2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Hなダンジョンを探検 地下13階【秘密の扉】

1 :名無しさん@ピンキー:2008/11/22(土) 23:06:19 ID:b2vRFTU8
ここはライトなファンタジー世界のダンジョンを舞台としたロールを楽しむスレです。

とある大陸のとある王国のとある山奥に隠されたダンジョン。
その中では、侵入してきた女冒険者がモンスターに返り討ちにあい犯されたり、
女モンスターが冒険者に犯されたり犯したり、冒険者同士やモンスター同士が愛を育んだりしていた――

ダンジョン内の決まりごと
・ダンジョンに潜る前にテンプレートを作成しよう(受け待ち側)
・待っている方に絡むときは、テンプレートに沿ってプレイしましょう。
・キャラハンは♀キャラのみ可能です。♂キャラハンのスレ常駐は禁止されています(毎回、プレイシチュごとに捨てハン使用となります)。
・特定の♀キャラハン相手の設定継続しての関係(奴隷、恋人化等)は禁止されています(実質、♂キャラハンと同様になるからです)。
 毎回シチュごとに独立させる。一期一会。
・ハードSMや死亡、調教プレイなどの結果、キャラ状況を変えたくない場合、最後にリセットをして、開始時の状況に戻す事ができます(パラレル化)

前スレ、参加者のテンプレート等は>>2以降を参照してください。

2 :名無しさん@ピンキー:2008/11/22(土) 23:08:48 ID:b2vRFTU8
参加テンプレート

冒険者サイド(女性キャラのみ登録可能)

【名前】
【種族/職業】人間の場合、種族名は省いて構いません。
【年齢】
【容姿・サイズ】
【髪型】
【服装】
【希望シチュエーション】
【NGプレイ】
【備考】

モンスターサイド(女モンスターのみ登録可能)
【名前】
【外見】
【能力】
【希望シチュエーション】
【NGプレイ】
【備考】

前スレ
Hなダンジョンを探検 地下12階【魔物の巣】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1226682787/l50

過去スレ
Hなダンジョンを探検 地下11階【ループ回廊】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1221033800/l50
Hなダンジョンを探検 地下10階【地下牢】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1215526566/
Hなダンジョンを探検 地下9階【宝物庫】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1210168040/l50
Hなダンジョンを探検 地下8階【魔法陣】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1189171677/l50
Hなダンジョンを探検 地下7階【ワープ床】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1165683132/
Hなダンジョンを探検 地下6階【スライム】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1149418574/
Hなダンジョンを探検 地下5階【回転床】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1141213213/
Hなダンジョンを探検 地下4階【落とし穴】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1135179091
Hなダンジョンを探検 地下3階【ダークゾーン】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1128519818
Hなダンジョンを探検 地下2階【トラップ発見】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1126362457
Hなダンジョンを探検 地下1階
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1125311915

Adventure's Inn 第二夜
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1162500232/

宿屋との共用避難所です。既にロールが始まっている場合などにご利用下さい。
Adventure's Inn 避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/5556/1165075075/

待機中の方は、こちらにも書いておくとモンスター/冒険者との遭遇率が高くなるかも。
【お相手】待機したらageるスレ その6【募集中】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1212985854/

3 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/22(土) 23:10:55 ID:b2vRFTU8
【前スレが、14レスで落ちてしまいましたので…】
【最後に使用したのが私でしたので、立てさせていただきましたっ…】


4 :名無しさん@ピンキー:2008/11/22(土) 23:12:45 ID:eYVELOoq
>>3
【乙です〜】

5 :名無しさん@ピンキー:2008/11/22(土) 23:30:30 ID:RRQ2diH9
>>3
乙〜即死回避

6 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/11/23(日) 00:30:36 ID:OhYJXap4
エリス様、乙ですわ。

【名前】ジャスティン
【種族/職業】人間/女騎士
【年齢】18歳
【容姿・サイズ】褐色の肌で背が高く、筋肉質ながらグラマラス。
【髪型】まっすぐな黒髪を肩のあたりで切り揃えている。
【服装】チュニックにズボン、男物の鎧兜。武器はそれなりに。
【希望シチュエーション】ダンジョンの主的な魔物に無惨に犯され、性奴として飼われる。
征伐に失敗した揚げ句、など。
【NGプレイ】切断、骨折、ハードスカ等
【備考】教会の寄宿舎で教育を受け、そのまま見習い修道女となるが、司教様の言い付けで、新しく創設された女騎士となる。
信仰心が篤く、真面目である。処女。




7 :ラグド ◆JxHllS0kVc :2008/11/23(日) 00:33:34 ID:kuj8468D
>>3
乙、そして久しぶりだね、エリス。
また機会があればよろしく頼むよ。

8 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/11/23(日) 00:34:28 ID:OhYJXap4
【このまま待機いたします】
【魔物討伐、あるいは学術調査(?)でダンジョンを訪れた形でしょうか】

9 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/11/23(日) 00:45:45 ID:OhYJXap4
【てゆーか用事orzのため、落ちます】
【ごきげんよう】

10 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/24(月) 16:36:00 ID:n1JZXZty
>>7
ラグド様、お久しぶりです♪
(なんだか一週間使われてなかっただけで落ちてしまったりしてるので…
 たまにはごあいさつだけの書き込みしてもいいですよね…)
ぜひ、またいつかよろしくお願いします…///
してることはエッチなロールだけど…ここ(ダンジョンスレ)は
あったかい人が多くて大好きです…いつまでも、ここで
遊べたらいいな…

>>6 
ジャスティンさんも、ご挨拶いただきありがとうございます…
同じ教会騎士ながらいろいろと出来の悪いエリスですがw
今後ともよろしくお願いいたします…。

11 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/24(月) 16:37:15 ID:n1JZXZty
【あっと、ごめんなさい…待機ではありませんので、これで落ちますっ…】

12 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/11/25(火) 23:03:14 ID:Y7WCoJTy
【スレを借りるぜ…】
エリスは11時と言っていたが、大丈夫なのかね…
まぁ、土曜は間に合わなかった俺が言うのもなんだが。

ちとお邪魔させて貰うぜ?

13 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/25(火) 23:16:33 ID:UjtV68s1
【ベルクルスさんとの凍結解除に使います】

いまきましたっ…送れちゃってごめんなさい!
今日はエリスからですね…
書き溜めてなかったんで、ちょっとだけ待ってください…
ホントごめんなさい…;

14 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/25(火) 23:17:56 ID:UjtV68s1
【ああもうなんかぼけてる…ごめんねベルクルスさん】

送れちゃって>遅れちゃって

15 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/11/25(火) 23:21:56 ID:Y7WCoJTy
おう、待ってたぜ。
まぁあんまり気にすんなよ。
ただ平日なんで、あんまし長くは付き合えねぇんだ、すまない。
良くて1時前が精一杯なんだよ。
悪いなぁ…

16 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/25(火) 23:50:24 ID:UjtV68s1
あっ、あ!や、…っ やあ、あ…だめ、えっ…!!
く、ああああっ! お、お前なんか、の、奴隷に…されっ…ひ、あああああっ!!
やっ、だめ、えっ…両方いっぺんに…そんなに、したらっ…はう、ううっ!!
(エリスの、中の…お尻と、大事なところのあいだの壁…っ、まえと、うしろから
 おちんちんで、はさまれて…こすられてる…挟んでごしごしされてるうううう…!!)
ひぐ、うううう…そ、そんな強く擦りとっちゃだめえっ…

あ、く、ううううっ!やっ、やめっ…
(だ、め…っ 感じちゃだめ…っ もう、これ以上追い詰められちゃだめええっ!!)
(頭の中で、苛められて感じる自分を押さえつけようとするほど、ますます追いつめられちゃって…)
ひ、ああああっ!!だめえええええっ!!
(だめ、かん、じ、ちゃっ…こんな、やつの、言葉、にっ!!!だめだめだめえええええ)
(否定すればするほど、淫魔のいやらしいおちんちんをぎゅうぎゅう締め付けちゃうっ…!!)
(ますます犯されて…追い込まれちゃううううっ!!)

はあ、あ、あ、あああああっ!!だ、めええええ!お尻、そんなっ!めちゃくちゃに、かき回したらっ…!!!!
(お尻の中、の、おちんちん触手、だけっ…スピード、あがって…ッ)
いや、いや、…ッ いやああっ… 
(お尻をかき回す触手のいやらしい動きに耐えられない…思わず弱弱しくいやいやをしちゃうっ)

ひあ、あ、ああああああああっ!!!!!だっ、出しちゃ…ッ また…出しちゃ…ッ!!!
お尻、にもっ…!!両方から…ッくううううううううーーー……ッ!!!
(最初とは違い、全身を反り返らせて大きく快楽を示し、がくがくと全身を痙攣させて…
 苛め続けられた胸から…白い液体が噴出す快感にも激しく突き上げられて
 全身で激しい絶頂を受け入れちゃう…っ)
(いやらしいミルクが前後から染み渡ってくるのを感じて、いつまでも体が震え続けてるっ…)
はう、うっ、うううう…ちゅるる…っ む、ううう
(絶頂の最中にいやらしく舌を絡められて…舌の痙攣までも淫魔に味わわれて…細かくぴくぴくと痙攣し)

【というわけでまためちゃくちゃ時間かかっちゃいましたっ…でも凄い…ベルクルスさんの陵辱…////;】



17 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/25(火) 23:55:56 ID:UjtV68s1
>>15
【はい、了解ですっ…】
【そうなると遅レスなえりすはちょっと足引っ張っちゃいそうですね…;】
【でも、時間になったらベルクルスさんから遠慮なく落ちてください】
【(モップとバケツを取り出し)】
【ベルクルスさんとえりすがエッチな液で汚しちゃった後始末はしておきますので…/////;なんて////】

18 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/11/26(水) 00:13:22 ID:MGIRdMVJ
へへ……
どうだ、またたっぷりお前の中に出してやったぜ。
もう身体が中も外も真っ白けじゃねぇか。
ドロドロの臭い汁と騎士様の聖なるお乳とでな。
あぁ、たまらねぇ……
お前を見てると何処までも犯したくなっちまう。
全てなにもかも陵辱して、俺の色に染めて俺専用の肉奴隷にし尽くしてしまいたくなるぜ。
本当に、騎士様のイヤらしい身体、極上だぜ…
(根元から搾るように触手を巻きつかせる)
(手で揉み搾りながら巻きつく触手もエリスの豊満すぎる乳房を絞り上げ)
(母乳を噴水のように噴出させながら乳首も弄り、まるで射精しているかのような快感をエリスに与えてやる)
(百戦錬磨の淫魔ですら、ため息を付きたくなるほどの淫らなさまに、絡みつく舌も熱くなってエリスの心にまでも絡み付いて)

ふ…聖騎士様がもう真っ白な鎧に包まれて、恍惚とした顔してやがる。
気持ちよかったんだなぁ…え?
こいつでオマンコ子宮の中まで犯されて感じたのか?
この人間じゃありえない魔物の肉棒でよぉ…
(そして、淫魔は身体を起こし、ズルズルと膣内から異形の肉棒を引きずり出し)
(それをエリスに見せ付ける…)
(幹に幾つもこぶが出来、無数の肉突起が浮かび上がって、先端から得体の知れない汁が飛び散る)
(子供の握りこぶし位は有りそうな亀頭は笠が大きく開いていて、細い糸のような触手が何本も揺らめいていた)
(毒々しい色と肉の気色悪い塊が、エリスを陵辱していた事を誇るようにそそり立ち)
(先端から滲み出る汁が今でも、無抵抗のエリスの身体に滴り落ちる)

さぁて、今度はどう汚してくれようか…
(舌なめずりしながらエリスに顔を寄せ、頬を長い舌で舐めながら唇を激しく犯しながら言う)
(それはまさに悪魔が女を誘惑するような雰囲気をかもし出し)
(豊満な胸を激しく揉みながら…アナルに入れたままの触手を激しく出し入れして)
(陵辱の後も淫らな雰囲気を見せる秘部を指で押し広げながら言葉で責める)

【次えりすのレスが来たら、もう返事無理そうだしなぁ】
【まぁ無理はお互いしないという事で、まぁ…掃除は任せた】
【俺はえりすの激しいイキっぷりを掃除しないといけないんだろうがなぁ…】

19 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/26(水) 00:46:54 ID:F9NOrzfJ
…あ、あ… ひくっ…う、うう…く、く…うっ…
(おなかの中にいっぱい出されたぬるぬるの白い液が…エリスの奥に、染み込んで…るうう)
や…っ、あ!だっ…だ、…め、っ… 
(こ、このおちんちんっ…先から、…えらのところからッ…いっぱい…ブラシみたいに細いのが…っ 出て、るうっ…!)
(いや…いや、ああ…っ ブラシで、エリスの中こすってるううううっ… 精液、塗りつけてるうううっ…!!)
(ひだのすき間まで…っ 細いので開かれて…塗りこまれちゃうよおおっ…)
く、くうううううッ… や、あっ… もう、だめ、えええ…っ
(おなかの中ですみずみまで塗りこまれて…もういっかい、痙攣しちゃう…)
(きつすぎる陵辱から無意識に逃げようと、ブーツのつま先が震えながら、強く地面を引っかいて)

い、…ッ あああああああっ…!!
(もう、さっきからミルクが出て…突き上げるくらい激しい快楽にいたぶられている胸を、また、締め上げられて)
(いやらしく絞られて…純粋で強すぎる快感に…目じりから涙がこぼれちゃう)
で、てる…ううううっ…おっぱい、出ちゃってる、ううううっ…く、うううううッ!!!
で、てるのに…っ 乳首、いじめちゃだめえええええええっ!!!
(出てるときいじられてっ…おかしくなりそう)

…っ…く、あ…っ…
(ようやく、一時、地獄のような快楽から開放され…絶頂の余韻に、よわよわしくけいれんを繰り返しながら)
(さんざんからだの中をいたぶり、汚していたものを見せ付けられ)
(いやらしい…形…、あれが、エリスの中…こすって、たんだ…)
(自分でも気づかないうちに頬を赤らめて…ため息をついてしまう)
…ひ、あ…ッ
(びちゃぴちゃと体に粘液を滴らせられて、かるく反応してしまう)

…っあ、ふ…む、む…ちゅるる…っ
(再び舌を激しく奪われ…頬を舐めあげられているのに…快楽の余韻で震えて…
 すぐに抵抗することも出来ずに口元をねっとり陵辱されていく)
…っ!…く、くう…っ!
(お尻…ッ、また、動きだして…っ だ、め、…っ 少し、休ませ…ッ)

20 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/26(水) 00:50:07 ID:F9NOrzfJ
【うええん…すみませんっ…ちょっと家族が部屋にきちゃって…】
【余計に時間、取られちゃいましたあ…;】
【無理そうなら、ここで閉めてくださいっ…;】

21 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/11/26(水) 00:52:34 ID:MGIRdMVJ
【済まないな、明日というか今日も仕事だからよ】
【全く、淫魔の仕事も忙しいぜ…】
【また週末には長く可愛がってやれるかもしれん、また都合が付けられる日を伝言しておいてくれ】

【あんまり可愛がってやれなくて悪かったな…じゃぁ、おやすみえりす】

22 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/26(水) 00:58:40 ID:F9NOrzfJ
>>21
【はいっ、今日もありがとうございました、ベルクルスさん…】
【あーっ!えりす以外の女の子のこと、捕まえに行くんだっ…(w】

【ともあれ(w)お仕事があるとなると、平日はやっぱりむずかしそうですね…】
【いちおう、えりすの伝言では平日可能な日もお伝えします…】
【いいえ、いつも濃厚な責めでくらくらしちゃいます…ベルクルスさんありがとう…おやすみなさい ちゅ♪】

23 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/11/26(水) 01:22:42 ID:F9NOrzfJ
【…と、いけないっ…お掃除お掃除…///;】

【…スレを、お返しいたします】

24 :名無しさん@ピンキー:2008/11/26(水) 22:46:52 ID:mvYiceRf
23レスまでいけば大丈夫かな?

25 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 01:42:06 ID:P+OsCMNe
【名前】 リティナ 
【種族/職業】 ドワーフ(人間とのハーフ)/戦士 
【年齢】 14 
【容姿・サイズ】 
全体的にあどけなく童顔 
瞳の色は赤、少し釣り目がちできつそうに見える 
身体のラインを隠してしまうと人間の小さな女の子にしか見えない 
(こんな感じです) 
ttp://www.100gazou.com/sinzou/bbs.cgi?check_img=363&type=jpg
ttp://okms.h.fc2.com/koso-ri/ritexina.jpg
身長は141cm 
3サイズは85(F)・54・86 
【髪型】 オレンジ色の長い髪をポニーテールにしている 
【服装】 
下層探索時は全身鎧に大型の盾と鉄球という超重装備 
普段は皮鎧に布服、ズボンという軽装 
【性格】 無口で無愛想でさらに好戦的、本当は優しい性格だが余りそれを表に出したりはない 
【希望シチュエーション】 
迷宮内での行為(和姦、強姦は問いません) 
軽いセクハラや奉仕にも対応しています。 
【NGプレイ】 
アナル、スカトロ、SM、その他痛めつけられるようなものはだめです 
それと女性やモンスターのお相手もできません、すみません… 
【備考】 
両親を早くに亡くし生活のためひとりで迷宮にもぐり続けている。 
幼げな顔立ちの割りに身体はしっかりと成長していて、周囲の男から目をつけられ襲われそうになることも 
激しく抵抗したりはしないので一方的に性欲の解消の道具として使われることもたびたびある 
無口ゆえに口にしたりはしないが本当は甘い恋愛に憧れている。 
【その他】 
エロールは10から15行くらいでお願いします。 


【久しぶりに待機します】 



26 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 19:05:46 ID:P+OsCMNe
【昨日は寝落ちしちゃいました…今日も待機します。】

27 :名無しさん@ピンキー:2008/12/01(月) 19:48:25 ID:8oMp3TDk
【こんばんわ〜、まだいらっしゃいますか?】

28 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 19:51:16 ID:P+OsCMNe
【あ、いますよ。】
【名無しさんの希望を教えてください。】

【こっちの希望としては純愛ものを希望しますが…】

29 :名無しさん@ピンキー:2008/12/01(月) 19:54:25 ID:8oMp3TDk
【ではこちらも純愛もので、打ち込みに時間がかかってしまうかもしれませんが、その点ご容赦願えると幸いです】

【シチュエーションはどうしましょう?】

30 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 19:59:10 ID:P+OsCMNe
>>28
【そちらでは何か希望は無いのでしょうか…?】

【私としては年上の名無しさんにかわいがってもらうような感じで…】
【でもそれだけじゃ不満だから私のほうからアプローチをかけるというのを考えています。】

31 :名無しさん@ピンキー:2008/12/01(月) 20:05:27 ID:8oMp3TDk
【ではキャラクター的に純愛っぽくなりやすく、ダンジョン探査中にトラップにかかって甘い言葉に弱くなる、とかどうでしょう?】
【これならきっとアプローチに入りやすいと思うのです】

32 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 20:06:03 ID:P+OsCMNe
【そうですね、わかりました。】
【よろしければ書き出しをお願いできますか?】

33 :名無しさん@ピンキー:2008/12/01(月) 20:11:58 ID:8oMp3TDk
(薄暗い洞窟の中を、一組の男女が進む。
先頭に立つ男は大振りな弓を携えた盗賊、後続の少女は戦士、と言った風情だ。)

「リティナ、少し、明かり近づけて…多分これで…よしっ」

(鍵の外れる音が響き、眼前の扉がゆっくりと開く、その奥に現れたのは、小さめの部屋と、宝箱が一つ)



【はい〜、宜しくお願いします、何か名前付けたほうがいいですかねぇ?】

34 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 20:22:31 ID:P+OsCMNe
>>33
わかった、ちょっと待ってて。
(松明に火を灯す、穏やかな光が周囲の視界が広げる)
(鍵をはずしている名無しの様子を後ろからぼんやりと見ていて)
…まだか……?
(敵の気配は感じないが万が一ということもある、名無しに早くしてと暗に促していると)
(ようやく開錠が終わったようで扉がゆっくりと音を立てて開く)

この中に目的のものがあるのか…?
(今回の依頼はこれで終わり、後は戻るだけ…そう思うと自然と気も緩む)
(油断していたのか警戒することなく宝箱のほうに近づくと…)
うわっ……な、何これ…!?
(突然煙が噴出しあっという間に小さな身体が包まれてしまった)

ごほっ…ごほっ……ん……何とも無いみたいだ…
(罠も古くなっていたのだろうか身体に異常はなさそうだった)
あった、これだな……?
(宝箱の中から宝玉を取り出し皮袋にしまうと)
よし、じゃあ帰るか。目的の物も手に入れたことだし。
(そう言ってすたすたと歩き出すが足取りはどこか重くふらついていた)


【名前はいりません。】

35 :名無しさん@ピンキー:2008/12/01(月) 20:30:24 ID:8oMp3TDk
「リティナ、少し休んでいこう、幸いこの辺にモンスターの気配はあまりないし、不安ならそこの扉閉めておけば良い」
(歩き出すとほぼ同時に手を取り、部屋の奥に軽く引っ張る)
「さっき変なガス浴びてたろ?この時期のダンジョンだと、もしかしたら遅効性の毒ガスかもしれない」
(わずか数年、リティナより年上の盗賊兼弓手が、心配そうに目を見ながら諭す)

36 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 20:31:54 ID:P+OsCMNe
【すみませんがここまでにさせてください。】

37 :名無しさん@ピンキー:2008/12/01(月) 20:33:21 ID:8oMp3TDk
【はい〜、ご期待に添えなかったかな?もしそうなら申し訳ありません…、では失礼します〜】

38 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/01(月) 20:33:46 ID:P+OsCMNe
【私も落ちます。】

39 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/03(水) 23:53:23 ID:YlLyepPy
【この前はすみませんでした、今日も待機します】
【プロフィールは>>25です】

【それからできれば短文の方はお断りしたいのですが……】

40 :名無しさん@ピンキー:2008/12/04(木) 00:16:21 ID:aoKvAUOW
>>39
【お相手よろしいでしょうか?】
【甘い言葉を囁く男に、自分を都合の良い道具くらいしか思ってないと分かっていても、身も心もゆだねてしまってる】
【というような状況は、いかかでしょうか?】

41 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/04(木) 00:21:20 ID:MBLUwnpd
>>40
【こちらこそよろしくお願いします。】
【シチュエーションのほうも了解しました、書き出しを任せてもよろしいでしょうか?】

42 :バド(魔術師):2008/12/04(木) 00:24:47 ID:aoKvAUOW
>>41
【名前つけました】
【了解しました。少しお待ちください】

43 :バド(魔術師):2008/12/04(木) 00:34:55 ID:aoKvAUOW
>>41
(些細なことで知り合ったリティナ)
(壁となってくれる存在が必要だったバドは、彼女が好きだと甘い言葉を囁いて)
(ドワーフの血を引く少女の、心と体に自分の存在を刻印した)
(そして……)

(とある迷宮に潜ったバドとリティナ)
(モンスター達を掃討し、ついに主(ぬし)のモンスターと対峙し、戦闘を開始する)

炎!
(壁となって彼を守るリティナの背後から、魔法をモンスターに浴びせる)

くっ……!
(ここまでの戦闘による魔力の消耗と、強い魔術を何度か使用したために、体が崩れかかる)
すまない、リティナ……

(荒い息を吐きながら、リティナに弱り始めたモンスターの相手をゆだねてしまう)




44 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/04(木) 00:43:38 ID:MBLUwnpd
>>43
大丈夫!? しっかりしてっ!
(魔力が尽きたのだろうか、後ろから支援をしていたバドがその場に倒れそうになっていた)
(あわてて抱き起こそうとするがこっちも続く戦いでボロボロになっている)
…だめ…背中を向けたらやられる。
(相手は手に負えないかもしれないほどの強力な魔物、隙を見せたら二人ともやられてしまうだろう)

ちょっと待ってて、すぐに終わるから…
(痛みの走る身体に鞭を打ち小さな身体で魔物にぶつかっていく)
(自分のことを必要だといってくれたバドを守るために武器を取り猛然と懐に突っ込んだ)
うわあああっ!!
(叫びながら長剣を相手の心臓めがけて突き刺す、重い手ごたえを感じて上を見る)
(断末魔の叫びを上げながら魔物はその場に崩れ落ちる…どうやら勝ったみたいだ)
や、やった……これで…っ……!
(ようやく依頼を果たし嬉しさがこみ上げたが今はバドのほうが心配だ)
(彼のほうに駆け寄り身体を揺さぶる)
……大丈夫、だよね……?

45 :バド(魔術師):2008/12/04(木) 00:56:44 ID:aoKvAUOW
>>44
(さすがだな)
(モンスターを倒した手並みに感心しながら、駆け寄ってくるリティナに笑みを向ける)
(魔力の使用で精神的負担が強いだけで、キズはほとんどなかった)
(リティナを盾にしていたからだ)

ああ、ちょっと魔力を消耗をすぎたようだ。
この、主(ぬし)のねぐらを調べるついでに、休んでいこう。
(道具を使って、弱いモンスターよけの結界を張る。入り口には、魔法の錠をかけた)

リティナこそ、大丈夫か?
(片手をリティナの頬に当て、優しげに尋ねた)

――
(しばらく、主(ぬし)の宝などをあさる)




46 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/04(木) 01:08:52 ID:MBLUwnpd
>>45
よかった…無事だったんだね。
(よほど不安だったのかバドに何事も無くて泣きそうな顔をしてしまう)
(でもすぐに我に返り涙を拭いて)
そう…だね、そのほうがいいかも。
(自分もそうだがバドを休ませないと帰るに帰れないだろうから)

(バドが結界を張るとあたりから魔物の気配が消えた、これでしばらくの間は大丈夫だろう)
(重たい鎧を脱ぐとシャツがぴったりと身体に張り付いていて
豊かな胸のラインがくっきりと浮かび上がっていた)
あ…………う、うん…私は平気。
(バドが頬に手を当てて自分のことを気遣ってくれた、それが気恥ずかしくて顔を真っ赤にしてうつむく)
(すべすべの頬に手を当てられてしばらくぼーっとしていた)

……やっぱり、ずいぶんといろいろ隠し持ってたみたい。
(魔物の死体の奥には犠牲になった冒険者から巻き上げた宝が無造作に積み上げられていた)
(その中から特に値打ちのありそうなものを袋に入れていく)

47 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/04(木) 01:34:41 ID:MBLUwnpd
【落ちた?】

48 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/04(木) 01:40:00 ID:MBLUwnpd
【眠くなってきたのでこれで失礼します。】
【とりあえず破棄でいいのでしょうか?】

49 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/04(木) 23:03:28 ID:LSrw8Zy6
【ベルクルスさんとの凍結解除に使います】

50 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/04(木) 23:06:16 ID:Yjvyy1JF
【スレをお借りするぜっ】

よぉエリス、久しぶりだな。
俺の居ない間、大人しくしてたか?
それと、今は一段落着いたとこだが、エリスの方からなんか希望とかあるか?
主に責め方の注文で。

51 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/04(木) 23:17:14 ID:LSrw8Zy6
【ベルクルスさんお疲れさまっ…】

いい子にしてたよお…またかわいがってもらいたいもん
うーん…そうですねえ…特に変えてほしいとか、新しいことして、とかはないですが…
また、コスチュームを汚すことにこだわったり(アミュレットのエメラルドとか)して
描写してくれれば言うことないです…
フィニッシュは、スタンダードに中に出してくださいっ…//////
あ、またフィニッシュのときにエメラルドにも注射してくださいっ…///
あれ、すごくよかったです…;////

あとは、ベルクルスさんの好きなように料理しちゃっていいですよ?…

52 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/04(木) 23:21:59 ID:LSrw8Zy6
あ、あと…やっぱりまだ、抵抗しながらいたぶられたいです…
言葉責めも、また、いっぱいしてほしいな…
ベルクルスさんに「騎士様よ」って言われながら責められるとすごくきちゃう♪


53 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/04(木) 23:22:13 ID:Yjvyy1JF
ふーむ、なるほどな。
しかし、前回までにどこまでも汚しきってしまったから、同じ展開と同じ描写じゃ飽きるんじゃねぇか?
と思ったりもするんだ。
だがまぁ、エリスの方がそういうんだったら。
なんとかしてみっかな……
同じになっちまいそうで不安なことこの上ない。

よし、とりあえず続き書くわ。
ちょいと待っててくれ。

54 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/04(木) 23:23:24 ID:Yjvyy1JF
っと、おいおい、まだ抵抗するのか?
どこまで俺に嬲られたいんだよ…

そんなに長いと、ずっと俺のものにしちまうぜ?

まぁ追記、リロミスしちまったからよ。
そんじゃ待っててくれや。

55 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/04(木) 23:24:20 ID:LSrw8Zy6
ううん、そんなことないよ?>飽きる
でも、ベルクルスさんが「こんなのどうだ」ってしてくれるなら…
違うのでもいい♪

56 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/04(木) 23:38:35 ID:Yjvyy1JF
ハッ…随分と聖騎士様の身体もうす汚れちまったようだなぁ…
ピンクのエロい服がもうぬとぬとじゃねぇかよ。
もうピンクの場所よりも白い方が濃くなっちまってるぜ。

さて……
こんだけ犯っちまってても、まだまだやる気マンマンか?
チンポ突っ込まれてる時はあんだけアンアン喘いでるってのに、全くどこまで抵抗する気なんだ?
それとも、それだけ俺を楽しませて、もっと犯して欲しいってつもりかよ、クククッ。
(間近に寄せた顔が、どこまでも女を苛める愉悦を浮かべ)
(エリスの精に塗れた姿を口にする事で散々自分の惨めな様を教え込む)
(肉付きのいいムッチリした身体を包むコスチュームも粘度の高いザーメンで汚しつくされて)
(魔力の篭っていた聖なるアミュレットは既に沈黙して輝きを失い、そこに白濁のコーティングを施されていた)

さぁて、第二ラウンド、いってみっか。
まだまだ尊い聖騎士様はやる気が残ってるご様子。
巣に入り込まれて、元気なまま帰したんじゃ淫魔としては名がすたるってもんだからよ。
(四肢を拘束する肉触手は、エリスの身体をゆっくりと持ち上げて宙に浮かせそのまま反転させると)
(四つんばいのような尻を思い切り突き出すような格好にさせる)
(違うのは手を地面に突かせるのでなくそのまま引っ張ってまるで壁に繋がれた生贄の乙女のような姿にさせられていることだ)
(豊かな乳房に無残に汚されたピンクのブラがわだかまり、白い膨らみを晒すように突き出させて)

さて、次は、淫欲に飢えた獣に相応しい姿で汚させてもらうぜ。
服や肌をドロドロに汚した俺のザーメンが、肌を通してじんわり染み付くようにお前を変えていくんだ。
特に身体の中から、セックスの事しか考えられなくなって、俺から離れられないように調教してやんよ。
(そうして、拘束したまま、淫魔の姿が人型から獣のような姿に変わっていく)
(獰猛な狼のような姿に変化すると、まるで獣の交尾のように背中からエリスにのしかかり)
(先ほど見せ付けたおぞましい形の肉棒を勢い良く突き込んで、アナルの触手と合わせて二つの穴を犯しまくる)
(ブーツやグローブに巻き付いた肉触手も、絶えず先端から白濁を射精し続け、ドロドロと熱い汁が身体を汚す)

【そんじゃまずはこんな感じで、よろしくな】

57 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/05(金) 00:09:29 ID:igw+F0XL
…く…うっ…あ…あ…は…っ …っ
あっ…あたり、まえ…でしょっ…どんな目に、あわされたって…
神の使途として…聖騎士の称号を授かった以上…っ…魔物なんかに…っ くう…うっ
まして、あんたみたいな淫魔なんかに…屈服なんかっ…死んでも、…っ は、あっ…
(…っ、くやしい、けどっ…こいつの言うとおり…責められると、抵抗…出来るだけの
体力が…もう、ほとんど残ってない…っ)
(それに、アミュレットを汚されて…逆に、エリスの中に穢れを注ぎ込むのに利用されちゃって…
 …っこれじゃ、呪力を回復、出来ない…っ)
(…少しでも…少しだけでも、抵抗して…時間かせぎ、だけでもっ…)
(いつか、こいつにも隙が…出来るはず)

…っあ、あっ!?
(宙に浮かせられて、その不安定な姿勢にあわてながら)
……っ…いくら責めてもっ…お前に屈服なんか、しないんだからっ…
(こんな…っ、こんな、慰み物みたいなかっこさせられて…っ…主よ、お許しください…お守り、くださいっ…)

(汚されたアミュレットが聖なる力を発揮し得ないことがわかっていても、どうしても祈らずにいられず…
 悲痛な表情で目を閉じ、唇を震わせ)
(犯されればそれに応えてしまうにちがいない…わかっていても祈り続ける)

…!?…ま、また…姿が…変わった…?
(聖書で語られる闇の獣のような忌まわしい姿に変化したベルクルスに悪寒を感じつつ…)
…!…っ 当たってる…さっき、の…いやらしい、形、のが…っ、
また、入ってくる…っ ……!!ひ、ああああああっ!!
や…っ、だっだめ、だめええ…っ、く、くう、う、
(入ってくる、エリスの中引っかいて入ってくるうううっ…さっきの、いやらしい形の
おちんちん、魔物のブラシみたいなおちんちんが、えりすのなか引っかいてるうううっ…)
(のしかかられ、さっき見せられた淫猥過ぎる形のものが入っている事を思うと、
知らないうちにからだが痙攣し、強く締め付けてしまう)

58 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/05(金) 00:15:11 ID:igw+F0XL
【ふにゃー…一回目はどうしても30分ぐらいかかっちゃうなあ…】
【もうすこし、スピード上げたいです…ごめんね、ベルクルスさん…】
【もうちょっと短くレスしたほうがいいのかなあ…でも、ちゃんと責めにこたえたいし…どう思います?】

59 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/05(金) 00:30:54 ID:ZpnHa1VZ
くははっ!祈れ祈れ!
この淫獄の中、全てを汚しつくされた聖騎士様の祈りが届くものならな!
もう既に、俺に犯されて散々感じ、喘ぎ。
女として悦んだ聖騎士様の祈りとやらが、どんだけの力を持つか知らないけどよ!
(突き出されたエリスの尻は、丸みを帯びてふくよかな女らしい曲線を描いており)
(その白さとはまた違う色合いの白濁が浴びせかけられて、それを触手が撫で回すように塗りこめる)
(皮のグローブやブーツも、大量の精を塗り込められたおかげで変質し、ゆっくりとじわじわ中に浸透し始めてきた)
(ブーツなどは、もう、上部の隙間から溢れる程精を注ぎ込まれ、まるで川の中に靴毎足を沈めてしまった後のような)
(激しく不快感を感じるぬめりと、グチュグチュした感覚をエリスに絶えず伝えている)

どうだ、今度は獣に交尾される聖騎士様となった気分はよ。
俺様の本性に近いこの姿は、さっきまでとはさらに一回り上の性欲を見せてやるぜ。
アンタに耐えられるかい?
耐えて貰いたいんだがよぉ、ハハハッ!
もっともっと、どこまでも楽しませて貰いたいからなぁ!
はははっ!締め付けてくるぜ……
そんな大歓迎してもらったら、俺も張り切ってしまうしかねぇな、こりゃ。
(前足をエリスの肩に乗せ、バックから獣同士の交尾のように、激しく肉付きのいいエリスの身体を犯し続ける)
(散々淫毒に浸し、襞の一枚一枚、悉くしみこませ、痒みに近い激しい疼きを感じさせるピンクの肉洞を)
(卑猥で背徳的で、おぞましく、そして淫らな形の肉棒が猛烈な勢いで削るように擦りたて)
(痒みをかく心地よさと、新たに生まれる疼きを同時に与え、快楽の無間地獄へとエリスを招待する)

さて、普通の獣じゃぁ、ただ犯すだけだが、淫魔の俺様はもうちょっと違う。
聖騎士様の身体を真っ白にして、じわじわ作り変えていくために、責めれない場所があったら困るからなぁ。
(触手がその声と同時に何本も生まれ、エリスの胸へと殺到して巻き付いた)
(根元から搾りに搾って、先端から甘い匂いの乳を噴出させ)
(人の手では生み出せない奇妙な刺激で乳房を芯まで蕩けさせるような柔らかさに仕立て上げる)
(肉棒の中でも、襞を抉る突起の先端から熱い精を噴出しながら犯し、アナルの中もごつごつした硬いイボが直腸内を満遍なく擦り)
(最高の雌を犯している喜びで、周りに浮遊する触手からも、金色の髪や、可憐な顔に粘っこい精を射精し続ける)

【あぁ、いいんじゃない?】
【時間はいいから、えりすの望むまま満足するまでレスすればいいさ】
【それよっか、俺の方が、前よりパワーダウンしてないか困ってる所だぜ】

60 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/05(金) 01:05:11 ID:igw+F0XL
…っくっ…う…ッ!
(淫魔になじられながら、深く、ふかくいやらしい形状のおちんちんに貫かれて)
(悔しさに歯を食いしばりながらも、貫かれる快楽に眉を強くしかめる…)
(唇からは押し殺しても漏れてしまう…我慢しても漏れてしまうほどの、短くくぐもっているのにひどく
 艶かしく聞こえるあえぎが漏れつづけてしまう…)
く、ううう…っ、ふ、あう、うっ!く、くう、う!…ッ!…ーーッ!!

(犯されながらも、何とか祈り続けようとするが…意識の中で神を呼ぶ声さえ、快楽に
 塗りつぶされそうで…)
(いつしか口に出して祈りをとなえるが、その声は快楽に汚される甘い呻きと混じって、
 聖なるものが犯されている淫猥なイメージを強めるだけで…かえって陵辱者に嗜虐心を与え、
 好色な心をあおる刺激を与えることになってしまう)

主…よっ… ふ、あああっ…く、う…お守り…くださ…っ くうううっ!!ああ、あッ!!
あなたの…しもべ…っ、にっ、 はあ、あッ! だめえ…
お力、を…どうか…ッ はうッ!あ、く、くう、うッ!!
(両手を拘束され…祈りの言葉を唱えながら陵辱される姿が、どれほど淫魔を刺激してしまうかも
 考えられず…次第に快楽に突き上げられ、追い込まれて)
(祈りながら犯される事に、いつの間にか自分自身も暗い快楽を覚えて…
 淫魔のグロテスクなペニスを、祈るたびに、きつく、きつく食い締めて…自ら刺激を強めてしまい、耐え切れず
 体ががくがくと震えて…)

…っ、くう、うーーッ!ああ、あっ!!胸、にっ…!巻きついちゃ…締め付けちゃいやああ…
いま、今…巻きつかれたら…締め付けられたらっ…、く、ううううっ!!でっ、出ちゃ、ううう…ッ!!
(で、出て…るっ…!!おっぱい、気持ち、よす…ぎいっ…!!!あたま、おかしくなっちゃうううっ!!)
(お尻の中も…前も同時にかき回され、顔や髪の毛にもねばねばと糸を引く精液がしつこく
 出され、かけ続けられて…たっぷり臭いとぬめる感触をしみ込ませて)

(とけ…ちゃう…っ よお)

【はい…そういってもらえるなら……精進します;】
【ベルクルスさんは相変わらずすごいよお…////エリス興奮しちゃって…;】

61 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/05(金) 01:08:00 ID:ZpnHa1VZ
【そっか、ありがとうなえりす】
【だが、もう時間だ……悪いな、平日は長く遊べなくて】
【それと金曜というか今夜だが、ひょっとすると厳しいかもしれん、その時はまた連絡するが…】
【色々と悪ぃな】

62 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/05(金) 01:14:09 ID:igw+F0XL
【はあい、わかりましたっ…】
【ベルクルスさん、時間少ないときなのにお相手してくれてありがとうございます…】
【今夜のことも了解です、連絡待ってます】
【ほんとにいつもありがとうございます…またよろしくお願いします】

63 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/05(金) 01:16:42 ID:ZpnHa1VZ
【なんか寸止め臭いよな、これからってところでお預けなんだもんよ】
【だが、これも淫魔のお仕事のせい…】
【少なくとも日曜の夜は長くやれるから、その時を待っててくれ】
【じゃぁよ、また連絡する、えりすに会うの楽しみしてっからな】

64 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/05(金) 01:21:47 ID:igw+F0XL
【うん…ちょっと炙られてきちゃった;】
【そうですよね、お仕事ガンバッテください…(何を?w)】
【あ、日曜の晩、大丈夫なんですか…?わかりましたっ!】
【エリスのほうこそ楽しみにしてます…きっと焦らされてすごいことになっちゃってるかも…////;】
【それじゃ、おやすみなさい…今夜もありがとうございました… ちゅ♪】


65 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/07(日) 22:51:25 ID:1PPE6e5j
【スレをお借りしますっ…ベルクルスさんとの凍結解除に使います】
【ちょっと早めに待機いたします】

66 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/07(日) 22:53:27 ID:w4kBUawa
【お邪魔するぜ…】
【よぉすまない、えりす】
【結局この前は帰って来るのが午前様で、連絡する暇も無かった】
【今日は時間あるので、たっぷり可愛がってやれるぜ】

67 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/07(日) 23:03:25 ID:1PPE6e5j
【はあいっ…♪ よろしくお願いします♥】
【今日は、ベルクルスさんから、でよろしいでしょうかっ】
【ところで、もうだいぶ長く続いてますよね…】
【そろそろ、結末をつけるようにもっていったほうがいいでしょーか…?】
【ベルクルスさんがエリスをまだいたぶり足りないなら、つづけるのはかまわないですが…////;】


68 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/07(日) 23:08:31 ID:w4kBUawa
【あぁ、そうだな……】
【切るんなら、この前で切った方がきりよかったんだが】
【個人的にはエリスが堕ちて、淫乱奴隷にするまでやりたいんだけどな】
【聖騎士様が一向に堕ちてくれないので、頑張ってるんだけどよ】
【実際長いのは確かだから、えりすが辛いなら今日で適当な落ち付けて終わるようにするか】

69 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/07(日) 23:14:16 ID:1PPE6e5j
【んー…エリスはMですから…辛いってこともないですけど…//】
【ではベルクルスさんのお好みに合わせて、今日と次くらいで、オチるのはどうでしょうか…w】
【今日一回、途中でフィニッシュしていただいて…今までと違う決定的な毒素か何かを
…おちんちんから注入////…していただく、ってかんじで…】

70 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/07(日) 23:16:27 ID:w4kBUawa
【よーし、それじゃその方向で〆るとしよう】
【なかなかに勿体無い事で、ずっと犯し続けて責め地獄に落してやりたいとも思うがそうもいくまい
【じゃぁレスを作る、20分程待っててくれ】

71 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/07(日) 23:23:11 ID:1PPE6e5j
【うん、そんなかんじにしましょうかっ】
【えへへ…責め地獄…かんじちゃう響きだなあ…えりすもそういう風にいたぶられ続けたい…ケド】
【もっとえりすがレス早ければいいのにね…ごめんなさいっ…】
【はい、待ってます…今夜もよろしくおねがいしますっ♪】

72 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/07(日) 23:33:04 ID:w4kBUawa
はいはい、聖騎士様の祈りは素晴らしいですね…
こんな淫魔の巣に神様とやらの祈りが届くなら、今までの獲物たちが無事に戻ってきてるに決まってるだろ。
全員悉く、俺や俺の子分共の慰み者よ!
何を行っても祈りながら俺のチンポぎゅんぎゅん締め付けてるのは、聖騎士様のイヤらしいオマンコだ。
犯す度に締りが良くなってくるのはどういうことなのか、答えてみろ!
(獣の姿になった淫魔が四つんばいのエリスにのしかかりながら猛然と、淫らな形の肉棒を突き入れ続ける)
(太く、突起の浮いた、まるで深海魚のようなグロテスクな形の肉の凶器は、エリスの信仰を打ち砕くように甘い性の快楽を与え続け)
(乳房に巻き付いた触手が牛の乳搾りのように大きく揺れる乳房を揉み搾って)
(搾乳しながら、乳首から熱い母乳を迸らせていく)

どうしたよ、このいやに甘ったるいミルクはどこまで搾れるんだ?
こんなイヤらしい味の乳なんて飲んだことねぇ。
なぁ、エリスよぉ…
いいんだろ?オッパイ搾られて吸われて、淫魔チンポで何度も犯されて本当は気持ち良いんだろう?
認めちまえよ……
もうオマエは頑張ったって、神様を裏切ったりしてないって。
このまま無茶してっと心が壊れちまうぞ?
さぁ、気持ち良いの認めて堕ちてしまいな。
(激しい肉の快感を元々淫ら調教されたエリスの身体に酷い衝撃と共に与え続け)
(信仰にすがる聖職者の豊満で、淫らで感じやすい罪深い身体を淫獄に引きずり込むため)
(甘く優しい言葉で堕落させようと誘う)
(今でも膣壁と直腸は淫魔の毒で冒し浸されていて、肉棒、触手で擦られていないと疼きで気が狂ってしまいそうな状態にまで作りかえられていた)

俺は容赦しねぇぜ?
お前が気に入ったからよ……
もう聖騎士様を淫乱奴隷騎士にして、一生俺の性欲処理に使ってやる。
恨むんなら自分のうかつさと、スケベな身体を恨むんだな。
(戸主チュー無はもう触手から射精されている淫液でトロトロになって)
(綺麗な髪も、粘っこい白に染まり、休むことなく顔にも射精し続ける)
(むせ返るような性の匂いに包まれて、エリスに被虐の恥辱を絶え間なく与えている)

【それじゃよろしく、じっくり長く楽しみたいから、簡単に堕ちるんじゃないぜ?】
【俺はイキやすいえりすが心配でならねぇ、簡単に堕ちたら一生逃がさないからな?】

73 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 00:00:52 ID:1PPE6e5j
ひっ、あああっ…、だっ、だま、っれえっ…どんな、闇の中にいたって…神は、必ず…
私たちの、言葉をっ、つっあああっ… いやあっ…そんなっ、深くうううっ…!
しっ、主よ…おまもりくださっ…い、いいいっ…!く、ああああっ!!
ひ、ああああっ…やっやあああ!絞っちゃだめ、もう出させちゃいやああ…!
(だっ、駄目ぇ…おっぱい絞られると…出ちゃうとっ…胸が、突き刺されるぐらい
 気持ちよくなっちゃううっ… も、うっ…!気持ちいいのか、痛いのかもわかんないっ…!!)
あは!ああっ!く、ううううーーー……ッ!!!

も、う…ッ しぼる、なああっ…お前が、エリスの、からだをっ…こんな風にっ…
したんじゃない…かあ、…ッ
…ッ …ッツくう、…ッ
(気持ちいいんだろうという問いかけには…淫魔の顔から目をそむけて、くやしそうに顔を赤らめながらも応えず)

……自分の弱さに…負けないこと…こそ、神への忠誠…だもの…
エリスは…っ たとえ、心を壊されても…神に、そむく気は…ないのっ…!
(言葉の中に快楽に負けかけていることを認めるせりふが思わず混じり)
…ッ うあああっ、く、ううううっ はあ!あっ…
負け、ないっ…壊すならっ…壊せばいいじゃない…あく、く!くうううう!
(ふたたび、突き上げられ、内壁をいやらしくこすりあげられ、かきむしられて…えっちな快感に、体内だけはすなおに反応して)
(淫魔のいやらしいカタチのおちんちんを…体内をたまらない刺激でかきむしる突起を味わってしまうかのように締めつけて)
くうううううっ…も、うっ…いやあ…っ はう!あう、うううっ!

(汚されたコスチュームの…手袋の先からも、ブーツのつま先からもいやらしい白濁液が糸を引いて…
 なまぐさい、えっちなにおいと、ぬめる感触が…エリスの被虐心を高めてる…)

74 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 00:04:54 ID:1PPE6e5j
【はいっ、ちょっとずつ、微妙に快楽を認めていって…】
【フィニッシュしていただいたら…//// どこかが、砕けちゃうってかんじでしょうか】
【イきやすいのはっ…、どうしようもないよお…////;えりすMだし…ベルクルスさん凄いんだもん///】

75 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 00:27:16 ID:DribdWJP
自分の弱さねぇ……
そんな事を言って、今までも結局犯され、堕ちて、調教されて。
快楽を貪ってきたんだろう?
聖騎士様の身体がそう言っているぜ?
このいやらしく、感じやすい身体の隅々が、淫魔たる俺に教えてくれている。
もっと犯して欲しい、気持ちよくして欲しいってよ。
気持ち良いからもっとってな。
(母乳を搾り、その先端に更に触手がしゃぶりつく)
(牧場の乳牛に取り付けるような搾乳機のような様子で、迸る乳をじゅるじゅると啜りながら)
(こりこりしゃぶしゃぶと、乳首を淫らに責めながら、敏感な柔らかい乳房を搾って吸って、いじめ続ける)
(淫魔は長く舌を伸ばし、背中やうなじ、を舐めながら、エリスの羞恥を高め)
(感じている事を認めさせるように、その事から目を背けられないように、確実にエリスを追い詰めながら射精の準備に入り始める)

そうなのか、壊れたほうがいいのか?
そいつはつまらねぇんだよな……
聖騎士様は、俺が初めて心から欲しいと思った牝奴隷だ。
心が壊れてしまっちゃ面白くない。
そんなつまらねぇ玩具なんざ、手下共の性欲処理にくれてやったほうが役に立つ。
そんな風にはしたくないんだよなぁ…
ほれ、見てみろよ、今の聖騎士様の格好をなぁ。
(ぐっと肉棒が膨張する、その充満する肉の塊が、狭い膣内を内側から押し広げ)
(エリスの膣内の形にピッタリと合った姿に形を変える)
(アナルを犯している触手は、外で身体を汚している触手と同じように射精し始めた)
(濃厚な性の毒が今までよりも直腸を感じる性器に仕立て上げていく)
(今の現状を認めず、子供がぐずるように快感を認めようとしないエリスに業を煮やしたのか)
(エリスの眼前に、魔法で鏡を作り出し、今の汚れきった姿と、快感で恍惚としている顔を見せつけた)

【微妙か…後今日入れて二回だから、そんなゆっくりだと時間足りないから】
【諦めてもう壊してしまおうかと思ってたんだけどよ、聖騎士様が強情で、俺も勿体無いと思うんだが】
【いやなぁ、せっかくってところでえりすぶっとんで、終わってしまうんでなー…ククッ】

76 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 00:58:03 ID:8rAn/Kcy
く…っ…!
(反論する言葉もでなくなって…上気して、つらそうに淫魔のおちんちんを受け入れたまま、
 唇をかみ締めてぶるぶるふるえちゃう)

(反論したく…てもっ、なにか…ッ、考えようとする…たびに、こいつに…エリスの心を読み取られてるみたいに…
 エリスの、中っ…、えらの下から…細いブラシみたいなのがいっぱい生えた、いやらしいおちんちんの先で
 ごしごし…ひだのすきまを引っかくみたいに…ッ く、あうううッ! かきむしられちゃって…ッ)
やっ、あああああ…っ ごしごししちゃっ、だ、め、えええ!! かきむしっちゃいやあっ、くっ!う、うううっ!!
(すき間まで入りこまれちゃって、おしりが硬直してふるえちゃってるよっ…)

(白い母乳が滴りつづける胸の先に触手の口が吸い付いて)
ひ、ああああっ…!!
(出されるだけでも、おかしくなっちゃいそう…もう、おかしくなっちゃってるのにいいいっ)
飲ん、じゃっ!だめええ!エリスのおっぱい飲んじゃいやああああっ!
くッ…う、ううッ!!くうーー…ッッ!!
(すっ吸われてるうううっ…飲まれてる、エリスのおっぱい、こんないやらしい触手に飲まれちゃってるよおおおっ…)
(首の辺りを舐められると、いっそう強くふるえて…母乳の流出が強くなってしまい、快感につらぬかれる)

ひ、あああっ…!
おちんちん、おおきくっ… く、うううううッッ…
(ふくらみ、硬直してきた淫魔のおちんちんに、いっそうはっきりと女の子の大事なところをつらぬかれ、
 汚されていることを意識させられる…)

(同時に、今のじぶんの状態を見てみろと、淫魔に鏡を見せ付けられて)
こ、れがっ…今の、えりす…っ 淫魔に犯されて…えっちな液で、からだ中、ぬるぬるにされてっ…
えっちな、顔してる…っ おちんちん、深く受け入れて…淫魔の、いやらしいカタチのおちんちんで…
体の中、うんと奥まで、こすられ…ッ ひ、ああああッ!!
(自分のやらしい姿に、おもわず性感を刺激されちゃって…その隙をついて、淫魔の
 おちんちんに体の中のいちばん感じるところを突き上げられ…)
い、あっ…!(びくんっ!)だ、めえええ…
(同時にお尻の中の触手から…毒が体内を犯して…自分の姿を見ることによって
 快楽がはげしく増してしまったことを、さらに後押しするように増幅して…)

 

77 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 01:02:53 ID:8rAn/Kcy
【ん、微妙って言っても…一レスごとにちゃんと、感じていきますよっ…////】
【それに、今度…出されたら、決定的に態度を変化させようと思ってますっ】
【汚されちゃった…もう駄目、ってかんじで思いっきりイキますから…/////;(今回もほんとに逝っちゃったらどうしよう…)】
【今までの射精とは違うのを注いでやる、って描写で、また宝石にも同時に突き刺してください…】

78 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 01:16:56 ID:DribdWJP
よく見えるだろ?
これが聖騎士様の今の顔さ。
チンポ突っ込まれて、触手でケツの穴も犯されて…
胸も搾られながら触手が吸い付いてる…
そして、ブーツも、グローブも、肌も、髪も、顔もみんなザーメンでドロドロになって。
顔赤くして嬉しそうな顔してるのが、今の姿さ。
(触手は細い糸で子宮口を広げ、再び子宮を埋め尽くすように挿入されていく)
(コリコリした子宮口を大きなエラで擦り、無数の突起が精液を射精しながら肉襞を擦る)
(もう愛液と精液でヌチャヌチャのエリスの膣内は、かすかに動かしただけでも激しい音が立ち)
(エリスにもうとこtんまでに全てを汚されている事を教えている)
(自分の状況に呆然とするエリスの口に触手が捻じ込まれ、激しく精に塗れた触手で口内も犯していく)
(その様子をしっかりと魔法の鏡で見せ付けて)

そうだそうだ、淫乱騎士の顔はいやらしく発情してるぞ。
この顔を見て、何も悦んでいない、感じていないなどと誰が信じるか。
さ、もっと素直になるように狂わせてやろう。
(淫魔の呟きに合わせ、口を犯す触手が膨れ上がり、喉奥に粘っこい精液を射精して、強引に飲ませる)
(今までよりも更に濃く、喉に絡むようなザーメンは決定的に何かが今までと違っている)
(触手が引き抜かれ、続けざまに間近で熱いのを射精して浴びせかけ、赤い頬も目元も白く臭いので染めて)
(コスチュームを汚す精は、熱さが倍にもなり、粘度も臭さも段違いで、そかも所々を溶かし始めて直接肌を汚し始める)
(伝わってくるじわじわとした火照りも、ただ事ではなく淫魔が本腰を入れてエリスを堕とそうとしているのが分かってしまう)

そろそろエリスの全部を犯し尽くしてやるぞ!
(その声と共に、エリスのクリトリスに肉紐が巻きつき、引っ張りながら責め)
(結合部に隠れる尿道口にも細かなイボが浮く細い触手が勢いを付けて潜り込んだ)
(乳首に軽く噛み付く触手も母乳を飲みながら舌で乳首を転がして…)

(何より、膣内を犯す肉棒は、荒々しく、逞しく、猛然と最後のエリスの中を荒らし始めていた)

【オッケー、頼むぜえりす】
【今日イったらもう一回余計に追加するからな?ちゃんと我慢するんだぜ…】

79 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 01:51:50 ID:8rAn/Kcy
いっ、いやっ…
(犯される姿をことばで描写する、淫魔の声が…耳から、あたまの中を凌辱しようとするみたいに…
 いやらしく、一言ずつ入り込んで…激しい羞恥心と、そこから生まれる暗い快感に、全身をつらぬかれちゃう)
(よ、ごされてる…うっ からだ中、えっちな液ぬりつけられて…触手に、締めつけられて…)
…ッ、ツ…ッう…
(…おなかの中まで…えっちなおちんちん触手にもぐりこまれて…っ、何度も、えっちな白い液…
 ねばねばのやらしい液…おなかの奥まで…注射、されちゃってっ…)
(淫魔に注入された射精のことを思うと、きゅうっ、と締めつけてしまう)

…っあ…っ…う、はう…う
(エリスいま、えっちな顔、してるっ…淫魔に犯されて…おなかのなか、かき回されてっ…
 我慢しても、駄目なのっ…いままでにも、何度もエッチな事されてきちゃったから…
 からだが、言うこときかなく、なるっ…)

ふ…ッ、く、むうう…っ あう、うッ…じゅぷ…っ
(…ッ口のなかっ、おちんちん触手、もぐりこんで来ちゃっ…)
(前も後ろもっ、同時に、つらぬかれっ……だめ、えっ… こんな、やらしいことされて…また…っ!)
はむ、ん…ちゅ、ちゅぶっ… じゅぶ、じゅぶっ!
…!!ん、んーーッ…ッッツ!! く、う!ごく…こくん…ごく…ッ く、うう…
(や、あああ…ッ また、…っ えっちな液、いっぱい…飲まされてる…うっ…のどに、引っかかって…っ
 ぬるぬる、しながら…えりすのおなかの、中、にっ…いっぱい、流れこん、でるうっ…)
(すごく、やらしいにおいがする…っ 今までのと…違う)
(こんなの、おなかの中に出されちゃったらっ……)

いっ!ああああッ…!!
(クリトリスに巻きついて締め上げる肉の紐に、痛みと間違うほどの…突き刺さってくるような
 快感を与えられてのけぞり)
(胸の触手に、いっそう強く吸われ、飲まれて…)

(痙攣してガードがゆるくなった瞬間をつくように…)
ひあ、ああああっ…そんなとこまでっ、いやああああっ!!
(……が、又……で、ちゃう…っ…っ!!)


80 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 01:55:35 ID:8rAn/Kcy
【うーッ口んなか犯されてけっこう感じちゃったよお…】
【でもまだ我慢する…っ】
【ベルクルスさんに、まけないっ…(って言うと、また感じちゃうっ…えりすはだめな子です…///)】

81 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 02:10:43 ID:DribdWJP
さぁて…そろそろ本気で落としにかかるとすっか…
神様神様俺の下で言われるのもそろそろ飽き飽きしてきたしよぉ。
体中の穴と言う穴、全部犯してやるさ。
それでとどめを刺してやる……
聖騎士様がそれに耐えられたら、許してやるよ。
ま、さすがに期待は出来ないだろうがなぁ。
(尿道口から貫いた細い肉紐が細かい突起で尿道を膣内や直腸と同じように穿り犯す)
(普通のセックスのように、激しい勢いで出し入れし、本来ありえない場所を開発される蕩けるような快感と)
(激しい排泄感を一緒に与えながらクリトリスを引っ張り、そして転がし)
(コスチュームを溶かしながら、其の下にあった素肌をとうとう全てヌルヌルのザーメンで汚しつくし)
(とうとうエリスの身体で汚されていない場所は何処にもなくなってしまった)

本当にお前の身体は気持ち良いな。
可愛いし、スケベな身体だし、感じやすいし……
そして、思ったより気丈だ。
そんなお前の事が気に入っちまったんだよ。
一生そばに置いて可愛がってやりてぇ…
セックスの気持ちよさで蕩けさせてやりてぇ。
他の誰でも与えられない快感で泣かせてやりてぇんだ。
聖騎士様……エリス。
俺様はお前が欲しい……
(耳たぶをくすぐるように細めの触手が伸びて、なぞりながら先端から伸びた細い濡れた肉紐で耳の穴をしゃぶる)
(加えて、エリスに対する熱い執着心をそのまま言葉にしたようなセリフでエリスを責め)
(いよいよ射精間近で、えらの張った祈祷が膨らみ、子宮へと熱く、そしてとびっきり粘度の高く濃厚な……)
(そして毒素も強い、本気の精を流し込むべくピストンが激しくなり始めた)
(宝石を犯した、例の触手針も胸元と首筋に伸び)
(エリスの大事な場所を一度に狙いながら、獲物の……気に入った最高の女の絶頂を待ち構え)
(本人が何と言っても言い訳の出来ない位の激しい絶頂へ導くために膣内の弱い場所をがむしゃらに犯していく)

【しゃぶらせるの結構好みか、しゃべれなくなるから暫くほおっておいたんだがな】
【ほう、いい子だ、俺のも直接しゃぶってもらいたいもんだ】
【感じてもいいぜ、さらに俺に可愛がられることになっちまうけどさ】

82 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 02:39:26 ID:8rAn/Kcy
とどめ…っ、刺…す…? …っ、あ…く…うう
やあ…っ、はあ、う…っ  …耐えられ…たら…っ…?
(突き上げられて、切れ切れになることばも…ほんのわずかに、まだ抵抗の兆しを見せ)
(目の光…そしていやらしい快感にたっぷり嬲られて蕩けさせられた表情が、やはり
 わずかに引き締まって、なんとか意識をふりしぼろうとあがいて)
…っく、ううう…っ、はあ、う、うううっ!
(身に着けてるものが…溶かされてく…っ 淫魔の体液で…全身、覆われて…ッ)
(肌の上を白い粘液がとろとろと流れていくのを、ほとんど快楽に流されかけながら…
 ほんの少しの嫌悪感で、意識を戻そうとするが)
(嫌悪感もすぐに被虐の暗い快感を作り出すことになってしまう)

(淫魔の…まるで求愛するかのようなことばが、再びエリスの耳から
心の中を犯そうともぐりこんできて…)
(さっきまでと違うのは…エリスが、その言葉にあまり嫌悪を抱かなくなってしまったこと…)
エリスの、こと…欲しがってる… あは…あ…っ
淫魔が…エリスをもっと、犯したい、って… …ッ、ひあ、あああっ
(耳の穴に入ってきた細い触手がそれを肯定するようにうごめいて…っ、)
エリスを、せっくすで溶かしちゃう、って…ッ く、ああああッ…だっ駄目ええっ!!
(硬く、熱くふくらんできたいやらしいおちんちんの先に、決定的な汚辱の瞬間が近づいていることを
 知らされて、言葉とは裏腹につよく、つよく締めつけて…おちんちんのごつごつした表面で
 はげしく引っかかれてしまって…がくがく痙攣して)
さ、さっきお口に出されたみたいなっ…濃い、のっ…すごく、えっちなにおいが強い、
ねばねばの精液っ、エリスの中に、注射しようとしてるっ…のっ…!!出されちゃう…っ、注射、されちゃ…うッ!!
(もう、ひどくいやらしいことを…口に出して言ってしまっていることに、自分でも昂ぶってしまって)

83 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 02:45:15 ID:8rAn/Kcy
【うん…お口の中、ねとねとになるくらい汚されるの好きです…っ…////】
【…そんなこといったらまたかんじちゃうよおべるくるすさんに欲情されてると思うともうっ】
【…しゃぶらされたい、無理やり…お口の中、えっちなぬるぬる、いっぱい出されたい…】
【キスのときとおなじくらいしつこく汚してもらうのがいいのっ////】

84 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 03:02:00 ID:DribdWJP
もっと犯したいぜ…
エリスのイヤらしい身体を永遠に。
聖騎士にしとくには勿体無いスケベな身体をずっと犯し続けるんだ。
セックスの事しか考えられないような淫乱牝奴隷に。
俺好みの変態淫乱に調教してやる!
今度のとびっきりに濃い、ゴキゲンな奴を注ぎ込んだ時。
お前は俺の物になるだろう…その時、生まれ変わった聖騎士ではない俺専用の牝騎士エリスになるのさ。
さぁ、観念しな、これからお前に待つのは快楽とセックスの日々だ。
(エリスの言葉がうわごとのように震え、今されている事を呟き始めている)
(その震える口調が、犯される事、決定的に汚されることを期待しているようにも聞こえ)
(ある種の確信を持って、エリスの膣内を自分の好みに作り変えながら複雑にざわめく肉襞の群れを犯し擦る)
(全ての穴を職種と肉棒で犯しながら、体中に粘りつく精液をさらに濃く、匂い立つようなもので新たに染め替えて)
(とうとう激しい一突きを繰り出して、エリスを先に絶頂の快楽へと導いて)

うっ!ぐぉっ!!!!!
エリス!お前が欲しい……
お前をもう、俺様の物にして奪いつくしてやる!!!!
(今までのからかい口調のものとは違い、真剣みの篭った口調で叫ぶと)
(濃厚な、今までのものを10倍に濃縮したような強い淫気の篭ったザーメンを激しい勢いで直接子宮へと叩きつける)
(同時にアナルの触手も、尿道口の触手も、エリスの周りに揺らめく無数の触手も)
(そして、顔面を白化粧で汚していた触手からも、同種の精が盛大に迸った)
(加えて、とどめを刺すように、エリスの汚染された宝石を打ち砕くような勢いで太い針が突き刺さり)
(同じ濃厚な精液を注入して、完璧に宝石の性質を変質させる)

どうだ、エリス……
この快楽、ずっと味わいたくないか?
(淫らな誘惑を孕んだ口調でエリスの傍で囁いて、自分の方を向かせて聞く)

【じゃぁしゃぶってくれよ……あぁ、本当にえりすにしゃぶってもらえたらなぁ】
【キスもセックスも思いっきりメチャクチャにしてやれるのに、お前好みなんだよなぁ】
【しつこくて粘っこいキス、好きか?】

85 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 03:37:51 ID:8rAn/Kcy
(耳元で、犯し続けたい、って言われた瞬間…いままでにない、えっちな感覚の波が…
 エリスを犯してるおちんちんの突き上げといっしょになって、エリスを激しくつらぬいて)
…ッああああッ!!く、ううううッ!!
…っ、変わっちゃう、っ…変えられ、ちゃうううっ…主よ、お救い、くだっ…さっ…
(神の名を唱えることばも、もう自分で犯され、汚される感覚を高めるために発していることを、半ば自覚して)
さっきみたいな、濃い、のっ…注射、されちゃう…のっ…エリスの中で、おちんちんが…っ
発射、したくて…ふるえてるっ…、く、くう、うううっ…主、よっ…お守り、くださ…ッ
ひ、ああああああッ!!!
(まるで剣でとどめを刺すときのような激しく、きつい…感じるところを容赦なく突き刺す一撃で…
 からだの中心を深く、うんと深く…つらぬかれちゃって…)

あ、!!あ!あ!!あーー…ッッツ!!!
(なっ、流れ込んでるうっ、注射されてるううっ…!!!濃い、えっちな臭いの…ものすごく濃いの…っ)
くう、うううーーーッ…!!! 
おなかの中…にっ、 びゅるびゅるっ、 吐き出されてるう…っ はあ、あああッ!
…ッ!!ッああああ!!あっ、アミュレットにっ、エメラルドに……っ くうううう…ッ!!!
おなかん中と、エメラルドっいっしょに犯されてるっ犯されてるうう
入られちゃってるっ注がれちゃってるのっエメラルドにもえっちな液はいってきちゃってるうううッ!!!
主、しゅ、よっ…お許し、ください…いっ…もう、エリス、はっ…
(エリスいっちゃってるのっ、神さまの名前、呼びながら犯されて感じちゃってるっ)
ひあ、ああっ…どんどん、奥まで…エリスの中にしみこんじゃってる…っ

(え、えっちなこと全部、口に出して言っちゃってるのっ…も、もう…エリス壊れちゃってる…っ)

(全身をおちんちんにも淫魔の言葉にもあちこちから強くつらぬかれちゃってがくがくふるえて
 …強すぎる快楽を、唇をかみ締めて耐えているように見えるが、その実、体内に溜め込むようにして
 絶頂を味わい、快楽の圧力を高めて…がくがく震えながら激しく達してる)

86 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 03:42:58 ID:8rAn/Kcy
【ベルクルスさんまたえりすがまんできなくなっちゃうからっもうだめだよお】
【お口むりやりしゃぶらせられるの想像しちゃったからっ、ぬるぬるかきまぜられるの…っ】
【だいすきです、ねばっこいキスいっぱいくちのなか舐めて欲しいの】

87 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 03:56:54 ID:DribdWJP
ハハハッ、エリス。
お前今自分で何を言っているのか分かってるのか?
そうとも、しっかりと自分の事を分かってるようで何よりだ。
子宮にも、力と心の象徴の宝石もみんな俺の物になった。
もう聖なる光を放つ神々しい宝石でなく、闇の黒さを際立たせる芯から黒く染まった石に成り果てた。
そう、お前の心に繋がっている宝石がなぁ。
セックスの気持ちよさに我を失って、溺れているお前はもう…
神に見放されたのさ!
(まだまだ子宮には精液が注ぎ込まれ続けている)
(すでに満杯にまでなった子宮はそれ以上のものおを受け止めきれずに)
(噴水のように勢いをつけて結合部からビュービューと噴出している)
(パチンパチンと高い音を立ててぶつかり合う腰の音も激しく、エリスが何もかも奪われているという事を心に刻みつけ)

あぁ、たまんねぇ…
これが俺の求めてきた最高の女……
エリスぅ……
好きだぜ、もうお前以外の女なんてそうは考えられねぇ。
(達して痙攣しているエリスの顔を自分の方に向けさせ)
(激しく唇を犯し、粘っこい唾液でヌルヌルになっている舌を思いっきり突きこみ)
(グッチャグチャに口の中を舐め回して、唾液が口の間から飛び散るほどかき混ぜて)
(ぎゅうぎゅうにエリスを抱きしめて、淫魔の欲望に満ちた呪われた愛を表現するように)
(ドロドロに蕩けた身体を密着させて、美しくもない、淫らに欲情した本能に任せたキスでエリスを完全に落とす)

こんな興奮したの、初めてだぜぇ…
エリスがスケベすぎて、もう腰止まらねぇ!!
(射精しっぱなしの淫らな肉塊が、ぐちょぐちょに膣内を穿って)
(エリスを快楽の波でさらっていく)

【どぴゅどぴゅ、濃いのを飲ませて、口の中ドロドロにして】
【えりすのデカイオッパイを揉みくちゃにしながら、オマンコ犯したい】
【エリスだけじゃなくえりすも本当に犯したいぜ…】

88 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 04:22:43 ID:8rAn/Kcy
…ひ、くっ…う、…はう、うっ…え、りすはっ…も、うっ…
(からだの中でびくんっ、と震えたおちんちんに、…しつこく射精をくりかえされ)
はあっ、くう、う!!あう、…うっ…
(今まで経験したことのない、あまりにも濃くてするどい絶頂に全身を舐め尽されて、
 まだ細かく震える体の中心を、射精が終わっても硬いままで…
 そのまま淫魔の腰の動きに突き入れられ、びくびくと震え続けるぉちんちんに刺激され続けていて)
ひあ、ああっ!く、ううう!!
(まっ、また、出されちゃってる…っ)
(ときおり、思い出したようにしつこくおなかの中にえっちなしずくを吐き出す
 おちんちんに、何度も刺激されて…けいれんをくりかえしちゃう)
やあ…あっ…多すぎる、よっ…もう、受け止め、切れない…っ…

(も、うっ…逃げられなくても…いい、のかも…っ)
(この、ままっ…神に見放された以上…っ教会には、もう帰れない…)
(…そんなのは、いいわけだ…エリスは、えっちなことが好きなんだ…)

…ッふ、ああっ…ぬちゅっ…ぬちゅ…(舌、が…口の、中…ぬるぬるに、かきまぜっ…)
(ッ…ああっ、射精、してるのにっ…おちんちん、まだエリスの中で、びくんびくん、して…るのにっ
 …っはあ、あっ!射精されながら…っ、やらしいキス、されてっ… 
 …出、てるう…っ また、おちんちん…びくん、…って、っ!はあ、あああッ!!)
だっ、出しながら…ッ んむ…っ チュ…ぬちゅ…ッ 
こんな、ねちっこく…っキス、しちゃっ…く、うう、ッ
(射精されるたびに舌がふるえちゃって…淫魔に、その震えまで味わわれてるっ…)

89 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 04:26:56 ID:8rAn/Kcy
【べるくるすさんロールの射精にあわせてえりすのなかにだして】
【犯されてるよもうえりすgべるくるすさんのおちんちんでsつきさされてふるえてるの】
【ぬるぬるのいやらしい液だして、いっぱいちゅうしゃして】

90 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 04:30:44 ID:DribdWJP
【大丈夫か?もう遅くなってきたし、今日はこの辺までにしておこうか】
【しかし、エロいぜ…エロ過ぎるぜえりす…】
【えりすはバックからグチャグチャに突きまくって犯したいぜ…】

91 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 04:32:21 ID:8rAn/Kcy
【は、いっ…べるくるす、さんっ…時間的にも限界です、し】
【いつになく激しく飛んじゃいました…声出ちゃった…////;】

92 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 04:34:47 ID:DribdWJP
【あぁ、やっぱりイッてたか…】
【それじゃ約束守れなかったえりすには罰としてロールもう一回追加だな】
【まったく、俺はえりすの声聞こえないから生殺しだぜ畜生】
【それで、次はいつにする?】

93 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 04:40:48 ID:8rAn/Kcy
【はい…////今日のはとっても効いちゃいましたっ…】
【ふあっ…ごめんなさいい…】
【えへへ…声聞かれたら…それも感じちゃうかもっ♪】

【えとっ…火曜日と、木曜日は空いてます…】
【あとは土曜日ですね…】
【でもベルクルスさん平日は無理なんじゃ…なかったですか?】
【やっぱり土日でしょうか?えりすは土日どちらか、ずらすこともできます…】

94 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 04:44:51 ID:DribdWJP
【まぁ、確かに平日は長くは出来ない】
【だから金曜土曜って所だろうな…】
【本当にえりすのスケベにイク声は聞いてみたいぜ、なんてな】
【感じてくれたなら嬉しい事だ】

【じゃぁ、土曜になっちまうか?】

95 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 04:48:05 ID:8rAn/Kcy
【そうですね…えりすとべるくるすさんの、今のロールのペースだとこま切れはちょっとつらいので…】
【土曜日か…ちょっと見込みはうすいですけど、もし金曜日空いたら、伝言しますっ…】


96 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/08(月) 04:51:21 ID:DribdWJP
【あぁ分かった、それじゃ連絡を待つぞ】
【今夜は久しぶりに長くして疲れただろう?】
【ゆっくり休んでくれよ、そんじゃまた遊ぼうな】

【じゃ、スレを返すぜ、ありがとな】

97 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/08(月) 04:54:16 ID:8rAn/Kcy
【はいっ…(実はまた落ちかけてましたあ)】
【凄く楽しかったです…////】
【ベルクルスさんも、疲れを取ってくださいね?…今夜もありがとうございましたっ…】

【おやすみなさい…ちゅっ♪】


【スレをお返しします】

98 :名無しさん@ピンキー:2008/12/08(月) 16:11:12 ID:Rrx7ZC/u
俺もエリスとエッチしたいよ…

99 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/10(水) 00:23:44 ID:NaK/PWaL
【お邪魔いたします。私は>>6ですが、しばらく待機いたします】
【ダンジョンの主的なモンスターに無残に犯され尽くす、というのが理想ですわね。既に囚われの身、というのも承ります】

100 :名無しさん@ピンキー:2008/12/10(水) 00:57:38 ID:xDpoKfjR
【お相手させてください。】

101 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/10(水) 01:04:47 ID:NaK/PWaL
>>100
【こんばんは。どういう流れをご希望ですか?】
【あと、演じる予定のキャラ設定も教えてくださいな】

102 :名無しさん@ピンキー:2008/12/10(水) 01:08:34 ID:xDpoKfjR
【ダンジョンを探索中、落とし穴に落っこちてしまい、そこにいた魔物と戦いになるが、負けて犯されるっていう設定でいかがでしょう。こちらはタコ型の魔物です。】

103 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/10(水) 01:18:16 ID:NaK/PWaL
>>102
【落とし穴には悪い思い出があります。と云うか、悪い思い出しかないので、お断りしたいと思います。実は、過去に複数のスレで別キャラと捨てキャラで活動しておりまして、それぞれに落とし穴を持ち掛けられたことがありまして】
【数レスで相性が合わないように思いましたのでお断りしたところ、ちょっと後味の悪いことになりましたので】
【これで失礼いたします、ごめんなさい】

104 :名無しさん@ピンキー:2008/12/10(水) 01:26:53 ID:0YlKLdVB
【ははぁ〜あのキャラやってた方かな?】
【いわゆる情熱ショックですね。分かります】

105 :名無しさん@ピンキー:2008/12/10(水) 01:28:19 ID:0YlKLdVB
ここにも情熱による被害者が一人

106 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 00:01:19 ID:NaK/PWaL
【こんばんは。私は>>6ですが、懲りずに待機続行いたします】
【ダンジョンの主に犯され尽くすのが理想ですわ。既に囚われの身の上、というのも承ります】

【曝しageはおよしなさいませ】

107 :名無しさん@ピンキー:2008/12/11(木) 00:05:29 ID:drr0Tda7
ダンジョンの主という事は人間型?
人間型の魔物に性奴隷として魔物の思うがままに犯されつくしてしまう
というのが理想?

108 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 00:14:59 ID:/a1+HSqD
>>107
【こんばんは。ベースはヒト型というのが、ロールがイメージしやすいんですよね】
【獣姦は趣味じゃないので】

109 :名無しさん@ピンキー:2008/12/11(木) 00:17:47 ID:drr0Tda7
>>108
えっと、という事はジャスティン×ダンジョンを支配している主(人)で
こっちは普通の人間のように動くが、周りから触手やらなんやら伸びて
拘束し、レイプ気味にジャスティンさんを貪り続ける…

という感じですかね。


110 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 00:22:53 ID:/a1+HSqD
>>109
【ヒト型をベースにしたモンスター(悪鬼でも獣人でも)&触手で拘束、素敵ですわね。ええ、無理強いに貪るのも好きなプレイですわよ】

111 :名無しさん@ピンキー:2008/12/11(木) 00:30:22 ID:drr0Tda7
でも切断や骨折等の怪我やスカがだめなら、ひたすら犯し続けて
人型の獣人、あれなら鬼とかだとやりやすいですかね。ありきたり
ですが。
 えっと話がそれましたが、鬼に精液を中に出し続けられて、ジャスティン
の体と心が次第にその鬼の精液と犯し続けた性器と触手
を求めるようになる…という展開ですかね。

もしよろしければ、その鬼になりましょうか?

112 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 00:36:12 ID:/a1+HSqD
>>111
【ええ、重傷や重態は困るんです。ソフトSMの範疇ならきっと大丈夫ですわ】
【ぜひ…お願いします。この場合、虜囚となってまだ日が浅く、純潔を奪われ何度も犯されてもまだ抵抗している状態から、ついに負けを認めて"それ"をせがむまで…な展開かしら】

113 ::2008/12/11(木) 00:41:34 ID:drr0Tda7
【ほい、んじゃこんな書き出しでどうでしょ、って今からじゃ
眠気大丈夫ですか?】

(あるダンジョンの傍ら。両手・両足を拘束され、下着代わり
に薄い布を身につけているジャスティンと一体の鬼が対峙している)

なあ、ねえちゃんよ、もう楽になっちまえよ…なぁ?
お前はもうここから出られない、死ぬまで俺らのおもちゃになるん
だからさ…
(木製の棍棒をジャスティンの顔に軽く叩くようにしながら)

114 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 00:49:10 ID:/a1+HSqD
【眠気は平気ですよ。では、よろしく】

ふん、いい加減にしろ、これでも騎士のはしくれなんだ、悪鬼風情に屈するわけには…。
(目の前の鬼を睨むが、捕えられた最初の勢いはない。何度も犯され、言葉でも辱められ、昨夜からは不思議と体の中心部が痺れたようになり、それを悟られまいと悪態をつく)
(薄物ごしに、鍛えられた体の線が浮かぶ)

115 ::2008/12/11(木) 00:56:10 ID:drr0Tda7
>>114
へぇ、俺のチンポをここに何度もぶち込んだのにか…?
(突然ジャスティンの陰唇を鬼の手で触りだし、ごにょごにょとなぞる)

まだ足りないらしいな、お前の調教が…ったく誰だよ、こんな
へんな女捕らえたやつは…まあ体は喰いがいのある体だけどな…
(胸を乱暴に揉みしだき、胸に着けていた布を剥ぎ取る)

じゃあ、今日もお前の調教でも始めるかな、こいつを使って…
(一旦離れてある箱を持ち込み開ける。そこからは無数の触手が
伸びて蠢いているローパーみたいな生物がはいっている)

116 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 01:05:29 ID:/a1+HSqD
(浅黒い顔が羞恥で赤らみ、体を固くする)
なっ…おまえらは、そんなことしか考えられないのか!
(昨夜も太くゴツゴツした男根で繰り返し犯され、熱い精液を注がれ、あるいは顔に塗りたくられて狂乱したのを思い出し、秘裂に蜜がにじむ)
あ…やめろ、触るな!
(花弁と張り出した胸を弄られ、さらにおぞましい生物を見て体をよじって抵抗する)

117 ::2008/12/11(木) 01:12:51 ID:drr0Tda7
>>116
へぇ、この前はこいつでお前の体を支配しつくしたじゃねーか?
あと俺らのチンポでよぉ…
(ローパーを見せたままにしながら、再び胸やアソコを弄くっている)

なーに、こいつの使い方は簡単だ、まずこいつの根っこにあるやつを
俺が食うと、俺の意思でこいつは動くようになってだな…
(ローパーを取り出して下部にある玉みたいなものを鬼が引きちぎって
食べる)

お前のへその辺りにこいつを取り付けるっと。オラ、動くなっ…
(ジャスティンの顔を一度ひっぱたき、ローパーをジャスティンのへその
あたりに取り付ける)

でだ、例えばお前のおっぱいを犯したいと俺が念じれば…こうなるわけよ…
(鬼がローパーに胸を犯すよう念じた瞬間、数本の触手がジャスティンの
胸に絡み犯して行く)

どうだ?新しくて良いだろう?これでお前の全てを同時に調教できるって
わけよ。


118 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 01:22:20 ID:/a1+HSqD
聞きたくない!
(喘ぎ声を噛み殺しながら、恥骨を突き出すように腰を振り)
そんな…やめろ!
(頬を叩かれて大人しくなるが、触手を取り付けられてまた騒ぎ出す)
(数本の触手が乳房を掴み、撫で、乳首を包むと蠕動して刺激を与える)

119 ::2008/12/11(木) 01:28:53 ID:drr0Tda7
>>118
やめろっていって誰がやめるんだよ。
もうお前はここで快楽しか味わえないんだからな?
んんっ…!!んはっ…こんな艶やかな唇なんかしててよぉ
…ここにもこいつを入れておくか…
(ジャスティンの唇を奪い、無理やり舌を絡め取って離す)
(その後、ローパーに念じ、追加で触手をジャスティンの口内
へ放り込んで、ピストンさせて出したり入れたりしている)

ほら、こんなに蜜が垂れてるじゃねーか、言葉と体の反応
はぜんぜん違うってか?想像どうりの女だな、お前っ…!!
(鬼の指をジャスティンの膣にいきなり入れて中でグリグリと
動かす)



120 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 01:36:04 ID:/a1+HSqD
(乳首を執拗に攻められ、それを鬼に視姦されてさらに蜜を滴らせ、唇を奪われると反射的に舌を絡める)
んんっ…!
(潤んだ瞳で鬼を見て、すぐに目を閉じ、口に侵入した触手を、まるで男根に奉仕するようにしゃぶる)
んんっ!んおっ!
(沸き立つ膣内を指で犯され、締め付けて腰を振る)

121 ::2008/12/11(木) 01:42:24 ID:drr0Tda7
>>120
ほらほら、お前の大好きなチンポ、ここに欲しいか?ん?
こうやって一杯突かれたいかぁ!?
(突然指のピストンのスピードを上げて膣内を犯す)
(その際ローパーに念じ、口を出入りしている触手のスピードと
胸を貪っている触手のスピードを合わせていく)

ははは、この女、汁垂れ流し状態じゃねーかよ、こんなに
お漏らししちゃってよー!、アハハハハ…!!
(突然指をジャスティンの膣から引き抜くと、ジャスティンの中
から溢れ出たものがどっとでてくる)

ほら、これ舐めたいんだろ?
正直に言っちゃえよっ…!!
(口を犯している触手を引っ込ませ、拘束具を動かして、
ジャスティンの目の前に鬼のペニスを露出させて見せ付ける)

122 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 01:52:34 ID:/a1+HSqD
(指と触手で弄ばれ、複数の男に犯されているような錯覚に陥り、さらに派手に呻いているのに気付き、愕然とする)
(鬼と触手のコンビネーションは絶妙で、波にさらわれそうになる)
(鬼が性器から指を引き抜くと牝の匂いが鼻をつく。拘束具をガタガタいわせて暴れていたが、目の前に自分を蹂躙した逞しい男根が聳え、牡の臭気を放っているのに圧倒されて)
わかった、どうやら私の負けらしい。この火を鎮めるためなら、おまえのこれを舐めるくらいお安い御用だ。

123 ::2008/12/11(木) 02:00:50 ID:drr0Tda7
なんだよ、やけに素直になったな?けど、素っ気ねえのが
気にくわねえな…あぁ!?
(ジャスティンの顎を持って挑発する)

とりあえずは抵抗をしなくなったご褒美にこれをやるか…ほらよっ…
(ローパーに念じ触手がジャスティンの膣を犯し始め中で蠢く)

ほら、こうやった方が艶やかな声でて興奮するからな。
ほら、お前の大好物だ、丁重に扱うんだぞっ!
(鬼のペニスをジャスティンの唇に擦りつける)
(胸の触手は乳首にまとわりつき、先でつつきながら乳首を摘み上げている)


124 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 02:11:15 ID:/a1+HSqD
(触手が膣内で暴れ、襞を擦る感触に耐え切れず叫び、敗北感に涙を一筋流し、鬼の男根に口づけを)
あ…っ!そこ!お願い、もっと…!
(触手が膣内の最も敏感な場所を探り当て、そこをえぐるように責め立てるので、ついに慎みや羞恥心を捨ててしまい、鬼の牡臭い男根を吸い込むようにくわえ、唾を塗すように舌を這わせる)

125 ::2008/12/11(木) 02:17:21 ID:drr0Tda7
ほら、美味しいか?俺のチンポ。
俺のザーメンもしっかり飲むんだぞっ…ほらほらっ…
(腰を激しく動かしてジャスティンの口でのピストンスピードをあげる)
(それにあわせ膣内触手は1本の太い触手のようにまとまり、ピストン
させて、さぞペニスで突いてるかのごとく蠢く)

うぁぁぁっ…ほらっ、出るぞっ…
お前の顔で受け取れよっ…!!おらっ・・・!!
(激しく腰を振った後、一旦ペニスを引き抜き、ジャスティンの顔一面に
ザーメンをぶちまける)
(膣内で蠢いてた触手も同じタイミングで引く)

ほら、どうだ?俺の味は。美味しいだろ…?

126 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 02:26:29 ID:/a1+HSqD
(触手が一本にまとまり、太い男根で犯されているように感じ、さらに口を犯されているので、同時に二人の男の相手をしているようで、背徳感に怯えながら快楽を貪る)
はぁ…はぁ…おいしい、濃くて臭くて…濡れちゃう、私の…いやらしい、欲張りな性器が、熱くなって…。
(鬼の精液にはフェロモンが含まれているのか、いやらしい言葉ばかりが出て来る)
いや…からっぽ…お願い、昨日みたいに、もっと、激しく…。
(口の周りの精液を舐めながら、切れ切れにつぶやく)

127 ::2008/12/11(木) 02:32:31 ID:drr0Tda7
ほう?じゃあ、俺が激しくできるように自分で
腰振って見せろよ?これ外してやっからよ…
(ジャスティンの両手両足の拘束具を一旦外して、その代わり
手首同士と足首同士をそれぞれ、鎖と拘束具でつなげて
拘束する)

ほら、淫乱な雌ブタさんよ、俺のチンポをどうやって受け入れるか、
態度で示してみろよ?ただ少しでも変なことを考えたら
お前の腹のローパーがお前の体を突き刺すからな…
(ジャスティンの顎を持って挑発する)

128 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 02:44:13 ID:/a1+HSqD
わ、わかった…。
(拘束具がはずれてほっとするが、すぐに手首と足首をそれぞれ拘束されて、もどかしげに体をくねらせ)
(仰向けになって膝を開き、蜜があふれて触手に犯され、ぱっくりと口を開けた性器を露出して)
ここに太くて長くて逞しいのを入れて、乱暴に突いて昇天させて!
(次いで四つん這いになり、褐色の引き締まった尻を突き出してゆっくりと回して見せ)
早く犯して!昨日みたいに、熱い魔精を注いで、満たして!
(その様子は、すでに騎士のものではない)

129 ::2008/12/11(木) 02:53:10 ID:drr0Tda7
ははっ…とうとう壊れちまったみたいだなっ…
だったらこれもいらねーかっ…!!
(ジャスティンの手と足にある拘束具をつないでいる鎖を引きちぎって壊す)
(そのかわりジャスティンの腹にあるローパーは体を小さくしながら、触手を
それぞれジャスティンの手首と足首に伸ばし、絡みつく)

その触手は伸び縮みすっから、暫定的には自由にしてやった。
とはいっても、演技かも知れねーからな?変なことを
かんがえたらその触手がお前を殺す事を覚えとけよ…
じゃあ、ご褒美だ…!!
(鬼のペニスをジャスティンの秘部にあてがって擦りつける)

ほら、入るぞ?雌ブタなら尻と手でしゃぶりつけよっ…!!

130 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 02:59:11 ID:/a1+HSqD
壊れた…あはは、だって、騎士でいるより気持ちいいんだもの!
(晴れやかに笑い、拘束が解けたので伸びをして)
早くっ!焦らさないで!
(蜜を男根になするように腰を振り、バックで犯してもらいたがって喘ぐ)

131 ::2008/12/11(木) 03:05:48 ID:drr0Tda7
あ!?誰に物言ってんだてめぇ…!!
おめえは俺らの雌奴隷なんだよっ…なに主張してんだ…!!
(尻を思いっきり掌でぶっ叩く)

おめえは俺らのおもちゃなんだから俺らの思い通りに
腰振って快楽貪ってりゃ良いんだよ…これを入れるのも
俺次第なんだよっ…ああっ…!!こうやってなっ…!!
(あてがっていたペニスを勢い良く入れて、奥まで突き刺す)

ほら、自分で動いてみろよ?欲しかったんだろ?おチンポをさぁ…!!
(何度か腰を振って膣に鬼のペニスを味わってもらい、尻を
叩きながらせかす)

132 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 03:11:11 ID:/a1+HSqD
>>131
【大変申し訳ありません、なぜか眠気に襲われましたので、ここで下がらせていただきます】
【お相手感謝いたします】

133 ::2008/12/11(木) 03:15:26 ID:drr0Tda7
>>132
【ほい、凍結がご希望でしたら、次これる日時書いといてくださいな】
【今日何度かまた見に来て書いてあったらトリップつけて待ってますね】

134 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2008/12/11(木) 18:17:07 ID:/a1+HSqD
>>133
【昨夜はお相手ありがとうございました。今週は忙しくなる予定で、時間が空いてしまいそうなので、これでお開きにさせてくださいな】
【脳内で補完&反芻しました…】

135 :名無しさん@ピンキー:2008/12/12(金) 17:20:35 ID:HM9FvxFV
test

136 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/12(金) 23:02:46 ID:EatDPbLn
【スレをお借りしますっ…ベルクルスさんとの凍結解除に使います】
【ベルクルスさんちょっとのあいだ…15分ぐらい待っててください】

137 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/12(金) 23:05:36 ID:+Rcyp45s
【同じくスレを借りるぜぇ】
【よぉ、いい夜だな…】
【唐突な話だったから無理かと思ったぜ、あぁ、ゆっくりしてきな】

138 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/12(金) 23:18:55 ID:EatDPbLn
【お待たせっ♪戻りましたあっ!】
【今日はベルクルスさんからだよね…?】

139 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/12(金) 23:22:59 ID:+Rcyp45s
【お帰り、エリス】
【こっちからの番なのは、確かなんだけど……】

【実はな、突発の用事が入っちまって今日はもう時間が無いんだな…】
【仕事行って、その口で言われた事でこっちも面食らってるんだがよ】

【今回で最後だから時間がたっぷり取れる日で〆たいんだが、ダメか?】

140 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/12(金) 23:26:00 ID:EatDPbLn
【あ…それならそれでぜんぜん大丈夫ですよっ?】
【エリスも落ち着いてできた方がいいですから、ベルクルスさんの予定をまた、伝言してくださいっ】
【ゆっくり休んで、最高の終わり方ができるように体力つけときます♪//////】

141 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/12(金) 23:30:05 ID:+Rcyp45s
【多分俺が今度ゆっくり出来るのは直近で水曜…】
【それが過ぎると多分日曜とかになりそうだなぁ】
【エリスは大丈夫か?】

142 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/12(金) 23:35:55 ID:EatDPbLn
【うーん水曜日…はだめですっ、ごめんなさい…次の日早いので…】
【そうすると日曜日、でしょうか…(エリスは金曜土曜が一番なんですけど…;)】

【では、いちおう日曜日、ということで…いいでしょうか?】


143 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/12(金) 23:38:50 ID:+Rcyp45s
【そうか……がっくし】
【悪ぃな…来週は元から忙しかったもんでよ、うまくいけば土曜の夜空くかもしれないが】
【これはホントギリギリにならんと分からんので、確約は出来ない】

【一応日曜の夜11時をベースに、運がよければ土曜にって約束でいいか?】
【迷惑かけちまって悪ぃな…焦らせちまうし】

144 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/12(金) 23:44:35 ID:EatDPbLn
【ごめんね…水曜はだめなことが多いんです…】
【はい、わかったらでいいです…伝言待ってます♪】

【はい、OKですっ…】
【ううん、エリスはちゃんといい子にしてがまんできるよっwベルクルスさんこそがまんできるのお…?w
 もう少しでエリス堕ちるんだよ?えへへ】

145 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/12(金) 23:48:39 ID:+Rcyp45s
【ばっか、我慢できるわけねぇだろ…】
【だから悔しい思いしてこんな話してんだしよ】
【じゃぁ、さ、ゆっくり待っててくれよ、待ちきれなかったら他のと遊んでてもいいから】

【随分付き合ってもらってっからなぁ…】
【じゃぁ、来週土曜の夜11時に待ってるぜ、その日はぶっ飛んだりするなよ?】
【飛んだらそこで最後になっちまうんだから】

【そんじゃ、悪いな伝言待っててくれ!】

146 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/12(金) 23:56:12 ID:EatDPbLn
【えへ…/////エリスも、ベルクルスさんが最後までちゃんとしてくれるの、すっごく楽しみに待ってるよ…////】
【ううん、約束してる人がいるときはよそ見はしないよ?ちゃんと待ってる…】

【うん…;がんばりますっ!…今度こそ////】

【はい…待ってまーす♥ おうやすみなさい…ちゅ♪】

147 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/12(金) 23:58:08 ID:EatDPbLn
【 おうやすみ>おやすみ …はずかしいっ/////  】

【スレお返しいたします】

148 :ベルクルス ◆dDo6mL6hZA :2008/12/12(金) 23:58:37 ID:+Rcyp45s
【そうかよ…嬉しい事言ってくれるじゃねぇか】
【待たせた分のものは見せてやるからな、楽しみに待っててくれ】

【じゃぁよ、次はハートマークビンビン飛ばしまくって悶えるエリスを楽しみにしてるな】
【スレを返すぜ、ありがとよ】

149 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 17:31:48 ID:Gox4WX5T
【待機します】

【他スレから探検に来ました】
【プロフは↓参照で】

剣と魔法の世界
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1216865698/


150 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 18:56:06 ID:TJodA9Fe
まだいますか?
立候補したいです

151 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 18:59:36 ID:Gox4WX5T
>>150
【よろしくお願いします♪】
【シチュ希望はありますか?】

152 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 19:04:51 ID:TJodA9Fe
舞央さんを用心棒として雇って迷宮内を探索…
ムラムラしてきてお願いして触らせてもらうというのはどうですか?
あとされたらいやなことも教えてください。

153 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 19:16:33 ID:Gox4WX5T
>>152

【まさに私向きのシチュですね♪】
【改造と強姦はダメです】

【良ければプロローグ書きましょうか?】

154 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 19:23:08 ID:TJodA9Fe
もう一つお願いが
お尻でペニスを挟み込んで気持ち良くしてほしいです
改造も強姦もしませんから…
プロローグお願いします

155 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 19:27:13 ID:Gox4WX5T
>>154

【そちらの職業と容姿…強さをお願い】
【できますか?】

156 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 19:33:06 ID:TJodA9Fe
【こちの職業は魔術師で】
【容姿はローブと杖を装備した普通の青年って感じかな…】
【強さは舞央と互角ということでお願いします。】

【それで尻ズリのほうは大丈夫でしょうか?】

157 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 19:35:58 ID:Gox4WX5T
【それではプロローグを書き始めます】

【大丈夫ですよ】

158 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 19:38:56 ID:TJodA9Fe
【よろしくお願いします】
【もしできるようでしたら可能なかぎりお尻を強調した文を書いてください】

159 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 19:44:08 ID:4CUCjtnb
また情熱か

160 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 19:47:16 ID:Gox4WX5T
とあるダンジョンの近くの酒場…
ダンジョンに潜った者…
ダンジョンに潜る者…
様々な人々が酒を酌み交わし笑い声が響く

そんな酒場の隅にて一人飲んでる人物へと魔術師の青年が近寄っていった…
これからダンジョンに潜る青年は、前衛を任せる人物を探していたようだ。
その翌日……二人はダンジョンへと潜っていった…


此所がダンジョンですか……話には聞いてましたが初めて来ました…♪
(場違いなメイド服に獣の耳と尻尾…獣人だろう少女が感慨深げに呟いた)

161 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 19:57:03 ID:TJodA9Fe
そうか…俺もあんまり慣れていないからな
(目の前を歩く舞央に小声で話しかける)
(薄暗い石畳の中灯をつけると目の前には舞央の後姿が見える)
(しかし不釣合いな格好だ…そう思いながら後を進む)

(実は舞央を雇ったのは用心棒のためだけではない)
(容姿に惹かれムラムラしていたからだ)
(こっそりと性欲を満たそうと魔法で灯をさらに強くして)
(気づかれないように鏡を差込み舞央のスカートの中を覗いた)
ところで…そんな服で戦えるのか?
鎧とかは要らないのか?

【パンツはどんなものを身に着けていますか?】


162 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 20:13:19 ID:Gox4WX5T
>>161

そうなんですか?…では用心して進まないといけませんね……
(小太刀を両手に構える)

下手な防具は速さを殺しますから…この服意外と丈夫なんですよ♪


【黒のスパッツですが?】

163 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 20:21:37 ID:TJodA9Fe
そうなのか…それはすごいな。
(見た目よりも性能の高い防具らしい)
(しかしそんなことより関心は舞央のスカートの中に集まっていたが)
何だ、スパッツか…しかしなかなかいい尻をしているな。
大きいが引き締まっていて…はあ、はあ……
(ついつい息も荒くなり舞央に聞こえるくらいの大きさの声でつぶやいてしまう)

おっと……
(あわてて我に返り鏡をしまう)


【今後の流れなのですがまずはメイド服に穴をあけてスパッツのお尻を丸見えにさせる】
【その後しばらく歩き続けてモンスターとの戦闘】
【勝ってさらに探索を進めるが罠にはまり部屋に閉じ込められる…これでいいでしょうか?】


164 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 20:35:07 ID:Gox4WX5T
>>163

緊張感は持って下さい…
(はぁ/呆れる)


【まず味方にどんな攻撃をしたら…戦闘に着てくる服を破けるんですか?】
【戦闘自体は大丈夫です】
【罠で閉じ込められるのも流れでなら】

165 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 20:38:24 ID:TJodA9Fe
【魔法で防御力を下げて…と考えました。】
【もちろんあとで直します】
【よければつづき書きますが…】

166 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 20:52:15 ID:Gox4WX5T
>>165

【……そうゆうダンジョンでしたね…】
【続きお願いします】

167 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 21:00:40 ID:TJodA9Fe
(スパッツ越しの舞央の大尻を見て我慢できなくなって)
ちょっとくらいなら、ばれないよな?
(魔法を唱え耐久力のある装備をお尻の部分だけ素手で引きちぎれるくらいに劣化させ)
(あっさりと破いてしまった、切れ端はあとでくっつけるために保管しておく)
おっ…いい眺め。
(ふりふりと揺れる真ん丸のヒップに息を荒くしながら歩く)
(舞央は気づいているだろうか…?)
(歩くたびにプリプリ弾むお尻につい手が出そうになる)

……ん?
(そのときふと遠くでモンスターの気配を感じた)


【戦闘に入ります。】
【尻を振る、自分の至近距離でヒップを突き出すという行為を繰り返してほしいです。】
【こっちはすぐ近くで魔法で支援しますね。】



168 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 21:11:07 ID:Gox4WX5T
>>167

(何で組んでしまったんでしょう/後悔)
何してるんで……!!
(気配を感じ/小太刀を構える)

169 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 21:17:23 ID:TJodA9Fe
魔物か…
(舞央に遅れて気がつき魔法の準備をする、後からは来ないようだ)
じゃあ、前のほうは任せたぞ。
(ダイナミックに動くであろう舞央のお尻を想像しながら後ろに下がる)
(つかず離れずの距離で待機する)

【お尻のほうを期待してます】


170 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 21:22:57 ID:Gox4WX5T
>>169

……了解しました…
(魔物の種類は分からない)
どんな魔物が出るんですか?
(青年に問う)

171 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 21:28:56 ID:TJodA9Fe
(すぐ目の前にあるスパッツ尻にどさくさにまぎれて指でつついたりして)
(気づかれないようにビクビクしながら)
たいしたことはない、ただのオークの群れだ。
(あまり強くない魔物なので一人でも何とかなるだろうが)
舞央、一応気をつけろよ……
(しゃがみこみアイテムも用意しいていたので尻に向かって話しかけてしまう)

172 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 21:40:45 ID:Gox4WX5T
>>171

小鬼共ですか…殺ります……
(筋肉が膨らむ)

はあぁっ!
(一体目の懐に飛込み喉を掻斬る/転じて…周囲を蹴り崩し引く)


173 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 21:46:20 ID:TJodA9Fe
いいぞ…押してる。
(圧倒的な強さの舞央をすぐ近くで見ながらこれなら自分が参加しなくてもよさそうだと安心する)
(ぷるぷるぷりぷり揺れるお尻を見てペニスを勃起させながら戦闘の行方を見守っていた)
すごいな……あのお尻、ちょっとでいいから大きなお尻触らせてくれないかな。
(目の前で弾むスパッツ越しのお尻に興奮していた)


【お尻をいっぱい強調してほしいです。】
【突き出したり振ったり顔にぶつけてくれると嬉しいかな…】


174 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 21:57:07 ID:Gox4WX5T
>>173

(腕を脚を喉を胸を腹を耳を斬り裂き/眼を心臓を肝臓を貫く)
はぁっ!ふっ!たぁっ!

(青年の側まで下がり)
数が多過ぎますね……
(舞う度にスカートがひらめき/着地時には揺れる)

175 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 22:04:41 ID:TJodA9Fe
おおっ…いいな…あの尻……
(武器を振るうたびにたっぷんたっぷん揺れるお尻にすっかり見とれていたが)
(思ったよりも数が多く苦戦しているようだった)
大丈夫か?
(破れたスカートがひらひらめくれお尻がたわむ)

今度は俺の番だな。
(準備していた風の魔法を唱え大群を切り裂く)
いまだ、舞央…とどめを!
(残った敵が逃げようとしているのを目ざとく見つけ)


【ありがとうございます。】
【今後も揺れるお尻の描写をたくさんお願いしたいです。】
【あと制限時間を教えてください】

176 :星野 奈留 ◆7qvFJ/Kudk :2008/12/13(土) 22:07:33 ID:SYSUiAAf
>>174
掛け持ちしてるのに、一言くらいあやまったらどうなの?
私は凍結するって言った覚えありません。
あなた最低です。
さよなら。

177 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 22:12:29 ID:TJodA9Fe
【同時進行はこっちは気にしませんので】
【濃厚な尻の描写を期待してます】

178 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 22:15:47 ID:Gox4WX5T
>>175

感謝します…
(回転しながら火刃を振りまく/焼き倒す)

とりあえず凌ぎましたね…♪
(殺気をとく)

179 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 22:24:34 ID:TJodA9Fe
ふう…数が多いとやっぱり苦戦するな。
大丈夫か、舞央?
(気遣いながら傷薬を渡した)

あいつら…この奥の部屋を守っていたのか。
宝があるかもしれない、行ってみるか。
(どさくさにまぎれて手のひらをべったりと舞央のお尻にくっつけながら歩き出す)
(助けた恩でこの位は許してもらえると思ったからだ)


【もう一度今後について…】
【このあと罠にかかって閉じ込められてしまいますが…】
【前別の人にやっていたみたいに擬音をふんだんに使ってお尻の柔らかさを表現するのを希望します。】
【あと制限時間について教えてください。】

180 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 22:31:23 ID:Gox4WX5T
>>179

(傷らしい傷もなく)
わかりました…♪
(部屋に向かう)

181 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 22:35:26 ID:TJodA9Fe
【人の話聞いてますか?】
【何時までできるか聞いているのですが…】
【あと擬音の方もお願いします】

182 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 22:37:57 ID:Gox4WX5T
>>181

【7:00までです】

183 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 22:40:10 ID:TJodA9Fe
【わかりました、続き書きますね】
【お尻の方も了解していただけますか?】

184 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 22:42:30 ID:Gox4WX5T
>>183

【了解】

185 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 22:47:28 ID:TJodA9Fe
(扉を開けて小さな部屋を進む)
(真ん中には宝箱が置いてありいかにもいいものが入っていそうだ)
やったな…舞央、これは期待できそうだ。
……わながあるかもしれない、解除の手伝いをしてくれるか?
前かがみになって箱に怪しい部分がないか調べてくれ。
(舞央のすぐ近くに座り道具袋から罠解除の道具を探す)
(もちろん舞央のお尻をべたべた撫でながら)


186 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 22:53:30 ID:Gox4WX5T
>>185

良かったですね…♪

はい…了解しました……
(周りを調べてみる)

187 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 22:57:45 ID:TJodA9Fe
さっきから触ってるのに全然気付かないんだな。
(思い切って大きなお尻をわしづかみにしてみる)
へへ…やわらけぇ…
(ばれてもかまわないとお尻をもみ続けた)

188 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 23:02:04 ID:Gox4WX5T
>>187

………気が散るのですが…
(立ち上がって)
無いと思いますよ…罠?

189 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 23:09:56 ID:TJodA9Fe
(お尻をもみもみされてもどこか平然とした舞央の様子に軽く興奮しながら)
いや、そんなことはないぞ…もっとお尻を突き出して念入りに探してくれないか?
(純粋そうなのでいうとおりにしてくれるのではという期待があった)
取り合えずこっちは使えそうな道具を探してるから。
(ぷりぷりのお尻をむぎゅっと一回掴んで再び向き直る)

にしてもいい尻だったなぁ…でかくてもちもちしてて…
もうちょっとだけ…
(舞央の巨尻に頬ずりをする、ざらざらのスパッツの感触がたまらなく気持ちいい)


【ぷりんぷりんってお尻を振ったり】
【むちむちの大きなお尻とか…お尻についての表現をたっぷり入れてくれませんか?】


190 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 23:17:24 ID:Gox4WX5T
>>189
【描写は苦手です】

探せばいいんですね?
(身体を曲げながら辺りを触ってみる)
(特に異常が見当たらないがもう少し広く探す)

191 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 23:18:54 ID:TJodA9Fe
擬音を使うだけでいいので…

192 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 23:26:16 ID:Gox4WX5T
>>191

周りをコンコンと叩いてみるが反応は無い

【とかですか?】

193 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 23:29:21 ID:TJodA9Fe
【あの、もし舞央さんがよければちょっとロールの練習をしてみませんか?】
【少しやれば慣れると思いますので】
【避難所って知ってますか?】

194 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 23:34:34 ID:Gox4WX5T
>>193

【避難所?】

195 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 23:36:49 ID:TJodA9Fe
そういう場所があるんです
舞央さんは今パソコン使ってますか、それとも携帯ですか?

196 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/13(土) 23:45:15 ID:Gox4WX5T
>>195

【携帯です】

197 :名無しさん@ピンキー:2008/12/13(土) 23:46:35 ID:TJodA9Fe
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/otaku/5556/1225448726/
ではこのスレで続きをしましょう。
さきに待っています。

198 :舞央 ◆0K.vsut5nQ :2008/12/14(日) 01:10:21 ID:90yXLcTL
【移動します】

空き…

199 :名無しさん@ピンキー:2008/12/20(土) 14:12:31 ID:1X8kDCmp
俺もえりすとエッチしたいなあ…時間があわなくて
えりすの為に考えてるシチュがあるんだよね

200 :名無しさん@ピンキー:2008/12/21(日) 23:36:04 ID:RA0GgY6X
エリスは今晩こないかな?

201 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/22(月) 12:15:33 ID:xIbZVk5a
>>200
ごめんなさい、昨晩は以前のロールが破棄になった直後だったので…。
今夜、11時以降に時間が出来たらスレに来ようかなと思ってますっ…
そのときいらっしゃってたら遊んで下さいっ…

202 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/22(月) 22:53:10 ID:1w6EcO1B
【何度もすみません、1レスだけお借りします】

>>200 さん、ごめんなさいっ…
今夜は時間取れそうもないです…また、次のときにお願いします…
ほんとにすみません…


203 : ◆NLwKiPqHYs :2008/12/22(月) 22:55:33 ID:FHUT4pH1
あら、残念…今度会える時を楽しみにしてるよ

204 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/28(日) 22:50:00 ID:cEh51pF+
【1レスだけ、すみません】

こちらにも書いておいたほうがいいかな…
◆NLwKiPqHYs さん、楽屋スレの伝言見てください…

【スレお返ししますっ…】

205 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/28(日) 23:51:40 ID:cEh51pF+
【◆NLwKiPqHYs さんとのロールにお借りいたしますっ…】
【お返事いただけたので、ちょっと早めに待機しますね】

206 : ◆NLwKiPqHYs :2008/12/28(日) 23:58:51 ID:rOhGOxnj
【こんばんは。楽屋に御連絡頂き、本当にありがとうございます】

【ロールの内容ですが】
【飛翔の呪力が(大きな胸のせいで)うまく働かず、魔術師に相談するが】
【治療の名目で体中をまさぐられ、嬲られてしまう】

【陵辱色を濃い目にするなら、やはりうまく飛べないところを悪い魔術師に捕まり】
【催眠術や薬、触手植物で拷問、陵辱するというのはどうでしょう?】

207 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 00:05:32 ID:bJB72l8k
【こんばんはっ…よろしくお願いします♪】
【やっと年末のあれこれから開放されました…楽しみです、◆NLwKiPqHYs さんとのロール】

【んー、どちらも楽しそうですね…今までと違う感じなら、前者でしょうか…】
【うん、そっちのほうが変化があって面白そうですね…】
書き出しはどうしましょう?】

208 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 00:07:59 ID:bJB72l8k
【あ、でも…「催眠術や薬、触手植物」っていうのは面白そうです…治療の名目で使ってくれるといいかなっ♪】

209 : ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 00:09:29 ID:/ev/hN+9
【そう言って頂けると私も嬉しいです】
【前者ですね。書き出しは、お時間頂ければ私が書きますが、宜しいですか?】

210 : ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 00:10:06 ID:/ev/hN+9
【かしこまりました。こちらも楽しみに、使わせて頂きます】

211 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 00:12:34 ID:bJB72l8k
>>209
【はいっ。お待ちしてますっ…♪いっぱい、楽しみますね!】

212 : ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 00:30:09 ID:/ev/hN+9
(教会から数日歩いた先にある森の中に、蔦が絡まる小さな館があるという)
(そこに住むは様々な術に長けた高名な魔術師とされるが、人を惑わす怪しげな呪術も使うため)
(教会とは協力関係を結び、討伐されない代わりに、害が市井に及ばぬよう遠ざけられている)

(実際、ここ数年は得体の知れない植物や薬を研究しているのだが…)
(それらを試す機会に恵まれず、魔術師は鬱屈としていた)

そら、今日の餌だ…。全く、大きく育っているなお前は…誰に似たんだが。
(見たところ30代の男性である、ローブを纏った魔術師は、怪しげに蠢く「植物」に餌をやり)
(今日も研究に勤しもうとしていた時、館の扉がノックされる)

!?これはこれは…お客人とは珍しい。
私のような魔術師に、どのようなご用件かな?
(背後の植物に念じると、それは只の観葉植物のように静止した)

【遅くなってしまいました。それではお願いしますね】

213 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 00:43:21 ID:bJB72l8k
【はいっ、大丈夫です…エリスも、書き溜められないときは遅いですから…ご迷惑おかけしますけど、よろしくおねがいしますっ】

ここかなあ…教会で教えてくれた、魔術医師の研究所…?
(小さいけれども、蔦が生い茂って…不思議な雰囲気をまとった古い館の扉の前)
(エリスはそのあやしげな扉の前に立って、不安そうに…入る決心がつかず何度も外から建物の外側を見回している)
(いつもと同じ格好に短い剣を腰につけて、薄手のマントをつけている)

胸が大きくなりすぎちゃって、呪力が使いにくくなっちゃった、…なんて…
うう…恥ずかしくてだれにでも相談できることじゃないよう…どうしよう…
(…ビキニの胸を見おろしてため息をつき…)
でも、…このままじゃやっぱり…いつみんなの足を引っ張っちゃうか分からないし…
うん!やっぱり相談しよう…司教様が紹介してくれたんだもん、
きっと立派な魔法医さんだよね…!

(かくごを決めて、あやしげな扉をノックして)
(コツ、コツ)
失礼いたしますっ!教会騎士エリス・シャトレーです…ご相談があって参りました…
(招き入れてくれる落ち着いた声に、少し安心して扉を開け…)

(あれ、有名な魔術師さんって聞いてたから…もっとお年寄りかと思ってたら意外と…)
(けっこうすてきかも…(ぶるぶるっ、とあわてて頭の中で首を振って)今はそんな場合じゃないよっ…)
あの、…教会からの紹介で来たのですが…その、呪力が、うまく、使えなくて…
その、原因、がっ…
(だんだん声が小さくなっちゃう…恥ずかしいよう…)



214 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 00:59:32 ID:/ev/hN+9
なんと、教会の騎士様でしたか…見た目麗しいので、とても驚いてしまいましたよ。
申し遅れました、私は魔術師のクーネと申します。よろしく、エリスさん。
(猫を被ったような態度でにこやかに挨拶し、その肢体を一瞥する)
(マントから覗く豊かな胸は、男としての興味もそそられるもので)

なるほど…まじないのご相談ですか。
立ち話も何ですから…そうですね。そちらの椅子にかけて下さい。
(ごちゃごちゃした部屋を振り返り、木製のロッキングチェアを指して言う)

原因は…どうしました?恥ずかしがらずに仰って下さい。
…あ、気が利かなくて申し訳ない…長い道のりで飲み水も危うかったでしょう。
今すぐお茶を淹れますから…はい。どうぞリラックスなさって。
(ごそごそとエリスに背を向けて準備し、上品な香りのするお茶らしきものを手渡す)

【ありがとうございますね】

215 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 01:10:34 ID:bJB72l8k
はっ、はいっ…!よろしくおねがいしますっ…クーネ様…っ
(紳士的な態度…とっても落ち着いた物腰…)
(胸を興味深げに見られていることには気づかずに、クーネ様の優しげな声にすっかり安心して)
(椅子をすすめられて、自信なさげに腰を下ろし…あたりを見回しながら…)
あっ…ありがとうございます…
(いい香り…)
(渡されたお茶をひとくち、すすり)
(はあ…おいし)

(少し落ち着いて…それでも恥ずかしげに)
その…アミュレットを見ていただければ分かると思うんですが…
私が使えるのは、風の呪力だけなんです…
ただ…その、最近…ちょっと身体のバランスが変わってきてしまって…その、胸の…大きさが…
(もう真っ赤…)

216 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 01:25:33 ID:/ev/hN+9
仰るとおり、大きな胸をされていますね…あっ、ごめんなさい。
(再び目が胸に釘付けとなり)
長い間、人と話していないので…嬉しくて、つい喋りすぎてしまいます。

なるほど、バランスが崩れて飛行がうまくいかないというわけですね。
それには体内・体外に働く呪力の流れを変える必要がありますが…
少し詳しく調べないと。しかし実際に呪力で飛ばれても事故が恐いですから…
そうですね。こうしましょう。
私が貴女に催眠術をかけて、椅子に座っている状態でエリスさんの呪力を発動させます。
実際に空を飛ばないよう私の力で抑えつけますから、ご安心を。
その状態で、体を流れる呪力を読み取ります。
先ほどのお茶にはリラックスさせる作用がありますから、術のかかり具合もきっと良いですよ。
ああ、催眠を導く際にいくつか質問もしますが、正直に答えて下さいね。
どうです、やってみましょうか?

(実際のところ、先ほどのお茶は、クーネが生育した植物から抽出したもので)
(軽い眠気と共に、手足だけを弛緩・麻痺させる効果が含まれていた)

(…私をこんな僻地に飛ばした、憎い教会の騎士様なのですから)
(貴女には、たっぷりと実験に付き合って頂きましょうか…)

217 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 01:39:57 ID:bJB72l8k
…っ、は、は、いっ…//// 
(今度は言葉から、クーネ様が胸を見ているのを意識して…言葉が乱れて)

(「長い間人と話していない」という言葉に、少し同情して)
(そっかあ…こんな人里離れたところで暮らしてるんだもの…クーネ様も寂しいんだよね…)
いえっ、お気になさらずに…よく、わかります…

(ほんの少しの会話で、自分の抱えた悩みを正確に指摘されて、すっかり感心して…)
は、はいっ…ぜひ、おねがいいたしますっ!
(さっすがあ…やっぱり、腕のいい魔術師さんなんだ…!ちょっとステキだしっ♪)
(すっかりクーネ様を信頼して、スキだらけになって)

ん…ふ…
(軽い眠気とともに、手足がしびれてくる感じを味わうけれども…
 すっかりクーネ様を信頼したエリスには、それもなんだか気持ちよくて…)


218 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 01:55:26 ID:/ev/hN+9
はい、ではこの石を見て…術に入りますよ
(取り出した綺麗な水晶のペンダントを、エリスの眼前に垂らす)
(更に何かの呪文をぶつぶつと呟き、それを終えると)
さあ、目を閉じて…。意識は完全に無くなりませんから、安心して下さい…。
ご自身に正直になるよう、暗示を掛けただけですから…。
(エリスが目を閉じたのを確認すると、その肢体をじっくりと眺める)
(どうやって楽しもうか、欲望を滾らせた瞳で)

では質問です…大切なことなので、嘘はつかないで下さい…
まず、貴女の名前と、スリーサイズを教えて下さい…

胸が大きくなったのは、いつ頃からですか…?

男性経験は?破廉恥な格好をされていますが、男性に襲われたことはありませんか…?



ふむ…まあ、質問はこんな所で…
(ふたたび呪文を紡ぐと、エリスのアミュレットが輝き出す)
(それと同時にロッキングチェアが蠢いて木の触手が伸び、ベルトを巻いたように腰をしっかりと固定される)

219 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 02:00:55 ID:/ev/hN+9
【なかなか本番に入れず、すいません(汗) あれこれ余計に考えてしまって】
【催眠術で淫らな気分にさせたりしても良いですか?】

220 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 02:09:52 ID:bJB72l8k
(落ち着いた声に、まったく無抵抗にしたがう状態になって)
はい… (綺麗な水晶…不思議な、光…エリスのエメラルドと、どっちが綺麗かなあ…)
(ぼんやりと、とりとめなく考え…)

はい、…大丈夫です…
(少しづつ催眠の効果が出てきて…反射的に、ゆっくりと答える…)

名前…わたしの、なまえ…エリス・シャトレー、です…
身体のサイズは …93… 58…85… …です

……大きく…? え、と… 15才、くらいからっ…少し、人より…大きい、かな…って…
いっしょに、剣の修行してた…騎士志望の、男の子が…わたしを、からかって…それで…意識して…

その…この、格好は…呪力の、発動のとき…風の、流れを読むのに…
私は、魔術師ではないので…皮膚感覚でしか、空気の感触がつかめなくて…
は、い…(すこし、口ごもって)…何度か…ありました、…その…人間、でないものに…襲われた、ことも…っ……

………?
(椅子が…)(身体を固定されたことに、ぼんやりと反応して…身体をゆっくり見回して)

221 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 02:12:41 ID:bJB72l8k
>>219
【ぜんぜん大丈夫ですよっ…てか、とっても楽しいです♪】
【こうやって、だんだんエッチな雰囲気盛り上げてくれる方もすごく好きです…】
【はい、是非してください…エリスのほうは、積極的になっちゃったほうがいいですか?】
【それとも、身体はいうこと聞かないけど、意識は(口調は)いやがってるほうがいいでしょうか】

222 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 02:29:46 ID:/ev/hN+9
そうか、93…本当に大きな胸だね。
からかった男の子も、エリスさんの胸が気になって仕方がなかったんだろうね…
君の魅力は種族を問わないか…いいね。とても役になってくれそうだ

ふむ、その呪力は才能によるものか…しかし、見事な胸の成長には及ばなかったと。うまく調整しないとね
(怪しく笑い、胸を手で包むようにして撫でる。お茶と催眠で抵抗できないと分かっているから)

(椅子に反応したエリスを見やり)
おや、催眠が弱まったかな?大丈夫、君が空を飛ばないようにしているだけだから…
…ああ、目を開いていてもいいよ。また暗示をかけなおそう…さあ、これを見て。
(今度は赤い宝石を垂らし、エリスが見ていることを確認して呪文を唱える)

貴女の身体に呪力が駆け巡り、空を、戦場を飛んでいるように錯覚します…
それに伴い、身体の感覚が鋭敏になってきましたね…
衣擦れや仲間・魔物達の視線が痛いほど感じられ、興奮した貴女は自分も淫らな気分になってきます…
ほら、今も感じますか…?誰かの指がエリスさんの胸を触っていますよ…?
(胸をつんとつつき、指先で乳首の位置を探り始める)

【そう言って頂けると嬉しいです】
【そうですね…意識はいやがっているほうが、私も興奮しますね】

223 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 02:46:50 ID:bJB72l8k
(胸に触れられて、ぴくん、と体がふるえ…ゆっくり撫でられて、少しづつ声が…)
は、あ……あ……  ……ん…っ…
(…薬で体が動かず、意識がうすれつつあるせいもあるけれど
 …まだ疑わずに、クーネ様への信頼感から、心地よく感じてしまい…)
(ふっくらしたほっぺをうすくピンク色に染めて、恥ずかしげにため息をついてしまう)

は、い……ありがとう、ございます…
(クーネ様の言葉に、ぼんやりと目を開き…)
ああ…(赤い宝石に魅入られて、眼を離すことも、閉じることもできず…じっと見つめ続け)
(クーネ様の呪文が耳から…頭の中へ、声の大きさが変わらないはずなのに、
 少しづつ大きく響いてきて…)

は、い…えりす、は…戦いの場に、います…体が…みんなの目が…
エリスに、集まって…っ… 
(じっとりとおなかの奥から、えっちな気持ちが這い上がってきてる…)
っあ…っ…!
(すこし強く、びくん、と体がふるえて…)
さ、触られ…て…っ… は、ああ…っ

224 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 02:53:17 ID:bJB72l8k
【何度か、凍結することになるとは思いますけれど】
【この雰囲気、とってもいいです…催眠術で好きなようにされちゃうの、…とってもいいです…/////】
【だから、ゆっくり楽しませてください…////】

【はい、じゃあ…途中から、意識と行動がわかれちゃう、みたいな感じがいいでしょうか…】
【いやがってるのに、からだは積極的にクーネ様の命令どおりにしちゃう、みたいなかんじで…】
【クーネ様からも、リクエストがあったら言ってください…興奮させてあげたいですっ…////】

225 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 03:01:45 ID:Gfe5bN9q
(「良い反応だ…あのお茶と催眠術を掛け合わせるのも、悪くない手法のようだな」)
(乳首を探り当て、ビキニの上から指で撫でつける)

どうして皆がエリスさんに注目しているのか、考えてみよう…
いつも破廉恥な格好なのに、戦場では一際目立っている…
こんな風に、胸を揺らしているからじゃないのかな?
(胸を下から持ち上げ、たぷたぷと弄んでは離す)
こんなに空気を乱していたら、呪力を感じるのは難しいでしょう。
自分で見てご覧、すごくたわわに揺れている…どう思います?
私はエリスさんの胸はえっちだと思いますよ。ほら、ぷるぷるといやらしい…
(意地悪な口調で、エリスの胸について言葉責めする)

おっと、呪力が乱れて墜落してしまいました。
仲間達がエリスさんを助けるようにして、胸を揉みました。
(両手で豊満な胸をまさぐり、指をしっかりと埋めて)
助けられて気持ちいいですか?
このビキニも、すぐに外れてしまいそうですよ…
周りの仲間達も、それに期待しているようです。

226 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 03:08:14 ID:Gfe5bN9q
【はい、身体の感覚だけを淫らにして、いやがる意識を征服していくように】
【それでは…クーネに身体を触られているのが、エリスの目にはどう映っているか、想像して喋ってもらえると良いですね】

【そうですね、凍結になると思いますが…私もとても楽しんでいます】
【エリスさんの反応がとっても良くて…いつまでも続けたいくらいに】
【さしあたって、今夜は何時ごろまで続けられますか?】

227 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 03:19:59 ID:bJB72l8k
あ…あ… は…っ…う…んん…
(胸の先が…撫でられて…っ 気持ちよく、なってきちゃう…)

どう、して…? エリス、みんなに…見つめられて…っ?
はうっ…! ん、うう…っ!
(胸を持ち上げられる感触に…無意識になりかけながら、甘い声が高まり)

は、いっ…この、胸が…
(ぼんやりと、自分の胸を見下ろして…)
エリスの、胸が…いけないんです…う… くクーネ様あ…っ
(クーネ様の、いやらしい…という言葉に…下腹部から這い上がってきたえっちな気持ちが
 するどくずくん、と反応して…言葉をもらしながら、唇がふるえてしまいます…)

はっああああっ…はう、ああっ!だめ、だめええっ…
(クーネ様の指とは思わずに、開放する仲間の指だという暗示で恥ずかしくなって…
 その恥ずかしさと、言葉責めのいじわるな響きで感じちゃって…)
ひあ、あああっ!そんなあっ…ぬげちゃう、脱げちゃうからあっ…
そんなに、さわったらだめえ…ッ!




228 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 03:27:29 ID:bJB72l8k
【すみません、パソコンの調子悪くて…起動しなおしてておそくなっちゃいましたっ…】
【はい、がんばります…♪ じゃあ途中で、暗示を解いたりして、クーネ様の楽しめる状態に…自由に状況を変えてください♪】

【そうですね…4時半ぐらいまででしょうか…あと、1時間ぐらいです…】
【エリスも…凄く楽しいです、どきどきします…その、今日最後まで行けないことで悶々としちゃいそうです…///】
【でも、もったいないですから、ゆっくりクライマックスまで持っていってください…♪】

229 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 03:37:15 ID:Gfe5bN9q
(「良い声で鳴いてくれる…素敵なお嬢さんを寄越した教会に、今は感謝しようか」)
(淫らな声で抵抗するエリスに、研究欲よりもいやらしい欲望が高まっていく)

エリスさんの思いは空しく、ビキニは剥かれてしまいました…
(強く引っ張り、ぷるんっと瑞々しい乳房を露わにさせて)

仲間は胸に外傷がないか調べます。胸の弾力や、乳首の色に形に大きさ…
どんな風に見えますか?
(もにゅもにゅといった擬音が聞こえるような、いやらしい手つきで乳房を揉んで)
エリスさんも見て下さい…
乳首に指がめり込んで、すごい弾力で跳ね返しますよ?
(人差し指でぷにぷにと乳首を突き、爪で軽く掻いて刺激を与えて)
どうですか?乳首に変化はありますか?

さて、目立った外傷はありませんが、人工呼吸が必要だと判断されました。
さあ意識だけを戻して…私の顔を見て下さい…私と人工呼吸しましょう。
(そう言ってエリスの眼前で指を鳴らし)
(おもむろに顔を近づけて、そっと唇を奪い、エリスの口内をこじ開けようと舌で伸ばす)

230 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 03:41:13 ID:Gfe5bN9q
【慌てなくて大丈夫ですよ。楽しんでいると、待つ時間も苦になりませんから】

【分かりました。今日は4時半までですね。凍結前提でたっぷりと時間をかけて嬲らせてもらいます】
【催眠を終えた後、意識を完全に戻してからの触手を使った呪力を戻す治療についても考えていますが…】
【催眠中に触手を使う方が好みでしょうか?】

231 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 03:56:27 ID:bJB72l8k
や…っ…! だめっ、だめえ…っ!
(両手で胸をかくそうとしているつもりだけれど、まったく動かなくて…)

…っ、あ、…ああ…んっ!
(焦点のぼやけたような…仲間に胸を触られ、見つめられる恥ずかしさと…
 自由にならない体を押さえつけられて、胸を揉まれることの被虐感で、
 すっかり潤んでしまった瞳で、自分の胸を見つめて)
やあ…っ… だめえ… こんな…っ、戦場で、そんなことしちゃ…っ
(暗示で与えられた異常な情況に…エッチな気持ちが強くなってしまって…っ)
(目を閉じていやいやをして、甘い声で悶えちゃうっ…)
乳首…なんか…っ なんとも、ないの…っ 触っちゃだめェ…ッ!!

…っ…… (意識が、ゆっくりと半覚醒して…)
(胸をもてあそばれて、すっかり吐息が甘くなってしまい、)
は、…い…………(疑いを持つ余裕もなく、唇をわずかにひらいて、目をつむり)
ん…ちゅ…む…(優しく、唇を奪われて…知らないうちに、じゅん、となtってしまう…)
(唇をこじ開けようとするクーネ様の舌を、むしろ従順に迎え入れて…)
んっ…ちゅ…


232 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 04:02:35 ID:bJB72l8k
【はい、ありがとうございますっ…ごめんなさい】
【また遅くなっちゃった…ちょっと、楽しみすぎちゃってます、もう/////】

【触手は…やっぱり嫌がりながらされたいです、だから、催眠を解いてからのほうがいいですね…////】
【あ、でも…快感だけを強くしちゃうような催眠ならいいかも、しれません…】


233 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 04:20:13 ID:Gfe5bN9q
(「なんてエッチな反応なんだ…もっと味わいたいな、この子の身体…」)

むちゅっ…ちゅう…れろっ…
(従順なエリスの口内に導かれ、彼女の舌と絡めていく)
私の息を、たくさんエリスさんに注いであげますね…心臓マッサージも…
(やわらかな唇を貪るようにして吸いつき、興奮した荒い呼吸の中、再び舌を入れる)
(掌にしっとりと吸い付く乳房が、中毒性を持つ極上のクッションのようで)
(椅子にもたれるエリスに覆いかぶさり、キスする間も片手で胸を荒々しく弄っていく)

ふぅ…おいしかったよ、エリスさんの唇…でも、次はね…
(さんざん味わった後、顔を離して再び水晶をかざし暗示を唱える)
無事、エリスさんは息を吹き返しました。
けれど仲間達は介抱に専念していたため、敵の接近に気付かなかったのです。
仲間達は倒され、代わりに一匹の魔物が欲情した様子でエリスを見下ろします。

魔物はたわわな果実、エリスさんの乳房にむしゃぶりつきました…
エリスさんは身体の自由が利かず、ただ見ていることしかできません…
(いやらしく顔を歪め、口を大きく開けて乳首を頬張る)
(ちゅうちゅうと音を立てて吸うと、柔らかい乳房に舌を這わせていく)
ぷはっ…魔物におっぱいを吸われて、どんな気分ですか?

【やはり、催眠をといた後の方がいいでしょうか】
【今よりも更に楽しめそうですから】

234 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 04:39:20 ID:bJB72l8k
ん…んっ…はう、う…っ…ちゅむ…
(感じやすくされて、おっぱいをいじめられて…とろけちゃったエリスは、クーネ様の
 えっちな舌づかいに、くちびるをふるわせて応え)
はっ…んっ…はうう…ッ あは…んッ…
(粘りつくようにやらしくおっぱいをもまれて…キスされながら上体がのけぞっちゃう)

ふあ…っ は……い…… 
(吸い寄せられるように水晶から目をはなせなくなり…エメラルド色の瞳の奥に、水晶のきらめきが反射して)
……っ……
(魔物が現われた、という暗示で…動かない体に緊張が走り、手足が軽く硬直する…)

…っ!こ、のっ…!(焦点の合わない瞳のまま…魔物を追い払おうとして、手足に力が入る)
…!あ…っ!動かな…っ ひあ、ああっ…やめっ…はう、う…っ
胸、をっ…魔物、なんかにっ…いやあっ…だめ、だめええ!はうっ!…く、くうう!
(クーネ様の激しい舌使いに、どんどん追い込まれて…っ)
やあ…だめです…っ そんなこと聞いちゃいやあ… はあ、ううっ…!
(えっちな質問されて…感じちゃうっ…)

【すごいです…やらしいこされながら…エッチな質問されるの、たまんない…】
【もっとして欲しいな…答えられなくなっちゃうと、思うけど…///】

【そろそろ、時間が限界ですね…明日は、夜時間取れるかどうかぎりぎりまでわからないので…伝言、します】

235 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2008/12/29(月) 04:42:13 ID:Gfe5bN9q
【伝言ですね、わかりました。ひとまず、こちらは明日、明後日の夜も大丈夫です】
【エリスさんとのロール、凄く興奮して…楽しかった。遅くまでお付き合い頂き、ありがとうございました!】


236 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 04:47:38 ID:bJB72l8k
【はいっ…ありがとうございます】
【エリスもすごく…楽しかったです……眠れなくなりそうですけど…/////】
【こちらこそ遅くまでありがとうございましたっ…おやすみなさい…魔術師様♪…ちゅ♪】

237 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2008/12/29(月) 04:48:16 ID:bJB72l8k
【スレを、お返しいたしますっ…】

238 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 01:23:21 ID:20S22qvP
【こんばんは、久しぶりに待機します。】
【プロフィールは>>25です】

239 :名無しさん@ピンキー:2008/12/30(火) 01:27:51 ID:wzLG6+/k
【こんばんはー、こちらが冒険者で戦闘をして、その結果行為に移る、って感じですかね〜】

240 :名無しさん@ピンキー:2008/12/30(火) 01:29:13 ID:wzLG6+/k
【いや、ちがうか、こっちが敵でリティナさんが負けての方がいいのか。】

241 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 01:31:14 ID:20S22qvP
>>239
【戦闘ですか…あまり得意ではないのですが。】
【もう少し希望を詳しく教えていただけないでしょうか?】

242 :名無しさん@ピンキー:2008/12/30(火) 01:36:36 ID:wzLG6+/k
>>240
【得意じゃないか…ダンジョンの探検でそちらがあるアイテムを取りに
迷宮に入ってきたが、ダンジョンの主に気絶するほどの怪我を
負って、目が覚めると、主の部屋である程度傷が回復してるが、拘束されていて
主にいろんなことをされるというのを考えたのですが】

【戦闘が苦手なら、私とパーティーでリティナさんが戦士だから前衛、私が後衛の
魔術師で、ぼろぼろになりながらも目的のアイテムをゲットしてその後の宿で…
リティナさんの傷を癒しながら雑談を最初少しして、その後純愛的なロールでも
いいですが】


243 :名無しさん@ピンキー:2008/12/30(火) 01:37:18 ID:wzLG6+/k
アンカー間違えるな最近;; >>240 → >>241 ね。

244 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 01:39:24 ID:20S22qvP
>>242
【それでしたら下のほうでお願いできますか?】
【あとは書き出しをお任せしたいのですが……】

245 :アレン:2008/12/30(火) 01:49:56 ID:wzLG6+/k
>>244
【ほーい、それと名前付けておきますね。私は万能な魔術師の設定で】

(とある村の宿の一室、リティナ・アレンの2人パーティーは村で有名な
洞窟へ探検に行き、モンスターとの激闘の末、片手で持てる程度のレア
アイテムを手に入れて戻ってきた)
(しかし、その代償は大きく、全身に傷をおったリティナと、多少の身体の傷
と大量の魔力を使ったアレンがへとへとになりながら、予約していた宿に
到着し、お互い椅子に疲れた感じで座っている)

(アレンは、互いの傷を癒そうと、まずは傷を癒す程度の魔力を取り戻すために、
自分の魔力を瞬時に回復する薬を調合し、飲んで回復した後、二人分の
傷薬を調合している)

 なあ、リティナ、今回はたまたま勝ったけど、本当は引くべきだったんじゃないのか?
あのモンスターとの戦闘は…一歩間違えてたら両方ともやられてたんだぞ…?
(傷薬を作りながら、リティナに訊ねる)

【ちょいと導入が長いですが、こんな感じでいかがでしょう】
【ペースはこんな感じで良いですかね?】

246 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 01:58:24 ID:20S22qvP
>>245
(ベッドに横たわり天井をじっと見つめている)
(傷が痛むのか時々顔をしかめて痛そうな表情を浮かべていた)
………そんなことない、私なら勝てるって思ったから。
確かに、ちょっと無茶だったかもしれないけど…
(顔だけアレンのほうに向ける、これだけでも少し痛くて)

(傷薬の調合はまだ終わっていないようだ)
(それさえ飲めば多少は楽になるかもしれない)
くっ………ねえ、まだ…?
(包帯でぐるぐる巻きになっているから手足もまともに動かすことができない)
(動けないことを不安に感じているのか声の調子もどこか弱弱しかった)


【はい、大丈夫だと思います。】

247 :アレン:2008/12/30(火) 02:10:39 ID:wzLG6+/k
>>246
私なら勝てるって…リティナってたまに、まっすぐに突っ走って
しまう所あるよね…いっ…そういやこのアイテムとかに何か思いいれ
とかあったの?それとも単純なリティナなりの勘ってやつかな…
(自分の身体の傷が時々染みて、顔をしかめるも調合を続け、
二人分の傷薬を完成させる)

まずは、自分で試してから…ごくっ…んっ…
(調合した傷薬を飲む。これは身体の自然治癒力を高めるもので
アレンの治癒魔法と合わせれば抜群の治癒効果が期待できるという代物)
(ただし、ちょっとしたおまけがあるのだが…)

んんっ…効いてきてるみたいだな…よしっ、ここからだよな…ふんっ…!!
(副作用というのは体の内側から熱くなって、意識がぼやけ、心に緩みが
出てしまうというもの)
(それを魔力を高めて押さえながら、治癒魔法を自分の身体に向けて充てて
いく)
(すると、見る見るうちに傷がふさがって元通りになる)

よし、問題ないみたいだな…リティナできたぞ…今、飲ましてやるからな…
はい、これを飲んで…
(ベットに横たわっているリティナの横に座り、傷薬をおく)
(その後、リティナの上半身を壁に寄りかからせて、リティナの口に傷薬を
流し込むように飲ませる)

248 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 02:25:03 ID:20S22qvP
【ちょっと電話かかってきてたからレスが遅れるかも…ごめんなさい。】

249 :アレン:2008/12/30(火) 02:26:23 ID:wzLG6+/k
【はーい、眠くなったり、ダメそうなら教えてください〜】


250 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 02:53:43 ID:20S22qvP
【やっと戻ってこれたけど…今日は無理かもしれません。】
【続きをしたいのでトリップつけていただけないでしょうか?】

【あとは伝言スレで連絡します、本当にすみません……】

251 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 02:56:49 ID:wzLG6+/k
>>250
【了解です、続きはいつごろになるでしょうか?】
【伝言スレですね、了解です。私は31の昼間以外なら空いてますので…】
【まだ始まって少しですけど気に入ってもらえたなら、幸いです】


252 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 03:01:49 ID:wzLG6+/k
【すいません、伝言スレって、
【待ち合せ】オリキャラ板楽屋スレ5【打ち合せ】
でいいですか?それとも避難所の伝言板XYZか避難所のスレ?】
【一応確認のため聞いておきます】

253 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 03:10:50 ID:wzLG6+/k
【いらっしゃらないようなので落ちますね、ご連絡お待ちしております】
【それでは失礼します】

【スレをお返しいたします】


254 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 22:27:13 ID:1KkbJlGQ
【リティナさんとの続きの為、待機します】
【リティナさん見ていらっしゃったらよろしくお願いします】


255 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 22:40:45 ID:20S22qvP
>>247
別に…そういうわけじゃないの。
(思い入れがあるわけではなかった、ただ生活のため少しでも稼いでおきたかったから)
(そのせいで今日みたいな無茶をすることは結構多かった)
ねえ、大丈夫? あまり無理しないで……
(自分と同じく辛そうにしているアレンに声をかける、
いつもより口調が優しいのは怪我をして落ち込んでいるからかもしれない)

……すごい、もう治っちゃったの? 私も飲む…
(アレンの様子を見ているとすぐに回復したようだった)
(まさか副作用があるなんて知らずにその薬を受け取ると)
(壁に身体を寄りかからせてもらって一気に飲み干した、しばらくは何の変化もなかったが)
(一気に痛みや疲れが取れていくのを感じた、驚いた様子でアレンを見る)

はあ…もう、あんまり痛くない……包帯も取れるかも。
(ふくらはぎに手を伸ばし包帯をくるくると巻き取る、布に隠されていた脚が露になり)
(むちっとした太ももの白い肌がわずかに覗いた)
すごいんだね、アレンって……ありがとう。
(ゆっくりとした小声でお礼を言った、あまり素直なタイプではないので珍しい光景かもしれない)


【とりあえず続きです。】

256 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 22:51:36 ID:1KkbJlGQ
>>255
いや、リティナ的に問題なければ良いんだ。俺はリティナに支えてもらってるから
そのお礼も込めてしっかり支えてあげないとね…役割もしっかり分かれてるし…
(顔を伏せて思いにふける)

って飲んじゃったんだ…大丈夫?何処か変になってない?治癒魔法をかけないと
内部的にはまだ直ってない所があるから…
(リティナが包帯を取り、白い肌が露になったのをまじまじと見つめて少し興奮
したが、事態を把握し、治癒魔法をかけるためリティナの太腿に手を置いて集中
し始める)

ん、お礼なんか良いよ、むしろ俺からお礼したいぐらいなんだから。
リティナはリティナらしく、生き生きとしてくれればそれで良いよ。
(リティナの顔を見つめて、満面の笑みを見せる)

さてと、ちょっと変な気分になるかもしれないけど、我慢してね…
(集中した手から魔力の光が出始め、リティナに治癒魔法をかける
そうするとリティナの内部的な傷も凄まじい勢いで治り、完治した状態になる)

【よろしくお願いしますね、今日は何時まで大丈夫でしょうか、眠くなるまでかな?】


257 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 23:00:37 ID:20S22qvP
>>256
あ、そうか……
(まだ魔法をかけてもらっていないので完全に治ってはいないことを思い出して)
じゃあ、魔法のほうもお願い。
(もう痛みはすっかり取れているから大丈夫な気もしたがとりあえずアレンに従う)
〜っ……やだっ、ここ触らなくても…
(冒険者とは思えないふっくらと肉付きのよい太ももに手を置かれるとびっくりしたが)
(単なる偶然だろうしアレンのおかげで傷も治るのだからと許してあげることに)

そっちが? どうして……?
(不思議そうな顔を浮かべる、こうしている顔はあどけない少女にしか見えない)
(でもアレンが笑うとはじかれたように顔をそらして、恥ずかしいのか話をそらす)
わ、わかったから早くしてっ…こっちは寒いの。

変な気分? うん…
(アレンの掌から魔力が送り込まれるとわずかに残っていた疲労も完全に癒されていく)
(終わったときはすっかり身体は元通りになっていた)
これで、大丈夫かな……アレン、あっち向いてて。
(強引に背を向けさせると包帯を全部取ってしまう、服を肌蹴させ肌をさらすその光景は艶かしいものだった)
(そして服を着てもとの格好に戻ると)
もういいよ、終わったから。
(アレンに呼びかける、身体に覚えた違和感はまだ気にするほどのものではない)


【眠くなるまでかな。】


258 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 23:12:41 ID:1KkbJlGQ
>>257
 よし、これで完治っと…ん?わかったよ、着替えだろ?
向こう向いてるから早くお願いね。
(リティナに強引に背を向けさせられて、内心的に少し不満が残るも
パートナーのお願いである上、嫌ではないので素直に従う)

 ん、終ったか?じーっ…もう普段どおりのリティナだな、
凄く可愛らしくって、大切な俺のパートナーの…
(リティナから声をかけられてリティナの方を向き、ベッドの横に座り
リティナのすぐ横で少し腕が当たるぐらいの距離をとる)

 そういえばいつもありがとな、リティナ。肉弾戦が苦手な俺のために
身体張ってくれて…リティナがあるから今の俺がいるんだもんな、
もっと大切にしていかないと…
(薬の副作用が少し残っているのか、リティナに対する感謝の意を
素直に語り始め、リティナの手を触ったり、太腿を触ったりする)


259 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 23:21:32 ID:20S22qvP
>>258
うん…普段どおりだけど…当たり前じゃない。
(アレンのいつもとは違う言葉に不振なものを感じたのかちょっと警戒するような顔で)
(となりにぴったりと寄り添われると微妙に嫌そうな顔をした、不快というわけではなく単に慣れていないからだ)
…ちょっと、今度は何? 変な事いうと怒るよ?
(可愛いなんていわれたことはほとんどない、
褒め言葉への免疫がまったくないためついつい棘のある言葉を口にしてしまう)

え……アレン、やっぱり変……そんなに急に改まって…
(そういえば自分もなんか変だ、薬の効果なのか頭が妙にぼーっとする)
(身体も熱いし、アレンがとなりにいるだけで胸が高鳴っていた)
ねえ、さっきの薬…本当に傷薬、なの?
(手足を動かすのもけだるくなっていた、ぼんやりした声でアレンに問いかけるが)
(そのときいきなり手が太ももに当たる、ズボン越しに伝わる体温に身体がなぜかびくっと震えた)
くっ、何すんの…離してっ。
(手を振り払いアレンから離れる、でもちりちりと遠くから火で炙られているみたいに身体の奥からじわりと熱がこみ上げてくる)
………いったい何を飲ませたの?
(今のままでは力で勝てる相手とはいってもほとんど抵抗できないかもしれない)


【お尻をねちっこくせめてほしいんだけど大丈夫?】

260 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 23:30:19 ID:1KkbJlGQ
>>259
なんだよ、いきなり…何を飲ませたのって傷薬だよ、正真正銘の。
現に治っただろ?全身の傷…
(リティナの状態がおかしいのを感じて、リティナに寄り添うように
肩を抱き寄せてリティナの顔を心配そうに見つめる)

ただ、ちょっと体の中から熱くなって、気分がぼーとして、素直な気持ち
が出てくるようになるって副作用付きだけど…早くリティナの傷を
直すにはこれしかなかったんだ、気分を悪くしたなら謝るよ、ごめん…
(リティナの瞳に吸い込まれるように徐々に顔を近づけながら、
心配そうな表情をして、リティナに謝る)

けど、痛々しいリティナをずっと見ているのは忍びなかったんだ…
だって…俺、リティナを大切に思ってるから…リティナを抱いて…
一緒になりたいぐらいに…
(リティナの顔に自分の顔をさらに近づけて自分の方へ抱き寄せ、
互いの身体を密着させる)
(お互いの顔が目の前にあり、すぐに唇が奪えるぐらいの距離に)

【了解です、胸とかも責めちゃだめかな?お尻を重点的のほうが良い?】

261 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/30(火) 23:44:53 ID:20S22qvP
>>260
それはそうだけど……怪しい。
(じっと疑うような目つき、それすらも愛らしいものだったが)
ひっ…アレン、やめてったら…
(抱き寄せられて見つめられるとさらに胸が高鳴るのを感じた、切なそうに息を漏らし目をそらす)
(心配そうな顔を見ると本当にわざとじゃないのだろうか…疑ったことを後悔し始めていた)

や、やっぱり変な薬だったんじゃないっ……!
どうすれば治るの!?
(詰め寄ろうとしても身体の力はすでに抜けきっている、睨み付けるのが精一杯だった)
え……あ、そんな…私は怒ってるんじゃなくて……
…そういう理由だったら…あの…謝らないでよ………
(アレンに謝罪されるとこっちも悪いことをしたような気分になる、強がれないのは薬のせいだろうか)

……困る、そんなこと…私たちは仲間じゃない…
(告白とも取れる言葉に頬を染めて拒否する、悪い気はしていなかった)
(さらにアレンとの距離が縮まる、キスできるくらいすぐ近くに彼の顔があって)
(子供のような背格好にそぐわない豊満な乳房はアレンの胸板に押し付けられてむにゅむにゅとつぶれていた)


【それはもちろん大丈夫です、バランスよく触ってほしいかも…】

262 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/30(火) 23:55:54 ID:1KkbJlGQ
>>261
 …仲間でもあるけど、パートナーじゃないか、俺とリティナは…
もっと親密になりたい…リティナの全てを知りたいよ…んんっ…!!
ちゅっ、んっ…
(リティナの背中を手で擦りながら、リティナの唇を奪ってその感触を
確かめ、リティナの唇に刻み付けるかの如く、顔をゆっくり揺らして
押し付けるようなキスをする)

んんっ…んーっ…リティナ…好きだよ…んんっ…ぴちゃぴちゃ…
(リティナの舌と絡ませようとリティナの唇舌でつつき、唇が半開きになった所を
舌を滑り込ませてリティナの舌と積極的に絡める)
(濃厚なキスをシながらリティナの身体を徐々にベッドに押し倒していき、
リティナ背中をアレンの手で支えながら、ゆっくりとリティナを仰向けの状態
にさせる)

んっ…リティナ、凄く綺麗だよ、輝いてて…肌もこんなに…
服、はだけさせていいかな…?リティナの内面もっと見たいから…
(唇を離し、リティナの腕や太腿を優しく擦りながら訊ねる)

【了解です、同時に責めるなりして頑張ってみます…
愛撫好きなので触りまくりなのは理解してもらえると幸いです】

263 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/31(水) 00:12:19 ID:YbuoyBFY
>>262
でも…私は……
(自分とアレンが男女の中になるということを想像していなかったからかすっかり戸惑っていて)
(考えている隙を縫って抱き寄せられ手で身体をさすられながらキスされてしまう)
(唇同士が触れ合う甘い口付け、しかしアレンは満足できないのか舌をねじ込んできた)
ん…ふっ……だ、め……んっ……ちゅぅ…っ………
(抵抗も逃げることもできずさらに口を開いたままだったので舌はあっさりと絡め取られしゃぶりつくされてしまう)
(そしてキスされたまま身体を押し倒されていきベッドに横にされて)
はうっ…んん………ちゅっ、ちゅっ……
(まるで恋人がするみたいな熱くじっくりと身体をとかされてしまいそうなキスを続けた)

はあっ…はあぅ…っ……このっ、変態……!
ぜったい…だめ…ぇ……
(強い視線をアレンに送るが、そんなものに何の意味もない)
(性感帯というわけではない腕は太ももを触られているだけでも身体の力は抜けていく一方で)
……薬の、効果が切れたら…っ……!
(表面上は強がっているがアレンのことは憎からず思っている、だからこのまま…という思いもあった)
…………
(尋ねられても肯定も否定もしない、どうせやめてはもらえないだろうと考えていたからだ)
(ただぼんやりとした目つきでアレンを見ていた)


【わかりました。】

264 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/31(水) 00:24:59 ID:cScWtfgY
>>263
 …黙ってるってことは良いんだね?じゃあ遠慮なくいくよ…
(リティナの服に手をかけて丁寧に脱がすように服をはだけさせていって、
リティナの透き通った白い肌と乳房がアレンの目の前に現れる)

 …形の良い胸をしているね、リティナ…戦闘の時とか普段話してる
ときはあまり気にはしてなかったけど、凄く魅力的で…艶やかな胸だね…
(リティナの胸を掌で包むように右胸を触り、ゆっくりと円を描くように揉む)

 リティナは胸をこうやって触られたり…口でしゃぶられると気持ちよく
なってくれるのかな…こうやってコリコリして…あんっ…んんっ…ちゅぱちゅぱ…
(リティナの右胸を掌で揉んでいた手の指先で乳首を弄くり始め、たまに
優しい感じで摘み、引っ張る)
(左胸はアレンの顔をあてつけ、アレンの舌で乳首を舐め回し、唇で吸い付く)

んはっ…どうかな?リティナ、気持ち良い?あ、リティナは胸より…こっちの方かな…?
それともヤッパリこっち…?ちゅっ、んんっ…
(リティナの身体を少し横に傾けさせ、右胸を揉んでいた手でズボンの上から
リティナのお尻をがっちり掴み、少し擦るような動作をする)
(左胸は再び埋められたアレンの口と舌で乳首を責められている)

265 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/31(水) 00:39:00 ID:YbuoyBFY
>>264
そういうわけじゃ……ない…
(進んで触らせるつもりはない、しかしきっぱりと拒もうという気にもなれなかった)
(だから黙っていただけなのにアレンに勘違いされてしまったようでシャツを捲り上げられてしまう)
あっ……ぁ……だめ…
(うつむいて恥じらう様子は乙女のそれのようで、見えてしまったシンプルな無地のブラを必死で隠そうとして)
(しかし下着もすぐに剥ぎ取られて、深い谷間を作る圧迫感すら感じさせる大きな胸を小さな手で覆った)

んぅ……うるさいっ……そういう事言わないで…
…ひゃうぅ…誰が触っていいって…
(アレンの手がまるで吸い寄せられるように乳房に伸びる、ふにゅっと指が柔らかな胸に沈む)
(ふわふわとして肌は吸い付くよう…立派な巨乳をためらいを感じさせない手つきで揉み始めていた)
あんっ…ア、レン………だめ、だって…言ったのに…
そんなの、アレンには関係ない…んくぅっ……ひっ…
(指先が乳首に迫る、その手を止めることもできずに乳首を摘まれ弄ばれる)
(もう片方の胸には頬ずりされ唇でまだ反応を示していない乳首を挟み込まれた)
ひあっ…やめなさい、よ…っ……こんなの、おかしい……

…ふあっ……あ、あはっ………どっちも、いや…
(薬が回ってきたのか抵抗もさらに弱弱しくなっている)
(ズボンに無理矢理押し込められているようなぴったりとラインを浮かばせている大きなお尻を撫でられる)
(わしづかみにしている手には胸よりも硬いがむちむちっと張りのある感触が伝わっているだろう)
ひい…っ……そこは、だめなのに…ぃっ…
(舌が這いれろれろと乳輪から乳首に進み唾液のあとを残していく)

266 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/31(水) 00:49:58 ID:cScWtfgY
>>265
 だめって何処がダメなのさ?リティナの表情を見てると気持ちよさに
まんざらでもないって感じに思えるんだけどなぁ…ちゅっ…んんっ…
ちがう?
(胸への愛撫をやめてリティナの顔にアレンの顔を近づけて目の前で
まじまじと見つめてゆっくりと少しの間キスをする)
(お尻を触っているては優しくもみながら軽く叩くような動作をする)

 これじゃあ、リティナの言葉より…身体の反応で確かめた方が良いかな…?
(お尻を触っていた手でリティナのズボンを脱がし始める。両手とアレンの足を
器用に使ってリティナのズボンを脱がし、脚を絡める)

 やっぱり女の子が気持ち良いかどうかはここを触って反応を確かめて
見るのが一番だよね…あっ…リティナ…濡れてるじゃん、気持ち良いんでしょ?
素直になろうよ、受け止めてあげるからさ…ちゅっ…
(下着の中に手を入れて、リティナの陰唇を指先で擦る。するとリティナの膣から
染み出した愛液がアレンの指先にまとわりついて、リティナの下着を汚していく)
(語り終えた後、軽くリティナにキスをする)

下着、汚れるとまずいだろうから、ぬがすよ?・・・っと…
(リティナの下着を両手を使って脱がし、アレンの身体をずらしていってリティナの
陰唇が見える位置まで移動させる)

267 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/31(水) 00:55:45 ID:YbuoyBFY
【眠気が来ちゃったから凍結にしてもらってもいい?】

268 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/31(水) 00:57:39 ID:cScWtfgY
【かまわないけど次はいつかな?年越し?それとも明日かな?】

269 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/31(水) 01:00:17 ID:YbuoyBFY
【たぶん年明けになると思う…】
【予定の見通しが立ったら連絡するから。】

【あとこれはお願いなんだけど、いきなり濡れてるっていう表現はしないほうが…】
【こっちはまだそういう描写してないのに……】

270 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/31(水) 01:03:57 ID:cScWtfgY
【ああ、すいません…ちょっと先走りすぎたかな…】
【すこしかみ合ってないところがありましたね、すいません。】
【薬の効果の所とかは薬を飲んで治癒魔法をかけると傷が治るとしたかったんですが
いきなり治ったりとか】
【あとできたら何時ごろ来れそうか連絡もらえますか?いきなり伝言で
今からとなるとすぐに反応できないので…】


271 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2008/12/31(水) 01:12:06 ID:YbuoyBFY
>>270
【うん、私のほうもおかしいところがあったかな…】

【日程を事前に連絡するからそれは大丈夫、今日みたいにいきなり来て呼んだりはしないから…】

272 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/31(水) 01:15:17 ID:cScWtfgY
>>271
【そうしてもらえると助かります、今週は大丈夫ですが、来週からは
忙しくなるので大丈夫とはいえなくなりますし…】
【では、自分からはリティナさんの体の描写はしないように心がければ
さっきのは防げると思うんで、そんな感じで行きましょう】
【下手な文章かもしれませんが、お付き合いしていただいてありがとうございます、
楽しんでもらえてるか心配ですが…】

【では、今日会えそうなら今日、年越しならよいお年をってことで。】


273 :アレン ◆EsCKV99yXc :2008/12/31(水) 01:34:23 ID:cScWtfgY
【寝られたようなので落ちますね、お休みなさい】
【スレをお返しいたします】


274 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/01(木) 22:53:25 ID:r/67UYVI
【みなさま、ご機嫌よう。今年もよい年でありますように】
>>6のNG欄に、媚薬を追加して、待機いたします】

275 : ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/01(木) 23:06:14 ID:dXIfJs60
>>274
【こんばんは〜】
【主的なモンスターということで羽根を持った魔族みたいなので考えていますが】
【征伐として主の部屋にジャスティンが現れた所から戦うのと】
【既に敗北した後からと、どちらの方がよいですか?】
【こちらは後者の方が良いのですが…】

276 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/01(木) 23:15:20 ID:r/67UYVI
>>275
【こんばんは、反応が遅れてごめんなさいね】
【羽のある魔族だと、西洋の悪魔に近いのかしら?ええ、承知いたしました】
【そうですわね、貴方に負けて捕まった所か、あるいは戦いに負けたところで気を失ったあたりから始めましょうか】

277 : ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/01(木) 23:16:53 ID:dXIfJs60
>>276
【それではジャスティンが気を失ったあたりから始めさせてもらいます。】
【こちらから書き出しをしますのでしばらくお待ちください】

278 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/01(木) 23:19:31 ID:r/67UYVI
>>277
【かしこまりました】

279 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/01(木) 23:26:54 ID:dXIfJs60
(ダンジョンのもっとも奥に位置する部屋…)
ふんっ…
(バサッと翼をはためかせて切り落とされた自分の腕を一瞥し)
なかなか頑張った方だが残念だったな。
(ジャスティン―今は自分の攻撃を受けて気を失っている彼女を見下ろす)
健闘を称えて…我が性奴隷として飼ってやるとしよう。
(ニマリと笑うと、人のものではない鋭く大きな牙が口の隙間から垣間見える)
(そして、めきょめきょめきょ…と切り落とされた腕が再生し始める)

さて下準備をするか。
その鎧が邪魔だが、一息に脱がすのも趣がないな。
こうするとしよう
(パチンッと指を鳴らすと鎧の材質が変化させられ)
(焼きたてのクッキーのように脆く崩れ落ちるものに変えられてしまう)

後は奴隷らしく…こうだな
(もう一度指を鳴らすとジャスティンの手足首に鉄製のリングが現れ)
(首にも皮の首輪がつけられ、ネームプレートには)
(「雌犬ジャスティン、飼い主シューガ」と刻まれている)

【よろしくお願いします。】

280 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/01(木) 23:41:09 ID:r/67UYVI
>>279
【鎧の材質が変わったのなら、鎧の下は最小限の下着でよろしいわね?勝手に変えましたけど…よろしくお願いします】

(魔物の一瞬の隙をついて、片腕を切り落とした瞬間、新たな衝撃波が襲い、精神・体力共に消耗したジャスティンは仰向けに吹き飛ばされ、気を失った)
(無帽で、教会の紋章が刻まれた鎧が胴から腰を覆い、肩当てと手甲、臑当ての他は褐色の肌が覗いている)
(手首足首に冷たい金属の重さを、首には屈辱的な首輪の感触を覚え、眉根を寄せて呻くが、意識を取り戻す気配はない)

281 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/01(木) 23:50:07 ID:dXIfJs60
>>280
【了解です〜】

ふふん…なかなかいい体つきをしている…
(ジャスティンの体をじっくりと眺めて嘗め回すように見続けて)

気絶したままでも面白くないからな…
(そうつぶやくと股間から大きなペニスが勃起し)
(それをジャスティンの口の中に押し込む)

そら…早く目を覚まさぬと窒息して死ぬぞ?
(ジャスティンの口内を好き勝手に蹂躙して弄び)
(ペニスの先端がびくびくと震え始める)

挨拶代わりだ、軽く一発飲ませておくとするか
(そして、ジャスティンの喉奥めがけて射精し)
(びゅるびゅるびゅるっ…と魔人の生臭く、血の匂いと腐臭の混じった白いザーメンが)
(ジャスティンの口の中へと放出されていく)

282 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 00:03:06 ID:r/67UYVI
>>281
(ぐったりとなった女騎士の口をこじ開け、男根を捩込み蹂躙する魔物)
(顎が痛くなるほどの太さと喉奥を突き刺すほどの長さであり、さすがに苦しくなって噎せ、意識を取り戻す)
(…と同時に生臭く粘っこい精で口の中を満たされ、咳込み吐き出そうとし、男根で塞がれた唇の端からごく少量が流れる)
(残りは飲み込んでしまい、喉から胸が焼けるように熱くなり、咳込みながら魔物の体に爪を立てる)
(体を動かしたので、「焼きたてのクッキーのように」脆くなった鎧の一部が崩れ、胸と腰を覆う下着が覗く)

283 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 00:10:15 ID:xAGEsrKB
>>282
フハハ…おはよう、女騎士よ。
(ペニスをジャスティンの口の中から引き抜いて笑いかけ)
(体に立てられた爪もものともせず、ジャスティンのその手を掴む)

お目覚めにいいことを教えてやろう。
お前は今日から俺の性奴隷だ。栄誉だろう?
(そう言ってにやにやと笑いかけながら、掴んだジャスティンの手を離す)

いきなり色々調教しても覚えられないだろうからな。
おい、女騎士、まずはお前の名前から教えてもらおう。
(ジャスティンの様子をつぶさに観察しながら)
(静かな調子で相手の名前を尋ねる)

284 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 00:21:47 ID:Uvk4/omO
>>283
(男根を引き抜かれて、咳込んで魔精と自分の唾液を吐き出す)
貴様…離してくれ、骨が折れる!
(手首を文字通り人間離れのした怪力で掴まれ、爪を立てるのをやめて叫ぶ)
(暴れたため、鎧がさらに崩れて下着と首から下げた護符だけの半裸になるが、体の痛みと魔物の屈辱的な台詞に気を取られて、気がついてはいるのだが、恥ずかしがる余裕はない)
なっ…、私はそんな、モンスターになど囲われる気はないぞ。
(顔に血が上り、魔物を睨みつけ、魔物が手を離したので手の甲で顔に垂れた魔精を拭う)
名前?知りたければ教えてあげる、私はジャスティン。教会所属の女騎士。しかし、魔物には関係ないだろうに。

285 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 00:28:48 ID:xAGEsrKB
>>284
奴隷の名前ぐらい覚えてやるのが主人の務めだろう。
(にやにやとジャスティンの半裸となった姿を見下ろし)

囲われる気がなくても、もうお前の運命は決まっているのだ。
逆らうというのならば…こうだ。
(指を鳴らすと、ジャスティンの手足の枷が急激に重くなり)
(強制的に手足を地に着く四つんばいのごとき姿にさせられる)

本当なら下等な魔物の苗床にするところを特別に俺の奴隷にしてやると言ってるんだ。
悪い条件ではないはずだぞ。
(そう言ってジャスティンの胸に手を伸ばし、軽く乳房を掴んでみる)

286 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 00:39:53 ID:Uvk4/omO
>>285
奴隷だと?主人だと?
(腕力・能力ともに比べものにならない相手と悟り、抵抗が弱まる)
(手足の枷が重くなり、足をやや開いた形で床に固定され、慌てて腿を閉じる)
苗床、いや、それはやめて!
(過去に別の魔窟で、下級魔の苗床にされた人間を見たことがある。犠牲者自身の希望もあり、魔物ごと聖水と聖剣で消滅させた)
(おぞましさと犠牲者の苦痛を思い出し、一時的におとなしくなり、張りのある乳房を揉ませる)

287 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 00:46:34 ID:xAGEsrKB
>>286
ほう、苗床の恐ろしさは知っているようだな?
(満足げにジャスティンの乳房を弄び)

ふむ、俺のにらんだ通りいい体をしているな。
(そして、ぎゅっと思い切り強く乳房を握り締めてみて)
(ジャスティンの乳房をいやらしく歪めていく)

それからお前の主人の名はシューガ、だ。
覚えておくんだな…
(ジャスティンの胸を覆う下着を鋭い爪で引き裂き)
(褐色の乳房の全貌を暴き立てていく)

288 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 00:57:16 ID:Uvk4/omO
>>287
(程よい大きさの乳房を弄ばれ、下着の生地に乳首が擦れて徐々に反応を示す)
(それを知られまいと、無理に息を落ち着かせるが、胸の鼓動が高鳴り、額に汗がにじむ)
(苗床のおぞましさを思い浮かべ、気を逸らそうとするが、魔物の技に翻弄され、声を殺すのがやっとである)
シューガ、変わった、名前、だな。
(喘ぎ声を押し殺すため、切れ切れに返す)
(下着を引き裂かれると、褐色の肌よりやや濃い色の乳首が立ち上がっている)

289 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 01:04:30 ID:xAGEsrKB
>>288
魔人の名前だからな、人間からすれば変わっているかもしれん
(ジャスティンの乳首を摘んで捏ね潰しながら手かせをにらむと)
(手枷は上に上がってジャスティンの体を持ち上げ、手を大きく広げた姿勢で)
(乳房をシューガの前に差し出すような格好になってしまう)

さて…一つ注意しておこう、そこはシューガ様と呼ぶ所だぞ。
(コリコリとしつこく押しつぶし、弄びながら語尾を強めて命令し)
(お仕置きとばかりに乳首を強めに引っ張り)
(形の良いジャスティンの乳房が引っ張られて伸びてしまう)

290 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 01:16:07 ID:Uvk4/omO
>>289
(目に怯えの色が走り、口ごもる)
シ、シューガ…様。
(手枷が自然に持ち上がり、不自然な姿勢で「飼い主」に乙女の乳房を差し出す)
(自慰の経験もない乙女が、魔物に胸を蹂躙されて喘ぎ、腰をくねらせている)
ひっ…痛い!…です、シューガ…様。
(乳房に見合った大きさの乳首を容赦なく引っ張られ、弱々しい悲鳴をあげて抗議する)

291 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 01:23:54 ID:xAGEsrKB
>>290
お仕置きだからな、痛くて当然だ。
まあ、口の利き方もなってきたようでなによりだ
(にやにやと笑って乳首を引っ張るのをやめると)
(今度はジャスティンの股間を覆う下着を引きちぎり)
(全裸に剥いてしまう)

さて…ジャスティンよ。お前は今全裸だな?
主の前には隠し事をすることなく全てをさらけ出せ。
もっとも恥ずかしいところも惜しげもなく開いて突き出してみろ。
(そう言って、ジャスティンに自ら足を広げて秘所を晒す事を命令し)
(足枷にかかっていた重力も解かれて足が自由になる)

292 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 01:39:45 ID:Uvk4/omO
>>291
いやぁぁ!
(乳首が解放されてほっとしたが、薄い下着を引き裂かれて全裸になり、奴隷の身分を忘れて非難の声をあげる)
(魔物が下着をちぎり取った時、乳首責めで自然に滲んでいた蜜が粘つき、糸を引いた)
え、そんな…。
(枷の魔力から解放されてふらふらと立ち上がるが、先程の戦いでのダメージと今の性的な責めのショックでへたりこみ、まだすっかり躾られたわけではないので、怯えを隠して睨む)
くそっ、これで満足か?
(脚を開き、淡い茂みに縁取られた蜜に濡れた珊瑚色の花弁を指で開く)
(花芯は乙女らしく閉ざされ、核は鞘の中に隠れている)

293 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 01:47:46 ID:xAGEsrKB
>>292
ふむ…なんだこの粘ついたものは?
乳房を乱暴にされて感じていたのか?淫乱な奴隷だな、ハハハ
(そして、引きちぎった下着の破片を見てにやっと笑う)

まあ奴隷一日目としては合格だな。
今後はそういう時「淫乱奴隷のオマンコを見てください」と言わなければならんぞ。
(そう言って手をジャスティンの股間に伸ばして開かれた秘所を撫で回し)
たったあれだけでこんなに濡らしてしまうとはな…騎士が聞いて呆れる。
(そして爪の先を軽くジャスティンの膣内に入れながら)
(親指でクリトリスを包皮の上から軽く擦る)

294 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 02:00:16 ID:Uvk4/omO
>>293
(飼い主の言葉責めに悔し涙を流し、それでも恐怖から脚を開いたままで性器を突き出している)
そんなこと、言えるわけないっ!
(魔物の手が花弁を開く指に触れたので、慌てて手を引っ込める)
(底意地の悪い言葉を聞いて、純潔なはずの性器が疼き、蜜がトロリと零れる)
(花芯を押し開く指と核と鞘を探る指に耐え切れず、仰向けに倒れて両乳首を扱くように弄び、悔し涙を流しながら喘ぐ)
ひ…ああん、シューガ様、切なくて気持ちいいです!

295 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 02:07:03 ID:xAGEsrKB
>>294
ふふん、なんだ意外と簡単に落ちたな?
本当はここの穴も何人もの男をくわえ込んできたのか?
(底意地悪く笑ってジャスティンの穴の中に更に深く指を突っ込み)

もっとはしたない言葉を使って見せろ。
そうすれば褒美として俺の肉棒を突っ込んでやらんでもないぞ?
(指が半分ほど入ると、今度は膣内で指が上下に激しく動きながら)
(2本目の指も入れて膣穴をくぱぁと広げたりなどの辱めをする)

女騎士だなんだといってもそれがお前の本性だ。
魔人にマンコを抉られてはしたなく感じながら自ら乳を弄んでしまうような
人間として最低ランクの雌犬だ、お前は!ハハハハハ!!

296 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 02:18:11 ID:Uvk4/omO
>>295
なんだと、馬鹿にするな!
(乳首を弄りながらなので、説得力は皆無)(経験がないので、指二本だときつく、痛みに悲鳴をあげるのだが、核は硬く勃起して鞘からはみ出している)
わからない、のか?貴様…シューガ様、の、指、きつく…ああっ!
(純潔なはずの内部がとうとう調教されたらしく、喘ぎながら腰を振って淫らな言葉を叫ぶ)
そうだ…私は、貴様…シューガ様の言う通り、淫乱で…強く逞しい男が欲しかったメスブタ!さっき口を犯したように、こっちもその太く長いので、犯してくれないと、気が狂いそうで…!

297 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 02:24:22 ID:xAGEsrKB
>>296
ははは、よく正直に白状したな。
(ぐちゃぐちゃとマンコをかき回しながら笑い、そっと指を引き抜いて)

それじゃあメスブタらしい格好でおかしてやらないとな。
(手枷が動くと、ジャスティンを四つんばいの体制に変えてしまう)

こうやって惨めな性欲処理専用豚のように
ぐちゃぐちゃに犯しつくされて腹の中を精液まみれにされたかったんだろう?
(ジャスティンの後ろから硬いペニスを押し付けて)
(徐々にそれをジャスティンのオマンコの中に挿入していく)

298 :ジャスティン ◆rtezwqa18E :2009/01/02(金) 02:27:40 ID:Uvk4/omO
>>297
【申し訳ありません、事故が発生…と言うより、急用のため、落ちさせていただきます】
【ありがとうございました!】

299 :魔人シューガ ◆bR8l8Jyqq. :2009/01/02(金) 02:29:16 ID:xAGEsrKB
>>298
【そうですか、分かりました。】
【お付き合いありがとうございました。それでは〜】

300 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 00:55:05 ID:3KKrgC0x
【名前】リノリア
【愛称】リノ、リノ先生、リノ様(?)
【種族】人間
【職業】魔法使い(錬金術師)
【年齢】14
【容姿・サイズ】
  ・身長149cm、体重37kg
  ・細身の体に、かなり控えめの胸(A以下?)
  ・大きくくりっとした目で、瞳の色は黒
  ・いつもどこか不機嫌そうな表情
【髪型】
  ・茶色で、肩にかからない程度の長さ
  ・あんまり手入れをしてないのか、少しボサボサな感じ
【服装】
  ・上はフードつきの布服の上にクローク
  ・下は半ズボンとボーダーのニーソックスにブーツ
  ・軽装に見えるが、実はどれも特殊素材で作られていて、魔法に対して少し耐性がある
  ・物理攻撃には普通に弱い
  ・武器は右腕にはめているブレスレット。自分の知識と魔力を込めた宝石が埋め込まれている
【希望シチュエーション】
  優しいプレイが好きだけど、激しいのもあり。
  ダンジョンでピンチの所を助けてもらって(もしくは隙を狙って)そのまま行為に…とか、色々。
【NGプレイ】
  ・切断や殺害等のグロ行為(軽度〜中度の怪我なら可)
  ・汚いプレイ、極度の陵辱
  ・細かい事は事前に相談
【備考】
  王国の研究機関に勤めている。
  魔法や錬金術に関する知識や実力はかなりの物で、ちょっとした有名人。
  しかし、かなりの変人で彼女には誰もあまり近づこうとしない。
  ダンジョンに眠っているという噂の秘術書と賢者の石を手に入れるため、研究は他の所員に押し付けてダンジョン攻略。
  魔法と錬金術以外の事にはかなりいい加減な性格。
  自分のペースを他人に乱される事を極端に嫌う。

  描いてもらった絵
  http://okms.h.fc2.com/rinoria.htm
  フードは被ってない事の方が多いかも。


【久しぶりに待機してみるわ】
【…何ヶ月ぶりかしら】

301 :名無しさん@ピンキー:2009/01/03(土) 01:11:28 ID:CtJzXcD/
魔物に襲われるようなプレイはNGですか?

302 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 01:15:55 ID:3KKrgC0x
【触手とか服従・隷属は苦手だけど…そうじゃなければ大丈夫よ】

303 :名無しさん@ピンキー:2009/01/03(土) 01:17:29 ID:CtJzXcD/
【触手系はNGですか。残念です。他の方にお任せしますね】

304 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 01:25:26 ID:3KKrgC0x
【分かったわ】
【また今度、話しかけて頂戴ね】

305 :名無しさん@ピンキー:2009/01/03(土) 01:58:41 ID:FEV46yEr
【まだいらっしゃるかな?】

306 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 02:02:56 ID:3KKrgC0x
【えぇ、いるわよ】

307 :名無しさん@ピンキー:2009/01/03(土) 02:08:41 ID:FEV46yEr
【魔法耐性の強いモンスターが多いダンジョンの探索】
【戦士系の男に、その護衛料に身体を要求される】
【みたいのは?】
【何度か同じようなコトあって、セックスフレンドみたいな関係になってると】

308 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 02:11:28 ID:3KKrgC0x
【分かったわ、じゃあそれでいきましょう】
【書き出しはどっちからがいいかしら?】

309 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 02:13:19 ID:FEV46yEr
>>308
【そちらからお願いして、いいですか?】

310 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 02:18:35 ID:3KKrgC0x
【分かったわ】
【じゃあ、よろしくね】

…はぁ、これで何度目の探索かしら。
いつになったら最下層に辿り着くのよ……。
(うんざりといった様子でダンジョンの中を歩いている)
魔法が効き難い魔物ばっかりだし…ホントにムカつくわ……。
そうじゃなければ、こんなところ……。

311 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 02:27:38 ID:FEV46yEr
>>310
(後ろでブツブツ言っているリノリアに内心で苦笑しながら、周囲の気配をさぐるロイ)
それなりに収穫はあっただろう。
特殊なモンスターの身体の一部とか。
俺もそれなりに、売れそうな品物が見つかったからな。

(と、休憩に使えそうな小部屋を発見する)
……いったん、ここで休もうか。
(リノリアの方を向いて、確認する)
(そろそろ、いいだろ? というのを、リノリアの肢体に視線を這わせることで暗に伝える)

312 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 02:39:42 ID:3KKrgC0x
それも役に立たないわけじゃないけど…
でも、目的の物が見つからなければ意味がないわ。
(ポケットから、さっき倒した魔物から剥ぎ取った魔法の結晶体を取り出し)
ホント…面倒なダンジョンだわ…。

…え、そうね……って。
(相手の提案に賛成しようとするが、何か言わんとしている視線を見て)
………。
…分かったわよ。
…変態…ロリコン…。
(仕方なく従うが、ブツブツと悪態をつく)

313 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 02:51:18 ID:FEV46yEr
>>312
(小部屋に入り、罠がないか確認する)
(入り口に簡単な魔法の錠をかけて、安全を確保した)

さて、と。
じゃあ、しようか。
(リノリアに顔を近づけて、キスをしようとする)
変態、ロリコン相手にキスするリノリアも、十分に変態じゃないのか?
(意地悪そうに言うと、そのまま唇を奪った)

今回で、もう何度目かな。
セックスするの。
(キスの後、少女の目の前で鎧と装備を外していきながら、そんなことを言った)
(逞しい筋肉質の身体が、露わになっていく)



314 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 03:00:51 ID:3KKrgC0x
…ぅ。
(相手の顔が近づいてくると、少しだけそれから逃げるように)
何を言ってるのよ…断り様がないんだから仕方ないじゃない…。
報酬の代わりだなんて言って……こんな事…。
ありえない……んぅっ…。
(キツめに相手を睨むが、口付けされる事でそれもすぐに崩れてしまい)

…4回目。
忘れたくても、忘れられないわよ…。
(服の裾をギュっと掴み、体を小さく震わせ)

315 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 03:15:46 ID:FEV46yEr
>>314
(変人として知られているリノリアの護衛としてダンジョンに潜ろうという人間は、ロイ以外にいなかった)
(そして、ロイの要求を、リノリアは受け入れた)
ありえない、か。
自分の純潔よりも、ダンジョン探索を優先させる方が、俺には驚きだったけどな。
(お前の初めての相手は、俺なんだぜ、と思い出させるように言葉をかけた)

でも、なんだかんだ言っても、これで4回も俺に抱かれるだなんて。
身体の相性は、いいのかもな。
(品のないことを言いながら、ニヤリと笑った)

(服を脱ぎ、精気に溢れた肉体がリノリアの目の前にさらされた)
リノリアも、服を脱げよ。
(荷物から毛布を取り出すと、床に敷いた)

316 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 03:27:27 ID:3KKrgC0x
そうよ…ありえないわ。
…仕方ないでしょう…どうしても、欲しい物があるのよ。
あんたには分からないかもしれないけど…。
私には…必要なのよ。
処女なんかより…ずっと大事な物…。

…とっとと終わらせて、このダンジョンともあんたとも縁を切りたいわ…。
何言ってるのよ。
勝手な事を言わないで頂戴……サイテー。
(呆れ顔で相手を見ながら)

……分かったわよ。
(しぶしぶと服を脱ぎ始める)
(相手の視線を気にしながら、1枚1枚ゆっくり脱いでいく)
……ほら…脱いだ、わよ。
(細身で色白、そして幼い体を露にする)

317 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 03:42:38 ID:FEV46yEr
>>316
(何度も抱いた、リノリアの幼い身体を鑑賞するロイ)
(股間の男根が、さらに力を増した)
そのサイテー相手に、甘い声をあげるくせに。
(リノリアの物言いに、苦笑しながら指摘した)

いつものように、俺のをしごいてくれよ。
(毛布の上に座るリノリアの目先に、自分のペニスを突き出す)

(行為の前に、リノリアの指でペニスをしごかせるのが癖になっていた)
(錬金術師の指が、自分のペニスに絡みついてしごいていく感触を、しばらく楽しんだ)
調合なんてやってると、手コキのコツも飲み込むのが早いんだな。
(リノリアをからかった)

さて……もういいぞ。
(十二分に高まった興奮)
(そのまま、リノリアを毛布の上に押し倒した)





318 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 03:52:23 ID:3KKrgC0x
誰が相手でも…そういう事されたらイヤでも感じちゃうのよ…
仕方ないじゃない…。
あんたも一度女になって嫌いなヤツにされたら分かるわよ…。

…分かったわよ。
(もう毎回の事なので、淡々とした様子で)
……。
(相手に近づき、既に硬くなっているペニスに指を絡ませる)
(そして、そのままゆっくりと上下させ始める)
そんなの関係あるわけないでしょ…。
こんな汚い事と一緒にしないで頂戴。

ん、分かったわ……ひゃぅ…。
(毛布の上に押し倒され、相手の顔を不安げな表情で見ている)

319 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 04:07:21 ID:FEV46yEr
>>318
(安心させるように、リノリアに何度か軽いキスをする)
(最後に、舌を入れて少女の舌を絡め取って、長いディープキスをした)

……
(その間にも、ロイの手はリノリアの薄い胸を巧みに撫で回した)
(硬く突きだし始めた乳首を、指先で転がして甘い刺激を送り込む)

ふふふ……
(これまでの交わりで知った敏感な部分への愛撫を繰り返しながら)
(反応し始めるリノリアの姿に、含み笑いを漏らす)

ふうん、嫌いな相手に、もうこんなに濡らしているのか?
(秘所へと指をのばし、濡れ具合をたしかめる)
(その濡れた指先をリノリアの目の前で振ると、音を立ててリノリアの愛液を口に含んだ)

(リノリアの足を開くと、その間に自分の腰を入れた)







320 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 04:17:49 ID:3KKrgC0x
ん…んぅ…っ……。
ひぁ…ふぅ、ん…ちゅ……。
(体を強張らせながら相手の口付けを受け入れ)
(ディープキスをされると、口の端から唾液が垂れてしまう)

ひゃ…ん、ゃ……。
(胸への刺激に甘い声を漏らし、小さく体を震わせる)
や…だ……ひゃう…ぅ……!
(先端に刺激を加えられると、ビクっと体が跳ね)

だ、だから…しょうがないでしょう…!
ホントにいちいちイヤなヤツ…んきゃっ…!
や…やだ、何してんのよ…ド変態…!
(自分の愛液を飲む相手を見て引き気味)

ん……ぁ……。
(足を開くと幼い性器があらわになり、恥ずかしさで頬を真っ赤に染め)

321 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 04:29:52 ID:FEV46yEr
>>320
(自分を罵りながらも、すっかり自分を受け入れる準備をしている箇所を見つめる)
……
(無言で、ペニスの先端を入り口に当てると、愛液をなじませて挿入の準備をする)

行くぞ。
(濡れた秘所に、ペニスを突き入れていく)

今日もイカせてやるから、声を上げたければ好きなだけ上げていいんだぞ。
(中へ中へと侵入しながら、そう囁きかける)

――
(濡れた肉と肉がぶつかる音と、快楽の呻きが小さな部屋に満ちる)

おおおっ!
(叫びと共に、白濁液をリノリアの中へと放出した)

【では、そろそろ締めですね】









322 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 04:36:32 ID:3KKrgC0x
ひ…いっ…ひゃああぁぁ…うぅ…!!
(ペニスが挿入されると、小さく悲鳴を漏らしキツく締め上げる)

う、うるさいわよぉっ…!
あっ…きゃぁんっ!
激しっ…ひぁっ!ひゃぁんっ!
(一突きされる度に情けない嬌声をあげ、ペニスを奥まで飲み込んでいく)

あっ!あんっ!ひあぁぁ!
やっ…きゃぅ…やぁぁうっ…あっ…!
激しすぎ…る…ふあぁっ…!

んくっ!んぅぅぅっ!!
んぁ…あ…ひぁ……!
(相手が絶頂に達し、自分の中に白濁を放つと)
(下腹部が熱と何ともいえない感覚で満たされ)

【えぇ、わかったわ】

323 :ロイ(戦士):2009/01/03(土) 04:46:25 ID:FEV46yEr
>>322
(自分の腕の中でイッた瞬間の少女の表情を見て、満足感に浸った)

リノリアのイクときの顔、可愛いな。
(そんなことを言いながら、落ち着かせるように軽いキスをする)
……
(少女の肢体を大きな掌で穏やかに撫で、後戯をくわえる)

今日は、このまま休もうな。
(リノリアを抱きしめたまま、毛布をかぶる)
(そのまま、体力と魔力を回復するための軽い睡眠に入るのだった)

【では、これで終わりにしますね】
【おつきあい、ありがとうございました】

324 :リノリア ◆dr/4a67kLc :2009/01/03(土) 04:53:22 ID:3KKrgC0x
あっ…くっ…ふああぁぁぁっ…!!
(相手の直後に自分も絶頂に達し、小さく痙攣する)

はぁ…ふぅ…うるさい…わよぅ…。
(肩で息をしながら、なんとか反論する)
ん…ぅ…はぁ……。
(行為ですっかり火照った体を撫でられ、小さく声を漏らし続け)

…分かったわ…。
……疲れた。
(相手の腕の中でしばしボーっとした後、やがて自分も眠りに就く)

【えぇ、ありがとう】
【それじゃ、おやすみなさい】

325 :クーネ ◆NLwKiPqHYs :2009/01/04(日) 23:02:15 ID:Rcwp8EWr
【エリスさん待ちです。先にレスを置いておきますね】

魔物はとても悦んでいますよ…すばらしい膣圧と、何よりエリスさんの苦しむ姿がそそるようです!
美味しそうな胸がぷるぷると震えて…エリスさんんもご覧なさい。すごくいやらしいですよ!
おや、エリスさんも大変感じているようですね…
ひょっとして、わざと敵に犯されるのが好みなのですか?
それは教会の騎士さまにあるまじき行為ですよ…ああ、快楽に溺れるなんてっ!
(エリスの痴態を観察し、肉棒が猛り狂い、激しく突き上げ続ける)

そっ、そろそろ魔物も絶頂のようです…さあ、エリスさんの中にたっぷりと出しますよ!
いやらしいエリスさんのお腹を、いっぱいにしてあげます…!
(肉棒がドクンッ!と脈打ち、大量の精液をエリスの中に注ぎ込んで…)
(秘所から零れる愛液と精液のまざったものを、小瓶に掬い取る)
(次の治療の、大切な材料になるのだ)

(やがてエリスが落ち着き、彼女の体を拭って衣服を整えた後、催眠術を解除する)
(「催眠術中の記憶はおぼろげにしか残らないようになっている筈だ…きっと股間に違和感はあるだろうがね」)

終わりましたよ、エリスさん。エリスさんの体と呪力、隈なく調べさせて頂きました。
さて…、ここから治療に移りましょう。今すぐでもよろしいですか?
(爽やかな笑みを浮かべ、先程の陵辱が嘘であったかのように振舞う)



326 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/01/06(火) 08:44:50 ID:jru+e7lM
【すみません、置きレスですが1レスだけお借りしますっ…】
【クーネ様、先日はお約束をまもれなくてすみませんっ…せめてクーネ様のレスへの、お返しだけ置かせていただきます;】

(クーネ様の言葉なぶりが、耳の奥までエリスを犯して…熱い肉棒につらぬかれながら、エリスはがくがくとふるえちゃいますっ…)
いや、いやあっ…そんなに深く入ってきちゃ…っ だめ、え、ええ! く、くう…ッ!!
かっ、感じてなん、かっ…あうううっ!!はああっ、くう、うッ!!
そ、そんな、わけ…なっ…あうんッ!いやあッ…
(なっ、なぶられて…おなかの中、かき回されちゃって…っ 魔物の、おちんちん…エリスのなかっ、突き上げっ…てっ!)
…ッあ!はあ、あッ…!…ッくうう!!
(クーネ様の…肉の注射…うんと深く、突き上げられて…も、うっ…)

…!だ、めっ… だめ…え はあ、あああッ!!
(コトバなぶりに弱いエリスは、「たっぷり出しますよ」というコトバで…身体をそり返らせるほど感じちゃって…)
(それが、相手の射精を早めちゃうことがわかってるのに…きゅうっ、と締め付けちゃって)

…ッ…ッ!!ッあ!あッく!!くう、うーー……ッ!!
(はッ、はいって、来る…いっぱい、えっちな液、えりすのなかにいっぱいっ…くう…っ…!)
(背筋をそりかえらせたまま、クーネ様がどく、どくっと放つたびに…びくん、びくんってふるえちゃって…)
く、く…ッ あ、あく…うッ……
(催眠術にかかったままのレイプで…心の奥まで犯されて、完全にイかされちゃって… 
 自分の肩に唇をつけて、絶頂のよいんのけいれんをかみ殺して…)

(クーネ様の合図で目をさまして…まだ残る、淫夢をみたあとのような快楽の感触にとまどい)
あ、あの…っ クーネ様…?
(股間に…なにか、強い感触が…残って…これは…っ)

(なにごともなかったかのようなクーネ様の笑顔に、それ以上追求することもできず…)
はい…よろしく、お願い…します…
(わけもわからないまま、目元が上気していることを意識して…)
(いやだ…なんで…こんな、えっちな気持ちになっちゃうんだろ…)

【しつれいしました…スレをお返しいたしますっ…ありがとうございました。】

327 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 20:43:16 ID:76J++rjJ
【初めまして、よろしくね!】

【名前】レイミィ
【外見】短い黒髪に翠の瞳、黒豹の耳と尻尾を持つ少女。
    胸元に小さな魔方陣と、それを掻き消すような×印の傷跡がある。
    引き締まっているが出る所はしっかり出た体つき。
【能力】黒豹に変身、攻撃・回復魔法(人型の時のみ)
【希望シチュエーション】元主人や追っ手に捕まってお仕置き調教
            追っ手から匿ってもらったお礼etc
【NGプレイ】スカ・こちらが攻めのプレイ
【備考】とある魔術師の下から脱走した元・使い魔の中流悪魔。
    追っ手から逃れてダンジョンに潜り込み、逃亡生活を続けている。
    基本的には人懐こいが、奔放で気紛れな性格。

【待機します。気軽に声かけて欲しいな♪】

328 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:07:31 ID:9maZn259
淫語バリバリプレイはOKでしょうか


329 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:10:08 ID:EoGYe0om
【お相手したいです】

330 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 21:14:19 ID:76J++rjJ
>>328
【OKですよ♪】
【お相手お願いできますか?】

>>329
【328さんの方が早かったので、今回はごめんなさい;】

331 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:16:09 ID:9maZn259
>>330
【すいません、大丈夫と思っていたのですが…
子供が起きてしまいましたorzよければ329さんにお譲りしたいのですが、構いませんかorz】

332 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 21:17:52 ID:76J++rjJ
>>331
【ありゃ、わかりましたー。】
【声かけてくれて、ありがとうございました♪】

>>329
【まだいらっしゃったら、ぜひお願いします!】

333 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:21:25 ID:EoGYe0om
【よろしいのですか?】
【ありがとうございます。】
【かくまったお礼に好きなだけ身体を触らせてもらうというのはどうですか?】

334 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 21:23:36 ID:76J++rjJ
>>333
【いいですよー。でも触るだけ、ですか?w】
【あと、冒険者さんなのかモンスターさんなのか教えて下さい。】

335 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:25:18 ID:EoGYe0om
【もちろんその後も…】
【人間の冒険者でもいいですか?】

336 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 21:28:23 ID:76J++rjJ
【わかりました♪】
【書き出しはどうしますー?】

337 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:30:54 ID:EoGYe0om
【こっちからします】
【しばらくお待ちを】

338 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:44:56 ID:EoGYe0om
大丈夫かい? えっと、たしか……レイミィだったね。
(どうやらこの子は何者かに追われているらしい)
(あわてて寝袋の中に彼女を押し込んだがどうやらやり過ごせたようだ)
それにしても……いったい何が…?
(念のため事情を聞いてみることに)

…………
に、してもいい身体してるな…まずい、何考えてるんだ。
(レイミィのスタイルのよさにすっかりひきつけられていた)
あ、あのさ…これで助かったわけだけど……
でももしかしたらまた追っ手が来るかもしれないから…
今日はここにいたほうがいいぞ…その寝袋使っていいから…
(さっきから大きな胸の谷間が気になって仕方がなかった、意識してみないようにする)
そろそろ俺も眠くなってきたし…今日はここで休んでいけ、な?
(下心が透けて見えるようなことも簡単に言ってしまう)


【もう少しシチュエーションについて詳しく】
【こっちのムラムラをレイミィも見透かしていてあえて言葉以外の方法で手を出させる…
という行動を取ってほしいんだけど】
【あと最初は下半身中心で、次に胸を責めたりパイズリしたいかな。】

339 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:46:22 ID:EoGYe0om
【あくまでこっちが主導権を握る形でやるけどね】

340 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 21:54:26 ID:hpPCfYs9
がっつき名無しがスレH板でもいけ

341 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 22:04:09 ID:76J++rjJ
>>338
ぷは、よかった〜…
(頭まで被っていた寝袋から顔を出すと、やっと安堵の溜息をつく。)
(そのままもぞもぞ袋を脱ぎ捨てると、改めて人間の男に向き直り)
ありがと、あなたのお陰で助かっちゃった。
(にぱぁと屈託なく笑って、礼を口にした。)

何がって…そうだなぁ。
おにーさん、魔術の心得はある?
(聞くが早いか、いきなり襟口を引き裂いて豊満な双丘を露出させる。)
(男がうろたえるのも構わず、胸元を指差して)
追っかけられてた原因は、これ。
勝手に契約破棄して、主人の手から逃げてきちゃったのよ。
(その白く長い指の先には、×印された魔方陣。)
(見れば女には獣の耳と尻尾までついていて、只者ではないことが伺える。)

いいの?あなた、いいヒトね!
(男の提案に、胸を露にしたまま手を叩いて喜ぶ。)
(その無邪気な笑顔に、ちらっと悪戯な影がさして)
でも、ただ匿ってもらうのも悪いなー…
(唇を赤い舌で舐めて、わざとらしく呟いた。)

【遅くなってすみません;】
【了解です♪こんな感じでいかがでしょうか?】

342 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 22:23:14 ID:EoGYe0om
>>341
いやいや…お礼なんて……すごく助けてほしそうに見えたから…
(可愛らしい笑みをみてほほえましい気分になっていたが)
ああ、一応は……
……っ…そ、そ、そうだったのか…大変だな……
(レイミィの深い胸の谷間を見てしまう、魔方陣なんてどうでもよくなっていた)
(追われている理由もあんまり頭に入っていなくて
ひたすらプルプルしてておいしそうな胸を見つめていた)
なるほど…み、耳も尻尾も飾りじゃなかったのか。

ああ、そのほうがいいだろうし……
(レイミィの喜ぶ様子を見てこっちも嬉しくなったが、それ以上に揺れる生の乳房が目に飛び込んできて)
(すっかりそれに見とれてしまっていた、だから相手が何を考えているのなんてわかるはずもなく)
いやいや、お礼はいいよ…そんな事気にしなくても。
(もう十分お礼はもらった、なんてことを考えていた…唇を舐めるしぐさにつばを飲んで)

でも…寝袋はひとつしかないからな…一緒に寝ても大丈夫か?
(これなら不可抗力の振りをして身体にたっぷり触れると思って)
(そもそも暗にやらせろといっているのだが…自身では気づいていなかった)


【はい、ありがとうございます】
【服装はどんな感じでしょうか?】


343 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 22:39:29 ID:76J++rjJ
>>342
ま、失礼な。ちゃーんと本物よ?
(視線が胸元に集中するとわかっていながら、よく見ろとでも言うように擦り寄る。)
ほらね?飾りでこんなこと、できると思う?
(しなやかな尻尾で男の頬をくすぐって、そう耳元に囁く。)
(くすくす笑うのに合わせて、露出された胸も柔らかく揺れた。)

いいの?…ホントに?
(シたいこと、あるんじゃないの?と出掛かった言葉はまだ仕舞っておく。)
(ただ、一緒に寝ることになるという言葉に妖しい笑みを深め)
もちろん、いいわ。
だって無い物は仕方ないじゃない。
(相変わらず近い距離のまま、さして抵抗も示さずに了解した。)

【しまった、書いてなかったorz】
【一応、黒のミニワンピっぽいのを考えてました。】

344 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 22:52:32 ID:EoGYe0om
>>343
おいおい、そんなに近くに……
(擦り寄られると急にレイミィを強く意識してしまって)
ま、まあ確かにそうだよな……わかったわかった、くすぐったいって。
(邪魔そうに尻尾を払うと、やはり視線は胸に注がれていた)

ああ、いいって……
(この時点ではまさか正面きっても承諾は得られないだろうと思っていたので)
とにかくもう寝るぞ…さっきまで寝ようって思ってたからな…
(レイミィの了解も得たのでまずは彼女を先に寝袋に入れてその後自分が後ろから入る)
(サイズは大きかったので二人はいっても余裕だ、最も身体を密着させることになったが)
…………
(さりげなく手を上にやり指先でレイミィのはだけた胸をそっと触る)
(そして互いの下半身同士を押し付けあっているのでお尻の感触もよくわかった)
……も、もう寝たかな?
(しばらくお尻の感触を強く受けていたためペニスはガチガチで
しっかりとレイミィのお尻の割れ目に押し付けられていて)
(当然さりげなく胸をも触っていたので、我慢できなくなっていた)
(まずは様子見でレイミィのぷりぷりのお尻をワンピースの上から触った)
(そして空いている手では軽く巨乳を包み込んだ)


【わかりました、ありがとうございます。】

345 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 23:08:15 ID:76J++rjJ
>>344
…あら、もう寝ちゃうの?早いのね。
(からかって遊ぶのを中断され、少し頬を膨らます。)
(男が寝袋に入るとき、わざとらしく密着させ、含み笑いを噛み殺した。)
(身体は密着したまま、お互いに様子見の膠着状態が続き…)

(男の問いかけはわざと無視して、眠った振りをすることにする。)
(ほどなく、胸とお尻を這う手の動きが活発になった。)
う、ん……
(予想通りの行動に笑いを堪えながら、眠った振りを続ける。)
(小さく声を漏らして身体を捻ると、硬くいきり立った男性に柔らかい肉を押し付けて)
(半ば挑発するように浅く息を吐いた。)

346 :名無しさん@ピンキー:2009/01/08(木) 23:22:16 ID:EoGYe0om
>>345
(まさかレイミィが寝たふりをしているとは思わず)
(すっかり熟睡してしまったものなのだろうと思ってお尻を撫でていた)
服の上からじゃ……
(小声でつぶやいてワンピースをめくり上げる、そして尻尾をどかしお尻を撫でてみる)
意外といい尻してるな…胸もでかかったし……へへっ…
(寝袋の中は窮屈ではないので手もやすやすと動かすことができる)
(寝ていると勘違いしているのでむぎゅっと胸も強く揉んでみて)
(掴んではなしてを繰り返し巨乳を存分に楽しんだ)

お、起きないでくれよ……
(レイミィがぴったりと寄り添っている、当たる尻肉の感触と甘い匂い)
(無意識の内に腰を振っていてレイミィのお尻をペニスで何度もしつこくつついていた)
はああ……まずい………このままじゃ出そうだ…
(意識を反らそうとお尻を触っていた手を離して太ももをさする)
(細身の脚だったが柔らかくもちもちしていて…)
………ごくっ…
(前のほうもスカートをまくって土手を軽く指で押すとぷにっとした柔らかさが伝わった)
普通にセックスとか、できるみたいだな…
(お尻に当たるペニスは谷間にしっかりとフィットしてその鼓動をレイミィに伝えている)


347 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 23:40:17 ID:76J++rjJ
>>346
んぁ……ふ…
(次第に大胆になってくる手の動きに、内心で舌を出した。)
(焦らすように甘い声を聞かせ、時折身悶えまでして劣情を煽る。)
(次第に白い頬に赤みが差し、声にも媚が混じり始め)

(男の口をついたセックスという単語に、そろそろかと笑い)
お礼はいいだなんて嘘つきね。
ほんとは、シりたいんでしょ?
(くるりと寝返りを打つと、細腕を男の首に回す。)
(男の胸板で弾力のある胸を押しつぶし、ペニスに布越しに指を這わして)
誤魔化したってダメよ、ちゃんと言って。
――あたしを、犯したい?
(挑むように、甘えるように、囁いて耳たぶに歯を立てた。)

348 : ◆SRq6zgowQs :2009/01/08(木) 23:47:07 ID:EoGYe0om
【ちょっと早いんだけど凍結いいかな?】

349 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 23:50:10 ID:76J++rjJ
【了解ですー。いつがいいかな?】

350 : ◆SRq6zgowQs :2009/01/08(木) 23:53:53 ID:EoGYe0om
【土曜日の夜七時くらいからって空いてる?】

351 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/08(木) 23:55:47 ID:76J++rjJ
【今のところ大丈夫。】
【もし何かあったら、楽屋スレに連絡します!】

352 : ◆SRq6zgowQs :2009/01/09(金) 00:00:12 ID:EoGYe0om
【わかった、じゃあ何かあったときは連絡お願い】
【今日はありがとう、おやすみ】

353 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/09(金) 00:20:12 ID:LsWF5hnr
【遅くなっちゃった、ごめん!】
【こちらこそありがとね♪】
【おやすみなさい。】

354 : ◆SRq6zgowQs :2009/01/10(土) 18:47:12 ID:eINdbaF+
ちょっと早いけど待ち合わせのためスレをお借りします。
流れとしては最初にセックスして次に尻を攻めたいんだけど…いい?

355 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/10(土) 19:30:55 ID:K5oz503L
>>354
【遅くなってごめんなさい;】
【お尻かー…後ろはちょっと苦手かも。】

356 :名無しさん@ピンキー:2009/01/10(土) 19:45:16 ID:eINdbaF+
【急に出掛けないといけなくなったから別の日にしてくれると助かる
【ダメなら破棄にしてくれ】
【もしいいなら詳しくは伝言スレで】

357 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/10(土) 19:48:04 ID:K5oz503L
>>356
【はーい、了解!】
【とりあえず、向こうに空いてる日を書き込んどくね。】
【気をつけて行ってらっしゃい ノシ】

358 :名無しさん@ピンキー:2009/01/10(土) 21:17:16 ID:KRjQkxYd
ケツが断られたら即逃げ
いつものことだな

359 :名無しさん@ピンキー:2009/01/11(日) 17:14:40 ID:CM3vBYow
【名前】フャイラ
【種族/職業】人間/隠密
【年齢】19歳
【性格】クールであまり感情を表に出さないが、芯は優しい性格
【容姿・サイズ】163cm 健康的な肌色で細身でグラマラスな体型(本人は女性らしく成長した身体を気にしている。)
【髪型】肩まである深紅の髪
【服装】一族の女性用忍び装束、両肩、両脚が剥き出しの動き易さを重視した造り、腰に忍刀
右太ももにクナイ。
【希望シチュエーション】ダンジョンに設置された無数の触手生物が棲む落とし穴に落ち、逃げ場のないなか戦うが
捕らえられ、永遠に犯され続けられる
【NGプレイ】グロ、スカ 
【備考】両親から強く育ってほしいために、男の子のように厳しく育てられた、その願い通り一族では群を抜いた実力者
一人称は「ボク」


360 :ファイラ:2009/01/11(日) 17:17:13 ID:CM3vBYow
ここが仲間の消息が消えたダンジョンか・・・

(待機)

361 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 17:29:12 ID:f8L2GaAB
>>360
【こんばんは お相手よろしいですか?】

(ファイラの進む先に巧妙に隠された落とし穴が)
(獲物を今か今かと待ち構え)
(その下では触手がみっちりとひしめきあっている)

362 :名無しさん@ピンキー:2009/01/11(日) 17:31:24 ID:CM3vBYow
>>361
【こんばんは。よろこんで よろしくおねがいします。】


363 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 17:33:11 ID:f8L2GaAB
>>362
【よろしくお願いします。それではこんな感じの始まり方でお願いします。】
(ファイラの進む先に巧妙に隠された落とし穴が)
(獲物を今か今かと待ち構え)
(その下では触手がみっちりとひしめきあっている)

364 :ファイラ:2009/01/11(日) 17:35:11 ID:CM3vBYow
(ダンジョンに足を踏み入れた、ファイラはなんともいえない邪気に鳥肌が立った・・・)

なんて邪気なの・・・ こんな所長居はしたくないわね。

(何も知らず1歩1歩、落とし穴に向かって歩いている。)

365 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 17:39:17 ID:f8L2GaAB
(そして、ファイラが次の一歩を踏み出した瞬間)
「ずぼっ」
(足が埋まるように地面を踏み抜いてしまう)
(気がついた頃には人一人を飲み込んで余りある大穴が地面に開き)
(支えを失ったファイラの体は穴の中に飲み込まれてしまう)

(しかし数メートルのところで底につき)
(柔らかい地面によって怪我一つ負うことなく着地する)

366 :ファイラ:2009/01/11(日) 17:44:15 ID:CM3vBYow
「!?」 
(突然の障害にも柔軟に対応し、咄嗟に受身をとるが、落ちた箇所はまるでモチのように柔らかく
ファイラにダメージはなかった)

「こんな低級なトラップに引っかかるなんて・・・」

・・・

(辺りを見回すファイラ)

367 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 17:47:43 ID:f8L2GaAB
(薄暗い中、徐々にファイラの目に部屋の光景が映る)
(地面だと思ったもの、それは何かの肉であった)
(ぬめぬめとした粘液を出しながらその肉の床が震えだし)
…ぐるる…ギシャアア!!!
(どこから聞こえてくるか分からない奇声とともに床や壁から)
(無数の触手が生えて、伸びてきて、ファイラの周囲を取り囲む)

368 :ファイラ:2009/01/11(日) 17:55:31 ID:CM3vBYow
「これは!?」

(咄嗟に身体を起こし身構えるファイラ、身体に付着した粘液を汚らわしく振り払い、
腰に装備した、鋭く尖れたダガーを取り外し身構える。)

やはり魔物が棲みついていたか。

(この程度の魔物、ファイラにとっては小さな障害であった。)

「こんな魔物すぐに消してやる。」

(ファイラは素早い動きで目の前の敵に迫り、その鋭く尖ったダガーを閃光の如く振りかざし切りつけた)


369 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 17:58:59 ID:f8L2GaAB
ばすっばしゅっ ずぶしゃあっ
(ファイラが刃を振るうと抵抗無く目の前のものは刻まれていく)
(だが、切られた分だけ新たな触手が床から壁から生えてきて)
(一向に数が減ったようには見えない)
(その内にファイラの死角になる方、武器の届きにくい方向から)
(触手があるものは鞭のようにファイラの体を打ち)
(あるものは棒のように突いてくる)

370 :ファイラ:2009/01/11(日) 18:06:18 ID:CM3vBYow
くっ・・・ 次から次へと・・・ 

「この生命力・・・ この数・・・ ただの魔物ではなさそうだな」

(触手の攻撃にも怯まず、先程にも増した素早さで、次々と生える触手を切り刻んでゆく、
切り刻まれた触手は無残にファイラの足元に転がる。)

「これじゃキリがないね・・・ こいつらの本体を探さないと・・・」



371 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 18:09:07 ID:f8L2GaAB
(切られた触手はそのまま死に―はしてなかった)
(床の肉と接続して再び動き始める!)

しゅるるるっ!
(他の触手がファイラへ激しい攻撃を繰り返す中)
(足元の触手がファイラの足首に絡み付き)
(ファイラの機動力を奪おうとする)

372 :ファイラ:2009/01/11(日) 18:15:01 ID:CM3vBYow
「!?・・・・」

ボクの動きを封じようっていうの? フン・・・ 甘いよ
(脚に絡みついた、触手を切り払う)

「でも、この切り付けた残骸も個体として再生するんじゃ、無暗に切り払えないな・・・
逃げ場がなくなってしまう」

本体は・・・ どこなの!


373 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 18:20:45 ID:f8L2GaAB
うじゅる…うじゅる…
(絶え間なく襲っていた触手が動きを止める)
(すると部屋の中心の床がもこっと盛り上がり、ズズズと大きな丸い塊)
(触手の絡まりあったボールのような塊の中心に目玉のようなものが垣間見える)

「チョウシ…ノルナ…ニ…ゲン」
(本体に近いところの触手はより強く、太く)
(さっきのが棒とすれば今度は丸太のような勢いの触手が)
(ファイラの体を横なぎに攻撃してくる)

374 :ファイラ:2009/01/11(日) 18:28:46 ID:CM3vBYow
うわぁ! くっ・・・ こいつ・・・

(ファイラの細身な身体では、太い触手の衝撃に耐え切れず、粘液まみれの床に無様に倒れこむ。)

「なんて力・・・ でもこいつが本体だね」

(再び身を起こし、今度は後方に間合いを取り、右ももに装着されているクナイを取り外し、
本体と思われる目玉に向かいクナイを飛ばす)

・・・・シュッ!

(勢い良くクナイは目玉にヒットしたかのように見えた)

375 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 18:34:18 ID:f8L2GaAB
「グ…グギャアアッ!!!」
(バケモノの目玉に向けてクナイが吸い込まれた途端)
(激しい悲鳴を上げながら暴れまわる)
(闇雲に暴れているようで、触手の2本に1本は正確にファイラを狙い)
(部屋の隅へ隅へと追い込んでいく)

「イタイ…イタイイ!!」
(クナイが刺さった目玉をぎょろりと蠢かせてファイラを睨む)
(ダメージはあるようだが致命傷には程遠く)
(元々視覚に頼ってなどいなかった)

376 :ファイラ:2009/01/11(日) 18:41:34 ID:CM3vBYow
効いてる?

(苦しむ魔物を見て、ファイラは再びクナイを飛ばす、先程クナイを刺した場所に
正確無比に突き刺す。)

「こいつみたいな軟体生物でも同箇所への連続攻撃は効くみたいだね」

(攻撃することに集中していたファイラは、自分が魔物の思惑通りに動かされているとは
気づくことができずにいた)

377 :ファイラ:2009/01/11(日) 18:43:30 ID:CM3vBYow
【ごめんなさい、少しだけ落ちます。
すぐに戻りますんで、もしまだ時間があったらまた相手おねがいします。。】

378 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 18:46:33 ID:f8L2GaAB
「ぐる…グギュウウウ!!」
(攻撃を受けるたびにどんどん攻撃は激しくなり)
(一方に弱る素振りを見せない)
(そして、ファイラの背中が壁にぶつかった時)

「ウオ…オ…オ!!」
(壁と思っていたのも魔物の一部)
(しかも本体がそばにあることで強靭な触手を生やし)
(ファイラの胴にぐるりと巻きついていく)
>>377
【わかりました〜】

379 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 19:22:43 ID:f8L2GaAB
【こちらもちょっとだけ席を外します】

380 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 19:32:42 ID:WmP/K6Sc
【もどりました】

381 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 20:24:39 ID:WmP/K6Sc
【21時になったら落ちますね】

382 : ◆qxyipzVzVE :2009/01/11(日) 20:59:24 ID:f8L2GaAB
【落ちます。おつかれさま〜ノシ】

383 :ファイラ:2009/01/12(月) 12:10:40 ID:tfGyQSR3
【昨日は結局戻れなくてすいませんでした・・・。 また機会があったらよろしくおねがいします。】

384 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 19:52:52 ID:C49tT5QW
【ちょい早いけど、 ◆SRq6zgowQs さん待ちで待機します!】

385 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 20:20:33 ID:GrtpT00V
505 : ◆SRq6zgowQs :2009/01/15(木) 20:18:39 ID:+Cjb0DP9
レイミィへ
今日なら大丈夫だと思ってたんだけど…
どうにも帰れそうにないから破棄にしてくれないか?
本当に申し訳ない……

向こうに書き込んであったから貼っておく。

386 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 20:23:54 ID:C49tT5QW
>>385
【うー、残念…了解しました。】
【教えてくれてありがと!】

【このまま、もう少しだけ待機してます。】

387 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 21:11:31 ID:EaupIkQo
【こんばんはレイミィ】
【お相手よろしいでしょうか?】
【希望のシチュエーションも無いわけでは無い…そんな名無しですが】

388 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 21:15:36 ID:C49tT5QW
【こんばんはー♪もっちろん大歓迎!】
【それで、どんなシチュがいいの?】

389 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 21:22:16 ID:EaupIkQo
【ええとですね】
【追っ手から宝物部屋なんかに隠れていたレイミィを】
【元主人とも追っ手とも関係無い冒険者が宝物と一緒に見つけてしまって…】
【そんな感じで遊んで貰えたなぁ…と考えてました】

390 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 21:25:01 ID:C49tT5QW
【うん、いい感じ。面白そう♪】
【こっちから書き出した方がいい?】

391 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 21:28:21 ID:EaupIkQo
【その方がやりやすいかもしれませんね】
【では書き出しはそちらでお願い致しまして…】
【…改めてよろしくお願い致します。】

392 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 21:31:03 ID:C49tT5QW
【はーい、ちょっと待っててね!】

393 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 21:42:22 ID:C49tT5QW
(主人の手を逃れ、ダンジョンに逃げ込んでからどれだけ時間が経っただろう。)
(今のところは追っ手の気配もなく、平穏な毎日が続いていた。)

ふぁーあ…
(現在レイミィが隠れ住むのは、ダンジョンの片隅にある横穴の奥。)
(中にはボロい木箱が置いてあるだけの、どこにでもあるような洞穴である。)
(そのボロ木箱をベッド代わりにして、大きな欠伸をひとつ。)
何て言うか……つまんない〜…
(――あまりに何事もなさ過ぎて、退屈しているらしい。)
(自慢の漆黒の尻尾を不機嫌そうに揺らし、もう眠ってしまおうとでも考えたのか)
(すらりとした手足を丸めた。)

【お待たせしましたー♪よろしくね!】

394 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 21:57:48 ID:EaupIkQo

(時を同じくしてダンジョンの通路)
(宝らしい宝も見当たらずに、不機嫌そうな顔をした男冒険者が一人歩いていた)
(相棒と呼べる物は持たず、傭兵のように様々なパーティを転々としている男…一人でダンジョンに潜る事も珍しくは無かった)

ん?ふん…怪しいな…
(手持ちの盾を壁に這わせながら歩いていると他の壁と違う音がした)
(そんな壁の裏には何かあるのが相場である為…男の行動は決まっていた)

ふぅ…ん?
おい、こんなダンジョンで何をしている…
ここの番人というなら…容赦はせんぞ?
(ダンジョンの壁タイルを押すと、仕掛け扉が動き出して…)
(その先の横穴を進んでいくと、木箱の上に女?がいた)
(敵の可能性は十分にある、手斧と盾の構えは解いていない)

395 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 22:10:40 ID:C49tT5QW
(うとうとし始めたところへ、微かに聞こえた異音。)
(黒い両耳がぴくんと動き、少し遅れて上半身を起こす。)
(心地よいまどろみを邪魔されて、かなり機嫌が悪い。)

なぁに、もう。
(猫類の唸り声にも似た呟きが、侵入者を出迎えた。)
…番人?あたしが?
(翡翠の瞳で男を射てから、ふんと鼻で笑う。)
冗談でしょ。あたしが何の番をするって言うのよ?
こーんな、しょぼい洞窟で?
(中の財宝になど興味はない彼女にとって、木箱は只の寝床に過ぎない。)
(男の言うことが理解できず、バカじゃないのと言いたげに肩を竦めて)

396 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 22:24:26 ID:EaupIkQo

(どうやら言葉は通じる相手のようだ、軽く見た感じは不機嫌そうだ)
(何が原因なのか…最も自分が原因である事には薄々感づいていたようだが)

ここには強敵に宝が眠ってると聞いて来た…見当違いだったか?
いや…それよりも今は…君は一体何者だい?
(どうやら部屋に眠っていたのは女が一人だったようだ)
(男から見た感じでは彼女には敵対の意志は見えない、斧と盾を床に置くとレイミィへと近づきます)

397 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 22:39:45 ID:C49tT5QW
強敵に宝…ねぇ。
少なくとも、今ここに住んでるのはあたしだけよ。
(男が物騒な武器を置くのを見て、ひょいと木箱から飛び降りる。)
もしかしたら、この中に何か入ってるかもね。
欲しかったら持ってけば?あたしはベッドだけあればいいもの。
(木箱に視線を投げた後、男にそう言い放つ。)

あたし?…強いて言うなら、ヒト以外の何か。
見ればわかるでしょ?
(相変わらず、寝起きでご機嫌斜め全開ではあるものの、律儀にも質問には答えて)
(しなやかな尻尾を遊ばせる。)
ちょっと訳ありでね。
ほとぼりが冷めるまで、隠れてなきゃいけないの。
(胸元には傷で無理やり無効化された魔方陣が見え、事情の欠片を匂わせている。)

398 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 22:56:47 ID:EaupIkQo
つまりは、ハズレでしたか…
まあ、命の危険が去って安心したよ、
どれ失礼して箱の中身を…ははは…見ろ、こっちもハズレだよ
(結局宝が目的なのか強敵が目的なのか…自分にもわからない)
(ダンジョンの本来の主が既にいない以上、当然箱の中身には価値のありそうな物は残って居なかったため…)
(そこで男の興味は木箱の上に居た女へと移り変わったようだ)

ヒト以外の何かか、大体察しは付くが…
そっちが手を出してこないなら武器も不要だし
…訳ありとあらば見なかった事もしてもいいかもな
(耳と異形の尻尾…そして男の視線を引き寄せる中々に豊かな胸に刻まれた陣と傷)
(そこから何となく彼女の過去が、見えて来た気がする)
(…男の視線は傷を見ているのか胸を見ているのかどっち付かずだ)

399 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 23:06:41 ID:C49tT5QW
そ、残念だったわね。
(促されても箱の中を見ようともせず、返答も素っ気ない。)
ヒトが財宝とか呼ぶ物には、あんまり興味ないの。
何でそんなものを探し求めるのか、さっぱりわかんないわ。

ふーん、話がわかる相手でよかった。
(自分の存在を言いふらす気は無いとわかり、少し機嫌も直ってきたようだ。)
(男の視線に気づくと、くくっと喉を鳴らし)
宝も敵も期待はずれだったなら、あなたヒマでしょ?
あたしも退屈で死にそうだったの…ちょっと付き合ってよ。
(木箱に腰かけると、相手を誘うように脚を組んで微笑む。)

400 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 23:24:43 ID:EaupIkQo
うん?なるほど…財宝を求めるのは人間特有の心持ちという訳か
とはいえ財宝を求める目的も人それぞれだが…一番はやはり金だろうな
(既に目の前の女がヒトと違う事を意識し始めている様子)
(とはいえそこまで「壁」を感じてはいない、何せ互いに話が通るのだ)

何、こっちも目の合った瞬間に殺されなくてよかったよ
相手がヒトで無くても、意外と話せばわかるものだな
(そう言うとレイミィが誘うような仕草を見せて来て…)

ははぁ…暇潰しにそうやって、やって来た冒険者をからかってるのか?
そうだな…お互い暇な事だし…ええと…貴方、少し付き合ってみますか?
(名前を聞いていないので貴方としか呼べなかったものの、男はレイミィのお誘いに引き込まれた)
(まずはとばかりに、露わになっていた胸の魔法陣の周りを指でなぞっていく…)

401 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/15(木) 23:41:40 ID:C49tT5QW
そう、それよ。あたしには理解できない。
(金という単語に尻尾で床を打ち、首を傾げる。)
お金なんて意味ないじゃない、いずれ死ぬんだから。
そんなものの為に苦労したって、終わりには何一つ手元に残らないのに。

だって、何にもすることがないんだもん。
下手に動いたら見つかっちゃうし…軟禁状態みたいなものよ。
(見かけに不相応な幼い仕草で頬を膨らまし、しれっと愚痴をこぼす。)
…そうね、レイでいいわ。
あなたは?
(本名を知られることは、魔術に関わる者にとっては禁忌。)
(愛称のひとつを提示して、相手にも名乗るよう促した。)

402 :名無しさん@ピンキー:2009/01/15(木) 23:57:42 ID:EaupIkQo
生きるために金は必要だ、武器にも盾にも薬にもな…
ダンジョンの外には金が飛び交って…時には人生や命さえ売られるさ…
(傭兵紛いな男にはごく身近な身売り、明日は我が身かも知れぬ)
(そんな男だからヒトではない、レイミィの誘いにも躊躇い無く乗ったのだろう…今を生き楽しむ為に)

ずっとこんな暗いところで軟禁同然で…そっちは寂しいより先に暇が出るのか?
レイか…覚えたぞ。じゃあ…カルザとでも呼んでくれ
(そう言うともう一つ木箱を横に並べて座り、片腕をまわしてレイを抱き寄せる)

403 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/16(金) 00:18:05 ID:4e8EfptW
ふぅん…不便ね。自分達の創ったモノに縛られて。
あたしは厭だわ、そんなの。
…だから、逃げ出してやったの。あたしを縛ろうとする馬鹿の手から。
(男の心を知ってか知らずか、誇らしげに赤い舌を出して笑った。)

寂しいなんて思ったことはないわ。
独りでいることは苦じゃないの。ただ、酷く退屈なだけ。
たぶん、あなたたちとは心の造りも違うのね。
(されるがままに身体を預け、ほっそりした腕を男の背中に回す。)
カルザ…ね。わかった。
(囁きかけると、カルザの目を見上げて唇を吊り上げた。)

【ごめんなさい、ちょっと眠気が;】
【半端なトコで申し訳ないんだけど、ここで凍結か破棄にしてもらえないかな?】

404 :名無しさん@ピンキー:2009/01/16(金) 00:21:13 ID:Oekn9Fw/
【では、お言葉に甘えて凍結させてもらってもよろしいでしょうか?】
【次にそちらが来られるのはいつになりますか?こちらは22時ぐらいからなら殆どの日で大丈夫です】

405 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/16(金) 00:30:33 ID:4e8EfptW
【次は土曜日ならOKです!】
【それ以降だと、来週の火・木かな?】

406 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/16(金) 00:32:11 ID:Oekn9Fw/
【それでは土曜日22時に解凍という事でいいでしょうか?】
【無理になりそうだったら、ここか伝言板に連絡していきますね】

407 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/16(金) 00:35:31 ID:4e8EfptW
【うん、了解。】
【声かけてくれてありがとね!お休みなさい♪】

408 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/17(土) 21:11:37 ID:LSAwqy3c
【レイミィ、こんばんは】
【思っていたより早く用事が済んだので、解凍の為に待機します】
【続きを作っておいたので、投下しておきますね】

自分達を縛って…ねぇ
レイの言ってる事はひどく納得出来る、金は不便で…あっても無くても人を狂わせる

はは…元気な事だな
運悪く住処に引き戻されたら、そんな体じゃ何をされるか分からないだろうに
(今、片腕に抱いている彼女…もしダンジョンの外に出たなら、多くの男が言い寄る事は想像に難くない)
(レイは異種族である人間から見ても、魅力的な女の肢体をしていた)

じゃあレイ、これから退屈しのぎに何をするつもりなのかな…?
こんないい体を男に預けて…全く知らないってなんて事は無いだろう?
(異種族であろうと…もしかすると異種族だからこそ、彼女を抱きたい気持ちが強くなって行くのだろう)
(男は片腕で横に抱いていたレイを、正面へと手繰り寄せて両腕の中に抱きしめようとする)

409 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/17(土) 22:13:29 ID:vnQNeQX3
【わっ、こんなに早く待っててくれたんだ!】
【今からレス書くから、ちょっと待ってて;】

410 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/17(土) 22:33:04 ID:vnQNeQX3
…へぇ、怒らないの?
今まで出会ったヒトは、この話をしたら顔を真っ赤にしてたわよ。
()

別にいいの、嫌いじゃないし。
危なくなったら、ちょーっと大人しくもらえばいいだけだし?
(レイミィが壁の一角を指差すと、軽い爆発音と共に岩肌が砕け散る。)
(翡翠の双眸には獰猛な光すら宿し、悪びれずに笑ってみせ)
案外、簡単なことよ?
どっちにしろ、いい暇つぶしにはなるわ。

何って…あなたが考えてるのと同じこと、よ。
嫌ね、何を言わせるつもり?
(カルザの上にひょいとまたがって座り、にっこり笑って見せる。)
(小首を傾げると、顎の辺りで切りそろえられた黒髪が揺れた。)

【遅くなっちゃったね、ごめん!】
【今夜もよろしく♪】

411 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/17(土) 22:35:31 ID:vnQNeQX3
【あう、しまった…3行目の()は無視でorz】

412 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/17(土) 22:55:16 ID:LSAwqy3c
そいつらはきっと、ムキになって反論したかっただけだろうよ?
「自分はそうじゃない!」って感じに
(世に生きていく以上ルールには縛れなければならない…それ守れなかった者は自然と消えて行く)

んっ…!
(レイが岩肌を軽く吹き飛ばしたのを見ると、レイを抱いていた体はびくんと跳ねた)
(…やっぱり本当に人間じゃないんだな、改めてそう思ったようだ)
はは…元ご主人と喧嘩するとはな、まるで…んぅ…
(まるで親に楯突く子供もようだ、とでも言いたかったのだろうが…)
(力の片鱗を見せつけられた以上、機嫌を悪くするのは賢いとは言えない)

何…レイが「どれくらい自信があるか」気になっただけさ
そうだな…技とか、あと具合とか…
(膝の上のレイに淫らな質問を投げかける)
(片腕で背中を支えつつもう片手は、レイの豊かな胸を掴んで…)

413 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/17(土) 23:11:03 ID:vnQNeQX3
あ、ごめん。びっくりした?
(カルザの体が跳ねたのを感じると、叱られた悪戯っ子のように肩を竦めて)
(てへ、と舌を出す。)
言ったでしょ?縛られるのはイヤって。
ホントは向いてないのよ、使い魔とか契約とか、そういう面倒くさいのは。
(彼の頭を過ぎった考えは、なかなか的を得ていたのかも知れない。)
(それをレイミィが知ることはなかったのだが。)

うふ…どうかしら。
まぁ、経験はそれなりに。あとは自分で確かめてみれば?
(あくまで挑発的に告げ、ゆっくり尻尾を左右に揺らす。)
(大きな手に胸を押し付けるように体重を預け)

414 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/17(土) 23:26:47 ID:LSAwqy3c
そればっかりは驚かない方がおかしいさ
さすがに目の前で見せつけられちゃね…
(本当は武器を持たない自分一人を殺すくらいは造作もないのだろう)
(そんな相手と淫らな一時を過ごす…妙な気持ちも湧いてくるだろう)

どれ…じゃあ…
レイのテクニックがどれほどなのかを…
その大きな胸でこいつに教えてやってくれるかな?
(両手を前に回してレイの豊かな胸を、一通り揉みまわした後)
(男はズボンを下ろして、固く大きくなったペニスを露出させると)
(傭兵である彼の逞しさを現したかのような、とても立派な逸物がそびえ立っていた)

415 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/17(土) 23:54:22 ID:vnQNeQX3
わぁ、すっごい。
やっぱり鍛えてると違うのね…
(妙なところに感動しつつ、邪魔な衣服を自ら引き裂いて豊かな胸を露出させる。)
って言うか、カルザの方がよっぽど元気じゃない。


ん…っ
(岩の床にぺたんと座り込むなり、急に男のモノを口に咥える。)
(しばらく口内で緩く舌を纏わりつかせ)
ぷは…もういいかな?
後で止めろなんて言っても、聞かないからね。
(すっかり濡れてしまったペニスを胸の合間に挟む。)
(そのまま自分で胸を揉むようにして、挟み込んだモノに弾力と柔らかさを伝え、刺激を与えていく。)

416 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/18(日) 00:18:11 ID:yv0FbK/x
足腰は鍛えられてもさすがにそこばかり鍛えようが無いと思うが…でも、一つ確かなのは…
しばらく出して無いから、色んな意味で多いと思う…量とか回数とか色々…

おい…いいのか?破っちまって…
後で魔法か何かでどうにかするのか?
(女性が服を引き裂いて巨乳を露わにする、という地上では中々見られない光景を目に焼き付ける)

おうっ…くぅ…
レイの口ん中…トロトロ…
(自慢の?巨根がレイの口内で唾液によりコーティングされていくと)
(久しぶりの女性の与えてくれる快感に、思わず腰を震わせてしまう)

止めろって言う事は無いと思うけど、もっとって言う事はあるかもね?
レイのパイズリが上手だったら、一回出したくらいじゃ満足出来なくて…連射パイズリお願いしちゃうかもね…
レイ…もっとこう…こねくり回してっ…
(一発二発で満足する気がないことをレイに伝える)
(レイの更なるパイズリ奉仕を求めつつ、ペニスを脈打たせて性の快感を受けている事も伝えた)

417 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/18(日) 00:36:33 ID:LVnVifzD
服?別に、何なら着てなくたっていいの。
街に出るとき問題になるだろうから着てただけだから。
(本来は着衣の風習などない上、羞恥の感情があるかどうかも怪しい。)
(けろっとした顔でそんなことを言い)

そう?ならいいわ。
簡単に終わっちゃったらつまんないし。
(カルザの腰が震え、肉棒が脈打つのがはっきりわかる。)
(要求されると、手で胸を激しく動かすことで応える。)
(擦り付けるように交互に上下に動かしたり、時折舌先で先端を刺激して遊んで)
んっ、あ……うふふ、いつでもどうぞ?
好きなトコに出しちゃって。

418 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/18(日) 00:58:53 ID:yv0FbK/x
なるほど…女性でも裸なのが普通なんだな?
でも裸で町を歩いていたら…あーでも…
レイなら街の警備兵如きには捕まえられたりはしないだろうな…
(裸で街を歩いていたら当然捕まるだろうなと思っていたが)
(レイが警備兵に捕まった様子はまるで想像出来なかった)

あふっ…パイズリ…ホント上手ぅっ…
好きなトコ…じゃあさ、レイのおっぱいで先っぽを包み隠して…思いっきりしてくれる?
(レイのテクニックに弄ばれて、射精が近い男はレイに「乳内射精」でフィニッシュさせる事を要求します)
(恐らくは乳内に出した後もパイズリの続行を要求するだろう)

419 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/18(日) 01:06:48 ID:yv0FbK/x
【すみません…】
【今回はこちらが今にも睡魔に襲われそうです…】
【そちらは次に来れるのが火曜日との事ですがどうしましょうか?】


420 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/18(日) 01:08:53 ID:LVnVifzD
まぁ、捕まる気は無いし、それはそれで面白そうなんだけど…
騒ぎになって見つかっちゃうのは困るんだよね。
(奉仕の手は休めず、悩ましげに溜息。)
(それでも口元は、面白がってしっかり笑っている。)
でも、やっぱ一回くらいやってみたいな。
…ねぇ、すっごく楽しそうだと思わない?

ん、しょ…こうかな。
これでいい?
(弾力に富み、大きさも十分ある乳房で男のペニスを包んで)
じゃ、1回目…♪
(胸で男を覆ったまま、激しく揺さぶって射精を促す。)

421 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/18(日) 01:12:52 ID:LVnVifzD
【おっと、気づくの遅れてごめん;】
【うん、出来れば火曜日がいいなー…カルザはそれで大丈夫?】

422 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/18(日) 01:26:39 ID:yv0FbK/x
【危ない危ない…後少しでホントに寝落ちしてしまう所だった…】
【それではすみませんが、火曜日22時前後に再会と言う事でお願い致します…】

【申し訳ありませんが、睡魔が限界なのでこれにて落ちさせていただきます】
【遅くまでありがとうございました…】

423 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/18(日) 01:30:13 ID:LVnVifzD
【了解!こちらこそ、ありがとね♪】
【おやすみなさい。】

424 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/20(火) 21:43:00 ID:kB0rc7hS
【ちょっと早いけど、レイミィ待ち。そして投下】
あー…騒いでるのを知られたら
それを聞きつけたご主人に引きずられて逆戻りって訳だな?
(つくづく問題児な娘とそれに手を焼く親のようだな…と)
それはもしかして…今してるような事を、町中で沢山の男とするって事だよな?
レイの裸に我慢の効かなくなった男達が、沢山寄ってくるだろうよ…
(そんな状況に居合わせてしまったら、恥じらいを捨てて行為へと及んでしまうだろう)

はぁ…そう、そのまま続けて…はぁ…はあっ…
(程よく反発する豊かな胸で発射口を完全に包まれたペニスが胸の中で荒々しい程に脈打つ)
(男を骨抜きにしてしまうかのような淫靡な奉仕に、レイの奉仕を受けている男は堪らなさそうに息を上げて…)

っ!もう…限界っ!レイの胸の中に…出っ…!
んっ…ぐぅ…止めないで続けてっ…2回目が欲しいっ…!
(とうとう我慢の限界を迎えてしまい、奉仕してくれたレイの名を呼びながら達してしまい)
(粘り気、濃さ、量、勢い、射精時間…全てが過剰過ぎる程に揃った射精がレイの胸の中で始まる…)
(しかし休憩する事を忘れてしまったかのように、レイに「2回目」を求めてしまいます)

425 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/20(火) 22:16:22 ID:GACeTZuO
まあ、当然そうなるでしょうね。
あたしはそれじゃ困るのよ。
自分の身体にキズ付けてまで逃げてきた意味がなくなっちゃう。
(カルザの言葉に何度も頷き)
うん、街中が大混乱に陥るの。
ひとりの女が服を着てないってだけの理由で。
それって、凄く可笑しいと思わない?
(とても楽しそうに、恍惚とした表情すら浮かべて嘯く。)

あん、熱…♪
(深い胸の谷間から白く濁った精液が迸り、地面へぼたぼた落ちる。)
(要求されるまでもない。レイミィもまだ手を止める気は無かった。)
(むしろ吐き出された粘液を潤滑油にして、より激しくカルザを揺さぶる。)
2回だけでいいの?もっと出しちゃってもいいのに…
ヒトじゃないメスの胸、気持ちいい?
(実に魔物らしい、淫靡な笑みを隠そうともせず男に囁く。)
ほら、まだシてほしい…?

【お待たせ♪今夜もよろしくね!】

426 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/20(火) 22:44:17 ID:kB0rc7hS
こんな綺麗でいやらしいな体に自分で傷まで付けて…
そんなにしてまで出ていって、外にそれだけの価値はあったかい?
(これだけの優れた体なら、少なからず自覚はあるはず)
(男にとっての日常の世界は、レイにはどう写るのか…)
はは、そんな風に騒がれるのは女だけなのさ
それが女である事を捨てたような女でもな?
(女の身で傭兵をやる者も決して少なくない)
(だが、鍛えられた女性の裸体というのに惹かれる男がいるのも事実)
(だから、いかなる場合も騒動になるのだろう)

うあっ!はあっ…レイぃ…
(長い射精の最中もパイズリは続行されて、無理やり押し込まれるような快感に)
(木箱に座っていた男の上半身は、面白い程に反り返っていた)

レイが頑張る限りは、何回でも出せる気がするけど…
胸だけじゃなくて、おまんこでもしっかり出したいからさ…
レイの胸で…もっと…もっともっと、シてぇ…!!
(既にペニスをレイに捕らわれている以上、回数の決定は彼女の意思次第だろう…)
(男としては本番前の軽い余興のつもりだったが、レイの技と淫乱さに完全に虜のようだ)
(そして人外の美女の笑みと言葉に操られていく…)

427 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/20(火) 22:56:56 ID:GACeTZuO
そうね…うん、それだけの価値はあると思う。
時々退屈で死にそうになるけど、それでも自由だもの。
(誰かに使役されるよりは、と付け足して笑う顔に後悔はない。)
あら、男の裸でも騒ぎにはなるでしょ?騒ぎの種類は違うけど。
あたしには、それが不思議。
同じニンゲンの裸なのに、女なら喜ばれて男は「変態」なんて罵倒されるのよ?
(変なの、と呟く。レイミィの理解を超えているらしかった。)

なぁに、カルザ?
うふふっ…そんな声出しちゃって、そんな格好で。
ここに入ってきたときとは別人みたいね?
(挟んだペニスを押しつぶすように、ぎゅっと両胸を寄せて)
ん…いいわ、してあげる。
もっといっぱい、あたしの胸に出して?

428 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/20(火) 23:17:02 ID:kB0rc7hS
ああ…そうか、自由だものな…
(安全があっても屋敷の中の自由の無い生活、安全が無くとも身を縛る鎖の無い生活…)
(どちらが楽しいかは比べるべくも無かった)
ん…女の特権という奴だろうか?
こればかりは私も何故なのかは分からない…

それは…はぁ…
これだけ気持ちよくされたら、どんな男だってこうなってしまうさ…
(レイの言う通り斧を構えていた男の闘気はそこになく、そこには人外の美女に弄ばれる雄の姿だけだった)

んっ…はあっ…レイの胸締まって…っ!
(挟み込む力を更に高めたレイにより、膣の締め付けに似た感触が襲うと…)
(抑えきれなくなってきたのか、快感にはたまた抜けていた腰が復活したのか…腰を振りたててレイの谷間を膣に見立てて犯すかのように動かし出した)

429 :レイミィ ◆PbmWaN7dbQ :2009/01/20(火) 23:21:04 ID:GACeTZuO
【ごめん、急用で呼び出されちゃった;】
【凍結か破棄、おねがいしてもいいですか?】
【先に落ちます。ほんとにごめんね!】

430 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/20(火) 23:26:21 ID:kB0rc7hS
【急用でしたら仕方ないです】
【木曜日は恐らく不可能なので、金曜日以降になりそうだとだけ伝えておきます】
【詳しい連絡はまた後でここか楽屋行いましょうね?】
【それではこちらも…】

431 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 04:55:23 ID:GiKw8+uK
【名前】メイフィー
【職業】剣士
【年齢】19
【容姿】身長162cm、スリーサイズは95・58・100
【髪型】緑のショートヘア
【服装】ブレストプレートにショルダーガード、短めのスカートを装備
【希望シチュエーション】
モンスター姦や捕まって強姦される等
【NGプレイ】アナルのみのプレイ、腹ボテ
【備考】モンスターを狩り、賞金を得ようとダンジョンに来たもののまだまだ未熟
あまり集団行動をしないで、単独で活動するタイプ



【某所では失礼しました、募集してみます】

432 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 05:35:29 ID:36zZ3gO/
こんなダンジョンを一人で冒険してたら何かと大変だろ?
俺が一緒に手伝ってやろうか?
(上半身裸で、馬鹿でかいツーハンドアックスを持った男が突如現れて話しかける)
(ねちっこい眼差しで身体中を、品定めするように眺める)

433 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 05:45:18 ID:GiKw8+uK
>>432
あ、大丈夫です、一人には慣れてきましたから…
(突然現れた男よりもその斧のサイズに若干驚くが)
(あまり連れたくはないらしく、やんわりと断る…)
(何より男のいやらしい視線が気になった)

434 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 05:50:24 ID:36zZ3gO/
>>433
そうか、他にパーティーの仲間がいて斥候任務でもしてるのかと思ったが…
そうじゃないようだな…
(意味深な口調で言葉を告げると、肩に担いだ斧を握る手に力を篭める)
一人じゃ苦戦する場所があったんでな手助けしてもらうぞ。
こっちに来い。
(女が断ろうと、その返事を無視して、斧を担ぐ手とは別のもう片方の手で女の手を握る)
(少し歩いた場所の壁を力任せに押し、隠し扉になってる場所に引きずりこもうとする)

435 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 05:57:11 ID:GiKw8+uK
>>434
あんまりそういうの得意じゃないですから、そちらこそ、お一人なんですか?

手助けですか?それは別に…
あっ……ちょっと…?
(いきなり手をつかまれ、そのまま流され歩いていき)
ど…どこに行くんですか?
(モンスターでもいるのかと思い、とりあえず男の向かう方に行く)

436 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 06:01:51 ID:36zZ3gO/
>>435
以前、組んでた奴等は皆死んでしまったな。
一人の方が色々と都合がいいから、ここ数年は一人だ。
あんまり、輪姦は好きじゃねぇから…っと、何でもない。
(歩いてる最中、思わず口が滑るが、隠し扉の先へとメイフィーを連れ込む)
(部屋の内部に入ると、隠し扉は閉まり、密室の空間に二人の状態となる)
別にモンスターはいないから安心していいぜ。
別の意味で襲われるだけだ…!
(斧を壁際に立てかけると、力任せに抱き寄せる)
(スカートの中に手を入れ、大きな手で尻を揉む)

437 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 06:10:14 ID:GiKw8+uK
>>436
わたしも一人の方がいいので、出来れば離して欲しいんですけど…
りんか………え?モンスターは?
(隠し扉の先に入るが、辺りにモンスターの気配はなく)
鍵が…何?別の意味って…きゃう!う、ええぇ?
(鍵が閉まるのに気づくが、いきなり抱き寄せられ)
ひっ!う、やめて下さいっ…
(いやらしい手つきで尻を揉まれ、嫌々ともじもじしている)

438 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 06:16:07 ID:36zZ3gO/
>>437
ここに入ると中からじゃ出られないぜ。
閉まる前に出るか、壁を壊すかしか手は無いだろうなぁ?
(本当か嘘かは分からないが、邪な顔で告げる)
止めろと言われて止めるぐらいなら最初からこんな事はしないな。
わかるだろ?男がお前の身体を見て、どんな欲望を抱くかぐらい。
(嫌がられても尻を揉むのは止めず、次第に揉み方が一段といやらしくなる)
(一頻り揉むと、尻から手を離し)

脱げ…脱がないなら、俺が脱がせてやる。
(相手が脱ごうが脱ぐまいが構わないような態度で口を開く)
(掴んでいた手も離し、ニヤついた笑みを見せながら一歩後ろへ下がる)

439 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 06:40:04 ID:GiKw8+uK
>>438
そんな……騙したの??
(邪な顔をされ、豊かな尻を撫でまわされていく)
わたしの体でなんて……いやっ……やぁぁん……
(手は動かせないよう押さえられ、一方的に尻を揉みしだかれて)

い……嫌です……早く離して…出ていって下さい…
(既に男にのまれてしまって、弱腰になっているが)
(男が離れると剣を抜き、じっと睨みつける)

440 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 06:44:28 ID:36zZ3gO/
>>439
脱げと言って脱ぐような女じゃないか。
そんなに腰が引けてたら虫一匹切れやしないぜ!
(即座に踏み込み、手首を掴むと、剣を奪い取り、部屋の隅に放り投げる)
(手馴れた仕草でブレスとプレートもショルダーパッドもメイフィーの身体から剥ぎ取り)

俺が可愛がってやるって言ってんだから大人しくするんだな。
暴れたければ暴れろ。どっちにしろ止めるつもりはない。
(服を紙でも切るように引きちぎりながら、楽しそうな声を上げる)
(視線は自然と巨大な乳房に向けられる)

441 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 06:49:12 ID:GiKw8+uK
>>440
そうです、分かってるなら早く離れて…
きゃあああっ!痛っ…ううううっ…
(軽々と両手を持ち上げられ、鎧が落とされていく)
(鎧がなければいやらしい肉体の少女でしかなく)

やだっ……やめ…て…やぁぁ…
(ビリビリと服も下着も破かれ、ブルッと巨乳が揺れる)

442 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 06:52:56 ID:36zZ3gO/
>>441
こんなにもでかい胸をしてるんだな。
揉みごたえのありそうないい胸だ。
(全裸の女を目にして、興奮した様子で、乳房を両手で掴む)
(男の大きな手にも掴みきれないぐらいの乳房を楽しげに揉み)

何を食ったらこんなにでかくなるんだ?
ふんっ!こっちは興奮してきやがった。
(乳房を揉みくちゃにして、乳首に噛み付く)

443 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 06:58:36 ID:GiKw8+uK
>>442
ひうっ…う……うぅぅ………
いっ……ううんん…
(ぐにぐにと胸を揉まれ、震えながら受け入れるしかなく)
(あまり揉まれたことがないのか、反応が初々しい)

きゃふっ!!やだっ…助けてぇ……ふぁぁ、あぁ…
(張りのある巨乳をさんざん揉まれ、更に乳首を噛まれ)
(嫌がっていても体は熱くなり、自然と声も出てきてしまう)

444 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 07:02:51 ID:36zZ3gO/
>>443
叫んでも誰も来ないだろうな?あんまり経験が無いのか?
その割には胸の感度はいいみたいだが。
(乳房を色々な角度から揉んでは舌を這わせて舐める)
(乳首を重点的に舐めまわし、時折噛み)

っと、このままじゃ破れちまいそうだ。
(皮のズボンを脱ぐと、メイフィーの腕ぐらいはありそうな巨大な肉棒が姿を見せる)
(赤黒く、異臭を放つ肉棒をメイフィーに見せ付けるように誇示する)

445 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 07:07:20 ID:GiKw8+uK
>>444
あぁんあっ…あぁぁぁあ……ふふぁぁ………
(巨乳を好きに揉まれ、舐められていると)
(次第に股が濡れ、男に気づかれそう)


ひっ!!う……嘘……そんなの入らない…入るわけなぃ…
(突然禍々しい肉棒を取り出され)
(そのサイズは、男を知らないメイフィーには恐怖でしかない……)

446 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 07:12:42 ID:36zZ3gO/
>>445
そんなのってなんだ?このちんぽの事か?
裂けるかもしれねぇが、無理矢理にでも突っ込めば入るもんだ。
ここは結構広がるしな……
(その場に押し倒して、脚を開かせると、足の間に身体を割り込ませる)
(正常位の体位で秘所を見ると、濡れているのに気付き)

なんだお前、おまんこが濡れてるじゃねぇか。
私のおまんこにちんぽ入れないでって言ったら止めてやろうか?
(淫らな言葉を口にするのを強要しながら、肉棒で秘所の入り口を突付く)
(明らかにサイズが合わなそうな肉棒がクリトリスや入り口を擦る)

447 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 07:18:09 ID:GiKw8+uK
>>446
他に何が……そうです…そんなの…はいるわけない…
ひうっ……や…いやぁ…
(そのまま押し倒され、正常位になるが)
(既に股間は準備できている…)

い…言えばやめてくれますか……
わ、わたしのおまんこに…ううっ…ちんぽぉっ!入れ…ないで…っうう!
(言われるがままに言うが、秘所やクリを責められ)
(艶のかかった声が男を奮いたたせてしまう)

448 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 07:23:52 ID:36zZ3gO/
>>447
おいおい、可愛い顔して随分卑猥な言葉を言うんだな。
言わないと思ってたのに、こんな可愛い女がおまんこやちんぽと言うとはよ!
(卑猥な言葉を聞いて、肉棒は悦ぶように大きく動く)
(一段と興奮し、挿入する為に、膣の入り口に肉棒を押し付け)

卑猥な言葉を言ってでも止めて欲しかったのは処女だからか?
別にどっちだろうと構わないがな。……ああ、当然だが止めない…ぜ!
(約束は最初から守るつもりがなく、腰を乱暴に掴んで、力任せに腰を突き出す)
(濡れた膣の中に大きすぎる肉棒が抉るように挿入されていく)
こんなちんぽで激しくしちまったらガバガバになっちまうかもな?

449 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 07:29:53 ID:GiKw8+uK
>>448
い……言ったから放して……お願い……
え??言ったのに…!
(男のあざ笑うような声とともにあてがわられる巨根を感じ)

そんな…そん…ああああああっ!!いあっあああぁぁ!!
(容赦なく挿入され、呆気なく純潔が奪われてしまい)
ひっ!拡がるぅ……痛いぃ…ひうっ!ひ…ぐぅ……
(無理やり拡げられながら狭い膣内を征服されていき)
(本人の意思とは無関係に強く巨根を締め付ける)

450 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 07:35:36 ID:36zZ3gO/
>>449
そうか…処女だったのか……こんないい女を処女を奪えるとはな。
今日はいい日だ!
(肉棒を捻じ込む中、付着した破瓜の血に気付くと、ただでさえ狭い膣で肉棒が動く)
ああ…広がっていってるな…奥まで届いてるぞ……!
自分でも見ろ。命令を聞かないとアナルまで犯すぜ?
(一番奥まで無理矢理に挿入して腰を動かす)

いいぜ…初めてだけあってちんぽへの締め付けも半端じゃねぇ。
お前が感じるまで何度でも犯してやるからな?
(腰から手を乳房に移動させ、大きな乳房を揉みながら腰を動かす)
(狭さと肉棒の大きさから、ゆっくりした動きで中の襞を肉棒が擦り付けては子宮を突き上げる)

451 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 07:41:05 ID:GiKw8+uK
>>450
ひぃあああ……あああ…ひぐっ……
(奥まで巨根を挿入され、涙目で震えているが)

いあああっ!!あっああんんっ!奥…奥あああっ!
ひいっ!いい…いいいっ!!
(動きだされると声を出すことすら辛く、それでも命令されるまま結合部を見て)
だ…ああああっ!!……痛っああんっ…あああんんっ!!
(感度は高いらしく、ゆっくりとした動きでも高く喘ぎ、いやらしく体をくねらせている)

452 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 07:46:23 ID:36zZ3gO/
>>451
お前のおまんこの奥まで突き上げてるな…
何回もこうやってちんぽが出たり入ったりしてりゃその内広がって馴染んでくるぜ?
(メイフィーが結合部を見ると、そこは肉棒が大きく膣口を開いて、挿入を繰り返している)
どうした?少しは気持ちよくなってきたのか?
女の喜びってもんを教えてやる…
(身体を起こして、乳房に吸い付く)
(乳房全体を舐めまわしながら腰を動かし、膣に馴染ませていく)

自分からも動いてるし、淫乱な体質なんだろうな?イクまでやめねぇからな…
(荒い息を乳房に吐きかけて、乳首を強く噛む)
(肉棒は奥を突き破りそうなぐらいに力強く突き立てられる)

453 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 07:52:37 ID:GiKw8+uK
>>452
そぉ……んなのぉっ!ひくああっ!!
(拡がった膣口をみると愛液を流しながら受け入れているのが見え)
(自然と体が高められていく…)

んふああああっ!あああんっ!あんっ!ああっ!
(胸と膣を同時に責められ、経験の浅い肉体は音をあげてしまいそうで)

イッ……くまでっ!いきいいっ!ふくあああっ!駄目っ!駄目なのおおおっ!
突かないでっ!それよりっ!あああああっ!!あぎいいっ!
(激しくなる突き上げに我慢が出来ないようで、いつイッてもおかしくない…)

454 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 07:56:01 ID:36zZ3gO/
>>453
本格的に感じてきたみたいだな…
俺は女の喘ぎを聞きながら犯す方が好きだぜ。んぅ…!
(乳首が取れそうなぐらいに強く吸い付いて、乳首を吸い上げる)
(舌先で乳首を舐め、乳房に噛み付く)

イキそうなのか?いいぜ…イク所を見てやる。
俺も中に出してやるからな……おまんこの中にだ!!
(喘ぐ声に興奮が高まり、子宮を突いて絶頂する)
(肉棒の大きさに見合った大量の精液が子宮が膨らむぐらいに注がれる)
……次は後ろから犯してやろうか、なぁ?
(射精を続けながら、メイフィーに邪な眼差しを向ける)

455 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 08:01:05 ID:GiKw8+uK
>>454

ひぅああっ??すわなああっ!
いやぁ…両方…両方駄目ぇぇぇっ…
(男の責めに耐えられず、限界が近づいて)

ひぎっ!ああああっ!ああぁーーーっっ!!
(ドクドクと子宮に注がれながら、大きく絶頂を迎え)


はぁぁぁぁ…あぁ…はぁぁ……
(続く快感とショックで、若干放心状態になっている…)



【すいません、時間のほうが押してきましたので〆をお願いできますか?】

456 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 08:07:08 ID:36zZ3gO/
>>455
初めて男に犯されて処女まで奪われたのにイッちまいやがった。違うか?
このちんぽにお前の処女を奪った証拠の血が付いてるぜ…!
(一度秘所から抜き、肉棒に付着した破瓜の血を見せ付ける)

次は後ろからだな。俺はまだまだヤリたりないんでな…!
子宮が破裂するぐらい続けて犯してやる…おまんこもガバガバになって俺じゃないと感じられないぐらいにな!
(四つん這いにさせて、背後から開きっぱなしの膣に挿入する)
(欲望のままに自分が満足するまで女の身体を何度も何度も犯す)

まだまだだぜ……
(女の秘所が擦り切れそうになるぐらいに何度も犯し、部屋に精液と愛液の匂いが充満しても犯すのを止めない)

【こんな感じの〆で申し訳ないけど、自分の方はこれで〆で】
【早朝からのお相手ありがとうございました】

457 :メイフィー ◆HryLmlR1NM :2009/01/22(木) 08:15:25 ID:GiKw8+uK
>>456
あああ……あぁ……
(しばらくショックから立ち直れないが、関係ないといわんばかりの男に犯され続け)
(男が満足するまで、何度も体を貪られていった…)


【いえ、突然のお願いで失礼しました】
【こちらこそありがとうございました】

458 :名無しさん@ピンキー:2009/01/22(木) 10:41:36 ID:mCU+qGBs
また来てほしいな…

459 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/22(木) 20:25:32 ID:Xsx/iUk3
【レイミィへ伝言】
【遅くなると思って本日の解凍は不可能と思っていたのですが、長引くことなく帰宅出来たので大丈夫になりました】
【22時前後にもう一度見に来るつもりでいます、それでは】

460 :カルザ ◆9nH2tgL/Xg :2009/01/22(木) 22:56:29 ID:Xsx/iUk3
【むむ…どうやら時間がつかないようですね】
【大丈夫そうな時間を書き置きして頂けるとありがたいです】
【それでは、以下空室です】

461 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2009/01/26(月) 20:37:25 ID:YW26fpcL
【待機します、プロフィールは>>25です】

462 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2009/01/26(月) 21:48:36 ID:YW26fpcL
【落ちます。】

463 :名無しさん@ピンキー:2009/01/27(火) 04:26:47 ID:hX9JWpGU
時間が合わないなあ…残念
エリスも最近見ないな…一度えっちしたかったんだけどなあ

464 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/07(土) 23:46:30 ID:BORTXmrZ
【名前】あずき
【種族/職業】自称探検家・盗賊
【年齢】16
【容姿・サイズ】小さく厚めの唇、ぱっちりとした目で、右の目尻付近に小さなほくろが特徴。
         背は153p、サイズは上から98/58/86
【髪型】肩までの長さのふわりとした癖っ毛。横髪の一部を両サイドで結んでいる
【服装】フードの付いたマントに、サイズが小さくなったマイクロビキニ、
    腰にベルトをゆるく巻き、短剣と小道具袋をぶら下げている。足元は革のブーツ
【希望シチュ】トラップに引っ掛かる・拘束・触手や薬や機械などで性奴隷へと堕ちる
【NGプレイ】アナル、戦闘メイン、スカ、四肢切断
【備考】ダンジョンの中にある秘宝を探しにやってきた。
    幼い時に家族を失い、独りで宝石を探し、売って生活している。


【迷いつつ待機してみる】

465 :名無しさん@ピンキー:2009/02/07(土) 23:55:33 ID:nIhvnCas
【お相手したいです】

466 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/07(土) 23:56:40 ID:BORTXmrZ
>>465
【よろしくお願い…と言いたいところですが】
【ご希望のシチュはございますか?】

467 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 00:03:09 ID:uOFACBa0
【牢屋に拘束され魔物に犯されるってのはどう?】

468 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 00:05:29 ID:E58Cw2OM
>>467
【そのシチュエーションでぜひ、お願いします】
【できれば、書き出しをお願いしたいです】

469 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 00:15:17 ID:uOFACBa0
【書いてみます】

(魔物はその巨体の腕に少女を抱きしめながらゆっくりと幾つもの牢屋の前を歩いている)
(一部屋ずつに若く美しい少女が閉じこめられており、毎日好きな少女達を犯していた)
(ダンジョンを探検に来た女を捕らえているのだ)
(腕の中で必死に抵抗するあずきを気にせず空っぽの牢屋に入り鉄格子を閉じた)

470 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 00:21:26 ID:E58Cw2OM
>>469
(気を失っていた。背後から突然大きな何かに襲われ…気づけばこの様だった)

ここは…どこを歩いているんだ…!?
何をするんだっ!離せっ!
(巨体の腕に抱きしめられ、周囲に見えるものを確認すると、必死に抵抗をした)
どこなんだ、ここは!や、やめっ!?
(が、それも空しく、牢へとぶち込まれてしまう)

【魔物さんの風貌(種族?)をこの先、表現していただけると、ありがたいかも】

471 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 00:30:33 ID:uOFACBa0
(牢屋の天井に鎖で吊されている手錠に抵抗するあずきの両手をハメ、宙づりにした)
(馬の頭と人間の体、体長は3メートル近く背中からはいくつもの触手が伸びている)
(あずきの全身を舐め回すように見、股間の巨根と触手をいきり立たせあずきを背後から抱きしめた)

(フーフーと荒い息をたて、あずきの早熟すぎる果実を鷲掴みにした)

472 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 00:38:05 ID:E58Cw2OM
>>471
(牢に入れられ、抵抗する間もなく手錠をかけられ、身体は宙へ浮く)
何をするんだ、何か言えよ!!
(悔しさのあまり、強気な口調で抵抗するが、荒い息が返るばかり)

な、なんだ…よ…あまり見るな…
(全身を舐め回すような視線を感じ、魔物の姿をはっきりと確認すると、恐怖のあまりさっきまでの威勢がなくなった)

いやっ、やめてっ
(背後から抱きしめられ、胸を鷲掴みにされると、反射的に拒む声が出た)
(残念なことに、身体の反応は正直で、小さな布地から突起が突き出していた)

473 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 00:46:39 ID:uOFACBa0
(あずきの胸を魔物の両手が上下左右に揺さぶり、揉みしだいていく)
(あずきの股間に勃起して異常に大きくなった肉棒が擦りつく)
(背中の触手があずきの全身を這いずり、好き勝手に動いている)
(触手の先走り汁であずきの全身はヌメヌメと光っていく)
(一本の触手が胸の谷間に挟まるように潜り込み上下にピストンを開始する)
(触手一本の太さも成人男性以上あった)

474 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 00:55:05 ID:E58Cw2OM
>>473
いやぁぁっぁっ、激しいのっ…いやっ…
(胸を揺さぶられ、秘部へは肉棒が擦りつけられ、全身を触手に襲われ、パニックになる)
(触手から出る汁であずきの身体も濡れ、擦りつけられた秘部からも自らの愛液がトロリと溢れ始める)
ち、ちがうのっ、感じてないっっ

(一本の巨大な触手が胸の谷間を動く度に、犯されている感覚になる)
いやっ、おっぱい気持ちイイのっ、違う、いやぁぁ
(快楽に堕ちるか否か、自身の中で葛藤する声が牢に広がる)

475 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 01:04:46 ID:uOFACBa0
(胸を犯す触手はさらに動きを速め、熱を帯び震えていく)

(無理矢理与えられる快感に必死に抵抗する姿に魔物は興奮する性癖であり顔が醜い笑みを見せる)

(触手がもう一本谷間に入り込みピストンを始める)

(魔物の両手が乱暴に薄く小さなビキニを破り捨て、豊満な胸が露わにされる)

(現れた乳首を摘みながら更に激しく愛撫していく)

476 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 01:12:13 ID:E58Cw2OM
>>475
熱い、あついの…ほしい…い、嫌っ…
(意識が快楽へ堕ちる手前で耐えながらも、限界は近かった)

ダメっ、二本も…にゅるにゅるしないでっっ
(ビキニが破られ、露わになった胸は暴れる触手を二本受け入れる)
(まるで秘部を犯されているような感覚で胸の触手の愛撫に、ついに快楽へのスイッチも入る)

乳首ぃ、いいのっ!感じるのっっ!!
大きいの、欲しいのっっ、あそこも欲しいのっっ
(秘部からは自らの愛液が溢れ、魔物の肉棒を求めるように、腰を震わせていた)

477 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 01:19:37 ID:uOFACBa0
(魔物があずきの哀願に答えるようにビキニを破り秘所をさらけ出させた)

(胸に触手が殺到し絡みつき、揺らし、揉み、乳首を吸い上げながら強力な媚薬成分のある先走り汁でぐちゃぐちゃにしていく)

(あずきの腰を手で押さえ、尻を突き出させ秘所の入り口を肉棒でじらしていく)

(じらしにじらして一気に巨根があずきの秘所を音を立てて侵入した)

(再奥に着き激しく腰を打ちつけあずきを蹂躙していく)

478 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 01:32:09 ID:E58Cw2OM
>>477
あふぅ…おまんこ…見えちゃう…
(破り取られたビキニは自らの愛液で糸を引き、床へ落ちていった)
欲しい、欲しいよぉ…
(更に淫乱と化すのは、本人の意思なのか、触手から放たれる媚薬成分なのか定かではない)
(胸に絡みつく触手があずきを牝へと化しているのは確かである)

あふっ、早く、欲しい、欲しいのぉぉ…
(腰を押さえられ、秘所の入口を焦らされ、欲情が頂点になったところで一気に突き刺さった)
ぅくっ…ああああああぁぁぁぁぁぁっ!痛いっ、いぐっっ!!
(淫靡な音をたてて魔物の肉棒があずきの中へと突き刺さる)
(最奥まで突かれ、小さなあずきの中が肉棒を絞めつけた)

【すみません、2時ぐらいで締める方向でいけるでしょうか?】


479 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 01:43:10 ID:uOFACBa0
(あずきの尻に何度も腰を叩きつけ膣内を極太の肉棒が暴れ回る)

(胸を犯していた触手が一斉に震えだし、忽ち射精を始めあずきの胸を白く染めあげる)

(先走り異常の催淫効果を浴びせられれば意識や思考は正常に戻っても体が受ける快感は数十倍に上がり二度と元には戻れないだろう)

(魔物の限界も近づき、膣内を犯す肉棒は肥大し震え上がり始めた)

(打ち付けるごとに大きく揺れる胸を背中から覗き興奮は最高潮にまでいった)

(そして腰を打ちつけ、あずきの子宮口に尿道がぴったり押しつけられた)

(魔物はあずきの子宮内に大量の白濁色の精液を注ぎ込ませた)

(溢れ出す欲望があずきの秘所から全身を犯していった)


【次で〆ます】

480 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 01:52:02 ID:E58Cw2OM
>>479
あふぅ、あぁん!
(極太の肉棒があずきの中を暴れる度に、甘い声が漏れる)
いくのぉぉぉっ、おっぱいで犯されて、いくぅぅぅぅ!!
(胸を犯す触手の変化を感じ、果てると同じく胸いっぱいに白濁液をあびた)

(秘部を犯す肉棒も肥大し、あずきの中を苦しくさせていく)
おまんこ、いっぱい…ほひいの…
(呂律も回らなくなるほど、絶頂を迎えていた)
あぁ、イクッ、イクッ…いぐぅぅぅぅぅっっっ!
(子宮に放たれた白濁液は、体内に収まりきらず、秘部から溢れていた)


【よろしくお願いします】

481 :名無しさん@ピンキー:2009/02/08(日) 01:58:47 ID:uOFACBa0
(あずきを捕らえてから数ヶ月後、今も牢に閉じこめた少女達を何度も犯し続けている)

(壁に向かって手をつき立ちバックであずきを犯していく魔物)

(もう何十回も中出しをしたがあずきに飽きる様子もなく、悲鳴を上げ助けと快楽を叫ぶあずきを執拗に犯し続けた)


【こっちは〆ます】
【お疲れさまでした】

482 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 02:03:30 ID:E58Cw2OM
>>481
もっと…犯してください…
おまんこも、おっぱいも、おまんこもっっ、あぁぁイクぅぅぅ!

(体力は尽きかけても、快楽の虜になった今、魔物に犯される時が一番の幸せな時間だった)
(いつかは魔物の子を孕むのだろうが、今はそんな事を考える余裕はなく)
(ただただ、魔物に犯され続けた)

【私もこんな感じで〆ます】
【短い時間でしたが、お付き合いどうもありがとうございました】

483 :あずき ◆SxErOmAnko :2009/02/08(日) 02:05:49 ID:E58Cw2OM
【落ち宣言忘れorz】

【もうちょっと、脳みそが活性している時にまた来ます(反省)】
【それでは、お疲れ様でした。】
【落ちます】

484 : ◆VBguGDzqNI :2009/02/10(火) 17:06:13 ID:MOyc06l3
【名前】 ナナ
【種族/職業】ホムンクルス/-
【外見】 桃色の長いふわふわのツインテール、、胸は無い
【年齢】14歳程度
【服装】橙色の上着に赤を基調としたスカートと洋服
【能力】 地下ダンジョンの奥深くに潜む魔物の爺に作られたホムンクルス 、焔を自在に操る事ができる
【希望シチュエーション】特に無し
【NGプレイ】 グロ全般スカトロ全般、妊娠、輪姦、搾乳系
【備考】 性に関する知識は殆ど無いが、魔物爺と何度も性行為を行っている


【待機】

485 :ナナ ◆VBguGDzqNI :2009/02/14(土) 10:31:15 ID:PhDLqQF2
【待機します】

486 :名無しさん@ピンキー:2009/02/14(土) 10:52:03 ID:vv5Apg9N
【NG以外なら何でもいいってこと?】

487 :名無しさん@ピンキー:2009/02/14(土) 11:05:59 ID:vv5Apg9N
【立候補しようと思ったんだけど…いないのかな?】

488 :哭翼 ◆yi5qGgoxbQ :2009/02/14(土) 23:57:39 ID:kxAy6T6w
【名前】
哭翼
【種族/職業】
殲滅の戦人形/聖騎士
【年齢】
13歳
【サイズ】
身長-152cm 体重41kg
B-70 W-58 H-68
【装備】
大剣、防御力の高いローブ
【容姿】
黒色で腰までのウェーブのかかった髪
吸い込まれそうな黒い瞳
発育の悪い身体
【特徴】
受け主体で激しい反応はしない
言われれば奉仕もする
【希望】
純愛、戦闘
【NG】
ハードな攻め、情熱
【備考】
神が作った人形、その力は創造主を凌駕する。絶対的な勝利を約束する力に多くのものが恐れをなしている。

【待機します……♪】

489 :名無しさん@ピンキー:2009/02/15(日) 13:26:25 ID:cnOIe8TZ
>>488
はっはっはっは! 貴様がこんなところで現を抜かしている間に、創造主の首はもらったぞ!
(悪の戦士が高笑いをしながら宣言すると、そのまま飛び去っていった)
(そう、哭翼は想像するべきだったのだ、絶対者たる創造主が自らを越える力を持った存在である彼女を作った理由を)
(それは、悪にも創造主を凌駕する能力の持ち主がいたからである!)

【戦略的勝利宣言落ち!】

490 :名無しさん@ピンキー:2009/02/16(月) 12:57:19 ID:kUTOew0a
【NG】情熱

メチャワラタ

491 :名無しさん@ピンキー:2009/02/17(火) 18:01:29 ID:1JI6pNLq
情熱ってなんだ?

492 :名無しさん@ピンキー:2009/02/17(火) 19:07:32 ID:Az2vX2ro
巨尻改造・擬音仮面のことだ

493 :名無しさん@ピンキー:2009/02/17(火) 19:46:59 ID:jqIVyiqE
それは趣向で他人と被る可能性があるぞ

特徴は
なりすまし、逆ギレ、割り込み、割り込みを装ったスレ荒らし

494 :名無しさん@ピンキー:2009/02/17(火) 20:09:30 ID:qenKwnFO
情熱のせいで巨尻で擬音自体がキモく見えてきたから被っても問題なし

495 :名無しさん@ピンキー:2009/02/17(火) 23:43:18 ID:wULHCefe
確かにwww
つまり情熱的じゃないエロが希望?w

496 :名無しさん@ピンキー:2009/02/22(日) 01:59:40 ID:xvmt5d8K
エリスにエッチな悪戯がしたいよ…
復帰、待ってるからね

497 :名無しさん@ピンキー:2009/02/26(木) 20:49:34 ID:SP7GrMUE
test

498 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/02/28(土) 10:31:22 ID:H1wQsfC5
【トリこれであってるかな】

【待機、>>484

499 :名無しさん@ピンキー:2009/02/28(土) 12:48:34 ID:7RFrf3MK
もういないかな…ナナちゃん

500 :リーフ ◆VXEP9I/6Ys :2009/02/28(土) 17:37:15 ID:EehCbS6E
【名前】 リーフ
【種族/職業】人間/自称トレジャーハンター
【年齢】 16
【容姿・サイズ】小麦色の肌青い目
        身長 160cm
        体重 39kg
72-57-76
【髪型】 黄緑色のポニーテール
【服装】 黒色のノースリーブハイネックシャツに紺色のミニスカート、下に黒スパッツ(3分丈)
     素足にサンダル、青色のアームカバー(中指引っ掛け式)、赤色の髪留めリボン、腰ポシェット(縄とかいろいろ入っている)
    
【希望シチュエーション】 特になし
【NGプレイ】 四肢切断、解体系、スカ系、百合
【備考】 幼い頃に両親を無くしたらしいが本人は覚えていない。物心ついた頃には盗賊団に入っており、日々盗人生活をしていた。
ある時に警備兵に捕まり、罰として鞭で打たれる。その時の傷が背中に残っている。
盗賊生活が長かったため、普通の仕事は出来ず、再び盗賊まがいの仕事をはじめる。自称トレジャーハンター。
ちなみに処女。ただし鞭打たれるついでに口でさせられた事はある。

501 :リーフ ◆VXEP9I/6Ys :2009/02/28(土) 17:37:59 ID:EehCbS6E
【ちょっとだけ待ってみるね】


502 :リーフ ◆VXEP9I/6Ys :2009/02/28(土) 17:51:47 ID:EehCbS6E
【町に戻らなきゃ】
【撤退】

503 :名無しさん@ピンキー:2009/02/28(土) 18:54:13 ID:odLuG4HU
希望が特に無しというのは難しいんじゃないかな。

504 :名無しさん@ピンキー:2009/03/01(日) 14:46:44 ID:Kkt/idpo
恥ずかしがらずに希望を言え・・・

ここに来てる時点でお前は変態だ・・・

今更、恥じるべきことでもなかろう・・・

505 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/03(火) 01:51:52 ID:LTbkRRF2
【エリスですっ…♪なんとか復帰しましたあっ!】
【休養期間中は修行中だったということで♪】
【プロフィール、バージョンアップですっ…(エッチ方面に♥)】
【今日は遅くなりすぎちゃったのでプロフィールだけ貼っておきます…待機はしません、ごめんなさいっ;】

【プロフィールは、こちらにも貼っておきますので次に来るときはよろしくお願いしますっ】
オリキャラのプロフィールを貼るスレ
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1125588949/l50

506 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/03(火) 01:52:49 ID:LTbkRRF2
【名前】エリス(エリス・シャトレー)
【種族】人間
【職業】神聖教会本部所属・聖騎士
【年齢】17

【容姿・サイズ】
・甘い金色の、先端にだけ少しウェーブのかかった柔らかな髪(肩までのセミロング)
・身長は158センチ、体重48キロ  スリーサイズは93・58・85
・プロポーションにそぐわないあどけなさの残る柔らかそうな頬の丸い顔と、 エメラルドグリーンの大きな瞳
・教会への忠誠心はあるのだがやりすぎてしまうことも…失敗してもあっけらかんとして明るい性格

【服装など】
 飛翔の呪力を操るため、肌で空気の流れを読む必要があるので
 水着並みのピンク色のビキニの布地の衣類のみ身につけて、
 同色に染めた皮のロングブーツと手袋をつけている。首にも同色の皮製のチョーカー。
 武器は羽の装飾の付いた、片手持ちの軽めの剣。

 チョーカー、ブーツの足首、手袋の手首、ビキニの胸の中央には教会の高僧が強力な防御呪力を込めた
 エメラルドのアミュレットが装備されているが…胸と首もとのエメラルドは、エリスの身体の中心と魔法力で
 直結しているため、この宝石を凌辱などで汚されると、 より深く、強いダメージを(快楽を)受けてしまう。

 また、それぞれのアミュレットには天使の羽をかたどった翼の装飾がついているが、
 この翼に飛翔の呪力が込められていて、修行の結果(信仰心の結果でしょっ!)
 意識を集中すると背中から(肩の後あたりから)一時的に天使の羽を生やすことができるようになり、
 その間は攻撃に聖なる力を込めることができるようになった。
 背中の羽は本物の羽で、つかまれたり切られたりすれば痛みも感じるし、犯されれば快感も感じられる。
 (触手で突き刺していじめたり、粘液まみれにするのに最適♪)
 ダメージを受けすぎると消えてしまい、しばらく魔力が使えなくなる…どころか身体の力も入らなくなっちゃう。

【希望シチュエーション】
 コスチュームのまま粘液まみれにされて、犯されるのが特に好きです…ぬるぬる大好き♪/////
  シチュエーションとしては、
 モンスター相手なら触手系で、タコみたいに触手に吸盤とか、いぼいぼがついてるのが好きです…////
 人間相手なら拷問部屋にとらわれて、尋問されながら快楽責めにされるシチュエーション。
 (実際のお相手は一人がいいですけれど、一人で何役もしていただいて大勢に嬲られるシチュも好きです)
 凌辱中は、言葉でたっぷりなぶってもらいたいです…いっぱい中に出されながら言葉嬲りされるの大好きですっ///

【NGプレイ】スカ・身体破壊などの極端なグロ ・産卵系もちょっと遠慮させてください…
       あと、レズプレイは苦手です…男性のお相手でお願いします…。

【備考】
 男性経験アリ(恋人・同じ騎士団の部下)+モンスター1回。遠征中に陵辱を受けた経験アリ

507 :名無しさん@ピンキー:2009/03/03(火) 23:43:26 ID:h94JyFj1
エリスお帰り。会える日を楽しみにしているよ

508 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/04(水) 23:54:53 ID:luRiup5p
【ちょっとおそくなっちゃって…びみょうな時間ですが…ひさしぶりに待機させてくださいっ…】
【プロフは、>>506 です。3時ごろが限度ですので凍結前提で…1時まで待機します♪】

509 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 00:14:32 ID:8XYGbdMb
【お相手させてください。】

510 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 00:17:02 ID:njWriNPg
【こんばんはっ!よろしくお願いします♪】
【どんなシチュにしますか?プロフにいろいろと書きましたけど、お好きなシチュがありましたらうかがってみたいです♪】

511 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 00:25:04 ID:8XYGbdMb
【タコ型の魔物に犯されるというのは、どうでしょうか?
最初は有利に闘っていたんだけど、魔物の怯えた表情に躊躇してしまい、その隙に犯されるというのは。】

512 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 00:28:04 ID:njWriNPg
【はいっ♪触手モンスター大好きですっ…////(そういえば前にもタコさんとしたことある…えへ/////)】
【じゃあ、書き出し、お願いしてもいいですか?最初は戦いの場面からですね?】

513 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 00:43:15 ID:8XYGbdMb
(薄暗い部屋で、一人の少女が怪物と対峙していた。)
ほう・・・・まさか、ここまで来るとはな。
だが、ここまでだ。
この部屋の宝は渡さん。貴様は、ここで、死ぬのだ。
(その怪物は一言で言うならば、巨大なタコだ。侵入者を始末すべく、触手を伸ばし、襲いかかる)
【こんな感じでよろしいでしょうか?】

514 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 00:53:02 ID:njWriNPg
【はいっ、わかりやすくてカンペキですっ!】
【魔物を怯えさせるくらいの力…っていうと、やっぱり新しい力、さっそく使わしてもらっちゃおうかな…えへ】

ふうん…自信あるんだあ…(少女らしくニコニコと笑って)
でもね、タコさん…エリスは宝物をさがしにきたんじゃないんだよ?
目的はあなた…何人も冒険者を襲って犠牲を出してきた魔物…追い詰めたのはエリスのほうだよっ!

わが主、全能なる神よ…ひとときのあいだ、天の使者たる力をあなたの使徒にお与えくださいっ…
(素早く剣を掲げて意識をエメラルドに集中すると、手足、首元の羽の装飾が白い光を放ち…
 エリスの両肩の後ろから、天使の羽に似た輝く白い翼が広がり…掲げた剣に、聖なる光が集まっていく)
覚悟しなさい!
(魔の者すべてがおそれる聖なる輝きを放つ剣を振りかぶって、、タコの怪物に向かって飛ぶ!)

515 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 01:03:16 ID:8XYGbdMb
フン!正義の味方気取りか、生意気な・・・・
なっ!その姿は。
(さっきまでの余裕はどこにいったのか、慌てふためく。そして・・・・・)
ザシュ!
ギャアアアア!
(エリスの剣が魔物の触手を切断。たまらず、悲鳴をあげる。)
ひィ・・・・許して。
(明らかに怯えた表情を見せる)

516 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 01:10:05 ID:njWriNPg
やああっ…!(触手を切り裂き、剣の先で払って)
…!?あれ?ぜんぜん手ごたえが…ない?
(あまりの圧倒的な効果に自分でも驚き)
あれれれ…ずいぶんあっけないなあ… …じゃなくてエリスの新しい力が強すぎるの…?
(短時間しか使えないこともすっかり忘れちゃって)

(さっきとは別人?のようにおびえる魔物のすがたに、一方的な攻撃をためらってしまい、とどめがさせない)
しょうがないなあ…もう、悪いことしない…?
(無防備に近づく…)

517 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 01:22:57 ID:8XYGbdMb
ああ、もう悪さはしないよ。お前は強すぎる。(降参の言葉を述べる魔物。だが、エリスは気がついていない。
これが、演技だという事が。また、その新しい力が長くは続かない事が。)
そう、お前はつよい。
そして、優しい。
その優しさが命取りだ!(油断しているエリスに液体をぶっかける)その液体は身体を痺れさせる効果がある。どうだ、動けまい?

518 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 01:29:24 ID:njWriNPg
うーん…しょうがないか…じゃ、今度だけだよお?
また悪いことしたら、エリス今度こそ許さないからねっ…!
(ふ、と視線をそらした瞬間…タコの魔物に液体をかけられ)

きゃああっ!こ、このっ…卑怯者お…(頭に血がのぼって)だったらもういっかい…
(胸のエメラルドに輝きがともる…が、背中の羽はそのままだが、剣に輝きが戻らない)
(同時に脱力感に襲われて、手足に力が入らなくなって)
し、しまったあ…もう、タイムリミット…?それに、体が、しびれてっ…
(剣に寄りかかって立っているのがやっとで、タコの魔物をにらみつける)

519 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 01:40:24 ID:8XYGbdMb
ふふ・・・・単純な奴だ。こんな手に引っかかるとはな。
(こちらを睨みつけるエリスをバカにするように、見下す。)
さあ、さっきまでのお返しをさせてもらうぞ。 たっぷりとかわいがってやる。
(素早く触手を伸ばし、エリスを拘束。
そのまま鎧を外し、丸裸にしてしまう)

520 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 01:49:32 ID:njWriNPg
くううっ…よくもお…
(剣に寄りかかって、麻痺液に冒されて荒い息をつく姿は、嬲ってくれと言わんばかりにみえて)
かわいがる、ですって…!?おまえなんかにっ…好きなようになんかっ…
(必死で動こうとするがまったく力が入らずに)

な…っ、やめ、やめてえっ…!はなしてえええっ!
(好きなようにビキニを剥ぎ取られて…裸の天使のような姿にされてしまい)
(魔法的に体内とつながったアミュレット類…チョーカーや、ブーツ、手袋などはそのままで)
きゃあああっ!
(ビキニの胸元も引き裂かれるが、アミュレットだけは何かで固定したかのように外れない)

521 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 02:00:01 ID:8XYGbdMb
威勢がいいな。お前のような女は嫌いじゃないぞ。
(楽しそうな表情でエリスを見つめる)
まずは、この口を塞いでしまうか。
(そう言うと、触手をエリスの口内にぶちこむ。)ふふ、いい様だな。股間もグッショリと濡れているし、本当はこういうの好きなんじゃないのか?

522 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 02:08:32 ID:njWriNPg
お前になんか、好かれたくなんか…ないっ!さっさと、はなしてっ!
じゃないとっ、今度こそやっつけてやるからあっ!
(必死に強がって、ぬめる触手の拘束から逃げ出そうと、眉をしかめ、
 荒い息をつきながら身もだえをくりかえす…
 そのすがたが、魔物にいっそういやらしく、情欲をかき立てさせてしまうことに気づかずに)
くううっ、放し、なさい…はなし、てえっ…

う、むぐッ!んんッ!ちゅる…じゅっ…ぶ ふああッ…
(嫌らしくのたくる触手に口にもぐりこまれて悶え、過去の凌辱の記憶がよみがえって…)
(魔物の言葉に、知らず知らず濡れてしまい…)

523 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 02:19:55 ID:8XYGbdMb
では、そろそろこっちもかわいがってやるか。(ずぶ濡れの股間めがけて、ゆっくりと触手をこんにゅうさせてゆく)
ぐっ!素晴らしいな、お前の性器は。
どうだ?我の嫁にならぬか?
人間の男では味わえない快楽を毎日味わわせてやるぞ?
(触手をエリスの口内やマンコで動かしながら、語りかける)

524 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 02:29:10 ID:njWriNPg
んんっ、ぐ…うう…ッ、はあう…ん、くう、うっ…
(口のなかでぬめる触手に、眉を寄せ、目をぎゅっと閉じて舌を凌辱されつづけていたが)
んんっ!?く、ぐうッ!くううう、く、!く!…ッくうううーーーッ!!!
(ずぶずぶと大事なところに潜り込んで来た触手に、全身を痙攣させて)
…ッ!…ッ!!く!く!……ーーーーッ!!
(深く貫かれていく苦痛が激しい快楽に変わっていき、声にならないあえぎをもらして)
…っくううう!はあうっ…く、くうう!!
(魔物の言葉も、いたぶられる快感を高める効果しかなく…)
(悶えるたびに背中の羽が少しづつ小さくなっていく)

525 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 02:36:45 ID:8XYGbdMb
ぐう!す、凄い!
絞めつけくる。
(エリスの性器が与える快感に恍惚の表情を浮かべる)
うう、もうダメだ。
射精しそうだ。中で出していいか?
(返事を聞くため、口内の触手を引き抜く) 【最後にエリスが逆転するというパターンはダメですか?】

526 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 02:44:07 ID:njWriNPg
…っ!?(中に出す、という言葉に、口を触手にかき混ぜられて満足に抵抗の言葉も出せず)
…ッ、!…くうう、く!んぐ…ッ…く!くううーーーッ!!
(だ、だめッ!中でなんかっ…出しちゃだめええ!
(エッチな触手に深く貫かれて…たまらない快楽に犯されながら、必死でタコの魔物を
 自分のからだから引き離そうと…ぬるぬるとすべるタコのあたまを細い指で押しのけようと
 むなしく抵抗し…さらに深く貫かれて痙攣する)
ひう、うッ!あくううううッ!!(びくびくとふるえ))

【はいっ、でも、出されちゃってから…のほうがいいです///思いっきり注射してください////】

527 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 02:46:39 ID:njWriNPg
【嫌がりますけど思いきり出してください】

528 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 02:50:42 ID:njWriNPg
【ごめんなさいわかりにくかったですね…;】
【中にされちゃってから、エリスが逆転します、って意味ですっ…すみません///】

529 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 02:54:51 ID:8XYGbdMb
うう・・・・もうダメだ!い、イクうううう!
ドピュウ!ピュルルルル。ビクビク!
(エリスの性器や顔、口内に激しく精液をぶちまける)
ハアハア。なかなかよかったぞ。我は満足だ。どうだ?我の嫁にならぬか?
実は長い間こんなところにいて、我は寂しかったのだ。
どうか、嫁になってもらえぬか?
(真剣な表情で愛の告白をする魔物。それはかつてなく真剣な物だった)

530 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 03:08:25 ID:njWriNPg
…ッ、くう!う!……ッ!…ーーッッツ!!
(体の芯まで触手が突き刺さってくる感覚に、その瞬間が近いことを知って)
だ、だめえええっ!精液、エリスの中に注いじゃだめええええっ!!
…はあ、あッ!!…ッくうううーーーーッ!!
(最深部に突き刺さった触手の先がふくらんで痙攣するのを感じた瞬間…
 ぬるぬるの汚液がビュルビュルと注ぎ込まれて…)
ひあ、!あッ!…っはああああッ!!…!…くううううーーーッ!!!
(ねばつく体液がおなかの中深く注ぎ込まれるエッチな感触に耐え切れず、はげしく達してしまい…)

…っ…はあ、はあ…っ…
(…!?手足が、動く?…)
(アミュレットに念をこめて)
(力も…戻ってる!)

(ちら、とタコの方を横目で見て)
そうね…とっても気持ちよかったから…考えちゃおうかな…
……なんていうとでも思ってたの!!??(輝く剣を高々と掲げ)

…………でもいいわ、命だけは取らないでおいてあげる。でも!
(すぱすぱとタコの手足を切り落とし)
これで当分悪さできないでしょ!(…殺しちゃうのはちょっともったいないしねっ…/////なんて)

【というかんじでどうでしょうか…;】

531 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 03:19:29 ID:8XYGbdMb
え?ちょ、ちょっと待て、我は真剣・・・・
ぐおおおお!
(触手を全て斬り落とされ、悲鳴をあげる)
そうか、命だけは、助けてくれるのか。
ありがとう。
本当に優しいな、お前は。(エリスの優しさに感動する)
お礼にこれをやる。我を殺さなかったお礼だ。(スッと宝を差し出す)また会おう。少女よ。
【こちらはこれで締めます。ありがとうございました】

532 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 03:28:10 ID:njWriNPg
…真剣でもっ!無理やりエッチしてからプロポーズなんかするなっ!
まったくもう…乙女心ってものがわかってないよ…(ぷんぷん)

……いやにすなおねえ…意外と間単に、足生えちゃうのかな?
…え!?いえあの、ちょっと?別に宝物は…(ほしかったわけじゃ…)
…って中身何なんだろう、これ?
(去っていくタコの後姿を見送ってちょっとなごりおしそうに)

…けっこう、気持ちよかったな…(ぽつり)

【ありがとうございましたあ!とってもよかったです!久しぶりのプレイで、やりやすい人に相手していただけてラッキーでしたっ♪】
【またお会いできたらよろしくお願いします、おやすみなさい…タコさん♪…ちゅ♪】

533 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/05(木) 03:40:03 ID:njWriNPg
【…とっ、忘れちゃうとこでしたあ】
【スレを、お返ししますっ…】

534 :名無しさん@ピンキー:2009/03/05(木) 23:56:01 ID:rgvWmTZ4
昨日の今日では来ないか…残念

535 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2009/03/06(金) 00:11:57 ID:TEd1yL2X
【久しぶりに待機します、プロフィールは>>25です】

536 :名無しさん@ピンキー:2009/03/06(金) 00:22:44 ID:HAevHzmF
こんばんは。お相手、よろしいですか?

537 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2009/03/06(金) 00:23:50 ID:TEd1yL2X
【はい……こちらこそよろしくお願いします。】
【名無しさんはどういうことがしたいですか?】

538 :名無しさん@ピンキー:2009/03/06(金) 00:25:25 ID:HAevHzmF
【純愛がいいんだけど…】
【大丈夫ですか?】

539 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2009/03/06(金) 00:27:47 ID:TEd1yL2X
【純愛ですね、わかりました。】
【どういうシチュエーションでやるのかもう少し詳しく教えてもらえますか?】

540 :名無しさん@ピンキー:2009/03/06(金) 00:35:00 ID:HAevHzmF
【ありがとうございます】
【探索していて、傷を負ってしまい】
【介抱されて、そのまま…】
【と、いう感じで、いかがでしょうか?】

541 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2009/03/06(金) 00:36:39 ID:TEd1yL2X
【わかりました、それでは書き出しをお願いできますか?】

542 :名無しさん@ピンキー:2009/03/06(金) 00:51:25 ID:HAevHzmF
(とあるダンジョンにリティアと入っていた)


ふぅ、結構、奥まで来たな。リティナ、大丈夫か?
(そして、ダンジョンの奥深くにいる)
(度重なる戦闘をこなし、一休みしていた)


しかし、ここの敵、あまり手応えがなかったな。オレとリティナのコンビだからかな?
(洞窟に入ってから、今までの戦闘を振り返る)
(確かに二人のコンビネーションがよく、順調過ぎるほど奥へ進めていた)


【こんな感じでどうでしょう?】
【このあと、敵の奇襲を受けて…って流れにしようと思いますが】

543 :リティナ ◆aNJQpwr8Ng :2009/03/06(金) 00:56:36 ID:TEd1yL2X
【せめてプロフィールは見てほしかったです。】
【すみませんがここまでにしてください。】

544 :名無しさん@ピンキー:2009/03/06(金) 13:57:46 ID:VJ4zUNGO
バロスwwwww

545 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/06(金) 23:48:52 ID:NrFwSnWQ
【名前】フレア
【種族/職業】獣人(犬)/格闘家
【年齢】10
【性格】
大人しく無口、犬っぽい
【容姿・サイズ】
肩まで伸ばしたハーフポニーの桃色の髪。
ピンと尖った漆黒の耳とふさふさの尻尾を持った犬系の獣人。
120cmの小柄な体型につるぺたの身体。
【服装】
前髪の上の部分と蝶結びにした黒いリボンと揃いの黒いチョーカー。
肌にピッタリの白いレオタード。
鋼を混ぜた繊維で織られたロングジャケット。
指貫のレザーグローブ。
オーバーニーと脹脛を包む、鉄鋼を仕込んだブーツ。
【希望シチュエーション】
モンスターに負けてそのまま陵辱されたり、触手で快楽漬けにされたり。

【NGプレイ】
スカトロ、切断、猟奇系

【備考】
幼いながらも獣人の身体能力で冒険者として生き延びてきた。
蹴り技が得意な格闘家で、魔物を倒して糧を得ている。

【待機します…】

546 :名無しさん@ピンキー:2009/03/06(金) 23:56:12 ID:gz7BKV0R
>>545
【こんばんは、どんなモンスターの相手がいいのかな】

547 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 00:00:15 ID:NrFwSnWQ
>>546
【こんばんわ、出来れば触手系のモンスターさんがいいです…】

548 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 00:04:10 ID:T3lw6WA8
>>547
【触手系だとヌルヌルブヨブヨな蟲っぽいイメージ?言葉は話せた方がいいんだろうか】

549 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 00:07:11 ID:qnvVwID7
>>548
【イメージはそんなかんじで大丈夫です】
【言葉を話せるかはお任せします】

550 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 00:09:23 ID:T3lw6WA8
>>549
【それではそんな感じのモンスターでお相手させてください】
【書き始めはお願いできますか?】

551 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 00:23:10 ID:qnvVwID7
>>550
【わかりました、よろしくお願いします】

調子…のりすぎた、かな
(ふぅ、と軽い溜息をつきながら迷宮の一角を歩く小さな影
 いつもより出てくる魔物が弱いせいで強気になり、脚を早めた結果だ
 気づいた時にはかなり深い階層まで来ており、急いで脱出しようと階段を探している)

……魔物?
(見る限り続く一本通路の先に何か居る…と獣の直感が告げる
 すぐに攻撃できるよう、身構えて暗闇から相手が姿を現すのを待つ)

…………ッ!!
(肉眼で姿を確認し、一瞬の思考のあと全力で間合いを詰め頭部と思わしき部分を蹴り付ける
 蟲型の魔物なら、頭さえ潰せば少なくとも暫くは行動できなくなると判断しての行動だった
 もし倒せなくとも、一見鈍重な姿から自分の脚なら逃げ切れるという自信があったせいかもしれない)

【こんな感じの書き出しでいいでしょうか】

552 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 00:37:35 ID:T3lw6WA8
>>551
(現れた魔物は獣人の脚力にその頭部を砕かれ崩れ落ちる)
(しかし、その背の瘤状の赤黒い肉塊が蠢き触手を伸ばし、獣人の少女を絡め取ろうとする)
(それは相手に寄生し操る魔物で、頭を砕かれた蟲型の魔物すら獲物だった)

(新たな獲物に歓喜しているかのように肉塊は生臭い肉汁を滲ませ、無数の触手を生やして
獣人の少女を捕らえようとするその姿はタコのようでもある)


【多少魔物を変更してしまいましたが、こちらこそよろしくお願いします】

553 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 00:48:16 ID:qnvVwID7
!!?
(予想外の状況に頭がついていけず、停止してしまう
 その一瞬が致命的なミスとなり、逃げる脚を絡め取られ引き倒されてしまう)

……このっ…!
(慌てて身体を起こして絡み付く触手に蹴りを入れて退かそうとするが、
 ぶよぶよとした身体に弾かれて殆どダメージを与えられない
 もたもたしているうちにフリーだった脚にまで触手が絡みつく)

や……やぁっ…!
(死の恐怖からか半狂乱になって暴れるが、
 獣人といえど子供の力では魔物の拘束は緩まない)

554 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 00:57:43 ID:T3lw6WA8
>>553
ぐちゅるる…牝の臭いだぁ
(バスケットボール大のブヨブヨと蠢く肉塊からしゃがれた音が…声がする)
(それは獣人の少女を正確に牝と認識し歓喜する知性を現していた)

これは…楽しめそうだぁ。ぐじゅるぅ…
(両脚に絡みついた触手はズルズルと伸びてジャケットの中、太ももまで絡みつき
滲む粘液で濡らしズリズリと扱くように擦り、触手の幹に生え並ぶ吸盤がまるでキスするように
太ももをついばみ、吸い付き、ブチュブチュと汚らしい跡を濃く無数につけてゆく)

555 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 01:05:08 ID:qnvVwID7
>>554

ひっ……
(脚に吸い付く吸盤の感触を噛んでいると勘違いしたのか、
 このまま食べられてしまうのかと思い込み、
 恐怖で身体を縮こまらせて、股の間にしっぽを挟みこむ)

……おねがい……たべ、ないで
(言葉を話せる知性があるのなら…と僅かな望みをかけて懇願してみる)

556 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 01:12:46 ID:T3lw6WA8
>>555
じゅるぅ、ワシの肉壺になるなら、食べないでやってもいいぞぉ
(足に絡みついた触手で太ももを舐めるように吸い付き、ヨダレのような粘液でネチョネチョに
濡らしながら、同時に引き寄せ擦りより、本体である肉塊が少女の足の間に割り込むように圧し掛かる)
(ギョロリと肉塊から目玉がむき出しになり、言葉と共に牡の欲望を滲ませる)

(触手も更に生えて、その足元から次々にジャケットの中に潜り込み、白いレオタードに包まれた
未成熟な幼女の身体を這いずり回る)

557 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 01:22:38 ID:qnvVwID7
>>556

に…にく…つぼ?
(脚に感じる不快な感触で涙目になりながら、何とか聞き返す)

ひっ……な、なる…なるから……たべないで…
(今まで弱い魔物としか戦った事がないせいなのか、
 獣の本能が生き残る事を強く望んでいるせいなのか、
 現れた目玉と目が合った時、今日から言葉の意味も解らず口にしてしまった)

〜〜〜……
(ぎゅっと目をつぶって、這いずり回る嫌な感触に必死で堪える)

558 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 02:02:35 ID:qnvVwID7
【落ちられたのかな…】

559 :フレア ◆M4zYjuBLf6 :2009/03/07(土) 02:16:17 ID:qnvVwID7
【今日は落ちますね】

560 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 12:01:37 ID:Q7JQwcNg
>>506
エリスちゃんちょっと忘れ物だよ

http://www.100gazou.com/sinzou/bbs.cgi?check_img=385&type=jpg
http://www.100gazou.com/sinzou/bbs.cgi?check_img=368&type=jpg

それと何もいわずに行ってごらん
http://w3.oekakies.com/p/okms/p.cgi?sort=1

561 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/07(土) 18:09:23 ID:q0TF8aY4
【待機ではないんですけど、名無しさんからのレスを見かけたのでちょっと来ましたっ♪】
>>506 ありがとうございます…お間抜けなエリスはまたしてもドジをふんでしまいました;】
【プロフの編集の時にうっかり絵のリンクを削除しちゃったみたいです…】

【ああっ、また新しい絵を描いていただいて…ほんとにありがとうございます…】
【しかもとうとうエッチ系の絵…いえいえ、「甘酒」ですよね!】
【(でもなんか…ぬるぬるするなあ…匂いもちょっと…かいでると、胸がどきどき、して…っ…なんて♥)】

【…って、「何も言わずに」って言われたんで(笑) あちらにはお礼のレスしないほうがいいのかな?】
【今夜、スレがあいてましたらまた来ますね♪】

562 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/07(土) 22:52:55 ID:q0TF8aY4
【今夜もきましたっ♪…あいかわらずの遅レス娘ですがよろしくおねがいしますっ;】
【おとといはだれかエリスのこと待っててくれたんですね…来られずにごめんなさいっ…】
【今日は3時ごろまでOKです…盛り上がり過ぎちゃったら凍結、ということでっ♪】
【復帰の記念絵なんて書いていただいちゃって、はりきってますよお!(ありがとうございましたあっ♪)】

【というわけでっ…12時まで待機させてください♥】

563 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 22:54:06 ID:a+L5vgkB
【お相手いいかな?】

564 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/07(土) 22:57:36 ID:q0TF8aY4
【うわ!早いですね♪…こんばんは、よろしくおねがいしますっ!】
【どんなシチュではじめますか?】

565 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 23:01:19 ID:a+L5vgkB
【人型の魔物に捕らえられて、人の研究だと言いエッチな責め苦をうける】
【触手なんかも使って…というのはどうですか?】

566 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/07(土) 23:05:47 ID:q0TF8aY4
【すごくいいです…♪じっくり、いろんな道具とか使ってちょっと残酷な責め方してください♪】
【切断、とか過度な流血でなければ、すこしぐらい針でさされたりとかは平気ですっ】

【書き出し…お願いしていいですか?できれば、名無しさんにもお名前を…どきどき】

567 :名無しさん@ピンキー:2009/03/07(土) 23:06:41 ID:a+L5vgkB
【わかりました。少々お待ち下さいね】

568 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/07(土) 23:09:20 ID:q0TF8aY4
【触手とか、いろんなモンスターを動けないエリスにけしかけていただいたりもしてほしいです…と、わがままいってみます、えへ】
【(でも基本的にはおまかせします…!)】

569 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/07(土) 23:10:58 ID:q0TF8aY4
【あ、ごめんなさいっ!おとなしく待ってます…////わくわく】

570 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/07(土) 23:22:54 ID:a+L5vgkB
(魔物との戦いの中で不意を突かれ、気絶してしまったエリス…)
(次に目覚めたときには、暗くて広い石造りの部屋の中に拉致されていた)

やあ、お目覚めかね?若い女の騎士よ。
(壁の燭台に明かりが灯ると、エリスのすぐ近くに人型の魔物が立っていた)
(顔は美形の人間のようだが、肌は青白く、頭には角が生えている)
…おっと、動けないのだったな。そのまま聞いてくれたまえ。
(エリスは十字架のような台の上に、磔に寝かされており)
(服はそのままだが身動きの取れない状態で)

私の名はディードという。一介の魔族だ。
実は、人間というものに興味があってねぇ…
よく部下に捕らえさせては、その強さを知るために実験させてもらっているんだよ。
身体の強度や、魔力、意思の強さとか…そんなものをね。
そこで是非、君にも手伝ってもらいたいんだ。
なぁに、殺しはしないから安心してくれ給え。
(にやにやと笑いながら、エリスの頭に手を置き、撫でるような仕草をして)

ああ、君の名前も教えてくれるかい?
勇敢な女の騎士の名前、是非聞いておきたいね。

【まずは導入です。よろしくお願いしますね】

571 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/07(土) 23:38:43 ID:q0TF8aY4
いたた…ここ、はっ…?
(あたりを確かめようと、とっさに飛び起きようとするけれど、手足が固定されていて動けないことに気づく)
……っ!しまったあ…また、ドジふんじゃったっ…!

……!魔物…(すぐそばに立っている人物に気づくが、その角と…なによりも人とは違う気配に気づき)
すぐにはなしなさいっ…はなさないとっ…(にっこり)痛い目にあうんだからね?
(新たに手に入れた力に絶対の自信があって…まだ余裕がある)

ディード…?(どこかで聞いたような…?えっと…ああっ、悪魔学の講義、まじめに聞いとけばよかったっ…;)
実験…いい趣味ね、変態魔族さん…!
どうでもいいけど、ほんとにはやく開放したほうがいいよお?
エリスのこと、なめ過ぎちゃだめだよっ…(にこ)?

名前はエリス…エリス・シャトレーだよっ!どう?神聖騎士団の騎士だよ?知ってるんじゃないの…?
(ゆっくりとアミュレットに魔力を集めながら)

【遅くてすいませんっ…すごく期待してます、がんばりますっ!】

572 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/07(土) 23:56:40 ID:a+L5vgkB
そうか、エリス・シャトレーか。美しい響きの名前だね。
だが、すまない。初めて聞く名前だ…

…おや、魔力を集めているのかい?
だが、ここは私の領域だ。万全の力は発揮できないだろうね。
発揮できたところで、私に敵うとは思わないが…ね。
(せせら笑いながら、エリスの頭に置いた手を滑らせ、胸元のアミュレットに運び)
そんな事より、まずは君の事をもっと教えて欲しいな。

大きい胸だね…君は若いが、ここだけ熟している。とても美味しそうだ。
(おもむろに乳房を鷲掴み、弾力を感じながら言葉を続ける)
胸は母性の象徴で、人間の雄はこういった大きい胸が好きだと聞くが…
君自身はどう思っている?
いつ犯されるのかと怯えているのか、見られて悦んでいるのか。
(じっくりと眺め、品定めするかようにぐにゅぐにゅと揉み解す)
…ああ、後者か。
こんな風に揉まれたり、赤ん坊のように吸われたいんだろう?
だからこんな…いやらしい格好なんだね。
…ああ!思い出したよ。極上の淫らな肉体を持つ、女騎士の噂をね。
君は立派な変態騎士だ…。いやらしい騎士には、相応の実験に付き合ってもらおうか。

【期待に応えられるよう頑張りますね】

573 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/08(日) 00:10:44 ID:IzS7WEJI
じゃあ、今日から忘れられないようにしてあげるっ…!
そうだよっ!魔力…神聖力を集めてる…こうやって、使うためにねっ…!
(アミュレットに集めた輝きを開放して…「変身」を行おうとして…すぐに輝きがおさまってしまうことに気づく)
あれっ…あれれれ!?どう、してっ…?今日はまだ一度もつかってないよお…!?;

ふうん…あなたの領域、ね。つまり神聖力は封じてあるってわけね…
(ディードの手が、胸元のだいじなアミュレットに触れると、いっしゅんぎくりと身を固くして)
(内心の焦りをかくすように、ディードの顔をにらむでもなく、平然とした顔で正面から見つめるけれど)
(こめかみから冷や汗がつたい、ムリに平気な顔をしている…かなり追い詰められているのがわかる)

(まずいなあ…最近、「力」に頼りすぎちゃってたあ…)
(でももともと、力なんて無しでやってきたんだもの…このくらい、なんとかしてみせるっ…)

胸が大きくなっちゃったのは生まれつきよっ…!おおきなおせわっ…あ、ダメッ!!
(一瞬ムキになって…次の瞬間胸をつかまれてびくんとふるえちゃう)
くあっ…さ、さわる、なああっ…よろこんでるわけ、ないでしょ…っ!
このかっこはあ、魔導師じゃない私が空気の動きを読むにはこれしかっ…!ひああっ!
や、やめなさ…っ…くうう…っ

【もう、かなり応えていただいてます…たのしんじゃってます、とっても…//】

574 : ◆fwVkVAa8BE :2009/03/08(日) 00:29:03 ID:zdmix+CH
ほう、悦んでいるわけではないと?本当かな…
(エリスの明らかな反応を楽しみながら、乳房を弄ぶ)
胸は生まれつき大きいのか…個体差が激しいのも人間の特徴だね。
このたわわな果実のような乳房、魔族の私も虜にされてしまいそうだよ。
…おっぱい、と呼んだ方がいやらしいかな?
美味しそうなおっぱいだね、エリス…ちょっと味わわせてもらうよ。
(ビキニを指で少しずらし乳首を覗かせると、口を近づけてちゅうっと吸い上げる)
(更に舌でレロレロとやさしく舐めて、目だけでエリスの顔を伺う)
子持ちではないから、母乳は出ないか…残念だよ。
だが…怯えの感情が混じった、エリスのおっぱいから湧いた汗…いい味だよ。

どうだい?君は本当に気持ちよくないのかな?
…ちょっと、実験してみようか。
(ディードが指を鳴らすと、部屋の奥から赤ん坊のような悪魔が3匹飛んできた)
(人の赤ん坊と違うのは、コウモリの翼が生えている事と)
(どれもが成人男性並みの赤黒いペニスが生えている事だ)

私が特別に改良した淫魔だよ。君の事をいたく気に入ったようだ。
(3匹はキャッキャッ笑いながらエリスの周りを飛び回る。目は肉体に釘付けだ)
赤ん坊の姿をしているだけに、おっぱいへの執着が強くてね…失敗作だよ。
だが、君の相手には丁度いい実験動物だろう?

では始めよう。君の強さを見せてもらおうか?
(再び指を鳴らすと、淫魔達は邪悪な微笑みを浮かべてエリスの胸に群がった)
(うまく場所を確保できた2匹は、小さな手で乳房を掴み、無遠慮に乳首を吸い上げ始め)
(あぶれた1匹は泣きそうな表情になった後…慰めを求めるように、エリスの顔に近づき)
(既に硬くなっているペニスを、彼女の頬にぐりぐりと押し付け始めた)

【私もエリスさんをたっぷり可愛がれると思うと、とても興奮しています】

575 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/08(日) 00:49:12 ID:IzS7WEJI
(実験…さっきから、そういってるけど…まずい、おかしなことされる前になんとか自由にならないと…)
(それに…こいつ…「ディード」の魔力…さっきから、押しつぶされそうなほど強まってる…)
(実力を発揮しても敵わない…って、言ってたことば…出まかせじゃなさそう…)

(また、強く胸をもまれて…こんどは明らかに快感でがくがくとふるえて)
…っあ!はあ、あっ…はなし、てっ…あう!うっ…!
(ああっもうっ…エリスの馬鹿っ…こういう時にまで気持ちよくなっちゃうなんてえ…だめ、だって…ばあっ!)
(くぐもったあえぎを漏らしながらも、必死で拘束を解こうと身もだえ…その動きで胸がゆれ、
 ビキニが少しづつ乱れて…かえって、きわどいコスチュームの色香を強調してしまう)

…っひあああっ!…ッぐ、くううう…
(いきなり乳首を吸われて…思いっきりエッチな声が出そうになっちゃって、必死で歯を食いしばり)
で、出るわけないで…しょっ…あくっ!…っ、汗なんか吸うなあッ、この変態悪魔あっ…!

……?何…?赤ちゃんみたいな…これも、魔物なの…?
(あれれ…?ちょっと可愛いかもお…♪…って、何!?おちんちん生えてるよお!!)
淫魔…って…
(エリスが過去に戦った淫魔とはずいぶんちがう…この子達が、淫魔?)
はじめるって…ひああっ、だめ、だめだよおおっ…!…っくううう!
(胸に吸い付かれて…ディードの責めかたとは違う、遠慮のない吸いかたに悲鳴を上げちゃう)
…っく!あ!はうう…ッ だめ、だめえ、そんなに吸ったって…おっぱいなんか出ないからあ…ッ
(顔に押し付けられたおちんちんの、凶暴な固さと…エッチな匂いにふるえて)

【エリスのつぼ…知ってるんですね…////;そういうこといわれると…すっごくきちゃう】

576 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/08(日) 01:08:06 ID:zdmix+CH
おやおや…これは面白いね。
母乳が出なくても、君の大きなおっぱいに満足しているようだよ。
(乳首をチュパチュパ吸う淫魔達は満ち足りた笑顔で、剛直な股間をエリスのお腹で擦り始め)
(もっと乳首を味わおうと、2匹とも前歯でコリコリと噛み始めた)
ああ、傷つけては駄目だぞお前達。実験はまだ始まったばかり…
私もエリスでたっぷりと楽しみたいんだからな。

でもその分、おっぱいにありつけなかった奴は可哀想だね。
(物欲しそうに2匹と乳房を見つめていた1匹は、信じられない大きさの声で泣き始め)
…ああ、泣き出してしまった。そいつを泣き止ませるのは大変なんだよ。
その肉棒を満足するまで舐めないと、気が収まらないように設計してあるんだ。
(顔にすりつけていたペニスを、今度はエリスの口にめがけて突き入れて)
とても五月蝿いだろう?人間にはキツいものだと思うがね。
止めたいなら丹念に舐めてあげるんだ。嫌なら我慢することだが…

ああ、そこから出る液体はちょっとした魔力に溢れているんだよ。
飲み干せば、ひょっとしたら私に対抗できるかもしれないなぁ…
(泣き声はディードには効かないようで、裏のある笑みを浮かべていた)

【過去のロールを読ませて頂きましたから…楽しみにしていた
んです】

577 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/08(日) 01:29:50 ID:IzS7WEJI
んんっ…ああはあッ…やっ…はう、うッ…
(この子たちっ…赤ん坊みたいな顔してっ…すっごくエッチな吸い方してるううっ…)
…ッ!あ、…!くっ…!おちん、ちんっ…押し付けちゃ…やああ…ッ…!!
(おちんちんの先が…っエリスの、おなかこすってるよお…っ、すっごく、固いっ…)

…ッああ!く、くうう!やっ、やめっ…あくッ!くっくううッ!
(乳首をかまれて、鋭くなった快楽に痙攣しちゃって…拘束されたブーツの足先が、
 なんとか自由になろうと無意識に足首をぴんと伸ばして)
(快感の悲鳴を漏らしそうになるたびに、胸のアミュレットがいっしゅん、強い輝きを放つ)

きゃああああっ…なっ、何…?あたま…頭の中まで響いてくる…く、くるし…
ん、ぐうううっ…く、口の中…にっ!
(エッチな匂いのする硬いおちんちんが、エリスの口の中に、深く、深く…入ってきちゃって)
(頭の中に響く声をとめたくて…必死で舌を絡めていく)
(そうすることでわずかに、苦痛がおさまることに気づくと…むしろいやらしく、ねっとり舌で奉仕し始めてしまい)

んんっ…ちゅ、ちゅぶっ…あむう…っ…ちゅる、るっ
(いやらしく脈打つおちんちんの幹に舌を必死で巻きつけて…)
(ぬるぬると滴る先走りを味わっているかのように見えるほど、必死で奉仕する…)
あむっ…ちゅぶぶ…っ…はあ、んっ…
(すっごいにおい…ぴくぴくして、先からエッチな液がぬめって…)
(このままじゃいつか、犯されちゃう…でも、今はこうするしかない…)

【…と、いうことは…期待しちゃっていいですよね…たっぷり、虐めてください…////】

578 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/08(日) 01:50:57 ID:zdmix+CH
これで気持ち良くないと言うのは、魔物に屈服したくないだけかい?
それだけエリスの意思が強いという事かな?
(挑発するように語りかけて)
でもねぇ…
二人の赤子におっぱいを吸わせて、おちんちんを美味しそうに頬張る聖騎士様か…
今のエリスの姿、すごくいやらしいよ。まるで君の方が淫魔に見える…
ああ、私もエリスに奉仕してもらいたくなってくる…

(奉仕されている赤子は泣き声が小さくなり、荒い息遣いに変わっていく)
(2匹は乳首を噛むのを止めると、今度はペニスを乳房に擦り付け始めて)
(亀頭が乳首を擦り、その速度は徐々に上がっていく)
…泣き声も収まってきた。2匹もおっぱいを堪能したようだね。
どれも、そろそろ発射する頃だよ。しっかり受け止めるんだよ。
…次の実験へのステップになるからね。
(言葉が終わらないうちに、3匹はそれぞれねっとりとした熱く白い精液を…)
(乳房を覆い、口内を埋め尽くさんばかりにドクドク脈打ち注ぎ込む)
(やがて3匹は口々にえっちなえりす、みだらなえりす、と歌いながら部屋の隅に消えていく)
さっきも言ったように、その液体は魔力の源だよ。しっかり飲むといい…
こちらのは身体に染み込ませてあげよう。精液まみれになってしまうね、エリス…
(乳房に掛かっていた精液を、掌で万遍なく全身に塗りこませ始める)
エリスのここも、熱くなってきたんじゃないかい?
(太股を擦るとき、ビキニの下に指を入れてしっかりと馴染ませて)

そうそう、淫魔の精液はね…魔力の源であると共に…
身体に取り込んだ者を淫らな気分にさせ、とても敏感になるんだ。
延々と、枯れ果てるまで快楽を貪れるようにね…

さてどうする?私に反抗するか?それとも、満足させて欲しいかな…?
(指の爪を伸ばして尖らせると…チクチクと、敏感になった乳房をつつき始めた)

【はい。たっぷりとエリスさんのえっちな声を聞かせて下さい】

579 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/08(日) 02:06:17 ID:zdmix+CH
【すいません、明朝が早いのを忘れていました…】
【盛り上がってきたところ申し訳ないですが、凍結をおねがいできますか?】

580 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/08(日) 02:16:27 ID:IzS7WEJI
…っく…うううっ…(気がつくと、これ以上ないほど熱心に舌をおちんちんに絡みつけ、扱いていて…)
…っはあ…っ…ちゅぶっ…
(ディードの挑発するような言葉なぶりに、許してと言うように横目で見るけれど)
…っ!…っうッ!…くうっ!…ッ!ッツ!!
(じゅぶっ、じゅぷっ!と激しくなり、深くのどの奥を犯そうとつき込んでくるおちんちんの責めに
 ディードの言葉に反応している余裕がなくなってしまい…)
あむ!む!ちゅぶ…ッ!はうっ!…っくうッ!
(口を犯される行為に、被虐の気持ちが強くなってしまって…)

(…次の、実験…!?)
…っああッ!!ぷあッ…ぐ、んぐっ…くう、うッ…くうう…ん…ごくっ…んぐ…ごくん…はあ、あッ…
(出されてる…っ、エッチな液、いっぱいお口に出されて…っ)
(…っそんなにおちんちん、おくまで突き入れたまま…っ、出されたら)
(ぜんぶ飲まされちゃうっ…ぜんぶ飲んでるのっ…精液、ねとねとの…白い液…)
んくっ…ごく…あくっ…んは…くうううっ…

…っあ、はあっ…やあ、あ…塗り込んじゃダメえ…精液なんか、ビキニの上から
塗り込んだらあ…っ(着るたびにえっちな気持ちになっちゃうよお…っ)
(魔力の…源って…もしかしたら…)
(エメラルドに意識を集中すると、今度は他応えがあって)
(いけるかもっ…て、えっ!?)(ずくん!と体の奥底でなにかが脈打って)
っ、はあああッ…なに、これっ…体、カラダが…っ

いやあっ…いま触っちゃだめえっ…
(ビキニの下半身のほうに手を差し込まれ…さっきよりはるかに強い快感にけいれんしちゃうっ)
ひあっ、だ…めっ…やだ、やだあああっ…!(のけぞっちゃうっ…!)

【遅れすでごめんなさい、でもそのぶんすごく…たのしんでます、いっぱい声、聞かれちゃうかもっ】

581 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/08(日) 02:18:38 ID:IzS7WEJI
【ああっ、ごめんなさい…エリスが遅レス娘だからっ…】
【はい、凍結お願いします…つづき、すごく続けたいです】
【つぎのよていなど、またでんごんでおねがいします、エリスも伝言いたしますので…】

582 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/08(日) 02:20:27 ID:zdmix+CH
【いえ、こちらも遅いですし、楽しませてもらってますから大丈夫ですよ】【こちらは明日(日曜)、夜10時以降なら大丈夫です】
【できるだけエリスさんの都合がつく日時に合わせますので。後で伝言確認しますね】

【それではお休みなさい…】

583 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/08(日) 02:26:01 ID:IzS7WEJI
【はいっ、ありがとうございます…たぶん明日10時、大丈夫だと思いますっ…】
【ディードさんに、「実験」されちゃうのすごく…楽しいです…////;】
【明日もし、ダメそうなら伝言でお伝えします…どちらにしても、一度伝言入れておきますね】

【おやすみなさい、ディードさんっ…ちゅっ♪】

584 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/08(日) 02:26:37 ID:IzS7WEJI
【スレをお返しいたします】

585 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/10(火) 22:49:33 ID:OxSqcHTO
【ちょっと早いかな…ディードさんとのロール再開につかわせていただきますっ♪】
【お待ちしてまーす♪】

586 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/10(火) 22:59:27 ID:xUR/pMVW
【エリスさんとのロール解凍にお借りします】

ほう、今触っては駄目なのかい?それなら、後で触らせてくれるのかな?
(もう片手の爪も伸ばして乳首と秘所を、チクチクと焦らすように断続的に刺激を与え続けて)
見てごらん。私の爪が、硬くなったエリスのおっぱいの先っちょに刺さっちゃいそうだ…
エリスのこっちは、なんだか塗れて来ちゃったねぇ…
こんなに敏感になって、何かを欲しがっているみたいだよ。
赤ん坊のおちんちんを見て興奮するなんて、いけない騎士様だなあ…

今のエリスの姿、仲間の人に見られたらどう思われるだろうね?
きっと悲しむね…魔物に陵辱されて殺されるくらいなら、
自分達が犯し尽くせばよかったって…
(おもむろに乳房を鷲づかみ、潰れそうなくらいの力で握り、捏ね回して)
こんな風におっぱいをメチャクチャに弄んで…!
(ビキニの下に指を入れて、割れ目に沿わせてじゅくじゅくと愛液が溢れるくらい擦る)
この中に、何週間も溜めた臭くて熱い精液をたっぷりと流し込んでやればよかったと…!
どうだいエリス。想像してごらん?
魔物に陵辱され尽くすのと、仲間達に犯され続けるの…どちらがいいかな?

…それとも、やっぱり淫魔から得た魔力で力を使ってみるかい?
魔力をめぐらせたら、それはもう大変なことになると思うけど。
身体の中まで淫魔の精液でいっぱいになるような感覚に耐えられるかな?

どこまで聖騎士様が私特製の淫魔の魔力に抵抗できるか、見物だね…

587 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/10(火) 23:03:43 ID:xUR/pMVW
【携帯だと、やはり時間が掛かりすぎてしまいます…】
【後日に改めてお願いできるでしょうか?何度もすいません…】

588 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/10(火) 23:23:40 ID:OxSqcHTO
【お待ちしてましたっ…///】

…っあ…っ!そ、そういう意味じゃ…っ
はっくううっ…(つっ、爪がああっ、ちく、ちくってええっ…)
(びんかんなところ、そんなふうにっ…虐められたら…っ)
やっ、やめなさいっ…!いっ、いいかげんにしないとっ…あくっ!く!くうう!!
いやっ、ダメダメだめえ…!!
(爪でエリスの大事なところひっかいちゃいやあああっ…)
(あたっ、てるっ…爪が…エッチなところ引っかいてるよお…っ)
やああッ…くあ、あっ…ふ…ッ、く、くっ…
(こっ、これ以上エッチな声、出しちゃだめだ…歯止めが効かなくなっちゃううっ…)

(歯を食いしばって、眉を寄せて…エッチな快感に必死で耐えるけど…)

こ、興奮なんか、してないっ…ああしないと、声が…淫魔の声がやまないからっ…
そうだ…仲間!今に見てなさい、聖騎士団がここに来たら…
ううん、必ず来るよ…!エリスがどこにいたって、呪力の波動で場所がわかるんだから!
…っ!あああっ…く、くううっ…(いきなり胸をつかまれた衝撃を押し殺して…)
や…っ!そっちはダメ、だって…ッ
(はうッ…さっ、さっきより強く引っかいてる…っ こっ、声でちやううっ…)
あくッ…はく…うッ!
(だめ、だめえっ、気持ちよくなんかないっ…!)

ふざけた…ことっ、聞かないでっ…あく、うっ…(ぴくんっ!)
聖騎士団はそんな、いいかげんな人間は…っ あくうううッ!
(話しかけながら…っ、かき、まわすなああッ…くうう、っ…)

(魔力…そうだ、魔力!やってみるしかない…今は!)

【発動、させちゃいます…羽もいたぶってほしいので出してもいいですか?】


589 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/10(火) 23:25:39 ID:OxSqcHTO
【あっ…ごめんなさい、夢中でレスしてて見落としてました…】
【はい、それでもかまいませんよっ?】
【規制解除までようすを見るということですね?】

590 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/10(火) 23:32:45 ID:xUR/pMVW
【はい。そのような感じになります。何時になるか分からないので心苦しいですが…】
【長くなりそうでしたら、別の方とロールなさっても良いですよ。】
【解除後、その方とのロールが終わった後に続きをして頂けたら…】

591 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/10(火) 23:37:53 ID:OxSqcHTO
【了解いたしましたあ…とにかくしばらくは様子見いたしましょう!】
【規制の状況は伝言でお知らせお願いしますっ】
【では、とりあえず今日はこのへんで…おやすみなさい、ディード様♪ ちゅっ♪】

592 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/10(火) 23:46:03 ID:OxSqcHTO
【またわすれちゃうトコでしたっ】
【スレをお返し致します】

593 :名無しさん@ピンキー:2009/03/18(水) 16:51:18 ID:hL6vrOWG
最近寂しいね

594 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/20(金) 22:37:42 ID:SWnLx4GD
【また規制……orz】
【携帯からですいませんが先にレスを書いておきますね】

595 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/20(金) 23:41:14 ID:SWnLx4GD
【エリスさんとのロールに使わせていただきます】
【一時間の遅れ、了解しました】
そう…魔力を開放してみるかい?それも面白そうだ…やってご覧よ。
(手を止めて、エリスに顔を近づけ微笑みかける)
さんざんおっぱいとお口を犯されて、淫魔の精液を体中に浴びたエリスが、
どんな力を見せてくれるのか、私も楽しみだよ…
さあて、おっぱいがビキニからこぼれて、股間もびしょびしょな聖騎士様は、どうするのかな?

(エリスが力を解放するのを観察して…)
ほう、それが君の力か…。純白の翼…すごく綺麗だ…
(エリスの変化に呼応して、拘束具が破壊されるが…)

私も魔族の端くれだからね…こんな天使のような姿を見せられたら、
嗜虐心がそそられてしまう…!すごく、汚しがいがあるよ…!
(太く、ぬるぬるした触手が何本もディードの下半身から伸びてきて…)
(再びエリスの手足を台座に縛り付けた)

エリスの神聖な力が私の力に触れて、どんどんいやらしく染まっていくのを、
その呪力の変化で仲間達に知られてしまう…うん、それは良い。
楽しみが増えたよ…たっぷりと実験して、遊んであげるね。

596 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/21(土) 00:02:10 ID:NOG+VEgH
【ディード様おそくなってごめんなさいっ…;】
【あれれ…また規制ですか;エリスはゆっくりでもかまいませんけど…とりあえず始めますね♪】

597 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/21(土) 00:23:33 ID:NOG+VEgH
主よ、全能なる神よ…ひとときのあいだ、天の使者たる力をあなたの使徒にお与えくださいっ…!
(胸元のエメラルドの輝きとともに、最初は透明な白い羽が開き、次第に実体になって…)
やった…っ!……?……
(いちかばちか、呪力を開放して…ちゃんといつも通り、白い羽が開放されたのを見て安心するけれど)
(羽のまとう輝きの色が…いつもと少し、違うような…)
(よく確かめようとする前に、輝きはいつも通り白い光になっていく…)
(大丈夫…!いつもと変わらないもん…!)
そらっ…!こんな、魔物の作った拘束具なんかっ…ええい!♪
(吹き飛ぶ拘束具を見て自信を取り戻して)

うふふっ…綺麗でしょ?天使様達の羽とおなじだもん♪
ほんの一時だけ、エリスに天使様たちの力を分けてもらってるんだよっ…
あなたたち、魔物の苦手な聖なる光、だよっ…!!
(手を振りかざすと、剣のような形の光が手の先に伸びて)
覚悟しなさいっ…!

(いきおいよく決めたつもりが、ディードの伸ばしてきた触手に聖なる光?が通じないのを見てあわてる)
(それどころか、光に守られているはずの身体を触手に直接弄ばれ、縛り付けられて)
きゃ…っ!な、なんで…光…聖なる力が…通じない?
そんな、こと…っ…させないっ…!神聖力を汚すなんて…っ
魔物にそんなこと、出来るわけないよ…ッ!
(白い羽までもぬるぬると締め付けて来る触手の感触に身悶えて…)
(汚させないと言い切ったけれども、力の通じない触手に押さえ込まれて、こめかみに冷たい汗が伝うのは押さえられない…)




598 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/21(土) 00:46:50 ID:oOsN07zK
ふふ、そうか…天使に力を分けてもらった、か…
だがね、今のそれは天使とエリスと…淫魔の魔力が混ざり合ってできた羽だ…
綺麗なようで、とても穢れやすい…だから私でも難なく触る事ができる。
(触手はギリギリと拘束する力を強めて、手で優しく愛でるように翼を撫で)
そして、さぞかしエッチな刺激に弱いんだろうね。

(翼に口をつけ、舌でぺろりと表面を舐めると…力任せに一枚の羽を引き抜く)
これは、鳥の羽のようで…少し違うな。なるほど、天使の羽だ…
ああ、痛かったかい?ごめんね、エリスの翼があまりにも綺麗だから…
しかし元々はなかったものだ。どんなに痛めつけても、
元の姿に戻れば無くなる…ならば、手荒に扱ってもいいだろう?
(引き抜いた羽で、エリスの乳首をくすぐるように撫でる)

新たな実験材料が出来て私も嬉しいわけだが…
私の触手で、その綺麗な翼をしゃぶり尽くすのも悪くないな…
そうだね、まずは翼をたっぷりと汚してあげよう…私の色にね…
(ディードの股間から、新たな触手が何本も現れる)
(先端に穴が開き牙がついたものや、男性器を模したような形のものに大別され)
(いずれもエリスの両翼に伸び、男性器らしき触手の先端から漏れた粘液を擦り付け)
(牙つきの触手が翼の表面を荒々しく歯を立てて蹂躙していく…)

599 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/21(土) 01:08:22 ID:NOG+VEgH
くううっ…はな、せええっ…
(締め上げられながら身悶えて、身体をのけぞらせて…)
(淫魔の…魔力が混じって…そうか…だから…こいつの触手にも力が通じなくて…しまった…)
ひあッ…!?(羽を触られただけで、ぞくぞくと背筋を何かがかけのぼって…)
(や…だめ…いつもと、感覚が、違…ッ)
…痛うっ…!!な、何をするのよッ…元々無いからって、今は私の…一部なんだから…っ
あく…うッ(乳首をくすぐられ…こんどは、苦痛ではないものにのけぞらされて…)

イヤッ…嫌あああっ…だめ、汚しちゃだめええっ…
(白い羽にぬるぬると触手がまといついて…締め上げてくるのを感じ)
なん、でっ…こんなに…エッチな気持ちに…ッ、く、ああああッ!
(粘液に濡れていく翼の感触に、犯されてはいけない部分を汚されていく被虐感を少なからず感じて…)
(男の人の……みたいな触手が粘液を翼に塗りつけてくるっ…や、…やああ…)

ゆ、許さないからあっ……そんなことしたら、絶対…っ! あ!だっ、だめえ!…ッ!!
(噛みつかれて、翼を痛めつけられる感触…強い被虐の快感に、ぶるぶる肩が震えちゃうっ…)

(…騎士団のみんなにも、私が居る場所も、状態も伝わってるはず…っ!早く…来てッ…)
(仲間達への助けを求めるような波動を送ろうとしてしまうけれど)
(…!このままエッチなことされ続けてたら…恥ずかしい目に合わされてるのも…伝わっちゃうかも…しれないんだ)
(思わず顔が真っ赤に上気して…仲間への、救助を求める波動をあわてて押さえ込んで)

【ディード様の魔力で無理やりエリスの呪力を仲間に中継して…公開凌辱、なんてのもいいかなあ…//////;】
【どんなことされてるか、知られたくない頭の中の言葉まで伝わっちゃう、とか…エッチいでしょ?】
【…っとごめんなさい、あくまでもエリスの妄想です…えへ////】

600 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/21(土) 01:12:33 ID:NOG+VEgH
【ディード様のエリスの翼へのいたぶり…とっても効いてます…っ】
【まだ直接、体を凌辱されてるわけでもないのに…興奮してレス遅くなっちゃっいます♪】

601 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/21(土) 01:33:53 ID:oOsN07zK
可愛い泣き声だ…天使も犯される時は、エリスのような声をだしてくれるのかな?
(硬くなったペニス状の触手は、先端から白い液を滲ませて翼に擦り付けると)
(二人の魔力が反応して、焼けるような痛みを与えて)
(牙の生えた触手は羽を一枚ずつ啄ばみ、ゆっくりと咀嚼を始める)
(そうして身体を食べられるような痛みを、エリスに与えて…)

駄目だよ、力を弱めたら…ごちそうの翼が消えてしまうじゃないか
(触手に襲わせたまま、エリスの顔に近づいて…)
今エリスがどんな目に遭っているか、仲間に教えてあげなきゃ。
君の力を、もっと淫らな色に染めてあげるよ…
(強引にエリスの口を開かせて、口移しで唾液…魔力の塊を与える)
(唇を啄ばみ、舌を絡ませ、エリスの唾液を飲み込んで…再び自分の唾液を流し込み)
んちゅっ…エリス、今どんな気分か、その呪力が教えてくれるよ…
今考えていること、きっと今飲んだ魔力があふれ出てで、仲間にも伝わってるね…
(翼を苛めていた触手が数本、乳房をぎゅぅっと絞り、乳首をグリグリと擦りはじめ)
仲間達に教えてあげなよ…エリスは魔物に犯されて悦んでいるってさ…
ちゅぅ…私とキスして…翼をめちゃくちゃにされて…おっぱいを絞られてる気持ち…
私は、声だけで気持ち良いって分かるけどねぇ…

【それ、いいですね。感じているコトを全てぶちまけてしまってください】
【今エリスさんを他の人に渡す気は全くありませんが】
【身体の隅々まで嘗め尽くして、もっとおっぱいを味わって、ぶちこみたい】

602 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/21(土) 02:02:43 ID:NOG+VEgH
て、天使様は…お前なんかよりもっと、ずっと強いもん…!魔物なんかに犯されるわけっ…
…っく、ううううっ…あ、ああ、あッ!!やっ…やめ…っ
(口を閉ざさせるようにいじわるく締めつけられて)

ひあ、あ…っ そ、そんなの…塗っちゃやあ…ぬるぬる、だめ、えっ…!!
(そん、なっ…おちんちんみたいな触手で、エッチな液擦りつけちゃだめえっ…)
(ぬるぬるの液が…し、染み込んでくる…汚されてる…焼けついちゃうううッ…)

ああ、あッ!ひああ…うう、んっ!
(…!!かじってる…エリスの、羽根を…触手が、食べちゃう…エリス、食いちぎられちゃうっ…)
(食い殺される弱い動物みたいにいじめられる感じが…背筋をぞくぞくさせて、手足をけいれんさせちゃう)
食べちゃだめえ…天使様の羽根…ちぎっちゃだめ、ええ…はああッ…く、ああ!

…ッ?や…っ…んぐ…う…ちゅ………ごくっ…ん、んっ…く、ううっ…
(やっ、やだやだ…っ そんな、やらしいキスするなああッ…はう、うッ)
…?…!?魔、魔力が…?(急に強くなった呪力…無理やり押し上げられた力を抑えられなくて)
(みんなの姿が見える…それに、心の中まで…)
(私の心も、伝わっちゃう…?)
(…いや…っ………今、知られたくない…魔物に虐められて、気持ちよく…なっちゃってるなんて)
(気持ちよくなりたくなんか無い…でも…っ、体が、ひとりでに…っ…)

やめ、…っ!やめ、て…伝えたくない…エッチな事されてるなんて、知られたくない…っ
…っああ!く、うううっ…!
(エリス、犯されちゃうの…虐められて、汚されてるの……嫌、嫌あ…伝えちゃだめえっ…)
(見られるかもしれないって思うと…体ががくがくするぐらい、エッチな気持ちになっちゃうっ…)
(おっぱい、締め付けられてるっ…エッチな液、たくさん、塗られちゃってるう…っ)

【う…ごめんなさいいい…遅くなりすぎちゃうっ…】


603 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/21(土) 02:18:37 ID:NOG+VEgH
【ありがとうございますう…「見られちゃう」って女の子的には興奮するんですけど、(エリスだけかな…;)】
【「感じてることぜんぶ知られながら」って発展形ですよね♪】

【ディード様、エリスの悪いくせでの興奮すればするほどおそくなっちゃいます…】
【でももっと、虐めてほしいです、ディードさまの思ってる通り嘗め尽くしていたぶりながら犯してください、】

604 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/03/21(土) 02:26:32 ID:oOsN07zK
どうして見られたくないのかな?聖騎士の仲間達は真面目なんだろう?
きっと犯されているエリスを助けようと、憤りを感じているだろう。
それともエッチなエリスの頭の中を覗いて、犯したくなっちゃうのかな?
こんなに気持ちよさそうなエリスを見たら、そうなっても仕方がないよね。
それが人間の、雄の本性だ…ほら、口を開けて。エリスの本当の姿を知ってもらおうよ…
(唾液に塗れた己の口でエリスの舌をしゃぶり、彼女の呪力を高めつつ)
(触手は翼を荒々しく喰らい、白い液で熱をもった部分は変色していく)
(胸を絞っていた触手の先端が大きく開き、乳首を食んで吸いつき始める)

ぷふぅっ…エリスのおくち、とても美味しいね…
この羽も、エリスの魔力が混じっていてすごく美味だ…
でも触手の白濁液に塗れたところは薄汚れてきたねぇ…食べ跡も汚い…
見てご覧、今の自分の翼を…このまま堕天使のような姿にしてあげるよ…
そして仲間達に教えてあげなきゃね…私はエッチな天使だって…
さて、いつまで翼が保つかな…?

【そろそろ限界です…凍結できますか?】
【次に出来る日はわからないので、また伝言でお願いしたいで
すが】
【長い時間拘束させてもらっているので、悪い気がして】

605 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/03/21(土) 02:34:17 ID:NOG+VEgH
【はい、了解ですっ!凍結しますっ】
【「エッチな堕天使」って言われてすっごく感じちゃったあ…ディード様の言葉責めすごくいいです…】
【次のときも思いっきり汚してくださいね♪】

【とっても楽しませて頂いてるので、エリスはちゃんとディード様とのロールを続けたいです!】
【伝言了解です…待ってますね♪】
【今日もありがとうございましたあ…そしていつも遅レスですみませんっ;】
【ディード様おやすみなさい… えっちな触手の先に、ちゅっ…♪】

606 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 12:08:01 ID:z6hCdw6H
【久々に待機、プロフは>>484

607 :名無しさん@ピンキー:2009/03/27(金) 13:03:30 ID:thnrCw2P
【お相手宜しいですかー?】

608 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 13:05:03 ID:z6hCdw6H
>>607
【いいですよー、どんなシチュが良いでしょうか】

609 :名無しさん@ピンキー:2009/03/27(金) 13:10:30 ID:thnrCw2P
【そーですねぃ…】
【こっちがダンジョン攻略中にトラブルに遭い、逃げ惑ってる最中にばったり…というのは如何でしょう】
【…人狼♂で行きたいのですが、大丈夫ですか?】

610 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 13:12:25 ID:z6hCdw6H
【はい、NGに書いてあるグロや搾乳などが無ければ全然大丈夫ですよ】
【できれば書き出しをお願いできますか?】

611 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 13:20:15 ID:thnrCw2P
【了解、識別&雰囲気出しの為に名前出しときます】


ハァッ…ハァッ…っ畜生、いい加減しつこいっ…
(暗いダンジョンの中、一人の人狼が灯りも無しに爆走する)
(大小様々な傷が刻まれた身体を必死に動かし、後ろから追いかけてくる大量の足音から逃れようとして)

612 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 13:22:25 ID:z6hCdw6H
【それではよろしくお願いします】

(目の前の通路、そこに扉があり中からは明らかに人の気配がある)
(暗いダンジョンの中では異質だが、逃げ込むにはちょうどいいだろう)

613 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 13:30:00 ID:thnrCw2P
【宜しくお願い致しますっ】

…背に腹は、ってか?
ええい南無三!
(幽かな灯りを頼りに扉を開け、滑り込むように身を潜らせる)
(そのまま扉にもたれかかり、灰銀色の毛に覆われた身体が肩で息をする)

(扉の後ろを、何体分もの足音が通り過ぎて)

何とか、巻いた…か。

614 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 13:33:24 ID:z6hCdw6H
(扉の中は複数のカプセルがあり、何か不気味なものが浮いている)
(その異質な空間の中に洒落たテーブルと椅子があるのが尚不気味だ)

…あれ? お客さんなんて珍しいね? お父様に用事かな?

(異質な空間の、カプセルの陰から場違いな程に可愛らしい桃色の髪の少女が現れ)
(不思議そうにグスタフを見下ろしながらそう言った)

615 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 13:39:16 ID:thnrCw2P
ふぅっ…はーっ…
ンだ、こりゃ…また訳判んね…?

(明らかに場違いな代物が立ち並ぶ部屋を見渡し、怪訝な表情を浮かべ)

ぁー、何だ。その、アレだ。
嬢ちゃん、知らない人に不用意に話し掛けちゃいけないって親父さんに教わらなかったか?

(更に場違いな少女の姿を眺め、とりあえずボケ倒してみる)

616 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 13:41:14 ID:z6hCdw6H
(カプセルや機材などがあることから、町などで有名なダンジョンの奥に住み)
(ホムンクルスや人間を研究している魔物の爺の住処だろうか)

…んー? お父様は特にそういうことは教えてくれなかったよ?
むしろ知らない人が居たら積極的に話し掛けてみなさいっていってたよ?

(ふわふわとした髪を揺らしながらグスタフに近づいてくる)

617 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 13:46:55 ID:thnrCw2P
…取り敢えず、その教育方針に色々ツッコミたい所だが。

(街中で噂話程度には聞いていたが、まさかここまで予想外な代物とは思ってもおらず)

って、ちょっと待て嬢ちゃん。先ずはそこでストップ。
…嬢ちゃんは、いきなり襲いかかっては来ないよな?

(散々追いかけ回されたモンスターを思い返して)
(ラミア、ワーキャット、アラクネ…レベルは違えど誰もが女性型モンスターだった筈)

618 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 13:50:45 ID:z6hCdw6H


(不思議そうに可愛らしく首をかしげる、少女も魔物爺の作品なのだろうか)

ほえ?
やだな、お兄さん私そんなことしないよ?

(敵意や害意といったものを一切感じさせずにその場で立ち止まる)
(攻撃してくる意思は無いようだが)

619 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 14:01:25 ID:thnrCw2P
…一応、信用しとくぞ?
ったく、何でこんな目に…急に目の色変えて襲い掛かってくるんだもんなー。一種のホラーだな、ありゃ。

(被造物特有の、「完成された美」を少女の仕草に感じて)

あー痛ぇ…ホント何なんだ一体。

(人狼特有の再生能力が働き出したのか、傷口が次々と塞がっていく)
(しかし、傷口が塞がる度に不可視の匂いが少女の鼻を突く…身体を疼かせるような匂いが)


【ぶっちゃけるとフェロモンですw】
【…もうすぐ春ですね】

620 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 14:04:16 ID:z6hCdw6H
ふふ、それに私じゃお兄さんに適わないと思うよ?

(可愛らしい微笑みを浮かべてグスタフの隣に座る)

大丈夫? お薬とかもってきてあげようか? ……ん……

(隣に座って傷口がふさがって行くのを見ながらそういう)
(体を疼かせる不思議な匂いにぴく、と反応するも、性知識が無い為どうすればいいとかはわからないらしい)

【エロいですね】
【…そうですね、桜が見たいです】

621 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 14:12:27 ID:thnrCw2P
遺憾ながら、「見た目で判断はするな」ってのを嫌ってぐらい味わってるんでね。
…あと、グスタフ、な。俺の名前。

(隣に無防備に座る少女の姿に少し魅入り)

薬よか、食い物かなー…コレやると腹が減ってね。
…どした?
(新陳代謝を加速させれば、その分だけ余計にカロリーを消費する訳で)
(身を捩らせる少女に手を添え…暖かく堅い肉球が頬に触れ、匂いが更に強くなる)


【春だけに発情期突入DEATH】

622 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 14:15:11 ID:z6hCdw6H
へー……?
ん、わかったよグスタフおにーさん?

(胸は小さく殆ど無いが、整った顔立ちと少女特有の甘い香りがする)

ごはんー? んー、グスタフお兄さんが食べられるものあったかなー?
……んー、なんだか体が熱い、のかな…? あっ…
(頬に肉球が触れてぴくん、と体を震わせる、妙に感度が良いようだ)

【流石ケダモノですね】

623 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 14:24:07 ID:thnrCw2P
…なぁ、嬢ちゃん?
その、何だ…こういう雰囲気とか、気分とか…そういうのになった事、あるか?

(少女の反応に、ある「嫌な予感」が頭をよぎる)
(まだ早い筈…そう思いつつも、一応確認をしてみる)

…嫌なら、拒絶していいぞ?

(獣毛に覆われた指を、爪を引っ込めて少女の口に添える)
(魅惑的な匂いが、少しずつ互いの理性を擦り下ろしていく)

【今の俺には誉め言葉だッッ】

624 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 14:26:55 ID:z6hCdw6H
ん…お父様と、夜とかに一緒にいるときなるよ…?
それで、一緒にベッドに寝たり……

(恐らく予想通り、魔物の爺に好きな様にされているのだろう)

あっ……グスタフお兄さんもお父様と同じで、気持ちよくしてくれるの…?

(成されるがままに口に添えられ、匂いに誘われて頬を上気させていく)

【流石ですね】

625 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 14:35:28 ID:thnrCw2P
…左様か。
どうやら、俺の方で発情期に入っちまったみたいだな、コレは…

(暦から考えれば、早過ぎる「恒例のイベント」)
(取り敢えず少女と爺さんの情事の件は意図的に聞き流して)

あー、気持ち良くはしてやれるが…一つ、聞かせてくれ。
嬢ちゃんの名前、教えてくれないか?

(人狼の手が、少女の頬を撫でる)
(心地良い獣毛の感触が頬を滑り、発情香が染み込んでいく)

【ケダモノですからー】

626 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 14:38:30 ID:z6hCdw6H
発情期…?
よくわからないかな…?

(発情期という言葉自体を知らないようで、また小首を傾げる)

名前…? 私の名前はナナ、七番目って意味らしいよー…?
あ、っふ……

(心地よい感触に面白いぐらいに体を反応させる)
(下着を着けていないのか、服の下から小さな突起が硬くなっているのがわかる)

【狼ですものね】

627 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 14:47:40 ID:thnrCw2P
…知らんのかい。
えーとだな、要するに…「こういう事をしたくて仕方が無くなる時期」って奴だ。

(片手を少女の服の中に潜り込ませ、薄く膨らんだ胸を撫でてみる)

ナナ、ね…豪直球なネーミングセンスだな。
ま、分かりやすいから良いか…な、ナナ?

(小さな突起を肉球の腹でこね回し、ナナの反応を見てみる)

【狼は情に篤いんじゃよ?】

628 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 14:49:07 ID:z6hCdw6H
へぇ、そうなんだぁ……?
あっ、ふ……

(胸を撫でられて敏感に反応し、見た目の年齢とは裏腹に甘い声を漏らす)

ふふ、私も気にいってるんだよ…?
…っ、あ……!

(びくんっ、と早速背を仰け反らせて体を小さく痙攣させる)

【でも襲うんですね】

629 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 14:56:58 ID:thnrCw2P
敏感だな…あまり、こういう事はされてないのか?

(ナナの胸や腹をさわさわと撫で、未成熟気味の身体を徐々に火照らせていく)
(両脇の下に手を通し、軽々と持ち上げ…自身の股の間に持ってくる)

向かい合った方が…気分、出るだろ?

(言って、ナナの唇を塞ぐ)
(獣の舌がナナの口内を舐め回し、唾液を混ぜ合わせて)

【ええ、ケダモノですから】

630 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 14:59:07 ID:z6hCdw6H
ん…されてる、けど…
お父様が言うには、そういう風に造ったんだって…?

(触られる度に敏感に嬌声を漏らしていく)
(股の間に座らせた事で、既に秘所がしっとりと濡れているのがわかっただろう)

あ……ん、っ、ふ……

(成されるがままに嘗め回されながら、本能か仕込まれたのか、グスタフの股間にたおやかな手を伸ばす)

【男はみんな狼ですね】

631 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 15:09:22 ID:thnrCw2P
…ぷはっ…酔狂と言うか、何と言うか…
まぁ、可愛らしい声が聞けるだけ良しとするか。

(ナナの味を堪能し、唾液の糸橋を引きながら口を離して)

ははっ…俺も、随分と溜まってたみたいだな。
ナナ、好きにしていいぜ?

(申し訳程度に履いたハーフパンツには既にテントが張られ、雄の匂いが立ちこめていた)
(合わせてナナの貫頭衣を脱がし、瑞々しい肢体を晒させる)

【食べるからには満足させますよ?】

632 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 15:12:22 ID:z6hCdw6H
ふふ、私、可愛いのかな……?

(荒々しいキスだけで既に体も心も両方昂ぶっているようで)

ん……グスタフお兄さんの……ちゅ

(脱がされながらグスタフのハーフパンツを脱がし、それを細い指で包み扱いて行く)
(見た目以上に上手く、すぐにグスタフの弱い所を見つけて擦って行く)

ふふ……いいにおい……

(グスタフから一度離れて四つん這いになり、露になった肉棒に舌を這わせる)
(その姿は先程までの可愛らしい少女のものではなく、貪欲に性を貪る雌のものにみえる)

633 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 15:18:38 ID:thnrCw2P
ああ、可愛いさ…いい女だよ、ナナは。

(優しく肉棒を扱くナナの頭を撫でて)

ふぅっ…ん、上手いな、ナナ…ぅおっ。

(年端も行かぬ少女が、娼婦顔負けの舌技を披露する様に思わず呻いて)
(されっぱなしなのも性に合わず、手を伸ばして小さな乳首を弄ってみる)

634 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 15:20:55 ID:z6hCdw6H
ふふ、お父様にもほめられるんだよ…?

(肉棒をなめながら細い指で扱いていく)

ふふ……グスタフお兄さん、気持ちいいかな…?
ぁ、っ……や……ちゅっ

(厭らしく裏筋やカリの部分に舌を這わせながらそう聞く)
(乳首を弄られ嬌声を上げた直後に、グスタフの肉棒を口全体でできるかぎり銜え込む)

635 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 15:28:50 ID:thnrCw2P
くぁっ…っふぅ…ふーっ…
ナナ…そろそろ、いいか…?

(ナナの淫らな舌が触れる度、肉棒から先走り汁が漏れていく)

それとも…口に欲しいか?
こう言うと何だが、何発でも行けるぞ?

(肉棒を頬張ったナナの顔に手を添えて)
(肉棒は既にガチガチに固まり、事在る毎に跳ね上がる)

636 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 15:30:11 ID:z6hCdw6H
(肉棒から口を離して、グスタフの前に立って自分で秘所を弄る)

……いいよ…?
グスタフお兄さんの好きにして…?

(愛撫などで感じていたそこは、既にとろとろと蜜があふれている)



637 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 15:38:14 ID:thnrCw2P
…ん、じゃあ好きにさせて貰うぜ?

(目の前で花開いたナナの秘唇に口を付け、溢れた蜜を啜って)
(腰を掴んで降ろさせ、ナナが上になる体勢で)

…ほら、良い声沢山聞かせてくれよ…っ!

(ナナの秘唇を、赤黒い剛直が貫いて)
(そのまま腰を跳ね上げ、ナナの身体を揺らしていく)

638 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 15:41:29 ID:z6hCdw6H
ん、ふぁっ……

(蜜を啜られて尚も甘い声を漏らす、その姿は完全に雌のものだ)

ん……は…ぁはぁっ…♪
グスタフおにいさんの、おっきぃよ……?

(剛直に貫かれて一際大きく甘い声を漏らし、突き上げられる度に嬌声を漏らす)
(自分からも腰を動かして、一層快感を得ようとしている)

639 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 15:49:10 ID:thnrCw2P
ん、そいつぁ、良かった…
ナナのも、気持ち、良いぜ…こんなに、小さいのに、なっ!

(自ら腰を振るナナに合わせ、腰を突き上げる)
(ナナの蜜が股間を濡らし、雄と雌の匂いが混じり合う淫靡な領域となって)

ぅおっ…ぃしょっとぉっ…!
…っくぅっ…!

(ナナの蜜壷を貫いたまま、勢い良く立ち上がって)
(小さな身体を腕で支え…ナナの膣内に一発目をぶちまける)

640 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 15:51:22 ID:z6hCdw6H
あはっ…グスタフお兄さんがきもちいなら……
私も、嬉しいな…?

(突き上げられる度に甘い声を出し、淫靡な匂いに体を反応させる)

あ…っ…はぁぁっ…♪ 
お兄さんの、凄く熱い、よ……?

(膣内に射精された精液の熱さに自分も背を仰け反らせて絶頂する)
(しかしどういう訳か体力に余裕があるようで、すぐにまた自分から動き始める)

641 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 15:57:44 ID:thnrCw2P
…案外、体力あるのな。
だったら…どっちかがギブアップするまで、なんてな?

(絶頂に至りながら、まだ元気に動くナナに一瞬呆気に取られ)
(「まあ、若いし」と妙な方向で納得し、駅弁の姿勢でナナを犯していく)

ほら、足を絡めて…んで手も掛けて。

(腰を揺らしながらナナの手足を身体に絡めさせ、不意に離れない…抜けないようにして)

642 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 16:00:04 ID:z6hCdw6H
ふふ…うん、頑張るよ……?

(持ち上げられ、足をグスタフに絡ませて首に手を絡ませる)

ぁ…っ、ふ…♪
グスタフおにいさん、もっと、強くしてほしいな…?

(抜けないようにされた状態でもっと激しく、と唇を重ねようとしながら強請る)

643 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 16:05:17 ID:thnrCw2P
元気だねぇ…そんなに、好きなのかい?

(もっと強くと強請られ、更に腰の振りを激しくして)
(肉棒も一段と大きくなり、ナナとの体格差もあってか容易く奥底まで届いて)

よっと…んむ、ぢゅうっ…

(ナナの身体を抱き寄せ、しがみ付かせるような姿勢になって)
(互いの匂いの付いた唇を重ね、唾液を交換して)

644 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 16:07:40 ID:z6hCdw6H
うんっ……気持ち良いのは、大好きだよ…?
あ、はぁぁぁっ…♪

(腰の振りが激しくなり、奥まで突かれてまた絶頂に達する)
(膣内は締め付けを強めて、精液を吐き出させようと)

ぁ…んーっ、んんんー…♪

(しがみつきながら唾液を交換し、絶頂した後なのにまた小さく腰を動かす)


645 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 16:13:33 ID:thnrCw2P
そうか…そりゃ良かった。好きならもっと、してやらなきゃな…!

(淫靡な笑顔で語るナナに思わず欲情し、子宮口を軽く叩いて)
(ナナの甘く激しい締め付けに逸物が音を上げ、一層濃くなった精液を膣内に吐き出す)

ふぅっ…んむっ…んくっ…

(一切萎えぬ逸物をナナの膣に納めたまま、部屋の真ん中に鎮座ましまするテーブルまで移動して)

646 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 16:15:26 ID:z6hCdw6H
うん、グスタフおにいさんのおっきいので、もっとして……?

(どくどくと注ぎ込まれる精液に甘く頭をとろかしながら)

んっ、あ、は……?

(歩く度に訪れる刺激を受け入れながらテーブルに移動するのを少し不思議がっている)

647 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 16:21:23 ID:z6hCdw6H
【すみません、少し用事ができて出かける事になってしまったので中断か破棄よろしいでしょうか】

648 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 16:22:54 ID:thnrCw2P
ふーっ…よいせっと…
ほら、激しいのが好きなんだろ?獣みたいに、犯してやろうか?

(立派な装飾の施されたテーブルにナナの身体を…上半身だけ降ろし、繋がったままうつ伏せにさせて)

顔が見れないのが残念だけど…深くまで、入るんだぜ?…っ!

(テーブルに身体を引っ掛け、お尻を突き出したような体勢のナナ)
(小さな桃尻を撫で、腰をしっかりと掴み…勢い良く、逸物を突き入れた)

649 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 16:25:55 ID:thnrCw2P
【あらま、それは仕方がない】
【平日昼間なら大抵お相手できますが、そちらは大丈夫でしょうか?】
【せっかくだから凍結…と言いたい所ですが】

650 :ナナ ◆AOxU8462mM :2009/03/27(金) 16:30:18 ID:z6hCdw6H
【ではできれば明日の一時頃にでも…】
【来れなかった廃棄にしてくれて結構です、申し訳ありません】

651 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 16:35:07 ID:thnrCw2P
【大丈夫…の筈です】
【状況判明次第、こちらで連絡させて頂きます】
【ひとまずお疲れ様でした、お気を付けて行ってらっしゃいませー】

652 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/27(金) 18:21:32 ID:thnrCw2P
【業務連絡ー】
【ナナさんへ、明日の確認が取れました…大丈夫です】
【1時前に待機してますので、レス付けの程宜しくお願い致します】

【業務連絡を終わります】

653 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/28(土) 12:59:59 ID:hCPlq+J5
【待機中】

654 :グスタフ ◆LqsHeACfbU :2009/03/28(土) 14:17:29 ID:hCPlq+J5
【来られないようなので待機解除】
【…状況の凍結や破棄はナナさんにお任せ致します】

655 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/04(土) 00:26:14 ID:gohnvGV9
【エリスさんへ。待ち合わせスレッドに伝言を残しておきました】

656 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 23:00:40 ID:DIXXXEn6
ダンジョン側の人間、って大丈夫?

657 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 23:07:36 ID:97oCnNM5
ダンジョン側の女モンスターとか?
大丈夫だと思うよ。

658 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 23:09:13 ID:DIXXXEn6
いいえ「ダンジョンの奥に潜む悪の(?)淫乱女魔術師」みたいなキャラをやってみたいな、と。

659 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 23:13:19 ID:YRy6EaVb
>>2のモンスターサイドのテンプレ使えばいいんじゃない?

660 :名無しさん@ピンキー:2009/04/07(火) 23:18:09 ID:97oCnNM5
そういうダンジョンを根城にする悪人も広義のモンスターってことでいいかなと思ってたw
(ウィザードリィなんかでは完全に人間なのにモンスターとして出てくるのがいるし)
大丈夫だと思いますよ。

661 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 22:20:33 ID:hc6nUyQD
【名前】 レレアーヌ
【種族/職業】エルフ/僧侶
【年齢】 人間換算で16
【容姿・サイズ】 163cm
【髪型】 銀色のロングヘアー
【服装】 緑色のローブを身に纏い、頭には赤い髪飾りをつけている。ローブの下の装備は薄い。
【希望シチュエーション】
スライム系、あるいは獣系のモンスターさんに襲って欲しいです。
【NGプレイ】 スカグロ
【備考】
辺境の村に生まれ、僧侶としての才能を開花させる。
病に侵された母親に薬を買うため、巨万の冨が眠ると言われるダンジョンに潜ったが、仲間たちとはぐれてしまった。
胸はやや控え目。

662 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 22:33:04 ID:RrXhWxbC
【良ければお相手願えますか?】

663 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 22:36:02 ID:hc6nUyQD
【はい、お願いします】
【早速ですが、シチュはどうしましょう】

664 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 22:38:51 ID:RrXhWxbC
【ありがとうございます】
【ご希望通りにスライムで襲おうかと】

665 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 22:39:59 ID:hc6nUyQD
【分かりました、有り難うございます】
【先に描写させて頂いてよろしいですか?】

666 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 22:43:55 ID:RrXhWxbC
【了解致しました、お願いしますね】

667 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 22:48:54 ID:hc6nUyQD
ああ……皆さん、どちらに行かれてしまったのでしょうか……
(暗くじめじめした道を、細身の少女が歩いている)
(無音の世界に地面を踏み締める音だけが反響する)
(独特の臭いに顔をしかめながらも、ランプを手に慎重に進む少女)
(とはいえ彼女は所詮は僧侶、モンスターに襲われればひとたまりもないだろう)



【駄文ですがよろしくお願い致します】

668 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 22:56:59 ID:RrXhWxbC
(女性が一人、湿った通路を進んで行くその先は、最近女性の失踪が多いと言われている場所で)
(段々と奥に進むにつれて水の音が響いていた)

(その様子を見た定形の無いぬめぬめとした魔物が一匹)
(物陰から女性に近づいて行っていた)
(どうやら女性の精気を糧とするタイプのようで、一部を伸ばし、相手の足を絡めとろうとしていた)

【此方こそ駄文ですがお願いします】

669 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 23:01:31 ID:hc6nUyQD
気味が悪いですね……
(あまりこのダンジョンについての深い知識は無く、そのような危険地帯にも簡単に入ってしまう)

……ひゃっ!?な、なんですか!
(突然足に感じたスライムのぬるりとした感覚)
(それに驚くあまりランプを取り落としてしまう)
(慌ててそれを取ろうとその場に屈む)

670 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 23:08:29 ID:RrXhWxbC
(突然の感覚に驚いたであろう相手がランプを落とし)
(それを拾おうと相手が屈んだ所の相手の両足を捕らえ)
(そのまま相手を強い力にて引きずりながらに)
(相手の脚を伝うように体を上らせていき、その内に大きな本体が相手の後ろより現れ)
(体をランプの微かな光にヌメヌメといやらしく輝かせていて)

671 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 23:16:37 ID:hc6nUyQD
ス……スライムっ!?は、離して下さい!
(必死に全身に力を込めて拘束を逃れようとするも)
(筋力は無いに近いのでいとも容易く引きずられて行く)(うつぶせの姿勢でもがいているが、焼け石に水だ)

672 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 23:22:05 ID:RrXhWxbC
(人間の言葉は理解出来るのだが、声帯がない為に言葉は発さず)
(筋力のある程度ある女性でも何人も犯して来た為に相手の抵抗など全く意味を成さず)
(相手の体をある程度近ずけた所にて相手の手を捕らえ持ち上げようとし)
(脚を伝って来たスライムは下着の上から刺激を始めて)

673 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 23:30:04 ID:hc6nUyQD
この……いい加減にして下さい!
(少女の細い体は簡単に持ち上がり)
(それと同時に小さな火の玉が指先からスライムの本体目掛けて飛ばされる)

きゃっ……ちょっと、どこ触ってるんですか!
(自分でも滅多に触らない場所をスライムに弄ばれ、露骨に嫌がる)

674 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 23:38:38 ID:RrXhWxbC
(体が持ち上がると共に浮かび上がる相手の言葉と飛ばされた火球を)
(体に受けると何かが軽く焦げるような音と共に煙が上がるが)
(その煙にはいやらしい臭いが孕み、媚薬の香りが辺りに現れて)

(浮かび上がった相手の体を体に引き寄せて)
(その場に固定すると秘所を刺激しながらにスライムのが手の形にのび)
(控え目な胸を揉みしだいていき)

675 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 23:44:42 ID:hc6nUyQD
な、何かしら、この臭い……
(始めは手応えを感じていた少女も媚薬の臭いに違和感を感じ)
(自分でも気付かないうちに少しずつ欲望に支配される)

こんな、の……いやあっ!離……して!離して……よっ!
(必死にもがき、脱出しようとするが)
(やがて媚薬の効果が現れたのか、乳首が硬く尖り、パンツもしっとりと濡れてきた。)

676 :名無しさん@ピンキー:2009/04/09(木) 23:52:18 ID:RrXhWxbC
(煙はある程度だけで止まるが相手の周りにある程度溢れ)
(肌と粘膜が触れ合う部位が増えると、肌越しに媚薬効果を与えていき)

(媚薬の効果に相手の体が少しづつであるが反応すると)
(下着を溶かし始めながらにも段々と直接刺激し始めながらに胸を揉みしだくうちに)
(相手の脳に直接ノイズを送り始めて)

677 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/09(木) 23:57:24 ID:hc6nUyQD
くううっ……!い、いやああっ!
(直接刺激されると甘く痺れるような感覚に体が支配され)
(言葉とは裏腹に体はだんだんと『何か』を求めるようになる)

な、何これ……
(謎のノイズ。慌てて耳を押さえる。)

678 :名無しさん@ピンキー:2009/04/10(金) 00:03:08 ID:C0JuRDmW
(相手の秘所を直接刺激する度に相手が甘美な感覚に支配されていれば)
(刺激は段々とその内部とその突起へと移行し)
(粘膜越しに媚薬を直接染み込ませていきながらにも相手の服の胸の部位を溶かしていき)

(段々とノイズは小さくなるがそれは耳を塞いだ為…ではなく)
(気持ちいいのだろう…と云う謎の声が聞こえやすくする為で)

679 :レレアーヌ ◆rzgVZFwQa. :2009/04/10(金) 00:30:21 ID:kkL1AEQk
嫌だ……嫌だあっ……
(体を伸ばし、助かろうとするも)
(やがて快感に飲まれて行く)
(いまでは服のほとんどがやぶられた。)

違……ひゃうんっ!
(敏感に反応した)

680 :レレアーヌ ◆XWll3qz18s :2009/04/10(金) 01:16:30 ID:kkL1AEQk
【すみません、私の書き込みが遅かったばかりに】
【今夜は眠いので落ちますね、ではでは。】

681 :アンリ・ファルデ ◆frb5nOqCg6 :2009/04/11(土) 01:25:37 ID:w8HOcyx6

【名前】 アンリ・ファルデ
【種族/職業】 獣人(黒猫)/フリーの冒険者
【性別/年齢】 女性/16
【容姿】 幼げな顔立ちに、猫を思わせるアイスブルーの大きなツリ眼。
      頭の横から大きな三角形の猫耳。腰からは黒猫の尻尾が生えている。
      しなやかな肢体に豊満な胸。
【サイズ】 身長:160cm  B:101(L)/W:57/H:83
【髪型】 膝まで届くストレートロングの黒髪
【服装】 黒の長袖ジャケット、さらしを巻いただけの胸、尻尾用の穴を開けたホットパンツ
【持ち物】 大振りのサバイバルナイフ・投げナイフ・他、回復薬数点
【希望シチュ】 異種姦を希望。トラップに掛かる、モンスターに敗北して強姦・輪姦される、等
【NG】 スカ・切断等の猟奇

【備考】 大きな猫耳が特徴的な、獣人の少女。元は性奴隷の身分の出身。
      獣人としての頑丈さを備える肢体は外見よりも遙かに丈夫で、それゆえに
      “壊れない肉便器”として徹底的な調教・開発を受けてきた過去を持つ。

      普段は淡々と振るまい他人と関わることを避けているが、精神の奥には
      過去の調教で植え付けられた激しい被虐願望を抱えている。
      開発され尽くした躰は快楽に敏感で、一度堕とされれば従順。
      自分を弄んだ貴族達への復讐のため、強い魔力を秘めるという
      秘宝を求めてダンジョンへ挑む。

【時間も遅いので、今回は投下だけを】
【何分経験が浅いので、応答が遅くなってしまうかもしれませんが】
【それでも宜しいという方が居られましたら、また後日に宜しく御願いします】

682 :名無しさん@ピンキー:2009/04/11(土) 20:24:13 ID:NeLQh9cD
誰かいない?

683 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/11(土) 21:56:46 ID:2JVR15DX
【少し早いですが、エリスさんを待たせていただきますね】

684 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/11(土) 21:59:19 ID:LlKsHaaF
【ディード様すみません、15分ほど待っていてください…;】

685 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/11(土) 22:02:37 ID:2JVR15DX
【分かりました。慌てなくてもいいですよ、夜は長いのですから…】

686 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/11(土) 22:17:49 ID:LlKsHaaF
【ディード様っ、遅れてごめんなさい今もどりましたあ…♪】
【今夜もよろしくおねがいしますっ♥】
【たっぷり責めてくださいね♪】

【今日のレスはエリスからですね、しばらくお待ちくださいっ…】

687 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/11(土) 22:37:17 ID:LlKsHaaF
こんな、姿っ…真面目な騎士のみんなに…よく知ってる仲間に、見られたいわけっ…ひ、ああっ!
(触手がっ…翼をかじってる…、白い羽がとびちってるっ…)
(かじったところにエッチなぬるぬるが塗りつけられてっ…嫌なのに、嫌なのにっ…しびれてきちゃうううっ…)

みんな、怒ってるに決まってる、わよっ…騎士の仲間がつかまって、ひどい目にッ…あってる、ん、だか…
ひあ、あくううううううっ!!
(触手が…、触手が…羽に突き刺さっちゃいそ、うっ、っ!!!くううっ、やああああ!!)
ん、?んぶっ…!!??んむっ…ちゅぶ、ちゅるる…っ
(や、あ…やだ、やだやだあ…魔物にキスなんかされてっ…舌、しゃぶられちゃっ…んむうう!)
(ぬるぬる、からみついて…っ…!??呪力…が…!?こんなにいたぶられてるのに、また強くなって…っ)

きゃ…あっ、くううううっ!だっ、ダメ、そんなぐじぐじ噛んじゃダメえ…っ!!
(胸…突き出して…背中、そりかえっちゃうっ…!!)

【ちょっとだけお願いしたいことがありましたっ…】
【羽、何本もの触手で突き刺して…羽の中に、…出して、ください…/////】
【あ、あと…もしおっぱい責めてくださるなら、胸のアミュレットのエメラルドも汚してください…弱点なんです♪】
【あ…お願いいっぱいになっちゃった…】

688 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/11(土) 23:06:07 ID:2JVR15DX
【すいません、もう少々お待ち下さい…】

689 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/11(土) 23:11:25 ID:LlKsHaaF
【はい、大丈夫ですっ♪】
【エリスもすっごいおそいですから…ていうかエリスの方こそごめんなさいいつも…;】
【ディード様がゆっくり書いてくれると実は安心しちゃってるんです…///プレッシャー少なくなって;】
【あ、でも…いつもは、わざと遅くしたりもしてくれてるのかなあ…だとしたら優しいですね…】

690 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/11(土) 23:26:46 ID:2JVR15DX
そうだね、酷い目に遭っている様子を見せてあげないと駄目だね…
酷い目に遭って、悦んでいるエリスのことを、たっぷりと…
乳首を噛まれてそんなに甘い声を出すなんて、エッチな堕天使だ…
(エリスの悲鳴が漏れるように口を離すと、耳元で囁きかける)

さて、汚くなった羽はどれくらい持つのかな…興味深い研究対象だよ
(魔力の羽を貪った影響か、触手の先端の牙がいっそう鋭くなり)
(男性器を模した触手は硬く変化し、更に何かを我慢するようにぶるぶる震え始めた)
ああ、綺麗なものを汚すのは良い…柄にもなく、興奮してきたよ…!
翼への責め苦はこれで最後にしようか…だが、耐えられるかな?
(幾本もの触手が一斉に牙を剥き、翼に穿った穴に)
(男性器型の触手がその身をくねらせ、ねじ込むようにグリグリと蠢く)
(やがて触手達は、エリスの翼に染み込むようたっぷりと白い液をドクドクと放ち…)

くぅっ…たっぷりと、出してしまったよ…翼に代わりはないかい?

【すいません…寝落ちそうになってしまって。もう大丈夫です】
【こんな理由でごめんなさいね】

691 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/11(土) 23:43:29 ID:LlKsHaaF
んっ…ぷ、ああっ…!
(口が開放されると同時に、胸を甘噛みされている刺激が押しよせてきちゃって)
いやっ、いやああ、…っくうううううーーーッ!!く、くう!うッ!!
(虐められながら耳元で囁かれると…ますます痙攣が強くなっちゃって…軽くいってしまいそうに)
ひく、う、うううう!ッ…ッ!!

あ、あ、っ…!だ、だめ、えっ!!
(つっ突き刺さってるッ…触手がエリスの羽の中にもぐってるう…)
いやいやっ…入ってきちゃ、そんな…ッ!!
(突き破られた穴から羽の中にずるずる、触手が入って…)
(あ、あッ!だめ…えっ いっぺんに、あっちこっちから突き刺しッ…!!)

くあ、あッ!…あ!ああ!やああ!!…ッくう!!
(取り囲んで翼をなぶる触手につぎつぎとつらぬかれて…体全体が弓なりに反り返ってけいれんして…)
…っ、…ッツ!!ねじ込んで、くるうっ…おちんちんの先が…っ、エリスの羽の中…っ!
…!!…ッあ!!あ!!!(突き刺さった触手にいっせいに翼の中に粘液を注入されて…!!)
…っああ!!ああああああッ!!(苦痛を上回る快楽を同時に注入されて…反り返ったからだが硬直しちゃうっ)

は、羽…エリスの…天使の、は、ね…(肩がふるえながら、ぼろぼろになってしまった羽もけいれんさせて)

【効いちゃった…すごく来ちゃいます…】
【…って、ディード様大丈夫ですか…?体調悪いなら…お疲れでしたら今日は無理しないで…】
【エリスはいつでもいいですよ…?】


692 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/12(日) 00:17:07 ID:kjX2ZQsk
あれほど輝いていた羽が、もう役には立たないそうだね…
きっと仲間達も、エリスが堕ちた姿を感じ取ってくれたよ…どう思っただろう?
(ぼろぼろにした羽を、愛おしそうに撫でて)

私も、エリスに分け与えた魔力を回復するために…もう少し、エリスのおっぱいと戯れようか
実験だけでは、この素晴らしいおっぱいに悪いからね
(乳首に噛み付いていた触手を離し、指で軽くつまんで引っ張り)
すっかり硬くなっているね、エリスの乳首…それに大きく膨らんでいる
羽を蹂躙され尽くしたというのに、身体の方はまだまだ元気なんだね
(指を離し、乳首を舌で転がすようにぺろぺろと舐めては、児戯のように乳房を捏ね回し始めて)
(乳房の根元から絞るように揉みしだき、乳首をちゅうっと吸い上げて)

素敵だね、エリスのおっぱいは…ずっとこうしてたいよ…
母乳は出ないが、いやらしい魔力が溢れているようだ…
私もまた、元気になってしまったよ
(先程、沢山の液を放った触手たちが、鎌首をもたげておっぱいの周りに集まって)
(とにかく乳を嬲ろうと、不規則な動きで乳房を縛り、ぐりぐりと弄り始めた)
いいよ、エリス…もっと鳴いて、君の仲間に素敵な乳房を見てもらおう…

【喜んでいただけて何よりです】
【いえ、今日を逃したらしばらく続きが難しいので】

【おっぱい責めの提案ですが、スライムを胸に掛けて、刺激を与えるというのはどうですか?】

693 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/12(日) 00:38:24 ID:6rBSL53M
あなた、がっ…壊し、ちゃったんで、しょっ…!(震えながらも抵抗する言葉を口にするけれど)
…っく、ひう、う…っ…(しゃくりあげるように、翼を犯されて達してしまった絶頂の余韻に身をふるわせて…)
つばさ…天使様からもらったエリスの羽…っ、エッチな白い液、いっぱい注射されちゃっ…ひああっ

(ディードになでられた翼は、ひときわ大きくけいれんすると、虐め殺されちゃったように…羽をちらして消える)
…っ…、あう、うっ…!
(同時にエリスは何かを受け入れたようにもだえ…眉をしかめて身をふるわせて)
(翼に放たれた魔物の体液が…分解されて、エリスの体の中に…っ…)

……っ…!…
(仲間に、羽を犯されて絶頂する姿を伝えられたと気付いて…頬を真っ赤に染めながら
ディードをにらみつけ)

さ、触らない、でっ…!!あ、あああッ!!
(羽を責められて…体のほうも敏感になっちゃってるのっ…おっぱいの先なんか、責められたらあッ…)
や、やああ、んっ…舐めちゃいやあ、あっ…うんっ…はあ、あんっ…
(触手とはちがった、ねちっこくてソフトな…ときどき、急に強くいたぶるような責めに…どんどん、声が甘くなって…)
(じぶんでも、すごくエッチな声が出ちゃってるのがわかってるのにいっ…とめられ、ない、よおっ…!)
あ、あ…ああ、んっ…触手、だめえ…集まってきちゃいやあ…



【はいっ…!ディード様さえ大丈夫なら、エリスはいっぱい責めて欲しいです…♪】
【すらいむ、おっけーです。粘液大好きっ…//////】


694 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/12(日) 00:50:07 ID:kjX2ZQsk
消えてしまったね、エリスの羽。…成程、細工を施せばこの程度の強度か
そういえば羽をなくして地に堕ちた天使は、心無い人間に蹂躙されるのだったか?
今の君にぴったりだよ、エリス…
(触手が絶え間なく乳房をもてあそび、乳首をこすりあげる中)
(絶望を与える言葉を囁き続けた)

さて…まだまだ遊び足りないが…
そうだ!いいものがあったんだ…待っていなさい
(部屋の片隅に触手が伸び、黄色いゲル状のものが入ったビーカーを掴んで戻ってくる)
(それをそのまま逆さにして、エリスの胸にぶちまけた)
研究途中のスライムなのだが…こいつもおっぱいが好きでね
ああ、身体を溶かすようなことはしない。ただ、いやらしく肌に吸い付くだけさ…
(ねばねばしたスライムは形を変えて、胸全体を覆いつくし)
(乳房そのものを吸うように、不気味な収縮を始めた)
どうだい?私のスライムは…気に入ってくれると嬉しいよ
それに加えて、私自らが特殊な性質を与えてある…
私が魔力を与えると、微弱な電気を発するんだよ
まだ試作段階でね。致死には程遠い威力だが…
(言いながらスライムに触れると、スライムの体内でバチバチッ!と雷光が走る)
ただ吸い付かれるよりも…おっぱいを余すところなく揉まれたような刺激があるだろう?
このスライムを使って、君がおっぱいだけで絶頂まで行くことができるか…実験させてもらうよ
(耳元で囁きかけ、スライムに指を突っ込み、魔力を流し込んだ)

これが終わったら、君の大切なところを実験してあげるから…
せいぜい頑張って抵抗するんだよ?

695 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/12(日) 01:12:02 ID:6rBSL53M
っああ…!!や、っ…!ああ、んッ!!はあうっ…
(羽がなくなったことで体内に取り込まれた魔物の体液がエリスを汚される快感で内側から犯し…)
(胸を揉みつづけられ、先をなぶられる刺激が…外側から犯して)

(ディードの言葉責めに、羽をむしられて粘液まみれにされる天使のイメージが…
 自分自身と重なって…無意識に欲情しちゃうっ…)
いや、あっ…くうう、う…はああッ……ッ!く、うッ!ゆ、許してえ、え…!
(エッチな声が出ちゃうの…っ…おさえられないっ…おさえられないよお…!)

…っ、!こん、なっ…こんな、気持ち悪いもの…ッ やめ、てえ…っ
(胸にしたたり落ちた黄色い粘液のようなものが収縮するのを見て悲鳴をあげて)
…っひああ、あっ…!す、吸い付いちゃ、だめええ!
(隙間なく胸をぬるぬると覆われて…もむように伸び縮みされ、ねっとり汁をこすり付けられちゃう…)
やあ、あんんっ…はう、うっ…だ、めっ… こんなやらしいの、だ、めええ!

…!!…ッ!!!ひぐっ…!!
(スパークするスライムが急に、強く…体全体でおっぱいを揉み込んできて…)
はうううッ…あく、うッ!そんな強くッ…くう、うっ!!
(だ、だめ…胸の間までスライムが入りこんでっ…エメラルドに直接、魔力が…っ)
…っくああううううっ!!!
(ディードの放った魔力の奔流が、胸のエメラルドからエリスの体内を侵食して…)
い、ッ、ちゃうッ…!(つま先がぴん、と伸びるほど足をつっぱらせちゃうっ…)

696 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/12(日) 01:20:18 ID:6rBSL53M
【ディード様のいじわるな言葉責めに、エリス犯しつくされてる気分です…】
【犯されてるときに、(快感で返事も出来ない状態で)一方的に耳元で言葉なぶりされるの、大好きです…】

697 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/12(日) 01:32:49 ID:kjX2ZQsk
許すも何も…私はエリスに実験の協力をお願いしているだけだよ
君の身体も、とっても悦んでくれている…今だって素敵な声を聞かせてくれている
聖騎士の仲間にえっちな姿を見られて、謝っているのかな?
自分で見てご覧…まるで大きなおっぱいが食べられているみたいだよ…
(愉快そうに、エリスの耳元で囁いて)

おやおや…。エリス、魔力が酷く乱れているね
ひょっとして胸元の宝石も、スライムに吸い付かれて悦んでいるのかい?

ああ、エリスのえっちなおっぱい…私も食べてしまいたい…!
(我を忘れたようにスライム越しに胸を鷲づかみ、荒々しく揉みくちゃにして)
(胸の間に顔を埋め、自らの顔をスライムで汚しながら、舌でエメラルドを責めたてる)
(溢れんばかりの魔力をスライムに送り続け、絶え間なく電気がエリスの胸を蝕んで…)

ぷはっ…実験を台無しにしてしまったよ…
それほどまでに、君のおっぱいが扇情的すぎたんだ。これが君
の最大の武器なんだね
まんまとやられてしまったよ…
そんな非協力的なエリスには、お仕置きしなければいけないね
(複数の触手がエリスの股間に絡みつき、ビキニボトムをずらして)
(男根を模した先端が秘所に潜り込もうと、周りを擦り始めた)

…で、どうだい?おっぱいだけで絶頂に達したかい?
これから私の質問に正直に答えてくれたら、考え直してもいいよ…


【私も抵抗できないエリスさんにいやらしい事を囁くと…興奮します】
【ずっとエリスさんのおっぱいをいたぶり続けたかったです…めちゃくちゃにしてあげたい】

698 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/12(日) 01:45:02 ID:kjX2ZQsk
【うーん…ごめんなさい。体が限界かもしれません】
【また凍結をお願いできるでしょうか。やはり、次にいつ出来るかわからないので】
【破棄となっても、いいですよ】

699 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/12(日) 01:57:07 ID:6rBSL53M
こ、こんな、エッチな実験されて…喜んで…ないっ…!もう、だめえっ…!
ひあ、あああっ…スライム、すらいむだめえ、おっぱいのあいだ、ぬるぬるこすっちゃ、いやあっ
(おっぱい犯されてる、ぬるぬるのスライムに犯されてるうっ…)
(みみ、のそばで、えっちな、こと言うなあ…ッ)

(エメラルドといっしょに、胸の谷間を責め立てられてっ…体の芯までひびいてるうっ…!)
(やらしい、のおっ…おっぱいの谷間、舐められて…スライムにも責められてえっ…)
…っ!あはあああッ!!いや、いやあ…んっ…おっぱい、の間っ、だめ、え! はうう!あう、うっ!
で、電気、流れてくるっ…エメラルド、すらいむと、魔物の舌で、いっぺんに汚されっ…くううう!!
(体の底までひびいちゃうエッチな快感に、思いっきり追い上げられちゃうっ…)
ひあ、あ、ああああああッ!!!!(がくがく腰がふるえて…)

…っ…あ…っ…く…
何…勝手なこと…言って…っ… ひあ、あっ…(快感の残り火が強くて…また体がふるえて)
…っ…!!
(触手が何をしようとしているのか知って体を固くして)

…そんなエッチな質問にっ…答えられるわけ、ないでしょっ…!
(顔は恥ずかしさに真っ赤に染まっているけれど、やっぱり言葉だけは強気)
(反抗していてもやっぱり、体はさっきまでの強すぎる快感でふるえが残り…目元は上気して、
 快感の涙の後まで残ってしまっていて…)

【あ…なんかぞくっ、てしちゃった…めちゃくちゃにしてください…いっぱい、やらしくマッサージ、して】
【おっぱい犯しながら、エリス自身も思い切り突き刺してくださいっ】

700 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/12(日) 01:59:39 ID:6rBSL53M
【破棄はちょっともったいないですう…すごくやらしくて、イイので…続けたいな…】
【とりあえず凍結して…また伝言で状況連絡、でいかがでしょうか…】

701 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/12(日) 02:06:14 ID:kjX2ZQsk
【毎回毎回、いいところでごめんなさい】
【ではまた伝言スレで連絡しますね。今晩もありがとうございました】

702 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/12(日) 02:10:04 ID:6rBSL53M
【ほんとですよお…ディードさんの言葉責めで思いっきり燃え上がっちゃって、鎮めるのがたいへんですっ…えへへ】
【はいっ、お待ちしてます♪おやすみなさい…こちらこそ、とってもすてきなロールでした…ありがとうございましたっ…ちゅ♪】

703 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/12(日) 02:17:12 ID:6rBSL53M
【スレをお返ししますっ…】

704 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/04/25(土) 21:40:29 ID:kBmZe1P5
【しばらく使われてなくて…スレが落ちちゃうと悲しいので、保守のためレスしますっ】
【待機もしませんので、今日はこれでばいばいっ、です…】

705 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:39:56 ID:fKjOx7iW
待機したいが誰か見ているのだろうか……

706 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:42:15 ID:AARdVYA+
見てるけど勇気がなくて書き込めませんw

707 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:46:00 ID:fKjOx7iW
初心者同士いかがです?

708 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:48:53 ID:AARdVYA+
当方♂ですが?
いいですか?

709 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:49:52 ID:fKjOx7iW
ええ、構いませんよ。
どんなシチュが良いですか?

710 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:54:16 ID:AARdVYA+
冒険者(少年〜青年ぐらい)が女モンスターに犯されるってのは非常に興味がありますw
でもこちらがモンスターでもいいですよ
NGは四肢切断ぐらいでしょうか
>>709さんはどんなのがいいですか?

711 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:57:10 ID:fKjOx7iW
んー、そのシチュだと男側をやりたいですね……少年で。
構いませんか?

712 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 22:58:46 ID:AARdVYA+
すみません。♀側やったことないのです…
モンスターでもいいっていうのは♂モンスターが♀冒険者を犯すっていうのでもいいですという意味です。
ごめんなさい
勘違いさせてしまいましたね

713 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/28(火) 23:02:16 ID:fKjOx7iW
あ、こちらこそすみません。
それではこちらが女魔物で構いませんか?

714 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 23:04:48 ID:AARdVYA+
いいですけど、こちらが♂モンスターやってもいいですよ?
おまかせします
こちらが♂(人でも魔物でも)できればどんなシチュでもいいです
やりたい設定、教えて貰えますか?
♀魔物がいいならそれでいいですし。
退治しましょうか?w

715 :名無しさん@ピンキー:2009/04/28(火) 23:10:14 ID:fKjOx7iW
んー、では、まだ年端も行かない男の子を女魔物で襲ってみたいですね。

退治は……返り討ちみたいなw

716 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/28(火) 23:15:42 ID:AARdVYA+
希望するシチュ!ありがとうございます
それじゃ…お父さんが同じダンジョンに昔行ったのだけれど、10数年たった今でも帰ってこないのを心配して仇をとりにいくってのはどうですか?
お父さんは>>715さんに食われてしまっててもいいし、他の女魔物に捉えられたままっていうのでもいいです。
次に自分の設定、書きますね

717 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/28(火) 23:21:12 ID:AARdVYA+
【名前】エリック
【種族】人間
【性別】男
【年齢】13
【身長/体重】140cm/35kg
【容姿】カールがかかった黒髪をぼさぼさに伸ばしている
【服装】厚手の皮で作られた胸当てをつけ、右手にはレイピア、左手には胸当てと同じ素材の盾を持っている
【H歴】童貞 包茎 でも年にしては大きなおちんちん
【NG】四肢切断などのグロ

他に何か言っておいた方がいいこと、ありますか?

718 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/28(火) 23:25:02 ID:fKjOx7iW
あ、良いですね。お願いします……
それと、男の方は設定はいらないようですよ。
じゃあ、父親も食べたということで……

【名前】 ノーリウス
【外見】 長い銀髪、白い肌。細めの目に青い瞳。
【能力】 一見ただの女性だが、男の精液を搾り取った後に糸を吐き、それによってその男を拘束、弱らせてから養分を吸う。


719 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/28(火) 23:30:49 ID:AARdVYA+
あぁすいません…

それじゃ始めましょうか?
適当にダンジョンに侵入しますね
もし何か始めたい状況があったら無視して初めてもらっても構いません


(暗く長いダンジョンを一人でゆっくりと歩きながら、松明で前を照らす)
(スライムやゴブリンなどの下等モンスターを退治してきたが、未だボスクラスの敵には遭遇しておらず、運よくダンジョンの最新部まで到着した)
そろそろ松明が切れるな…新しいのに替えよっと…
(下を確認し、小ぶりの岩に腰掛け、道具袋から新しい松明を探す)
あぁあったあった…
(今まで使っていた松明から火を移そうとするがなかなか移らない)
この松明、湿気っちゃってるや…さっきのスライムを倒したときかな?
どうしよう…もう他に松明持ってないし…

720 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/28(火) 23:41:19 ID:fKjOx7iW
はい、ではお願いします


「んー……最近餌が少なくて困るわあ……」
ダンジョンの中を彷徨う一人の女性。
露出の多い服からはみでた胸をたぷたぷと揺らしながら、しかしあまり元気があるようには見えない歩き方をする。

「あら?男の子の匂い……」
餌の匂いに釣られて、そちらへと向きを変える。自然と顔が綻ぶ。

「ねえ君、困っているの?私が手伝ってあげようか?」
内心舌なめずりしながら話しかける。良心的な女性に見せかけながら一同時に自分のセックスアピールを強調するように胸の谷間を見せつけながら一微笑んだ。

721 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/28(火) 23:47:30 ID:AARdVYA+
(ダンジョンの奥からきれいなお姉さんがやってくる)
(冷静に考えればこんな場所に女性がいること自体異様なのだが、あまりの姿形にポカンと口を開け、見とれてしまう)
お、お姉さん、こんにちは…
(目はお姉さんの目から艶美な口元、大きな胸と下へ目線を降ろしてしまう)
(おっぱいに目が釘付けになったまま)
実は最後の松明が濡れて使い物にならなくなってしまったんです…

(と、そこでその女性が松明無しでダンジョンの深部から歩いて来た事に気づく)
お姉さんも松明持ってないの?
それとも目がすごくいいの?
(相手が人の形をしており、しかも美人なのですっかり警戒をとき、レイピアと盾を一旦手放して床においてしまう)

722 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/28(火) 23:56:02 ID:fKjOx7iW
自分の胸や体に少年の視線が集まっていることに気付き、思わずにやりとする。

それにしても。
若い、若い、とても若く、そして可愛らしい男の子だ。
こんな子を食べれるなんて、と自分の幸せを喜ぶ。

「松明なんていらないの。……ほら」

細く長い人差し指を前に出すと、そこにぽっ、と明かりが付く。何百年も生きてくれば自然にこの程度の魔法は身につくものだ。

「良かったら、一緒に行きましょうか?」

決定的な隙を狙う。

723 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/29(水) 00:02:13 ID:AARdVYA+
(目の前に差し出された指を見ると、そこから明かりがつく)
え?お姉さん、そんなに若いのに魔法使いなの?
(魔法使い=年寄りという固定概念から予想もしないほど若い女性が見た事もない魔法を使うのを見て、興奮する)
(さらに尊敬の眼差しを女性に向け、この人についていけば大丈夫だと安心する)
一緒にいってくれるの?ありがとう
(ペコリと頭を下げ、女性のすぐ後ろを歩く)

お姉さんはこのダンジョンに何しに来たの?
僕と一緒で奥の魔物を倒すため?

724 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/29(水) 00:10:34 ID:sRz7375i
「うふふ、こう見えても結構頑張ったのよ」

妖艶な笑みを浮かべながら少年を見つめる。早く襲いたい。沸き上がる欲望を必死に押さえ付ける。

「ええ、任せなさい」

ダンジョンの奥へと案内をするふりをしながら、自分の巣へと誘導する。どんどん元の道から外れて行く。後ろから見ると、酷く扇情的なお尻が揺れている。

「うーん、それはちょっと違うのだけど……」

725 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/29(水) 00:16:37 ID:RPZaHNYa
僕はね、お父さんの仇をとりにきたんだ
奥の魔物をやっつけるんだよ
このレイピア、お偉いさんが祈祷してくれたらしく、これなら一撃、かするだけでも倒せるんだって
いいでしょ?
(自分の秘策をまさにその相手にバラしてしまい、あげくの果てにこんなお願いをしてしまう)

お姉さん?ちょっとおしっこしたいんだけど…レイピアと盾、持っててくれる?
あと後ろ向いててくれない?
(レイピアと盾を女性に預け、皮の胸当てを外して前を緩め、皮のかぶったおちんちんを取り出し放尿の準備をごそごそとする)

726 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/29(水) 00:23:24 ID:sRz7375i
「へえ……それは偉いわねえ……」

明らかに少年は油断している。危ない所だった、もし無理に襲っていたら……考えただけで背筋が凍る。

「あら、おしっこ?くすくす、仕方無いわねえ」

刃に触れないよう慎重に受け取ると、そのまま近くの泥沼に投げ捨てる。

「手伝ってあげる……」

少年の後ろから抱き付くと、右手を取り出したばかりのおちんちんにあてがう。そして、胸を強く押し当てる。

727 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/29(水) 00:28:09 ID:RPZaHNYa
笑わないでよ…ここに入ってからずっと我慢してたんだから…
(後ろに近づく女性に気づかず、おちんちんをペロンと出す)

(不意におちんちんを握られ、大きな胸が背中にあたる)
お姉さん!?
後ろ向いててって言ったじゃん?
あぁ…そんなに握らないで……
(ずっと女性の姿に興奮していたので、握られただけであっという間に勃起してしまう)
(その大きさは皮をかぶっているとはいえ、大の大人に負けないサイズだった)
おしっこ…もれちゃうよ……手、離して?
汚れちゃうから……
(振り返り女性を見ると、先ほど渡したレイピアがなくなっていることに気づく)
あれ?レイピア、どこに置いたの?

728 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/29(水) 00:36:31 ID:sRz7375i
「ふふ、まだ皮を被っているのね……可愛い」

経験抱負な彼女は手だけでも大きな快感を少年に与えた。
緩急をつけてペニスをしごき、ある時は少し強めに握る。
そして、ペニスの皮を剥いて行く。

「別に、漏らしても良いわよ?……レイピア?危ないから捨てちゃった」

そう言う彼女の口から、鋭い牙がちらりと覗く。そして、無理矢理唇を奪う。

729 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/29(水) 00:42:32 ID:RPZaHNYa
皮?さきっちょのこと?
みんなこんなんじゃないの?
あぁ…ふぅ…あぁぁ…
(彼女の手の動きに合わせて口から吐息がもれてしまう)

も、もれちゃうよ?
本当に…あぁ…でちゃうよ…
(大きくなったおちんちんから、急な角度で放物線を描き、お漏らししてしまう)
ジョロジョロォ……
(顔を真っ赤にして背け、溜まっていたおしっこを出し切る)
(しかし、まだおちんちんが大きく反り返っている)

え?レイピア捨てたらだめだよ?
どこに隠したの?ん!?
(唇を奪われ、彼女の唾液が送り込まれる)
(息が苦しくなり、嚥下すると目がとろんとしてレイピアのことなんか忘れてしまう)

730 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/29(水) 00:51:32 ID:sRz7375i
「最初はみんなこうよ……大丈夫、お姉さんが優しくしてあげるから」

愛しそうに亀頭を親指で刺激する。

「ふふ、いぃっぱい、出たわね」

嫌がることもなく、刺激を続ける。同時に首筋に牙を突き刺し、ほんの少し体液を啜った。我慢が出来なかった、とのことだ。

「忘れなさい……全部、全部」

舌と舌を絡ませ、唾液を飲ませて行く。ペニスを刺激する右手と貪るように動く口。その光景は見れば見るほど奇妙だった。

731 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/29(水) 00:56:54 ID:RPZaHNYa
そうなの?
最初はこんなふうなの?
優しく…してね?
(休まない彼女の手の刺激により、太さが増してビクンビクンと震える)
(射精が近づいており、腰も震え始める)
(少しずつへっぴり腰のように腰をひいてしまう)
(すると背中で彼女のおっぱいを押しつぶすようになってしまい、さらにおちんちんが反ってしまう)

(首を噛まれてもこういう愛撫があるのは知っていたので何も気にせず彼女にされるがままになっている)

(彼女とキスを続け、舌を吸い唾液を飲む度に自分がここに来た目的を忘れてしまう)
お姉さん…僕は……何をしてるの?
どうしたら…いいの?

732 : ◆i8jPV1/agg :2009/04/29(水) 01:14:14 ID:RPZaHNYa
落ちちゃったかな
ヘタですみませんでした
一人で楽しんでしまいました

では落ちます
スレをお返ししますね

733 : ◆ebPX5z/.cQ :2009/04/29(水) 01:24:28 ID:sRz7375i
うわあああ申しわけありません。
私なのせいです。お返しします。

734 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/04/29(水) 14:29:14 ID:kAd7cX+E
【エリス ◆ll7LA9JD6w さんへ。楽屋にレスを置いておきました】

【1レスお借りしました】

735 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/01(金) 22:54:32 ID:7ufdRJHD
【エリスさん待ちです。先にレスを置かせて頂きます】

こんなに小刻みに震えて、いやらしい顔をして…
気持ちよくない筈はないと思うんだけどね
(乳首をキュっと摘んで)
ほら、乳首も更に硬く、大きくなってる…気持ちいいと認めたようなものだよ
(スライムに覆われた胸を、べろんと嘗め回す)

なに、大した質問ではないよ
私は少し人間の雌の、自慰行為について教えてもらいたいんだ
勿論、君の可愛い口からね…

人間の雄は、君のような雌を頭に思い浮かべて、男根をしごくらしい
きっと君の仲間達も、毎晩のように君の裸体を夢想して…いや、夢想する必要もないか
ただ普段の君の戦装束を、記憶に焼き付けておけばいいんだからね
ぷるんと弾む胸…ぷりぷりしたお尻…
そのエリスの肉体を貪り尽くす事を想像して、沢山の精子を出しているのだろう
そう、この中に注ぎ込むという想像だ…
(秘所の肉唇に、3本の触手を丹念に擦りつけ)

ねえ、エリスはどうやって自慰をしているんだい?
教えてくれないと…私もここを掻き回す想像をしなければならないなぁ
もっとも、実際に入れて、現実との差異を確かめながらね…

【今晩も、よろしくお願いします。たっぷりと楽しんで、楽しませて下さいね】

736 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/01(金) 22:55:34 ID:hwjzgwGD
【ディード様、エリスはもう到着しましたっ♪】
【今日のレスはディード様からですよね…お待ちしています、わくわく/////】
【すっごくやらしいところからだあ…ディード様、エリスをいっぱい味わってください】
【虐められるほうが興奮するんでいっぱい抵抗しちゃいますけど…///】

737 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/01(金) 22:57:10 ID:hwjzgwGD
【ああっ、ごめんなさいもういらっしゃってたんですね…】
【はじめます、今夜もよろしくおねがいしますっ…】

738 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/01(金) 23:17:06 ID:hwjzgwGD
うっ…!くううっ…く…
(摘み上げられた乳首も、スライムの粘液のせいで…痛みよりも鋭い快感を感じて、
 思わず甘い声をあげそうになっちゃって…必死で唇をかみしめて)
(び、びんかんにっ…なりすぎちゃってるっ…男の人の指で、つままれてるなんて…
 ううん、ちがう…魔物の指でつままれてるだけで…っ、からだが、震えちゃうよおっ…)
はう、うううっ…く、くうう…んんっ…
……ひああ、あああっ…!!いやああ、あっ…あんッ!あッ…!なっなめちゃ…っ
(乳首、なめられてるうっ…!胸を反り返らせて…がくがくふるえちゃうっ…)

…はあ、あ…あ…ッ…な、何を…言って…ッ
男の人の…自…慰…なんてっ…エリスに、わかるわけ…っ…ひあ、あっ!
やっ、やめっ…やめなさい…っ! くううっ…あう、うッ!
(触手に大事なところを嬲られて…太腿に力が入り、足先がけいれんしちゃうっ…)

(…でも、知ってる)
(…騎士の仲間も…私のこと見て…時々、…して、るのを…)
(…偶然、気がついてしまったことが…ある…)

(そのことを考えて…感じてしまったことさえあることを…思い出しちゃって…)
…っ…知ら、ないっ…知らない、知らないッ…くあ、あっ…
あああ、はああっ…いやあ、だめ、えっ…
許さない、からああっ…くうう…っ これ以上エッチなコトしたらああッ…!
(抵抗する声の間から、エッチな声がどうしてももれちゃうっ…)

739 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/01(金) 23:20:26 ID:hwjzgwGD
【いつも…ディード様のほうが、エリスをくらくらするくらい犯して、楽しませて下さるので…】
【えりすばっかり楽しんじゃってるような気がしますっ…】
【でもがんばります、ディード様がえっちな気持ちになってくださるように…/////】

740 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/01(金) 23:40:19 ID:7ufdRJHD
【すいません、ちょっと遅れます】

741 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/01(金) 23:47:40 ID:hwjzgwGD
>>740
【はあいっ、大丈夫です!ちょっと一息つきます…エッチな気持ちで心臓バクバクですから♪…///】

742 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/01(金) 23:52:13 ID:7ufdRJHD
男の自慰を知らなくても問題ないよ…でもその様子では知っているみたいだね?
なんでも、自慰しているときに見たり想像したりするものを、オカズと呼ぶそうだね
どうだい?自分がオカズにされているのに気付いたエリスは、どう思ったのかな?
仲間が、自分を犯している想像をしているのに気付いてさあ…
嫌悪感を感じたのかな、それともエリスはえっちな娘だから、興奮しちゃったのかな

まあ…そんな事よりも、だ
私はエリスがどうやって自慰しているか、教えて欲しいんだよ…

それとも今すぐ、この触手を君の大切なところに全部ぶち込んで欲しいのかい?
ほら、君のエッチな汁で濡れているだろう…
(秘所を弄っていた触手をエリスの眼前まで伸ばして、ゆらゆらと動かす)
いつもどうやって濡らして、満足しているか教えて欲しいだけなんだ
それさえ教えてくれたら、君を解放してあげるよ…


【お待たせしました】
【エリスさんの反応、とても興奮していますよ。もっと苛めてあげたいです】
【おっぱいを飽きるまで揉んで吸って、沢山の精子を浴びせたいなって】

743 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 00:11:41 ID:3Klw4t/c
し、知らないッ…そんなえっちなこと知らないっ…
(今までの快楽の余韻か…魔物の、いやらしい質問のためか、頬をピンク色に染めて…)
おか、ず…っ!?(聞き覚えのある言葉だったのか、ますますかっと頬を染めて)

(わたし…は…)
(仲間に…男性用の控え室に…女騎士は私一人しかいない状況を想像して)
(訓練のあとの…むせかえるような、男の人の汗のにおいの中で)
(着替え中に取り囲まれて)
(むりやり…押さえつけられて)
(ダメ、想像しちゃだめ)
(こいつにっ…心を読まれて)

……ッ!!
(スライムに与えられた強い快楽で…あふれそうになる淫靡な思考を、無理やり断ち切るけれど…)

……っ……!!(迫る触手に、後ずさりして…)
本当に…解放、してくれるの…?
(半信半疑で…思考が混乱して、どう考えても怪しい持ちかけに、つい、乗ってしまいそうになり…)

わかった…(顔から火が出そう…っ…でも)
私だって、経験がないわけじゃない…から…それに、騎士団には、恋人だって…いるから
めったに…自分では、しない…するときは、夜…自分の、寝所で…
指でしか…っ(恥ずかしいっ…でも…どうせ、心を読まれてるんだから…っ)

744 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 00:15:17 ID:3Klw4t/c
【あびせてくださいっ…ディード様のをあびせて、ゆびでぬりこんでほしいっ…】
【考えただけで、むねがふるえちゃう…っ】

745 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 00:33:03 ID:VYP068JH
おや…エッチな想像でもしたのかい?顔が真っ赤だよ…
(クスクスと笑い、愛液に濡れた触手でエリスの頬を撫でる)

へえ、恋人がいるのか…きっとすごくいやらしい男なんだろうね
だって、こんなに美味しそうな体をした娘を選ぶのだから
(エリスの胸を撫で回し、更にスライムへ魔力を注ぎ込む)

そうそう…
君の恋人だって、自慰をしているだろう。そのときのオカズはきっとエリスだよ…
めちゃくちゃに犯す想像をして自慰で済ませる事で、普段は優しく接しているんだ

しかし、自分の恋人が他の男達にオカズにされているのって、どんな気分だろうね…
それもこれも、エリスがいつもエッチな格好をしているせいなんだよ…悪い女だね、エリス…

ああ、ちゃんと解放してあげるよ…今まで君に嘘はついていないだろう?
そう、自分でくちゅくちゅ擦るんだね。そのときは何か考えるのかな?
仲間の男達はエリスをオカズにするのと同じように、エリスも考えるんだろう?
無理矢理犯される想像でもするのかな?それとも恋人におっぱいを吸わせる想像かい?


746 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 00:52:35 ID:3Klw4t/c
ひあ…っ…
(秘部を嬲っていた触手が…ぬる、とエリス自身の液体を、頬にこすりつけてきて)
(こんなに…濡れちゃって…触手なんかに、虐められてっ…)

…っ!キデルは…っそんな、ひとじゃ…っ
(彼の…必要以上に、情熱的な…愛撫)
(でも、わたしは…それも…そんなトコロも、大好きで)
(彼の…行為は、とても…激しくて)

……ッ!!ひう、うッ…スライム、にっ…なにか…魔力を…加えたわね…っあ、あっ!
ひ、卑怯、ものっ…っつ、!!…ッ!…ッあ!あ!
(胸に絡みつくスライムごとおっぱいをいやらしくもまれてっ…ぬるぬるして…っ塗りこまれて、る、うっ!)

キデルは…そんなコト、してないっ…
(ホントは…もっと、乱暴にしたいのかも)
(エリスも…そうしてほしいって…思ったことが)
…っああ…ッ!!
(スライム塗りこまれてるうっ…胸の谷間まで…入り込んじゃうっ…やらしいよお…っ)

自分で…するときは…っ、仲間に…キデルも含めた、男性団員に…囲まれて、
ひ、ああっ…(スライムのせいで…どんどん、エッチになっちゃうよお…)
みんなに、押さえつけられてっ…口も、下も…いっぺんに…っ
や、あああああっ!!(気持ちい…ッ)(もう、だめっ)


747 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 01:12:58 ID:VYP068JH
ふふっ…自分で見えるかい?
スライムエリスの胸を覆って…乳房が小動物のようにぶるぶる震えて、弾んでいるよ
すごく可愛いねぇ…

どうだかね…恋人が君の肉体に無関心だとは、とても思えないねぇ…
そうか…エリスは恋人一人よりも、みんなに犯されるのが夢なんだね
自慰を終えた後、君が犯されたいと夢想した仲間とはどうやって顔を合わせるんだい?
恥ずかしくないのかな…

分かったよ、ありがとう…エリスの自慰の仕方、よく分かったよ
それじゃあ、解放しようか…
(頬を撫でていた触手をするすると引っ込めて…)

素直に気持ちよくなれるように、その心を解放してあげよう!
(縮んだ触手が、一気にエリスの秘所へ捻じ込まれる)
(両手はスライムの上から乳房をぐにぐにと力強く揉みしだいて)
(同時に、口にも触手が伸び、開いた所に滑り込む)
(触手は、エリスの愛液が混じった、酸っぱくも甘い匂いと、苦い味で…)
今までに夢想した、どんな激しい陵辱よりも素晴らしい快感があるのだと、教えてあげるよ…!
きっと我慢できなくなる…!

748 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 01:31:54 ID:3Klw4t/c
そん、なのっ…見せちゃ…いやあっ…
(おっぱいに、張りついてくるっ…ぬるぬる、絡み付いてきちゃうううっ…!)
ひあ、あッ…くう、う!うッ!!

し、知らないっ…もうそれ以上、言うことなんか…っ!…っああ!!
(こんな風に…スライムが、エリスのおっぱい吸ってるみたい、にっ…)
(仲間たちのくちびるが…エリスの胸の、かんじるところ…みんなで、いっせいに…なめまわして)
(……さんにも、犯されるトコロ、そうぞう、して…あとで、会ったら…目を、あわせられなくて…)
(それなのに…その夜は…いつもより、我慢できなくなって…)

そろそろ…っ、ゆるし、てっ…くうう…っ

(触手…はなれていく…これで…仲間たちの、ところに…戻れる…)

……っ!?あ、あっ…!?そ、そん、なっ…約、約…束がっ…ちが…ッ…!!
…っく…だめ、だめだめっ…!入っちゃいや…!来ちゃだめええっ
く、くっ…あくっ…(入っ、てっ…来…ッ…)
(肩がっ…いやらしいものに入られていくエッチな辛さで…自然に強くすくめられて…)
はあ、あ、あッ!あッ!あくうう、うっ!だ、だめえッ…いやあッ…深く来ちゃッ…
………ああはあああああッ!!!(入られちゃっ…!!)
(…っく、う、うッ!…ああ、は、あッ…!!)
(入られ…て…っ… (こんなにっ、おくまで…っ… (はいられ…て ……ッあ!あ!)

っぐううううっ…(く、くち…にっ…はいって…っ)…っむう…っ

(あ…!あく!…やあ、あ!)
(胸…そんなやらしい揉み方、したらっ…スライムが、しみこんじゃうっ…)
…ッむう、う!ううううッ!!

749 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 01:35:20 ID:3Klw4t/c
【エリスのくちのなかも…ディードさんのおちんちんでいっぱい、味わってください…】
【白い液で、エリスのくちの中…うんと犯して】

750 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 01:50:03 ID:VYP068JH
どうだエリス…私の触手の味は…人間のものより、ずっと気持ちいいだろう…?
私もすごく、気持ちいいよっ…エリスも沢山感じるといい…!
(触手が口と膣それぞれを激しく突き、掻き回して)

おっぱいも私の両手とスライムに食べられているみたいに、たぷたぷしてるね…
ああ、おっぱいも触手でいたぶってあげよう…!
(指の間から零れた乳首に、更なる触手が齧りついて、強く吸引を始める)

ほら、エリスも私の触手を存分にしゃぶっていいよ…
口の中、とても暖かい…その可愛い舌で舐められたら、すぐに出ちゃいそうだよ…

エリスの中も、暖かくてキツいよっ…!
処女ではないと聞いたが、まだまだ快楽に溺れるまでぶち込まれてはいないようだ…
私が教えてあげるよ、最高の快感を…っ!
人間の男には与えられない、陵辱をねっ…!
(秘所と触手の隙間に、二本目の触手がぐりぐりと侵攻を始めて…)

751 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 02:07:09 ID:3Klw4t/c
っあ、あ!や、あああっ!!そんな深くっ…きちゃだめ、だめえええっ
(ディード様の今までの責めでうずいて…びんかんになっちゃった粘膜を、触手の
 かたい先でいじわるに擦られて…唇をかんで肩をふるわせちゃう)
そ、そん、な…!…強すぎ…るっ…!あう、うッ!
(おちんちんみたいな触手の、かたいえらの所が…エリスの中を…隙間までおしひろげて、食い込んでくるう…っ)
 あぐうう…っ…くうう…ッん!!はううッ!

や、やっ…!だめ、吸っちゃ…ひいあ、っ!!はう、うううっ!
(ちゅうちゅうと吸い付いてくる触手のいやらしさに、胸の肉の奥がうずいちゃってるっ…)
い、あああっ!!きつすぎる、のっ…吸われ、てるのに…そんな、やらしく…揉んだら…ッあああああああっ!!!!

(えりすの口の中に入って来ちゃった触手…べろにからみついてきてる…っ)
(べろをやらしくしめつけて…いっぱい、こすって…いじめてるうっ…)
く…う ふ…っ くう、うッ…!く、!く…!
(なんとか吐き出そうとして、舌で触手を押し出そうとして…かえって、触手の先を舌で刺激するような形になってしまい)

ん、ちゅっ…むう、うっ…ちゅう、うっ…ん、む!?く、ううううっ!!
(「愛撫」に反応した触手が…いっそう激しく、口の中をこすりはじめて)

…ッ…!!ま、た…はいって…っ、無、理…ッ…キツ…すぎ…ッあ、あッ!!
(カリのところがエリスのいりぐちこすっちゃうよっ…く、やっ…やあああああッ!)

752 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 02:25:57 ID:VYP068JH
エリス…良いよっ…君も感じているようだねっ…
膣への二本挿しはまだ早かったようだ…だが、この隙間からの刺激もたまらないね…
(膣の中と外を絶え間なく触手が蠢き、かき回して…先端が熱くなって)

触手の攻め方も、よく分かってるじゃないか…
ひょっとして恋人の男根をいつもしゃぶってあげているのかい?
全く、天性の淫乱だな…えっちな聖騎士め…
(舌から刺激を受けた触手に血液が集まり、更に硬くなって)

さあ、いよいよお待ちかねだ…熱いものを沢山、エリスの中に出してあげようっ…!
余す事無く味わうといい…出すぞっ!
(触手が一斉にビュクンと脈打ち、煮え滾るような魔物の白い精液を吐き出す)
(口内はどろどろに、膣内は奥に打ち込むように…更に隙間からも注ぎ込んで…)

どうだいエリス…いい加減、気持ちいいと認めたらどうだい?
それとも、この程度では足りないかな?もっともっと、犯して欲しいかい?

753 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 02:37:25 ID:3Klw4t/c
ひあ、あああああっ…入ってるっ…魔物のおちんちん、二本も入ってるうっ…
聖騎士のエリスのこと、魔物のおちんちんが犯してる…っ
(二本の触手おちんちんがエリスの中でふるえて…っ…つらくて、触手に刺激をあたえちゃうのが
 わかってるのに…きゅううっ、て締め付けちゃうのっ…!)

(ひあ…っ!びく、びく…っしてるっ…。なっなかでっ…ふるえてっ…)
やああッ…あは!あああ…!!エリス、の中あ…ぬるぬる、こすっ、ちゃ、だめええ!!
(ぴんと伸ばしたピンクのブーツの足先が、触手おちんちんが中を突き上げてくるのにあわせて
 びくんびくん震えちゃってるうっ…きっとすごくエッチに見えちゃってる…すごく感じてるのがわかっちゃう…)
(歯を、かみしめて、ますますエッチな表情をつくって…おちんちんの突き上げに、カリで中を辛くこすられて…
びく、びくっ…と体全体でのけぞっちゃってるっ…)

(え!えっ…?だっ、…だめ…っ!!)
(恐れていた瞬間が来たことを知らされて…無駄とわかっていながらお尻を振って)
(や…っ、やだやだ…ッ…やだああ、おちんちんの、うご、きっ…はやく…ッ…なッ…)
う!うッ!…あんっ…あはあ…ッ!く!くうう!だめっダメええいやああ!
(前に…犯されたとき、と、おんなじ…ッ… おちんちんから、エッチな液、注射されちゃうううッ…!!)

(や…っ!やあ…んっ!ホントにっ…だめええ!くあ、あ!やあああああああああっ!!)
たっぷり射精される、…すごくえっちでつらい快感に…お尻にきゅうっ、て力がこもっちゃって…
大事なところにふかく、突き刺さっちゃった触手を、思いっきり…しめつけちゃうっ…

ひあ、あっ!!!注射されてる…うっ!!精液…えっちなの、いっぱい…おなかの中に…っああっくうううううう…
ふ、ぐうううっ…(口の中、にもっ)…やらしい味のぬるぬるがっ…びゅくびゅく、出されてるっ…
エリス犯され、てるっ…お口のなか、えっちな液で…犯され、てる。
(辛い…気持ち、いい、の…死んじゃうっ

754 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 02:40:48 ID:3Klw4t/c
【すごくかんじちゃいました…】
【ほんとに肩がふるえちゃった…】

755 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 02:56:34 ID:VYP068JH
そうだよ、エリスは今、犯されてしまったんだ…
ああ、このままでは魔物の子を孕んでしまうかもしれないね…
エリス、そのえっちな液を飲んでごらん…淫魔とは比べ物にならない程、魔力に溢れているからね
飲めばすぐに元気になって…次の責め苦に耐えられる力が得られるよ
(ディードの股間から伸びている、エリスの手足を縛っていた触手が蠢き…台座から強引に持ち上げて)
(ディードの正面に、股を開かせた上体で運ぶ)
(拘束していた触手が、エリスの口に再び這入り込んで)
(先ほど射精した触手達は、手足の拘束に移る)

こうすればエリスの感じている顔を、よく見られるからね…
それに私自身の、真のペニスで貫いてあげたいからね…
さっきまでの触手よりもずっと太くて、硬そうなものが見えるだろう…?
これを、エリスの中に入れてあげるね…
(動けないエリスの股に、ずぶずぶと己の肉棒を沈み込ませて)
そのおっぱいも、私自身でもっと汚してあげるよ…
(スライムに触れて魔力を吸い取ると、たちまち地面に落ちて)
(幾本ものペニス型の男根が硬い先端で、乳房を直接ぐりぐりと攻め立て始めた)
(勿論、乳首に噛み付いてる触手はそのまま…噛み付いた奥から、細い舌のようなものでチロチロ舐めている)

【もっともっと感じてください。私もエリスさんの反応が我慢できないです…本当、犯し続けたい】
【もっとエッチな気分になって、どんなにいやらしくなってるか教えて下さい】

756 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 03:21:27 ID:3Klw4t/c
(…っあ、あ…!おなかの、中に…溜まってる…っ魔物の…濃い、えっちな精液が…っ)
…っく、ぐ…ごくっ…んぷ…っ…ん、くう、う…いや、あ…
(のどの奥までもぐりこんできて射精しつづける触手に、どうしようもなく…たくさん、精液を飲まされてしまって…)
はあっ、はあっ…。も、う…いやあ…これ以上、犯されたら…主の…天使様の加護が、受けられなくなっちゃうっ…
(しつこく犯し続けられた口元から、白いしずくを垂らし…犯し続けられて何度となく達してしまった
 目元は、はっきりと上気して…)

…っあ!!だめ、だめっ!!もう、エッチなのいやあ…!!
(無理やり触手たちに手足をしめつけられて…エッチな格好で、ディードの前に体を開かされて…)
(必死でひざを閉じようとして、かえって凌辱される自分を強調してしまって)

…っ!だ、めえ…もう、いやっ…
(いやらしい、形…こんなので、されちゃったら…っ… こんなのに、注ぎこまれちゃったら…っ)
(拒絶する声が弱弱しくなって…)

あ、あッ…だめ、えっ!!!!!はああ!!!そ、そんなの、だめえええ…ッ!!
(えっちな魔物のおちんちん、入ってきちゃった…っエリスの中、うんと深く…突きささって…っ…くううう、うっ!!!)
(ふ、といっ…かたくて…っああ!!く、ううう!!すごく、やらしく…びくびくしてる…っひあ、ああああっ!!)

ひあう、うっ…おちんちんが…っ魔物の、おちんちんが、エリスの、おっぱいに…いっ…あああッ!!
おちんちん突き刺しながら、おっぱい噛んじゃだめえ…!!!そんなエッチなコトしたら死んじゃううううううっ…!!!!

【ほんとに死んじゃいそ…】
【ディードさん…犯してもっと】

757 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 03:24:58 ID:3Klw4t/c
【…えっと…その、エリスは限界が来てしまいました…】
【ディードさんに責め立てられて…その…】
【ここでまた、凍結してもいいでしょうか…ごめんなさい…】

758 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 03:37:54 ID:VYP068JH
くぅぅっ…触手を入れるよりも、ずっとずっと快感だよ…
エリスはどうだい?壊れちゃうくらい気持ちいいだろう…そうだろうっ!?
(本能を剥き出し、自ら腰を振ると共に、エリスの体を自ら沈み込ませるように触手で操って)

胸も、柔らかい…エリスのおっぱい、気持ちいい…美味しいよっ…
膣に劣らぬ、極上の柔肉だ…人間の雄に吸わせるには、勿体無い…
この素晴らしいおっぱいも、いやらしい声を上げる口も、注ぎ込む為の膣も…全て、私のものだ…
人間に返してやるものか…エリスは、私専用の性奴隷…性騎士に仕立て上げてやるっ…
ふふはははっ、ゾクゾクしてきたぞ…!
既にお前の肉体は、それを望んでいるはずだ…
高位の淫魔であり、触手獣である私の精液をあれほど浴びたのだからな…
後は心が完全に折れるまで、責め続けてやるだけだ…それとも自分から望むようになるまで、このまま放置されるのがいいか…?
いや、それでは私が我慢できない…もっと味わうぞ…エリスも我慢なんてするな…

そら、もっと濃いのを出してやる…!しっかり受け止めるんだぞ…!
(ペニスから、灼熱のような精液をドクドクと流し込んで)
(胸を攻めていたペニス達も、乳房が見えなくなるほどに白い液を浴びせ続けて)

【私も我慢できません…本当にぶち込んで、おっぱいを弄くりまわしたい】


759 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 03:41:23 ID:VYP068JH
【わかりました。遅くまでやってしまいましたね…是非凍結させてください】
【私が次できるのは、エリスさんが4,5日は無理でしょうから、来週の金曜夜か、土曜の夜ですね】
【もっと、堕ちるところまでやりたいです。おっぱいを吸い尽くして、こちらも出しつくしたい】

760 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 03:42:53 ID:3Klw4t/c
【あああっ…こんなタイミングで…すみませんっ…】
【ディードさんのレスでホントに犯されちゃって…飛んじゃったんですっ…】
【もう一レス、かきたいんですけど…意識が…もう、むりみたいですっ…】
【ここで〆でしたら…あとで、置きレスします…ほんとにごめんなさいっ…】

761 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/02(土) 03:45:10 ID:3Klw4t/c
>>759
【あ、わかりましたっ…凍結しますっ】
【ディードさんお上手なので…もっといじめてほしいですっ】
【予定については伝言します…も、げんかい…すみません…おyすみなさい】

762 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/02(土) 03:46:18 ID:VYP068JH
【無理はしないでくださいね。レスでも何でも、此処か楽屋でお待ちしています】
【それでは、おやすみなさい。良い夢を…】

763 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/06(水) 01:07:10 ID:8GqOC/47
【う…今日は時間ないんですけど、ディードさんの最後のレス読み返してたら興奮しちゃって…レス返したくなっちゃって…】
【1レスだけ、置きレス失礼します…っ;】

こん、なのっ…気持ちよく、ないッ…ああう、うんッ!!あっ、くうううッ…!!!
(だめ、だめだめだめえ、いやああっ…魔物のおちんちんのかたち、はっきりわかっちゃうっ…
 おなかのなかで、おちんちんの硬いえらの所がああっ…エリスのなか、こすってるうっ…)

くあ、あああっ…あッ!あッ!くう!く、んッ!!!
(そんなにしつこく、ぬるぬるしちゃいやああっ…!!)
く、あッ!!やあ、っ!!はうッ…!くううッ…!
(歯を食いしばっても…突き上げられると、エッチな声がでちやうよっ…こんなエッチな声…恥ずかしい…っ)

(し、触手で…エリスのおしり、しめつけてっ…こいつの、おちんちんから逃げられないように、
無理やり…突き刺されてっ…)

だめ、ええっ…逃げられ、ないっ…思いっきり、っ…ひあ、あっ…ふ、深く…っ…あく、う!
突きこまれ、……ちゃっ、てるっ…!…っああッ!く、あっやああっ!!
(ふ、深…いっ…からだ、けいれんしちゃ、…っ、…ッ!!)
(こん、なっ…奥まで…や、あっ…のけぞっちゃ、って、るうっ…思いっきり、つらぬかれて…るっ…くあ、あッ)

だ、だ、めっ…だめ、だめっ…だしちゃダ…っいあ、あああああああああっ!!!!
(はいっ、てくる、はいっ…てっ…えっちな白いぬるぬる、いっぱ、いっ…注射、されっ…あう、う!!)
(おなか、のなかに…男の人、の…精液…魔物、の…えっちな液…溜まって、くうっ…!)
…っッ!!…ッ、ア!!…ッッ!!!
(おっきな声…エッチな声、がっ…出ちゃ…っ!!)
…ッッ!!!…あはああああああああッ!!!(お尻、震えちゃううッ…!!)

【エリスは…ディードさんのを、受け止め…ました…っ】
【明日…伝言入れます…/////;】

【置きレスで1レスお借りしました…お返しいたします】

764 :ジャスティン ◆QZKZdESsI6 :2009/05/07(木) 22:24:20 ID:JsTZlYDB
【お久しぶりです。待機してみますわ。トリップを忘れてしまいましたが、>>6です】


765 : ◆sdNlBVVe/A :2009/05/07(木) 22:51:38 ID:KCodlkiW
【こんばんは。凍結は可能ですか?】

766 :ジャスティン ◆QZKZdESsI6 :2009/05/07(木) 22:57:25 ID:JsTZlYDB
>>765
【こんばんは。可能ですが、今後の活動時間が午前零時以降になるかもしれませんが、よろしいでしょうか?】

767 : ◆sdNlBVVe/A :2009/05/07(木) 23:00:11 ID:KCodlkiW
【12時以降ですかこちらは最高でも1時ですので無理っぽいですね】
【申し訳ありませんが辞退します。】

768 :ジャスティン ◆QZKZdESsI6 :2009/05/07(木) 23:03:03 ID:JsTZlYDB
【では、さようなら。スレをお返しします】

769 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/08(金) 23:59:34 ID:OpvFZr/W
【ディード様、エリス来ましたっ】
【やっぱりこんな時間になっちゃった…なかなか一人になれなくてごめんなさい…】

770 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/09(土) 00:04:29 ID:dzzyCOZl
【こんばんは、エリスさん】
【また規制が掛かってしまって…すいません。暫くお待ち下さい】

771 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/09(土) 00:07:46 ID:7DHv0MQ/
【あ…規制ですか?大丈夫ですかディード様…?】
【無理そうだったら、言ってください…エリスは何度でも、待ちますっ…】
【とりあえず次のレスをお待ちしています…】

772 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/09(土) 00:21:57 ID:+MZLPfuG
【エリスさん、お待たせしました】

私の精液で、体の外も中も汚れてしまったね…淫魔の魔力を体中に溜めちゃって…
これでは天使の力も使えなくなってしまうねえ?

…最初に赤ん坊達の精子を受け止めた頃から、しばらく経つね…
そろそろ私の魔力に、体が慣れてきた頃ではないかな?
…もっと念入りに、塗りこんであげないとね…
(エリスを触手で縛ったまま、顔を近づけニヤリと笑い…)
(指をエリスの精液に溢れる膣内に入れ、くちゃくちゃと掻き回す)
(中の肉襞を指の腹で擦って、もっと入り口が広がるように…)

こっちの方も…おっぱいが精液でべたべただよ…薄い服を着てるようだ…
私の匂いが染み付いている…淫らなエリスには相応しい格好だよ
もっともっと、私の色に染まってもらいたいね…
(空いている手で精子まみれの乳房を鷲づかみ、乳首をぎゅぅっと摘み)
(精液のついた手を、エリスの顔に当てて)

ほらエリス、舐めるんだ…体の奥からじんじん熱くなる、淫魔の精液だよ…
体の奥まで突かれてたっぷり出されたエリスには、たまらなく欲しくなるものだと思うがね…
私の触手がなければ生きていけない体にしてあげるよ…

【今晩も、エッチなエリスを沢山見せて下さいね】

773 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/09(土) 00:47:16 ID:7DHv0MQ/
【はいっ♪よろしくお願いします♪】

あくっ…あ…く、くっ…う…っ
(おなかの中にたっぷり溜まった、淫魔の精液…すごくいやらしい粘り気が、
 エリスの中を…入られちゃいけないところまでしみこんで来ちゃってるっ…)

だ…めっ…こんな、にっ…えっちな液で汚され、っ…ひあ、あっ…あくっ…
(おなかの中で…ぬめってるっ…いや、あっ…)
(肩が、ふるえちゃっ…声が…っ)

魔力…っ…淫魔の…そん、なっ…あく、う…
やっ…!?だっ…はあああっ!やだ、やめっ…やめ、て…っあ、あっ!!
ゆ、指いやあ…えっちなぬるぬる、塗り込んじゃっ…ひい、あっ!あ!あ!!あはあああっ!!
(ふ、太い、指…男の人の指で、かき混ぜ、られて、るっ…エリス、おなかに男の人のゆびで精液ぬりこまれっ…)
やああ!!ぬるぬるしちゃうっ…おなかのなかえっちにされちゃうううっ!!!
あっ、あっ 広げちゃいや、あっ
(目元に涙がうかぶほど…肩がふるえて、顔が上気しちゃってる)

(ゆびでかき混ぜられるのが効きすぎちゃッ…精液、塗りこまれるみたいにっ
 いっしょに、おっぱいなんか揉まれちゃったら…っ)
ひあ、あ!!っあ!!ああは…ッ!!!!
(手で顔になすられる精液のにおいにも、感じちゃうッ…)

(だめ…なめちゃ…だ、め、…)
(舌が…エリスの考えと関係ないみたいに、ディード様の手を…っ)

【もう、エッチになっちゃってます…////;書き込みに時間かかっちゃう…;】


774 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/09(土) 01:15:25 ID:+MZLPfuG
そう、素直だね…美味しそうにぺろぺろ舐めるんだよ。
(再び精液を掬い取り、したたる指をエリスの口に入れて)

今の様子を仲間が見たら、どう思うのかな…?
魔物に犯されて、孕んでしまうくらいに射精されて、美味しそうに精液を舐めている…
大切な仲間であり、最高のオカズだったエリスが、こんなに堕ちてしまったなんて…

今、人間達の元に帰っても、きっと辛い仕打ちが待っているよ
魔物との姦通で、異端審問とやらにかけられるかもしれない
良くて処刑、悪くて…騎士達の性欲処理係かな?
エリスにはそれも似合っていそうだけどね…
だって私に犯されているとき、心の片隅で悦んでいただろう…?
沢山の男達に輪姦されるという欲望が叶って、満足しなかったかい?

私も実験素材だった君が、こんなに素晴らしい素質を持っていて嬉しいよ
(胸の精液を払い落とすと、再び乳首に吸い付いた)
ちゅっ…んちゅっ…私をも虜にする、魔性の肉体…
良い声で鳴いておくれ…私の可愛いエリス…

【もっと、エリスのおっぱいを苛めていいかな…?おっぱいだけでイってしまうくらいに】

775 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/09(土) 01:34:53 ID:7DHv0MQ/
んん……っ…ちゅ…あふう…ん…っ おい、し…っ
(だめっだめえそんなことしたらだめえっ、心の中まで犯されちゃうっ)

(でも感じちゃうのっ太い指が口の中にやらしい男の人の液無理やり含ませてくる、の…っ!!)
っひあ、あっ!!
そ、うですっ…エリスはディード様にこんなに犯されてっ…
も、う、仲間、の、ところに、はっ…っあ!!あ!!
…ッ…!!嬉しい、んです…ッ!!いっぱいえっちな事されて…えっちな液、たくさん
おなかの中に注射、されてっ…ッあ、あ!!
(とまらない、とまらないのっ自分で言ったえっちな言葉で気持ちよくなっちゃうううっ)

っくあ、あっ…はうっ!!
す、吸われてる、すわれてるううっえっちな吸い方、されてっ…っあ、あはあああッ!!
(こんな、のっ、…エリスのおっぱい…、こんな、に…えっちにされっ、てっ…)
っあ、はう!!はあううっ!!

【すごい、やらしいです おっぱい、わざと谷間作って…谷間を責めてくださいっそこに指入れたりして、やらしくして…】


776 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/09(土) 01:48:53 ID:+MZLPfuG
ついに認めたね、エリス…!
魔物に犯されて、嬉しいだなんて…本当にいやらしい娘だ…
ああ、これからは私だけのエリスになるんだよ…沢山可愛がってあげるからね…!
(ついに屈服させた満足感からか、手つきが今までよりも更に荒々しくなって)

エリスのおっぱいは柔らかくて気持ちいい…それに美味しくて…
こんなに形を変えて…すごく芸術的だよ…
(両手でエリスの胸を寄せて、谷間を作って)
(男性器を模した触手が、強引に谷間へ潜り込み)
エリスの中に入れているみたいな感触だよ…すごくエッチな胸だ…
こういう事も、前の恋人にはやってあげていたのかい?
もっと味わわせてもらいたいね…エリスの谷間…
(触手達が我先にと胸の谷間を目指し、ディードの指は乳首を擦り続けて)

【すいません、希望のことをさせてもらっておいて申し訳ありませんが】
【そろそろ体力が限界のようです…】

777 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/09(土) 02:06:05 ID:7DHv0MQ/
は、いっ…えり、すはいやらしい娘です、騎士なのにっ、犯され、てっ
気持ち、良く…なって…っあ、ああっ!!
気持ちよく…なっ…ひう、うっ!!あはあ、ああああっ!!
(すご、い…っおっぱい、から…やらしい、感じ…たまらない、エッチな感じ…ひろがっ、てっ)
っあ、はあ、あっ!!あう、あう、う!っくうう!!

(…あ、胸の、谷間が…っ)
(そんなに、寄せて…すごく、えっちな感じにされて…っ、やあ、あ…)
(エリスのおっぱい、こんなにやらしいんだ…こんな、えっちな…かたちだったんだ…っ)
ああ、う!はああ…っ!!入って、来る…っ!おっぱいの、えっちな谷間に…
やらしい触手はいってくるううっ…!
ぬるぬるされちゃう…おっぱい、犯されちゃうッ…っあ、あ!ああ!!はあ…あ!
犯されてるの、おっぱいのエッチな谷間、ぬるぬるこすられてるの、…くあ、あやあああああッ


【了解ですっ、エリスのレスも遅くなっちゃってごめんなさい…】
【すっごくやらしくて…夢中になっちゃって…】

【また、凍結していただいていいですか…?】

778 :ディード ◆fwVkVAa8BE :2009/05/09(土) 02:15:42 ID:+MZLPfuG
【ありがとうございます。是非凍結で。】
【日曜日は難しいので…詳しい時間は、後日に楽屋でお願いできますか?】

【今夜はこれで。おやすみなさい…】

779 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/09(土) 02:17:20 ID:+MZLPfuG
【あ…トリップをメール欄に入れてしまいました…】
【今度からこれに変えますね】

780 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/09(土) 02:21:36 ID:7DHv0MQ/
【はいっ、凍結します…ありがとうございます♪】
【了解しましたあ…!楽屋で連絡取ります…新トリップも了解ですっ】

【おやすみなさい、ディード様…ちゅっ♪】

781 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/09(土) 02:23:13 ID:7DHv0MQ/
【スレを、お返しいたします。】

782 :名無しさん@ピンキー:2009/05/09(土) 23:11:17 ID:VMVcSTE8
携帯で見れる有名女優・アイドルのパンスト股間など 動画・画像を探してます。
ここにいい写真ありました。
http://1pg.in/~rest/

783 :名無しさん@ピンキー:2009/05/12(火) 19:41:10 ID:YTHv02Ip
店員「こちらがお客彷徨うトイレでございます」
ぼく「えっ」
店員「お客彷徨うトイレをお探しでたよね」
ぼく「ダンジョンですか」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「男女は別々でございます」
ぼく「えっ」
店員「えっ」
ぼく「女の子でもひとりで脱出できますか」
店員「なにがですか」
ぼく「お客彷徨うトイレに女の子ひとりではいるんですか」
店員「そうなります」
ぼく「そうなんだすごい」
店員「1階から5階まで各フロアにございます」
ぼく「死亡遊戯みたい」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「ああ、児童遊戯施設も各階にございます」
ぼく「なにそれみてみたい」
店員「お客彷徨うトイレをご使用中に遊ばせておけます」
ぼく「なにそれもこわい」
店員「えっ」
ぼく「えっ」

784 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/16(土) 22:11:57 ID:GjnLrJVz
【エリスさんへ、一レスお借りします】

【申し訳ない…今帰宅して明日の朝が早く、まだ規制も解除されないので】
【今晩は難しくなってしまいました…本当にすいません】

785 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/16(土) 22:38:27 ID:pJ+096ND
>>784
【ディード様へ(一レスお借りします)】

【了解です!お気になさらないで下さい、エリスは大丈夫です!】
【…ディード様にエッチにいじめてもらう妄想ばっかりしてたのでちょっと辛いですけど…////;えへ】

【また、楽屋に伝言しますので…来週はたぶん金曜がいいと思いますけれど、】
【はっきりしてから書き込みいたします♪】

【それでは、ゆっくり休んでください…あした、寝坊しないように…ちゅっ♪ おやすみなさいっ♪】

【スレをお返しします、ありがとうございました!】

786 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/29(金) 23:06:27 ID:zdgbgqpV
【ディード様とのロールに使います…】
【少し遅れちゃいましたあ…来てらっしゃいますか?】

787 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/29(金) 23:17:03 ID:Vk/MdIuE
【こんばんは、エリスさん。お待ちしていました】
【私からでしたね。ちょっとぼけていました】
【今から続きを書きますので、少々お時間頂けますか?】

788 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/29(金) 23:20:16 ID:zdgbgqpV
>>787
【ディード様、こんばんはっ…♪】
【はいっ、お待ちしています♪】

【あ、あと、伝言みました。お時間のほう、無理しないでくださいね…】

789 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/29(金) 23:35:53 ID:Vk/MdIuE
そうだよ…今、エリスのおっぱいを犯し尽くしているんだ…
乳首は固くてコリコリしてて…谷間は肉壷のように淫らな穴になってる…
食べちゃいたいくらい素敵だよ…!
(悦びの表情で、エリスの胸を弄り、パイズリされていた触手から白い液が飛び散って)
ふぅ…やっぱり、エリスのおっぱいは最高だよ…

しかし、私ばかり責めていても良くないね…
えっちなエリスからも奉仕してもらいたいな…
…エリスは今、私の触手が大好きだろう?
(エリスの両腕を縛っていた触手が蠢き拘束を解く。代わりに肩を支えるようにして)
(胸の前に屯っていたペニス型の触手が何本も、エリスの眼前に突き出されて)
エリスの可愛い手とお口で、この大好きなペニス達を満足させて欲しいな…
(全ての触手が射精寸前のように、先端から透明な液でテカテカしている)

私もたっぷりと、舐めてあげるからね…
(顔をエリスの胸に埋め、がむしゃらに乳房に吸いつき、歯を立てて柔らかさを堪能しはじめ)

【お待たせしました。エリスさんの肉体…久しぶりでわくわくします…】

790 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/29(金) 23:58:08 ID:zdgbgqpV
エリスのおっぱい、犯されてるっ…ぬるぬるの触手がおっぱいの間にもぐってる…
おっぱいのあいだ、掻きまわされっ…ひ、あああっ…っやああっ…
ぬうちゅぬちゅ、すごくエッチな音がしてるうッ…びんかんなとこ、おちんちんみたいな
触手の先がこすってるよおっ…
(胸の谷間を触手の先でこすられるたびに…体がびくんっ、てふるえちゃうっ…!)

あ…!!ああああッ…!!ひ、ああうっ…
えっちな白い液がッ…触手の先からっ…エリスのおっぱいの谷間の中にッ…
あああっ!あッ!あく、ううううッ!!びちゃびちゃでてるよおっ…!!
ぬるぬるの白い液っ…おっぱい、犯されて…っ…くう、ううううッ…!!あう!うッ!!
(おっぱいの谷間にいっぱい精液注がれて…肩がふるえてるっ…)

…は、いっ…ディード様…の、触手で…エリスの、くちのなか、もっ…
いっぱい、味わって…エリスのくちの中に…えっちな白い液、いっぱい…出して…っ
(肩を支えられて、思いっきり犯される期待に声が震えちゃう…っ)
(ぬらぬらしてる…すごくえっち…したたって、えっちな糸引いてるっ…)
あむ、うっ…(固い先っぽを受け入れて、舌をからめて)
む、うううっ…ちゅ…あう、うッ!!
(柔らかな胸の肉に歯を立てられて…びくびく、ふるえちゃうっ…)

791 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/30(土) 00:02:06 ID:YGDgn1tv
【ちょっと邪魔が入っちゃいましたっ、一回目のレスが遅くなっちゃった…】
【もう大丈夫だと思いますけど…ホントごめんなさい、つづけますっ】
【…でも時間がきたら言ってくださいね、ご無理なさらずに…】

【エリスも…ディードさんのいじわるな責めを心待ちにしてましたから…きゅうっ、てなっちゃってますっ…///】

792 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/30(土) 00:13:14 ID:Kc9M32G2
触手は沢山あるからね…何本でも好きなだけ、搾り取っていいよ…
どの子もエリスに触られたがってるからね…はむっ…むちゅっ…
(乳房にかぶりつきながら、エリスに舐められる触手への刺激に恍惚感を覚え)

エリス、今、幸せかい…?
沢山のペニスに犯される夢が叶ってさ…!
(エリスの体中に、ペニス型の触手を擦りつけて)
いつまでも好きなときに好きなだけ、犯してあげるからね…
私専用の性騎士として…
さあて、もう一度、お腹の中に沢山注いであげるよ…
今度はもっともっと気持ちいいはずだ…エリスが協力的になってくれたからね…

【時間もそうですが、大分長く続けていましたので…そろそろ〆の方向に向かって
宜しいですか?】
【私もエリスとのロールはいつまでも続けていたいのですが…】

793 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/30(土) 00:29:23 ID:YGDgn1tv
(くちの中に入ってきた触手がっ…エリスの舌に、おちんちんの先を押し付けて…くるっ)
あむ…ちゅ、むうっ…んんっ…む…ちゅ…
(先からえっちなぬるぬるがいっぱい出てるっ…すご、いっ…やらしい、におい…おちんちんの、におい)
ちゅぷっ…ちゅぷん…あむ、むっ…ちゅるっ…ちゅ!ちゅ!ぬちゅ!
(こ、んなっ…やらしい吸い方しちゃ、だめえっ…止まんない、よおっ…)
(自分から、触手をしゃぶるスピードを上げていっちゃうっ…はやく、やらしい液で口の中を汚してほしくて…っ)
(両手につかんだ触手の先を…おちんちんの先を、先走り汁をゆびでぬめらせるようにして刺激して…)

は、はいっ…とっても…幸せですっ…
エリスの隠していたえっちな夢を…おもいきり開放して、かなえていただいてっ…ひ、ああああっ!!
(体中にぬりつけられる触手の先の先走りの液のぬめりに、大きくのけぞって…気持ちいい声、
 とってもやらしい声を…おもいっきりあげちゃうっ…)

は、はいっ…いくらでも…お好きなように犯して、くださいっ…!ディード様っ…!!
ああっ!!はううっ…!!
う、嬉しいっ…ですっ…えりすのお腹のなかに…えっちな白い液、いっぱい注射、してえエッ…!!!

【はい…!そうですね…とっても興奮させていただけて、終わってしまうのが残念ですケド…】
【このあたりで、〆にしていただいたほうがいいでしょうか…よろしくおねがいしますっ】

794 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/30(土) 00:48:06 ID:Kc9M32G2
ほら、見てエリス…私の股間…
(一際目立つ、股間のぶっとい触手…ペニスを見せて)
沢山出したのに、エリスがえっちだからすぐに大きくなっちゃったよ
さあ、これをエリスの中に入れるよ…力を抜いて…
エリスのエッチな汁と私の精液が、いい潤滑油になるはずだから…
痛くなったら触手を握って、堪えるんだよ…!
(ずぶりと先端をエリスの膣に嵌め、ぐりぐりと沈み込ませていく)

どうだい…今まで味わった何よりも太くて…「私」を感じられるだろう…?
私はエリスの全てを感じているよ…このままずっと繋がっていたいね…
勿論エリスのおっぱいもお口も、手も足もお尻も…
舐め尽くすように、私の臭い触手でなでなでしてあげるから…

さて、動くよ…エリスの中をぐちゃぐちゃにかき混ぜて、
さっきよりもっともっと、私の全てを注ぎ込んであげる…!
(エリスの身体を上下に揺り動かして、腰を激しく突き上げる)
(壊れてしまうくらいに激しく、エリスの全てを味わうように)

795 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/30(土) 01:05:35 ID:YGDgn1tv
すっ、ごいっ…(これからその器官が自分に何をしようとしているのかもわすれて)
おっ、きい…びくんびくん、動いてる…
(少女らしく目を丸くして…ゆびの先でそっと硬直したものをなぞると…表面をつたう
 透明な粘液が、ゆびの先につう、と糸を引いて…)

あ…っ、はい…わかり、ました(顔を赤くして、手を後ろについて…そっと、脚を…)
…っい、あああああッ!!
(脚を恥ずかしげに広げかけるまもなく、ディード様の腰が…エリスのあいだに割り込んできて…
 思いっきり、深く…いっぺんに、ずぶずぶっ、てっ…!!)
(やらし、やらしいよっ…エッチな音がしてるっ……)
ひ、ううううッ…あ…っ、あッ、ああッ…!!はっ、入っちゃう…ずぶずぶ、はいッ、ちゃっ、
いいああああああああッ…!!あ!ああっ!!

はっ、は、イッ…く、うっ…感じ、ちゃいます…っ…あくっ…
(深く入られすぎて…びんかんなところをおちんちんの先で押し付けられてっ…
 からだっ…硬直しちゃううッ…)

あ!あッ!!あああっ!!…ッ!!ッッツ!!
(つ、きあげられちゃうとっ…おしりが…っ、しびれちゃってっ…ひあ、あっ)
(えっちなしげき、つよすぎっ…息が、できなっ…)
い、あああッ!!はく、くッ…く、ああっ!!

796 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/30(土) 01:21:05 ID:Kc9M32G2
くうっ…エリス、気持ちいいかっ…?
エリスの奥、深いところまで届いちゃってるよ…!
ごつごつ突いて…私は、気持ちいいよ…!
どうだ、改めて聞こう…私のパートナーになってくれるね…!
君が誓うなら…私もエリスの事をずっとずっと気持ちよく、
そして幸せにする事を約束しよう…!
(激しいストロークに合わせて言葉を放ち、エリスの心を確かめて)
さあ、いくぞ…!
たっぷり、私の全てを受け入れるんだ…あああっ!!!
(ドクン、ドクンッ!と、ペニスが激しく脈打ち、エリスの膣内を白い液体で犯し尽くす)
(体中を撫でていたペニス達もそれに合わせて白濁液を放射して)
(まるでエリスが精液のプールに浸かったような、それくらいの量で)
…私の匂いが染み付いてしまったね…君も、淫魔の仲間入りだ…
エリス…もうずっと、君を離さないよ…

797 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/30(土) 01:38:45 ID:YGDgn1tv
(ディード、様のっ…男の人の、おしりが…えりすの脚のあいだで…おちんちん突き刺して、
 この娘を犯してるぞっ、て…とってもやらしい動きかたで、えりすのおしりを突き上げてるっ…)
ひ、あああっ…や、だめえっ…そんなに、深くッ…
(辛くて…おちんちんで虐められて、気持ちいいっ…)
(ディード様の、いじわるなおしりに…つめを立てちゃって…突き入れられるたびに、
 やらしく、ひっかいちゃうっ…)
(男の人のおしりって…とってもえっち…ディード様は、魔族だけれど…)

きもちッ、いいっ、ですっ…くあ、あっ…あううっ!!
届いちゃってるっ…一番奥まで届いちゃってるの…ッ!!
ディード様のやらしいおちんちん、えりすのいちばん深いところをっ、えぐっ、ちゃっ…
い、あああッ!!!(のけぞっちゃう、けいれんしちゃうッ…!!)
(おちんちんのエラのかたいところがっ、えりすの敏感なとこ引っかけちゃうのっ…)

は、はい、いつまでも、おそばにおいて…くださいっ…あ、ああああっ!!
(いきなりっ、強くうッ…エリスの中、引っかかれちゃうッ…)
だっ、出して…ッ、くださっ…あくっ、く!!くう!!あ、あはああああッ!!!!
(で、出てる…ディード様のえっちな精液…おなかに注射されて…ッ
 どんどん、なかに溜まってっ…感触が…えっちすぎて変になっちゃいそうっ…)
(やらしい液を注ぎ込まれて…ピンクのブーツのつま先が、地面を引っかいてふるえつづけ…)
あく、くっ…!…ッく!…く、ううっ!!
(からだのけいれん…とまんないよおっ…)

はあっ…はっ…はあ…すご、いっ…えっちな液…こんなに、いっぱいっ…
体中に注がれた白い液を…ゆびから滴らせながら体にぬりつけて…

ディード、様っ…エリスは…ディード様に、お仕え…します…
(瞳の色が…エメラルドから、琥珀の色に変わって…)




798 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/30(土) 01:44:14 ID:YGDgn1tv
【ディード様っ…気持ちいいよお…エリスはもう】
【一気に…かけあがっちゃって…いっぱい、レスしちゃいましたっ…/////】

799 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/30(土) 01:56:18 ID:Kc9M32G2
【ありがとうございます。いっぱい感じてくれて】
【これで〆にしたほうが想像力も掻き立てられて綺麗だと思うのですが、如何でしょう】

800 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/05/30(土) 02:01:46 ID:YGDgn1tv
>>799
【はい、ありがとうございますっ…!】
【とっても…素敵でした!ホントに長いあいだ、ありがとうございました…】
【またいつか会えたら、短めのシチュででもお相手して下さい…♪】
【それでは…失礼いたします、ディード様…本当にありがとうございます………ちゅっ♪♪…ちゅむ♪】
【2回キスしました…一回目は唇に…2回目は…えへへっ…カタイところっ♪】
【おやすみなさいっ…♪】

801 :ディード ◆xMQL5OCnQE :2009/05/30(土) 02:07:14 ID:Kc9M32G2
【こちらこそ、長い間お付き合い頂いて本当に楽しかったです】
【それではお休みなさいませ…】

802 :エリス ◆qN/UdbAnj8o5 :2009/06/21(日) 13:45:42 ID:iz0600ui
【今は待機はしませんが…保守させてくださいっ】
【(…3週間も来てなかったのにだれも使ってないよう…;)】
【夜時間ができたら待機しますケド…人少ないのかなあ…寂しいよう…くすん;】
【保守のみで失礼しました…スレお返しします…】

803 :エリス ◆qN/UdbAnj8o5 :2009/06/21(日) 13:57:55 ID:iz0600ui
【あれ…トリップがちゃんと出ない…;なんでだろ】

804 :名無しさん@ピンキー:2009/06/21(日) 14:05:20 ID:wWj36cpy
横から失礼します
■新トリップ利用ガイド

1) 今の10桁トリップをそのまま使いたい
 #以下の文字数が
   11文字以下→ 今までと同じ表示
   12文字以上→ 先頭11文字までにすれば今までと同じ
          トリップ内の漢字は2文字でカウント

2) 新しい12桁トリップを使いたい人
 #以下の文字数を12文字以上で指定

3) 上級者向き10桁トリップの新機能「生キー指定」
 ##xxxxxxxxxxxxxxxxnn で指定
   x: 0〜9A-Fの16進文字列 (ASCIIコード8文字分)
   n: salt文字列(省略可)
ということで、新トリップ方式になったようです。失礼しました

805 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/21(日) 14:14:15 ID:iz0600ui
>>804
【ありがとうございます!ちゃんと出ました♪】

806 :名無しさん@ピンキー:2009/06/21(日) 23:23:26 ID:w6YcqmWy
エリスちゃん、今夜は来れないのかな…残念

807 :エリス ◆qN/UdbAnj8o5 :2009/06/21(日) 23:36:12 ID:VlMnHrL4
>>806
【うわあっ、ごめんなさいいっ…; ちょっとタイミングずれちゃったかな…?今から待機しますっ】
【プロフィールは >>506 です…これももうちょっとすっきり書き直したほうがいいかなあ…】

【シチュエーションについては基本プロフィールのものが好み、という程度で…】
【あんまりシリアスじゃない、エッチコメディみたいのとかも好きですし、NG以外はそんなにだめなシチュはありません…】
【ああっ、なんか言えば言うほどわかりにくくなる…エリスは頭あんまり良くないです…;;】

【とっ、ともかく…12時半ごろまで待機します、よろしくお願いいたしますっ…;】

808 :名無しさん@ピンキー:2009/06/21(日) 23:37:07 ID:w6YcqmWy
【待ってて良かったー。お相手してくれるかい?】
【こちらは1時頃までしか出来ないけど…】

809 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/21(日) 23:38:09 ID:VlMnHrL4
【ああっ、またトリップ間違えちゃった…ごめんなさい(泣)本人です、】

810 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/21(日) 23:39:18 ID:VlMnHrL4
>>808
【あっ、はいっ♪よろしくお願いします!】
【どんな感じでしましょうか…?】

811 :名無しさん@ピンキー:2009/06/21(日) 23:44:43 ID:w6YcqmWy
【エリスちゃんの上官が、身体検査と称しておっぱいを弄ったりとか…】
【エリスちゃんの部下がエリスちゃんの衣服の匂いを嗅いで自慰してるところを本人に見られて…逆上して襲い掛かるとか】
【エリスちゃんの方で上二つ以外にやりたい事とかあるかい?】

812 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/21(日) 23:49:10 ID:VlMnHrL4
【前に、「おしおき」ってシチュエーションやったことがあるので…上官に身体検査でっていうのはすごくやりやすいです♪】
【下のシチュエーションは…新しいですね(えへ)でもどちらでもいいですよ、お好みで♪】
【とはいうものの、やっぱり立場を利用して上官に好きにされちゃうほうが興奮するかな…;///】

813 :名無しさん@ピンキー:2009/06/21(日) 23:50:55 ID:w6YcqmWy
【それじゃ、エリスちゃんが興奮しちゃう上のシチュエーションで書き出しを考えるよ。ちょっとの間待っててね】

814 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/21(日) 23:55:19 ID:VlMnHrL4
【ありがとうございますっ…待ってますね!】
【もしできるなら、でいいんですけどっ…教会騎士団らしく、「穢れを払う」とか何とかの理由をつけていろいろされちゃうのもいいかな…////;】
【急に思いついたので…途中で演出としてつかえたら、という感じで…おまかせしますっ】


815 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 00:11:33 ID:RZDOUo/Q
(エリスが所属する教会の奥には、高位の聖職者にだけ与えられる広い私室がある)
(その部屋の中央に置かれた机で、一人の男がぶつぶつと一人呟いていた)
ひひひっ…今日はあのエリス君と二人きり…早く来ないかな…
教会の若い娘は全て喰ったと思ったが、騎士の中に上玉が隠れていたなんてね…
ひひっ、楽しみだ、楽しみだ……
(その男は頭は剥げて中肉中背。口元は歪み、聖職者にあるまじき姿とも言えた)

(やがて扉がノックされ、返事をする)
エリス君か。入りなさい…ほほう、遠目には見たことがあるが、まさかこれ程とは…
(獲物を蛇のような絡みつく視線で、エリスの身体をじろじろと凝視する)
まだ若いのに、戦場で大活躍だそうですね…魔物を次々に滅ぼしていると。
私の耳にも届いていますよ…素晴らしい事です。
(本性を隠して、エリスを褒め称える)

だが、魔物に近づくものは魔に魅入られる…その理屈は教わっていますね?
ゆえに本日、貴女が魔に染まっているか否かの審問をします。
さあ…全てを曝け出しなさい…私の質問には全て嘘偽りなく答えるのです。
貴女の体についても調べますが…決して淫らな事は考えないように。いいですね?
(早い話が、身体検査をさせろと言っているのだ)

【こんな感じです。「穢れを払う」っていうのはこっちも考えてました】
【これでよかったら続きをお願いするね】

816 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 00:26:59 ID:PbV/SIur
アラン様から呼び出しかあ…アラン様って、ほとんどお話したことないんだけど…
でもエリスが普段会ってる騎士団の隊長と比べても、ずっと徳の高い聖職者なんだよね…
(そそくさと教会の回廊をアラン様の私室へ急ぎながら)

このあいだの討伐でやりすぎちゃったから…また怒られちゃうのかなあ…
あっ、でもでも、逆にほめられちゃったりしてっ♪
(ふだんあまり会うことのない高位の聖職者殻の呼び出しに、期待と不安が入り混じり…)

アランさまっ、エリスです…失礼いたします…
(ふだんのおてんばさを綺麗に押し隠して、すました顔でノックして…部屋に入ると)

失礼します…アラン様、お呼びと伺いまして…
(…わりと普通のおじ様なんだなあ…でもきっと、すごく徳が高いんだ…)

は、はいっ…いえその…恥ずかしいです、大活躍、だなんてっ
(新しい力…すごく役にたってるもんねっ…!嬉しいっ…♪)

あっ、はいっ…よく、分かっています…
(…もう何度か汚されちゃった…から…まずいかなあ…どうしよ…)
…はい、わかりました…

【あ、よかったです…そういう理屈つけられると、すごくのっちゃうので♪】
【ところでアラン様は…「司教様」って感じでしょうか?職位があると、やりやすいので…っていうか興奮するんです/////】

817 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 00:41:29 ID:Sqjwo6e3
(席を立ち、エリスの前に立って目を細める)
(「間近で見ると、ますます以って美味しそうな身体だ…ひひひっ」と心中で呟き)

それでは審問を始めます…汝の名を言いなさい。
(始めは相手の目を見つめて真面目に務めを果たすが…段々と視線は下へ下がっていく)

しかしエリス…この服装はなんですか?いやらしいと思ったことはありませんか?
弁解があるなら述べてみなさい。
(ビキニの肩紐を引っ張ってもてあそび、乳房がたゆんと弾む様をじっくりと眺める)

エリスの身体そのものもいやらしいですね…どうしてこんなに胸が大きいのですか?
魔物と戦い始めた頃から膨らんだのですか?違うのなら、大きくなった時期を言いなさい


(突如、ビキニの中に片方の掌を滑り込ませて、おもむろに揉み始めた)
(「この柔らかさ、たまらんねぇ!乳首もまだ膨らんではいないのか…だが感触はあるな」
(「すぐにでも押し倒してやりたいが…もっと苛めてからだな、ひひひっ」)

【そうですね。司教にしましょう。エロ司教…】

818 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 01:00:15 ID:PbV/SIur
(ああっ…司教様の、エリスの体の中の穢れをぜんぶ見通しちゃってるような視線…やばいよお…)
(司教様の食い入るような目線に…後ろめたい思いがあるために、真意にはまったく気づけず)

はい…私は…エリス…エリス・シャトレーです…
いえ、そのっ…この衣装は…私は、「風使い」ですが…騎士ですから、術者に比べると
どうしても魔力が弱いので…風の流れをつかむのに、素肌で感じる必要が…っ
(ああっ、おっぱいゆれちゃうっ…恥ずかしいっ…やっぱりこの衣装じゃまずかったかなあ…
 司教様に会うのに、普段のカッコで…でも訓練中で、着がえる時間なかったもんね…)

す、すみません…そんなつもりは…
…その……っ(ううう…恥ずかしいよお…でもちゃんと答えますって誓っちゃったし……)
……入団して騎士見習いとしての訓練を、始めてから…です…から…
……14才、くらいから…かな……(顔真っ赤だよう…////)

あ、ひゃああっ…あ、アラン様…!?
(突然のことに、ただびっくりして目を丸くするばかりで…もとより抵抗することなど思いつかなくて)
そ、そのっ…これ、も…審問、なんでしょう、かっ…?
(ますます顔を赤くして…教会の施設内で体を触られていることに、ただ「恥ずかしい」
 っていう言葉ばかりが頭の中を回っちゃう…)

【エロ司教、様ですか……それいいですね……もう、興奮してきちゃいましたっ…////;】
【あ、お時間大丈夫ですか?いつでも凍結していいですよ…?】

819 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 01:04:01 ID:Sqjwo6e3
【気遣いありがと。そろそろタイムアップだね。凍結をお願いできるかな?】
【続きは、平日なら11時から1時の間だけできると思う。ただ、次の金曜から日曜は難しい…ごめんね】

820 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 01:07:07 ID:PbV/SIur
【はあいっ、了解ですっ…♪】
【平日はエリスもいつでもOKです…あ、水曜日はちょっとまずいかな…でも一時までなら大丈夫、うん!OKです!】
【…ということは、明日も11時からよろしいでしょうか?】

821 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 01:10:09 ID:Sqjwo6e3
【うん、それなら明日の11時にまた来るね。エリスちゃんの身体に悪戯し尽くせるのを楽しみにしているよ】
【それじゃお休み…風邪ひかないようにね】

822 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 01:12:23 ID:PbV/SIur
【はいっ♪ではまた、明日の11時に… えへへっ…////いっぱい悪戯、してください…////】
【平日、来れなくなる日もあるかもしれませんけど…そのときはなるべくはやめに伝言しますっ;】

【それではアラン様、ありがとうございました…アラン様もお体をお大事に…おやすみなさい、またあしたっ…ちゅっ♪】

823 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 01:14:51 ID:PbV/SIur
【スレをお返しいたします…ありがとうございましたっ♪】

824 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 23:02:04 ID:Y3juuyYM
【エリスちゃん待ちです。今、続きを書いているよ】

825 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 23:05:28 ID:PbV/SIur
【あ、ちょうどいま書き込もうとしてましたっ♪】
【アラン様こんばんは!よろしくおねがいしますっ♥】
【はいっ、待ってマース…どきどきします…えへ】

826 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 23:13:40 ID:PbV/SIur
【待ってる間に雑談しちゃおうっかなあ…♪】
【アラン様っておいくつぐらいの人なんでしょうか…エリス「ちゃん」って呼ばれるのがすごく自然に感じられます…///】
【エリスは社会人になってないからあたりまえかな…】
【…ていうか「ちゃん」つけられると…おとなの男の人にもてあそばれるみたいで、からだがあったかくなってきちゃいますっ…】

827 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 23:16:06 ID:Y3juuyYM
ほう、肌で風を感じる必要があるのですか…それは、このように?
(エリスの肩を押さえてビキニを引っ張り、乳首を僅かに露出させて)
(上から乳首を覗きこんで、ふぅ、ふぅ…と息を吹きかける)
どうですか…私の息吹で何か感じられますか?
何も感じられないなら、もっと鍛錬の必要があるでしょうね…
(「ひひひっ…可愛い乳首だ…沢山しゃぶって、大きくしてあげるからね…」)

…勿論これも審問ですよ。雑念は捨てなさい。
この胸は14歳から大きくなったのですか…きっと、聖なる力によるものですね。
(「くそっ!もっと早くに気づいていれば…ロリ巨乳を存分に味わえたのに!」)
(「しかしまだ童顔で可愛らしい…胸も育った今も、十分楽しめるか…」)
ふむ…こちらの胸も検分します…
(エリスの後ろに回ると、今度はビキニの下に両手を滑り込ませた)
(乳房に指を沈み込ませ、ゆっくりと揉み…明らかに異様な光景である)

審問の続きです。
この胸を、異性に触れられた事はありますか?
それと、この胸が異性を惹きつけるという夢を見たことがありますか…?

【お待たせしたね。今夜もよろしく】

828 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 23:17:25 ID:Y3juuyYM
【それは秘密だよ…でもエリスちゃんよりは年上なのは間違いないね】
【こっちもそんな反応されると、嬉しくなっちゃうよ】

829 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 23:34:17 ID:PbV/SIur
>>827
……っあ!……っ…… あ、アラン…様…司祭様…そうです…っ
(さっきまで…訓練で魔力を高めてたからっ…そんなふうに直接、息なんか…かけられたらあ…っ)
(思わず体がびくん、と大きく反応して…いっしゅん、甘い声をもらしそうになって…)
は、はいっ…その……すみません、それだけでは…何も…
(ああっ…疑われちゃうよ…魔物と接触しすぎてるから、汚されてるって…)

は、はいっ…気をつけますっ…
(えーん…まずいよお…司祭様にはきっとぜったい見抜かれちゃうっ…)
(それに、考えるなって、いわれるとよけい…)
(次から次へとダンジョンでのエッチな経験が頭をよぎってしまい)
は、はいっ!(アラン様の問いかけに、妄想からはっとわれに帰り)
え…?は、はい…ひやあああっ!(性格から、「きゃあああっ」という悲鳴があげられずに間抜けな声を出してしまい)
あ、アラン様…?あの…っ…ちょ、ちょっと…ああ…んっ
(司祭様が相手じゃうかつに抵抗なんかできなくて…)
(きっと、意味があるんだ…エリスが神聖力を汚されてることに気づかれちゃったんだっ…)
(やっ…そんなに、指…くいこませ、ちゃっ…)
はあっ…はああっ…い、やあ…っ(びんかんに、なってるっ…やばいよお…)

は、は、い…その…(恋人が…騎士団に…って、言っちゃ…)
そ、その、…親しくしている人が…触れたことぐらい、なら…っ…は、あ…
……はい…(すっごくエッチな夢見ちゃったこともあるし…でもそんなことまでいえないよお…)

【はいっ!よろしくお願いします…遅れすでごめんなさいっ…;;】

830 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/22(月) 23:38:15 ID:PbV/SIur
>>828
【あ、やっぱりそうですよね…!】
【ああっ…なんかすごくあったかくなって来ちゃったあ】
【包み込まれるみたいに、やさしく…でも逃げられないように押さえつけられたいです…♪】

831 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/22(月) 23:53:42 ID:Y3juuyYM
吐息では私の魔力を感じられませんか…もっと強く伝えなければいけませんね…
しかし指では何かを感じているようですね?
私もこのたわわな乳房の奥に…何か、聖なるものとは異なる気配を感じますよ…
(「いやらしい身体を持つ女特有の、淫らな気配がな…」)

そうですか…触られた事も、夢を見たこともあると…。
では、夢の中であなたは胸を触られたのですか?舐められたのですか?
相手は1人でしたか?複数でしたか?恋人でしたか?それとも全くの別人でしたか?
そして最も重要な事ですが…その夢の中で、貴女は悦んでいましたか?
正直に答えなさい…

ああ、答える間に…こちらに向き直って、目を瞑りなさい。動いてはいけませんよ
(乳揉みを一旦止めて、エリスが目を瞑ったのを確認して…ビキニを大きくずらす)
(乳房をぷるんと露出させて、ひとしきり眺めた後…)
(乳房を下から持ち上げるように、舌でべろんと舐める)
(左右の乳房で何度も繰り返した後、乳輪をべろべろと無遠慮に嘗め回して)
(興奮を抑えられなくなり、ついに激しく乳首をしゃぶり始めた)

(「ああ、いい舌触りだ…ひひっ!まだ実際には犯しつくされていないようだし…」)
(「もっと念入りに味わってあげるよエリスちゃん…♪」)

832 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 00:04:06 ID:F9UBoe7g
【やさしくとはいかないかもよ。なんたってエロ司教だからね(笑】
【でも可愛がるから安心してね、エリスちゃん】

833 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 00:12:58 ID:ybahDyLp
(ああ…やっぱりわかっちゃうんだ…司祭様みたいに徳の高い人の前じゃ、なんにもかくせないよお…)
はい…っ……、で、でも…っその、さっきまでの、訓練の効果が…のこってて…
ゆびで、触られる、とっ……ひ、あ!
(いっそう食い込んできた指に…司祭様への絶対的な服従心から、不快感よりも
 自分のいやらしい部分をあばき出される予感に身を震わせて…)
…あ…あ……っ、司祭、様あ…そんな、に……強く、しちゃっ…
(もう、だめ…きっともうわかっちゃってる…いっそのこと、司祭様が全て綺麗に浄化してくれたら…)

は、はい…っ
(そ、そんな詳しく…話さなきゃダメなの…?でも、黙ってても…きっとわかっちゃう…)
触られました…それに、口でも…されました…
し司祭様…っ… はっ、恥ずかしい…です、でも…ちゃんと告白、しなきゃ…いけないですよね…
恋人もいましたし、騎士団のみんなもいました…それに、いままで戦った魔物もっ…!

ごめんなさい…っ エリスは…とても……感じてしまいました……
いけないことだって…夢の中では分かってるのに…それが…「いけないこと」をしているのが…
かえって気持ちよくなっちゃって…ごめんなさい…司祭様、エリスを救って、くださいっ…。

は、はいっ…(あわてて目を瞑り)
し、司祭、様…?…っあ…、あ!!む、ねがっ…ひ、あああっ…
(ネットリくっついてきた舌の感触に、たまらなくなって…)
あ、っ、あの…何を…なさっ……あう、うっ!!やあ、あっ!!
(乳首をしゃぶられちゃって…くびれた腰を思いっきり、のけぞらせて…「気持ちいい」って
 表現を体全体でしちゃって…っ)


834 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 00:16:42 ID:ybahDyLp
>>832
【エッチなことするときは…もちろんやさしくなくていいんですっ♪強引に…してください…】
【安心……て……司祭様やらしいなあ…♪ ……いっぱい、可愛がってください…/////】

835 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 00:37:44 ID:F9UBoe7g
訓練の効果が残っている、ですか…どんな事をされているんですか?
もしや自ら胸を弄り、慰めているのですか?
(「こんな娘なら、自慰するまでもない…男どもが慰めてやりたがるだろうがな」)

そうですか…夢に見るほど、貴女は異性、更に魔物すら求めている…
この大きすぎる乳房が相手を惹きつける…ということですね
その背徳感で、貴女は興奮してしまうのですね?
(乳首をちゅうちゅう吸い、その合間に問答を続ける)
(「ひひひっ…えっちの素質十分だな…その願い、私が叶えてやる…」)
(「これからたっぷり可愛がってやるよエリスちゃん…」)
それで…夢の中で、男性の精液はどこで受け止めましたか?
全て胸ですか?それとも膣に流し込まれましたか…?

ふぅ…良く分かりました…
やはり貴女の体は、魔物によって穢されているようです…
貴女の胸には大変いやらしい、淫らな性質が植えつけられています。
即刻この場で穢れを払わねばなりませんね…
その為には、貴女の全てを私に委ねなければいけません。
一時的ですが、恋人ともお別れする必要があります…いいですね?
了解しなければ、今すぐ異端として処分されますが…ね。
(「ひひっ…これから私のおもちゃにしてあげるからね」)

836 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 00:58:51 ID:ybahDyLp
いっ、いえ…そんな事は…ただ、皮膚の感覚を魔力でふだんより鋭敏にして…
空気の流れをつかみやすくする訓練を、していたんです…
(でも…びんかんになりすぎちゃって…ちょっとしたことにも、体が反応しちゃって…)
(変な副作用が出ちゃったの…魔力で皮膚感覚をびんかんにするなんて、試すんじゃなかった…;)

え、でっ、でも…ふだんからそんなこと考えてるわけじゃないですっ、司祭様信じてください…
きっと、何匹も魔物を倒してるうちに…エリスの心の中に、魔物の力の影響が…
エリスはそんなことが好きなわけじゃないです…っ(必死)
…っ、あ!ああああっ…!!し、司祭、様あっ…ごめん、なさいっ…えりす、はっ…
神様を…裏切りたく、ない…です…っ……っあ、はう、うっ!!
す、吸っちゃいやあっ…くう、う…
(唇をかみしめて、エッチな刺激に耐え…少しでも、司祭様に我慢強いところを見せようとして)

…っ、…受け止め…ました…からだの、なか、にいいっ……!や、ああああっ…!!
(エッチなこと言わされて…耐えようとしてるぶん、かえって感じちゃってるっ…)
もう、だめ…ですっ、司祭…さっ、あ、はあ、あっ!!(…ちょっ、と…いっちゃっ……く、あああっ!)

はあっ…はあ、はあ……し、司祭、さまっ…ごめんなさいっ…
大事な…審問中に…えっちな声、出しちゃって…っ…エリスは…ダメな騎士です…
は、いっ…わかり、ました…(心配するかなあ…キデル…)
よろしくおねがいします…エリスのからだは、悪い力に汚されてるんです…お救いください…

837 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 01:01:06 ID:ybahDyLp
【…レス遅くなっちゃってごめんなさい、司祭様っ…】
【本気になると…遅くなっちゃうんです…///////;】
【司祭様はそろそろ、タイムリミットですよね…?】

838 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 01:01:08 ID:F9UBoe7g
【今夜はこれで終わりでいいかな?すごく良い反応で、とっても興奮したよ
【続き、エリスはいつだと大丈夫?】

839 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 01:06:13 ID:ybahDyLp
【エリスは明日でも大丈夫ですよっ♪すごく興奮しちゃった…】

【えっちな質問に答えさせられるのって…凄い…追い詰められちゃいます…///】
【次も、時々やらしく尋問されながらしたい…あ、そのう…出来れば、ってことで♥】

840 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 01:08:04 ID:F9UBoe7g
【分かったよ。それじゃ明日の同じ時間でいいかな?】

【うん。エリスのいやらしい答え、こっちも楽しみにしてるよ】
【それじゃお休みー。えっちな夢を見ないようにね?】

841 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 01:13:05 ID:ybahDyLp
>>840
【はいっ、11時に待ってます…楽しみー!】
【そんなこといわれたら…っ…絶対えっちな夢見ちゃうよお……;】
【おやすみなさい、アラン様…ちゅ♪】

842 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 01:14:10 ID:ybahDyLp
【スレをお返しします♪ありがとうございましたっ】

843 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 22:56:16 ID:ybahDyLp
【ちょっと早いけどアラン様を待たせていただきますっ…】

844 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 23:03:15 ID:AqMq/DO+
【ごめんエリスちゃん、待たせちゃったね。今から続きを書くから待ってて】

845 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 23:07:21 ID:ybahDyLp
>>844
【アラン様こんばんはっ…♥】
【ううん、ぜんぜん待ってませんよ♪】
【今夜もいやらしいことしてください…すっごくどきどきしてきた♪えへ////;】


846 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 23:19:35 ID:AqMq/DO+
貴女の願いを聞き入れますよ、エリス…全て、私に任せなさい…
(「ひひっ、簡単に騙されるとは、馬鹿な娘だ…おっぱいに栄養が取られてるんだな」)

穢れを払うには、貴女の中のいやらしい性質を、全て露わにせねばなりません。
その為に私を恋人…いや、それ以上の者だと思って尽くすのです。いいですね?
(「私に悦んで尽くす奴隷にしてあげるね…可愛いエリスちゃん…♪」)

では、接吻から始めましょうか…私を恋人だと思って、激しく求めなさい。
…私だけの可愛いエリス。愛してるよ…
(エリスの反応を待たず、彼女を抱き寄せて唇を押し当てて)
(更に、舌をエリスの口内に捻じ込もうとする)
ぷはっ…むちゅっ…どうだいエリス、恋人との激しいキスは好きかい…?
ひょっとしてえっちなエリスは口付けよりも、ペニスをしゃぶるのが好きなのかな?
ちゃんと私の舌と絡めあわせないといけないよ…
エリスのえっちなところ、全部見せて欲しいんだ…
(口付けしながらも、片手で豊満な胸を揉み始めて…)

【それじゃ今夜もよろしくね、エリスちゃん】

847 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 23:30:54 ID:AqMq/DO+
【ごめん…今日はちょっと眠気が酷くて…寝落ちる前に凍結をお願いしていいかな?】
【エリスちゃんさえよければ、続きは木曜の夜にお願いしたい】

848 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 23:34:19 ID:ybahDyLp
は、はいっ…あの……エリスの中から悪い穢れをぜんぶ取り払ってください…よろしくおねがいいたします、司祭様…
(思わずひざまづいて…神に祈るときと同じ、服従の姿勢をとるけれど…)
(それは司祭様が思っているとおり…いやらしい見方をすればまるで奴隷が奉仕の姿勢をとったように見えてしまって…)
はいっ…エリスの中から、いやらしい気持ちをぜんぶ、追い払ってください…

(まさに汚されようとしているとはまったく思いもしないで…すっかり司祭様への信頼感だけを、エメラルドグリーンの
 丸い瞳に浮かべて……まるで父親に甘えるように、手足を縮めて司祭様の腕の中に抱き寄せられちゃう…)
は、いっ…司祭様…ありがとうございます…えりす、を…エリスのぜんぶを、包んでください…っ
んんっ…む…ちゅ…ん、ん…っ
(激しく、ネットリからみつくようなキスに…はじめは目を丸くして…)
(しだいに、司祭様のねばつく舌と唾液を、されるがままに流しこまれ…頬が上気して)
んあっ…はっ…ん…っし、さいさま…っ
…はあっ…はあ…っ……あ…(唾液を含まされて目が潤み…)
そん、なっ…しゃぶる、なんて…っ……したこと、ありません…っ
…ひ、ああっ…あんっ!(胸に食い込んできた指に、思わず絡めた舌を離して声を上げちゃうっ…)
(ぺに、す…をしゃぶる、なんてっ…そんなこと、女の子はみんな、するの…?)


【宗教の儀式って…すごくエロティックな感じがするんです…そんな考え方をしちゃうのはエリスがエッチだからかな…////】
【でも、儀式だって言われてえっちな事、されてみたかったから…】
【あ…!もし出来たら、いやらしい事しながら、時々儀式のことばみたいな…聖書の言葉みたいな事いってください…】

849 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 23:36:29 ID:ybahDyLp
>>847
【あ、はいっ!了解です…体調悪いんですか?あんまり無理しないで…アラン様】
【エリスのことは気にしないでください…いつでもOKですから】
【今日は、早く寝てくださいね…】

850 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/23(火) 23:38:34 ID:AqMq/DO+
【ありがと、エリスちゃん。優しさが染み入るよ…>体調】
【続きは木曜でいいなら、これで落ちるよ。やっぱり無理だったら楽屋で連絡してくれると嬉しいな】
【それじゃ、おやすみ】

851 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 23:45:07 ID:ybahDyLp
【アラン様、ほんとに無理しないでね…毎日、っていうのはやっぱりアラン様みたいな社会人のかたにはきつい気がしますから…】
【エリスは木曜でOkですけれど…またつらそうだったら言ってくださいね…】
【それでは…今夜もありがとうございましたっ…おやすみなさい…今夜は…ちゅ♪じゃなくて…おでこくっつけて、熱をみます】
【やっぱり疲れてるみたいですよ…アラン様…お大事に…おやすみなさい】

852 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/23(火) 23:45:58 ID:ybahDyLp
【スレをお返しします!ありがとうございましたっ♪】

853 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 02:09:09 ID:/CjwRDMO
【名前】桜花
【年齢】19
【職業】武士の娘
【サイズ】身長175cm、B98W58H100
【髪型】長い桃色の髪をポニーテールにしている
【服装】袴を着ていて上はピンクの花柄、下は黒
【希望シチュエーション】触手や化物に犯されたり、薬などで堕落してHなど
レズも可能
【NGプレイ】脱糞などの汚物関係、ふたなり化
【備考】獲物は日本刀だが腕は決して良くはない。まだまだ修行中


【はじめまして、募集してみます】

854 :名無しさん@ピンキー:2009/06/25(木) 02:34:16 ID:lcbSfO4I
オークに捕まって巣に持ち帰られて、ハーフオーク製造用苗床兼性欲処理奴隷として飼われているったのはどうかな

855 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 02:39:17 ID:/CjwRDMO
>>854
【こんばんは】
【既に飼われているということですか?】
【最終的に飼われてしまうのでしたら大丈夫ですけど最初からは遠慮したいです…】

856 :名無しさん@ピンキー:2009/06/25(木) 02:41:37 ID:TmNOcc9O
【こんばんは】
【相手がふたなりでも大丈夫でしょうか?】

857 :856:2009/06/25(木) 02:42:53 ID:TmNOcc9O
【ああっリロミス…落ちますね…】

858 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 02:44:32 ID:/CjwRDMO
【参考までにNGなのは自分がふたなりの場合だけで、相手がふたなりは問題ないですよ】

859 :名無しさん@ピンキー:2009/06/25(木) 02:45:13 ID:lcbSfO4I
>>856
【こちらが落ちますので、どうぞ】

860 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 02:49:09 ID:/CjwRDMO
>>859
【申し訳ないです…】

861 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 03:08:14 ID:/CjwRDMO
【もう少し待ってます】

862 :名無しさん@ピンキー:2009/06/25(木) 03:12:30 ID:4kB/uW/F
【仲間としてダンジョンに入った相手にクスリ使われてHなのはどうでしょう?】

863 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 03:20:01 ID:/CjwRDMO
>>862
【こんばんは】
【はい、特に問題ないです】

864 :魔法使い:2009/06/25(木) 03:26:05 ID:4kB/uW/F
【では、こちらは男の魔法使い】
【目的の宝を見つけて、後は戻るだけ。で、疲労を取るために休もうとする時に、疲れが取れるポーションと渡されたのが】
【媚薬だったと。】
【そういうシチュでよろしいですか?】

865 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 03:29:17 ID:/CjwRDMO
>>864
【はい、それでお願いします】
【書き出しはお願いできますか?】

866 :魔法使い:2009/06/25(木) 03:33:50 ID:4kB/uW/F
【しばらくお待ちを〜】

867 :魔法使い:2009/06/25(木) 03:42:18 ID:4kB/uW/F
(迷宮の主が貯め込んでいた宝)
(主を倒して、それを手にした二人だった)
(換金すれば、しばらくは遊んで暮らせるのには十分だろう)

これで目的は果たした。あとは帰るだけだが……
ここで無理をせず、休んでいこう。
どうかな?
(魔法使いらしく、冷静な様子でそう語る男)

疲労回復が早くなるポーションもある。
私は、肉体的にはそれほどでもないから、君が使うといい。
(桜花に、ポーションを渡す)

(しばらくして、モンスター除けの結界を張り、床に毛布をしいて横になる)
(桜花の身体が媚薬が影響を及ぼすのを、待っている)


868 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 03:49:48 ID:/CjwRDMO
>>867


何とか達成できたって感じですけどね…
すいません、助けられてばかりで…
(魔法使いの提案に乗り休憩に入り)

あ、ありがとうございます
(疑う様子もなく受け取り、一気に飲み干す)

へ〜、色々用意してるんですね…
(明らかに旅に慣れていない事を言うが)
(媚薬は徐々に体に廻っていく…)

………
(数分もすると頬は赤く染まり、どこか落ち着かない様子になっている)

869 :魔法使い:2009/06/25(木) 04:01:37 ID:4kB/uW/F
>>868
どうしたんだい?
(桜花の妙な様子に気づいたという風を装って声をかける)
(そして、彼女へと近づいた)

私のことをじっと見つめて、何か言いたいことでも?
(内心で笑みを浮かべながら、焦らすように尋ねた)
もしかして……
(桜花の手を取り、性的な意味がはっきりと伝わるように、彼女の手を撫でる)
私とこういうことを、したいのかい?
ふふ、会って間もない男と、そういうことをしたがる人には、思っていなかったが。

(彼女の反応を確かめるために、キスしようと顔を近づける)


870 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 04:06:57 ID:/CjwRDMO
>>869
あっ、あの、その…………
(媚薬の効果は期待以上か、かなり熱くなっているようで)

ぁ………
(赤い顔のまま図星の動作をされてしまった)
わ…わたしだって普段はそんなの…しないです…
(魔法使いの言葉に動揺しつつも、体の疼きには逆らえないらしく)

ん……ん…んふっ……
(素直にキスをして、魔法使いにもたれにかかる)

871 :魔法使い:2009/06/25(木) 04:16:47 ID:4kB/uW/F
>>870
(もたれかかってくる桜花の肢体の感触を楽しみながら、何度かキスをする)
男とは、もう経験したことはあるのか?
(クスリの効果がしっかり出てることを確認すると、卑猥な質問を耳元で囁く)

……
(そして、焦らすように桜花を放してしまう)
(そのまま立ち上がると、桜花の目の前で、自分の服を脱いでいく)

お前も、自分で服を脱ぐんだ。
私に抱いて欲しいんだろ?


872 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 04:20:51 ID:/CjwRDMO
>>871
んんく……んっ……ん…
(火照りを伝えるように幾度か唇を重ねて)

それは…ありますよ…でなきゃこんな事………ぁ
(目の前で服を脱ぐ姿に見とれ、さらに興奮していき)

は……はい……もう我慢出来ないですっ………
(ゆっくりと袴を脱いでいき、いやらしい肢体を晒していく)

873 :魔法使い:2009/06/25(木) 04:33:48 ID:4kB/uW/F
>>872
(桜花の服を脱いでいく様子を、楽しそうに見ている)
そうか。じゃあ、お互いに楽しもうか。
(床に敷いた毛布の上に、桜花を押し倒していく)

経験はあると言ったが……
何人もの男を、すぐさま好きになって、こういうことをしてきたのか?
顔に似合わない、尻軽のいやらしい女というわけか。
(桜花の豊かな胸を揉み、あちこちにキスしながら、桜花を辱める言葉をかける)

何人の男に、この身体を抱かせてきたんだ?
ん?
(愛撫をしながら、さらに言葉で責めた)

874 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 04:39:10 ID:/CjwRDMO
>>873
そっ………そんな事しないですっ……
今日は何だかおかしいんです…突然体は熱くなるし我慢出来ないしっ…
ふっ……う……ぁぁん…
(あちこちにキスマークをつけられながら爆乳を揉まれ、さらに体を火照らせていき)

そ…そんなの言えないですっ………う…んんんっ……
(股間をまさぐられながら答えるが経験が多いわけではなさそう)

875 :魔法使い:2009/06/25(木) 04:53:46 ID:4kB/uW/F
>>874
もうこんなに濡らしているのか?
(股間をまさぐった指を、桜花の目の前に持ってくる)
(愛液で濡れた指先を見せて、さらに羞恥を煽った)

これまでの男のことは言えないか。
まあ、それでもいいが……
(と、いきなり愛撫を止める)
(そして、身体まで放してしまう)

続けて欲しいのか?
ではな……誓え。
これから、桜花は俺の女になることを武士として、刀にかけて誓います、とな。
自分で足を開いて、腰を振りながら、な。
そうすれば、最後までやってやるぞ。

(ニヤニヤ笑いながら、武士の娘を堕落させようと試みた)

876 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 05:00:49 ID:/CjwRDMO
>>875
が……我慢出来ないんです……こんなに熱いの初めてで…
(指を見せつけられるが自覚はあるらしい)

あ……ぁ……あれ?何で…
(高まった体を離されてしまい、中途半端になってしまう)

ち……誓うなんてそんな…
はい、私桜花は…この名にかけて…あなた様の女として仕えさせていただきます…
ですからどうか…この賎しい女の股に…入れて下さい……
(薬には洗脳効果もあったのかいとも簡単に堕落させられ)
(ブリッジのように腰を突きだし、さらにくねらせながら快感をねだりだす)

877 :魔法使い:2009/06/25(木) 05:15:53 ID:4kB/uW/F
>>876
(武士の娘どころか、娼婦のように性交をねだりだした桜花に、男の男根は熱く興奮を示していた)

わかった。では、今から、お前は俺のモノとなったのだ。
くくく……
(含み笑いをしながら、男は桜花に覆い被さる)

(開かれた足の間に身体を入れ、一気に桜花を貫いた)
(そのまま、堕ちた武士の娘を責め上げていく)

そして……

おおおおっ!
(何のためらいもなく、桜花の中で欲望の吐き出すのだった)

……お前はもう武士ではない。
魔法使いに仕える、刀を使ってるだけの女戦士だ。
分かったな。
(快楽に溺れる桜花の耳元で、魔法使いは暗示をかけていくのだった)


【さすがに眠くなってきたので、これで終わります】
【深夜にお相手、ありがとうございました】



878 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/25(木) 05:30:30 ID:/CjwRDMO
>>877
はい……どうぞ私を…貪って下さい………

(男を逃すまいと脚を絡め、深々と繋がっていき)


イイッ!イキますっ!ああぁーーーっ!!
(男の精を受け止めながら堕落しきってしまい)

はい……私は…魔法使い様に仕える……奴隷戦士の一人………
(完全に洗脳され、男の僕となり)
(既に魔法使いに堕とされていた女達と一緒に飼われることになる…)


【了解しました】
【短時間でしたがありがとうございました】
【お休みなさい】

879 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 22:23:51 ID:OfkknrUQ
【こんばんは、お相手を募集します】
【できれば触手などのモンスター希望です】

880 :名無しさん@ピンキー:2009/06/26(金) 22:34:53 ID:OVUbNw+g
【こんばんは】
【ダンジョンの中で悪い男に騙されて…とかそんなシチュは駄目でしょうか?】

881 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 22:44:31 ID:OfkknrUQ
>>880
【こんばんは】
【申し訳ないですが今回はモンスターを希望したいので…】

882 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/26(金) 22:55:22 ID:GJ1M+fJf
【横からすみません】
【お相手願えますか?勿論、一つ前の方がモンスターRPをするなら譲りますが】

883 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 23:02:54 ID:OfkknrUQ
>>882
【こんばんは】
>>880さんが問題なければお願いしたいと思います】

884 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/26(金) 23:07:07 ID:GJ1M+fJf
【改めてこんばんは】
【戻ってこられない……でしょうか?】
【触手以外にモンスターの種類などご希望はありますか?】

885 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 23:12:07 ID:OfkknrUQ
>>884
【触手以外のものということですと、例えば甲殻類や虫、キメラなどです】

886 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/26(金) 23:14:05 ID:GJ1M+fJf
【あ……失礼、言葉が下手でした】
【もっと細かな希望はありますか?】

887 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 23:19:30 ID:OfkknrUQ
>>886
【すいません、大雑把な希望でしたが、罠にはまってモンスターから犯されるのをイメージしてました】
【そちらからは何か希望はありますか?】

888 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/26(金) 23:24:08 ID:GJ1M+fJf
【そうですね……】
【蜘蛛の巣のようなもので獲物を捕らえる、小型の触手モンスターはいかがですか?】

889 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 23:26:30 ID:OfkknrUQ
>>888
【ではそれでお願いしていいですか?】
【あと書き出しはどうしますか?】

890 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/26(金) 23:29:05 ID:GJ1M+fJf
【はい、お願いします】
【書き出しはこちらからさせて頂こうと思いますが……よろしいですか?】


891 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 23:30:06 ID:OfkknrUQ
>>890
【分かりました、ではあらためてよろしくお願いします】

892 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/26(金) 23:36:58 ID:GJ1M+fJf
(ダンジョンの奥深くの一本道。暗くてあたりの様子が殆ど見えない為、ランプなどの照明は必須だろう)

ズズ……ズズズ……
(そんな道の傍らで蠢く一つの影。)
(一見蜘蛛のように見えるが、その体からは足の代わりにねとねととした大量の触手が生えている)

(『そいつ』の近くには蜘蛛の巣のように獲物を捕らえるために糸が張り巡らされている)
(相当細く、肉眼ではまず捕らえられないだろう)


【はい、よろしくお願いします】

893 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 23:45:09 ID:OfkknrUQ
>>892
(真っ暗なダンジョンのなか、片手に明かりを、片手に刀を携えた女が歩いている)

だいぶ目も慣れたけど、やっぱり暗すぎかな…
(道中には雑魚もろくにいなかったのか落ち着いているが)

(単調な道に仕掛けられている罠に気付く程場慣れしていないで)

あ、あれ?何か引っ掛かって……糸?
(迂闊にも武器である刀を糸に絡ませてしまい、潜んでいるモンスターに気づかないまま糸を外そうとする)

894 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/26(金) 23:52:09 ID:GJ1M+fJf
(一度べったりと粘着した糸はがっちりと絡み付き、全く剥れそうにない……それどころか逆に糸を外そうとした手すらも絡め取って行く)

……!
(巣に獲物がかかった事を確認した影は、ゆっくりと行動を開始する)
(かさかさと足音を鳴らしながら桜花のそばまで近付き、左足に糸を吹き掛けて巣に固定する)

895 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/26(金) 23:59:12 ID:OfkknrUQ
>>894
あ、あれ?手が離れれない…何これっ………
(手を強く引っ張っても刀から離すことは出来ないで)

くっ………んっ!えぃっ!………あれ……足も動かない…
…………引っ掛かった…の…?
(必死に引き剥がそうとするあまり周囲への注意がおろそかになってしまい)
(やや前屈みの状態で左足は地面に、刀と左手は右の頭上に伸ばしたまま動けなくなってしまう)

896 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 00:06:31 ID:vOB+7uwX
(もがけばもがく程に身動きが取れなくなって行く。糸はどんどん絡まり、桜花の自由を奪う)

ギギギ……
(何かを示すような鳴き声を出すと)
(桜花の右足に体をべっとりとくっつけ、触手を巧みに使いながら、まるで柱か何かを上る人間のように上を目指す)
(途中で右の太ももにも糸を吹き掛け、興奮したようにねっとりとした触手で桜花の脚を舐めた)

897 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 00:14:41 ID:QS/t9WIC
>>896
駄目……これ以上動けない……
(右の手足こそ無事なものの下手に動かせず、脇差しを抜くのも戸惑っているうちに)

何かいる…?な…な…何するの…?
(右足に絡み付いたものに気付き、振り払おうと足を動かすが)
(足を曲げかけたところで糸を吹きかけられてしまう)


何とかしないと……ひゃあ!!
(脱出を試みようと脇差しを抜くものの、袴越しに感じた舌触りに震えてしまう)

898 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 00:45:32 ID:QS/t9WIC
【落ちてしまいましたか?】
【もう少し待ちます】

899 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 00:45:44 ID:vOB+7uwX
(満足したように喉を鳴らす)

(全身を固めたことを確認すると、そのまま更に体を上っていく)
(背中の辺りまで来ると、まるで抱き付くかのようにしがみつき、触手で胸を愛撫する)

(押さえ込む力はかなり強く、抵抗しても無駄に思えた)
【すみません、非常に遅れました】

900 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 00:55:43 ID:QS/t9WIC
>>899
………嫌ぁっ……来ないで………
(脇差しで突き刺そうとするも糸を吐かれ、両手を頭上で交差させるかたちになり)
(触手によって捲りあげられた袴からは髪と同じ色の下着が覗く)


た…助け……て……ぁんっ??
(足首から胴まで強く絡められると)
(袴の上から豊かな右の乳房に巻きつかれ、うねる触手の動きをを感じだす)


【いえいえ】
【参考までに下着は上下とも洋風のもので考えていただきたいと思います】

901 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 01:07:55 ID:vOB+7uwX
(蜘蛛は脇差を危険な物体と判断したのか、糸を吹き掛けて物を切れなくする)
(露になった可愛らしい下着の上から、舐めるように、あるいは擦りながら触手を這わせる)

(怪物は楽しそうにびくんびくんと背中で震えた)

(ある触手は胸に巻き付きながら強く責め、また別の触手は下着の中まで入り込んで丁寧に愛撫していく)

(一方、でさらに別の触手が桜花の首を伝って、口を犯そうと上っていく)

【はい、了解しました】
【下着や袴を脱がせたいのですが、破るか、普通に脱がせるか、あるいは他にご希望はありますか?】

902 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 01:17:11 ID:QS/t9WIC
>>901
ふああぁっ……や、ぁぁん………
(下着を通過するように巻かれた触手に這われ、股間の刺激を受けつづけ)


やだ……も……やっ……ふあぁ…弄らないでぇ…
(ぐいっと背中を押され、上体を突きだすような格好にされ)
(右胸は服の上からの激しい締め付けにうねり続け)
(左胸は直接肌を愛撫されていく……)

ん……ん、んうっ……
(ついに唇まで到達されるものの、侵入を許すまいと唇はかたく閉じている)


【犯し方は触手さんのやりたい方法でやってもらって結構ですよ】

903 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 01:29:16 ID:vOB+7uwX
(しばらくその反応を楽しむと、触手をパンティの端に引っ掛けて)
(そのままずるずると引き下ろして行く)


(二本の触手が背後から両襟を掴み、思い切り左右に開く)
(乱暴に下着を露出させると、今度はその谷間に触手を突っ込み、そのまま引っ張って無理矢理下着を引き裂こうとする)
(その間も胸への愛撫は止まず、むしろ勢いを増す)

(口が塞がれていることを理解すると、別の触手が鼻の穴を塞ぎ)
(次に口にたどり着いた触手が歯列に沿って纏りつく)
(恐らく呼吸は相当苦しいはずだ)

【了解でーす】

904 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 01:36:52 ID:QS/t9WIC
>>903

や……ぃやぁ……こんな所で……ううっ…
(パンティはなす術なく落ち、胸元を大きく空けられた直後にブラも落ちると)
(触手に愛撫されながら爆乳が外気に晒されて)
(バイブでもされているかのように盛んに揺れている)

っっ!!〜〜〜っ………
ぷはぁっごぉ!!
(いきなり鼻を塞がれ呼吸が満足に出来なくなると)
(10秒もしないうちに口が空いたと同時に触手に突っ込まれてしまった)

905 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 01:43:42 ID:vOB+7uwX
(パンティが落ちると同時に触手は嬉嬉として集まり)
(お尻の穴と秘所、その両方に触手があてがわれて)
(慣らすようにくちゅくちゅと僅かに出し入れを始める)

(大きな胸には何本もの触手が集まり)
(揉んだり、乳首を摘んだり、舐め回したりと思い思いに凌辱を繰り返していた)

(口に入り込むと鼻に当てられた触手は引っ込む)
(口内で激しいピストン運動を初め、動く度に少しずつ触手が膨らんで行く)



906 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 01:56:59 ID:QS/t9WIC
>>905
んんんんんんっ……んんぷっ……
(二穴に挿入されそうな触手から逃げようと腰を振るが)
(背中から拘束されている以上満足には動けない)

(既に左右の胸を埋め尽くすほどに触手に絡まれ犯されていて)
(蠢く触手の膨らみがそのボリュームを写している)

んぐふっ!うううううっ!うううぶっ!
(呼吸は出来るものの口内の触手は予想以上に激しく暴れてきていて)

(いつの間にか背中から伸びた触手に五体全てを絡めとられていた……)

907 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 02:08:20 ID:vOB+7uwX
(桜花の抵抗はほとんど相手にせず)
(一瞬お尻と秘所の二本とも抜けたかと思うと、次の瞬間一気に奥深くまで貫いた)
(残った触手がばしんばしんと桜花のお尻を叩き、赤く染めて行く)


(無秩序だった胸の辺りの触手が急に秩序立って動き出す)
(一本の太い触手にパイズリさせるように胸を動かして行く)
(やがて、その太い触手から人間のそれより黄色くどろりとした精液が発射されて)

(ほぼそれと同時に口の中でも射精して)
(それでもまだ口からは引き抜かない)

908 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 02:18:20 ID:QS/t9WIC
>>907
ぁ、ぁ……あうああああああっ!あっはぁぁぁぁ!!
(一気に二穴を突かれ、牝の鳴き声をあげてしまう)
あああんっ!ああっ!い……たいぃっ!
(ズボズボと抽送されながら尻を叩かれ)

やっやぁぁぁ……胸がまた……ぁんっ!んんんんん!!
(爆乳に挟まれた触手には高速でのパイズリをさせられ)
(胸元と同時に口内に一発目の射精をされてしまった)


(袴の胸元は大きく開かれ、脚も尻がよく見えるまでたくし上げられている…)

909 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 02:31:47 ID:vOB+7uwX
(リズミカルに抜き挿しを繰り返す触手)
(ごりごりと内壁を刺激しながら快感を与えて行く)
(挿入される度にだんだんと奥深くまで貫くようになる)
(ばしん、ばしんと小気味好い音が鳴る。だんだんと強くなり)

(胸を思い切り潰したり、上に持ち上げたりを繰り返す)
(その複雑な動きが快感を生む)
(射精を終えた触手は頭の上に移動し、残った精液を可愛らしいポニーテールに垂らす)

(手持ちぶさたな触手は脚に巻き付き、ぐいぐいと広げ、辱めを与える)
(糸の粘着力は少しずつ弱まってはいるが……)

(かぷり)
(背中に取り付いていた怪物が噛み付いた)

910 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 02:39:05 ID:QS/t9WIC
>>909
ふうあああああっ!だめっ!だめぇぇぇ!
(何度目かの絶頂を味わいながら更に挿入され)
(叩かれていた尻は真っ赤になってしまう)

ひゃうああああ……ああぁああ……
(口元からは精液が流れ、桃色のポニーテールにも白濁がかかってしまう)
やっ、あああんっ!あんっ!あんん!
(鞭のように打たれながらじわじわと股を広げられ)

いっっっっ!!
(不意に袴の上から噛みつかれ、ピンと背筋が伸びる)
(既に四肢を絡みつかれていて、意思はあるものの半ばマリオネットのようになっている…)

911 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 02:49:18 ID:vOB+7uwX
(桜花が絶頂に達すると同時に二本の触手からも精液を放つ)

(今度は違う触手が二本口に侵入し、再び蹂躙する)

(股を広げさせると、同時に桜花のクリトリスを激しく刺激する)
(鞭打ちはお尻だけでなくやがて全身に広がり)


(噛み付いた怪物は口からとてつもなく強力な媚薬を注入していく)
(一生性欲に塗れる程のものであり、普段の状態でこれを摂ればその場でショック死してしまうだろう)
(しかし、性的な高ぶりにある今ならそのようなことはない)

【次の次あたりでこちらは〆ようと思うのですがいかがですか?】

912 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 02:56:48 ID:QS/t9WIC
>>911
ああぅっ!!ううああああっ!!
(二穴とも射精をされたものの構わず抽送されていき)
(特に尻穴の触手はお腹を昇ってきている)

きゃああああっ!あっあああっ!いいああっ!!
(無数の触手からスパンキングを受けていくものの)
(強すぎないその叩き方は桜花にマゾの快感を教えこんでいるようでもあり)
ひぃあああああああ……あああ………あぁっあぁぁん………
い……はぁ……いい…いいですっ……もっと虐めて…くださぁい……
(体内に直接入った媚薬は瞬く間に全身を駆け巡り)
(拒絶ばかりしていた桜花も瞬く間に触手の虜になってしまった)


【分かりました】
【ではこちらは次あたりで〆ますね】

913 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 03:05:27 ID:vOB+7uwX
(一本だけでは無く、二本、三本とアナルや秘所へと飲み込まれていく)
(お腹を上る触手は腸のあたりで激しく暴れる)

(もっと苛めてください、という言葉に答えるように触手が暴力的に桜花を服従させる)

(怪物は糸を吐き、自分自身と桜花を巨大な繭にして包んで行く)
(中でどんなことが行われているのか……知る者はいない)

【分かりました】

914 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 03:16:14 ID:QS/t9WIC
>>913
あうあああああんっ!凄くぅ……痛い…痛くていいですっ!
私の穴が…拡げられて…ますぅっ!
(大きく開脚しながら何本もの触手を股間で受け入れて)
(異物である袴は一枚一枚脱がされていき、最終的に全裸となり)

ぐぽぉっ!おおおお!!おんごっ!!
ご……ほぉん……んん…
(アナルから入った触手に喉を突かれ、完全に貫通される)
(それでもうっとりとして触手に舌を這わせる)
(拘束されたまま怪物と向かい合うと糸で出来た眉の中に閉じ込められてしまう)


…次は…どうしてくれるんですか……?




【とりあえずこちらはこれで〆にしたいと思います】

915 : ◆3FwOd6PnI. :2009/06/27(土) 03:23:22 ID:vOB+7uwX
(一ヵ月後……)
(世間からは死んだと想われている少女はまだ生きていた)

(ダンジョンの奥深く、蜘蛛の糸が円形に張り巡らされた場所の中心)

(そこで彼女はひたすら自己の欲望を自慰で満たし続けていた)

(時々その雌の匂いに引きつけられた雄が巣にかかる)

(その度に蜘蛛はそれを食し、褒美として少女を犯す)

(彼らは、間違い無く幸せだった一一)


【こちらもこれで〆たいと思います】
【長々とありがとうございました】

916 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/06/27(土) 03:26:30 ID:QS/t9WIC
>>915
【こちらこそ遅くまでありがとうございました】
【スレをお返しします、お休みなさい】

917 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/28(日) 21:44:13 ID:3zUbeKCA
【アラン様来れるかなあ…とりあえず待機っ!】

918 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/28(日) 22:05:43 ID:vxH2J+dM
【エリスちゃんお待たせ。遅れてごめんね】
【それとやっぱり、遅くまで続けられなそう…その時は前もって言うね】

そうか、しゃぶったことはないのか…
愛する人のペニスをしゃぶるのは、当たり前の行為だよ。
エリスにもしゃぶらせてあげるから、楽しみに待っていてね…。

今は、エリスの中の淫らな魔性を呼び覚ますのを優先させなければいけない…
だから君の身体の内と外に、魔力を注ぎ込んでいるのです…
(そう言って、たっぷりの唾液をエリスの口内へと流し込み、顔を見つめる)
飲み込んで、エリス…聖水だと思って、一滴も零さずに…
(「従順でえっちな子だね、たまらんよエリスちゃん…苛めがいがある…ひひっ」)

さて、今度は身体に印を描くよ…
恋人の私に対して正直に…気持ち良かったらちゃんと言葉に出すんだよ。
(首筋をぺろりと舐め、肩から胸に掛けて舌を這わせ…)
(その軌跡が何かを意味を持つかのように)
エリス、汗ばんでるね…そんなに興奮しているのかな?
(ビキニを引き上げ乳房を露わにして…乳首をちゅぱっと啜り、反応を見る)
エリスのおっぱいは、まるで禁断の果実だね…私を惹きつけて放さないんだ…

恐らく、これが元凶…
この者の裡に潜む邪淫よ、その欲望を開放するがいい…!
(そう宣言すると、再び乳首をちゅうちゅうと吸い上げ始めた…)
(「う〜ん、美味しい…エリスちゃんのおっぱい、柔らかいのに先っちょは固くなり始めて…美味しいねぇ」)

919 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/28(日) 22:26:40 ID:3zUbeKCA
>>918
【アラン様こんばんはっ…!】
【わかりましたあ!無理のないようにしましょう…よろしくおねがいしますっ】

(…モンスターに…むりやり、口の中…汚されちゃったことは…あるけど…)
(そっか…だから…エリスのこと襲うモンスターも…お口の中に、入れたがるの…?)
(でも、愛してるから…ってかんじじゃあなかったな…)

そんなこと…知りません、でした…
…え、…あの…(司祭様のを…エリスの、お口で…?)
は……い、わかりました…っ…いっしょうけんめいします…エリスの、出来るかぎり…
(司祭様にぜんぶ、おまかせしよう…それがきっと、いちばんいいんだ…)

ん…っ……ん、ぐっ……こくん……っ……っ、う……ん
(司祭様の言葉を聞きながら、肩をふるわせてねばつく唾液を受け入れ、飲み込むたびに
 閉じたまつ毛をふるわせて…小さく呻いて)
く…っ…うん……ん……ッ
(司祭様のみだらな考えなどまったく思いもよらず…無抵抗に唾液を飲まされ続けて)

ぷ、はっ………は、はいっ…
(いよいよ……浄化の儀式を、してくださるんだ……いっしょうけんめい、やらなくちゃ…っ)
(え、とっ…気持ちいい、ところをっ…答え…)
ふ、ああああっ…(首筋を…司祭様の、舌が…っ)ひあ、あ…!(ぬるぬるっ…)やあ、…っ
い、いえ……っ、じゃなくて……(正直、にっ…だよ、ね…)は、はい…っ、
えりす、は…司祭様の…大事な儀式なのに…えっちな事想像しちゃってっ…ふ、あああっ…!!
そ、そんなとこ…吸われたらっ…、く、あああ、あ!!
(肩がふるえてっ…反り返っちゃうッ…!)
ひ、あああああっ…ごめんなさイッ、司祭様…っ、えっちな事考えてごめんなさいいいっ…

920 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/28(日) 22:30:50 ID:3zUbeKCA
【…っていきなり遅くなってすみませんんん…(涙】
【アラン様に舐められてるって思うと指先が震えるくらいきちゃって…】
【えりすの身体が…やらしい司祭様のよだれで…敏感なところもにおいがしみついちゃうぐらい舐められたいっ、です】
【でも時間が来たらいつでも言ってくださいね…大丈夫ですから!】

921 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/06/28(日) 22:48:40 ID:vxH2J+dM
【エリスのえっちな声がもっと聞きたいけど…夜になって、また体がだるくなってきてしまった】
【何度も凍結してごめん…今日はこれで切り上げていいかな…?】

922 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/28(日) 22:52:44 ID:3zUbeKCA
【はい、大丈夫ですよ!アラン様、無理しないで早く寝てください…】
【っていうかまだぜんぜん直ってないじゃないですかっ…;エリスと遊んじゃったりして…】
【いつでも待ってます、ゆっくり休んでくださいね…あとの予定は伝言で…】

923 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/28(日) 22:59:09 ID:3zUbeKCA
【おやすみなさいアラン様…エリスがそばで見ていてます、安心して眠ってください…】
【ゆっくり、やすんでね……ちゅ♪】

【スレを、お返ししますっ♪】

924 :名無しさん@ピンキー:2009/06/30(火) 11:12:43 ID:5r4rc5SV
あまり何度も凍結するのは…

925 :名無しさん@ピンキー:2009/06/30(火) 11:49:47 ID:GoJ3x7Hm
何度も凍結する場合は、他のシチュスレに移って続きをするといいよ
避難所もある。その方が色々と無難

926 :名無しさん@ピンキー:2009/06/30(火) 12:01:32 ID:KhjI+gNS
ホントに出る杭はぶっ叩くのなお前ら……

927 :名無しさん@ピンキー:2009/06/30(火) 16:31:11 ID:GoJ3x7Hm
>>926
何度も凍結すると、本人達にそのつもりが全くなくとも、結果的に占有状態になっちゃうわけよ
そうなると、他に待機したいキャラハンが迷惑する。わざわざ言ったりしないけどな。
だから、他に移動した方がいいかもと言った。分かったか?
分かったら、>>926みたいなアホは黙っといた方がいい^^;



928 :名無しさん@ピンキー:2009/06/30(火) 16:34:38 ID:KhjI+gNS
>>927
素直にカプが羨ましくて妬ましいって言えよカス^^;

929 :名無しさん@ピンキー:2009/06/30(火) 17:26:11 ID:8k6JHGud
利用者居ないんだから問題無いだろーがクズが
>>925嫉妬乙

930 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/06/30(火) 20:13:53 ID:kp9g4uxO
【ごめんなさい、たしかに短いあいだに凍結と待機をくり返すのは良くないかも、ってチラッと思いました】
【お相手と話して、次までが短いときはホテルスレなどを使うようにします】
【ご心配おかけして本当にすみませんでした…】
【スレをお返しします…】

931 :名無しさん@ピンキー:2009/07/01(水) 06:58:01 ID:T/SIWqLg
そんな〜

932 :名無しさん@ピンキー:2009/07/02(木) 03:58:14 ID:AAkLZJrM
どこにもいない利用者がどこから沸いてきたんだwwwww

933 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/04(土) 21:01:50 ID:/B9A9tq5
【こんばんは、お相手を募集します】
【基本的には獣とかではない、異形のモンスターを希望したいです】

934 :名無しさん@ピンキー:2009/07/04(土) 21:13:34 ID:RmnLPtdT
>>933
異形にも色々あるからもう少し具体的だと助かる

935 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/04(土) 21:22:17 ID:/B9A9tq5
>>934
【こんばんは】
【イメージとしてはやや大雑把ですがキメラや触手など、人の形をしていないものを考えています】

936 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/04(土) 22:07:04 ID:/B9A9tq5
【もう少し待ってみます】

937 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/04(土) 22:24:42 ID:/B9A9tq5
【落ちます】

938 :名無しさん@ピンキー:2009/07/06(月) 08:02:58 ID:kHJ7/Bi3
ドンマイ!

939 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 22:06:28 ID:1PhA0uot
【こんばんは、お相手を募集します】
【希望は前回と同じです】

940 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 22:20:29 ID:YMRcb/7W
【こんばんは】
【人型キメラはダメですか?】

941 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 22:26:29 ID:1PhA0uot
>>940
【こんばんは】
【背格好が人型ということでしたら大丈夫です】

942 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 22:29:24 ID:YMRcb/7W
>>941
【なるほど】
【もしよければいいですか?】
【展開としては犯されて孕まされるという感じで】

943 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 22:30:31 ID:1PhA0uot
>>942
【はい、よろしくお願いします】
【ちなみに外見はどんな感じですか?】

944 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 22:34:10 ID:YMRcb/7W
>>943
【外見としては人間と蜥蜴を掛け合わせたもので】
【背中からは拘束用の触手を持っているって所です。】
【何か付け加えの希望があるなら考慮しますが】

945 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 22:35:36 ID:1PhA0uot
>>944
【わかりました、それで結構です】
【書き出しはどうしますか?】

946 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 22:37:26 ID:YMRcb/7W
>>945
【書き出しはこちらが用意しますので暫くお待ちください】

947 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 22:38:25 ID:1PhA0uot
>>946
【分かりました、ではあらためてよろしくお願いします】

948 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 22:45:46 ID:YMRcb/7W
(深い森の中夜のように暗く深い洞窟がある)
(このダンジョンは昔とある旧王国のが建造したらしく)
(そこには沢山の財宝と武器が眠っていると噂されていた。)
(今まで何人もの冒険者たちが私欲や名誉の為に挑んだが)
(誰一人帰ってきた者はいなかった…今でもその洞窟は)
(森にすむモンスター達の巣窟とかし今日も一人の冒険者が)
(そのダンジョンに挑むのであった…)

【こんな書き出しでいいですかね?】
【改めてよろしくお願いします。】

949 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 22:53:23 ID:1PhA0uot
>>948
話にあったのはこの洞窟…?
(財宝とモンスターの噂を聞いてダンジョンにやってきた)
(物怖じする様子もなく松明片手に入っていくが)
(帰った者はいないという話は知らなかった…)
明かりがある?
(洞窟内は意外と明るく進むのに不自由しないが、先が見えるほどではない)

950 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 22:57:35 ID:YMRcb/7W
(桜花が歩く度に洞窟内の通路は足音だけが響き渡る)
(それを聞きつけたのか洞窟に巣くう様々なモンスターは)
(低い声を鳴らし、自分達の欲求を満たそうと桜花の前に)
(立ちはだかり襲いかかる…)


(一方桜花のいる場所から離れた場所に一つの部屋があった)
(その部屋は様々な本や機材が置かれておりまるで研究室)
(ともいえる部屋だ。そこには研究者らしき亡骸が幾つか)
(散らばり、その中央には何やら濁った水で満たされた水槽が)
(置いてあり、扉の向こうに気配を感じると水面から泡が浮き上がり)
(うっすらと人影が蠢いていた。)

951 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 23:02:31 ID:1PhA0uot
>>950
(歩くたびに薄暗い洞窟に似合わない色の髪が揺れ)
(それに気付いた雑魚に襲いかかられて)
やあっ!!はぁっ!!
(未熟なせいかそこそこ手こずりながらも奥に向かっていく)

952 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 23:10:29 ID:YMRcb/7W
(女武士に襲いかかる魔物達。ある者は自分の空腹を満たそうと)
(襲う魔物。またある者は性の捌け口しようと襲う魔物)
(しかし結果はすべて返り討ちにあい屍へと姿を変え)
(一歩、また一歩へと扉へと近づいていく)


(水槽の方は何度も泡が浮き上がり続ける。)
(そして静かに待ちけるかのように泡は小さくなり)
(その部屋は静寂に包まれた)

953 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 23:15:32 ID:1PhA0uot
>>952
こんなにいるなんてっ……!……やっ!
(モンスターの質は悪いのか問題なく迎撃していって)
(やがて辺りのモンスターをあらかた片付けると再度進んでいって)

この奥がそうなの…?
(ついにそれのいる部屋にたどり着き、ゆっくりと扉を開き中に入っていく)

954 : ◆sdNlBVVe/A :2009/07/08(水) 23:19:06 ID:YMRcb/7W
【ごめんなさい】
【少し合わないと感じましたので破棄させてください】
【自分から声をかけておきながら申し訳ないです。】

955 :桜花 ◆5BQZohlPSM :2009/07/08(水) 23:20:11 ID:1PhA0uot
>>954
【いえ、至らず申し訳ありませんでした…】

956 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/10(金) 23:23:27 ID:Zw5QKCp7
【名前】シャム=サマルカ
【種族/職業】人間 アルケミスト
【年齢】16
【容姿】一見令嬢風。濃いめの眉だが、どこか頼りなげな黒い瞳。
【サイズ】99・53・79
【髪型】ストレートの長い髪。漆黒。
【服装】魔法学院のゆったりとした長い制服。
【希望シチュエーション】学院のライバルが彼女を陥れるために何かを洞窟に仕掛けている。
それは味方に見せかけた冒険者など・・・。
【NGプレイ】なし
【備考】学院の課題のために、この洞窟を選んだが、
裏でライバルのイジワル女が手をまわしてパーティーが次々と離脱。
引くに引けない状況の彼女は一人洞窟の前で迷っている。

【初めまして。】

しょうがありませんわね。
(意を決したように洞窟の入り口に向かい)
入るしか、ありませんわ!


957 :名無しさん@ピンキー:2009/07/10(金) 23:42:28 ID:Q4VjXPe1
【こんばんは。まだいますか?】
【暗闇の中で好きな男子らしき者に、いやらしい言葉を投げかけられてエッチな悪戯をされるというのはどうですか?】

958 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/10(金) 23:46:17 ID:Zw5QKCp7
【今晩は。お声をお掛け頂きありがとうございます】
【それは思いも寄らなかったです。面白くていいと思いますよ。出来ればお願いいたします】

959 :名無しさん@ピンキー:2009/07/10(金) 23:48:34 ID:Q4VjXPe1
【ありがとうございます。洞窟の中に入って少し経ってから、というシチュエーションでも良いですか?】
【それで書き出しを行いますのでお待ち下さい】

960 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/10(金) 23:51:19 ID:Zw5QKCp7
【了解いたしました。それでは不安げに洞窟の探索をしていたということで…。】
【よろしくお願いします】

961 :名無しさん@ピンキー:2009/07/10(金) 23:56:39 ID:Q4VjXPe1
(シャムが洞窟に入り、不安げに進んでいると…後方から足音が聞こえてくる)
はぁ…はぁ…。き、きみ!ちょっと待って!
(暗闇でよくわからないが、その声はシャムが好意を持っている男子生徒のものだった)
ふぅ…やっと追いついた…
一人でこの洞窟に入るなんて、シャム君って見た目によらず勇気があるんだね
でもこの先は危険だ…教師達でも叶わない怪物の住処だって噂もある
それでも進むんなら…俺も付き合うよ。俺の試験場所も此処だからね
(頼もしい事を言う男。しかし灯りがあっても何故か、その顔は良く見えない)

【こんな感じでよろしいですか?それではお願いします】

962 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/11(土) 00:08:12 ID:Yr5JPJFU
(洞窟内の背後からの足音にドキッとして身を硬くする)
ジュニア君…!
ジュニア君なの?
(急に胸が熱くなり)
どうしてここへ??

だって、約束してしまったから…。
本当は逃げ出したいくらいだったけど…。
恐ろしい怪物の噂は、私も聞いたことがあります。
でも私…
(一緒についてきてくれるという言葉にはっとして目がうるみ)
本当?
ジュニア君の試験場もここだったの…ですか。
それは、うれし…いえ…。
(目の下が赤く染まって、幸せそうにうつむく)
(顔はよく見えなくても、すっかり信じ込んでしまっていた)
お願いします。

【はい、とてもやりやすそうです。こちらも何とかご期待に沿えるように…】
【名前が咄嗟に思いつかなかったので…何かあれば変えてくださっても構いません】

963 :ジュニア? ◆g/bc5VoMss :2009/07/11(土) 00:20:51 ID:6x4Q9eV5
うん、俺もシャム君が一緒なら心強いよ。さ、行こう!
(シャムの手をとり、洞窟を進んでいく)

(幸いにも罠や怪物には遭遇せず…油断したようなタイミングで唐突に話し始める)
俺さ、前からシャム君の事が気になってたんだ…
シャム君って…実は凄く、胸が大きいよね…
うちのゆったりした制服の上からでも分かっちゃうのは、シャム君くらいだからね

(そしてシャムの期待を裏切る言葉を出し始めた。シャムの手を握ったまま離さずに)
知ってた?シャム君って男子にすごく人気があるんだよ
正確に言えばシャム君の胸が、だけどね
錬金術にも遣われる精液って、知ってるよね?
男子はみんな、シャム君の裸を想像しながらアレを出すんだよ
シャム君の胸が揺れるのを思い出してしごく奴もいたはずだね

そんな人気者のシャム君と二人きりなんて、すごく興奮するなあ…
(どことなく声色に不気味な感じが混じり始める)

964 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/11(土) 00:29:13 ID:Yr5JPJFU
私も…ジュニア君と一緒なら、少しも怖くありません。
(手が汗ばまなければいいのだけど、と手を取り合い、洞窟の中ながら胸をときめかしていた)

エッ…。
(突然の告白に、驚いて目を開く)
ジュニア君、やだ…。
(頬を赤らめて自然に両腕が胸を隠すようにする)

私が男子に?
(目をうるませ、頬を赤らめながら聞いていたが、)
む、胸?
(クラスの男子の目は何となく意識していたけれど、ジュニア君から言われることにショックと恥ずかしさがないまぜに)
う、うそ…。
そんなこと、まさか。
(気にしていた胸のことで、男子が精液を出しているのを聞いて、それをジュニアから教えられたことで、混乱して)
だって…。
ジュニア君?
(一歩、二歩と後ずさって、洞窟の小石が後ろにころころと転がる)

965 :ジュニア? ◆g/bc5VoMss :2009/07/11(土) 00:46:46 ID:6x4Q9eV5
おっと、危ないよ。そっちは怪物の寝床だから…石で起きてしまう。静かに…
(後ずさるシャムの手を強く引いて、強引に抱きとめる)
(そしてシャムの口を手で塞ぎ、耳元で小さく囁く)

下手に動いたら危ないよ…怪物がこちらの気配を探ってる…
…しかし…シャム君の胸が身体に当たってる…柔らかくて温かい胸が当たってるんだ…
ねえ、シャム君のおっぱい、揉んでいいかな?
俺も一度、揉んでみたかったんだよね、シャム君の立派なおっぱいをさ
もし駄目なら、無理やり暴れてね。
でもそうしたら怪物が気づいて、俺もシャム君も殺されてしまうから、気をつけてね
(身体を少し離して、大きな胸を右の掌で包み、むにむにと揉み始める)

966 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/11(土) 00:55:53 ID:Yr5JPJFU
キャ!
(腕を惹かれて抱きとめられて、顔が赤くなり)
(細身の身体なのにボリュームのある胸がジュニア?の身体に押し付けられる格好になる)

ヒッ、本当?
(ジュニア?の腕の中で身体を硬くして、男の胸板に両手をそっと添えたまままわりを伺う)
エ、やだ…。
(目の下を赤くしたまま上体を離そうとする)
おっぱいって…そんな?
(自分の耳を疑い、)
で、でも、やっ…あ…!
(手のひらに納まらない胸をまさぐられて、切ない声を洩らす)
(怪物に気づかれないように声を殺そうとすればするほど、鼻にかかったような声が微かに漏れる)
あぅん…ンッ…!
あ…!!
ジュニアクン…。
ダメ…。
(目の前で瞳を伏せて、息が弾んでくる)
(胸も弾んで、手の中で柔かく形を変えて指を押し返してきた)

967 :ジュニア? ◆g/bc5VoMss :2009/07/11(土) 01:09:44 ID:XYGKYdf1
シャム君のエッチな声が漏れてる…怪物に気づかれてしまうよ?
(そう言いながらも、胸を揉む手は休めない)
しっかりした弾力が心地いい…シャム君の一番の魅力は、やっぱりおっぱいだね

…今の感触もいいけど、直接触りたくなってきたな…
下手に動いたら怪我するから、少しの間じっとしててね?
(胸から手を離すと、素早く短剣を抜きシャムの制服の襟に刃を入れ)
(制服を静かに、切り裂いていく)

シャム君はブラをつけているかな?暗くてよく見えないのが残念だけど…
まあ一緒に切ってしまえばいいね…
(そして生乳を晒すと、荒っぽく掴んで捏ね始める)
ふぅ…これがシャム君のおっぱい…さっきよりもずっといいよ…
ねえ、シャム君の乳首は何色なのかな?きっと可愛いピンク色だろうね
それとも実は自分で弄りすぎて、真っ黒だったりするのかな?
そうやって胸を大きくしたって言ったら、みんな信じるだろうね…

968 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/11(土) 01:17:46 ID:Yr5JPJFU
そんな、おっぱいだなんて…ジュニア君、いやあ…!
(長い髪を振って、否定しようとする)
ジュニア、君…?
(目を見開いて、自分の制服が切り開かれていくのを見ている)
いや…!
(顔をそむけると同時に、豊かな紡錘型の乳房がこぼれ出て、弾力をしめすように上に弾んだ)
(純白のレースのブラを切り取られ、小麦色の乳首が出てくる)
(自分でも濃い目の色だと気にしていたので、つい謝りの言葉が出てしまう)
ごめん…なさい…!
(伏せた睫毛が揺れていた)
(胸もとを裂かれた制服から、細身の身体からは信じられない大きな長い胸が飛び出して、羞恥で身じろぎするたびに揺れている)


969 :ジュニア? ◆g/bc5VoMss :2009/07/11(土) 01:21:03 ID:XYGKYdf1
【ごめんなさい。もう眠気が厳しくなってきました】
【破棄か凍結をお願いできますか?】

970 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/11(土) 01:24:10 ID:Yr5JPJFU
【了解いたしました。よろしければ、凍結をお願いしたいのですが】
【掲示板のような物があるのでしたら、そちらへお書きすればよろしいのでしょうか?】

971 :ジュニア? ◆g/bc5VoMss :2009/07/11(土) 01:28:12 ID:XYGKYdf1
【待ち合せ】オリキャラ板楽屋スレ7【打ち合せ】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1244721349/l50

【ありがとうございます。上のスレッドで伝言いただければ幸いです】
【当方は平日の夜10時〜深夜1時辺りまで出来ます】
【今夜はお付き合いありがとうございました。それではおやすみなさい】

972 :シャム ◆FjyOr0AiuY :2009/07/11(土) 01:33:19 ID:Yr5JPJFU
【URLまでお貼り頂いて申し訳ありません。その時間帯ならわたしも大丈夫だと思います】
【今夜はありがとうございました。おやすみなさい】

973 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/11(土) 22:43:58 ID:/bZGYbiG
【アラン様とのロール解凍に使わせていただきます…♪】

974 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/07/11(土) 22:44:08 ID:V++p/BfY
(エリスの股間に触れた手を見せて)
こんなに濡れている…見えるかい?私の手がベトベトになってしまったよ
これでは魔方陣が台無しだ…封をしないといけないね
(頭を下げて股間に顔を埋めて、ぺろぺろと布の上から舐め始める)
ちゅっ…ぴちゃっ…舐めても舐めても、あふれ出してくるね…

仕方ない…もっと強力なもので、魔法陣を描かねばいけないね
(エリスの手を握り、自分の股間を服の上から触らせる)
(ガチガチに固く大きく、そして熱くなった男性器を感じさせて)
ここから生じる聖なる白濁液で、エリスの身体に印をつけようと思う
エリスは恋人のおちんちんは嫌いかな?
ここからそれを出すにはどうすればいいか、淫らなエリスは知っている筈だね
さあ、やってごらん。私の服を脱がせて、奉仕するんだよ…
君のえっちな手と口と胸で、たっぷりとね…

【お待たせしました。今晩もよろしくね、エリスちゃん】

975 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/11(土) 23:05:58 ID:/bZGYbiG
は、あッ…司、祭…さま、あッ……いやあ…っ……
(目の前にネットリと愛液で濡れた、アラン様のごつごつとした指を差し出されてっ…)
恥ずか、しい…ですっ…
(ほっぺたは真っ赤に上気して…切なくうるんだ目で突きつけられたアラン様の太い指を見つめて…)

…っ、あ、あ、あ…ダメ、ダメです!そんなのダメだよう、アラン様あッ…!!ひう、う、ッ!やあ、あッ…!!
(いきなり恥ずかしいところへの攻撃…!!しかも司祭様の舌が、布の上からとはいえ、
 直接…えりすのあそこに…ッ…!)
はあ、あああっ…あ、あ、あーーッ!!
(お尻、がっ…、がくがく、ふるえちゃうっ…ダメ、ええっ……)

…は、ッ…!はあっ、はあっ…
(舌の攻撃が一時止まって…すくめた肩をエッチな刺激の余韻に震わせながら、息をついて)
……っ……!(……、アラン様の…司祭、様の…おちんちん…)
(す、ごい…硬、いっ…大きい…それに……)
………、い、いえ…愛する人のからだは…とても、愛しいです…
(うわあっ…こんなにやらしく、硬くなったおちんちんさわりながら…こんなこと言っちゃったっ…)
(えりす…やっぱりエッチなこころが強くなりすぎてるんだ…)

は、い…(うるんだエメラルドの瞳でアラン様のお顔を見上げながら…)
(アラン様の前に両膝をきちんとあわせてひざまづき…下のお召し物を脱がさせていただきます…)
(ああっ…騎士のカッコで…こんな奴隷みたいに…やらしい、よっ…)
アラン、様…すごい…っ
(がちがちになったものを、ピンクの手袋の手でそっと包み込み…)
(やっぱり…まだちょっと恥ずかしいな…)

976 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/11(土) 23:10:02 ID:/bZGYbiG
【アラン様に焦らされちゃったから…コーフンしちゃって、遅いうえにながいっ…!w】
【騎士にあるまじき対応の遅さです…ごめんなさあい…;////】
【アラン様…えりすのからだの上に、たっぷりエッチな魔方陣書いて…ああもう肩がふるえちゃいそうです/////】

977 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/07/11(土) 23:27:31 ID:V++p/BfY
(何人もの女を貫いた極太のペニスが勢い良く飛び出して)
ふふ…どうだい、愛しい恋人の愛しいペニスだよ…
しかしいい眺めだね、エリス…
恋人というより、私に服従しているようだ…
おや、手袋越しに触るのかい?
それでもいいが…是非、君の可愛い手で直接触って欲しいね…

手で感触を確かめたら、美味しそうに口で頬張るんだ…
分かってるね?しゃぶって、ぺろぺろと舐めるんだよ…
そう、その調子…エリスはペニスを舐めるのが上手だね…それ、私も手伝おう
(両手でエリスの頭を掴み、しゃぶる速度を上げさせて)
(「最高の眺めだよ…可愛い騎士が形無しだ…ヒヒッ!」)

次は、胸で挟んでくれ…エリスの柔らかくて大きなおっぱいで、
私の猛った性器を鎮めるように…実際には、逆に大きくなるだろうね…
ねえエリス、今の気分はどうだい?
恋人のペニスと戯れて、興奮しているかい?


978 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/11(土) 23:48:24 ID:/bZGYbiG
……はあ…ん…っ
(アラン様のおちんちんの、凶暴なほどのカタさ…それに、とってもえっちな匂い…っ)
は、……いっ…愛する司祭様の…アラン様の、愛しい……おちん、ちん…です…っ
(い、言っちゃったあ…っ……えりすいやらしい子になっちゃうよ、どんどんエッチになっちゃううっ…)

あ!ご、ごめんなさい……ん、っ……
(唇で手袋をかんで、目を伏せてそっと両手をするりと抜いて…そのまま……アラン様のおちん、ちんを…)
ふあ…っ…(カタイ…ぴくぴく、ふるえてる……っ、あ。いま、えりすがつかんだら…びくん、ってふるえたあ…)

はい、っ…あむ…っ…
(性格的に一度吹っ切っちゃうと思い切りは早くて…おずおずとではなく、ぱくん、と口に含みますっ…)
(やっぱり凄く…カタイっ…男の人の、おちんちん、てっ…まるで別の、生き物みたい…っ)
あむ、むっ…ちゅ…ちゅるっ…
(うわあ…えりすやらしいんだあ…騎士のカッコのまま、おちんちん舐めて…)
(興奮と恥ずかしさで、目がうるんじゃう…)

(あ、あ…ッ!アラン、様っ…!そんなに、しない、でっ…)
(肩をつかまれて無理やりフェラのスピードを早めさせられて…えっちな刺激に、肩がけいれんしちゃいながら)
ちゅぶっ…ちゅぶ、ぶ…っ!あ、む、むうっ…!ちゅ、ちゅう、うっ!
(犯されてる…くちの中、犯されてるんだ…おちんちんの匂い…ぬるぬるの液…いやらしい、においっ…)

あ、ん…っ(ちゅ…るんっ…)
はあ、あッ…(おちんちんの先が…エリスの口とのあいだに、えっちな糸、引いてる…)
はいっ…失礼、致します…アラン様…(もう…エリス、奴隷みたい…)
ん、っ…(胸の谷間に…熱くて、さっきのフェラでぬるぬるになったアラン様のおちんちんが…っ)
(ぬる、ぬるっ…)
は、いっ…愛しくて…とっても、えっちな気持ちになっちゃって…ます…っ

979 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/07/12(日) 00:09:57 ID:T45+ir7L
いいよ、エリス…今の君はすごくエッチだ…最高の恋人だよ…
もう、我慢できないな…一度その身体に出すぞっ…!
聖なる印を受け止めなさいっ…!
(白く熱い精液を、エリスの胸にびゅくびゅくと大量にぶっかけて)

さあ、それをえっちな胸に塗りたくりなさい…乳首にも擦り込んでね
手に残った分はぺろぺろと舐めるんだよ…

…塗り終わったね?それでは仕上げだ…ここに屈んで…
(未だ衰えないペニスでエリスの乳首をつっつき、エリスの頭を抑えて呪文を唱え始める)
この者の内に潜む淫らな欲望よ…今その全てを開放し…
我に忠実な下僕となり、我の肉体を求め続けるがいい…!
(「ヒヒヒッ…これで、おっぱい奴隷が誕生だ…!」)

【エリスちゃんがエッチすぎて、続けるのが辛いです…】

980 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/12(日) 00:26:44 ID:Cg3CWz/W
(エリスの自慢の(えへっ♪)おっぱいの谷間で、司祭様のカターいおちんちんが、びくん、とおおきくふるえて…)
あ、あ…ッ!!あ、熱、いッ…(びちゃ、びちゃっ…って、ぬるぬるの…ミルクみたいな液が…っ)
は、あああッ…えりすの、おっぱいの、あいだに…たくさん、アランさまの、えっちな液が…っ
あ、ああ、んッ…(首元にまで、飛び散ってるう、…っ)(首の聖なるチョーカーが…白い液で濡れてるっ…)

はい…、アランさまの、大切な…聖なる儀式のための液…
エリスのからだに、たくさん……っ… ん、…んっ…
(最初は恥ずかしげに…でも、ぬるぬるの感触が…精子のえっちな匂いがえりすの手を…
 だんだんいやらしい、男の人が喜ぶようなこね方に変えちゃうっ…)
はあ、あ、あッ…あ、あ、あああッ…!
(指先に糸を引く精液を…くちびるを近づけて、恥ずかしげに含んで…)
は、ああ…あ…ッ(精子…舐めてる…えりすの口の中に…おちんちんから出た白い液のあじ、広がってる…っ)

(…あ、…。いよいよ…エリスの中の…えっちな心を、ぜんぶ開放、するんだ…)
………?……下、僕…?(うん…でも聖騎士は…司祭様たちの下僕、だよね…うんうん…)
(えっちな気分で頭がぼうっとしてるのも手伝って…呪文の意味するところに気付かないまま)
ひ、ああああああッ…!?え、りす…胸が…っ、司祭、さま、あっ…や、やああっ…!
(激しい呪文の効果に…からだ全体をのけぞらせてけいれんしちゃうッ…)

981 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/12(日) 00:32:26 ID:Cg3CWz/W
【えへへ…♪だってアラン様が一週間もおあずけするんだもの…】
【もーえっちな気持ちになりすぎちゃって、えりすホントに目がうるうるだよう…】
【アランさまの責め方もエッチな方にSっぽくて…真性Mなえりすは追いつめられちゃいそうです♪】
【あ…!でも時間が辛くなったら、言ってね、アラン様…いつでもかまわないから…】

982 :アラン ◆G5Agx7yAb1Ot :2009/07/12(日) 00:43:56 ID:T45+ir7L
【ごめん、そろそろ辛いみたいだ…長い間待ってもらっていたのにごめんね。】
【凍結するかい?次に来れるのは、ちょっと分からないけど…】

983 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/12(日) 00:47:16 ID:Cg3CWz/W
【はいっ、大丈夫ですよ…!気にしないでください、アラン様っ】
【もちろんアラン様さえご希望でしたら…えりすは是非、続きしてほしいです…/////】
【そうすると、次回の予定はまた、伝言で、ってカンジですね!了解です♪】

984 :エリス ◆ll7LA9JD6w :2009/07/12(日) 01:00:49 ID:Cg3CWz/W
【アラン様、もう落ちられましたか?】
【んーやっぱりちょっとお疲れかな…?いつも遅レスで長くなっちゃってごめんなさい…】

【とりあえず伝言、お待ちしてますねっ♪】
【それじゃおやすみなさい、アランさまっ…ちゅ♪】

【スレをお返しします…ありがとうございましたあ!】

487 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.03.00 2017/10/01 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)