私のからだや私のからだからでたものに触れること。それがすべて。それ以外何もない、本当の意味での洗脳マゾ人形。
ビッチドールサクヤに。

サクヤ。ポーズして、トモダチの方を見なさい。
そして、今の自分のことを説明しなさい。
自分の本当の正体。そして、これが自分がどうなるのか。どうなりたいのか。
(身をかがめて、咲夜の頭を軽く撫でると言うよりこづく。やや荒っぽい愛撫)
(そして、洗脳されている、日常世界の友人達に、自分が洗脳されて人形になったことを説明する。という行為に意味はない。これは、乃依の人形遊び。
それを実行せよと、咲夜は命令されている)

654 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/21(月) 00:47:33.95 ID:tLMuoPXI
んぁ……ふぅ、ん……♪
(背後からの声を浴びれば、牝の本能からか)
(それとも、主の前でより恥ずかしい姿を晒したいというマゾ性癖からか)
(フリフリとより大きく左右に尻を振って見せて)

はい……ご主人様の命令を実行して、恥ずかしい姿を見てもらえて気持ちいいです……。
ご命令を実行して……洗脳マゾアクメするの、最高です……。
はい……ありがとうございます……。
どうか、洗脳マゾ人形のサクヤを、支配してください……。
洗脳されて、命令を実行し、ヨニ様の身体に触れる……。
それだけを思考し、実行する人形に変えてください……。
(ノーエの言葉に劣情を煽られたのか、言葉を発する度に瞳は完全に濁り)
(だらしなく開いた唇からは、ボタボタと涎が垂れていって)

はぁい♪
(命令を受ければ、まさしく犬のように歓喜の声を上げて)
(振り返ると、股を広げて、くぱくぱと愛液を漏らしながら開閉する秘所を見せながら)
(手を胸のところで丸めて構える、チンチンのポーズをして、舌を一層だらんとはみださせる)
私は、ヨニ様の洗脳マゾ人形です……。
洗脳マシンで洗脳して頂き、頭の奥まで支配された、変態レズマゾ人形です……。
これからも毎日たっぷりと洗脳してもらい……たくさん恥ずかしい命令を実行して……。
ヨニ様の完全なる洗脳マゾビッチドールにして頂きたいです……。
どうぞ……ヨニ様の忠実な人形で、末永くお楽しみください……♪

655 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/21(月) 01:01:04.89 ID:YCaGLhxc
(3人の「友人」は咲夜が四つん這いで尻を振る姿に頬を染めて笑いあう。
異常な、淫らな姿の友人を見て、楽しそうにはしゃいでいる)
(そして、乃依の命令通り股ぐらをひらいて、愛液をたらしながら
洗脳を求め、堕ちきることを望む咲夜に、拍手を送った)

「あははははは!すごい!すごいよサクヤ!」
「うひぁー!変態こえちゃってるよ!洗脳マゾアクメって!」
「洗脳マゾ人形…最低ですね♪」

(乃依は、はやし立てる3人に手を振って黙らせる。
 3人と乃依の間に会話はない。「友人」たちはある意味自動人形のように、
 乃依の意志に沿って動いているようだった)

ん。それじゃあ、サクヤに働いてもらうわ。
(頭に手を乗せ、ペットを褒めるようにして、頭上から指示をしていく)
サクヤ。フウコを見なさい。洗脳の準備はもう出来ている。
あとは、サクヤがフウコをアクメさせるだけ。
サクヤは、私の人形として。
フウコに自分がどうなるのか理解させた上で、洗脳アクメを与える。
それが洗脳マゾ人形サクヤの任務よ。
トモダチの前で、いやらしく。洗脳レズ責めショーをして見せなさい。

(風子は、寝椅子の上に拘束されていた。
 全裸に剥かれ、頭には洗脳装置のヘッドバンド。
 四肢は大の字に、手も股も広げられて、金属のフレームと革のベルトに繋がれている)
(まるで、邪悪な組織に捕まり、洗脳装置にかけられているかのように)
(こんな舞台装置にも意味はない。風子はすでに洗脳によって咲夜のようになりたい、という気持ちでいっぱいになり、それ以外のコトは考えられない)
(咲夜がなにをしても逆らうどころか、自ら求めてくるだけ)
(それでも、あえて咲夜に友人を堕とすという行為をさせる。
 それも、まるで咲夜自身がオナニーのときに想像したもののように状況をセットして。
 淫らな行為で洗脳する役を咲夜自身に担わせた)

【時間と体力はどう?大丈夫なら、これにレスをちょうだい】
【それでも、今夜はそこまでかしらね】

656 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/21(月) 01:06:53.19 ID:YCaGLhxc
【前のレスで書き漏らしたけれど】
【風子をアクメさせるとそれがスイッチになって咲夜もアクメするようにプログラムするわ】
【その洗脳アクメで咲夜と風子に「ビッチドールモード」をあげたいの】

フウコがアクメしたら。サクヤもアクメする。
そのアクメでサクヤとフウコは、ビッチドールになるわ。

「サクヤとフウコちゃんの洗脳レズショー!」
「ばっちりビデオに撮ってあげるからね!ガンばって!」
「うふふふ、完全に意志も感情も支配されきった人形に堕ちるところをを
 見せてくださいね?サクヤ」

【こんな感じで】

657 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/21(月) 01:19:25.95 ID:tLMuoPXI
>>656
【ビッチドールと言うのは、竹刀に欲情する時のような状態でいいのでしょうか?】
【それとも、どうなるかはアクメしてからヨニ様に入力してもらうのがいいでしょうか?】

658 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/21(月) 01:24:32.13 ID:tLMuoPXI
【それともう一つ、これはすぐにイカせてしまっていいのでしょうか?】

659 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/21(月) 01:24:37.06 ID:YCaGLhxc
【ん。ごめんなさい。
 ビッチドールというのは、>655に書いたずっと軽くアクメしている状態。
 完全人形化、の一歩手前くらいの状態をイメージしていたの】

【説明が足りなくてごめんなさいね。
 今夜はここまでにしない?
 次回、仕切り直してレズショーの部分をプレイしましょう】

660 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/21(月) 01:26:59.40 ID:YCaGLhxc
【最初は手と身体だけで。
 すぐにイかせてしまってもいいわ】
【いったんイかせて、そのあとでもう一度、竹刀を使って風子をせめさせるつもり】

661 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/21(月) 01:29:10.53 ID:tLMuoPXI
>>659
【うう、理解が足りずにすみませんでした……】
【分かりました。途中までは書いていたのですけれど、ひとまずおいておくことにします】
【次回はいつがご都合がいいでしょうか?】

662 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/21(月) 01:32:07.74 ID:YCaGLhxc
【いいえ。こちらの説明が足りないせいだから。
 謝るのは私の方。ごめんなさいね】
【今週は明日と言うか今日月曜日、それと金土日は23時からこられそう。
 咲夜の方は?】

663 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/21(月) 01:37:45.09 ID:tLMuoPXI
【すみません、月曜日は時間がとれなくて……】
【金曜日の23時に待ち合わせでお願いできますか?】

664 :乃依(ノーエ)・スール・ヨーニ  ◆XwK1h5doD2 :2011/02/21(月) 01:41:40.53 ID:YCaGLhxc
【了解。それじゃあ金曜日の23時に待ち合わせスレでね】
【意志をほとんど無くしたアクメドール咲夜を楽しみにしても良いかしら?】
【今日は忙しいのにお相手ありがとう。楽しかったわ】
【身体に気をつけてね。
 お休みなさい。これでおちます】
【スレをお借りしました】

665 :雪白咲夜 ◆rTuAwRw2T3Ax :2011/02/21(月) 01:48:25.27 ID:tLMuoPXI
>>664
【はい、よろしくお願いします】
【どうか、ヨニ様の意思のみで動く、忠実なアクメドールに洗脳してください】
【こちらこそ、お待たせして申し訳ありませんでした】
【おやすみなさい、また金曜を楽しみにしています】

【スレをお返しします。ありがとうございました】

sz=0
470 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)